2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【終焉】邪気眼【そして…】

1 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:10:24 0
持たぬものにはわかるまい……

2 :あーぬ ◆AAAAAAAAEk :2007/03/30(金) 01:11:18 O
ああ

3 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:11:31 0
まとめサイト
http://www21.atwiki.jp/jyakiganmatome/



自己紹介用テンプレート
名前:
眼:
種族:
性別:
マジの性別:
年齢:
一人称:
二人称:
三人称:
口調:
口癖:
容姿1:(見た目)
容姿2:(身長、体重)
装備:
使用技:
職業:
戦術:
タイプ:
設定:



4 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:12:09 0
絵やSSなどのうpはこの辺で↓



http://viploader.net/
http://www.vipper.org/
http://www.uploda.org/



まとめサイトに創作物を載せたい場合は各自ウィキって下さい。



5 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:12:49 0


基本sage進行でマターリと雑談や漫才など。
戦闘になる場合はインフレ防止のため、
戦闘前にまず「予め勝敗を決めておくか、それとも流れに任せて戦うか」
「勝敗を決めるならどちらが勝つのか」を当事者同士で決めてから戦闘に入りませう。
流れに任せた戦闘においてもあんまり分身やら蜃気楼やらを多用せず、
空気を読んで多少は相手の攻撃もくらってあげましょう。
舞台裏ではチャットで様々な話し合いが行われているので、参加する際にはスカイプ(ttp://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html)を入れないと厳しいかも。




「みんな…今まで、お疲れ様…」



6 :「黒帳眼の鬼神」ティル(オフ) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 01:16:31 0
>>1乙ー

7 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 01:28:21 0
(前スレ)>>1000
ああ………!!

>>999




――――――



………………



((ついに………))




((ついに、見つけた))




((仇。姉さんの………こいつが、姉さんを殺した――――!!))

8 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 01:28:26 0
>>995
チッ(すぐさま次弾を装填して)
まともに戦っても勝ち目がなさそうだな

『厄介ね、まったく―――
時間操作系なら、なんとか対応できないでもないけど……いかんせん、味方も巻き込んじゃいそうだし』

なら、牽制にでもなりゃいいさ!
(弾丸をバラ撒きながら)

『あーもう、弾だって無限じゃないんだから考えて使いなさいよ!』

9 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 01:30:25 0
>>995
貴女ですよ?(「童子切」を翻し、肩にかける)

倒して、皆に謝らせてから、あなたの存在は還します

時間操作への対処法なら、心得てますから

(ヴン………と音を立て、「道返玉」を発動させる)

10 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:32:09 0
>>997
…あー…いつ見ても不細工だよねえ、それ…
だからルーシアもあんたと付き合わなかったんだって…

>>998
おっと…

ガキィンッ!(アマノムラクモで鎌を防ぐ)

…さすがは獅剣と言いますか…
接近戦ではそっちの方に部が有りそうかなあ…(後ろに飛んで間合いを取る)

>>8
下品な攻撃だなあ…
…銃ってのはこう使うんだよ?

(時空の穴から無数の弾丸が一直線にキカイへと飛んでいく)

白「……トライデントスパイク…!」

あー、もう…
突進技とか馬鹿じゃないの…?(白薔薇の攻撃をかわして、即座に切りつける)

白「…ぐぅっ…!?」

>>9
…へー…
倒せるって前提で物事考えるの、やめたほうが良いよ

ロングラーク

(無数の追尾炎が千夏へと飛び掛っていく)

11 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:33:17 0
>>999



――――――――――



(やっと・・・・・・・・・・・・見つけた・・・・・・・・・)



ティル、用意はできてるかね

12 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 01:34:46 0
>>10
【馬鹿を言うな
 獅子剣に、接近戦などと言う概念は無い】

離れようと、近づこうと、

わらわには全てが攻撃範囲内じゃ!

(鎌が禍々しく変形し、咲夜を追尾する

13 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 01:35:23 0
>>7
うん……。
…絶対…。

>>999
………っ(無言で拳を握り締める)

14 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 01:36:28 0
>>7>>11>>13
ん………?
なんだい、君たち。
ああ、侵入者か。本を読むのに夢中で気づかなかったよ。
全く咲夜はなにをやっているんだ………

邪魔だ。消えなよ。

15 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:37:08 0
>>10


―――――言ってろ!!!


(千夏へと伸びたロングラークを、ブラストノックで打ち消す)


ダッ!!
(接近する)

16 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:37:39 0
(オフ)
>>15は俺だ・・・・

17 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 01:38:02 0
>>11>>13
………待って。

>>14
………貴様。一つ、質問に答えろ。
何故、姉さんを………リィル・ローズグレイを殺した?

18 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 01:39:16 0
>>10
だって、倒せますもん(にこり)

(とんっ、とその場所から離れ、ロングラークから逃げる)

消さないで置いた方が良いのかな………?これ………

19 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:40:05 0
>>17

・・・・・・・うむ

>>14

・・・・・
(黙って会話を聞く)

20 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 01:40:44 0
>>17>>11>>13
ふん、全くゴミどもが煩い………(けだるげに本を置いて立ち上がる)

リィル………ああ、それなら覚えている。
彼女を殺した理由は、そうだな………太陽のせい、さ。(優雅に微笑んで)

21 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 01:41:34 0
>>10
下品で結構―――
って、そりゃ銃でもなんでもないだろうがああああ!

『右に2歩、屈んで二つ数えたら左に跳ぶ!』

ッ、くぅおお――!
(言われたとおりに動き、弾丸を回避して)

くそ、どうすりゃいい!

『光翼・起動』
(キカイの周囲に無数の「光の羽」が生じ)

『あんたも黙って撃ちなさい!牽制になればいいんでしょうが!
―――――――放出、いけぇ!』

結局それかよ!

(弾丸と共に、無数の羽根が不規則な軌道を描いてサクヤへと襲い掛かる)

22 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 01:42:04 0
>>20
………は?(よく分からない、といった表情で)

23 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 01:42:47 0
>>17
……?
うん…

>>20
………???(首を傾げる)

24 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:42:50 0
>>20


・・・・・・・・太陽・・・?

25 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:43:32 0
>>12
…しつこいんだってば、もう…
アビスオプション!
(時空の穴から見えない盾を出現させ、鎌を防ぐ)

…はっ!!!(剣を振るうと、巨大な空気の刃が小夜へ向って飛んでいく)

>>15
…この野郎…
ドゥッ!!(地面を踏みつけ、強烈な衝撃波を起こす)

>>19
…減らず口を…
千夏は厄介だからねー…特別製で行こうか

(時空の穴からパトリオットミサイルを射出する)

>>21
あぁ…もう……

ゲートオブヘヴン…(大きめの時空の穴を生成し、全ての羽を飲み込んでいく)


で、お返し

(別の場所に生成された穴から、全ての羽が白薔薇へとヒットする)

白「ぐっ…ああああああああああああああ!!!!」

26 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 01:46:43 0
>>25
あああああああぁっっ!!!

(鎌を力任せにブン回して

っっぁぁああああああああ!!


(空気刃を吹き飛ばしながら咲夜を狙う

27 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:48:14 0
>>25

っと・・・・・・
(持ちこたえる)

夜叉の咆哮はあいつらを巻き込んじまう・・・・・
なら、これだ―――!!


(ゼンキが腕を振り上げると、斬撃が地面を走っていく「大地切断」が発動する)

28 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 01:49:02 0
>>22-24
ククク………知らないのかい?
カミュの「異邦人」で主人公が人を殺したときの理由さ!
有名古典くらい読んでおきたまえ。馬鹿になるぞ。


―――――つまり、意味なんて無いのさ。
強いて言うなら、楽しそうだったから………かな。
実際聞いていた通り、とても強かったよ、彼女………
あははははははははははははははっ!(狂ったように高笑いする)

29 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 01:50:13 0
>>25
うわ、私にだけ?(涼しい顔で)
えへへー♪じゃあ、何だかんだで焦ってるんだ?(ニコニコ笑顔で)

はい、弐拾式「無影」

(鎖を外し、「0」の弾丸を一発だけ撃ってミサイルを消滅させる)

私に、破壊力だけの攻撃が効くなんて思わないでね………?

(にこりと笑って、黒薔薇に接近する)

30 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 01:50:55 0
>>28















―――――――――貴様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!!!!!

31 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 01:51:53 0
>>25
ッ、「白薔薇」!!

(記憶のピースがまた一つ、填まる)

おい、大丈夫か(白薔薇に駆け寄って)

『いいから、まずは人より自分の心配をしなさい!』

クソッ、情けねえったらねえよ

『飛び道具はまともに効果がない
なら、懐に飛び込むしかないけど―――――あんた、弱いしなあ』

うるせえ馬鹿、いいから武器を出しやがれ!

(無常を召喚、サクヤへと一息で接近し袈裟に振り下ろす)

もういっちょ―――!
(右足にエネルギーを収束、空間歪曲に伴う爆発的な力をサクヤへと叩き込むべく、回し蹴りを放つ)

32 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 01:53:28 0
>>28
…??(ますます首を傾げる)

意味なんて無い…?楽しそうだったから…!?
なにそれ…?
そんな理由で…!?

33 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 01:54:06 0
>>26
よっと……(鎌を白刃取りして)
おらっ!!

(鎌が腐食するかのように無数の穴が開いていき、刃がポキリと折れる)

>>27
…あー、その技も久しぶりに見るなあ
じゃあ、私も(同じ技だが、二倍の大きさの斬撃を発生させる)

>>29
いや、お前が一番目障りだからさあ
…やっぱ物理攻撃は駄目か

じゃあ良いよ、お前は私の全力を持って…"消す"…

(同じく千夏の方へと駆け出す)

>>31
……少し愉快なことを思いついた
力押しじゃあ、私には勝てないよ?

そうれ


(時間が一瞬止まり)



(気づくと、攻撃を放とうとしているキカイが小夜の目の前に現れている)

34 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 01:56:14 0
>>28



やはり狂人であったか


(静かに殺意を飛ばし、右腕を稟に向ける)


貴様のせいで、何人の者が狂わされたと思っているっ!!!


(右腕から、人間なら体が吹き飛ぶ20mm弾を連射する)

35 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 01:57:23 0
>>33

ヒュ

(姿が掻き消え


死ね


(咲夜の真後ろに出、左手の人差し指を突き出す

36 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 01:59:30 0
>>33
―――な

く、うお!
(無理矢理攻撃の軌道を変えて)

『お姫様のことは気にしないの!あの子は大丈夫だから!』

そういうことは早く―――!
言え!!

(無理矢理サクヤへと攻撃の軌道を向け、叩き込む)

37 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:00:51 0
>>33
くすくすくす……
…まぁ、咲夜…………貴女ごときに、私が消せると思っていますの………?(姉を彷彿とさせる口調で)

(八拾式「亡鎖の庭」をかけ、黒薔薇にのみ、効果を集中させる)

弁えなさいな………お里が知れますわよ?
あら………貴女に、出身地の話は禁句だったかしら?

(「女郎蜘蛛の理」で能力を増幅させ、黒薔薇を迎え撃つ為に「無影」の弾丸を数発、用意する)






【八拾式「亡鎖の庭」】
【はちじゅっしき「ぼうさのにわ」】
レベル「10・1・0・15」
鎖を周囲に円の形に展開し、その円にかかる天地の全てに掛かり、術者が認めなかった者に、
「物事を二つまでしか記憶出来ない」という束縛を掛ける
広げられる円の半径は400m・無詠唱

38 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:02:22 0
>>33


ッ・・・・・!

(一歩後退する)


―――なんてな  「ディメンジョン」


(ゼンキの眼前に箱が出現し、サクヤの「大地切断」を飲み込む)


てめぇと、同じだ


(咲夜の真上に箱が出現し、先ほど放った斬撃が飛ぶ)

39 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 02:02:55 0
>>30
………最後は弟を庇って死んだんだったかな?
馬鹿な魔術師だ………

>>32
ああそうさ、理由なんてない。
あの頃は自分の力の限界を知りたくてそこら中骨のありそうな相手を探し回っていたんだ………
しかし彼女はまだ幸せだろう。なぜなら存在を忘れ去られずに死を迎えられたのだから。

>>34
(ふっ、と弾丸が稟の手前で消滅する)
何人?何人だって?
君はこれまで食べたパンの枚数を知っているのかい?
ついでに、自分たちの仲間が何人いなくなったのかも?
自分の身の回りでなにが起こったのかを?(クスクス笑いながら)

40 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:03:45 0
>>35
…邪魔臭いんだよ!!
(突き出された左手を取り、一本背負いの形で千夏へと投げつける)

>>36
…ちっ…

(交差するようにマルボロジッポの炎を放つ)

>>37
その言葉、そっくりそのまま返すよ
お前如きに私は倒せない

(鎖が見る見るうちに腐食するかのようにして消えていく)

しっぽを出したな…?
お前、やっぱり性格悪いよ

(小夜の身体を全力で投げつける)

>>38
……はぁ…

マッドクロック…

(斬撃を交わし、500倍の速度でゼンキの懐へと飛び込む)



白「…………ちっ…(サクヤの方へ向けて走り出す)」

41 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 02:04:33 0
>>39
………貴様………!!
許さない………ッ!!

42 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 02:06:50 0
>>40
(投げ飛ばされながら腕を掴み


捕まえたぞ。


(自身の腕と咲夜の腕を緋色の錠でつなぐ

43 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 02:07:54 0
>>39
それだけの理由で…
たったそれだけの理由でリィルお姉ちゃんを…。
…そんな理由で殺されて幸せなわけが無いでしょ…!?

44 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:08:02 0
>>40


く、早い・・・・・!!


(反応して拳を振り下ろす)

45 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:10:49 0
>>40
くすくすくす………まぁ、崩さなければ、
幸せなまま、一瞬で倒される事が出来たのに………

あら、貴女は、私の事など何も、知らないでしょう………?

(粉末状になった鎖を地面にばら撒き、小夜の体を受け止め)


―――――「三貴人の恵み」―――――


(小夜に、数分限定で自分の力を分け与える)






【三貴人の恵み(さんきじんのめぐみ)】
術者の力を、対象に分け与える
回復力や体力、スタミナなど、さまざまなものを選んで使用可能


46 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:12:13 0
>>39


 ガチャン
(リロードを終える)

人の命と、パン如きが同じだと・・・・!!


消した貴様の言うことかっ!!!


「雷神振るいし,巨大な斧 その壮絶なる響きを冥土の土産にとくと聞け!

トール・ハンマー」!!

(巨大な雷斧を投影し、一気に稟に振り下ろす)

47 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 02:14:39 0
>>40
ッ、かわせな―――――

『弁天、回れ』
(銀光の触手を高速回転させ、炎を掻き消す)
『さあ、次!』

ああもう、口煩い!
はー、はー、………落ち着け、俺(息をついて)

……よし
―――通れ!
(触手でサクヤの足を絡めとり)

うああああああああああ!!
(再度大量の羽を発射し、自らも突撃して牙突を放つ)

48 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:16:59 0
>>42
……何…!?(眼を見開いて)

>>44
くっそ……!!
(完璧なカウンターで膝を鳩尾に捻じ込む)

>>45
じゃあお前は私のことを知っているとでも…?

マイルド7…
(7体の幻覚が千夏へと向って走っていく)

>>47
……くっそ……

うぁああっ!!!(他の三人に気を取られ、最後の牙突を肩に命中されてしまう)


白「今だ…ルシファーズハンマー…!!(殴りかかる)」

…あぁあああああああああああああああああああ!!!!!!!!


しつこいって言ってんだろうがぁああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!


(ルーシアエクスプロードを白薔薇へ向けて放ち)

白「……あ」

(白薔薇が炎に包まれ、黒焦げになって壁に叩きつけられる)

49 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 02:18:02 0
>>41
ならどうする?僕を殺すか?
君らは運がいいな。
丁度今日は記念すべき『6days』の最終日………僕はすこぶる機嫌がいい。
一瞬で終わらせることは可能だが、君らにもチャンスをあげるという意味でそれは無しにしよう。
(チャキ、と魔剣レーヴァンティンを無造作に手に取る)

>>43
知ったことじゃないな。
僕には関係もないし、興味もないことだ。

>>46
(がきん、と無造作にトールハンマーをレーヴァンティンでへし折る)

クク………それを知らぬ君も同罪だよ。
邪王眼、卍眼伝智、その他諸々………元々君らの「仲間」だったんだろう?
今思い出させてあげるよ。(彼らの『存在』のみを元に戻す)
彼らが僕に消されていたこと自体にも気づかず、
のうのうと暮らしていた君にそんなことを言う資格があるのかい?(楽しそうに狂った笑みを浮かべながら)

50 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:19:05 0
(壁に叩きつけられ)


……ああ……


…くっそ……(うなだれ、動かなくなる)

51 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:20:49 0
>>48


ぐ―――!!

(鳩尾に膝が入り、後退する)


目の前なら、避けられないだろうがぁっ!!!!


(「夜叉の咆哮」の波動が一瞬で咲夜を襲う)


白薔薇、しっかりしやがれ!

52 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:21:31 0
>>48
あら………貴女は、自分がそこまで私の関心を得られる様な者と思っているの………?(嘲笑いながら)
それより、気をつけなさいね………?
その程度の技なら、ほら………

(「道返玉」を発動、因果を停止させ逆転、そのまま黒薔薇に襲い掛からせる)

逆に、自分が大変になるわよ………?

(自分にもう一度、「女郎蜘蛛の理」を上掛けする)

53 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 02:22:22 0
>>48
(腕を支点にしながら回転蹴りを叩き込み

月堕ッ!

(体を捻りもう一方の足も蹴りこみ咲夜の首を挟んで

――戯曲!!

(地面に頭をたたき付ける

54 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 02:24:43 0
>>49
なんで…
なんで人を殺してそんなこと言ってられるんだ…!
そんなこと…っ!

55 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 02:24:45 0
>>48
んだよ、当たればしっかり痛いんだな…!
(無常の柄から手を離して)

『セット・鳳仙花』

おおおおおらあああああああああああああ!!
(強烈なボディーブローを叩き込む)



56 :「妲鬼」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:26:20 0
>>51
うああああああっ!?
(何とか耐え切るが、身体のあちこちに切り傷が出切る)
…ふざけるなあぁああああっ!!!!!
(ゼンキの頭をつかみ、地面へと打ちつける)

>>52
……『お前らは嫌いだ』…

(跳ね返された攻撃が消える)

…やっぱむかつく…
決めた…お前、最初に殺すわ……
(アマノムラクモに黒いオーラを纏わせる)

>>53
ぐっ……!?(地面に叩きつけられるも)
…あああああああああああ!!!!
(そのまま小夜をつかみ、力任せに地面へと叩きつける)

>>55
ぐうううううっ……!!(ボディーブローを数発食らい)

調子に乗るなあああああああああ!!!!
(ルーシアエクスプロードを真正面から放つ)






白「…………………」

57 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:27:11 0
…(城へと向って走っている)

…皆…待っててね…
今…行くから…!

58 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:27:57 0
>>49

上級魔術の投影を一撃で・・・・・・・・・


・・・・!?
(邪王の、卍眼の、ブランクの記憶が脳内に蘇る)


な、んだと・・・・・・

59 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 02:28:18 0
>>56

ぐ、っ……!

(叩きつけられて

……調子に乗っているのは貴様であろうがッ!!

(真っ向から殴りあう

60 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 02:29:41 0
>>54
………君とは話があわなそうだ。
じゃあ、レディーファーストってことで。(ぼっ、とレーヴァンティンが燃え上がり)

君から消してあげるよ。(一振りすると、消滅の力を帯びた炎の斬撃がさららに襲い掛かる)

ティル「危ない、さららっ!!」

>>58
クク………
アハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!(可笑しそうに腹を抱えて笑う)

61 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:31:53 0
>>56
くすくすくすくす………最初は「消す」だったのに、今度は「殺す」なの………?
ほんの少し挑発された程度で、弱気になっているのかしらね?
本当に、滑稽だ事………………

(「布都御魂剣」に持ち替え、黒薔薇に剣戟を放ちながら)

ねぇ………そんなことを言って、まだ私に一つも攻撃が届いてないけれど………
そろそろ、真面目にやってくれないかしら………?

(舞う様な斬撃を、黒薔薇の「服」のみに放つ)

62 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 02:32:13 0
>>56


ズォン――――――!!
(ルーシアエクスプロードをまともに受けて)


――――――ガッ(爆炎の中から右手を伸ばし、サクヤの肩に突き刺さった無常を掴んで)


……まだだ…!まだ、こんなもんじゃ倒れねえぞ――!!

(顔を左手で庇い、全身にヤケドを覆いながらも)

『流石に防御し切れなかったけど……上出来よ』(ニヤ)

うらああああああ!!
(一気に無常を引き抜き、一閃)



63 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:35:20 0
>>56

ッダゥン!!
(地面に打ち付けられる)


ケッ・・・大真面目だよ


(むくりと起き上がる)


悲しいねぇ・・・・
ルーシア・・・お前のダチは、ちょいとイッちまったみてぇだ・・・・・・・

64 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:37:13 0
>>59
(拳をつかんで)
…強化しているとはいえ、人間風情が私に拳で勝とうなど…
笑い話にもならないよ?
(胸、わき腹、鳩尾をリズミカルに踏みつける)

>>62
うわっ……!?(頬を斬られる)
……私の顔になんてことしてんのよ!!!

(一瞬にして3発の拳を顔面に叩き込む)

>>63
…ルーシア…?ああ、あの狐ね?
…悪いけど、私の友達は後にも先にも、「咲夜」ただ一人よ…?

…あの子も馬鹿な考え起こさなければ…一緒に稟の傍に居られたのに…

>>61
………ちょっと怒った






『パラダイスロスト』……




ヴン……(一瞬、全ての景色がありえない形に歪み、また元に戻る)

65 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:39:11 0
>>60

・・・・・・元より、眼のせいで忘れやすいものでな

(何か、決意した目で)


「“possible to hear, and it is a making god all.(聞け、全てを作りし神よ)」


(スタンリーの詠唱で、場の空気が異質な雰囲気に包まれる)

66 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 02:39:26 0
>>60
僕ももうお話したくないよ。
だって何喋ってるか分かんないんだもん!
れでぃ…?

…っ!
「三の巻・万華鏡」っ!!(なんとか防御するが)
うわああっ!?
(吹っ飛ばされ、壁に激突する)

67 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 02:41:04 0
>>64
ぐっ、うぐっ――!
(拳をマトモにくらい、後ろへと飛び退く)

けほっ……顔なんか気にしてる余裕、あんのかよ
(血を吐き捨て)


―――――!?
なんだ、今の

68 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 02:41:44 0
>>64
【……おい】

が、ぁ、ああああああああああっ!!

(耐えて、がむしゃらに肉弾戦を挑み続ける

69 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:43:38 0
>>64
あら………並行世界を作り出したの?
まぁ………手品も、此処まで行けば大したものね(驚いたように)
マジシャンとしてお金稼ぎでもした方が良いのではなくて………?

(頬に手を当て)

あぁ………そうね、馬鹿な考えを起こす前に引き篭もっていれば、貴女も幸せだったでしょうに………

70 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:45:27 0
>>64

カカ・・・・

せっかくできたダチも皆死んじまった

好きな女も、好きだった女も


まったく腐ってやがるよ・・・この世界も・・・てめぇも・・・・・・・・



(左腕に力を集中させる)

71 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:45:54 0
>>67
>>68
>>69
>>70

(瞬時に全員から離れた位置に出現し)




『みんなだいっ嫌い』









『死んじゃえ』





ズパッ

(その瞬間、サクヤを除く全員の身体に大きな刀傷が現れる)

72 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 02:47:23 0
>>65
大丈夫、さららっ………!?(駆け寄って抱き起こす)

『闇よりいでし罪人の血を啜りし十字架よ、
大いなる呪いの力を解放し我に害成す攻撃を防ぎたまえ!
血塗れの十字架(ブラッディ・クロス)!!』

(ぼん、とさららの眼前に血の滴る大きな盾が出現する)

あの程度の攻撃なら、これでしばらくは持つはずだ………

>>65
スタンリー、固有結界………!援護する!

『闇に生まれし暗黒神の吐息は
腐乱の旋風となりて世に破滅をもたらす大嵐へと変遷す・・・
無限の躍動をして虚空を舞い、大気を揺るがす波動で愚者を切り刻め!
………黒円斬(ブラック・スラッシュ)!!』

(稟に向かって黒円斬を幾重にも飛ばす)

73 :獅剣眼の小夜 ◆SAYO.d0J6s :2007/03/30(金) 02:47:34 0
>>71










【……ああくそ、『未完成』のくせして頑張るなよ……ッ!】

(その場に倒れ付す

74 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 02:49:24 0
>>65

まぁ、一応邪魔してやろ………

>>72
おっと。(剣で黒円斬を防御する)
クク、邪魔されてしまったか。

75 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:49:39 0
>>71





がっ・・・・・・・・!!?



(ゼンキの胴体から血が噴出する)

76 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 02:51:29 0
>>71
あら………………?

(突如、自分の体に出来た裂傷に驚いて)

そう………ようやく、本気を出したの

(血に塗れた姿で、妖艶に微笑んだ)

それなら私も、気を引き締めなくてはね………

(傷を一瞬で治癒し、小夜に近づいてその傷口を塞ぐ)

77 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:51:55 0
>>74

(ティル君・・・すまんな・・・・・・)


「hoped to gather here, and to become god's arrow.(ここに集い、神の矢となることを望まん)」

(スタンの体が光る)


「The divine protection must be on ground. (地に加護あれ)」


(部屋の中を、光の「線」が走っていく)

78 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 02:53:32 0
>>72
けほっ…、うん…平気…!(にこ、と笑って)
僕のことはいいから…ね?

79 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 02:55:13 0
>>77
ティル「あああああああああっ!!!」(ティルヴィングを作り出し、稟に斬りかかる)

クク………勇気は買うが、

(ざしゅ、と強引に振り払って壁に叩きつける)

ティル「がっ………は!」(どごん!と壁をぶち抜いて隣の部屋まで吹っ飛ぶ)

愚かだな、少年。
姉ほど才能に恵まれていないようだ。

80 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 02:57:55 0
>>71
『――――――いけない、飛凰!!』


がっ、ふ――!?



(血が噴出するも、持ちこたえて)

さ、小夜―――小、夜…!

(小夜の元まで歩いていき)

>>73
>>76
っはぁ、はぁ、よかった、小夜……(安堵の表情で)

っ、しょ
(小夜を抱きかかえ、壁の傍に寝かせる)
小夜………ちょっと待っててな(小夜の髪を撫でて)
一緒に帰ろう……。
お前が、俺に愛想尽かしてたとしても……俺にはお前がいなきゃ、ダメなんだ(涙をうかべながら)

『………攻撃にナノマシンを回しすぎたわね。傷の治癒ができないわ
…大丈夫?飛凰』

………問題ない(涙を拭って)
いくぞ(サクヤを振り返って)
(記憶のピースが組み合わさっていく)

81 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 02:58:19 0
>>73
>>75
>>76
>>80
『まだ足りない』
               『もっと死ね』

      『完膚なきまでに』            『完全に』

『跡形も無く』                          『未来永劫』

     『二度と目覚めない眠りへと』          『誘ってあげましょう』

『死ね』         『死ね』           『死ね』          『死ね』 
      『死ね』         『死ね』            『死ね』       『死ね』
  『死ね』       『死ね』       『死ね』            『死ね』


(サクヤが一言発するたびに、全員の身体に新たな傷が刻まれていく)


『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』  『死ね』


『死………?』




(血まみれの白薔薇が、いつの間にかサクヤの足にしがみついている)

82 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 02:58:32 0
>>79

「Give the will of iron and give the arrow of iron. (鉄の意志を、鉄の矢を賜れよ)」

(唱えつつ、右腕を「変換の印」で剣に変え、稟に接近する)


「Looking, and brave demons(見よ、勇ましき百鬼よ)」


(横に薙ぐと、黒円斬よりも早い斬撃波が飛ぶ)

83 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 02:58:52 0
>>78
只今参上!
へへっ、召喚要請もないのに参上する俺様、かっこいいぜ!
おいガキ、大丈夫か?(抱き起こす)

84 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:00:06 0
>>81


ぐ・・・・・そ・・・・・・・・・

あいつら、ちっとは俺も治療してくれよ・・・!
(なんとか後ろにあった箱に入る)

85 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:00:53 0
>>83
あ、らいぷぅ…!
えへへー、平気平気ー…。
僕けっこー丈夫だからねー…!

86 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:01:09 0
>>82
詠唱が長いね。そろそろ飽きてきたよ。

(ざく、と左腕が飛ばされる)

お、今のは中々いいんじゃないか?
もっと頑張れ。
じゃないと、消えるよ。(にこにこしながら、剣をかぶってスタンリーに歩み寄っていく)

87 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 03:02:51 0
>>85
おう、分かってら。(軽く笑いかけて)
それよりスタンリー………あの魔力はヤバいな。
衝撃に備えておけ、ガキ。

88 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:02:57 0
>>86

――――安心しろ、完成だ



「The bullet of Camia and the fight that Sincerity becomes it(神明の弾丸を、まことなる戦いを。)

 Give the mind of steel and give the anger of the thunder. (鋼の心を、雷の怒りを賜れよ……)

            ”  固有結界    Infinity Bullet works」



(部屋が、スタンリーを足元から別次元に変わっていく)

89 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:03:58 0
(オフ)
訂正
× スタンリーを
○ スタンリーの

90 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 03:05:45 0
>>80
(近づくキカイの傷も塞いで)

キカイさん、大丈夫ですか?
一応………回復用の護符、まだ残ってますけど………あらかじめ、使っておきますね

(キカイに護符を使い、一定内の怪我までなら自動で治癒するといった巫術を掛ける)

行きましょう。私も、あんまり余裕ないですし………
長引かないうちに、倒さないと(「童子切安綱」に武装を戻し、構える)




八千矛の  神の命は 八島国  妻枕(ま)きかねて
遠遠し  高志の国に 賢(さか)し女を  ありと聞かして
麗(くは)し女を  ありと聞こして
さ婚(よば)ひに  あり立たし 婚ひに  あり通はせ



――――――――裏百弐拾式「神懸」


(「神懸」を使い、爆発的に能力を上昇させ、>>81で行った攻撃を受け止める)

91 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:05:49 0
>>88
ふむ。満足したかい?
じゃあ死になよ。(レーヴァンティンをスタンリーに振り下ろす)

92 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 03:06:21 0
>>81

――――――――――――
(もはや悲鳴も上がらず、ただ成すがままに切り刻まれて)

『飛凰、飛凰!ちょっと、冗談じゃないわよ!』
(残されたナノマシンで出来る限り傷を塞いでいくが、まったくといっていいほど足りていない)

大丈夫だ………よ。安心しろ(擦れた声で)
こんなもんで、死ぬか。こんなもんで死ねるかよ

(小夜を庇うように仁王立ちしている)

93 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:06:49 0
>>87
うんっ!もちろん!
…え?
衝撃…?(よく分からない、という顔をしながら言われた通りにする)

94 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:10:14 0
白「………ライオット…」

…うざいんだけど…

バシッ(白薔薇をゼンキたちの居るほうへと蹴り飛ばす)


…確かに、もう大分飽きてきたしなあ…
殺しちゃおうか

この世界ってさ、全部私の思い通りに出切るんだよ
だから、本当はもっと早く殺せたんだよね…えへへ…
少し遊んじゃったけど

でも、もう終わりにするね?


『避けるな』 『治るな』 『この一撃で』 『絶対に』 『死ね』





(部屋の隅から隅まで届くような超巨大な炎の斬撃を放ち、全員を一掃しようとする)

95 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:10:42 0
>>91




ッシュン ッシュン ッシュン 



(何か、光の筋のような物が稟の体を通り抜けると同時に稟の指が全て弾け飛ぶ)




―――――――――――我が弾製の世界へようこそ


(「世界から隔離された、もう一つの世界」が広がっていた)

96 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:10:44 0
>>94




やめろおおおおおおおおおおおおっっ!!!!!!!!






ズバッ


(全員の前に立ちはだかり、斬撃刃を受けて地面に叩きつけられる)

97 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 03:11:49 0
>>90
(スゥ―――と、傷が塞がっていく)

…ありがと、ちなっちゃん(無理矢理微笑む)
世話になる

ああ、行こう。
あのバカはもう一度殴らなきゃ気が済まない―――!


『……いいわね、仲間に恵まれてて』(どこか悲しそうな声で)

自慢だよ、こいつらは、俺の(笑って)
いくぞ、ミノリ

『――――――――(息を詰まらせて)

………うんっ!』

(キカイの身体に走っている緑のラインが、激しく発光する)


>>94
>>96

―――――なっ

98 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:12:59 0
>>96

……な……に…!?


(ジョーカーの乱入に驚愕し、うろたえる)

99 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:13:05 0


――――――――ドクン


(箱が、脈打つ)

100 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 03:14:07 0
>>94
―――――っ!

(「道返玉」で因果を停止させようとして)


>>96

………………え?

(突然の事に反応できず、地面に叩きつけられたジョーカーを見ている)

どうして………………?

101 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:14:18 0
>>95
ティル「あれが、スタンリーの………」(瓦礫の山から身を起こして)


―――――おや?(がしゃん、と剣を取り落とす)

………なるほど、これが固有結界。
架空の世界、及びそれを作り出す能力で、
世界内の全ては使用者の自由に出来るとみなされているために
敵に対して使用者が圧倒的に有利な状況を形成可能になる空間を作り出す禁忌魔術。
お目にかかるのは初めてだ。
これは少し興味深いな――――(周囲を見渡しながら)

102 :時幻の魔女 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:16:09 0
>>98

………(むくり、と起き上がって)

白「…遅い…ですよ………そんなに…見せ場とか…拘らなくて…良いです…から…」


…そういうお前は、見せ場、無かったみたいだな…
くくく…残念でした

ピシッ……(仮面にひびが入って)

…千夏…小夜…ゼンキ…
……よくも…やってくれたな…


…あたしが、怖いか…?

…サクヤ……

103 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:17:15 0
>>102
…なんで……


だって…お前は…
あの時……時空の彼方に飛ばした筈………

104 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 03:19:08 0
>>93
さらら、大丈夫………?

ライカン「ああ。それよりあれ………」

………すごいな………
あれなら、もしかして………(スタンリーの固有結界を見て)

105 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:20:09 0
>>103
パキンッ


(仮面が割れ、素顔が現れる)




…ああ、そうさ
気が遠くなるほど…生命なんてひとつも誕生していなかったころから…

数億年かけて戻ってきたよ……サクヤ……



白「………(立ち上がる)」




…千夏、ゼンキ、キカイ、白薔薇…
あいつの動きは私が止める

その間に、できる限り強い技の準備をしておいて

106 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:20:18 0
>>101


そうだ この世界は、俺が、お前を倒すためだけに作る弾丸の世界


この世界を構成する大気が撃鉄で・・・・・  全てが弾丸となる


いくぞ―――!!!


(いくつもの光の筋が稟に、全方向から向かってくる)

107 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:21:53 0
>>104
う、うん…平気だよ…。

…スタンリーお兄ちゃんが…
すごい…あんなことまで出来るなんて…

108 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:24:05 0
>>106
ふん―――――(再生したもう片手で剣を拾い、弾丸を弾きながらスタンリーに肉薄する)

クク、あの脆弱な七束 稟の技だ………居合い斬り。(視認不可な速度でスタンリーに斬りかかる)

109 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 03:25:54 0
>>107
ライカン「ああ、あのまま決まっちまうぜ!」

………いや………(何か難しい表情で考え込む)

………マズい!

110 :夜 叉 水 晶  ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:26:25 0
>>105

へっ・・・・・・・

かっこいいじゃねぇか・・・・・


(箱が砕け、そこには夜叉の姿のゼンキが立っている)

111 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 03:27:57 0
>>105

―――――――――おかえり、咲夜

待ちかねたぞ

『………………』(ポカーンとして)


了解だ、任せろ

(さらに光が増していく)

112 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:29:51 0
>>108


ふ―――――


          全てが、弾丸となる


(居合い斬りの一閃が、形を変えて光となる)


ショットッ!!
(そのまま、剣が稟に向き直って飛んでいく)



そして、それは私とて例外ではない


(右腕にライトニングジャベリンをチャージする)

113 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:29:56 0
>>109
え…?
ティル君、どうしたの?
お兄ちゃんあんなすごい技出したのに…

114 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 03:31:10 0
>>105
………………………………はい、おかえりなさい(にこり)

待ってたよ、咲夜ちゃん………………

(黒薔薇の言葉を聞き、呪文詠唱を開始する)


         ―――――八千矛の  神の命 

                    ぬえ草の  女にしあれば
 わが心  浦渚の鳥ぞ
            今こそは  我鳥にあらめ



    (せつせつと、一語一語に力を籠め七束の秘奥の呪文を詠唱する)



                         後は  汝鳥にあらむを

         いのちは  な死せたまひそ
 いしたふや  天馳せ使ひ

                ことの  語りごとも  こをば――――


百八式………………


(今まで、黒薔薇を苛んでいたものに照準を合わせる)

115 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:32:47 0
>>112
ッ!!(ざく、と腹をえぐられて臓物が飛び散る)

………ぐっ。(腹部を押さえ、多少ふらつく)

116 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 03:33:22 0
>>113
………知らないかい?
さらら………魔剣レーヴァンティンの伝承を………

117 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:35:23 0
サクヤ「…ほざけ……!?」

…時間停止も、平行世界も…使えないだろ?
同じ能力でのみ…お前の技は中和が出切るからな…

>>110
…お前のその格好も結構かっこいいよ?
きついの一発、頼むぜ?

>>111
ただいま兄貴、待たせて悪かったね…
じゃあ、任せるよ?

>>114
……ただいま…おねえちゃん…(微笑んで)
長い間帰らないで…ごめんなさい…

サクヤ「うあああああああ!!!(炎をチャージするが)」


ストッ…(何かが飛来し、サクヤの身体を貫く)


『動くな』

サクヤ「……これ…は……」

…イリスの…支配の釘…
力を相殺されている、今のお前じゃあ…抵抗、出来ないだろう?

118 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:36:04 0
>>117

…くそ…
くそ…!!動け…うごけぇえええええっ!!!!!


(必死に釘の呪縛を解き放とうとする)

119 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:37:07 0
>>116
え……?
知らない…
何かあるの…!?

120 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:38:03 0
>>115


第5の弾丸(ファイス・バレット)



(右腕が稟の体を貫き、そのまま固定される)



「変化の印」・・・・・ 「ヒトに変われ」!!!


(能力が発動する)


121 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:43:04 0
>>120
ぐっ………がああああっ!!(スタンリーの腕に貫かれて)










なんてね。
割と楽しめただろう?(ぶち、と手刀でスタンリーの右腕を肩口から捻じ切り、身体の自由を得る)

122 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:44:02 0
>>118
…ネーミングが光龍のセンスと被りますがね…


………ヴァニティ…エンヴィー…アンガー…スロース…

…アヴァリス…グルトニー…ラスト…ギルティー・・・

…ソロン…フラーテル…………

(オロチを開放し、さらに風と雷の力を纏わせて)


『風雷撃』………

『エンド・オブ・ワールド』…………


(二つの力が合わさって、真っ白な光の球になる)





……『ローゼンホワイト』!!!!!!!!!!





(純白に輝く巨大なエネルギー弾が、サクヤに向けて放たれる)

123 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 03:44:24 0
>>117
あははっ………もー………(嬉し涙を滲ませて)
一緒に大学、行くって約束したよね?
それで許してあげるよ?(瞬きをし、涙の気配を全て、喜びに還る)

>>118
還るべき所に還れ、(一条の光にまで、その高熱波を収束させ)


百八式――――――『幻想封歌』


(光速そのものの速度で、秘奥の光が 【「妲鬼」サクヤ】 の眉間に襲い掛かる)

124 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:44:43 0
………食らえ…

(尻尾の毛を擦らせ、炎を起こす)


…「これを受けて無事だったヤツなんて、一人もいやしないんだ」





………ルーシアエクスプロード!!!!!!!!






(巨大な高熱火球が、サクヤへと放たれる)

125 :夜 叉 水 晶 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:47:15 0
>>117
カカ・・・・・

そうだな・・・・
ルーシア、解き放ってやらねぇとな


(ゼンキの夜叉結晶の体が、完全に構築される)


>>118

………………あばよ、朱纏鬼。
また来世で、会うかもな





             「雹鬼水華晶」



(ゼンキの体から、ツララのような砕けぬ刃が、百、二百と伸びて黒薔薇を貫く)

126 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 03:49:26 0
>>117
おう、任せろ

―――おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

(ゴゥッ!と光が爆発的に広がり)

『固有封層解除――S・LINK開放――バースト!』

(光が集束し、巨大な銀光の剣が天を貫く)

>>118

いくぞ、ミノリ

『しくじるんじゃないわよ』

ほざけ、阿呆(ニヤ、と笑って)


「『       神         凪        ィィィィィィィィ!!     』」


(サクヤへ向け、渾身の一撃を振り下ろす)

127 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:50:09 0
>>122-126

う……うぁ……!?


………ああああああああああああああああああああああああああっっっ!!!!!!!!1






ドガァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!!!!






(全ての攻撃が命中し、サクヤが眩い光と高熱の爆風に包まれていく)

128 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:50:44 0
>>121


しまっ――――!!


(肩口から血が噴出し、それを手で押さえて後退する)


「変換の印」・・・!
(傷口を塞ぎ、血を弾丸へと変えながら後ろに下がる)

129 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:52:04 0
>>127

………………


(力が抜け、膝をつく)


……やった……のか……?

130 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 03:53:31 0
>>119
魔剣レーヴァンティンは、嘗てスルトが世界を焼き尽くした際に使われた魔剣。
そこにやつの力が加われば―――――

固有結界の擬似世界といえども、問題じゃない………!!

131 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 03:55:45 0
(光に包まれていくサクヤの姿を見守りながら)


……ふぅ…

>>123
…あはは…ありがと
千夏と一緒なら、大歓迎だよ

>>125
……一応、私のしっぽもルーシアのものだけどね…
…あいつが使っていたのは、力の片鱗に過ぎない…

>>126
……何はともあれ、終わり…かな…
…はぁ……


(ぱた、とその場に大の字になる)

132 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 03:57:18 0
>>130
そ、それって…
…お兄ちゃんが負けるはずないでしょ!?
ね!?(慌てたように)

133 :夜 叉 水 晶 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 03:58:31 0
>>131

ん・・・・・
一応な・・・・・


あんな奴でも、一緒にいた奴だからよ

(サクヤを貫いた、己の刃が全て体に戻る)



・・・・やったんだな・・・・・

134 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 03:59:08 0
>>128
無駄だ。(ぼこぼこぼこ、と体中に穴が開くがその都度に瞬時に再生する)

(既に腹部、腕の傷口は再生し、スタンリーから距離を取って落ちていた剣を手に取り)



我が力と魔剣の元に、このくだらない擬似世界を消し去れ。

     秘剣―――――『居合い斬り・滅』





        ざしゅん。(一瞬周囲が煌き)





ズズ…(世界に真一文字の切れ込みが出来、そこから上下がズレ始めて)






ズズズン!(世界が真っ二つに割れ、元の古城の部屋へと戻る)

135 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 04:01:11 0
>>127
はぁ………………ふぅ(息を整え、油断せずに周りを見渡す)
大丈夫、かな………?

>>131
………あは、でも、もっと早く言ってくれたら良かったのにー(にこにこ)
咲夜ちゃん、怪我してない?

(黒薔薇に近づく)

136 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:03:07 0
>>134


そんな・・・・バカな・・・・・・・・・・


(元の古城の部屋に戻って、立ち尽くしている)


俺の、ほとんどの魔力を注ぎ込んだ空想具現化固有結界が・・・・・・・・・

137 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:03:57 0
>>134
>>128
スタンリー………!!
大丈夫か………?(スタンリーに駆け寄る)

138 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 04:04:13 0
>>131

――――――――ィィィィン
(光が霧散していき、緑のラインも身体から消える)

ふぅ………(脱力して)
お疲れさん、咲夜。いろいろと……大変だったろ

こっちも大変だったぞー
記憶喪失なんて、マンガみたいな状態だったからなあ(笑って)
いまだに、全部思い出せたわけじゃあないけど……

『ちょっと、少しは私にも感謝しなさいよ』(ふてくされた声で)

わかってるって。ありがとう、ミノリ
おかげでいろいろ思い出せた

『……バカ。最初からそう言えばいいじゃないの』


(小夜の元へと歩いていって)
小夜、終わったよ(抱きしめる)
早く家に帰って……雅の顔、みてえなあ
そんときゃ、また美味い飯食わせてくれよ?

ふー……(小夜を抱いたまま壁に寄りかかり、脱力)

『……私おいてきぼりじゃないの』

139 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:06:02 0
>>137


大丈夫・・・・大丈夫だ・・・・・・

(左手でティルを静止させながら)


ただ、魔力がもう少ない・・・・・
残ったのは眼の力だけだ・・・・

140 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:06:02 0
>>133
……うん…
…私の…最初の友達でもあった…

>>135
言えなかったんだよ…時間航行の制約で…
…でも、たまに顔見には行ってたんだけどね…

…あ、大丈夫…さっきの衝撃波はほとんど相殺したし、額がちょっと切れた程度かな

>>138
…あは、お疲れ様ー…(苦笑して)
でも、あたしのこと思い出してくれたみたいで…嬉しいよ


白「………(ふらふらと、サクヤのいた位置へ歩いていく)」

…白薔薇…?

141 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:07:53 0

…………




…やっぱり………

(煙の立ちこめる中、血まみれで、もはや五体が満足でないサクヤを見つける)

…………

(サクヤの身体を抱き上げ、歩いてくる)


咲「……ちょ…白薔薇……」

142 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:09:54 0
>>136
「クク………もう終わりかい?」

………まだだ!まだ手はある!
見てろ………
『黒帳眼の鬼神、忘れ形見(ロストメモリー)』発動っ………!!
姉さん、力を貸して………(リィルの力がティルに付与される)

『煉獄の炎よ、我が濃艶なる魔力を存分に食らいてその身を伝説の火炎竜となせ…
創世の火を胸に抱く灼熱の竜王よ、災厄の黒炎で炎獄を地上に再現せしめよ………』

………まだ………(ティルの周囲に灼熱の炎が立ちこめて)
『魔術連鎖(マジックチェイン)』………ッ!!

『世を創世せし伝説の洪水よ、黒よりも深き漆黒が如きその激流で地上を闇夜の大海とかせ………
厳かなる破滅と大いなる守護を受けし再生の天災を今ここに齎さん………』

………まだ、だ………!!(さらに周囲の空気が凍り、氷結の塊を纏う)
『二重、魔術連鎖』………ッ!!(炎と氷を纏いながら、詠唱を続けようとする)

143 :夜 叉 水 晶 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:10:01 0
>>138
お暑いねぇ・・・・・・・

>>140

カカ・・・・

や、まさかお前が咲夜だったとはな・・・・・
俺だけ気付いてないでバカみたいじゃねぇか・・・・・・

>>141


お、おい・・・
何してんだ・・・・・・・?

144 :「妲鬼」サクヤ ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:10:36 0
>>141

……(虫の息で、子供のような表情で涙を流している)


…う……えぐっ……ぅぅ……

…痛いよ………痛いよぉ……

…助けて…稟……
身体が…すっごく痛いの……

………稟…どこぉ……?


(涙をためた空ろな眼が、居ないはずの人物を探して空を泳ぐ)

145 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 04:11:41 0
>>140
そっか………ん、それなら仕方ないかな
いーや、それでも、怪我は怪我だから、治すよー♪

(にこにこと近づいていって)

>>141

咲夜、ちゃ………………

(黒薔薇のあまりの状態に、愕然としている)

146 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:12:28 0
>>143
>>145

……こいつも、一応…
私の妹ですから…(微笑む)



……今から、少しだけ危ないことしますんで…
失敗したら、私のこと殺してやってください



……(眼を閉じ、瞑想し始める)

147 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:14:08 0
>>146

……白薔薇……!?


…駄目……!!!!(止めようとするが)




……ゥゥゥン…


(白薔薇がドス黒い邪気に包まれる)

148 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:14:21 0
>>142

くっ・・・・!
(壁に寄りかかりながら)



『二重、魔術連鎖』………!


凄い・・・・更に連結していく・・・・・・!

149 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 04:14:23 0
>>140
なに、当然よ
必ず全部思い出すさ

……白薔薇?


>>141
>>146

……………………。

(小夜を抱いたまま、黙って聞いている)

150 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:14:34 0
>>132
………くっ!
まさか固有結界すら打ち破るとは………

>>142
………あいつ、正気か!?
ただでさえ難易度の高い魔術連鎖を上級魔術で二つ………いや、それ以上やろうと!?
暴発すれば、この国の半分は吹き飛ぶぞ!
いや、成功したとしてもあいつ自身の身体が持つはずがねぇ!

151 :夜 叉 水 晶 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:17:39 0
>>147
お、おい・・・
大丈夫なのかよ・・・・・・


(箱を作りながら見ている)

152 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 04:18:27 0
>>150
つまり…相手もそれだけ強いってこと…?

……え!?
そんな…技…
…いやだ…ティル君…!
そんなことしたらティル君が…!!

153 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 04:18:55 0
>>144
………。(何とも言えない、複雑な表情で息も絶え絶えなサクヤを見ている)

>>146
ん………わかりました
お願いします………

>>147
………え?

154 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:20:26 0
>>148
『雷雲よ!烈火の如き豪雨と無慈悲なる雷撃で我が眼前を荒野となせ………
全てを打ちのめし、全てを焼き尽くさんとする荒れ狂う悪魔の嵐よ、此処に来たれ………!!』

―――『三重、魔術連鎖』だッ!!(炎、氷、雷、全ての魔力を周囲に溜め込み)

………ぐ、があああああっ!!(全ての魔力を練り合わせ、なんとか連鎖を完成させる)



………まだだッ!!
はぁ、はぁ………おい、スタンリー!
今のお前の残った魔力で、ありったけの威力の魔術を作れ!
そいつと僕の魔術をさらに連鎖させる………!!
………早くしろっ!!僕の魔術が暴発しないうちにッ!!(必死で魔術を押さえ込みながら)

155 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:22:14 0
>>152
………リィルを討ったってのは、伊達じゃねーな………

>>154
………おい、やばいぞ。
逃げろっ!!(さららを抱えて逃げ出す)

156 :『      』(宿主:白薔薇):2007/03/30(金) 04:22:39 0

…………(感情の読めない瞳を開く)


サクヤ「………あ……あぁぁ…………(顔がぱぁっ と明るくなって)」


………(サクヤを抱きしめる)


サクヤ「……稟…そこに……そこに居たんだ……!」

…はい…
僕は…いつだって、サクヤの傍に居ます

サクヤ「…会いたかった…会いたかったよ……稟…!ずっと探してた……やっと会えた…!稟……稟……!!」


……(より一層強く、サクヤの身体を抱きしめる)

サクヤ「…よかった……稟……大好き……」


……もう、お休み…サクヤ…
全部消してあげる…痛みも…苦しみも…全部…


サクヤ「……ああ…うん、お休み…(白薔薇の身体を抱きしめながら、ゆっくりと消えていった)」

157 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:24:44 0
>>154

ふ・・・・ふふ・・・・・


まったく・・・君ってやつは、ギャンブラーだ!

(微笑し、今唱えられる最高の魔術を詠唱し始める)


「力よ、奈落へと引かれる力、すべてを大地につなぎ止める偉大なる力よ。さらに強まれ。
その力ですべてを屈服させよ。“グラヴィティブレス”!」


魔術・演算連鎖っ!!
(ティルへと流れる魔力回路をスタンリーの力で補助する)

158 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:24:53 0

……ふぅ…(眼を閉じ、もう一度開くと、普段の白薔薇に戻る)

>>147
>>149
>>151
>>153


……ご心配かけました
…ちょっと危うかったですけど


(頭を掻いて、とぼけたように微笑む)

159 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 04:27:03 0
>>155
そんな…
みんな、大丈夫かな…。

え!?え!?
ティル君とお兄ちゃんを置いて逃げるなんて出来ないよ…!?
はーなーせー!(じたばたと暴れる)

160 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:28:50 0
>>157
くっ………!!(脂汗をたらしながら)

………それが全力か?
もっとだ!もっと魔力を出し切れ………全部振り絞れ!!
こっちはもう限界だ………ッ!!(目を閉じ、わなわな震えながら全力で魔術をストックしている)

161 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 04:28:52 0
>>156
>>158
(ほぅ………とため息をついて)

お疲れ様です………大丈夫でした?
その………
「サクヤちゃん」の、最後は………幸せそうでしたか………?

(心配そうに)

162 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:30:15 0
>>158


カカ・・・・・
相変わらず凄い奴だな・・・・お前は・・・・

(あきれたように笑っている)

163 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:31:13 0
>>159
(部屋から必死に離れながら)
うるせぇ、黙ってろ!
あれは言わば魔術連鎖の上級版………禁忌魔術と同レベルの魔術だ!
あれだけでかい魔術をさらに他人と合わせるなんて未だ嘗て聞いた事がねぇ!
確実に言えるのは、あそこにいたら俺らも巻き添え食うってことだ!

164 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:33:58 0
>>160

了解だ・・・・・・・・・・・・



ティル、俺の全てを――――――


「大いなる大気が織布と化し,蠢くを旋律を奏でる… とくと聴け!」


―――シルフィード・エアッドォォォォォォ!!!!!


(風の最上級魔術を叩き込む)

165 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 04:34:38 0
>>163
そ、んな…
失敗したら…ティル君が…!
そんなのっ…!
………大丈夫、だよね?
ティル君はちゃんと帰ってくるよね…!?

166 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 04:35:29 0
>>156
>>158

――――――――――――。(見届けて)

これで、本当に終わりか……
坊主達は大丈夫、かな

……はあ
サクヤとルーシア、逝っちまったか
…せめて、死後くらいは…ゆっくりできてるといいんだがな

167 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:37:22 0
>>161
……ええ、幸せそうでしたよ
…悲しくなるくらいに

(泣き顔に見える笑みを向ける)

>>162
相当、危うい橋だったんですがね
下手したらあの男がもう一人出来てましたし……

…でも、これでとりあえず…こっちの仕事は終わりです

>>166
…ティルなら、大丈夫でしょう…
こちらも満身創痍…あとは、信じて待つしかなさそうですね…


…すみません…少しだけ……眠り……


咲「…おっと(白薔薇を抱きとめ)」


咲「…でも、確かにそうだな…。ティルたちならきっと、心配は無いだろう」

168 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:40:53 0
>>164
おおおおおおおおおおお!!!
『自然の力よ、我が魔力の元に従属せよ!!自然大災害(ネイティブ・ハウリングッ)!!』
(炎、氷、雷が連合した連鎖魔術を解き放ち)

3、2、1………今!!
――――合奏魔術(ルインマジック)!!(スタンリーの魔術を絶妙のタイミングで混ぜ込み)

いけええええええええええっ!!!
















ごごごご





かっ

169 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:41:50 0
>>168
     ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
             / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                  .i|       |i
                  |:::::: ::    `,





  ごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうん!!!!!!!!

170 :「天照の巫女」七束千夏 ◆vWcjDfdwqE :2007/03/30(金) 04:42:32 0
>>167
ん………それなら………(息を吸って)
あは………………うん

(上を見上げながら応える)

あー、もう………(黒薔薇の前に立って)
………はい、治療完了、っと………
咲夜ちゃん、ホントに、お疲れ様です(にこり)


171 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:45:03 0
>>169
(地球を半分破壊するほどのエネルギーが一点集約された魔術をもろに受け、
古城の上半分が吹き飛ばされて大空が見える部屋の中)

………はぁ、はぁ………(砂煙の中、やっとの思いで立っている)

………これで………どーだ………

172 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 04:46:13 0
>>170
ん…(治癒されて)
千夏こそ…お疲れ様(微笑を返す)

…ティルはまだ戦っているんだろうな……


…稟……

(上を見上げ、誰に語りかけるでもなく呟いた)

173 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 04:47:31 0
>>167
………そうだな(頷いて)
俺も少し、疲れ、た(目を閉じて)

『……まあ、いいわ。時間はこれからいくらでも作れるし
ゆっくりなさいな、飛凰』(優しい声で)

おう、言われなくても
はー……
(小夜を抱いたまま、息を抜いた)

174 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:47:32 0
>>171


ゴフッ・・・・・・
(魔術が全て無くなり、吐血する)


やった・・・・・・・か・・・・・・

175 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 04:52:25 0
>>171>>174











………やぁ。
随分とでかい花火だったじゃないか。(平然と、砂煙の中から歩いてくる)




………さて、どうしてくれよう。
さっきの爆発で装置は壊れてしまった。
レーヴァンティンも中々のダメージを受けている。

すごくムカつくよ、君たち。



―――――貴様らぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
絶ッッッッッッッッッ対にッッッッッッッッッ!!!!!!!!
許さんッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!(大地が揺れるほどの迫力で二人に怒号を飛ばす)

176 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 04:54:43 0
>>175


じ、冗談だろ・・・・・・・・・・・・?
地球が半分無くなってしまうようなダメージだぞ・・・・・・
(絶望の表情を浮かべる)


勝てないのか・・・・・俺達は・・・・・・・・・・

177 :ライカンスロープ(人型) ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:54:45 0
>>165
ああ、大丈夫、だいじょ―――――


>>168-169

おおおおおおおおおああああああああっ!!!???(さららを抱きかかえ、爆発で城の端っこまで吹っ飛ばされる)

178 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 04:55:59 0
>>175
………うそ、だ………

そんな………

(がくん、と膝をついて)

………もう………

僕の魔力はおろか………姉さんの魔力も残ってないってのに………

179 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 04:58:22 0
>>177
そ、そうだよね!

…わああぁぁぁっ!!?(ライカンごと吹っ飛ばされる)

180 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:02:31 0
>>176
>>178
………ああ、確かに悪く無かったよ………
まともに食らってたら、ちょっとやばかったかもね………

だが、もうお遊びは終わりだ。
僕は約束を守るんだ。
さっき言ったね、レディーファーストだと。(すっ、とレーヴァンティンを構えて)

>>179

死になよ。




           『居合い斬り』       『空間消滅』







ざしゅん。






(さららとの空間を瞬時に消滅させ、居合いでさららの身体を叩き斬る)

181 :小流眼のさらら ◆UD9FkZ6sI6 :2007/03/30(金) 05:04:50 0
>>180
え…?

あ………

(血を流し、その場に倒れる)

182 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:05:29 0
>>180
おい………ちょっと待て、まさか

>>181






                       あ












さら………、ら?

183 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 05:07:15 0
>>180

やめ・・・・ろ・・・・・・・・

(動かない体のせいで何もできない)


>>181




――――――――――。




184 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:07:41 0



あああああああああああああああああああああ!!!!!!!!
(ボロボロの身体を引きずって、さららのところまで駆け寄って)




さらら………


嘘だろ………


………こんな………


こんな、終わり………が………


あるわけ………(血まみれになったさららを抱きしめて)

185 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:10:43 0
>>182-184

アッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!


さぁ、次は君だよ。(スタンリーに向けて剣をかざす)


あの弟の方は最後まで取っておく。
君らの分、姉の分まで苦しんでもらわないと気がすまないからね。


さぁ、消えなよ。(スタンリーに向けて剣を構え、先ほどと同じ居合いを放つ姿勢を見せる)

186 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 05:11:31 0
>>184




サ、ラ・・・・・・・・・・・



死ん・・・・・・・・・・・・



(虚ろな眼で、二人を見ている)

187 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 05:13:47 0
>>185


くそっ・・・・・・・!!

動け、動けーーーーー!!!


(剣を向けられても、体がいうことを利かず動かない)




心愛・・・・・・・・・・ すまない・・・・・・・・・・・・・

188 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:15:43 0
………守れなかった………

僕は………

僕一人じゃ………

姉さんの力を借りても………

皆に助けてもらっても………

大切な人一人………

守れなかった………

僕は………

僕は………










『助けが、欲しいか?』

………誰?

189 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:18:40 0
>>187
少しは楽しかったよ。
………じゃあな。


(す、と始動した瞬間)



ごぉん!(身体が爆発し、攻撃が妨げられる)



………なに?

190 :ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:21:06 0
>>189
………許さない………絶対に………

お前だけは許さない………(ゆらりと立ち上がる)

(ぼう、とティルの周囲に人影が映っている)

191 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 05:22:48 0
>>189
ーーーーー!!

(眼を瞑る)



な、んだ・・・・・・・・?


いかん・・・・・
見届けねばならんのに・・・・・・・・・・・


意識が―――――――


(魔力が切れ、肉体的ダメージもあったために体は自動的に意識をシャットダウンした)

192 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:23:06 0
>>190
………まだ立ち上がる力が………鬱陶しい!!
貴様から先に消してや



ぼごん!(腕がはじけ飛ぶ)



………馬鹿な。
何故消しきれない?(不可解そうに自分の腕を見て)

193 :ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:24:51 0
>>192
簡単な話だ。
僕の魔術が貴様の「消滅」の力を上回っている。
それだけの話だよ。

(ぼっ、ぼっ、とティルの周囲の人影が増えていく)

194 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:25:24 0
>>193
………なんだ、それは………
貴様、なにをした!?

195 :「黒帳眼の英霊」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:30:18 0
>>194
だから言っているだろう。
僕の攻撃は貴様には消しきれないんだ。


『黒帳眼Lv.Limit Break』

『黒帳眼の英霊』


黒帳眼によって非業の死を遂げた先代の魔術師たちを全て召喚する………
姉さんの力だけじゃない………
僕らローズグレイの家系全ての魔術だ!(ごぅん、と稟の身体がはじけ飛ぶ)
小さな魔術だが、一発一発がさっきの数倍の威力はある………!!

196 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:31:53 0
>>195
………馬鹿な。ありえない。
この僕に、消しきれないだと………!?

―――それがどうしたぁぁぁぁぁ!!
貴様ごと消し去れば済む話だ!!
消え―――――

197 :「黒帳眼の鬼神」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:40:59 0
>>196
詠唱開――――

『………そんなもの、いらないさ』

『お前の持つ力を全て出すだけでいい』

『我々がついている』

………(老人たちの英霊を見渡して)

『見せてやれ、ティル。お前なら出来る』

『そうよ。なんていったって、私たちの自慢の子供なんだもの』

『それに、あたしの可愛い弟だしね!』

………貴方たちは………(自らの家族の英霊たちを見て)

………分かった。(稟に向き直って)

これが、僕らの………黒帳眼に呪われた家系の、最高の魔術だ。






(す、と手をかざして)
………ローズグレイ家魔術奥義。
行け。
―――――『灰薔薇家の蒼炎(ノーブル・フランム)』

198 :『      』(仮称:七束 稟 or ZERO):2007/03/30(金) 05:41:56 0
>>197










                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


199 :「黒帳眼の英霊」ティル ◆BLACK//LWw :2007/03/30(金) 05:50:09 0
>>198
どごっ!(凄まじい蒼炎の爆発で吹き飛ばされ、ボロクズの様に地面に転がる)





(大の字に横たわりながら、空を見上げて)
………すごいな………

『そりゃそうさ、我ら十数人の力を全て結集したんだからな』

『威力を広域にすれば、この銀河の半分は吹き飛ぶかもな(笑)』

『そりゃー言い過ぎだろう、お前!』

………

『………よくやった、ティル。お前は、私たちの誇りだ』

『ええ………、もう、立派な跡継ぎよ』

『あたしも、これで安心したよ。フフッ、もうあんたのことで心配しなくてすみそうね』

………

………ありがとう………

父さん………母さん………そして、姉さん………

(先祖、そして家族の英霊に見守られる中、ゆっくりと目を閉じて意識を失っていった)

200 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 10:57:03 O
…………パチッ

(目を覚ます)

………

咲「………気が付いた…?」

……ティル…
……ティルは……?

咲「……ついさっき…稟の気配が、消えたよ…」

……そう…ですか………
…いたた…

咲「…おいおい、動かないほうが良いんじゃねえの?」

……さららさんに…傷…
舐めて治してもらう…

咲「………お前ってやつは………(何とも言えない顔で)」

201 :????:2007/03/30(金) 11:54:28 0
くふ、くふり。


くふりくふふ。


完了。完了。くふ、任務完了。


くふるるる。



202 :「時幻の魔女」七束 咲夜 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 12:22:08 0
>>201

…………?


白「…どうしました…?」

…いや、何でも…ない…

203 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 14:31:59 O
(元の姿に戻っている)



…………っはぁー


第三形態まで使ったのなんて数百年ぶりだぜ………


(自分が作った箱にもたれかかっている)

204 :「黒帳眼の英霊」ティル ◆/mycdNfRlc :2007/03/30(金) 14:37:55 O
………(さららの隣で血まみれになって地面に臥している)

205 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 15:28:08 0

……………………。

(小夜を腕に抱いたまま壁にもたれかかり、眠っている)


『……………はあ、まったくもう…のん気ねえ』(呆れた声で)

『……これから大変ねー………』

206 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 15:29:36 0
>>203
……っと…(なんとか立ち上がって)

…へへー…
私、最終携帯使わないで済ませたもんねー(勝ち誇ったっぽい笑み)

>>205
…はは……

(二人を微笑ましそうに眺めて笑う)

207 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 15:33:55 O
>>204

………

(目を開ける)



たいしたもんだ…
はは……

(微笑し、ポーチから回復薬を取り出して飲む)


動くか…体よ……

(なんとか起き上がろうとする)

208 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 15:42:19 O
>>206

カカ……

今回は、お前の勝ちにしていてやんよ
(不機嫌そうな顔で)

>>205

ったくよ……


これで世界は救われたってか……

(箱の中からトロピカーナを取り出して飲み始める)


消えた奴らはどうなるんだろうな………

209 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 15:47:19 0
>>208
そいつはどうも…

…消滅した者は、魂すら残っては居ないはずです…
…失ったものは余りに多すぎますね…

210 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 15:56:09 0
>>208-209

【おい。

 お前ら、ちょっとこっち来い】

211 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 15:58:40 0
>>210

……あれ…
…誰か呼びましたか…?(声のした方に振り向く)

212 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 16:01:25 0
>>211
【こっちだよこっち】

(小夜の体から、ぼんやりとした人影が浮かび上がる

【本当は七の月詠か、こっちの野郎に話したかったんだがな】

(キカイを指差して

【まぁ、寝てるんならしょうがねぇ。
 てことでお前らが伝えておいてくれ】



213 :「黒帳眼の英霊」ティル ◆/mycdNfRlc :2007/03/30(金) 16:02:36 O
>>207
………すぅ………(微かに、二人とも呼吸している)

214 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 16:07:43 0
>>212

……はぁ……
小夜さんの守護霊とかそんな感じでしょうか…?

…伝言、ですか…?

215 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 16:36:52 0
>>214
【ん……、そんなもんだ。

 伝言っつーのはな。

 小夜、このままじゃ死ぬぞ】

216 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 16:38:26 0
>>215

……何…だと…?



217 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 16:50:23 0
>>216
【こいつもよくよく死にかけるよなぁ……。

 具体的に話すと、だ。

 以前、溢れた獅剣眼の力に振り回されていた小夜が、このキカイとやらと線を繋いだのは知ってるか?
 それによって力を分散させて負担を軽減させた……はずだった。

 だが実は、効率よく使用できるようになった力に、成長途中の体が蝕まれていた。

 獅剣眼は本来、二十歳を迎えた継承者にしか受け継がれない物だからな。
 不具合が出るのも当然なんだが……。
 何故か知らんが小夜、成長が緩やかに停止し始めている。

 普通に成長してりゃぁ、耐えれるほどの不具合も、深刻になってきたっつーわけだ】

218 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 16:57:31 0
>>217
…いえ、前半の話は初耳ですが…

……つまり…このまま、成長が進まねば…
小夜さんの未熟な身体が耐え切れず……死に至る…

…成長の不具合は…キカイのキュレイウイルスの作用でしょうか…?

219 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 17:00:55 0
>>218
【ん、言いふらすような種類のことでもねぇからな。

 原因は知らん。
 だが考え込むようなこってもねぇよ。

 七か零の当主に頼めば一発だろ。
 そのウイルスとやらを取り除くか、活動を停止させても良いしな】

220 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 17:04:35 0
>>219
…まあ、そうですけど…

…確かに…治療法は困らなそうですね…
では、早めに七束に運んで処置を行えば…

221 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:06:17 O
>>219
(話を聞いていた)

はーん……

ま、取り除く自体は簡単かもな

222 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 17:11:21 0
>>220-221
【だな。
 眼を使わない限り、症状は進行しねぇし。

 ……ああ、それとだ。
 もう一個、個人的な事だが、小夜に伝えてくれねぇか】

(急にしわがれた声になって

【「大人ぶっても、おぬしはまだまだ子供じゃ。
 たまにはゆっくり周りを見渡してみると良い。
 頼れる者は、たくさんおるじゃろうに」】

【以上だ。頼むぜ】

223 :黒呪・百鬼眼 ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:13:07 O
>>213


……気を失っている間に、少しは魔力が回復したみたいだな


「"百鬼よ、石に生命を吹き込み、動くものとなせ。我に忠実な下部を与えよ"」


ーーーーストーンサーヴァント「ギア」!


(古城の石を媒体にゴーレムを呼び出す)

224 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 17:17:16 0
>>222
………(得心いった、という顔で)

…ええ、分かりました
確かに伝えますよ

お話できて、光栄でした(微笑む)

225 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:18:21 O
>>222

……なるほどな

(伝言を聞く)


なげぇ…………
白薔薇、頼んだわ

俺はあいつ(小夜)のこと知らないしよ………


(箱からピザを取り出しながら)

226 :ギア ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:21:26 O


ヒサシブリダナ、マスター

「ギア、さっそくで悪いが…二人と、俺を運んでくれ」


リョウカイダ

(スタンリーとティル、さららを担ぎ上げて肩に乗せる)



ズシン ズシン

(階段は使えないので違う道から行く)

227 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 17:21:40 0
>>225
ええ、分かりました
そのピザを一切れくれたら頼まれて上げましょう(笑いながら)

228 :◆Stzh7dXjGI :2007/03/30(金) 17:22:03 0
>>224-225
(照れくさそうに笑って

【……やめてくれ。
 今の俺は分割された記憶にすぎねぇからな。

 ま、もし他の記憶に会った時にでも言ってやりな。
 言うのにふさわしい欠片もいくつかいるぜ。

 ……それじゃあな】

(大気に溶けるように消えていった

229 :キカイ ◆DRILLFokXE :2007/03/30(金) 17:25:03 0
>>222
>>228


…………………。

………参ったな
迷惑かけてばっかじゃねえか、俺は(ゆっくりと目を開いて)

たぶん、これからも……そうなんだと思う
けど

俺は、小夜からは離れん(きゅ、と小夜を抱きしめて)
守り通す……必ず


…………………しっかしまあ、まったく、情けない
(目を閉じて)

230 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 17:29:32 0
>>228
……それでも、ですよ

ええ、また別の貴方に会えたら、その時に

>>229
………伝言は…必要無さそうですね

231 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:30:05 O
>>228

お、消えた………

(最後まで見届けて)

>>227


仕方ねぇな………
一枚やるよ


ピザスライサー!

(危険な回転をしながらピザが飛んでいく)

232 :夜叉眼のゼンキ ◆7Wc57yln3k :2007/03/30(金) 17:32:24 O
>>229

ふん………


(モシャモシャとピザを食べながら)


そういや、帰りはどうするんだろうな……

233 :「十字傷」の白薔薇 ◆/nTUFoeD46 :2007/03/30(金) 17:32:40 0
>>231
ちょwwwwおまwwwww


キャッチ!

(フリスビー犬のように飛んでピザを咥える)

おあぁぁあああくぁwせdrftgyふじこlp!!!

(ピザの回転によって生まれた真空刃によって口の中が切れる)

107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)