2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

TCBR〜テラカオスバトルロワイアル〜2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 12:39:30 ID:A0BZrmxG
ゲームアニメキャラ、ドラマやお笑い芸人邦楽歌手果ては他ロワや歴史からも参加しているロワイアルです。
キャラクターは登場した時点で参加。

詳しくは>>2以降に


事の発端のスレ
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1165332988/
前スレ
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1166630200/

まとめサイト@wiki
ttp://www23.atwiki.jp/terachaosrowa/pages/1.html
避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/8388/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 12:40:22 ID:A0BZrmxG
【書き手と読み手の絶対ルール】
1.「リレーだけは最大限考慮!」
2.「リレーだけは最大限考慮!」
No welcome
5.「駄文としか感想の来ない駄文は勘弁」
  駄文でも贔屓しまくりでも、せめて笑えるくらいまで昇華しろ。

【参加キャラへの制限】
 漫画その他への制限は無し。
 復活?やれるならやれる。

 実在人物への、常識的制限は禁止 。
 幽霊はプラズマであり、又吉こそ唯一神であり、麻生には人形が居たり居なかったり。

【基本ルール】
 全員でバトロワをしてもらい、最後まで生き残った一人もしくは主催を倒した奴らが勝者となる。
 勝者のみ元の世界に帰ることができる。
 ゲームに参加するプレイヤー間でのやりとりに反則はない。
 ゲーム開始時、プレイヤーはスタート地点から人間大砲に入れられMAP上にバラバラに配置される。
 プレイヤー全員が死亡した場合、ゲームクリアー(主催勝利)となる。

 爆弾は首輪、もしくは腕輪なり足輪なりに付いている。
 禁止エリアに入ったり、下手に弄ると爆発するよ。爆発したら死ぬかもね。

【現行のルール】
主催者は安部晋三→織田信長→羽柴秀吉→徳川家康→野比玉子→服部半蔵→
ノロウィルス→モヒカン頭→フレイザード
舞台は日本全土(ミニチュアの日本ではない)
食料が、現在個人の家庭にあるもの以外は全て廃棄されたため、
全国民が食料を巡って殺し合いしてるという設定。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 12:41:07 ID:A0BZrmxG
【スタート時の持ち物】
 プレイヤーがあらかじめ所有していた武器、装備品、所持品は全てそのまま。
 もちろん、義手など体と一体化している武器、装置もそのまま。
 また、衣服とポケットに入るくらいの雑貨(武器も除かない)も持ち込みを許される。
 ゲーム開始直前にプレイヤーは開催側から以下の物を支給され、「デイパック」にまとめられている。
 「地図」「コンパス」「筆記用具」「水と食料」「名簿」「時計」「ランタン」「ランダムアイテム」

 「デイパック」→他の荷物を運ぶための小さいリュック。ちなみに四次元なので何でも入る。
 「地図」 → 禁止エリアを判別するための境界線と座標が記されている。 誰か適当なのヨロシク。
 「コンパス」 → 普通のコンパス。東西南北がわかる。
 「筆記用具」 → 普通の鉛筆と紙。
 「水と食料」 → 量も種類もランダム。
 「名簿」→内容はランダム、名前のみ写真付き、名前のみ写真付きだが一部のみ。
 「時計」 → ランダム。時刻がわかると良いね。開催者側が指定する時刻はこの時計で確認する。
 「ランタン系」 → 明るいから暗闇を照らすことができるよ。
 「ランダムアイテム」 → 何かのアイテムが入っている。内容はランダム。数もランダム。

【支給品】
 意思がある支給品:わたしはかまわん
 被った支給品:わたしはかまわん
 被る支給品(石仮面、パンティ)ベヘリット等でのオリキャラ化:私は一向に構わんッッ
 人間:キサマは中国武術を嘗めたッッッ

【放送】
 時間:もちろんランダム、5分でも10分でも30分でも、一時間でも二時間でも三時間でも、もちろんそれ以上でも。
 内容:禁止エリア、美しい国について、愚痴、死んだ人とか

【予約】
 キャラ名の他に、作品名も書いてくれ。
 さすがに、予約被りは勘弁な。
 キャラ被りもやめとこうか。

【作品について】
 ギャグもシリアスも織り成されて構成されるのがカオスです。
 感想をどんどん書こう!
 没作?ハチャメチャ展開?ああ上等だとも!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 13:20:18 ID:cd5eGBu3
>>1
超乙!

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 17:27:32 ID:uQSSM3AQ
>>1
野比乙子

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:01:12 ID:QQ/GZPSP
>>1

ここは時々、人がいるか不安になるな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:35:50 ID:LovHhYrl
>>1
ノロ乙ウィルス

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:38:25 ID:u2qtE5md
>>1
テラカ乙

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:01:31 ID:lZjXPRJO
>>1
三重県商乙店街

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:19:13 ID:uGnBvxqA
>>1
これが乙というものだ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:51:28 ID:67p9Cpkw
>>1
熟練のクルミさばきで乙

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 20:57:04 ID:3ARlhusT
>>1 乙とめご苦労様

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 22:37:14 ID:Bv9jeVHI
>>1
テラカオツ

14 :スターフィッシュ ◆6/WWxs9O1s :2007/01/16(火) 23:38:05 ID:+GA/yIdr
不思議な気持ちだった。
人を殺したのなんて、言うまでもなく初めての経験なのに。
恐怖も、後悔も、沸いてこなかった。ただあるのは、
「ああ、これで朋也くんを殺すかもしれない危ない人がまた減った。よかったなあ」
という安堵だった。
岡崎直幸は、四人分の人間の頭部の入ったバッグを片手に黄昏の街を行く。
まだまだ足りない。息子夫婦を確実に守るには、もっともっと殺さないと。
「おや・・・・・・誰かいるねえ」
ゴミが回収されないままに残っているゴミステーションの中に、ごそごそと動く人影があった。
「殺せるような人だったらいいんだけど・・・・・・」
直幸は、用心しながらゴミステーションに近づいた。その人影は、随分と小柄で、どうやら少女のようだ。
これなら殺せそうかも。そう思い、直幸はバッグの中に手を入れて武器を取ろうとして、背後の気配に気がついた。
「うぁっ・・・・・・!! 」
振り返ると、そこには見たこともない巨大な生物が立っていた。
茶色い毛むくじゃらな体、プリンのような形をした頭の上に黄色い防止を載せている。
妖怪か何かだろうか? なぜこんな生き物がここにいるのか?
恐怖のあまり身動きの取れない直幸の肩に、その生き物はおもむろに手を置いた。
あわてて飛びのいた直幸の耳に、少女の声が届いた。
「あれ、ゴン太さん、その人は? 」
ゴミステーションの中では、ゴミにまみれた背の低い少女がゴミから頭を出していた。


「へえ、彼はゴン太くんっていうんだ・・・・・・」
「はい。全然危ない子じゃないのです。直幸さん、とっても早とちりです」
「ああ、すまないねえ・・・・・・」
なんて一応納得したふりをしているが、とても信用はできない。
ゴン太とかいうやつはさっきからずっとフガフガ言ってる(鳴いてる? )だけだし、まあおとなしそうではあるが
素性は知れない。
しかし、それ以上に困った問題が起きていた。
(まいったなあ。これじゃあ殺せないよ)
今この子を殺すとすれば、このゴン太とかいう妖怪まで殺さないといけなくなるが流石の直幸でもこんな巨大生物に
勝てる自信は無かった。
おまけに、ゴミ捨て場から出てきたこの少女から
「せっかくですから、お茶でも飲んでいけばいいです。風子が案内します」
なんて言われて、逃げ出す間もなく連行されている途中である。後ろからは両手にゴミを抱えたゴン太がぴったりとついてくるし、
どうしようもない状況だった。
(やれやれ。なんとかやり過ごすしかないなあ)
風子と言うらしい少女は、一軒の大きなビルの中に入っていった。直幸には今まで縁が無かったような、巨大な建物だ。
「そういえば、君の名前は風子でいいのかい? 」
「はい。伊吹風子です」
「風子ちゃん、君がさっきから手に持っているそれって・・・・・・」
直幸は、彼女が手にしている木でできた星のようなものを指差す。
「これですか? これはですね、大好きな・・・・・・」

15 :スターフィッシュ ◆6/WWxs9O1s :2007/01/16(火) 23:39:01 ID:+GA/yIdr
そのセリフの途中で、風子は顔をぽわーんとさせたまま固まってしまった。
三十秒以上もそのポーズのままなので、困った直幸が肩をゆすっても一向に反応しない。
どうやら彼女、軽くトリップしてしまったらしい。
「・・・・・・というわけです。わかりましたか? 」
「全然わからん」
ようやく戻ってきた風子に、岡崎直幸、人生初のツッコミだった。
「それはお星様なのかな? 」
「星じゃありません。ヒトデです」
「ひと・・・・・・」
直幸はますます顔をしかめる。どうもこの子の感性にはついていけない。
「なんでそんなものを持ってるんだい? 」
「これは風子が作ったものです。だから、直幸さんにはあげられません」
「いや、別に、ヒトデなんてそんなにかわいくもないし・・・・・・」
「そんなことありません。あなたみたいなしょぼくれたおっさんには、ヒトデのかわいさはわからないかもしれませんが」
「いや、でも・・・・・・」
「ヒトデの良さがわからないなんて、そんなんではきっと家では息子夫婦にいびられて肩身の狭い思いをしているに違いないのです」
なんか今のセリフはものすごく胸に刺さったが、風子はヒトデの良さを熱弁しているうちにまたしてもトリップしてしまったので
直幸には反論することも歩くように促すことも出来なかった。
そんな直幸と風子の背を、両手一杯にゴミを持ったゴン太がフガフガいいながら蹴飛ばした。

あのヒトデを、以前にどこかで見たことがあると直幸が思い出したのはそれからしばらく後だった。

16 :スターフィッシュ ◆6/WWxs9O1s :2007/01/16(火) 23:40:40 ID:+GA/yIdr
「♪一万年と二千年前から作ってる〜♪」
風子とゴン太に案内されたのはそのビルの屋上だった。
もうすっかり暗くなったそこでは、眼鏡をかけた男が歌いながらガラクタをいじっていた。
「やあ風子ちゃんにゴン太くん、戻ってきたのかい? あれ、そっちの人は、もしかして仲間かな? 」
直幸たちに気がつくと、黒い眼鏡の男は歌と作業を中断して振り返った。
「はい。ぜひとも私達の作戦に協力したいと言っていたのでつれてきました」
そんなこと言ってないんですけど、などと突っ込む気力すら直幸にはもう無かった。
それにしても、彼らは一体何をしているのだろう。眼鏡の男の前には、ガラクタを張り合わせて作ったような、小学生の夏休みの
工作をでっかくしたようなものがあった。
「わくわくさん、下のゴミ捨て場にはまだまだ使えそうな材料がありました。この風子が確かな眼力で選んだので心配しないで下さい」
風子がそういうと、ゴン太は抱えていたガラクタを屋上のコンクリートの上に置いた。
「いやあありがとう二人とも、これでますますいいものを作れそうだよ」
わくわくさんとかいうらしいその男は、それらのガラクタを満足そうに見下ろした。
「あの・・・・・・あなたは一体、何をするつもりなのです? 」
恐る恐る直幸は訊ねた。

「ああ、これはですね、このバトルロワイアルの主催者を倒せるような武器を工作しているんですね」

その言葉を、直幸はすぐには信じなかった。
主催者を倒す? 馬鹿げている、一体どうやって?
「これはですね、ここから半径三キロ以内を射程距離に出来る投石器です。特別な細工をしたので、破壊力は通常の投石器の
三倍以上あるんですね〜。もちろんこれだけでは不十分なんで、もっと他の工作も作りますね。偵察用のロボットも欲しいですね〜」
「そんなものが、本当に作れるんですか? 」
「作ります。私は、わくわくさんですからね〜」
眼鏡の男は、さわやかに笑ってそう答えた。
「私の相棒も、今頃どこかで主催者妥当のための工作を不器用ながらも作っているはずなんですね〜。私は彼を探したい気持ちも
あるんですけど、それよりも今は工作をしたいんですね〜、それがみんなの希望になるはずですからね〜」
そこには、自分と仲間への限りない信頼があって、直幸にはそれが不愉快だった。
しかし、
(主催者を倒す? そんなことが・・・・・・そんなことが、できるんなら)
もしそれが可能だとしたら、もちろん朋也と渚は助かる。そして、自分も、これ以上人殺しをしなくてもよくなる。
それはあまりにも胡散臭い甘言。そんな可能性に賭けるよりも、片っ端から参加者を殺したほうが効率はいい。
けれど、直幸は、その甘言を切り捨てることは出来なかった。
(もし、主催者を倒せれば、もう殺し合いなんて起きない。みんな助かる。そしていつかは、また昔みたいに、朋也くんと・・・・・・)
自分が人殺しを続けていると知れば、あの潔癖な息子のことだ、自分のことを今以上に忌み嫌う。
でも、自分が主催者を倒したのだと知ったら?
また、昔のような親子に戻れるんじゃないのだろうか?
「じゃあゴン太くん、ちょっと手伝ってくれませんか、どうしても一人では出来ない部分があるんで」
ゴン太は言われた通りに、わくわくさんに手を貸す。
「いやあ、君と遭えて本当にラッキーでしたよ。ずっと眠っていて退屈だったでしょ? 今は僕と思う存分工作しましょう! 」
二人の手つきは、直幸の素人目にもかなり熟練されたものだった。
『工作』という技能を、極限まで磨いた者達がたどり着ける領域に彼らはいる。
この人達と一緒なら、確かに・・・・・・できるかもしれない。
「それじゃあ、風子はもうちょっと材料を探してきます」
「でも風子ちゃん、一人じゃ危ないよ? 」
わくわくさんの制止を聞かずに走り出した風子に、直幸は背中から声をかけた。
「私にも、手伝わせてくれないかな? 」

17 :スターフィッシュ ◆6/WWxs9O1s :2007/01/16(火) 23:42:14 ID:+GA/yIdr

「♪カモンわっくわっく、カモンわっくわっく、ゴロリ〜♪
ん? どうしたんだいゴン太くん? 何か気になるのかな? 」
再び歌いながら工作を始めたわくわくさんは、ふとゴン太の様子がおかしいことに気がついた。
長き眠りから覚めた、このわくわくさんの先輩格にあたる妖精は、風子と直幸が消えたドアに目を向けて口を開いた。
「あの男、複数人の血のにおいがした。まあまさかとは思うが・・・・・・戻ってきたら、バッグの中くらいは確認したほうがいいだろう」


主催者を倒す。
それは、直幸が考えもつかなかったことだった。そんなこと、自分たちに出来るものかと思っていた。
しかし、わくわくさんに、ゴン太に、風子。この人たちと一緒なら、あるいは。
だが、彼らと行動を共にするなら今まで自分がしたことを知られてはいけない。
せめて、今バッグの中に入っている生首は今のうちにこっそりと捨てておくべきだろう。風子の目の無いところで・・・・・・
「直幸さん、歩くの遅いですっ。風子は待つのは嫌いです」
「ああ、ごめんよ」
そんな考えを抱きながら、直幸がそのビルから出た丁度その時だった。あたり一体のスピーカーが、いっせいに声を発した。

第三回の放送だった。

流石の風子も、言葉が無いのだろう、黙ってうつむいている。
直幸は呆然と、すでに暗くなっている空を見上げた。
122名。それだけの人が、前回の放送があってから今までのわずかな時間に死んでしまったのだ。
もちろん、その中には直幸が殺した四人だっている。胸は痛んだ。
しかし、それ以上に直幸は逡巡した。
これだけの人が死んでいるのに、本当に主催者を倒すことなどできるのか?
そう思うと、一度は希望だと思ったわくわくさんたちの行為にも疑問が浮かんでくる。
そう上手くことは運ぶのだろうか? 本当に、この凄惨なゲームを終わらせることなど可能なのか。
「直幸さん」
自分の心が見透かされたのかと思って、直幸ははっとして風子の顔を見た。
「前に誰かいます」
風子の目は直幸の顔ではなく、夕闇の奥を見ていた。直幸も目を凝らす。すると、そこに小さな動物のシルエットが浮かんだ。
「あれは・・・・・・ラッコ? 」
「ラッコはヒトデを食べます。風子の敵です」
「いや、ラッコが食べるのは貝とかウニだと思うよ・・・・・・」
なんにしても、相手が小動物らしいと思って警戒を緩めた直幸と風子の目に、そのラッコが握っている槍の先端が光ったのが見えた。
そして、そのラッコは宝具を展開した。

「刺し穿つ(ゲイ)――――死棘の槍(ボルク)!! 」

18 :スターフィッシュ ◆6/WWxs9O1s :2007/01/16(火) 23:43:23 ID:+GA/yIdr
【三日目 東京都某放送局 18時】
【岡崎直幸@CLANNAD】
[状態]:健康(やや被爆の可能性も)
[装備]:千枚通し
    鎌
    その他不明
[道具]:支給品一式
[思考]
1:目の前の敵に対処
2:わくわくさんたちに協力するかどうか、まだ心は揺れている
基本方針:息子夫婦を守る

【伊吹風子@CLANNAD】
[状態]:健康
[装備]:ヒトデ
[道具]:支給品一式
[思考]
1:目の前の敵に対処
2: わくわくさんに協力する

【わくわくさん@つくってあそぼ】
[状態]:歌を歌っている
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]
1:カメラ止めろ
2:自分の工作の力で、主催者を倒す
3:出来ればゴロリと会いたい

【ゴン太@できるかな】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]
1:わくわくさんに協力
2:直幸に若干の不信感
3:できればのっぽさんに会いたい

【ぼのぼの@ぼのぼの】
[状態]:ゲイボルクを展開
[装備]:スタンガン、ゲイボルク@Fate/stay night(永沢の支給品)
[道具]:支給品一式
[思考]
1:誰かの食料を奪う。場合によっては殺す。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:56:33 ID:cd5eGBu3
わくわくさんwww

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 00:02:35 ID:clhWF8O7
わくわくさんとゴン太くんの思考のすれ違いが悲劇を生む…のか!?

21 :急げ、アマゾン!:2007/01/17(水) 00:59:05 ID:ZyGlfvcc
「四国……急がなくては……!」
野生児のような男を乗せ、街を一台のバイク「ジャングラー」が走る。
彼の名は山本大介、またの名をアマゾン。人類の平和を守る、仮面ライダーの一人である。
本郷猛の最後の通信を受けて、彼は一路、四国へと向かっていた。
通信の内容ははっきりとはわからなかった、しかしただならぬ事態が勃発したことだけは感じ取れた。
いったい、四国で何が起きたのか。そして本郷の身に何があったのか。
それを確かめるべく、アマゾンはジャングラーを走らせる。
「待ってろ、本郷……すぐ行く!」
その時。
一台の車が、アマゾンを追跡していることに気付く。
何故?
アマゾンを追う、謎の車。
その車から、アマゾンに対し呼びかけが入る。
果たして、その正体は――?





「あー、そこの違法バイク。スピード違反だから止まりなさい」




22 :急げ、アマゾン!:2007/01/17(水) 00:59:56 ID:ZyGlfvcc
"S.P.D" Special Police Dekaranger。
燃えるハートでクールに戦う6人の刑事達。
彼らの任務は、地球に侵入した宇宙の犯罪者達と戦い、人々の平和と安全を守ることである 。
それはバトル・ロワイアルが行われている今も変わることはない。
宇宙の犯罪者に限らず……殺し合う者達を、そしてこのゲームそのものを止めるため、彼らは今日も戦い続けるのだ。

パトカー、いやスペシャルポリスのデカビークル・マシンブルから、二人の刑事がアマゾンの前に降り立った。
センちゃんこと江成仙一、ウメコこと胡堂小梅である。
「あーあ、また派手に改造しちゃって。思いっきり違法ですよ、こんなの。
 それに今だって、何キロオーバーしてたと思ってるんですか」
「う……すまない、でも俺急いで」
「わかったわかった。とりあえず免許証見せなさい!」
「免許……何だそれ?」
「えぇ!?センさん、この人無免許ですよ?」
「はぁ……何考えてんですか。しかもそれでよくこんな大それた真似できますね。
 逮捕しますよ。とりあえずあなた、名前は?」
「アマゾン!」
「何ですかそれ、地名聞いてるわけじゃないんですよ」
「まあ確かにアマゾンに住んでそうな雰囲気だけど。
 ていうかさ……街中でそんな上半身裸ってのどうなのよ?」
「服くらい来たらどうなんですか。罪状にわいせつ行為も加えますよ」
「服?ない……」
「やれやれ……とりあえず近くの署まで連行させてもらうから」
アマゾンの手に手錠がかけられた。
「え?ま、待って、俺、行く所が……」

「無免許でスピード違反に違法改造に公然わいせつ罪かぁ。
 今とんでもないことになってるのに、のん気なもんよねー」
「ここから一番近いのは……墨東署か。連絡を入れて、と……
 そこにこの変な人の身柄を預けよう。アリエナイザーじゃないからね」
「あの違法バイクはどうするの?」
「墨東署の人がこっちに向かっているらしいから、彼らに回収してもらうさ。
 噂じゃ、あの署にはこういう改造にやたら詳しい人がいるって話だからね」
「ふーん……」
「さあ、行くぞ。こいつを送り届けたら、一旦デカベースに帰還しよう」
「あ、あの……俺、四国に……」
「はいはい、わかったから大人しくしてなさい!」

23 :急げ、アマゾン!:2007/01/17(水) 01:01:56 ID:ZyGlfvcc
【三日目 東京都墨田区 15時】

【江成仙一@特捜戦隊デカレンジャー】
[状態]:健康。アマゾンに対し呆れ気味
[装備]:マシンブル
[道具]:支給品一式、SPライセンス
[思考] 1:アマゾンを墨東署(@逮捕しちゃうぞ)に引き渡す
    2:その後、デカベースに帰還

【胡堂小梅@特捜戦隊デカレンジャー】
[状態]:健康。アマゾンに対し呆れ気味
[装備]:マシンブル(センちゃんのものに同乗)
[道具]:支給品一式、SPライセンス
[思考] 1:アマゾンを墨東署(@逮捕しちゃうぞ)に引き渡す
    2:その後、デカベースに帰還

※二人ともアマゾンが改造人間であることにまだ気付いていません

【山本大介(仮面ライダーアマゾン)@仮面ライダーアマゾン】
[状態]:手錠で拘束され、連行中
[装備]:なし
[道具]:なし
[思考] 1:四国へ行って本郷の安否を確認したい……

※手錠はSPD特別製なのでアマゾンの力でも千切れません
※アマゾンの支給品を積んだジャングラーはその場に放置されました

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 02:31:07 ID:xSa1/qcs
とりあえず前スレカンストするまでは使わないか。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 21:16:49 ID:vATsDvLf
>>前スレのやつ
ロニキスよ、何がガマンできないんだ!
大便か、大便なのか!?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 22:15:03 ID:8XtObKNB
カイザーギドラとデスギドラの乱入により、形成は逆転した。
キングギドラが瀕死の状態にあるとはいえ、ギドラ三匹というのは、相当な驚異。
ウルトラ兄弟は、相当の苦戦を強いられていた。

「デュアァッ!?」

セブンが声を荒げる。
その左腕は、カイザーギドラの右首に。
その右腕は、カイザーギドラの左首に。
その首は、カイザーギドラの中央の首に。
全身を噛みつかれ、身動きを封じられていたのだ。
すぐさま他の三人が助けに入ろうとするも、残るギドラ二匹が行く先を拒む。
キングギドラは破壊光線を、デスギドラは火炎を吐いた。
とっさに三人はバリアを張るが、相手の攻撃力が予想以上に高い。
バリアは破壊され、ウルトラ兄弟はダメージを負わされてしまった。
ここでとうとう、カラータイマーが点滅を始める。
ウルトラ兄弟に、限界が訪れようとしているのだ。
恐らくは・・・もって後一分。
一分では、三匹全員を撃破するのは・・・まず、不可能である。
しかし・・・だからといって、諦めるわけにはいかない。

「我々が、ここで負けてはっ!!」
「この星の為にも、諦めるわけには・・・!!」

自分達が倒れては、多くの者を危険に晒す事になる。
敵はギドラだけではない・・・このゲームの主催者を始めとした、巨悪達。
彼等を倒し、平和を取り戻す為にも・・・希望を捨ててはならない。
ウルトラ兄弟は、戦う道を選んだ。
最後の力を振り絞り、彼等は反撃に移る。

「デュアッ!!」

セブンの額から、カイザーギドラの右首目掛けて、エメリウム光線が放たれる。
零距離からの攻撃とあっては、流石のカイザーギドラも堪らない。
とっさに、右首を離してしまったのだが・・・直後。
セブンは、自由になった左腕でアイスラッガーを掴んだのだ。
ここでカイザーギドラは、己の犯した最大のミスに気付く。
残りの首を、即座に離そうとする。
しかし、時既に遅し。
セブンは、アイスラッガーを真一文字に振り・・・首を両断した。
残されたのは、首を失い哀れな姿を晒すカイザーギドラ。
そこへと、トドメのワイドショットが放たれる。
カイザーギドラは、見事爆散・・・完全に消滅した。


27 :一分の猛攻:2007/01/17(水) 22:16:13 ID:8XtObKNB
それを合図に、他の三人も動く。
ジャックがキリモミ回転しながら、空高く跳び上がる。
そして、凄まじい勢いでの急降下キックを、キングギドラへと叩き込んだ。
ジャック最大の打撃技、流星キック。
その攻撃をマトモに首にぶちこまれ、キングギドラは悲鳴を上げた。
だが、これで終わりではない。
ジャックは、キングギドラの尾を掴み・・・ジャイアントスイングをお見舞いした。
そして・・・デスギドラに向けて、勢い良く投げ飛ばした。
デスギドラと交戦していたウルトラマンとエースは、とっさに下がり・・・二体のギドラは、正面衝突。
二匹は共に、地面に倒れこんだ。
そこへトドメを刺すべく、エースがメタリウム光線を放った。
光線技を使わせれば、ウルトラ兄弟最強とも言われているエースの、必殺の一撃。
それを浴びせられ、二匹のギドラは悲鳴を上げる。
そして、グッタリとその場に平伏せた。
ウルトラ兄弟が勝った。
最後まで諦めなかった彼等の心が、勝利を呼んだのだ。
ここで、とうとう時間切れが来る。
ウルトラ兄弟は、その場から飛び立っていった。
流石に、変身を解くのを見られる訳にはいかないからだ。
ギドラ一族の撃破。
その遺業に、神戸中から歓声が上がる。
ウルトラ兄弟達ならば、きっとこのゲームも終わらせてくれる。
そう、誰もが信じていた。

しかし・・・ここで、彼等にとって、全く予想外の事態が起こる。
死んだと思われたデスギドラが・・・起き上がったのだ。
メタリウム光線を受けた時、キングギドラが丁度盾の役割をはたしていたのだ。
おかげで、デスギドラはダメージを軽減する事が出来た。
ウルトラ兄弟が去った今、もはやなす術はない。
誰もが恐怖し、震え上がる・・・しかし。
そんな不安とは裏腹に、デスギドラは翼を広げ、飛び立った。
受けたダメージを回復させる為、どこか静かな場所へと移動する必要があったのだ。
しかし・・・この時、デスギドラは思いもしなかっただろう。
己が、ノロウイルスを宿してしまった今の己にとって、最も危険な場所・・・首相官邸に向けて、飛んでいるなどとは。



28 :一分の猛攻:2007/01/17(水) 22:18:02 ID:8XtObKNB
【神戸ポートアイランド 3日目 20:03】

【ウルトラ兄弟】
【ハヤタ・シン@ウルトラマン】
[状態]:人目につかない場所で、変身解除。
[装備]:ベータカプセル
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【モロボシ・ダン@ウルトラセブン】
[状態]:人目につかない場所で、変身解除。
[装備]:ウルトラ・アイ
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【郷秀樹@帰ってきたウルトラマン】
[状態]:人目につかない場所で、変身解除。
[装備]:無し
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【北斗星司@ウルトラマンエース】
[状態]:人目につかない場所で、変身解除。
[装備]:ウルトラリング
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【デスギドラ@モスラ】
[状態]:上陸するのに海路を使ってしまった為、道中で大量に食ったカキによりノロウイルスに感染している。
ウルトラ兄弟の攻撃により、かなりの重傷。
首相官邸へ向けて飛行中。
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考]:
1:ダメージを回復させる為、休める場所を探す
2:ノロウイルスの苦しみから逃れたい
3:兎に角破壊する


※デスギドラの吐く炎には、ノロウイルスが含まれている可能性があります。
焼き跡から、空気感染する恐れがあります。

【キングギドラ@ゴジラ 死亡】
【カイザーギドラ@ゴジラ 死亡】

29 :敗北?ウルトラ4兄弟:2007/01/17(水) 23:05:11 ID:ZyGlfvcc
戦いを終え、神戸から飛び去ったウルトラ兄弟は、人里離れた山奥で変身を解除した。
「ふぅ、危ない所だったな」
「でも、これで終わったわけではありません」
「ああ、我々のすべきことは、この殺し合いを止めることだ」
「ええ、行きましょう兄さん!」
四人の戦士達は決意を新たにする。しかし……

「ゲーロゲロゲロ……!」

突如、山中にカエルのような笑い声が響いた。
「何者だ!?」
ハヤタの声に、物陰から声の主が姿を現す。

「読み手の皆さん、お待たせであります。
 いよいよマーダー化した我輩の活躍開始でありますよ、ゲロゲロゲロ」

「何だ君は?地球人でないのは確かなようだが」
「我輩、ケロロ軍曹であります。よろしく頼むでありますぞ、新たなる我が部下達よ!!」
「お、おい何を言ってるんだ。君の部下って……」
「ケロケロケロ……これを見てもまだそんな口をきけるでありますか!?」
ケロロ軍曹は、4人の前に一枚の写真を差し出した。
そこには、変身を解除する瞬間の4人の姿が写されていた。
「なっ……!?」
「さーて、既にこの写真の画像は携帯電話を使用して、東京の仲間に送っているであります。
 ネットで配信する準備は出来てるでありますよ?
 それを止めることができるのは我輩だけ、であります。わかるよね〜、この意味が」
「貴様……!」
「さあどうしよっかな〜?部下にならないってんのならそれもいいけど。もう人間での生活はできないよね〜?」
「ぐっ……いいだろう。とりあえず君の言うことを聞けば、我々の正体は公開しないのだな?」
(兄さん、何を!?)
(仕方あるまい。正体がばれては元も子もないだろう)
(せっかく裏でインチキして手に入れた重役の地位が……)
(おいおい……)
「ゲロゲロ……理解が早くて助かるでありますよ」
普段のケロロからは考えられない、見事な行動である。
これも、あの頃に戻ったせいか。はたまた、友を殺された怒りと悲しみが、本気を呼び起こしたのか。

今ここに、永遠のヒーロー・ウルトラ兄弟は侵略者・ケロロ軍曹の軍門に下ってしまった……!!

30 :敗北?ウルトラ4兄弟:2007/01/17(水) 23:06:42 ID:ZyGlfvcc
「では最初の仕事はこれであります!さあ、カメラに向かってこの言葉を叫ぶであります」
一枚の紙を差し出す。
「む……わかった。しかし何故我々がこんなことを……」
「いいから、一斉に読み上げるでありますよ!せーのっ!」

『吉崎先生!!遅くなったけど、ご子息誕生おめでとう(でありま〜す)!!!!』

「吉崎先生って誰だ?」
「さあ……」
呆気に取られる4兄弟を前に、ケロロは笑いながら考えていた。
彼らを使って、地球人を皆殺しにする作戦を。
その笑みは、普段の愛らしさからは考えられない、凶悪に歪んだものだった。

【兵庫県山中 3日目 20:10】
【ケロロ軍曹@ケロロ軍曹】
〔状態〕覚醒。絶好調。
〔装備〕なし
〔道具〕どこでもドアの欠片、携帯電話。デジカメ(元は冬樹の支給品)。
     ウルトラ兄弟変身解除の瞬間を捉えた写真。
〔思考〕1:地球人の皆殺し。そのためにウルトラ兄弟を利用

【ハヤタ・シン@ウルトラマン】
[状態]:健康
[装備]:ベータカプセル
[道具]:支給品一式
[思考]1:ケロロをなんとかしたい
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【モロボシ・ダン@ウルトラセブン】
[状態]:健康
[装備]:ウルトラ・アイ
[道具]:支給品一式
[思考]:1:ケロロをなんとかしたい
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【郷秀樹@帰ってきたウルトラマン】
[状態]:健康
[装備]:無し
[道具]:支給品一式
[思考]:1:ケロロをなんとかしたい
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【北斗星司@ウルトラマンエース】
[状態]:健康
[装備]:ウルトラリング
[道具]:支給品一式
[思考]:1:ケロロをなんとかしたい
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

31 :敗北?ウルトラ4兄弟:2007/01/17(水) 23:10:11 ID:ZyGlfvcc
その頃、東京では。
「クルル、ケロロから何が送られてきたんだ?」
「どうやら写真のようだな……でもピンボケしちまって、何が写ってるのか分からないぜェ。クックック……」
「一体何が写ってたですぅ?」
「さあな……にしてもケロロめ、一体どうしたというのだ……?」

【東京都・日向家 3日目 20:10】
【ギロロ伍長@ケロロ軍曹】
〔状態〕ケロロの豹変に混乱
〔装備〕不明
〔道具〕不明
〔思考〕この機に乗じて地球侵略……?

【タママ二等兵@ケロロ軍曹】
〔状態〕健康
〔装備〕不明
〔道具〕不明
〔思考〕とりあえずどうしようか迷ってます

【クルル曹長@ケロロ軍曹】
〔状態〕健康
〔装備〕不明
〔道具〕専用コンピューター(ケロロからピンボケ写真が転送されました)
〔思考〕面白ければ何でもよし。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:20:24 ID:m2KIKkqC
待ってました!!

33 :アクションホラー:2007/01/18(木) 02:27:54 ID:Q0aRKQLJ
中島(G)の前に3人の男女がいた。
雛咲深紅は、写影機を構えて中島(G)をいつでも激写できるように構える。
須田恭也は、中島を新種の屍人と思いつつ、日本刀を構える。
ヘンリー・タウンゼントは、鉄パイプをいつでも振れるように持ち、隙を伺う。
もう既に主婦がやられている、3人にあまり油断はなかった。

突進してくる中島(G)に対し、雛咲深紅はベストショットを撮ることに成功。
また、心霊写真のコレクションが増えた♪と、思ったのも束の間。
中島は、除霊されるはずもなく、深紅の体を爪で抉った。

須田恭也は、屍人を狩る感覚で中島(G)に切りかかったが、Gウィルスにより強化された中島(G)の体を両断することはできず、逆にあっという間に爪で両断されてしまった。

不幸な外国人、ヘンリーはというと「鉄パイプじゃ無理だよ〜」とぼやきながらさっさと逃げてしまった。

【東京都世田谷区 3日目 23:30】

【中島@サザエさん】
[状態]:Gウィルスに感染して怪物化。中島の意識はもはやない
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考]:
1:誰かを見つけ次第捕食
2:誰かを見つけ次第殺害

【ヘンリー・タウンゼント@サイレント・ヒル4】
[状態]:健康
[装備]:鉄パイプ
[道具]:無し
[思考]1:鉄パイプじゃ無理
   2:つるはしが欲しい

【須田恭也@サイレン 死亡確認】
【雛咲深紅@零 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

34 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:36:17 ID:kQWgmfeE
頭の中では、延々と、延々と、一つの悪夢が繰り返されている。


『皆の者、元気に殺し合っておるか? 織田信長だ。
それではこれより第二回放送を開始する。まずはこれまでに死んだ者の中で特に活躍した者から―――』

また沢山の人が死んだ。なぜこんなことを考えて、実際に実行してしまうのだろうか。
自分にはわからない。わかりたくもない。みんなどうかしている。

『―――野比玉子、倖田來未、HIROKI、YAMATO、NAOTO、野比玉子、RYO、大塚愛、日守剛、
ロック・ハワード、野比玉子、楓、リュカ、旧まとめ、 、野比玉子、愚弟、Q助、
ロナウジーニョ、ファステック360、美緒、長靴をはいた猫、コスモ、カーシャ、デク、
サガ、シュラ、カミュ、野比玉子inイエオン、怪人タンス男、範馬勇次郎、アーカード、
野比玉子、碇ゲンドウ、フォックス・モルダー、藤本敦士、朝倉純一、クロ、シロ、うたまる、
ドラえもん、ねねこ、猫娘、骨川スネ夫、ホロ、野比玉子、安藤玲一、ゼットン、キリコ、
千石うぐいす、海原雄山、フランシスコ・ザビエル、野比玉子、星、キクラゲ、野比玉子、
野比玉子、世界一有名で愛される鼠とその仲間達、野比玉子、パッション屋良、オシシ仮面、
ライオン仮面、くらやみ団員I〜O、くらやみ団員P〜Y、サイバイマン、ヤムチャ、小島
渋井丸拓男、野比玉子、星馬列、アリーナ3、アリーナ9、アリーナ17、アリーナ22、アリーナ25、
アリーナ29、アリーナ43、アリーナ51、アリーナ61、アリーナ77、アリーナ80、アリーナ101、
アリーナ115、アリーナ116、アリーナ117、アリーナ118、アリーナ119、アリーナ120、
アリーナ132……はぁ、はぁ、ちょっと失礼』

聞いたことも無いヒトの名前ばかり、ずらずらと読み上げられていく。
自分には何の接点もない、赤の他人でしかないが、それでも友人や家族がいたに決まっている。

『信長様、あと少しです、頑張ってください』
『ふぅ、ふぅ、分かっとるわい……ああ、何でワシがこんなことを……。
作者の気分次第で主催者が変わるパロロワなんて聞いたこともないぞい……』
『信長様!  マイクの電源がつけっぱなしですっ!』
『うほぉっ!!  早く言わんか、この馬鹿者が!』
『いやああぁぁん!!  やめてぇ!!  殺さないでぇっ!!!』
『もういい、黙っとれ!!
…………あーっと、どこまで読んだっけな……ああ、超ムカツク』

何を言っているのかよくわからなかったが、一つだけ理解できた言葉があった。
『何でワシがこんなことを』
そう思うんだったら、さっさと終わらせてしまえばいいのに。
誰も喜んだりはしないんだから。

『……失礼。引き続き死者の名前を。
アリーナ179、アリーナ199、アリーナ222、アリーナ230、アリーナ236、アリーナ240、
アリーナ241、アリーナ247、アリーナ253、アリーナ254、アリーナ255、アリーナ256、
金正男、ワーロック―――』

この先は思い出したくない。
そんなことがあるはずがない。何かの間違いに決まっている。
あの■■■が、死んだりするはずが

『―――エッジ』


35 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:37:13 ID:kQWgmfeE
「怖いよ……嫌だよ……幻獣界に帰りたいよ……」
リディアは静かに、そして長々と泣いていた、放送も、周囲の騒音も気にならなかった。
故に、気付かなかったのだろう。背後から人影が忍び寄っているのを。
その人影が、音も無くリディアへ腕を伸ばし始めたのにも。
「! む、むぐっ……!!」
伸ばされた何者かの腕は、まるで蛇のように絡みつき、リディアの口を塞いでしまう。
「むーっ! ううーっ!!」
何者かは、近くにある茂みへ、強引にリディアの体を引きずり込もうとする。
必死にリディアは呻きつつ、何者かの腕を振り払おうとするも、少女の細腕ではそれも叶わない。
「…………」
人影は、全くの無言のまま、リディアを羽交い絞めにしつつ、目的を果たそうとする。
「う―――っ! むぐ―――っ!」
抵抗の甲斐なく、少女の体は茂みの中に消え、そして―――

「ドォーーーーピングコンソメスーーーーープ!!!」

森の中に、そんな叫び声と、何かが引きちぎれ、派手に破れ去るような音が続いた。




36 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:38:07 ID:kQWgmfeE
「む、むぐぐっ!」
(な、何、今の声!?)
けれど、その声を発したのは少女ではない。
何処か遠くから、森の空気をびりびりと振動させ、雄たけびは響いてきたのだ。
「……いいか、絶対に声出すんじゃねーぞ」
そこで初めて、リディアを捕らえていた何者かが言葉を発する。
ぼそっとした一言であり、注意しなければ性別も判断できないような警告。
しかし、その声は、酷くリディアの聞きなれたものだった。
(え……嘘。だって、■■■は死んだって、そう放送で言ってたのに)
頭の中を、ぐるぐるぐるぐると疑問、混乱、想像、悪夢が交錯する。
何が本当で、何が嘘なのか―――リディアには、判断がつかなくなっていた。
「むぐ……」
声を出すな、と言った癖に、そいつは腕の力を緩めない。
よくよく見れば、腕にじっとりと汗を掻いている―――どうやら、危険が迫っているようだった。
(一体何が起こるっていうの……?)
リディアがそう疑問を浮かべた時―――それは、はっきりと目に見える形で現れた。
ガサガサ、と茂みを掻き分けて、五人の男女が歩いて来たのだ。
「「……!!」」
草葉の陰からその姿を見た瞬間、二人の体は、あまりの異様さに否応なく凍りついた。
―――第一印象は、筋肉。ただただひたすらに筋肉。
溢れんばかりに、はち切れんかと思う程の過密な筋肉組織。
上半身の服を等しく弾けさせ、しかしそれにより生じるはずの色気を、圧倒的な筋肉がゼロまで相殺している。
リディアは、これと似たようなモノを見たことがあった。バブイルの塔で戦った機械人間『バルナバ』である。
筋肉の発達具合を比べるなら、あれと似たようなものだろうか。
違いとして、こちらは一切機械の補助がなさそうだ、という点があったが。
「……」「……」「……」「……」「……」
その筋肉モリモリの五人は、ギョロギョロ何か探るように、血走った目つきで辺りを見回している。
まるで、うっかり獲物を逃してしまった狩人の如く。
「「…………」」
こんな状況で声が出せるだろうか? いや、出せない。出してしまったら最後、取り返しのつかない事態になってしまうのは明らかだ。
「……」「……」「……」「……」「……」
捜索を続けていた五人だが、やがて『まあ、いいか』と言わんばかりに踵を返し、森の緑に消えていった。
恐るべき五人組が立ち去った後も、暫くの間二人は動くことができなかった。



37 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:39:12 ID:kQWgmfeE
「―――もう声出してもいいぞ」
同時に、今の今までリディアの口を押さえていた手が開放される。
「ったく、危なっかしくて見てられねぇな。俺がこのゲームとやらに乗っていたり、もしくは
俺がいなくてあいつらに見つかったりしたらどうするんだよ……まったく、世話が焼けるぜ」
自由に動けるようになったリディアは、先ほどまで自分を束縛していた人物へ振り向いて、
「……ありがとう。でも……説明ぐらいしてくれてもよかったじゃない! もう訳が判らなかったんだから!」
「だってしょうがねーだろ、状況が状況だったんだからよ」
激しく言葉をぶつけられた当人は、さほど気にした様子もなく、それを飄々と受け流していた。
「それもあるけど、一番混乱したのはあんたがいきなり現れたことよ―――エッジ!
織田信長の放送で『死んだ』って言われたのに、生きて目の前に現れるんだから!」
「あー、確かにそりゃあ誤解を招くな……けどお前、ひとつ勘違いしてることがあるぜ」
「何をよ?」
「『エッジ』ってのは愛称で、俺の本名は『エドワード・ジェラルダイン』って言うんだが。
……言ってなかったっけか?」
「言ってない!!!!」
ははははは、と乾いた笑みを浮かべて誤魔化すエッジ。
リディアは歯をむき出しにしてエッジを睨み付けていたが、やがて下を向き、ポツンと呟く。
「……本当に」
「?」
「本当に、本当に心配したんだから……! あんたが死んだって聞いた時、どうすればいいか、判らなかった、んだから……ッ!」
俯いた顔を見ることは叶わなかったが、何か、リディアの頬を伝い、水滴がポタポタと垂れ落ちているのだけは、嫌でもわかった。
「……………………、悪ぃ」
バツが悪そうに―――それでいて、ほんの少しだけ頬を赤らめながら、エッジは素直に謝罪した。



38 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:40:00 ID:kQWgmfeE
閑話休題。
「それで、あの筋肉お化け達は一体何なの?」
リディアは、残った不理解を消化すべく、エッジに説明を求める。
「詳しいことはわからねーけど、さっきの五人の中にに、髪の長げーおばさんがいたろ?
俺は偶然見ちまったんだ……あのおばさんが『アレ』を飲まされて、化物になる直前の出来事を」
語りながらも、余程恐ろしいものを目撃したのか、エッジは自分の肩を抱え、ブルリと体を震わせた。

 『HAHAHAHAHA!!!!! そこのご婦人、喉は渇いていませんか?!!!!!! コンソメスープなどいかがです!?!!!!』
 『あら、美味しそう……けど、今はいいわ。早くしんのすけを探s―――』
 『『『『そんなひどい!!!!!!!!!!』』』』
 『え、ちょっと、何よ、離しなさいよ! やめ……』

「『アレ』を飲まされた直後に、そのおばさんは気絶した。暫くは死んだみたいにピクリともしなかった。けど何となく判ったんだよ。
筋肉塗れの奴らが揃いも揃って、あのスープを執拗に飲ませようとしていたっつーことは……『そういうこと』なんじゃないかってさ。
お前も聞いたよな、大声で叫んでるのを」
「うん……ってことは、その『アレ』って」
「『ドーピングコンソメスープ』……ウチの丸薬でも、あそこまでイカレた効果はねぇぞ? どうかしてやがる」
ケッ、と地面に唾を吐き捨てるエッジ。
「見た感じ、飲んだ奴は完っ全に理性がトんでるな、ありゃあ。しかし筋肉はマジモンだから、下手すりゃ『あの』ルビカンテより
ヤバイかもしれねぇ。何せ人間の限界を120%どころじゃなく、おおよそ255%ぐらいは引き出してるからな」
少なくとも、今は俺達二人だけじゃどうしようもない、とエッジは言った。
「一応聞いておくけどよ、あの化物共に『バハムート』を召喚したとして、倒せると思うか?
化物五人がかりの攻撃じゃあ、逆に召喚したバハムートの方がやられかねないぜ」
「……馬鹿馬鹿しいけど、本当にやっちゃいそうだね」
「無防備な所を捕まえられて『アレ』を無理矢理飲まされて仲間入り、ってのが最悪のパターンだな。
奴らの手が届きそうにない空中戦ができるカインのヤローや、セシルの剣技なら何とかなりそうな感じはするけどよ……」
「とりあえずは、打つ手なし?」
「ああ。出合ったら、うまく誤魔化して逃げるしかねぇ。尤もそれができたら苦労しねーけどな」
「そう……だね」
どちらにせよ、そこらにモンスターやら何やらがうろついているこの状況。早くに合流するに越したことはない。
と、そこまで考えた所で、リディアは一つの疑問に思い当たる。
(あの筋肉お化け……何かを探してる様子だったけど、何を探していたんだろう?)
ふと涌いた問いへの答えは、誰にともなく、エッジが語りだした失敗談から得ることができた。
「しかし最大の誤算だったのは、逃げる時おばさんが持ってた剣をこっそり持ち出そうとしたら、バレちまったって所だな。
いやいやキレイで使えそうな、それこそ殺してでも奪い取りたくなるような剣だったからさ、気が付いたら手に持ってたわ。
俺もまだまだ精進が足りな……ん、どうした? 鍋なんか取り出して。しかもなんか凄い顔してるぞお前。一体何があ」
「結局あんたが全ての元凶かこの大バカ野朗――――――!!」

ごいん、という鈍くて結構痛そうな音が、一回だけ森の何処かで聞こえた。
以後の森は、とても静かな状態を保っていたという。


39 :一字違いで大違い ◆86jbQTms.U :2007/01/18(木) 03:41:22 ID:kQWgmfeE
【熊本県 森林地帯 三日目 20時】

【リディア@FF4】
[状態]:良好
[装備]:支給品一式
[道具]:中華鍋
[思考]:
1.仲間と合流を目指す
2.DCS、及び広め隊の危険性を他の人に伝える

【エッジ(エドワード・ジェラルダイン)@FF4】
[状態]:良好 額にコブ
[装備]:クリムゾン@デスクリムゾン
[道具]:支給品一式 アイスソード+1@ミンサガ
[思考]:
1.仲間と合流を目指す
2.DCS、及び広め隊の危険性を他の人に伝える


【DCS広め隊】
【バッシュ@FF12】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【ローラ@DQ】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕ドーピングコンソメスープの素
〔道具〕なし

【アモス@DQY】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【鈴子・ジェラード@うえきの法則】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【野原みさえ@クレヨンしんちゃん】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

〔共通思考〕
1:日本中にドーピングコンソメスープを広める

40 :夜の紅茶:2007/01/18(木) 08:17:05 ID:CfhCvQac
(今日の来客数はゼロか……まぁ、良い茶を煎れることができたのだ。そう悪くない一日ではあったな)
お気に入りの曲『艦隊戦』を聴きつつ、紅茶を口に運ぶ。私は食事後のティータイムを楽んでいた。
(明日も良い茶を煎れられればいいが……しかしあの店、気に食わん)
忌々しげに向かい側の店舗へ視線を向ける。この時間だというのに、未だ客足が途絶える事は無いようだ。
我が店の方が味も値段も勝っているのに…… と独りごちているそのとき、何時の間にか店の前にいた少年と目が合った。
「すいませーん。まだ営業してますか?」

   *   *   *   *

「この紅茶、すごく美味しいですね。とても商店街の喫茶店で出されるものとは思えない」
「うむ。素材から注ぎ方まで、細心の注意をはらってできた茶だ。そこらの店のものには負けん自信がある」
シロッコは思わず頷く。今日初めての客、しかもまだ紅茶の味も分からないだろうと思っていた少年に絶賛されたのだ。つい言葉が多くなる。
「君のような違いがわかる人が多ければ良いのだがね……見たまえ、向かい側の店を。
 今流行りのメイド喫茶とやらのようだが、味は普通で値段は通常の店の20%増し、各種サービスを含めると3倍にもなる。
 店員の容姿だけで賑わう喫茶店……これでは民衆に品性を求めるのは無理というものだ」
深くため息をつくシロッコ。
「でも仕方ない事だと思います。いつ殺されるか、死ぬか分からないのですから……
 メイドさんと接することで心が安らぎ、楽になれるから利用するのでしょう、きっと」
少年は再び向かいの店に目を向ける。メイドに見送られ、幸せそうな顔で店を出る客の姿がそこにあった。
「誰にでも安息の場は必要です。あの店がなければ、自殺したり殺人を犯す人がいたかもしれない。
 心の拠り所を提供できるあの店は素晴らしいと思います」
少年らしからぬ考えに、シロッコは思わず少年を見る。
「勿論、この店もそうです。この紅茶で癒される人も必ずいます。少なくとも僕はこの紅茶に、あなたに会えて良かったと思っていますから」
「ん……そうか。そう言ってもらえると嬉しい」
少年の輝く目に照れたシロッコは、それを隠すためにカップを傾けた後、話題を変えた。
「ところで君は空を飛べるようだな……もしよければ、我々と行動を共にしないか?
 実はこの商店街は、主催者に対抗する者達を集めているのだ。飛行能力は大きな戦力になる」
「……僕には、全国で苦しむ人達を助ける、という使命があります。これは僕にしかできないことなんです」
「……」
少年独りでできることなど、たかが知れているのではないか? とでも言わんばかりのシロッコの表情に気づくと、
「これをどうぞ」
少年は己の頭部を掴み、一部を勢いよく引き剥がした。
予期せぬ事態に凍りつくシロッコ。しかし少年は何も無かったかのように話を続けた。

41 :夜の紅茶:2007/01/18(木) 08:19:01 ID:CfhCvQac
「僕の頭部はアンパンでできているんです。勿論食用ですし、支給品が『癒しの杖』だったのでいくらでも修復できます。
 もっとも、『癒しの杖』と言っても僕の頭にしか効果がない、欠陥品のようですが……」
頭部を修復しつつ、どうぞ、 と差し出したアンパンをなんとか受け取り、店主は震える手で口へもっていく。
アンパンとはいえ、人の顔を食べることには、かなりの抵抗があるのだろう。やがて意を決したような表情をし、口に運んだ。
「これは……!」
「どうです、なかなかのものでしょう? 僕らの住む所で一番のパン職人が作ったものですからね。
 一度食べるとやみつきになるのも、わかるはずです」
「うむ。……高速で移動し、いくらでも供給できる食料で各地の餓えた人々を救う、か……
 成る程、確かに君にしかできないことかもしれんが……」
店主はどうしても僕に留まって欲しいように見える。戦力としては勿論、僕の顔も気に入ったようだ。
「主催者の打倒は賛成しますし、一刻も早くやるべきだと思います。僕も腕には多少の自信がありますし」
「では……」
喜ぶ店主を制し、話を続ける。
「でも、例え今すぐ主催者を倒しても、食料問題がすぐ解決するとは思えません。その間に少しでも餓えた人々を楽にしたいんです。」
「そうか……そうだな、君の言う事ももっともだ。まだ若いのにしっかりした考え方を持っている。私もそうありたいものだよ」
「すいません……お詫びと言えるかわかりませんが、これをお渡しします。」
あらかじめ作っておいた10個程の顔を渡すと、店主は非常に喜んだ。
「この商店街はいずれ対主催者の拠点になるでしょう。これとあなたの紅茶のセットなら、多くの人を集めることができると思いますし、
 いざという時の食料にもなると思います。普通のアンパンより日持ちはいいですしね」
「すまないな。私も君に何かできるといいのだが……茶葉くらいしか渡せるものが無い」
保冷庫に僕の顔を入れつつ、何か渡せそうな物がないか辺りを見回している。
「茶葉はこの店の武器ですよ。それにあなたが煎れてこそ使えるものです。」
「しかしな」
「……では、紅茶代を奢ってくれますか? 実は持ち合わせがあまり無くて……」
こちらに振り向き、目を丸める店主。思わず二人同時に吹きだしてしまった。

   *   *   *   *

「シロッコさん、東京にはマーダーと呼ばれる多くの殺人犯がいます。事を起こすのは充分に準備を整えてからですよ」
「ああ、アンパンマン君も無理はするなよ」
「それでは……御武運を」
カフェ・ド・パプテマスの煙突から勢いよく飛び出すアンパンマン。
その姿を空の闇に消えるまで見送った後、シロッコは入り口近くに立ててあるボードの前に立ち止まり、大きく一文を書き加えた。


「数量限定メニュー アンパンセット始めました」


42 :夜の紅茶:2007/01/18(木) 08:20:03 ID:CfhCvQac
【三重県商店街 三日目 20:20】

【アンパンマン@アンパンマン】
[状態]:健康
[装備]:癒しの杖(顔専用)
[道具]:青酸カリ
[思考] 第一行動方針:空腹の人がいそうな所を探す
基本方針:空腹の人を楽にする

【パプテマス・シロッコ@ティターンズ】
[状態]:『カフェ・ド・パプテマス』店主
[装備]:『カフェ・ド・パプテマス』
[道具]:支給品一式 アンパンマンの顔×10
[思考] 第一行動方針:店を繁盛させる
基本方針:人を集め、その中から打倒安部政権のメンバーを募る】

【ちゆ@ちゆ12歳】
[状態]:健康
[装備]:『メイド喫茶”禁則事項”』のメイド服
[道具]:支給品一式 支給武器不明
[思考] 第一行動方針:みくるが帰るまで店を守る
基本方針:人を集め、その中から打倒安部政権のメンバーを募る】

【米(おこめ)@おこめにゅーす】
[状態]:健康
[装備]:『メイド喫茶”禁則事項”』のメイド服
[道具]:支給品一式 支給武器不明
[思考] 第一行動方針:みくるが帰るまで店を守る
基本方針:人を集め、その中から打倒安部政権のメンバーを募る】

【うろん@うろんのひとりごと】
[状態]:健康
[装備]:『メイド喫茶”禁則事項”』のメイド服
[道具]:支給品一式 支給武器不明
[思考] 第一行動方針:みくるが帰るまで店を守る
基本方針:人を集め、その中から打倒安部政権のメンバーを募る】

【LLL@777'sLLL】
[状態]:健康
[装備]:『メイド喫茶”禁則事項”』のメイド服
[道具]:支給品一式 支給武器不明
[思考] 第一行動方針:みくるが帰るまで店を守る
基本方針:人を集め、その中から打倒安部政権のメンバーを募る】


※・アンパンマンが渡した顔には毒入りと毒無しのものがあります。
 ・また、シロッコの店に入る前にトルネコや朝比奈みくるの店に顔をお裾分けした可能性があります。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 13:12:05 ID:y1xdgieB
>>28
※デスギドラの吐く炎には、ノロウイルスが含まれている可能性があります。
焼き跡から、空気感染する恐れがあります。

前SSの時は気づかなかったけど、ノロウィルスって熱に弱いからこれは変な気がする……
ゲロとかう○ことかから感染するならおかしくないんだが。
まあこんな事いうのは無粋か。
SS全体としてはGJ!

>>34-39
>『『『『そんなひどい!!!!!!!!!!』』』』
ちょ、ハモってるww

>>40-42
アンパンマン……恐るべしステルスマーダーww

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 15:57:16 ID:g+Qwbfrf
>>43きっとゴジラが恐竜から変質したように
ノロウィルスも変質してGノロウィルスになったんだよ。

45 :掟破りの末路 ◆uOOKVmx.oM :2007/01/18(木) 16:05:39 ID:SjAB/OF5
「ちょっくら御免よ。なんか良い品物はあるかい?」

 三重県商店街。そこは数々の怪しい商店が建ち並ぶ魔境。そして商店街住人に負けない
怪しい者達が出入りしている。その客、風来人のシレンもその一人だった。

「いらっしゃいませ。何をお探しでしょうか?」

 店内では太った武器商人トルネコが満面の笑みでシレンを迎えた。

「とりあえず適当に見させてもらうさ」
「どうぞどうぞ……」
「……」

 乱雑に品物が並べられた床をシレンはゆっくりと歩きながら、品物を手にとって見ては
戻すという事を繰り返した。その眼は、まるでインパスでも使っているかの様に真剣だ。
その光景を見たトルネコは直感した。その心境を表現するならこうだろう。

(コイツはくせェー、ミニデーモン以下の匂いがプンプンするぜー! こんな客には
出会った事が無いほどなァー! バトロワのせいで泥棒に走るだと? 違うねッ!!
こいつは生まれ付いての泥棒だッ! 盗賊番さん、早いとこコイツを捕まえちまいな!)

 だがトルネコも客の前で営業スマイルを崩す事は決してしない。

「お探しの物は見つかりましたでしょうか?」

 和やかさと親近感を演出しつつ声を掛ける。万引き防止には効果的だが、風来人には
あまり効果はない。シレンは当然のように聞き流している。トルネコだって客の時は
店主の言う事なんて聞いちゃいないからお互い様とも言えるが。
 シレンは眠っている涼宮ハルヒの周囲をゆっくり回って観察すると声を掛けた。

「店主さんよ、そこに転がっている娘っ子も売りもんなのかい?」
「多少お値段は張りますが、品質は保証しますよ。お値段は……でどうです?」
「ほう……高いな」
「少しは値引きさせていただき……」
「いや、必要ない。この子は貰ってゆく」

 トルネコの言葉を遮るってシレンはハルヒを軽々と担ぎ上げた。人間一人とは言え、
アイテム扱いされているうちは薬草一個と同じだ。店内に緊迫した空気が流れる。


46 :掟破りの末路 ◆uOOKVmx.oM :2007/01/18(木) 16:06:13 ID:SjAB/OF5

「お客さん、店を出る前に支払いは済ませてもらえませんかね?」

 とトルネコが一歩踏み出した途端、いつの間にか仕掛けられていた地雷が炸裂し、
トルネコのHPは強制的に1となってしまった。

「すまないな店主。今回は罠師プレイと決めてるんだ」
「くっくっく。お客さん、残念ですがあなたの負けですよ。この狭い店内で私が盗賊番と
番犬を呼べばどうなるか、お分かりですかね?」
「アンタが死ぬ。それだけだ」
「!」

 シレンは詰まらなそうにトルネコに返答した。トルネコは一歩踏み出した時点で
ターンが終了している。シレンのターンでは距離があるので死にはしないだろうが、
次のターンで回復せずに盗賊番を呼べば、確実に殺されるだろう。だが希望はある。
シレンと自分との間に盗賊番が来れば、彼らを盾として回復しつつ戦えるのだ。
一か八かに掛けるか、無難に回復してシレンを見逃すか。選択肢は二つに一つ。

「ふっ、その程度の泥棒戦術で、私を追い詰めたつもりですか。カートリッジの若造が!」
「生まれなんざ、風来人には関係ねぇこって」
「いいえ、ズバリ関係しますね。あなたと私の決定的な違い! それは記憶媒体の差!
ミスが瞬時に記録され、やり直しが出来ないカートリッジのあなたに対し、この私は!
文明の利器、差し替え可能なメモリーカードを使用! この意味、分かりますよね」
「ちっ、汚ねぇ野郎だ。そんな事だからPS版はぬるま湯仕様って言われるんだ!」
「リセットしてでも勝てば官軍、殿様商売よ! いでい盗賊番っ!」

 トルネコの号令に応じて無数の盗賊番が出現した。そして運良くシレンとトルネコの
間にも盗賊番の一人が出現したのだ。これでシレンのターンに接近される事はない。
次のターンで回復さえすれば……

「勝った! 『風来のシレン 完』!」
「ほう、そしたら誰がDSの看板を背負うんで? 盗賊の小僧(ヤンガス)に主役を奪われた
あんたないだろう? それに言ったはずですぜ『今回は罠師プレイと決めてる』って」

 勝ち誇るトルネコに対して半ば呆れ気味だったシレンが足元のスイッチを踏んだ。

「俺のターンだ! 毒矢の罠を自分で踏んで作動! 毒矢は正面から俺に向かって飛ぶ!」
「何だと!」

 毒矢はシレンの正面に立つトルネコの背後に出現するとから、シレン目掛けて飛んだ。
そして残りHP1だったトルネコの背中に深々と突き刺さりその命を奪い取ったのだ。
地雷の後には弓矢に注意、そんな基本を怠ったが為の敗北だった。

47 :掟破りの末路 ◆uOOKVmx.oM :2007/01/18(木) 16:07:58 ID:SjAB/OF5

「お前さんの敗因はたった一つだ。お前さんは、やりこみユーザーを怒らせた!」
「くっ、既にメモリーカードは抜いてあります。直ぐにデータをロードして今度こそ……」

 武器商人トルネコは消えた。だが彼の呼んだ無数の盗賊番達は残っている。
本当の戦いはこれから始まるはずだ。そんな緊迫感をぶち壊すかのように肩に担ぎ上げ
られていた商品がコメカミに無数の怒りマークを付け、遂に覚醒した。

「何か、うるさいんだけど!」

【三重県商店街 3日目 9時】


【シレン@風来のシレンシリーズ】
[状態]:LV99 HP999/999 力99/99 満腹度165/200
[装備]:秘剣カブラステギ+99(金、三)、ラセン風魔の盾+99(金、と)(それぞれ追加効果の全容不明)、
罠師の腕輪、転ばぬ先の杖
[道具]:荷物一式(所持品、支給品不明)、大量の復活の草、大量のデイパックとアイテム
[思考]
1:とりあえず盗賊番をどうにかする。
2:アイテムを大量に手に入れたので、ダンジョンを攻略する
3:敵モンスター(または誰でもいいので他人)に新しく手に入れたアイテムを試したり、
 既存のアイテムや戦法が通用するか実験してみる

【涼宮ハルヒ@涼宮ハルヒの憂鬱】
[状態]:健康、少し寝ぼけている
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]
1:降ろしなさいよ!
2:やっと起きたんだからさっさと活躍させなさいよ!

48 :掟破りの末路 ◆uOOKVmx.oM :2007/01/18(木) 16:08:35 ID:SjAB/OF5
 ここは冒険の書や風来日記を記録するデータとデータの狭間。
禁断の奥義『リセット』はゲームによって対策はされているものの、その全てを根絶する
には至っていなかった。いつの世にも卑怯な手段を取る者はいるのである。

「ふう、もう少しでせっかく上げたレベルとアイテムが無駄になるところだった。
あの二番煎じのクセに生意気な風来人め。すぐにギャフンと言わせてやる!」

 トルネコは自分がPCゲーム『ローグ』のパクリと言う事を無視して早速、冒険の書を
再開しようとした。そうすれば少し前から再開できるはずなのだ。だが今は時空の歪んだ
カオス状態である。数々のゲームが混ざり合い、それは不思議のダンジョン系でも最悪と
名高いあの作品をも混合している事を意味していた。それがトルネコの盲点であった。

「こ、ここはいったい?」

 冒険の書を再開したトルネコは、見知らぬ空間へと飛ばされ正座させられていた。
その目の前に神々しい後光を放つ女神イシターが降臨し、優しく彼に問い掛けた。

『なぜ、あなたがここに呼ばれたのかわかりますか?』
「あ、いやその、何ででしょう?」

 後ろめたいトルネコは笑って誤魔化そうとしたが、イシターは深い溜息を付いた。

『では、ここに呼んだ理由をよくお聞きなさい。わたしはこれまでの冒険の記録を
書き記してきました。時と空間を隔てても再びこの地に戻れていたのは冒険の記録の力に
よるものなのです。記録をするには手順があることを知っていますか?』
「あーそれはその……」
『あなたはその手順を守らなかったためにこの世界の時の因果を乱してしまったのです。
時とは永久に流れ、万物に流転していくもの。神ならぬ人間が時の因果を歪めせしこと、
厳に戒めねばなりません』
「それはもちろん、分かっております、はい!」
『では、なぜ禁を破ったのですか?』
「こ、これは不慮の事故でして……」
『あなたの意思とは無関係にこの世界の時の因果を乱したことに変わりありません。
時とは永久に流れ、万物に流転していくもの。神ならぬ人間が時の因果を歪めせしこと、
厳に戒めねばなりません』
「申し訳ありません。平に、平にご容赦を……」

49 :掟破りの末路 ◆uOOKVmx.oM :2007/01/18(木) 16:11:52 ID:SjAB/OF5
 流石に女神が相手だと分が悪いと感じたのか、全てのアイテムを失ったトルネコは
平謝りを繰り返した。

『このようなことを過ちを繰り返さぬと誓えますか?』
「はい!」
『…その言葉に嘘、偽りはありませんね?』
「はい!」
『本当に理解していますか?』(同じ質問を3回繰り返し)
「はい!」
『本当に理解していますね?』(同じ質問を3回繰り返し)
「はい!」
『本当に理解していますか?』(同じ質問を4回繰り返し)
「もちろんです!」
『本当は理解していますね?』
「はい!」
『本当は理解していませんね?』
「はい……あ!」

 女神イシターはお怒りのようだ。

『…あなたを時の流れに戻すにはまだ早いようですね。もう一度、最初からわたしの
問いに答えなさい(質問を最初からやり直し)』

 いくら質問に答えようとも一向に再スタートできる気配がないので、トルネコは
そのうち考えるのをやめた。

時空の狭間
【トルネコ@トルネコの大冒険、死亡確認】

【女神イシター@ザ・ナオトメア・オブ・ドルアーガ 不思議のダンジョン】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]:リセットとかデータ改造とかした奴らに延々と説教する

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 17:33:00 ID:J8Dzj3f7
>>29-31
別に他の人間の姿にもなれるからあまり問題ないんじゃないか?



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 17:38:31 ID:g2twp15K
シレンvsトルネコw
正に夢の対決w
次はアスカやチョコボが出そうだ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 18:17:43 ID:yihwOOtg
夢の対決wwwwwwドルアーガの不思議のダンジョンは盲点だったwwwwwwwww
シレンはンドゥバやかさタヌキを普通にアイテム枠に持てるので、起きたハルヒを持ってても問題無さそうだ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 18:38:22 ID:gkbf5rQU
>>49
ぶつ森のリセットさんとの邂逅が楽しみです

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:18:40 ID:4ldAmytB
>>49
ちょwwwwwwゲームの説教部屋と同じ台詞そのまんまで違和感がねぇwwwww
俺もリセットして説教くらって、最後の引っ掛けに騙されたことあるwww

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:40:40 ID:pOKqrZKU
実際はプレイヤーに好評なのはシレンというよりアスk(ry

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 20:49:18 ID:g2twp15K
そういえば、シレン64ではコントローラーパックを使えばやり直しができるような………

57 :突き抜けし者達:2007/01/18(木) 20:58:58 ID:MxeMB21u
広島市、市民球場。
「ここが、市民球場か…」
四人の男達が、この地に腰を下ろした

「ありがとう、私について来てくれて…」
「当たり前ですよ、KIYUさん。貴方は僕達に希望の人なんですから」
リーダー的な存在だと思われる、KIYUという人物に3人の男は賛同する。
焔村タカヤ、大泥棒ポルタ、村山斬、いずれもジャンプの過酷のサバイバルレースに敗れた者達だ。
なぜ、KIYUだけ、元の漫画家なのかは不明だ。

4人は、これからの行動について話会う。
「とにかくモンキー・D・ルフィをブチ殺しましょう!!」
「いや、孫悟空だ!!待てよその前にうずまきナルトの方がいいか!!」
自己中な嫉妬の意見が飛びかう中、KIYUは冷静に意見する。

「まぁ、皆さんの気持ちは分かりますが…ここはまず私の復讐に手を貸してくれませんか?」

まるで、飢えたハイエナのような群れにも似た4人の人間は行動を開始した。





58 :突き抜けし者達:2007/01/18(木) 21:04:02 ID:MxeMB21u
【KIYU@ロケットで突き抜けろ】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]:ある男に復讐する。

【タカヤ・ポルタ・斬@】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]:売れてるマンガ家、及びそのマンガのキャラを抹殺する。


59 :悲しみを超えて:2007/01/18(木) 21:50:05 ID:73URnFzF
「マンマミーア」
「ブローム」
「キタキタ」
「オオゥ?」
「キタキタ」
「ブローム」
「ヒアウィゴー」

「イヤッフゥ」
「キタキタ」
「ぬわー」
「ホッホウ」
「キタキタ」
「ブローム」
「ぬわー」
「マンマミーア」
「キタキタ」
「ぬわー」
「ブローム」
「ぬわー」
「ホーウ」
「ぬわー」
「ブローム」
「オオーウ」
「ぬわー」

「フッフウ」
「ブローム」
「キタキタ」

60 :悲しみを超えて:2007/01/18(木) 21:50:50 ID:73URnFzF
ドオォォ……ン

「イヤッヒヒー?」
「キタキタ」
「ブローム」

「ピッカー」
「ぬわー」
「ピカピカ」
「ぬわー」
「ピカッピ!」

ドオン!

「ぬわー」
「キタキタ!」
「ハッハー!」

ボン

「ピカピカ!?」

「ブローム」
「マンマミーア」
「キタキタ」
「ぬわー」
「ホッホォーーウ!」

「ブローム」
「フゥー…」
「キタキタ」
「レェーディゴォーウ」
「ブローム」

61 :悲しみを超えて:2007/01/18(木) 21:51:22 ID:73URnFzF
【マリオ@スーパーマリオシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.マンマミーア
2. ヒアウィゴー

【ブロック@ダイの大冒険】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.ブローム
2.ブローム

【アドバーグ・エルドル(キタキタ親父)@魔法陣グルグル】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.キタキタ
2.キタキタ!
3.キタキターー!

【ピカチュウ@ポケットモンスター】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.ピカピ
2.ピカチュピ


【パパス@ドラゴンクエストX 死亡確認】

62 :悲しみを超えて(日本語吹き替え):2007/01/18(木) 21:52:13 ID:73URnFzF
「それでさ、その時ルイージの奴がさ…」
「はっはっは、まったくあなたたちは愉快な兄弟だ」
「む?二人とも、前を見てくだされ」
「どうしたのだ、アドバーク殿」
「どうやら誰かくるようですぞ」
「むう…敵だろうか」
「とりあえず、声を掛けてみることにしよう」

「そこのお方、我々は怪しいものではありません」
「少しお話を伺ってもいいですかな?」
「ああ、構いませんぞ。私の名はパパスです」
「私はマリオ。そこの二人は、ブロック殿とアドバーク殿です」
「始めましてですぞ」
「さっそく質問ですが、あなたはこの殺し合いに乗っていますか?」
「いいえ、私は息子を捜しているところです。青いターバンを巻いた子供なのですが、見ませんでしたか?」
「私はそこの今まで二人以外に出会っていないもので…」
「私も、三重からここまで来ましたが、誰にも出会いませんでしたな」
「そうですか…残念です」
「我々は、主催者を打倒するために仲間を集めているのです。もしよろしければ、ご一緒しませんか?」
「そうですね…私もいずれ主催者を倒そうとは思っていますが、まずは息子を捜したいのです」
「それならば仕方ありませんね。では、もし主催者と戦う意思のある者がいたら、三重に来るように言ってくれませんか?」
「分かりました。私も息子を見つけ次第力を貸しましょう」
「そうしてくれると助かります」
「では、道中お気をつけて」
「あなた方も、充分に注意してください」

「行ったようだな」
「ああ、別の道を行くとはいえ、頼もしい仲間が出来たものだ」
「では、我々も行きますかな」


63 :悲しみを超えて(日本語吹き替え):2007/01/18(木) 21:54:04 ID:73URnFzF
ドオォォ……ン

「な、何の音だ?」
「あの方角は…まさかパパス殿の身に何か?」
「行ってみよう」

「とうとうやってしまったか…」
「はあはあ、あなたはこのゲームに乗るというのか」
「私は、どうしても助けたいものがいるのです」
「人を殺して生き延びても、その者が喜ぶとは思えない」
「黙れ!お前に何が分かる」

ドオン!

「ぬわー」
「パパス殿!」
「貴様、許さんぞ!」

ボン

「何!掌から火の玉を出しただと!?それに3対1は流石に分が悪い」

「逃げたぞ!」
「追わなくては!」
「待ってくだされ!パパス殿はまだ息がありますぞ」
「はあはあ、私はもうダメです。息子を頼みます」
「パパス殿ー!」

「パパス殿を埋葬してきた」
「そうか…」
「必ず、このゲームを止めましょうぞ」
「ああ、もうパパス殿のような犠牲者を出すわけにはいかない」
「さあ、行こう」

64 :悲しみを超えて(日本語吹き替え):2007/01/18(木) 21:55:57 ID:73URnFzF
【大阪府 三日目 13時】

【マリオ@スーパーマリオシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.仲間を集めて主催者を倒す
2. パパスの息子を捜す

【ブロック@ダイの大冒険】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.仲間を集めて主催者を倒す
2.パパスの息子を捜す

【アドバーグ・エルドル(キタキタ親父)@魔法陣グルグル】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.キタキタ踊りを日本中に広める
2.仲間を集めて主催者を倒す
3.パパスの息子を捜す

【ピカチュウ@ポケットモンスター】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1.参加者を皆殺しにする
2.サトシを救う


【パパス@ドラゴンクエストX 死亡確認】

65 :実在の人物とは全く関係ありまs(ry ◆qSSOg86y8s :2007/01/18(木) 22:26:42 ID:gnENl1RK
「やる夫……」
まん丸の目をした少女がジェイソンから逃げて夜の大阪駅前を歩く。
彼女が探すのは、よく知った自分の片割れとも言える男。
「待っててね、やる夫。私、すぐにあなたの元に――」
そこで彼女の言葉は銃声と共に途絶えてしまう。
そして、彼女は頭から血を流したまま、二度と起き上がることはなかった。


所変わってなんば駅前。
「オゥ、エスケープキー……エスケープキー……」
キーボードを持ったまま、小太りの少年が駅前広場を歩く。
だが、少年は知らなかった。
赤く光る点――レーザーサイトが自分の頭を追いかけるように移動していることに。
そして少年は、撃たれるその時まで何が起こったのかを理解することはなかった。


さらに所変わって通天閣前。
「バランさん……本当に止める気なんですか?」
「あぁ。放送によると死者は既に洒落にならないほど増えていると言う。……このような馬鹿げた事を続けて何になる」
「そうですけど……」
ヒゲ面の中年騎士の言葉に気弱な少女はどうしても不安を隠しきれなかった。
そして、その不安は的中する。
「何、心配しなくていい。我ら竜騎衆が集まればきっと勝てるはずだ。だから――」
騎士は言葉の途中で凶弾に倒れてしまう。。
「え!? バ、バランさん!?」
少女はいきなりのことに驚くが、それもつかの間。
彼女もまた、男同様に頭部に何かが命中し、そのまま物言わぬ骸と化した。


更に更に更に所変わって大阪城公園。
「抹殺のぉぉぉラストブリットォォォォ!!!!」
「俺の拳が真っ赤に燃える!」
「爆熱!! ゴッドフィンガァァァー!!!!」
「技なんて関係ねぇ!! とにかく殴らせろぉぉぉ!!!」
バトルロワイアル開始直後から四人はとにかく喧嘩していた。
理由はよく分からない。
とにかく彼らは無性に殴りあいたかったようだ。
だが、そんな無意味な喧嘩も4発の銃声が一瞬にして止めてしまった。
彼らの命を代償にして、だが。

66 :実在の人物とは全く関係ありまs(ry ◆qSSOg86y8s :2007/01/18(木) 22:27:33 ID:gnENl1RK
大阪城天守閣から降りてきた男は、血だまりに倒れる4人の男の姿を見て満足げだった。
「ふぅん、結構俺も出来るもんだな。……ま、想定の範囲内だけどさ」
男――ホリエモンはその手に持つドラグノフ狙撃銃を見ながら、自信あり気に笑う。

彼は本来、裁判の途中であったのだが、バトルロワイアル開始と同時に解放された。
そして、このような形で晴れて自由の身になった彼が、まず考えたのが自分を陥れた(と思い込んでいる)ミヤウチらへの復讐だった。
バトルロワイアルが施行されている今、人をいくら殺しても罪には問われない。
しかも、支給されたのは狙撃銃といういわゆるアタリ武器。
復讐をするのに必要な材料は揃いまくっていた。
……そこからの彼の行動は早かった。そう株の売買をするかのごとく。
彼は、早速その狙撃銃の性能を知り、扱いに慣れるために射撃の練習を繰り返した。
勿論、その財力を背景に大量購入した弾薬を使って。
そして、動かない的での射撃になれた3日目の夜。
遂に人を実際に撃つ訓練を始めた。
――結果はさきほどの様子を見れば分かるだろう。

「だけど、まだ練習が足りないかもしれないよな。万が一あいつに当たらなかったら悔しいし」
一人ぶつぶつと言いながら彼は、大阪城公園を後にする。
新たな的を見つけるために。
……すると。
「おーい、ホリエくん! ホリエくんじゃないか!」
背後から呼ぶ聞きなれた声に、彼は素直に振り返った。
すると、そこにはヘッドライトで自分を照らす四駆の姿が。
その四駆がホリエモンも傍で止まると、運転席から一人の見知った男が出てくる。
「ムラカミさん……」
それは自分と同じようにつかまったはずのヒルズ族仲間の男ムラカミだった。

67 :実在の人物とは全く関係ありまs(ry ◆qSSOg86y8s :2007/01/18(木) 22:28:46 ID:gnENl1RK
ムラカミは、愛想のいい顔を浮かべながら、ホリエモンへと近づく。
「やあやあ、久しぶりだねホリエくん。まさかこんなところで再会できるとは」
「ムラカミさんこそ。どうしたんですか、その車は」
「あぁ、これかい? これが僕に支給されたものらしいねぇ、ははは」
それは、よく見れば何の因果か彼が買収に失敗したテレビ局のとある番組で名物のあの車だった。
「って、そうそう。ホリエくんは東京に一緒に戻る気はないかい? 戻りたいなら乗せていってあげるけど」
「戻って……どうする気ですか?」
「それは勿論、僕のファンドを復活させるのさ。そしてこの混乱を気にこの国のあらゆる株式を買い占めて、この国を牛耳って政権を奪うのさ。そうすればこんな下らない争いも終わるし、僕たちヒルズ族は再び英雄として崇められる。どうだい、いい話だろう?」
得意気にムラカミが話す横で、ホリエモンは無表情だった。
そして……
「ムラカミさん」
「……ん? どうしたね?」
「残念ですが俺は――」
そこまで言って、彼は銃口をムラカミの額にあてる、そして躊躇いなく引き金を引く。
「残念ですが、俺にはまだ用事があるんで。勝手にバトルロワイアルを止めてらっちゃ想定の範囲外になっちゃうんですよ」


ホリエモンはムラカミがいなくなった運転席に乗り込むと、アクセルを一気に踏み込み発進させる。
そして市内を爆走する彼は途中、男や女を跳ね飛ばしながらも、車を東ヘ向かわせた。
この車の元の持ち主がそうしようとしたように。
「お前らみたいな一度出たきりで出番がないやつには興味がないんだよ。……ミヤウチはどこだミヤウチは……」
尚も彼は人を跳ね飛ばしていくが、関係はない。
彼の追い求めるものは唯一つだけ……。
「待ってろよ、ミヤウチ……。俺が今すぐ探し出してやるからなぁ……」
不気味に笑う運転手を乗せたまま、四駆が夜の道路を疾走する。


68 :実在の人物とは全く関係ありまs(ry ◆qSSOg86y8s :2007/01/18(木) 22:29:32 ID:gnENl1RK
【大阪府 国道一号線上 3日目 23時】
【ホリエモン@ライブドア】
[状態]:復讐鬼(自分がこうなるのは想定の範囲内)
[装備]:ドラグノフ狙撃銃(残弾無限大) パジェロ@東京フレンドパーク
[道具]:支給品一式 ブラックカード
[思考]:
1:ミヤウチを探す
2:気が向いたら無差別狙撃&ひき逃げ


【やる実@ガ板(VIP?) 死亡確認】
【ドイツ人少年@Youtube 死亡確認】
【バラン@ダイの大冒険 死亡確認】
【来栖川姫子@神無月の巫女 死亡確認】
【カズマ@スクライド 死亡確認】
【ドモン@機動武闘伝Gガンダム 死亡確認】
【霧島翔@THE KING OF FIGHTERS 死亡確認】
【フルート@FFDQBR3rd 死亡確認】

【ムラカミ@村上ファンド 死亡確認】

【伊頭臭作@臭作 死亡確認】
【八百長でやる夫@大阪 死亡確認】
【ヴァン・フソダエダ@ベネズエラ 帰国確認】
【エース@ウルトラ忍法帖 死亡確認】
【ポートガス・D・エース@ONE PIECE 死亡確認】
【宍戸 錠@日活撮影所ニューフェイス 死亡確認】
【岡ひろみ@エースをねらえ 死亡確認】
【堀池 巧@矢部っちFC 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

69 :魔神皇と堕天の道芸士:2007/01/18(木) 22:54:03 ID:UXzes7rI
「う…」
少女はまた頭の痛みを感じた。不自然な頭の痛みは時折現れ、少女を苦しめる。
少女の頭の中には不協和音が延々と流れ続けていた。
「大丈夫?」
傍に居た少女はその少女を心配する。
頭痛に苦しめられていた紫髪の少女の名前はシロマ。
その少女を心配する紫髪の少女の名前はシロマ。
ナースの格好をした紫髪の少女の名前はシロマ。
そして大人びた茶髪の女性の名前は…シロマ。

「大丈夫、薬を飲むから…」
頭痛を起こしているシロマが懐から薬を出すとそのまま飲み込んだ。
「どう?」
「…うん、少し楽になった。」
「よかった。」
少女二人はほぼ同じ容姿である。見分ける要素は身につけているペンダント位だった。
他のシロマ達は見分けるのは容易だった。格好も髪の色も異なっていたからだ。

「そうね…こっちのシロマの頭痛も気になりますし…」
「一度病院を探した方がいいわね。」
「でも辺りにはあまり大きな施設が見当たらないわ。もう少し歩く必要が…」
頭痛に苦しんでいたシロマは言い出した。
「大丈夫。大丈夫だから…」
「無理しちゃ駄目。早く病院で休まないとね。」
「確かマルクって子に病院を探すのを手伝ってもらってた筈なんだけど」
「…マルク?」

70 :魔神皇と堕天の道芸士:2007/01/18(木) 23:15:45 ID:UXzes7rI
上空では異形の翼を持った何かが飛んでいた。
「…別にあの娘達を利用してやるのも悪くないのサ」
悪態をつきながら飛ぶその何か。
変わった帽子に蝶ネクタイ。奇妙な身体つき。

「!」
マルクは明らかに強い負のオーラを感じ取った。
「…面白そうなのサ」
マルクはその場所へ降り立った。


「ネクロマ」
その死体の巣窟にひたすら魔法を詠唱を繰り返す一人の少年。
「ネクロマ…はぁはぁ、ネクロマ」
白い学生服に白い手袋。こんな制服が指定されていない学校にこんな奴が居たら確実に虐められるが、少年はもはや恐ろしいものだと無かった。
「ヘーイ!何をしているのサ?」
後ろからマルクが話し掛ける。
「!何だい、悪魔か。」
少年は立ち上がるとマルクを睨み付ける。
「経験値にしてやる!」
マルクは一瞬で理解し、その少年にカッターを放つ。
「なっ…」
放たれた三日月型のカッターは高速で回転し、少年の身体が切り裂く。
「愚かなのは人間の方サ!」
マルクは傷付いた少年を見下ろす。白い学生服には血が滲んでいた。

刹那、横からマルクは何かで斬られた。
紅い噴出がマルクの脇から噴き出す。
「!?」
マルクの目の前に居たのは血まみれになった人間の姿。いや、死体だ。
明らかに致命傷を負っているにも関わらずそれらはうごめいていた。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:16:17 ID:HYEXs/D3
リアルで書きながら投下はやめれよ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:23:09 ID:xI7xV/s8
このロワたまに明らかに直書きしてる奴いるよな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:23:55 ID:OqewY3Sl
またこいつか
毎回カービィのキャラ出してるから分かりやすいな

74 :魔神皇と堕天の道芸士:2007/01/18(木) 23:24:57 ID:UXzes7rI
【三日目 上野動物園 23時】
【マルク@星のカービィ】
[状態]:軽傷
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の敵に対処する
2:病院を探す

【狭間偉出夫@真女神転生if…】
[状態]:重傷
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の敵に対処する
2:皆殺し

【ヒデト@女神転生2】
[状態]:UNDEAD
[装備]:名刀サムライ@星のカービィ
[道具]:支給品
[思考]:無し

【リノア・ハーティリー@FF8】
[状態]:UNDEAD
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]:無し

【名無し少年A@ドラえもん】
[状態]:UNDEAD
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]:無し

【上野駅前】

【シロマ@チョコボの不思議なダンジョン2】
[状態]:頭がイターイ
[装備]:???
[道具]:支給品 アスピリン×30
[思考]:出来れば頭痛から解放されたい

【シロマ@チョコボレーシング】
[状態]:良好
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]:病院を探す

【シロマ@チョコボスタリオン】
[状態]:良好
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]:病院を探す

【シロマ@チョコボと魔法の絵本】
[状態]:良好
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]:病院を探す


75 :自分を、日本さえも変えてしまいそうな瞬間は:2007/01/19(金) 02:28:40 ID:8VC36YPe
取り敢えずリアルタイム投下はやめれ。他の人の投下と被るし推敲すべき点も推敲出来なくなるから。
----------
ビルの物影にその学生は居た。
(何だよ…何があったんだ、ルルーシュ!)
そう、彼の視線の先には見慣れた姿があった。だが、様子がおかしい。
彼、リヴァルは何とか食糧をかき集めて生き残っていた。だが、あの忌ま忌ましい放送からは食糧は殆ど見当たらなかった。
彼は空腹に耐えていた。そんな中、友人であるルルーシュを見つけたのだが。
…ルルーシュはサングラスをかけた男と対峙していた。サングラスの男は特に変わった点は無い。あえて上げるなら、この状況に動揺する素振りを見せていなかった事か。
だがルルーシュは―

「あqwsでrftgyふじこlp;@!!」
ルルーシュはもはや当然の様にギアスの力を発動させた。躊躇いもなく男に対して。
ルルーシュの右目に紋様が浮かび上がると、その洗脳する為の光ファイバー光線が放たれる。
そして男は愚かにも自ら命を絶つ―筈だった。
都合良くサングラスに当たった光線が反射する。
そしてルルーシュの瞳に命中した。
「…」
「…」
「…イエス!ハイネス!」
ルルーシュは何とピ○ハットのピザで自らの首を掻き切った。
噴水の様に血を撒き散らしながら倒れるルルーシュ。それをただ見つめるサングラスの男。
死んだのはルルーシュだったのだ。それも、ほぼ自爆の形で。

(ちょwwwルルーシュwwww)
リヴァルから見れば、ルルーシュが何をしたかったのか分からない。だがリヴァルにはただルルーシュが恐怖で自殺したとしか思えなかった。
本当に、状況が理解出来ない。この首輪にしろ、あqwsでrftgyふじこlp;@にしろ、ルルーシュの死にしろ、ただ不可解な点がリヴァルの中で交錯する。
(俺はどうすればいいんだよ、俺は…)
その時だった。

76 :自分を、日本さえも変えてしまいそうな瞬間は:2007/01/19(金) 02:29:55 ID:8VC36YPe
(動かないで)
リヴァルが小声で聞こえた方向からは銃口が突き付けられていた。
「!?」
(声を出さないで。あの男に見つかるわよ)
その青い瞳の女は冷静に、静かに告げる。
(あなたはゲームに乗ったの?)
(まさか!乗ってなんかいない!)
女は安心したかの様に息をつくと、銃を下ろした。
(そう、なら良いわ。私はマリア・トレイター。)
(あ、ああ。俺はリヴァル)
やっと仲間を見つけた。リヴァルの中に余裕と安心が生まれる。
(とにかく…男に見つかる前に、ここを離れてデパートに行きましょう。そこに仲間が居るわ。詳しい話はそこで聞くから)
今はマリアに従った方が良いだろう。とにかくリヴァルはマリアを信頼した。
(…ああ。)
会話が終わると、二人は早々にその場を離れる。

サングラスの男はルルーシュの死体を調べる。
「…ふむ」
そしてサングラスの男は『操作』した。
ルルーシュの死体は金属質な何かに包まれる。
そして金属質な何かの動きが止まった時、新たなエージェントが誕生した。

77 :自分を、日本さえも変えてしまいそうな瞬間は:2007/01/19(金) 02:31:41 ID:8VC36YPe
【四日目 東京都銀座 0時】
【リヴァル@コードギアス】
[状態]:空腹
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:デパートに向かう
2:マリアに従う
3:何か食べたい
4:仲間を捜す

【マリア・トレイター@SO3】
[状態]:良好
[装備]:リーサルドラグーン@サガフロ
[道具]:支給品
[思考]1:デパートに戻る
【エージェントスミス@MATRIX】
[状態]:良好
[装備]:?
[道具]:支給品
[思考]不明

【エージェントスミス(ルルーシュ)@MATRIX】
[状態]:良好
[装備]:ピザハッ○のピザ
[道具]:支給品
[思考]不明

【ルルーシュ・ランペルージ@コードギアス 死亡確認】


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 11:34:45 ID:VvAkrKUW
ルルーシュ・・・・・・
追悼追悼つllll

79 :一筋の光 ◆6/WWxs9O1s :2007/01/19(金) 15:10:51 ID:VvAkrKUW
「これが桂浜か、ほんにかわっちょらんぜよ」
袴姿に帯刀したその男は、荒波の押し寄せる海岸を見て大声で叫んだ。
真夜中であっても、この故郷の荘厳な景色は相変わらずだ。
ここの美しい景観は、ずっと変わっていない。まあ、周囲は観光地化してすっかり騒がしくなっているようだが。
「しかし、殺し合いとは・・・・・・今のこの国の国主は何を考えちゅうがな」
なぜか銅像から復活した幕末の志士、坂本竜馬は、これまでの放送内容を思い出して顔を曇らせた。
自分はあの頃、こんな国を作るために奔走したわけではないのに。
「しっかし、この時代は勝手もわからんしのう。一体どうしたらええがな」
いかに国の将来のためとは言え、罪も無い人々が次々と命を落としていくのは看過できることではない。
まるで、この国は幕末の混乱期に舞い戻ってしまったようではないか。いや、あの頃よりも状況は悪いかもしれない。
「この国を、今一度洗濯いたしたく候・・・・・・」
しかし、仲間も居なければ武器も無い。彼に手渡された支給品は、「くろうかーどせっと」とかいう面妖なもので、
「西洋のトランプに似とるのう」
とは思ったものの、どうやって使えばいいのか皆目見当がつかなかった。
「まあ、わしが脱藩したときも、似たようなもんじゃったきに。これから、色々と用意したらえいがな」
龍馬は、とにかくまずは京か江戸に向かおうと思い立った。

80 :一筋の光 ◆6/WWxs9O1s :2007/01/19(金) 15:11:52 ID:VvAkrKUW
「ん? 」
桂浜の、青い太平洋と好対照をなす真っ白い砂浜。
今は夜の戸張が降りているが、目を凝らしてみれば、そこに誰かが倒れていた。
「死んじゅうがかえ!? 」
龍馬はあわてて、その人影に駆け寄った。砂浜には、何人かの人間の足跡があった。
倒れていたのは青い髪をした少女だった。息はまだある。しかも「くー」などと呑気ないびきまでかいている。
「なんぞ、脅かすなちや。しっかし、なかなかめんこい女子じゃ」
おりょうが居なかったら声をかけとるところじゃ、と龍馬は一人で笑った。
「・・・・・・で、これは一体なんぜよ? 」
美しい少女以上に龍馬の目を惹いたのは、彼女の傍らに鎮座した電話ボックスだった。
「なんや、扉に紙がはっちゅうが。なになに、『もしもボックス。あなたの願いを叶えます』・・・・・・まっことようわからん」
この時代に復活して以来、よくわからないことばっかりだ。
「どれ、ためしにつこうて見るかえ。あいや、人のものやき、勝手につこうたらいかんか。まあ何が起こるかわからんし、触らぬ神に祟り無しじゃ」
その時、遠くから二人組がこちらに向かって砂浜を走ってくるのが見えた。
「なにをあんなにあわてちゅうがな」
両手一杯に袋に入った荷物を持った男と、彼の後ろからついてきた少年は、龍馬と少女の前に来ると袴姿の龍馬をしげしげと眺めた。
「そう見るなちや。穴が開くがな」
龍馬が笑うと、
「あんたはまさか・・・・・・坂本龍馬!? 」
少年のほうが叫んだ。
「おお、わしをしっちゅうがかえ? こりゃこじゃんと嬉しいがな。ほんで、おんしらは? 」
「私は・・・・・・先生、とでも呼んでください。そこで寝ている生徒の教師です」
「おお、寺子屋の先生かね」
「いえ、学校です」
男は、なぜかムッとしたような顔で反論した。
「あんたは? 」
「俺は相沢祐一。この先生の生徒だ」
龍馬に迫るほどの長身の少年である。この時代の子供は発育がえいんかのう、と龍馬は思った。
そういえば、三人の足元で寝ている少女も顔はまだ幼いようだが、幕末では考えられないほど胸が発育している。


81 :一筋の光 ◆6/WWxs9O1s :2007/01/19(金) 15:12:51 ID:VvAkrKUW
ほんにえい時代になったもんじゃ、国民に殺し合いなんぞ命じるような国主さえおらんかったらえいに・・・・・・
「ところで龍馬さん、あなたも何か食べませんか? 向こうのみやげ物売り場から、色々ともらってきたので」
先生はそう言って、ビニール袋に入っていた菓子折りやら干物やらを砂浜の上に広げた。
「おお、これは先生ごちそうになります」
早速砂浜に胡坐をかいて、饅頭に手を伸ばす龍馬。
「・・・・・・ところで龍馬さん、あんたは一体どうする気なんだ? 」
祐一が、まだ寝続けている少女の肩をゆすって起こそうとしながら訊ねた。
「わしは、この国を今一度洗濯いたしたく候!! 」


この時点で、彼らは誰一人気がついていなかった。
自分たちこそが、この殺し合いを終わらせることが出来るアイテムを手にしていることに。



【四日目 高知県桂浜 0時】
【坂本龍馬@歴史】
[状態]:健康
[装備]:クロウカードセット@カードキャプターさくら
[道具]:支給品一式
[思考]
1:空腹を満たす
2:京か江戸に行き、仲間や情報を集める
基本方針:主催者を倒す

【先生@KANON】
[状態]:先生能力完全開放
[装備]:たい焼き
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:生徒達全員と合流
2:生徒達を守る

【相沢祐一@KANON】
[状態]:健康
[装備]:?
[道具]:支給品一式
[思考]
1:とりあえず食糧補給
2:先生についていく

【水瀬名雪@KANON】
[状態]:睡眠
[装備]:もしもボックス
[道具]:支給品一式
[思考]
1:睡眠中
2:睡眠中
3:睡眠中

*先生は、先生の後をつけている途中で祐一と合流し、名雪が高知にいると知って高知に移動しました。
*全員、もしもボックスの効果は現時点では知りません。

82 :常世の国:2007/01/19(金) 18:18:56 ID:8VC36YPe
玉子はまた目を醒ました。
いつもの、境目だ。もはや決まっている現象の様に、玉子はその川へ近づく。
その美しい光景にも玉子は、既に飽きていた。当然だ。三日の間に、此処には50回以上来ていた。
玉子は最初に殺された事を思い出した。隣の家へ行き、台所のキャビンを開けた途端いきなり爆発が起きた。
爆裂音が玉子の鼓膜を切り裂き、紅蓮の炎が玉子の身体を包み、激しい衝撃が玉子を四散させた。
玉子はその時、思った。
「のび太の為にまだ死ぬ訳にはいかない」と。
そうすると、今の様に、見知らぬ空間にたどり着いた。
ここが巷で言う三途の川だと思い、玉子は流れに身を任せた。自分は死んだ。その時だけはそれしか頭は思考出来なかった。
だが―

玉子はまたその老人を目にする。
白装束に身を包み、人外出のオーラを放つ老人。
「私はカロン 川の向こうは常世の国
だが汝にはまだ成さねばならぬ事がある
さあ、陸に戻られよ・・・・」


玉子は、殺された場所に立っていた。
「…」
身体も元通りに戻り、そこは川に行く前にも見た場所。
玉子は理解はしていた。自分は死ぬ事が出来ないと。
何度殺され、どんな殺され方をされようとも。
そう、それは玉子の息子の為に。息子の目的を達するまで。
「のび太…」

そしてまた巨大な風の刃が放たれ、玉子の首が吹き飛んだ。


【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

83 :常世の国:2007/01/19(金) 18:21:37 ID:8VC36YPe
×人外出のオーラ

○人外のオーラ

84 :タロウが飛び立つ! ◆sFqQd4M1Do :2007/01/19(金) 23:09:11 ID:y6IjV3a6
光の国、M78星雲。
二人の戦士が、地球の様子を見ていた。
ウルトラ兄弟長男、ゾフィー。そして六男、ウルトラマンタロウである。

「なんという醜態だ……ウルトラ兄弟ともあろう者が、カエルに弱みを握られるなどと!」
呆れるようにゾフィーが呟く。
「ゾフィー兄さん!そんなこと言ってる場合ですか!
 今地球では、とんでもないことが行われているというのに!!」
「う、うむ。そうだな……」
タロウの言葉に、事の重大性を思い出すゾフィー。
「このバトル・ロワイアルは明らかに異常だ。いったい地球で何が起きたというのか……」
「そんなことより!!今地球にはメビウスがいるんですよ!!!」
「え?あ、ああ」
物凄い喧騒でタロウはゾフィーに突っかかる。
「ああっなんてことだ、私の可愛い教え子がっ!!
 待っていろメビウス、今私がすぐに助けに行くぞっ!!」
「タロウ?いや、あのな……」
ウルトラマンタロウ。彼は、今地球の守りについているウルトラマンメビウスの教官でもある。
しかし、最近の彼のメビウスに対する愛情は、なんというか、異常であった。
「ゾフィー兄さん、地球へ行きます!このままでは私のメビウスが危ない!!!」
「え、えーとタロウ、メビウスは君の教え子だろう、もっと信じて……」
「そんなこと言ってられません!タロウファイヤー!!」
タロウの手から炎が噴出される。
そしてそのまま、ゾフィーの頭に引火した。
「ぎゃあー!!熱い熱い、頭っ、頭が燃えるー!!」
「すみません兄さん。必ずやメビウスを、そして地球を救って見せます!!
 余力があれば兄さん達もついでに助けますんで!それでは!!」
タロウは地球へ向けて飛び立った。
そして、後には転げまわる無様な長男のみが残った。
「ちょ、ちょっと待って……火を、せめて火を消してから……熱いー助けてー!!」


85 :タロウが飛び立つ! ◆sFqQd4M1Do :2007/01/19(金) 23:10:19 ID:y6IjV3a6
ウルトラマンタロウは地球へと降り立った。
「さて、兄さん達はどうでもいいから、まずはメビウスを探さなくては。どこに……ん?」
タロウは、首まわりに違和感を感じた。
ふと首元を触ると、見覚えのない首輪が嵌められているではないか。
「なんだこれは?一体いつの間に……まさかこのバトルロワイアルと関係があるのか?」
首輪を外そうと、タロウは首に手をかける……
その時。
「待つんだ!!その首輪を外すんじゃない!!」
足元から何か声が聞こえてきた。
見下ろしてみると……何かゴキブリのような変な生き物が、自分に向かって叫んでいた。
しかし、ゴキブリの声が届いた時には既に遅かった。
「なんだあれは?首輪がどうしt」

ぼんっ!!

爆発音と共に、タロウの首から上が木っ端微塵に弾けとんだ。
「ああっ!……くそっ、なんてことだ……!」



【東光太郎@ウルトラマンタロウ 死亡確にn――――――





………………あれ?





「あー、びっくりした」
「うわ!?」
あっけらかんとした台詞で、あっさりタロウは復活した。
そう、タロウはウルトラ心臓があれば即座に再生できる体質なのだ。
ウルトラダイナマイトなんて無茶な技を使う彼のこと、首が弾け飛んだところで大したことはない。
「まったく、死ぬかと思ったよ」
「いや、普通死ぬんだけど……」
何でもあり、と恐れられたそのゴキブリ――いや、仮面ライダーBLACK RXすらも、呆れながらツッコミを入れた。

86 :タロウが飛び立つ! ◆sFqQd4M1Do :2007/01/19(金) 23:11:29 ID:y6IjV3a6
タロウとRXは互いに敵意がないことを確認し、変身を解除して名乗りあった。
「僕の名前は東光太郎。ウルトラマンタロウだ」
「あなたも光太郎なのか!?俺も南光太郎というんだ。またの名を仮面ライダーBLACK RX」
「へぇ、奇遇だなぁ。それじゃ僕はトンちゃんだからあなたはナンちゃんですね!」
はいはい、二人ともどっかで聞いたネタはいいから。タロウもこれ以上天然ボケにならないように。
……とにかく、情報を交換し合い、二人の光太郎は共に行動することにした。
「それじゃタロウ、まずは一緒に四国へ向かってくれないか。俺の先輩が、そこで何かあったらしい……!」
「わかった。じゃ、君の先輩を助けに行こう。それが終わったら……」
「ああ、あなたの教え子のヒビノミライ君を捜すのに協力するよ!
 大丈夫、さっき話したクリリン達も協力してくれるから!」
タロウは、地球に来て心強い仲間が出来たことを喜んだ。
(よし……待っていろメビウス!すぐに教官が、いや兄さんが助けに行くぞっ!!!)

まあ、いろいろ突っ込みたい所は多いが。
とりあえず、確かなことは一つ。
特撮において、光太郎という名前の男は、末っ子のイメージがあるということ。
そしてどちらにしろ、殺しても絶対死にそうにない、タチの悪い奴らだということには違いない。

【岡山県 3日目 22時】

【東光太郎@ウルトラマンタロウ】
〔状態〕健康。首輪なし。メビウスが心配
〔装備〕ウルトラバッジ
〔道具〕ウルトラマンメビウスのフィギュア×10(光の国から持ってきたタロウのコレクションです)
〔思考〕1、メビウスが心配 2、今はRXと共に四国に向かう 3、メビウスを探す
〔備考〕メビウスが心配
〔補足〕メビウスが心配
〔追記〕メビウスが心配

【南光太郎@仮面ライダーBLACK RX】
〔状態〕健康。首輪なし
〔装備〕魔神のマイク@ドラえもん・ギガゾンビの逆襲、アクロバッター
〔道具〕支給品一式
〔思考〕四国に向かう。そこでの戦いが終わり次第、クリリンのもとに帰る。タロウのメビウス捜索に協力
〔備考〕黒幕はゴルゴムまたはクライシス帝国であると確信(ただし根拠ゼロ)

【M78星雲 3日目 22時】
【ゾフィー@ウルトラシリーズ】
〔状態〕頭が燃えている。激しい混乱状態
〔装備〕なし
〔道具〕なし
〔思考〕熱い熱い誰か助けてー!!

87 :IC:2007/01/19(金) 23:54:46 ID:8VC36YPe
「私ならこの首輪を外せるわ!」
急にそんな事を言い出したのは、レナ・ランフォード。
「え?出来るの?」
私は彼女を信用した。不安に押し潰されていたけどもう安心。
首輪さえ外れれば主催者への恐怖は半減する。
「じゃあちょっと後ろを向いて。」


マシーナリー レナ LV8
ミア ティナの首輪 1


ガンキーンコーン! ガンキーンコーン!
金属音と共に、私の首輪の圧迫感は徐々に緩んでいく。これで、首輪の呪縛から解放される。
「やっt」

ズガン!ゴト、ゴロゴロ…

【クリエイションに失敗しました】
「…」
辺りには血の臭いが漂い始める。
「み、見なかったことにしましょ☆」


【三日目 岩手県会津 22時】

【レナ・ランフォード@スタオ2】
[状態]:良好
[装備]:ドリル@頭
[道具]:支給品
[思考]1:取り敢えず首輪を解除する手立てを探す

【ティナ・ブランフォード@FF6 死亡確認】

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 00:29:31 ID:p0ufIiZ5
レナ、マシーナリー開花してないだろwwwww
あと、会津は福島県じゃないか?wwww

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 01:21:10 ID:v84x11sy
福島だな。会津なら。
でもアイテムクリエーションネタワロタww

90 :終わらせる者:2007/01/20(土) 03:42:08 ID:DnJC8AtA
メイド姿の女性が、戦車を連れた柄の悪い男達と対峙していた。
男は、“人間狩り”と称し片っ端から人々を虐殺し、連れ去っている。
この女性も目をつけられたのだ。

「姉ちゃん、そこのタンクに乗ってくれねえか?ひゃひゃひゃ」
「私、この国に来たばかりで右も左も分かりませんの。
どうか、ご容赦願えませんでしょうか?」
柄の悪い男達――グラップラーの目的は、人間を狩り実験材料とすること。
こんな言葉では見逃してもらえるはずもなく、問答無用の構えをとっている。
「そうですか、それでは致し方ありません。
この国に来てからというもの不愉快なことばかり、手加減は出来かねますが…よろしいですね?」
ロベルタはそう言うと、真紅の傘を持ち上げ……
「そんな物でどうっ―」
引き金を引いた。
グラップラーAは、傘に偽装されたショットガンをまともに受け、全身から血を流し3mほど吹き飛んだ。
グラップラーBとCが、それを見てからマシンガンを構えたが、ロベルタはつぎはぎだらけのトランクからロケット弾を発射。
二人の背後にあった戦車は火を吹き、爆発炎上。二人は、その爆発に巻き込まれ、絶命した。

脅威は去った。しかし、ロベルタは警戒を解かなかった。
炎上する戦車の向こうに、モヒカン頭の巨大な人が見えたのだ。
身の丈は、二畳ほど。青い耐火スーツに身を包み、背中にボンベを背負っている。
炎でゆらめく姿が、その異様さを際立たせていた。

「ふしゅるるるるるる……。邪魔する奴は、殺す!
この、テッドブロイラー様が丸焼きにしてくれるわ!!
ガガガーーっ!!」


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:42:39 ID:DnJC8AtA
自らを『様』をつけて呼んだテッドブロイラーは、腕を突き出すように前に出し、手首の辺りにある管から炎を噴射した。
「がはは!逃げろ、逃げろ!!早く逃げないと、真っ黒こげだガガーっ!」
炎がロベルタに迫ったが、彼女は避ける素振りを見せなかった。
そして、炎が直撃。ロベルタは黒焦げには……ならなかった。
それどころか、衣服には焦げ目一つついていない。
「貴様、何故?」
これには、さすがに驚いたテッドブロイラー。

「貴方が、知る必要はありませんことです」
ロベルタが、両腕を張るように伸ばすと袖からハンドガンが飛び出た。
そして、銃撃。
しかし、テッドブロイラーの装着しているプロテクターは戦車の砲撃ですら弾いてしまう。
ハンドガンでは、効果がない。

ロベルタは、内心で舌打ちしたとき、テッドブロイラーは咆哮した。
「モヒカンスラッガーーーっ!」
意表をつかれた一撃。
まさか、モヒカンが外れて高速で飛んでくるとは予測できなかった。
ロベルタは、顔面にまともに攻撃を受けてしまった。
テッドブロイラーは勝利を確信した。
モヒカンスラッガーは、鉄板を簡単に両断するほどの威力をもつ。
生身の人間がくらえば真っ二つになり終わりだ。
それでも、ロベルタは立ち上がった。
攻撃を受けた傷の部分からは少量の出血をし、超合金を覗かせて……。
自分の顔に手をあて、ロベルタはわなわなと震え始めた。
そして――

「貴様、何でできているんだ!?ガガガーーっ!」
腕から炎を噴射し、ロベルタを牽制する。
しかし、炎の行く先にはロベルタは居なかった…。
何かがテッドブロイラーの耳元で囁かれた。
――全ての不義に鉄槌を
そして次の瞬間、銃声とともに背負っていたボンベが大爆発を起こし、テッドブロイラーは爆散した。

その炎の中でロベルタは、不気味に立っていた。

【三日目 茨城県水戸市 12時】

【ロベルタ@ブラックラグーン】
[状態]:サイボーグ 顔面に傷
[装備]:耐火、防弾メイド服 傘偽装ショットガン(防弾性能付)
[道具]:支給品
[思考]1:若様を探す
2:邪魔者の排除

【グラップラー@メタルマックス2】
【グラップルタンク@メタルマックス2】
【テッドブロイラー@メタルマックス2】
【野比玉子@ドラえもん】










92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 19:31:01 ID:WkTulA3x
そういえば確か南光太郎の母親の名前は南夕子

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 20:14:04 ID:v84x11sy
ああ、ウィキの更新が固まっている…四日目の作品が出たからか…

94 :救世主は便所飯が好き:2007/01/20(土) 20:43:50 ID:Y12t/jCv ?2BP(100)
……いい加減、腹が減った。

食料はある。だが、落ち着いて食べる場所が見つからないのだ。
どこか建物に入るのも考えたが、そうすると誰かと遭遇する可能性が高まる。

             どくん

(クッ……落ち着け……!この感覚、またヤツらが近づいているのか……?)
自分の力が不安定な以上、今は他人に接触するのは避けるべきだと俺は判断していた。
もっとも、この異常事態のさなかで見ず知らずの人間に危害を加えることを心配するなど
馬鹿げた考えだと笑う者もいるだろうが。ともかく、落ち着ける場所を探してさまよい歩く。

「……ふん、公園か」
いい加減に脚が棒のようになってきた所で、運良く小さな児童公園に辿り着いた。
ちゃんとトイレが設置されているのを発見し、安堵する。
やはり、食事を取るならあそこしかないだろう。
俺にとっては便所で昼飯を食うことは日常的なことだったので、落ち着いて食事が楽しめるはずだった。
「おい、テメェ」
「!?」
と、気が緩んだところで声を掛けられる。振り向くと、そこにはモヒカンの男が三人。
(な、なんだこいつら……?)
鋲付きのレザージャケットとパンツに身を包み、それぞれ剣、ボウガン、火炎放射器で武装している。
彼らは通りすがりのハードゲイか、それとも世紀末的な野盗か。
ただ、少なくとも友好的には見えなかった。

95 :救世主は便所飯が好き:2007/01/20(土) 20:44:39 ID:Y12t/jCv ?2BP(100)
「飯、持ってねぇか」
「汚物は消毒だ〜っ!」
「無ければテキトーな支給品でもいいぜ」
「そうだな、銃かなんかあればいいな」
「汚物は消毒だ〜っ!」
「そんでもってケツ貸しな」
「その後、死ね」
「汚物は消毒だ〜っ!」
つまり、彼らの言い分はこうだった。
『持ち物をよこせ。犯させろ。そして死ね』
最悪なことに、野盗とゲイの両方だったらしい。消毒がどうのというのはよくわからないが。
「……」
さて、どうしたものか。
「おい、早くしろよ。殺すぞ」
対応を思案していると、彼らの一人──剣を持った男だ──が一歩近づいてきた。


             どくん


……まずい、また暴れだしてきやがった。
「が……あ……離れろ……死にたくなかったら早く俺から離れろ!!」
「なんだと?」
「んんんー?今、何て言ったんだぁ?死にたくなければ、何だって?」
「汚物は消毒だ〜っ!」
幸い、“覚醒”はすぐに抑えることが出来たが、
眼前の彼らは俺の警告を陳腐な挑発だと受け取ったらしく
今にも飛び掛ってきそうな勢いだった。
こうなった以上、口先でどうこう出来はしないだろう。それならば……
「ふん……小うるさい奴等だ……失せな」
俺は最後の警告を彼らに与えた。
「あン?」
「クソガキが、調子乗ってるんじゃねぇぞッ」
「汚物は消毒だ〜〜〜〜っ!」
激昂して襲い掛かってくるモヒカンザコ。
愚かな彼らを哀れに思いながら、俺は腰のベルトに差している「剣」を握った。
途端に俺の意識が薄れ、入れ替わりに「剣」に宿る魂が俺の体を支配していく……

96 :救世主は便所飯が好き:2007/01/20(土) 20:46:17 ID:Y12t/jCv ?2BP(100)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どれくらい経ったのだろうか。我に返ったとき、俺はまだ公園の入り口にいた。
絡んできたモヒカン三人組は地面に寝転がり、呆けた顔で空を眺めている。
恐らく、俺の体を一時的に乗っ取った「剣」に斬られたのだろう。
「肉体ではなく、邪なる魂だけを斬る。それがこの邪魂滅殺剣だ」
魂から戦意だけを切り離された彼らに向かって言ってみる。
恐らく彼らには聞こえていないことは分かっていたが。
「……ふん、他愛の無い」
モヒカンどもは相変わらず放心状態だった。
しばらくは今のようなショック状態が続くだろうが、
まぁどうせ小一時間も経てば直るし、賊ごときに立ち直るまで付き合う義理も無い。
動かなくなった彼らを放置して、俺は食事と休息のためにさっさとトイレへ入った。
小汚い公衆トイレのツンとしたアンモニア臭が、俺の心を和ませる。
空きっ腹を意識しながら鞄から食料を取り出そうとしたとき、
タイル張りの床の上にある金色の塊が目に入った。
「……?」
恐る恐る近づいて拾い上げてみると、どうやら人工物のようだった。
しばらく観察して、ようやくそれが何であるのか気付く。
「フッ……どこのどいつだ。こんなものを作ってここに置いたのは」
何の酔狂だろうか。それは、黄金に輝く拳銃だった。


【三日目 栃木県 小さな児童公園 14時】

【吉岡邪気@邪気眼のガイドライン】
[状態]:空腹 不安定
[装備]:邪魂滅殺剣(魔剣デウス・エクス・マキーナ)@魔剣]、黄金銃@007ゴールデンアイ
[道具]:支給品一式
[思考]
1:主催者と“ヤツら”との関係を確かめる
2:邪気眼をうまくコントロールできるようにする

※魔剣の思考
1:自らの個体名を「邪魂滅殺剣」と認識。
2:今のところ状況を把握できていないので、主体的に誰かの体を支配しようとはしない。
3:でも、邪気よりふさわしい者がいれば、さっさと使い手を乗り換えたい。

97 :救世主は便所飯が好き:2007/01/20(土) 20:46:52 ID:Y12t/jCv ?2BP(100)
【モヒカンA@北斗の拳】
[状態]:空腹 闘争心なし
[装備]:剣@北斗の拳
[道具]:支給品一式
[思考]
1:平和が一番
2:食料を探す

【モヒカンB@北斗の拳】
[状態]:空腹 闘争心なし
[装備]:ボウガン@北斗の拳
[道具]:支給品一式
[思考]
1:平和が一番
2:食料を探す

【「汚物は消毒だ〜!」のモヒカンV@北斗の拳】
[状態]:空腹 闘争心なし
[装備]:火炎放射器@北斗の拳
[道具]:支給品一式
[思考]
1:自分と同じ火炎放射器を持った兄弟たちを探す
2:平和が一番
3:でも汚物は消毒したい

98 :選ばれし勇者:2007/01/20(土) 20:51:14 ID:CmGSGN+q
古泉一樹は実は死んでいなかった。
カービィとジャイアンの歌を聴きながら、朦朧とした意識の中で支給品の剣を台座から抜いていた。
すると、体の感触が一瞬だけ無くなり、気が付くと荒野の中に倒れていた。
「これは一体……はっ! なんだこれは! 僕の体が大きくなっている!」
また、自らの超能力が非常に増して、平常時でも超能力が使えるようになっていた。
その時、どこからか声が聞こえてきた
「聖なる力を持つ選ばれし勇者よ……そなたは大魔王を倒す定めを持っていた……
だが若き頃は力が足りなかった……だから聖剣マスターソードは十分な力を持つまでそなたを封印したのだ」
「そ、そうだったのか……しかし僕は元の世界に帰りたい、キョンたんの事も気になりますし、団や機関の皆も心配する」
「どうしても帰りたいというのなら止めん……しかしそれだと未来は滅びるぞ……」
「分かりました、大魔王を倒してから帰ることにします」
こうして古泉の冒険は始まった。選ばれし勇者として、大魔王を倒す旅に……

【七年二日目 北朝鮮星・旧日本山口県エリア 08時】 
【古泉一樹@涼宮ハルヒ】 
[状態]:大人状態に成長・健康
[装備]:マスターソード@ゼルダの伝説
[道具]:不明 
[思考]:大魔王金正日を倒して過去に戻る

99 :excreta:2007/01/20(土) 23:32:58 ID:v84x11sy
赤い服はより紅く染められ、青い髪には噴出が掛かる。
その手には尊き紋章と赤い石、そして本が握られている。
彼女の周りは炎に包まれ、それを一陣の風が勢いを助けていた。

「これがお前の望んでいた世界か?全く、馬鹿馬鹿しいな。」
後ろに居た亜人の男が少女に問い掛ける。
「違う、私はこんな世界、望んでなんかいないわ!」
少女はひたすら否定する要素を探す。
「それこそ違うね。なら何故奴らを殺した?」
「だって…っ!この人達から襲って来たのよ!」
「それは言い訳にしか成らないね。説得もしなかったじゃないか。」
「あなたはあの状況で説得出来た?無理だわ。」
「自分の身を捏してまで守るまでの存在じゃなかったって事か。」
「…」
少女はとうとう否定出来なくなった。それこそこの男の言う通りだ。

自分は弱い。結局自分を守る為にこの者達を殺めた。そう、臆病なのだ。
そんな闇の部分が少女の頭を襲う。

「―ならさ、」
ため息をついてから、男が口を開く。
「もう少し、肩の力を抜いた方が良いんじゃないか?体が持たないぞ。」
「…」
「冷静になれ。二度とこんな事を繰り返さないように考えるんだよ。」
「…エゼル」
この非情で無慈悲なゲームが始まってからただ神経を擦り減らしているだけだった。
主催者はそれも計算に入れていただろう。
食料も無く、明日も分からぬ現状。それこそゲームを行うには最適の状況。
今の少女はまさに主催者に踊らされていると言っても良いだろう。

「ロイ…」
その少女は、大事な者の名前を口から出す。誰もいない空間。
―否、ただ死体が転がる空間へ。
不安はただ少女の中を渦巻き、殺意は昏々と湧き出る。
誰も殺さずにこのゲームを終わらせる事は不可能に近い。
少女でさえもそれは理解出来る。

100 :excreta:2007/01/20(土) 23:37:40 ID:v84x11sy
【三日目 東京都有明 23時】
【リリーナ@ファイアーエムブレム封印の剣】
[状態]:葛藤
[装備]:フォルブレイズ エイルカリバー
[道具]:支給品 ファイアーエムブレム(FE紋章)
[思考]1:ロイを探す

【エゼル・バルビエ@FFTA】
[状態]:普通
[装備]:?
[道具]:支給品
[思考]1:不明

【おならぷーすけ@ジャンプ 死亡確認】
【プー助@ヤマザキ 死亡確認】
【堀町タカシ@田中太郎 死亡確認】

101 :excreta:2007/01/20(土) 23:39:37 ID:v84x11sy
excreta…糞尿

状態表に致命的なミスがあって投下遅れたorz

102 :ドミ版:2007/01/21(日) 06:13:48 ID:VUGPnOEy
ホークは闘いに明け暮れていた。
まさに今はホークにとっては最適のトレーニング環境。
既に戦士達を何人も倒した。
たった今も眼鏡の女を倒したばかりだ。

その時、ホークのゴーグルには悍ましい文章が表示された。
『ホークはドミネーターを手に入れたドミネーター』


【三日目 新宿 22時】
【ホーク(アレフ)@真女神転生2】
[状態]:フリーズ
[装備]:スパイクロッド
[道具]:支給品
[思考]1:フリーズ中


【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【野比セワシ@ドラえもん 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 14:46:22 ID:mOHglspD
ちょwwwwwwww邪気眼wwwwwwwwwwwwww

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:05:07 ID:t7C2N6Xm
邪気だのドミネーターだのリリーナだのひどいカオスwwwwwwwwwwwwwwwwwww

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:07:53 ID:3517B+g9
私は、念願のつるはしを手に入れた。
これで、貧弱な鉄パイプとはおさらばだ。
試しに、近くを歩いていた主婦に一撃。
主婦は、頭から血を噴出し、痙攣したのち動かなくなった。
これは強力だ。
もう一度試してみたい……。もう一人くらい……。

アパートの一室に閉じ込められたうえ、異世界に放り込まれ、化け物や幽霊と戦ってきた彼の精神はその時点で限界ぎりぎりであった。
それが、この国の狂った法律、遭遇した化け物のせいで限界を向かえ、彼の精神は崩壊した。
そして、ヘンリーは人を殺す快楽に目覚めてしまった。

そんなとき、彼の願いを叶えたかのように女の子が歩いてきた。
ニヤリと、無精ひげに覆われた口を吊り上げたが、直ぐに口を戻した。
彼女の通常ではない姿に気付いたのだ。
喉を両断したかのような傷跡。
そして、手に持ったチェンソー……。
微笑を浮かべ、モーターをふかしているところを見ると殺る気満々のようだ。

私は、やけくそ気味でチェンソー女につるはしで襲い掛かった。
私の好きな頭部への一撃。
しかし、彼女はチェンソーを棒切れのように振るい、最短距離で私の胴を薙いだ。
腹部から血が思い切り飛沫を上げた。痛みは感じなかった。
薄れいく意識の中、最期に見たのは彼女が恍惚の笑みを浮かべ、私の顔面に切り込みをいれようとしてくるところだ。


【東京都世田谷区 4日目 2:00】

【ソーヤ@BLACK LAGOON】
[状態]:人をばらして、ややご機嫌
[装備]:チェンソー
[道具]:人工声帯
[思考]1:人を見つけたら、バラバラになってもらう。
  
【ヘンリー・タウンゼント@サイレント・ヒル4 死亡確認】




106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:11:34 ID:3517B+g9
題名と死亡者一名忘れてました…。

題名は、『初心者と上級者』

それと、【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

107 :虹を見つけたら教えて ◆6/WWxs9O1s :2007/01/21(日) 23:27:30 ID:AlB+vGrb
彼は夜の街を走っていた。
自分がどこにいるのかなど全く気にせず、ただ大切なものを探すために。
(三人とも、せめて、せめてお前達だけは・・・・・・どうか、無事で・・・・・・)

彼には家族がいた。
何十年も一緒にいた家族だった。
誰とも、言葉を交わしたことはない。他の家族が家の外でどんなことをしているのかもわからない。
ただ彼にとってはその家こそが世界の全てであり、その家族達さえ居てくれれば他には何も要らなかった。
(なのに、なんで・・・・・・なんでどいつもこいつも、勝手に死んじまうんだ!! )
誰を恨めばいいのかなどわからない。直接家族を手にかけた者か、こんな殺し合いを始めた為政者か。
しかし、仇取りのことは今は考えまい。まだ彼の家族は全員死んだわけではない。
さっきの放送の時点で、まだ三人生き残っているはずだ。
(若旦那、兄者、御曹司!! 今行ってやるからな。俺が行くまで死ぬんじゃねえぞ!! )
少しでも足を止めようとすると、今は亡き大旦那、大奥方、奥方、姉者の顔が浮かんでくる。
悲しみに頬を濡らすのも、怒りに震えるのも、後回しでいい。今の自分にはやらねばならないことがある。
「彼ら」が、もう出来なくなってしまったことを、自分がやらなければ。

108 :虹を見つけたら教えて ◆6/WWxs9O1s :2007/01/21(日) 23:28:51 ID:AlB+vGrb
「止まれ」

彼がその影を前方に確認したのと、その声を聴いたのは同時だった。
目の前の影は彼よりは大柄だが、それでもそう長身ではない。しかし、その声はこの世のものとは思えないような迫力があった。
直感で判断した。こいつは、彼の天敵の一味だ。
彼ら一味全員が危険なわけではない。現に彼も、自分の家の隣に住んでいるこいつの仲間とはそれなりに仲のいい関係である。
しかし、今目の前にいる相手は明らかに殺気立っている。あの男ほど話の通じる相手ではなさそうだ。
「すまないが、先を急ぐ。道を譲ってくれ」
「こちらの質問に答えてくれれば、それでいい」
彼は舌打ちした。なんとも威圧的な態度だ。近くによって見ると、その男の輪郭は入道雲に似ていた。
「何だ。何でもいいが手短にな」
「私はある人物を探している。髪は青、黒いTシャツ、ジーンズのポケットからはいつも人形の顔が見えている。
目つきは悪い。今は拳銃を持ち歩いているはずだ。心当たりは? 」
「すまぬ。そのような人間は見ていない。見たという話も聞かなかった」
「そうか。すまない」
男はそれだけ言うと、そそくさと彼の脇を通り過ぎようとした。その不遜な態度に、彼は苛立ち、もう一声かけないと気がすまなかった。

「その人は・・・・・・お前の、大切な人なのか? 」
男は立ち止まり、しばし考えこむように沈黙した。
「さして互いに思い入れがあるわけではない。出会ったのもごく最近だ。しかし、彼は私の主人の大切な人だった。だから私は彼を探す。
彼を探して守り抜く。私が命を賭す理由など、それで十分だ」
「ならばその主人とやらを守ってやるのが筋ではないのか? 」
彼の疑問に、男は即答した。
「逝かれた」
「・・・・・・そうか。すまなかった」
「いや、いい。全ては私の落ち度だ。私にもっと力があれば、あの方にあんな惨めな死に方はさせなかった。
しかしあの男は、それを自分の咎だと思い込み、殺した男を追っていってしまった。彼が死ぬとすれば私の責任。だから、という理由も無くはない」
その、雲のようなもこもこした頭をした男の横顔を彼は眺めた。
よく見るまで気がつきもしなかった。泣いていた。
「お前も、俺と同じなのか」
「・・・・・・どういうことだ」
「俺も、守るべき人を守れなかった。そして今、守りたい人のためだけに生きたいと思っている。あんたもそうだろう? 」
「ああ。それが我らの性。我らは家族を選べぬ。しかし、故に命を賭すこともできる。宿命か」
そうかもしれない、と彼は声には出さず同意した。
そして両者は、それ以上声を交わさずに互いに逆方向に歩いていった。
願わくば、再び会いたい。そのためにも、御武運を。そう思いながら。


109 :虹を見つけたら教えて ◆6/WWxs9O1s :2007/01/21(日) 23:30:48 ID:AlB+vGrb
その数秒後だった。
「伏せろ」
後ろから、去っていったはずの男の声がした。
「何事・・・・・・」
振り返った彼にも、その姿が見えた。
小さな影だ。彼よりもはるかに小柄なその影は、しかし何人分もの血の匂いをその身にしみこませていた。
そしてその影は、彼らのほうを見据えて立ち止まっていた。
「逃げろ」
再び男の声がした。彼と男は、それぞれ反対方向へと走った。

次の瞬間。
犬とネコ、それぞれの足元を狙って、二つのクルミが同時に投擲された。
「今度こそ、ぬかりはないのでぃす」



【三日目 東京都国立区 23時】
【タマ@サザエさん】
[状態]:臨戦態勢
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]
1:シマリスから逃げるか、無理なら戦う
2:マスオ、カツオ、タラを探して守る
3:出きればサザエたちの仇を取る

【ポテト@AIR】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :支給品一式
[思考]
1:シマリスから逃げるか、無理なら戦う
2:国崎往人を探し出し、守る
3:出きれば佳乃の仇を取る

【シマリス@ぼのぼの】
[状態] :健康
[装備] :尖鋭状暗殺用クルミ×5 ナイフ状首狩り用クルミ
[道具] :クルミ5000個 支給品一式
[思考]
1: タマとポテトを殺し、彼らの武器を奪う
2:関東周辺で、弱そうな人間を探して殺す
基本方針:友人達を守る為に、友人を殺すかもしれない人間達を殺す


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:20:14 ID:pXOnr9Yd
ちょwwwwwwwww
ハードボイルドwwwwwwww

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:38:42 ID:IpopmLx9
なんだこの無駄に漢気溢れる連中はwwwww

112 :一ドットのヘアピン:2007/01/22(月) 02:11:43 ID:qsxZowfU
その男達二人はただ野良犬の様に街をさ迷い歩いていた。
その内一人の男は破裂しそうな頭痛に悩まされている。特に今日になってから頭痛が酷くなっていた。
もう一人の男は一部の記憶を失っている。

『もう眠い!寝る!』と、頭痛の男が突然その場で寝始めてから2時間が経った。
もう一人の男は手持ちの拳銃の弾を確認した。
男のそれは重く、ずっしりとしている。
男はマガジンを入れるとそれを強く握りしめる。

『ゲロゲロ』
突然そういう音が聞こえ、拳銃を持った男が振り向く。
そこには寝ている男の口から何かが出ている光景。
それがトイレから手探りで此処まで来た男の最期だった。


【四日目 京都府N本社近辺 0時】

【マイク・ドーソン@ダークシード 死亡確認】
【男@デシャヴ 死亡確認】

113 :里見八犬伝:2007/01/22(月) 02:15:53 ID:aht0ybFo
『…やっぱりどうにかして、このロワイアルだったっけ?これを止めなくちゃイケないと思うのよ』
『だからって彼女を一人置いて行くつもりなのか!?一人で何をするっていうんだ!俺は反対だ!!』
『あ〜…お前ら三日間も飽きねえなぁ…俺はうまいメシさえ食えれば何でもいいや』
「シロー!シバー!チビー!ご飯だよー」
「ワンワンワン!!」
名古屋に、元気な犬の泣き声がこだまする


──愛知県名古屋市、名古屋駅西口セブンイレブン内──
「…はぁ…なんで私こんな所に来ちゃったんだろうなあ…ね〜?シロ」
三匹の犬にコンビニに置いてあったエサをあげながら、ショートボブの女性──宮内すぐりはつぶやいた。
『うん!今日のご飯もとっても美味しい!だからもっと頂戴!』
シロと呼ばれた雪のように白く美しい毛並みを持った犬は、ご飯に夢中で話すら聞いていない。
ロワイアル開催直後、パニくった彼女は「遠くに逃げなきゃ」と暴走、新幹線に乗り名古屋に到着。
犬と仲良くなる以外に何もないすぐり、一人暮らしをしている東京でさえすぐりにとってはダンジョンなのに見知らぬ土地、名古屋はまさに異世界。
しかもその上日本中で殺し合いだ。
涙ぐみながら人気がまったくなくなった名古屋駅周辺を歩いていた彼女、そんなすぐりを見かねて彼女に声をかけた、いや、一声ほえたのがこのシロと呼ばれた犬であった。
「うんうん!そうだよねー?やっぱりシロはいい子だよね〜♪シバはどう思う?」
『う、う〜ん…や、やっぱりすぐりがドジだからじゃないかな…』
シバと呼ばれた小柄なシバ犬は、苦笑いを作りつつ人間には聞こえないであろう相槌を打った。
すぐりとシロと呼ばれる犬に、道を歩いては危険だと訴え、このコンビニを紹介したのがシバと言われたこのワンコだ。
「シバちゃんやさし〜!チビもそう思ってるって分かるよ!」
『ウルセー!ぜんぜん通じてねえじゃねえか!食事の邪魔をするな!俺の頭を気安くナデナデするな!』
チビと言われた小柄なボストンテリアの彼は、ひたすらに吼えまくる。
一人と2匹でコンビニで息を潜めている間、別に深い意味も無く好物の匂いに誘われ、そして美味しいえさに釣られてここに居座る、それが彼である。
このセブンイレブンの中にはこの一人と3匹が居座っていた。
『それに俺の事をチビ呼ばわりするな!!通じてねえとは思うが俺の名は…なッ!?』
キャンキャンと吠えていたチビと言われた犬が突然吠えるのをやめ、セブンイレブンの入り口の方に向かって低く唸りだす。
『…何…血の匂い…!?』
『しかも…新しい匂いだ…!!』
それに続き、後の2匹もご飯を中断し、同じ方向に向かって唸り声をあげる。
「え?な、何?さ、三匹とも…?どうし…ひゃあ!?」
パァン  パァン 

114 :里見八犬伝:2007/01/22(月) 02:16:37 ID:aht0ybFo

外から散弾銃と思われる銃声が1発、二発。その後聞こえる複数の断末魔。
肉が潰れる音が数十秒間続く。

そして再び静かになる空間。

続く静寂。

再び響く銃声。

男性の悲鳴。

そして、開く自動ドア。


「た、助けてくれぇぇぇぇぇぇっ!」


まず入ってきたのは血まみれのショットガンを持った肥満体の男。
「ど、どうしたんですか!?し、しっかり!?」
「ひ、ひいいいいいっ!た、助けて!!助けてくれぇえええええ!」
自動ドアを指差し何かに怯える肥満体の男。

自動ドアが再び開く。

入ってきたのは

臓物を撒き散らす人だった物の上半身。

叫び声をあげるすぐり、気絶する肥満体の男。

警戒態勢を取り続ける三匹。

突然壊れる自動ドア


「グルルルルルル…」


続けて入ってくる──


「ゴオオオオオオオオオオオガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!」


入ってきたのは熊だった。

光る鎧を纏った巨大なマダラ模様の熊が、彼女らの面前に現れた。


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 02:21:36 ID:aht0ybFo
【3日目 名古屋市駅周辺セブンイレブン 】

【宮内すぐり@いぬばか】
[状態]:パニック
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]
熊と死体に大パニック

【イギー@ジョジョの奇妙な冒険】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :支給品一式
[思考]
けっ!面倒ごとは嫌いなんだがな!

【コロマル@ペルソナ3】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :支給品一式
[思考]
これは・・・熊!?

【アマテラス@大神】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :支給品一式
[思考]
なに!?これ!?

【マダラ@銀牙 -流れ星 銀- 】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :リフレックス@SO3
[思考]
クマァァァァァァッ!!


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 02:23:59 ID:aht0ybFo
【ガルフ@北斗の拳】
[状態] :臨戦態勢
[装備] :不明
[道具] :ショットガン
[思考]
た、たすけてくれぇえええ!!

【トマーシュ・マサリク@機動戦士Vガンダム 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確定】

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 02:36:44 ID:qsxZowfU
野比玉子だけ死亡確定ってwww


野比玉子100回忌の暁には何かの企画を(ry

118 :正義の宮城県知事:2007/01/22(月) 03:12:05 ID:yhdHnZrT
「貴様、今日だけで何人の宮城県民を殺した!?」
スーツ姿の禿げが怒りを露にして叫んだ。
「ぐう…う……」
殴られている男は、既に瀕死であった。先ほどから一方的にいたぶられているのだ。
いや、決して彼が弱いわけではない。
スーツの禿げが強すぎるのだ。
「死をもって償え!!」
そして、顔面へ本気の一撃。
彼は、頭蓋骨を粉砕され、死に至った。


スーツと少ない髪をなびかせ、日が昇る海を眺めながら、タレント、そのまんま東はこう誓った。
宮城県はかわらないかん。
そして、宮城県の平和は俺が守る。



【四日目 宮城県仙台市 7時】
【そのまんま東@タレント】
[状態]:知事力開放
[装備]:己の拳(ごうけん@クロノトリガー)
[道具]:支給品
[思考]1:仙台防衛
2:宮城県防衛
3:宮城県の脅威となるもの全ての排除
基本思考:宮城県の平和は俺が守る

【沢村竜平@はじめの一歩 死亡確認】



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 05:04:20 ID:xMcQyV6o
知事力ってなんなんだw
あえて宮崎県じゃなくて宮城にしたのか?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 08:50:17 ID:5qvjxZ/f
せめて伏せ字を使えよ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 09:07:24 ID:IQ5BV+ni
>>118
宮城と宮崎間違えんなよ

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 11:50:41 ID:ho12GPBx
今クールは大量虐殺が続いたし、そろそろ第四回放送の時期かもな
つーか殺害数ランキングの上位がもうわけわからんことに

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:41:26 ID:qsxZowfU
>>順位 該当者 殺害数
1位 キョン4 39人
2位 上条当麻 32人
3位 ジャイアン、カービィ 25人
5位 高嶺響、フグ田サザエ 20人
7位 ホリエモン 18人
8位 クリリン 16人
9位 安部晋三 15人
10位 水乃小路飛鳥、星野奈留、ジャンヌ、美輪昭宏、南都夜々、南光太郎 14人
16位 ルルーシュ・ランペルージ 11人

一話で何人も殺してるヤシが多いからなぁ。
特に今クール大量虐殺者はキョン4とホリエモンとルルーシュ。
エクスカリバーと狙撃銃とギアスだけで。
前クール虐殺者はドロッチェのヒノカグツチで秋葉原破壊行動?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:49:32 ID:ho12GPBx
上位陣に正統マーダーがほとんどいないのもすごい
シマリスも先生も、小規模な戦闘に終始してるからな

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 15:53:47 ID:5qvjxZ/f
描写すらされていない死亡者をカウントするから収集つかないんだよな。
一行分くらい書いてやれよって思う

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 18:35:14 ID:z+e3O3Yu
某パピヨンが吐血したかと思ってたら某主人公が死んでて悲しかった一行が思い返される

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:25:39 ID:+qLXCoVP
ていうか誰が死んだかあえて指定する意味がわかんないんだよな。登場すらさせてないのに。
後で使いたかった人がいたかもしれんのにね。
大量虐殺だってんならそれでもいいけど、何人くらい死んだよ、でもそれが誰かは想像に任せますよ、でいいと思うんだが。
殺すキャラにまでちゃんと責任持てよな、と他所のロワにもいた俺は思う。
まあ、数が多すぎる(ぶっちゃけ無限に近い)し、事情も違うんだろうけど。

まあ、現状読み専の戯言だけど。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:36:08 ID:r/NwnmGx
>>127
いーちゃん乙

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 20:52:40 ID:ho12GPBx
>後で使いたかった人がいたかもしれんのにね
ここは大いに同意する
ドラえもんもサザエさんもクレしんもメインキャラがほとんど死んでいるけど、もっと動かしたほうが面白かった気が・・・・・
と思わなくも無い
結局新登場のキャラはマイナー寄りになっていってる気がする
復活という手があるにはあるが、あんまり乱発するわけにもいかないし

だいたいドラえもんなんか、ズガン連発されて
のび太(役立たず)、野比玉子(ネタ)、先生(アニロワの展開ありき)、ジャイアン(空気化)、かみなりさん(言わずもがな)
こんなメンバーしか残ってないんだぞw

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:23:42 ID:yfaNQsRH
大量虐殺のキャラは安易に復活させてもいいと思うよ。
死んだという事実すらなかった事にしてもいいと思う。

マイナー寄りなのは、他のロワで描けなそうなキャラが出せる
良心的なロワだからなんじゃないかなw

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:29:36 ID:skfglSxw
ってか復活が普通に許されてるのに、玉子くらいしか復活してないよな
シリアスな話で死んだキャラを安易に復活させたら萎えるけどさ
名前だけしか出てないようなキャラはいくらでも復活させたらいいんじゃないの?
初期の頃に死んだ、うえきの法則のキルノートンとか、銀魂の坂田銀時とか、死んだことすら覚えてない奴がほとんどだろ
せっかくのカオスなんだからそういうのどんどん復活させまくればいいじゃん

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:40:09 ID:g/UuRpk6
シリアスに死んでいったキャラなんか、ここにすぐに列挙できるくらいしかいないだろうしな

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:47:21 ID:qsxZowfU
まあカオスだしな。
白鷺弓子やらドロッチェやらドミネーターやらマイクドーソンやらエゼルやら
マイナーなネタキャラばかり出てくるより復活。

さて、誰かシリアス死にキャラ列挙してくれ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:54:56 ID:ho12GPBx
記憶に残っている中では
せがた、サザエ、ムック、波平、先生@サザエさん、マスオ、課長、フネ、ルルーシュ、織田信長、ゴジラ
まだまだ要るはずだが、確かにズガンキャラと比べたら遥かに少ない

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:59:50 ID:yfaNQsRH
ムック
マスオ
仮面ライダー1号
しんのゆうしゃ
ムック
トルネコ
ムック
ムック

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 23:46:13 ID:qsxZowfU
中島と中島朱実…中島は復活したけど。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 00:39:43 ID:YF4n8kM0
仮面ライダーなんかはほんとにいつのまにか復活してたりするけどな

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 03:11:25 ID:YKRHFDuZ
汚物は消毒だーのモヒカンの事も(ry

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 10:55:59 ID:LRLujy9M
ちょっと関係ない話になるが。宣伝も兼ねて。
折角だしリレーして書きたいんだけど、キャラがわからないって人が、もしいたら。
折角あるんだから、避難所のマイナーキャラ紹介スレにでも質問するといいと思うよ。
多少はリレーした方が話に幅が出来て、書いてる人にとっても面白くなるかもと思って。
なにせ好き勝手やってたらキャラがほぼ無限だから永遠に収拾つかないし。
多分一人で遊んでたらそのうち飽きるぜ。勝手な意見だけど。

クロス系リレー作品の問題は知らないキャラを無理してリレーして、「こんなの飛影じゃない」とか言われるくらいなら。
自分の知ってるキャラを好きに出して暴れさせた方が楽な事だからな……。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 13:46:01 ID:8emVkwxF
じゃあ一回今までの生存キャラをまとめよう。
四日目のギアス騒ぎのフラグがあるし。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 16:20:04 ID:8emVkwxF
〜ウィキ更新した奴へ〜
マイクドーソンの死因は脳に居たエイリアンを吐いた事。原作だとマイクドーソンは三日経つと死ぬ筈。
アンケートも修正した方がいいとオモ。サザエなんてどれだけ前に死んだか。

〜生死不明〜
カイン(沖縄)…爆発に巻き込まれた?
玉子(各地)…言わずもがな
セワシ(各地)…同上

〜最近の生存者(放置は含まない)〜

ソーヤ(東京都世田谷)…マーダー化
龍馬、先生、相沢、水瀬(高知県桂浜)…重要アイテム所持
リヴァル、マリア(東京都銀座)…デパートへ行動中
スミス(銀座)…不明
すぐり、イギー、コロマル、アマテラス、ガルフ(名古屋市駅周辺コンビニ)…交戦直前。
マダラ(同上)…マーダー化
タマ、ポテト(東京都国立区)…シマリスと交戦中
シマリス(国立区)…マーダー
ホーク(新宿)…ドミってフリーズ
ガッ(愛媛県)…ぬるぽ
カラス、カラス、ネイヴィ、観鈴(富山県城址公園)…集合中
リリーナ、エゼル(東京都有明)…リリーナが葛藤起こしてる
吉岡、モヒカンA〜C(栃木県小さな児童公園)
ロベルタ(茨城県水戸)
レナ(福島県会津)…天然マーダー?
東、南(岡山県)…東はメビウスが心配。
シロマ×4(上野駅前)
マルク(上野動物園)…狭間偉出夫と交戦中
ハザマ、ゾンビ×3(動物園)…マルクと交戦中
ホリエモン(大阪府国道一号線)…マーダーになるのは想定内

ごめん、携帯端末だから限界だorz

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 17:09:24 ID:RT7F1Ivx
そういやタロウの心配してるメビウス、まだ出てきてすらないんだよな

143 :マーダーが生まれた日:2007/01/23(火) 18:54:44 ID:8emVkwxF
ただ広いデパートの中は静寂に包まれ、かつての賑やかさを見せない。
ただ売られるべき商品が置いてあった棚が釈然と並んでいる。
電気は点けられず、不気味に緑色の非常用の電気が辺りを照らす。
そこを、何かが通り過ぎた。

「ハァ、ハァ…」
「大丈夫?中で結構走ったけど。」
息切れを起こし、膝をつくリヴァル。
単にこの全四階のデパートを階段で一気に昇ったに過ぎないが。
「クポ? マリア、その人がさっきの音の…」
そこにはぬいぐるみ―ではなく、モンブランが居た。
「???」
ぬいぐるみが動いている。リヴァルにはそう見えた。実際はそう思わない方がおかしいのだろうが。
「モグはモンブランクポ!」
「モ…モグ?モンブラン?」
普通にリヴァルは困惑していた。そんなリヴァルを尻目に、「まあ良いわ、話を聞かせてもらえる?」とマリアは言う。
リヴァルはゲームが始まってから先程の状況まで説明した。
それこそ彼を脅かす要素のある話などなかった。有益な情報も無かったが。
「そうね、私達の方は―」
今度はマリアが自分達の状況を話し始めた。

「じゃあこのデパートに立て篭もるって言うのか?」
リヴァルはモンブランから貰ったカロリーメイト・チーズ味を口に詰めながら確認する。
「…でも三人で立て篭もるとしたら食糧が一日も持たなくなるわ。」
モンブランがデパート内でかき集めた食糧はマリアとモンブランで一日半分。だが、リヴァルの分も入れると一日持つのが良いところだった。

144 :マーダーが生まれた日:2007/01/23(火) 18:55:35 ID:8emVkwxF
「他の店から持ってくる必要があるクポ?」
「ええ、とにかく食糧は足らないから、いずれ動かなければならなくなるわ。」
「じゃあモグが行くクポ!」
「いや、私も行くわ。一人では効率も悪いだろうし。」
リヴァルを置いて話が進む。
「じゃあモグは先に行くクポ。」
モンブランはドアへ向かう。
「ああ…じゃあリヴァル、あなたはどうするの?」
「え? 俺?」
「ここで待つの?」
「ああ、俺は―」
リヴァルが答えようとした瞬間、開いたドアからモンブランが吹っ飛んで来た。

「いやっ!?」
「マリア!」
吹っ飛んで来たモンブランの身体がダイレクトにマリアに当たる。

そして、そのドアには、一人の男が立っていた。


【四日目 銀座デパート屋上 1時】
【マリア・トレイター@SO3】
[状態]:軽傷
[装備]:リーサルドラグーン@サガフロ
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の敵に対処する
2:食糧を探す

【モンブラン@FFTA】
[状態]:軽傷 気絶
[装備]:??
[道具]:支給品
[思考]1:気絶中

【リヴァル・カルデモンド@コードギアス】
[状態]:パニック
[装備]:不明
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の敵に対処する
2:食糧を探す

【サラマンダー・コーラル@FFDQロワ】
[状態]:マーダー
[装備]:?
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の敵を殺す。

145 :暴走暴走大暴走:2007/01/23(火) 19:09:30 ID:B19PEFcs
「キョオオォォォォォォッ!!!」
「ウオォォォォォッ!!」
「クオォォォォォォンッ!!!」

東京都世田谷区。
今ここで、想像を絶するカオスな事態が巻き起こっていた。
Gウイルスによって、人間を捨てた中島。
オロチの血に狂う八神庵。
暴走して制御不能となったエヴァ初号機。
こんな奴らが一ヶ所に揃って、何も起こらないわけがない。
エヴァ初号機が地面に拳を突き落とす。
庵はそれを回避すると、初号機に炎を浴びせて反撃する。
流石は三種の神器の一人と言うべきか、炎はATフィールドを突き破り、初号機にダメージを与える。
その瞬間を狙って、中島が動いた。
庵の背後から、両手で爪を勢いよく突き出す。
命中すれば、まず即死になるだろう必殺の一撃。
しかし、庵は超人的な反射神経でそれを避けた。
そのまま庵は、中島の胸ぐらを鷲掴み。
零距離から炎を噴出して、その身を焼く。
だが・・・それでも、中島は倒れなかった。
中島は攻撃目標を変更し、初号機の足に爪を突き立てた。
三匹の咆吼が、辺りに響き渡る。
宴は、まだ始まったばかり。

【東京都世田谷区 4日目 13:00】

【中島@サザエさん】
[状態]:Gウイルスに感染して怪物化、もはや中島の意識はない。
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考]:
1:誰かを見つけ次第捕食
2:誰かを見つけ次第殺害

【八神庵@キングオブファイターズ】
[状態]:オロチの血に狂い暴走
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]:キョオオオォォォォッ!!

【碇シンジ@新世紀エヴァンゲリオン】
[状態]:意識不明。初号機の制御不可能
[装備]:エヴァ初号機(暴走中、制御不能)
[道具]:支給品一式
[思考]:意識不明


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 20:43:58 ID:c9m2A3IV
>>141
今更だけど、こういうまとめを見るたびに何度目であっても笑ってしまう
さすがカオス

東京がどんどんマーダーの巣窟に・・・・・・
主催妥当エンドに行くためには、今のところ坂本龍馬組がのび太と遭えるかどうかにかかってるわけだが
先生死亡フラグ立ってる気がする

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 21:17:03 ID:q0vzOKMU
そういえばノロウイルス撲滅隊も東京に向かってたな。ジープだから早いぞw

148 :暴走暴走また暴走:2007/01/23(火) 22:09:55 ID:6ahuRmZb
東京都世田谷区に更なる脅威が降り注ぐ。
夢の共演というには生ぬるい、まさしく夢の狂宴。
Gウイルスによって、人間を捨てた中島。
オロチの血に狂う八神庵。
暴走して制御不能となったエヴァ初号機。
彼らに続き現れた奴らがいた。
吸血鬼の血と竜の血が混じり暴走した福沢祐巳。
エルクゥの血にのまれた七瀬彰。
カカロット化した孫悟空。
操りの輪を装備したオルランドゥ。
あらくれ化したオルテガ。
姫の為にサギの杖をふるうクリフト。
他の分身より強いアリーナ2。
薬により正気を失ったカモミール芹沢。
麻薬で従わせた手下がたくさんいるスカーレット。
捕食して自身の体を再生・肥大化させたシャーリィ。
悪魔に魅入られた剣鉄也。
ズガンセリオ。
ぼくのアルル。
16人の咆哮が、辺りに響き渡る。
ぼく達の宴はこれからだ!

【東京都世田谷区 4日目 13:00】

【福沢祐巳@ラノベ・ロワイアル】
[状態]:吸血鬼の血と竜の血とカーラがいい具合にブレンドされて(ry
[装備]:サークレット
[道具]:禁止エリア解除装置
[思考]:
1:不明

【七瀬彰@葉鍵ロワイアル】
[状態]:鬼の血にのまれてる
[装備]:反射兵器
[道具]:セイカクハンテンダケ
[思考]:
1:不明

【孫悟空@ジャンプキャラ・バトルロワイアル】
[状態]:地球人抹殺
[装備]:デスノート
[道具]:仙豆
[思考]:
1:不明

【オルランドゥ@ファイナルファンタジー・バトルロワイアル】
[状態]:操られてる
[装備]:あやつりの輪、アストラルソード、トライアンフ
[道具]:不明
[思考]:
1:不明

【オルテガ@FFDQバトルロワイアル】
[状態]:あらくれ
[装備]:覆面、あぶない水着
[道具]:不明
[思考]:
1:不明


149 :暴走暴走また暴走:2007/01/23(火) 22:10:55 ID:6ahuRmZb
【クリフト@ドラゴンクエスト・バトルロワイアル】
[状態]:精神不安定
[装備]:祝福サギの杖[7]
[道具]:エルフの飲み薬
[思考]:
1:不明

【アリーナ2@FFDQバトルロワイアル3rd】
[状態]:健康
[装備]:皆伝の証、キラーピアス
[道具]:エリクサー×10
[思考]:
1:不明

【カモミール・芹沢@バトル・ロワイアル(葱BR)】
[状態]:薬物付け
[装備]:虎徹刀身
[道具]:レプリカ智機×50
[思考]:
1:不明

【スカーレット@FFDQバトルロワイアル 2ndEdition】
[状態]:健康
[装備]:麻薬
[道具]:不明
[思考]:
1:不明

【シャーリィ・フェンネス@テイルズ オブ バトルロワイアル】
[状態]:怪物化
[装備]:不明
[道具]:不明
[思考]:
1:不明

【剣鉄也@スパロボキャラバトルロワイアル】
[状態]:健康
[装備]:デビルガンダム最終形態
[道具]:ガイキング後期型、ディスアストラナガン、グランゾン
[思考]:
1:不明

【セリオ@葉鍵ロワイアル II】
[状態]:普通
[装備]:コルト.25オート、ゾリオン
[道具]:気配を消す装置
[思考]:
1:不明

【アルル・ナジャ@AC Character Battle Royal】
[状態]:軽度の流血恐怖症、重度の人間不信
[装備]:ハーピーの歌声入りラジカセ
[道具]:ゼロキャノンコントローラ
[思考]:
1:不明

※中島と庵とシンジの状態に変わりはありません

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 22:34:24 ID:8emVkwxF
何だこれはwww

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 22:39:40 ID:6ahuRmZb
あ、ロリショタロワとアニロワを入れるの忘れてたw
まぁいいかw

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:07:40 ID:c9m2A3IV
ちょwwwwww
まさにオールスターwww


ところで、今までここに投下された作品で本気で泣いた人っている?
シリアスなのはとことんシリアスに書かれているけど

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:10:24 ID:JVW5kjWX
もう駄目だな…
この前からどうしても、「シリアス」って文字が「シマリス」に見えてしまう

正直言うと、ムック死亡は泣いた

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:11:55 ID:2MHjMjWf
ムック死亡は、中島の所為で台無しになったwww

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:28:11 ID:D0W3vREe
terachaos

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:30:47 ID:+ijNz7Zr
マスオさんだな
磯野家でまともな死に方したのこの人だけだ
フネさんもカワイソスだったが

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:36:00 ID:9+IGXZ3O
マスオさんの話(みんなが笑ってる〜)かな。
あとぼのぼのとアライグマの話(トモダチ)も、笑いながら泣けた

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 00:07:47 ID:wN7JlrN2
ここの感動話は一人の書き手が担ってるのかよww

と思ったが、考えてみたらその人以外が感動話を書かないだけなんだよな

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 08:32:57 ID:fDm6jJ2E
書かないんじゃない。
書けないんだ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 09:09:05 ID:et6/YtOE
ほとんどが自ロワで溜まったストレスの発散にネタ満載SSを書いているように見えるな。
シリアスを書く労力は出来るだけ自ロワに使いたいんだろw

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 14:43:02 ID:WxVRPRzR
Exactly(その通りでございます)

162 :反逆の車椅子:2007/01/25(木) 00:06:27 ID:+uFnybVC
ドネッドはスティーブンと名乗る男からハンドベルトコンピューターと、悪魔召喚プログラムを貰った。
ハンドベルトコンピューターはそんなに重量は無く、パソコンの知識に疎いドネッドでもスティーブンの説明で使いこなす事が出来た。
スティーブンと別れてから、何時間が経っている。
だがドネッドの回りには不気味と人が寄ってこなかった。
厳密には人の気配すらしなかったと言った方がいいだろうか。
そう油断していたドネッドの目の前に、一人の主婦が現れた。
(しまっ…)
主婦の片手には刀、ドネッドの手には空気。
しかも既に主婦は振りかぶっている。

これまでか。そう思った時だった。
その時、主婦の頭が吹き飛んだ。
行き場所を無くした血がその断面から噴き出し、身体は痙攣を始め、首は転がる。
「!!?」
その銃弾が飛んできた方向にはもう一人の車椅子が存在した。

「戻って参りました。全てを変える為に」
「ナ、ナナリー…ッ!?」
ナナリー。かつてドネッドが見捨てた仲間の名前である。

【四日目 千葉県 3時】
【ドネッド・ラディウユ@FETA】
[状態]:緊迫 車椅子
[装備]:竜槍スマウグ ハンドベルトコンピューター
[道具]:支給品
[思考]1:ナナリー!?

【ナナリー・ヴィ・ブリタニア@コードギアス】
[状態]:良好 車椅子
[装備]:マーベリック@魔神転生2
[道具]:支給品
[思考]1:不明


【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 00:09:20 ID:+uFnybVC
何だよFETAってFFTAだろ自分orz

164 :闇に舞い降りた天才:2007/01/25(木) 11:45:09 ID:da5RSb7M
(バトルロワイアル。
文字通りに、命を賭けた勝負か・・・)

その青年は、拳銃を片手に目立つ大通りを歩いていた。
年不相応な白髪を除けば、至って普通の青年。
この状況下において、彼の行動は「殺してください」と言わんばかりの蛮行である。
しかし、何故か誰も彼を襲わない。
いや、襲えないと言うった方が正しいだろう。
周囲の者は、誰一人として例外無く。
その男・・・アカギの放つ、不思議な威圧感に圧倒されていたのだから。

(俺みたいな奴は、全然構わない。
死んでいいと思っている奴からすれば、少し日常が変化した程度だ。)

自分のような、死ぬ事に対して何の抵抗のない者にとっては、至って構わない。
こんな異常事態も、大した問題ではない。
だが・・・そうでない者はどうなる?
死に怯え、抵抗する力もない者からすれば、まさしく地獄。
このふざけたゲームは、悪魔で勝負に生きる人間のみがやるべきである。
無関係な者を、危険に晒してはならない。
それは、最低限のルール。

(ククッ・・・安全地帯に、何時までもいられるとは思うな。
引きずり下ろしてやるよ、主催者ども。
お前達が楽しんでいる、このゲームの場にな。)


【東京都銀座 4日目 13:30】
【赤木しげる@アカギ】
[状態]:神がかりな幸運状態。(アカギに)下手に手を出すのは危険
[装備]:ハーディアス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む
2:相手を殺す覚悟、つまり自分の命を差し出す覚悟のある者には、容赦するつもりはない


165 :バラモン:2007/01/25(木) 18:52:33 ID:g8XJD33C
誰もいない商店街の中、剣を構え対峙する二人…足元には何故か多数の薔薇が敷き詰められていた
一人は美しい長髪でまるで中世の騎士の正装のような格好の少女
もう一人は茶色のくせっ毛で無骨な緑色の鎧を纏っていた

「えーと、ブラを外せば勝ちなんだっけ?」
「ちっ違う!薔薇だっ…なんて下品な人なんだ」
「そうだっけ? で、この決闘に勝てばやらしてくれるんだよな?」
「わ、分かったよ でもその代わりボクが勝ったら探し人を手伝ってもらうからな」
「まかせとけ!万に一つもオレ様が負けるとは思えないが美少女の知識は誰にも負けん!」

徐々に間合いを詰め、お互いの薔薇を落とそうと狙いを定める
集中を解き放ち、雄たけびと共に突撃する二人…

「ランスアタタタタッァァークッーーーーーーー!!!」
「世界を革命する力をっっーーーーーーー!!!」

一瞬の静寂の後、少女の胸の薔薇が散る…
「ガハハハハハハハ オレ様の勝ちだな、まずはハイパー兵器を取り出して…」
下品な薄ら笑いを浮かべながら、倒れている相手に覆いかぶさろうとする
「ま、待てっ やめろぉぉぉーーーーー!!」

166 :バラモン:2007/01/25(木) 18:53:23 ID:g8XJD33C
「ぎゃあああああああああああああああああああ!!」
「女の子を無理矢理自分のものにしよーなんて、男の風上にも置けねーぜ!」
恐る恐る目を開けると、自分を襲おうとした男の胸が刃で貫かれていた

「よっ、立てるかお嬢ちゃん、おれの名前はユダヤっていうんだ、よろしくな」
手を差し伸べてくる男は燃えるような赤い髪をしていた

「助けてくれてありがとう、ボクの名前は天上ウテナだ」
「ボク? ヒューーゥッ、男勝りな女ってのは嫌いじゃないぜ、ところでオマエ目的あんのか?仲間探しとか…」
「うん、とある女の子を…あと『薔薇の門』…あれがあればこんな馬鹿げたこと終わりに出来るかもしれない」
「門!? もしかしてそいつは巨大な力が手に入るとかいうんじゃないのか?」
「あ、うん…奇跡の力とか永遠の物とかが…」
「それだっ!!! おれもその門を探すのを手伝わせてもらうぜ!」
「あっ、うんありがとう…あっでもそのためには姫宮を探さないと」
「よおぉぉっしゃああああ! これでマダラに会えるかもしんねーーーー!!!早速探しにいこーぜーっ!」
少し強引にウテナの腕を掴み歩き出すユダヤ…

「そういやあの場所にもう一つ死体あったが、さっきの変態に殺されたのか?」
「ボクがここに来た時にはもう死んでたみたい。『女だと思ったら男だったから殺した』ってさっきの変態が言ってたよ」
「世の中にはホンットひでー奴がいるよなー」



【四日目 湘南 14時】
【天上ウテナ@少女革命ウテナ】
[状態]:軽傷
[装備]:ディオスの剣@少女革命ウテナ
[道具]:支給品
[思考]1:姫宮アンシーを探す
    2:薔薇の門を探して開ける

【ユダヤ@マダラシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:ヒノカグツチ@女神転生
[道具]:支給品
[思考]1:アガルタの門=薔薇の門だと信じる
    2:門を開け中に入りマダラと邂逅する

【ランス@ランスシリーズ 死亡確認】
【ピスケスのアフロディーテ@聖闘士聖矢 死亡確認】


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 19:37:05 ID:+uFnybVC
ヒノカグツチ二本目ww

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 19:49:11 ID:g8XJD33C
二本目でしたか…orz
このように修正お願いします

【ユダヤ@マダラシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:妖刀ニヒル@女神転生
[道具]:支給品
[思考]1:アガルタの門=薔薇の門だと信じる
    2:門を開け中に入りマダラと邂逅する

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:03:19 ID:+uFnybVC
いや、別にダブリでもいい筈だったけど。
ごめん、悪かった。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 20:24:40 ID:wtpuOYqw
アフロディーテ弱ぇwww

171 :二人の鬼才:2007/01/25(木) 22:39:58 ID:da5RSb7M
(さて・・・まずは、こいつをどうするかだな。)

首輪を触りながら、アカギは今後について考える。
主催者に戦いを挑むには、まずこの首輪を外す必要がある。
これがある限り、相手は何時でも自分を殺せる。
決して、対等の立場ではない。
戦うならば、首輪を外してから。
対等の立場に立ってからである。
しかし、自分には首輪を外せるだけの知識がない。
となれば、やはり協力者の存在が必要不可欠であるが・・・

(首輪を着けてない奴を、探すとするか。
方法はどうあれ、外せた事に違いはないんだからな。)

しかし、そんな都合良く出てきてくれる訳がないだろう。
とりあえずアカギは、人の集まりそうな場所へ行くことにした。
何かしらの手がかりを得られるに違いないと、確信して。

「ん・・・?」

その時だった。
目の前から、何かが迫ってくる・・・人だ。
見たところ、武器は持ってないようだが・・・

「・・・ゲームに乗っているのか?」
「あんたが手を出さないなら、こっちは何もするつもりはねぇ。」

相手に戦う意志が無いのを確認すると、アカギは銃を下ろした。
どうやら、自分と同じ目的の持ち主らしい。

172 :二人の鬼才:2007/01/25(木) 22:42:03 ID:da5RSb7M
「お前、こいつを何とか出来るか?」
「いや、無理だね。」

盗聴されている可能性を考慮し、アカギは首輪を指指しながら質問した。
どうやら、首輪の解除は不可能のようである。
しかし、それとは別に、仲間が出来た事は幸運であった。
これで、一人の時よりも大分状況が変わる。

「そうか・・・悪かったな。」
「こっちこそ、期待に答えられなくて悪かった。
じゃあ、今度は俺から質問させてくれ。
俺は、ある人物を探している・・・
そいつは、このゲームを終わらせられるだけの力を持っているんだ。」

ゲームを終わらせられる。
この言葉に、アカギは大きく興味を示した。

「ほぉ・・・誰だ?」
「範馬勇次郎。
俺の親父だ。」
その青年・・・刃牙は、そうアカギに答えた。

【東京都銀座 4日目  14:00】
【赤木しげる@アカギ】
[状態]:神がかりな幸運状態。(アカギに)下手に手だしするのは危険
[装備]:ハーディアス@BLACK CAT
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:刃牙の親父に会う
2:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む

【範馬刃牙@グラップラー刃牙】
[状態]:至って健康
[装備]:無し
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:親父に会う
2:主催者に戦いを挑み、ゲームを終わらせる

173 : ◆hmBONYTqcg :2007/01/25(木) 22:56:22 ID:t5n20Kll
なんかちょっと前に、死亡キャラのことで揉めてたので、とりあえずスネ夫復活させます

174 : ◆hmBONYTqcg :2007/01/25(木) 22:57:01 ID:t5n20Kll
「ふふふ、あの怪獣もまさか僕が生きてるなんて思ってないだろうな」
北海道、稚内のとある港。
そこには、二日目にゴジラに踏み潰されて死んだはずのスネ夫の姿があった。
「あの怪獣が踏み潰したのは、僕そっくりのラジコンさ。
 パパの知り合いのおもちゃ会社の社長に頼んで作ってもらったんだ」
誰もいないのに、一人で自慢をするスネ夫
「あとは、最後の一人になるまでのんびりと遊ぶだけさ」
この数日間、スネ夫は野球を観戦したり、ラーメンを食べたり、ボーリングをしたり、とにかく遊びまくっていた。
「でもそろそろ遊び飽きてきたな。何か面白いこと無いかな」
「だったら漢字テストだゴルァ!」
突然、スネ夫の前にヤンキー風の男が現れた
「え!?お、おじさん誰!?」
「骨川ぁ!五年だったらこんくらい読めんだろ!」

『場取露和伊有』

「読めません!」
「バトルロワイアルだぁ〜っ!」

ズガンッ!

男はスネ夫の荷物を回収すると、その場を去っていた
あとにはスネ夫の死体だけが残っていた


【北海道 稚内 4日目 15:00】
【ツッパリ先生@ファンタCM】
[状態]:健康
[装備]:なんか授業のときに使う長い棒
[道具]:二人分の支給品
[思考]:
1:漢字テストをする


【骨川スネ夫@ドラえもん 死亡確認】

175 : ◆hmBONYTqcg :2007/01/25(木) 22:57:56 ID:t5n20Kll
投下完了しました
せっかく復活させたのに、気付いたらまた死んでました
すいません

176 :俺も大量虐殺書きたくなった ◆6/WWxs9O1s :2007/01/25(木) 23:31:08 ID:NGqLpmI4
「まさか、秀吉様がこのような忌まわしき催しの主催などをなされるとは・・・・・・」
黒田官兵衛は、熊本の城下町を散歩しながら現状を分析していた。
とにかく確かなのは、自分はいつの間にか全く知らない時代に飛ばされ、しかも信長様や秀吉様までいるらしい。
そもそも自分はとっくに死んだはずではなかったのか。流石の名軍師も、こんな状態で戦況をすぐに見渡すことはできなかった。
「しかし、何ゆえに民までが殺しあわねばならぬのか。浅ましきことよ」
戦国時代の軍師として数々の敵将を葬ってきたとは言え、降伏してきた敵や敵の遺族、自分の領民には寛容な態度で接し
「戦国随一のヒューマニスト」
とさえ言われる彼にとって、農民も女も子供も殺しあえなどとは例え秀吉の命令であっても受け入れることは出来なかった。

やはり、今こそその時なのだろうか。

生前にはどうしても実行に移せなかった、馬鹿げた計略。
秀吉様が天下を安泰に治められている限りは、自分などの出番はあるまい。しかし、此度はどうか。
このままではこの国が廃るのも火を見るより明らか。ならば、主君を裏切るという大罪を犯してでも、世のために立つべき時ではないのだろうか。
「しかし、一体どうすればよいのか。今の私にはあの頃ほどの力は無い」
第一に、この時代の勝手がわからない。第二に、今の自分には一人の兵さえいない。
「しかし・・・・・・そうだな、この私が復活したということは、竹中殿もこの時代にいるかもしれぬということか」
彼の助力を得られれば、この程度の困難などは解決するはずだ。
いや、もしかしたら山本勘助殿や真田幸村殿もおられるかもしれない。今は戦国の世ではないようだ、彼らにだって協力を頼むことは可能だろう。
「彼らに会えれば幸甚といったところか。たとえ兵などなくとも、戦う道が見つかるはずだ」
もはや官兵衛には迷いは無かった。自分は始めて秀吉様に弓を引く。そして自分がこの国を治める。
それしかあるまい。

177 :俺も大量虐殺書きたくなった ◆6/WWxs9O1s :2007/01/25(木) 23:32:26 ID:NGqLpmI4
「にしても、このこんびになるもの、さては非常時の兵糧を貯めておるのか。どれもこれもなかなか上手し」
まずは腹ごしらえということで、官兵衛は町のコンビニを漁っていた。今までの三日間で、缶詰やレトルト食品の食べ方は見抜いていた。
ひとしきり空腹を満たし、それでは一部の食料と水を持ち出そうとしたその時。
「やはり、お主も居られたか」
コンビニの入口にいたのは、見覚えのある顔だった。
「・・・・・・三成殿」
関が原の合戦の西軍の大将。そして、官兵衛の息子の策によって破れ、官兵衛自身とも因縁浅からぬ武将。
石田三成は、自分のライバルの一人だった軍師の顔をじっと睨みつけていた。流石は歴戦の武将、その眼光は只者ではない。
「黒田殿。そなたも今、某と同じことを考えているのではあるまいな? 」
「ほう。そういえばあなたもそうでしたか。お互い生前に一度夢に敗れたもの同士、この期に乗じて再起を、ということですかな」
「左様。こんな機会を逃す手はなし。しかし某はいかなる理由があろうとも秀吉様に弓は引けぬ。某の敵はただ一人、徳川家康その男。
おそらくあ奴も秀吉様のお側にいるはず、あやつを成敗し、その後に秀吉様を説得する」
「変わりませんな、あなたも」
だからこそ、この男はあの合戦に敗れた。
しかしまた、だからこそ後世まで称えられる石田三成、か。
「黒田殿。そなたは秀吉様を亡き者にしようとしておられるか? 」
官兵衛はしばしの沈黙の後答えた。
「致し方なしかと」
次の瞬間、三成は刀を抜いていた。
「黒田殿、さらば」
構えを取ることも無く、一気に間合いをつめてくる三成。官兵衛は陳列棚を足で蹴って倒してバリケードとした。
三成はそれを軽々と飛び越え、官兵衛の前に着地する。官兵衛はすぐさま後ずさった。三成の刀の切っ先が虚空を切る。
官兵衛は雑誌の棚を腕でつかんで倒した。美少女の水着写真が表紙になっている雑誌がばさばさと音を立てて散らばる。
官兵衛はそのうちの一冊を三成に向かって投げつけた。

178 :俺も大量虐殺書きたくなった ◆6/WWxs9O1s :2007/01/25(木) 23:33:19 ID:NGqLpmI4
「なんと小癪な。そなたらしくもな・・・・・・」
その雑誌を即座に払い捨てようとした三成は、その表紙に映ったビキニ姿の少女を見て目を見開いた。
「お前・・・・・・」
その隙を、官兵衛が見逃すはずは無かった。彼は即座に懐から短刀を取り出す。
それは、彼に「支給品」として配られた、見慣れない南蛮のものらしい刀だった。
説明書に書いてあったとおりに、その刀の名を叫びながら大きく振りかぶる。

「ルール――――」

三成が、ようやく対抗して構えを取ったときにはもう官兵衛の刀は振り下ろされていた。

「――――ブレイカー!! 」

官兵衛の手にした刀から、ビーム兵器を思わせるような光線が発射された。
そして、死の間際に妻を思った稀代の武将は、この世に跡形も残さず消滅した。
ルールブレイカー、全ての秩序を破綻させ、あらゆる魔術を無効化する宝具。
それこそ、すでに死したはずにも関わらず常ならぬ力によってこの殺し合いに参加されられた者共に対して最大の破壊を負わせる武器だったのである。
そして、その犠牲となったものは三成一人だけではなかった。

「なんと・・・・・・これはどうしたことか・・・・・・」
京都にいた孔明は愕然とした。目の前で起きたことが信じられなかった。
蜀軍三十万のうち十五万が、一瞬にして消えた。

「ぬ・・・・・・」
「龍馬さん、どうかしたんですか? 」
相沢祐一が、突然胸を押さえてうずくまった坂本龍馬に駆け寄る。
「な、なんでもないちや。そんなてがうなや」
そう言いつつも、龍馬は内心では漠然とした恐怖感に似た感覚を覚えていた。
(なんや、これ。ワシの体の一部が抉られてしもうたみたいな感じや)

179 :俺も大量虐殺書きたくなった ◆6/WWxs9O1s :2007/01/25(木) 23:34:24 ID:NGqLpmI4
ルールブレイカーから出た光線は、熊本から京都にまで達し、その間にいた「秩序を壊して存在していたもの」全てを消した。
つまり、この時代にいるはずがないのに、主催者によってつれて来られた全てのもの。
しかし、それ以外の者・・・・・・もとからこの時代に生きていた人間には、何の影響も与えなかった。
「予想以上だ。これは後々も使えるかもしれん。しかし、一度の使用でここまで体力を削られるとは・・・・・・」
官兵衛は、立ちくらみを覚えて思わず床にしゃがみこんだ。
丁度目の前に、三成に投げつけたのと同じ雑誌があった。
この雑誌の表紙にいる、肌も露な格好をした少女が三成の妻と瓜二つであったからこそ、彼に勝機が生まれた。
「恩に着る。名も知らぬ娘子よ」
官兵衛は、ビキニ姿の美少女に深々と頭を下げた。
そして、後でゆっくり使おうと思ってそれをバッグにしまった。

【四日目 熊本県コンビニエンスストア 3時】

【黒田官兵衛@歴史】
[状態]:極度の疲労
[装備]:ルールブレイカー@Fate/stay night 青年向け漫画雑誌
[道具]:支給品一式
[思考]
1:仲間(できれば竹中半兵衛、山本勘助、真田幸村)を探す
2:秀吉を倒し、自分が国を治める

【四日目 京都府郊外の森 3時】

【諸葛孔明@三国志(横山光輝版)】
[状態]:健康
[装備]:蜀軍十五万
[道具]:不明
[思考]
1:さて、どうしたものかのう…
2:元の時代に戻りたい(どうしても無理なら主催を止める。基本この時代のことはこの時代の人間に任せたい)

【四日目 高知県はりまや橋付近 3時】

【坂本龍馬@歴史】
[状態]:ルールブレイカーの影響により一時的な体力消耗(命に別状は無い)
[装備]:クロウカードセット@カードキャプターさくら
[道具]:支給品一式
[思考]
1:空腹を満たす
2:京か江戸に行き、仲間や情報を集める
基本方針:主催者を倒す



180 :俺も大量虐殺書きたくなった ◆6/WWxs9O1s :2007/01/25(木) 23:36:19 ID:NGqLpmI4
【石田三成@歴史 死亡確認】
【源義経@歴史 死亡確認】
【北条時宗@歴史 死亡確認】
【平将門@歴史 死亡確認】
【紫式部@歴史 死亡確認】
【卑弥呼@歴史 死亡確認】
【エドワード懺悔王@歴史 死亡確認】
【シャルル無能王@歴史 死亡確認】
【ピタゴラス@歴史 死亡確認】
【グラックス兄弟@歴史 死亡確認】
【項羽@歴史 死亡確認】
【孫策@三国志 死亡確認】
【張角@三国志 死亡確認】
【ドードー@絶滅動物 死亡確認】
【ニホンオオカミ@絶滅動物 死亡確認】
【ケナガマンモス@氷河期 死亡確認】
【ティラノサウルス@白亜紀 死亡確認】
【プテラノドン@白亜紀 死亡確認】
【ステゴサウルス@ジュラ紀 死亡確認】
【ディメトロドン@あの背中に帆のあるやつね 死亡確認】
【アノマロカリス@カンブリア紀 死亡確認】
【オパビン@カンブリアQTS 死亡確認】
【シーラカンス@生きた化石 死亡確認】
【サン・ジェルマン伯爵@不死身 死亡確認】

*ルールブレイカーが現作の設定より遥かに大きな威力を持っているのは、官兵衛の持つ強大な魔力のためです
 また、官兵衛自身はルールブレイカーの影響を受けていないようです。
*官兵衛は主催者交代のことを知りません。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:37:44 ID:NGqLpmI4
すいません、あんまり面白くできませんでした・・・・・・

そして>>174
スネ夫wwwwww

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:41:30 ID:5mBtXR7N
>そして、後でゆっくり使おうと思ってそれをバッグにしまった。
台無しだwwwwwwww

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 00:40:35 ID:t8ZmTZiZ
>ディメトロドン@あの背中に帆のあるやつね

思わずお茶噴いた…と思ったら、

>オパビン@カンブリアQT

ちょっと待てwww

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 07:21:46 ID:eYfqg21g
>二人の鬼才
真面目な話しなのに何故か笑いたくなるのがアカギクオリティ

>173-175
ちょwおまwwww体罰じゃねーかwww
もちろん、その死体もラ(ry

>俺も大量殺戮〜
確実に誰も書かなそうな奴らばっか死んでるwwwww

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 07:49:09 ID:oLWcVAeH
>ディメトロドン@あの背中に帆のあるやつね

糞ワラタww

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 08:42:51 ID:vGiIQsmt
>>183
ネタ知ってる人がいてよかったw

187 :伝説の四天王:2007/01/26(金) 11:49:30 ID:EjLYr+9I
今回も、殺されるであろう野比玉子の前に一人の男が現れた。
その男は、どこかで見覚えのある風貌をしているが、明らかに別人。
確か…ワンピ―

すると、いきなり男の腕が一部だけ巨大化した。

「巨人の腕―ギガントピストル―」

野比玉子は、あっという間に昇天した。

その男は、帰り際に言い放つ。

「俺の名は、真島ヒロ。この世の全てをパクリ尽くす男だ」

188 :伝説の四天王:2007/01/26(金) 11:50:39 ID:EjLYr+9I
真島は、一人考えことに耽る。
「これは、チャンスだ。
 ここには、多種多様の世界からいろんな能力者が集まっている。
 スキル(パクリ)を極めるにはもってこいの場所だ」

ふいに、真島は今は無きパクリ四天王のことを思い出す。
「烈火の炎の安西信行はパクリをやめ、ただのつまらない漫画家になっちまった。
 黒猫の矢吹先生もヒヨってしまい、悪魔狩りの戸四野に関しては現在、行方不明…
 今でも現役なのは、俺だけか。

(俺たちが再び全盛期の頃に戻れれば、あんな主催者ごとき相手ではないはずだ)」

真島、決意する。
「四天王を復活させてやる」

189 :伝説の四天王:2007/01/26(金) 11:54:39 ID:EjLYr+9I
【四日目 京都某所 3時】

【真島ヒロ@FEALY TALE】
[状態]:健康
[装備]:ワンピースのネタ全般
[道具]:不明
[思考]
1:パクリ四天王の復活
2:この世の全てをパクリ尽くす。

【野比玉子@死亡確認】

190 :憎しみと言う名の魔王:2007/01/26(金) 19:37:38 ID:SFczR0sw
その少年は、深い絶望と悲しみ、そして憎しみに捕われていた。
このバトルロワイアルというふざけたゲームの性で、全てを失わされた。
我が家は失い、大切な家族は死んだ。
いや、それだけなら、まだよかったかもしれない。
彼は、余りにも大きなモノを失ってしまったのだから。
かけがえのない、無二の親友の裏切り。
命を賭けて守り通そうとした愛する者からの、決別。
それまでは、「天才」だと散々自分の事を称した癖に、ゲームが始まるやいなや、掌を返すかのように「魔王」と呼ぶようになった、周囲の者達。
もう・・・あの頃には戻れない。

「私には・・・もう何も残されてはいない。
帰る所も・・・愛する人も・・・信じるものさえも・・・っ!!
魔王など・・・どこにもいはしなかった。
ならば・・・この私が魔王となり・・・自分勝手な人間達にその愚かさを教えてやる。
私は今より・・・風間トオルなどではない・・・
わが名は・・・魔王・・・オディオ・・・!!」

今ここに・・・一人の魔王が生まれた。

【埼玉県春日部市 4日目 15:00】

【風間トオル@クレヨンしんちゃん】
[状態]:全てに絶望し、魔王オディオと化した。
紅桜と闇のオーブに侵食されながらも、自我を保っている。
超速再生能力有り。
首輪が外れている。
[装備]:紅桜@銀魂
[道具]:闇のオーブ(本物)@ロトの紋章
[思考]:この世に存在する全ての生命の抹殺。
誰が相手であろうと、一切の容赦はしない。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 20:02:58 ID:yle4Twqb
>>190
それなんて群像RPG?w

192 :ギンザ攻防戦前・黎明編:2007/01/26(金) 21:24:20 ID:VUrZ5Vjo
東京の首都圏。その国道を一台のオープンカーが走る。

運転席には一人の男。
「すまないな、乗せてもらって…」
助手席に座っている一匹の鼠と、その隣で鼠に寄り添いながら寝顔を見せているもう一匹の鼠。
「いいんだよ、気にしない!」
愛想の良い笑いを見せると運転席の男は運転を再開する。
今、車は銀座に向かっている。
スピンが残した、『銀座方面への音』と言う言葉を頼りに、この男に乗せてもらっていた。
もしかしたらドクやストロンもそこに集まっている可能性もある。
ドロッチェはその僅かな希望に賭けていた。ほんのちっぽけな希望。虚構かも知れない。
だが今のドロッチェ達には、はっきりとした一筋の光に見えた。
「そのドクとか言う人、大切なのかい?」
運転席の男がドロッチェに聞く。
「ああ、とても…大事な仲間だ。自分の命に変えてもいい。」

その時、ドロッチェは男が不敵に笑った気がした。

【四日目 東京都大手町 午前5時】
【ドロッチェ団】
【ドロッチェ@星のカービィ】
[状態]:二日酔い
[装備]:ヒノカグツチ
[道具]:支給品
[思考]1:銀座へ向かう
2:ストロン達を探す

【スピン@星のカービィ】
[状態]:熟睡
[装備]:ガバメントコルト(弾切れ)
[道具]:支給品
[思考]1:熟睡

【骨川スネ吉@ドラえもん】
[状態]:野望
[装備]:武器不明 オープンカー
[道具]:支給品
[思考]1:生き残る
2:そんでもってドロッチェ達を海外へ売り飛ばす

193 :しわあわせ:2007/01/26(金) 22:37:59 ID:pMwcOdKQ
聖なる少女が死者たちの冥福を祈った。

「おてての しわとしわを あわせてしあわせ
 なーむー」

【四日目 仏教国日本 午前5時】
【しあわせ少女たばさちゃん@お仏壇のはせがわ】
[状態]:健康
[装備]:数珠
[道具]:
[思考]1:(-人-)

194 :MAP NO.61:2007/01/27(土) 21:30:56 ID:g3m+d3KB
それは唐突だった。そのファックスに写っていた文字は、
『市長はクビです!』

まさに人が暮らしを営む場所を統一する市長にとって最悪の宣告。
何故?どうして?
市長の中には困惑と動揺が走る。

市長はそのまま、心臓発作を起こして息絶えてしまった。

【四日目 東京都 2時】
【ライト@SIM SITY】
[状態]:良好
[装備]:無し
[道具]:支給品
[思考]1:新しい市長を捜す

【市長@SIM SITY 死亡確認】


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 21:50:28 ID:wx0dahTb
早乙女博士
出来杉
野比のび太
予約します

野比のび太って今どこにいましたっけ?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:03:42 ID:g3m+d3KB
>>195
別に予約しなくてもいいんだがな。
野比はカミナリさん家。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:07:12 ID:g3m+d3KB
>>195
…あ、後出来杉死んでる。
大量殺戮ネタで。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:11:19 ID:wx0dahTb
>>196
わかりました・・・
>>197
・・・では他に秀才キャラ予約していいですか?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:24:13 ID:pTx5OMxC
かみなりさんは無視できないよ
どうしてもいれたくなければ一行ぐらい何してるか説明してね

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 22:29:09 ID:g3m+d3KB
>>198
>>1-2とかテンプレよく見たか?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 23:46:21 ID:hn9fVsbZ
まとめサイト見れば、現在位置の把握は簡単に出来るよ
あとかみなりさんは、別にその話だけ別行動とかでもいいけど説明は入れてね。

202 :お仕事♪:2007/01/28(日) 00:51:55 ID:iieVnE/J
東京都世田谷…異形の者十六体によりものの五分で地獄絵図と化した
自らの巨躯を欲求のまま振るう者は当然として、そこに加えられる銃弾、放射能、気功波、魔法、炎…

もしかしたら多少腕に覚えのある者が近くにいたかもしれない…
一寸前まで己の最強を疑わない者が近くにいたかもしれない…
しかし、その場に乱入するものは誰も居なかった、そう…たった今この瞬間までは

乱入者は戦場の真上から見下ろす場所にいた、空である。
その場に居た者達と比べれば、余りに矮小な存在であったため誰も気づくことができないでいた
しかし、彼らは程なくして嫌が応にも上空を見上げざる得なかった
なぜなら、雨の様に小型ミサイルが降り注ぎ始めたからだ

幾重もの轟音を奏でつつミサイルの雨は降り注ぐ
現代兵器の能力では考えられない速射、数量…
光の筋を辿ると、全て地上から見れば豆粒大の者から発せられていた
その者は体内から数多の弾頭を生みながら、半ば独り言のように標的へ話しかけていた

「みんな必死に生きようとしてんだわ。生きるために人を殺してもしょーがないべさ」
「…でもあんたらはどうせ生き残ってもいつまでもみんなに迷惑かけるしょや?」
「だからここで死んでこれ以上暴れるんでない」

ミサイルの雨は続く…




203 :お仕事♪:2007/01/28(日) 00:52:31 ID:iieVnE/J
【東京都世田谷区 4日目 14:30】

【ちせ@最終兵器彼女】
[状態]:健康、兵器化
[装備]:トンでも兵器∞
[道具]:軍から支給されてる錠剤@最終兵器彼女
[思考]:
1:シュウちゃんを守る
2: 主催者を止める
3:こっこ作りたい…///

【中島@サザエさん】
[状態]:Gウイルスに感染して怪物化、もはや中島の意識はない。
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考]:
1:誰かを見つけ次第捕食
2:誰かを見つけ次第殺害

【碇シンジ@新世紀エヴァンゲリオン】
[状態]:意識不明。初号機の制御不可能
[装備]:エヴァ初号機(暴走中、制御不能)
[道具]:支給品一式
[思考]:意識不明

【孫悟空@ジャンプキャラ・バトルロワイアル】
[状態]:地球人抹殺
[装備]:デスノート
[道具]:仙豆
[思考]:
1:不明

【剣鉄也@スパロボキャラバトルロワイアル】
[状態]:健康
[装備]:デビルガンダム最終形態
[道具]:ガイキング後期型、ディスアストラナガン、グランゾン
[思考]:
1:不明


【福沢祐巳@ラノベ・ロワイアル 死亡確認】
【七瀬彰@葉鍵ロワイアル 死亡確認】
【オルランドゥ@ファイナルファンタジー・バトルロワイアル 死亡確認】
【オルテガ@FFDQバトルロワイアル 死亡確認】
【クリフト@ドラゴンクエスト・バトルロワイアル 死亡確認】
【アリーナ2@FFDQバトルロワイアル3rd 死亡確認】
【カモミール・芹沢@バトル・ロワイアル(葱BR) 死亡確認】
【スカーレット@FFDQバトルロワイアル 2ndEdition 死亡確認】
【シャーリィ・フェンネス@テイルズ オブ バトルロワイアル 死亡確認】
【セリオ@葉鍵ロワイアル II 死亡確認】
【アルル・ナジャ@AC Character Battle Royal 死亡確認】
【八神庵@キングオブファイターズ 死亡確認】


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 00:57:37 ID:N6Yjdzil
ちょww掃除ww

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 02:18:21 ID:iVfYVrlb
>「あの怪獣が踏み潰したのは、僕そっくりのラジコンさ。
遅レスだが言わせてくれ

最近で一番笑った


>>189
お前そのノリえなりスレwwwwwwwwwwwwww

206 :YOKOHAMA TASOGARE:2007/01/28(日) 04:51:26 ID:vKNXACjI
十年前、横浜にとびきり速い奴がいた

そいつは第三京浜の多摩川コーナーを、5速全開で抜けてったんだ

一緒に走ってた奴ら、口を揃えてこう言ったね

「あいつは、クレイジードライバー……
 命知らずの大馬鹿野郎だ」ってね……


おとぎばなしは終わりさ……
俺達の物語は、はじまったばかりなんだ……


【四日目 YOKOHAMA 午前4時】
【赤碕翔@レーシングラグーン】
[状態]:自己陶酔
[装備]:鉄パイプ
[道具]:市営バス(族車仕様)@レーシングラグーン
[思考]1:醒めちまったこの街に……熱いのは俺達のDRIVING……

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 17:46:04 ID:N6Yjdzil
なんか一気に過疎ってるけど、銀座と世田谷の件があるからかww?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 18:02:50 ID:jadqb6JJ
それを言うなら熊本も…

209 :真・一行ズガン:2007/01/28(日) 18:59:51 ID:N6Yjdzil
ズガン! その時、いにしえの魔王が動かしていた影の薄い少女の回りに星の力と紅い何かが爆散した。



【四日目 夢の島 7時】
【早川@サザエさん】
[状態]:狂喜 乗っ取られ
[装備]:スターライト・エクスプロージョン@FE紋章 魔石@FE聖魔
[道具]:支給品
[思考]1:とにかく殺す。

【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【西原@サザエさん 死亡確認】
【おカル@サザエさん 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【イズルート・ティンジェル@FFT 死亡確認】
【西原@サザエさん 死亡確認】
【アネ゛デパミ゛@ポケモン 死亡確認】

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:04:51 ID:/ah0QB1Y
過疎の原因の数々

・DCS広め隊
・ノロウイルス撲滅隊
・かみなりさん
・主催関連のあれこれ
・カービィ系自己リレーのあの人
・マーダー一箇所に集めすぎ(東京)
・強キャラ一箇所に集めすぎ(世田谷とか隠しボス)
・誰もリレーしない
・大量虐殺飽きた人達
・玉子死亡飽きた人達
・殺戮音波部隊

こんな感じか?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:19:54 ID:1GnEbvp1
過疎過疎うるさい奴がいるのも原因の一つだと思うよ
またそのうち息抜きに来るまで黙って待ってたらどうかな?
自分で書くって手もあるけどね

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:23:53 ID:N6Yjdzil
主催は結局フレイザードのままか? この時点で、もうあやふやだし。
てかチーム作って放置している(リレー待ち?)奴も多いし…。それが過疎らせているのかどうか。
東京マーダーは大量殺戮とシリアスをバランスよく書いて削ればいいと思。
野比玉子と大量殺戮はもはやカオスの原動力だからな…まあ飽きる奴が出ても仕方ないか。

カービィの人にはあれはあれで頑張って欲しいけどね。リアルタイム投下とか人の迷惑にならなければ。てかドロッチェ書いてる人同一人物?。


しかし誰もリレーしないのは問題だな。ロワスレの醍醐味が…
よし、アシュリー書くぞ 。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:36:44 ID:/ah0QB1Y
大抵知らないキャラだからリレーもできんし
リレーしたら今度は他の人が知らないキャラが出る
なんて事もあるんだよな、リレーしたきり誰も書かないって事は。

>>208
まぁDCS隊出した作者としてはごめんなさいとしか言えない

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:29:43 ID:LQQvoK9R
…むぅ、ちせで整理したつもりだったけど評判悪そうだな
サーセン

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:40:12 ID:xEwrxKyz
書きたいこと書けてすっきりしたから元のところへ戻って行ったとか。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:42:41 ID:fdv+zATP
>>210って、ほとんどこのロワの存在意義を否定しているようなものな気が。。

まあ、東京マーダー集団とかみなりさんを出してしまった者として大いに反省する。
なるべく他の人の書いたのをリレーしたいんだけど、ゲーム系はほとんどわからないんだよ・・・・・・

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:44:02 ID:xEwrxKyz
というか>>210のは過疎の原因なのか?
このロワの特徴をならべただけにしか見えんのだが。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:04:12 ID:/ah0QB1Y
>>217
主催関連の暴走も、かみなりさんがリレーしづらいってのも
マーダーの集合も、リアルタイムカービィの人も
ちゃんとリレーしろよってのも
前々から話としては上がってたでしょ
その話のたびに、嫌ならスルーしろとか言われてたわけで
その結果過疎ったのかどうかは別の話だが……

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:07:06 ID:LQQvoK9R
とりあえず責任とって誰でもリレーできるやつこれから作るよ

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:12:12 ID:lGdywm4o
まだ過疎と決めるような時間じゃない

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:13:59 ID:sp478xnn
待て、かみなりさんがリレーしづらいってのは話題に上がってた記憶が無いぞ
てゆうか否定的な意見事態無かった気がするが

リレーしやすいキャラを出せってのは同意
あんまりマイナーなの出されてもな

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:17:38 ID:lGdywm4o
マイナーキャラ辞めろなんていったらそれこそここの魅力が半減しちまう

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:22:49 ID:y0ETZtjT
というか、元々ネタで始まったロワに過疎も何も……

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:24:55 ID:IKgGx5zx
いや、最初は真面目に書こうとしていた人もいたはずだ!
……というわけですいません、第一話をあんなにしてしまって。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:25:32 ID:jU0bo3dQ
今の所リレーされやすい(しやすそうな)キャラは何がいるだろう
DCS広め隊はリレーするだけならいくらでもできるな

226 :カードの切り方がバトロワだ!:2007/01/28(日) 21:28:19 ID:LQQvoK9R
いつもと変わらぬ日常っ!!
急に振って湧いた理不尽な法案っ!!
何日も家に引きこもるオレっ!!
食料の限界を感じ外に出ると悪漢に襲われてる美少女がっ!!!
どーすんの?どーすんのよ?オレっ!!!!

続くっ!!!


【神奈川県横浜市 4日目 15:00】

【オダギリジョー@ライフカードCM】
[状態]:動揺、空腹
[装備]:財布、免許証
[道具]:支給品、ライフカード4枚『マーダー』『ヒーロー』『臆病者』『精神錯乱』
[思考]:
1:どーすんの?どーすんのよ?オレっ!!!!

【クラリス・ド・カリオストロ@カリオストロの城】
[状態]:恐怖
[装備]:無し
[道具]:支給品
[思考]:
1:おじ様助けて

【マモー@ルパンVS複製人間】】
[状態]:可愛いから捕まえてコピー
[装備]:杖
[道具]:支給品
[思考]:
1:コピーしたい人間いっぱい!!




227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:29:41 ID:LQQvoK9R
リレーして下ちい…

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 21:31:27 ID:/ah0QB1Y
>>225
アンパンマン、パーマン、先生あたりの単独行動マーダーはリレーしやすいかな

>>226
ライフカードCMという発想に鼻水吹いたw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:05:09 ID:sp478xnn
フラグを持ってる組もリレーして欲しいけどな
白鳥志乃タラちゃん組とか、直幸風子とぼのぼのとか対主催の武器作ってるわくわくさん組とか
脱出アイテム持ってる龍馬組とかケロロ軍曹たちとか

・・・ってゆうかリリカルかみなりの人、フラグ立て逃げしすぎだww

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:24:47 ID:cw1nGP49
(地上最強の生物か・・・確かに、戦力的には申し分ないだろうが・・・)

刃牙から勇次郎についての話を聞き、アカギは少し考えた。
本当に勇次郎が刃牙の言うような人物ならば、主催者の撃破は容易い。
しかし・・・やはりネックなのが、首輪。
これを外せない限り、いかに地上最強の生物と言えど、爆死は免れないだろう。
主催者に戦いを挑むには、首輪の解除は必要不可欠なのだ。
残念ながら、刃牙の知り合いには、機械に精通した者はいなかった。
勿論、アカギにも心当たりなどなかった。
厳密に言うと、一応一人いるにはいるのだが・・・

(・・・鷲巣の協力は、まず得られないな。)

自分が破滅に導いた相手に協力を求めたところで、結果は見えている。
やはり、通りがかりの者に一人一人聞いていくのが無難だろうか。
首輪を既に解除している者がいれば、それが勿論一番望ましい。

(とにかく、今は待て。
俺達に、流れが来るまで・・・!!)
「おい、アカギさん・・・誰か来るぜ」
「ああ・・・リムジンか。
どうやら、それなりに金のある奴らしいな・・・何時でもやれるよう、準備しとけ。」
「分かってるよ。」

リムジンが、二人の前に止まった。
一体どんな相手が出てくるか、二人は警戒しながら様子を見る。
ドアが開き、中から一人の男が出てきた。
白髪の、初老の男。
二人は直感した。
この男は、これまでに相当な修羅場を潜りぬけているに違いないと。

「どうやら・・・お前達は、ゲームには乗ってないみたいだな。」
「・・・何故そう思う?」
「堂々としすぎてる。
こんな危険な時にわざわざ、目立つ大通りを歩くなんて・・・人に見つけて欲しいからだろ?
お前達は今、人を探している・・・違うか?」
「・・・当たりだ。
だが、それだけでマーダーじゃないと決めるのは無理があるんじゃないか?」
「確かに・・・だが、お前達がマーダーだとしても、俺には危害は及ばない。
お前達が人探しをしているのは、本当の事だろうしな。
それなら・・・探している相手は、殺してやりたい奴か、それかマーダー仲間か。
どちらにせよ、俺は無関係だ。
襲われる可能性は、然程高くはない。
それに・・・」
「それに?」
「お前達がマーダーなら、俺はとっくに殺されているだろうからな。」

その男・・・平井銀二は、笑って答えた。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:30:39 ID:y0ETZtjT
疑問なんだけど、ゲームじゃないのに
『ゲームに乗っている』って言う言葉が多く出てくるのは何でなんだろう?

232 :集う対主催者組:2007/01/28(日) 22:32:04 ID:cw1nGP49
【東京都銀座 4日目 16:00】

【鬼才組】
【赤木しげる@アカギ】
[状態]:健康
[装備]:ハーディアス@BLACK CAT
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:首輪を解除する方法を探す
2:刃牙の親父に会う。3:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む

【範馬刃牙@グラップラー刃牙】
[状態]:健康。
[装備]:無し
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:親父に会う
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

【平井銀二@銀と金】
[状態]:健康。
[装備]:一億円入りケース
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:頼りになりそうな仲間を探す
2:主催者を倒し、この殺し合いを終らせる。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 22:32:23 ID:/ah0QB1Y
これが全国民対象の盛大なヴァーチャルリアリティーゲームじゃないとは限らないんだぜ!

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 00:42:50 ID:p5mJYSE6
>過疎
自分は今執筆してる最中。もう少し待ってくれ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 01:34:53 ID:MVN12P4w
これまでが凄すぎただけだ
これで過疎なら他のロワはどうなるんだ…

236 :未来は無限大:2007/01/29(月) 20:14:33 ID:pePTxSCp
「あれは・・・ウルトラサイン!!」

地球防衛組織GUYS。
その本拠地フェニックスネストにて、ヒビノ・ミライことウルトラマンメビウスは、空に描かれたウルトラサインを確認していた。
ゾフィーからのメッセージ・・・内容から、メビウスに当てられたものなのは明らかだった。
そのメッセージに対し、ミライは驚きを隠せない。
まさか、四兄弟が宇宙人の手に落ちたなんて。

「何とかして、ケロン人から写真を取り戻せ・・・」
「どうしたんだ、ミライ?
ぼーっと、空なんか眺めてよ。」
「あ、リュウさん。
実は・・・」

ウルトラサインは、ウルトラマンと一部の怪獣を除いて、通常見ることは出来ない。
ゾフィーはそれを利用して、ケロロ軍曹にはばれないと判断し、ウルトラサインを送ってきたのだろう。
ミライは同じGUYSの仲間であるリュウへと、ウルトラサインについて説明した。
ミライは、これまで地球に降り立ったウルトラマンの中でも、異例の存在。
自らの正体を仲間に明かしたにも関わらず、地球に留まっている ウルトラマンなのだ。
リュウはミライの話を聞き、驚きを隠せない。
まさか、ウルトラ兄弟がこんな仕打ちを受けようなどとは、夢にも思わなかった。
「なんて卑劣なマネしやがんだ、そのケロン人ってのは・・・!!」
「けど、一体どうやってケロン人のアジトを捜し出したら・・・」

その時だった。
フェニックスネストの前に、一台のリムジンが停車した。
そこから、三人の男達が下車してくる。
アカギ、刃牙、銀二。
主催者撃破の為に準備を進める、三人の鬼才達。

「あの人達は・・・?」
「多分、隊長が話してた、平井銀二って人だと思うぜ。
首輪を外す為に、ここの技術を使いたいんだとよ。」

【フェニックスネスト 四日目 17:00】

【ヒビノ・ミライ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:メビウスブレス@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:ケロン人から、兄達の写真を奪い取る
2:主催者を倒し、この争いを終らせる

【アイハラ・リュウ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:トライガーショット&メテオールショット@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:ケロン人から、ウルトラ兄弟の写真を奪い取る
2:主催者を倒し、この争いを終らせる

※鬼才組は前回から特に変化もないので、省略させていただきます

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:33:39 ID:BTsCaVen
おおっケロロ軍曹大丈夫か?

・・・いや、むしろ日向家にいる残りの小隊メンバーがとばっちり受けるだけのような気がする・・・

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:00:42 ID:MVN12P4w
ウルトラマンは変身したら首輪どうなってるんだ?
ミクロ化すりゃ外れるだろうし

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:15:15 ID:93CIRcMr
てゆうか首輪外そうと思ったら結構外せるやつ多いんじゃないか?
わくわくさんとかかみなりさんとか

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:37:07 ID:oLvHuWYs
むしろエージェントスミスはどうなんだ。

それから首輪を外せそうなのは機械操作が出来るかな?
いつかの作品のレナみたいなポカしない奴。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:42:20 ID:cuezpBmH
呪い装備も外すシレンの罠なら一発よ

242 :デカイ理想は夢じゃない:2007/01/29(月) 22:29:03 ID:Yy3UBraf
ワンワン ツウツウ
   スリィスリィ フォウフォウ
ガンガン ズンズン
     グイグイ 上昇

   ◆◆_   /⌒i
  /*'3'*ヽーっ /
⊂二  。 ゚ ⌒_つ/
  ヽ  ⌒_つ/
   `ー-"" /
     /_/

     ///

夢に向かってフルパワー!!

‖ ‖l‖|‖
  ‖ l‖‖‖ |
       /⌒i
      ∩   ノ
   __nr゙<⌒つ
  ▼ ゚3 ヽ )"/
 ノ▲゚‖∩ ノ/
 Σ `ー―-"  (
  ⌒ヽ/V⌒v、/⌒
ビダァァァン!!

    __  /⌒i
  ▼,'3 :`ヽーっ /
((( ▲* ⊃ ⌒_つ/
   `ー―-"""_/


【四日目 長野県 4時】

【今井メロ@実在 脂肪確認】

243 :The defence soldier:2007/01/29(月) 22:58:17 ID:9b/oydzT
世田谷区に降り注ぐミサイルの雨。
男達はひたすらそれを切り捨てていた。
「パリイ!」
「踏み込みが足りん!」
男達は世田谷区在住の皆さんを流れ弾から守っていた。
何故そんなことをしているのかって? それは二人が兵士だからだ。
「パリイ!」
「射程外からだと? 意外とせこい手を使う奴だ」
二人は今し方出会ったばかりだが、すばらしい守りの連携を続けている。
それはディフェンスを極めた者同士だからこそ出来る芸当だった。
「うぉぉぉぉパリイ!」
「さあ、楽しませてくれよ!」

数分後、ミサイルの雨は止んだ。
彼らはこの守る為の戦いに勝利したのだ。
大歓声が起きた。
人々は生きていることを互いに喜び合い、守ってくれた二人を讃える。
「見たか、私のパリイの前ではミサイルなど無力なのだ!」
ベアはやや調子に乗っている様であったが、まあそれも仕方がないかなとエリート兵は思った。
エリート兵は空を見上げる。
雨上がりの空はいつもより美しく思えた。


【東京都世田谷区 4日目 14:45】

【ベア@ロマンシンシングサ・ガ2】
[状態] :健康
[装備] :チンケスレイヤー@SO2 フォートスーツ@ロマサガ3
[道具] :支給品一式
[思考] 1:何処からでもかかって来い! パリイの力を思い知らせてやる!
基本方針:街の治安維持、及び住民の救助に勤める
[備考]:ソウルスティール見切り、二段斬り見切りをそれぞれ習得済み

【エリート兵@スーパーロボット大戦F完結編】
[状態]:健康
[装備]:ライトセーバー@スター・ウォーズ ナイトの心得@FF6
[道具]:支給品一式
[思考]
1:さあ、楽しませてくれよ!
2:踏み込みが足りん!

【東京都世田谷区在住の皆さん 生存確認】
【野比玉子@ドラえもん 生存確認】

244 :The defence soldier:2007/01/29(月) 22:59:12 ID:9b/oydzT


それは、本当に偶然だった。
何気なく見上げた空に一つの無機質な物体。
何故今飛んできたのかは解らないが、それは先ほどのミサイルだった。
ミサイルの落下地点を直ぐさま予測して、エリート兵は青ざめる。
落下地点は今まさにベアが立っている場所。
今から動いても切り払いはできない。
だが、エリート兵はベアに突っ込んで行った。
ベアはこれからの地球圏の防衛に必要不可欠な人間だからだ。
ここで死なせる訳にはいかなかった。

エリート兵に突き飛ばされたベアは、まず爆発音を聞く。
振り返ると、血だらけで倒れているエリート兵が目に入った。
急いで駆け寄ったベアは愕然とした。
素人目から見ても彼はもう助かりそうになかったからだ。
「寒い……俺は…死ぬのか……」
「ふざけるな!俺と同等のディフェンスが出来るお前がそう簡単に死ぬわけ無いだろう!」
ベアの目に涙が溢れてくる。
「重装…歩兵……」
「死ぬな……死ぬなよエリート兵!」
「皆を……地球の…未来を頼…んだ……ぞ……」
「エリート兵? ……エリート兵ーーーー」
ベアの絶叫が響き渡る。
世田谷区在住の皆さんはそれをただ黙って見ていることしかできなかった。


【東京都世田谷区 4日目 14:50】

【ベア@ロマンシンシングサ・ガ2】
[状態] :号泣
[装備] :チンケスレイヤー@SO2 フォートスーツ@ロマサガ3
[道具] :支給品一式
[思考] 1:何処からでもかかって来い! パリイの力を思い知らせてやる!
基本方針:街の治安維持、及び住民の救助に勤める
[備考]:ソウルスティール見切り、二段斬り見切りをそれぞれ習得済み

【東京都世田谷区在住の皆さん】
[状態]:落涙
[装備]:色々
[道具]:支給品沢山
[思考] :ムチャシヤガッテ……

【エリート兵@スーパーロボット大戦F完結編 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:03:41 ID:XvzYSlBo
>>240
プリシスならドラえもん直したし大丈夫だろ。
ヨルス辺りは概念使えば外せるな。
アンパンマンとかは顔が取れるから余裕。
長門は情報操作でなんとか出来ないかな?
カービィはストーンに変身してる間にとか。

>>243-244
エリート兵ムチャシヤガッテ(つ∀`)

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:17:55 ID:eFMgWYly
東京都郊外ーーー
山中に一つの研究所があった。
宇宙から降り注ぐ放射線を研究する為に作られた施設だった。
今、一人の男がその中にいた。
名は早乙女博士。
年齢は50を超えた所だ。
彼は今、厳しい目で天井を見ていた。
BR法という法律が施行されてから数日・・・研究所の職員は皆実家に帰還していた。
今、研究所にいるのは彼の家族、早乙女ミチルと早乙女元気だけだ。
(このエネルギーはまだ未知の部分がある・・・)
彼は自分が研究するエネルギーが太古の昔に地球に降り注ぎ恐竜を滅ぼしホ乳類の進化を促したと仮定していた。
(それだけでは無い。このエネルギーは奇跡を起こせるかもしれない。)
それは絵空事かも知れない。
だがこの狂った世界ではそれすらも希望に思えた。
(このエネルギーならゲームで死んだ人間達を生き返らせる事が出来るかもしれない)
だがそれはまだ未知数。
不確定要素。
下手すればこのゲーム以上の惨事を引き起こしかねない。
BR法が制定された翌日、早乙女博士は夢を見た。
それは一人の少年が電話ボックスで何かを喋り・・・別の世界にテレポートした夢だった。
その少年の名前も住所も彼は既に調査していた。
野比のび太。
彼が元凶なのだ。子供っぽい願いが作り出した狂気の世界。
それを今研究中のエネルギーでリセットしようというのだ。
(どうなるのだ。この世界は)
早乙女博士の心の中に黒い雲が立ち込め始めていた・・・。
【東京都郊外 4日目 15:00】
【早乙女博士@真ゲッターロボ】
【状態】 焦り
【装備】無し
【道具】支給品一式
【思考】 1愛する者がいる限り戦い続ける 2ゲッター線でゲームをリセット

その頃、張本人のび太は・・・
「かみなりさん。食事作ろうか?」
「一緒にね。」
のび太はゲームそっちのけでかみなりさん家にお邪魔していた。
外では大勢の人が死んでいる。
子供にとっては非常に怖い状況だった。
今ののび太は引き篭もりだった。
居候して立て籠もっている。
いつ終わるとは知れない状況の中で。
この数日、のび太は食事に専念していた。
飯を食い終わると地下室に逃げ込む。
飯時になると出てくる。
その繰り返しだった。
「かみなりさん・・・僕外に出てみようと思うんだ。」
のび太の言葉にかみなりさんはギョッとした。
この状況で一人で出るというのか。
「本気なのか?」
「うん。でも一人じゃ怖いからかみなりさんと一緒に・・・・ね?」
かみなりさんは考えた。
今の自分に打開策などあるのか。装備も無い。
正直、いつかは動かなければいけないかもしれない。
最近物騒なニュースばかり聞く。その中で自分が無事なのはほぼ奇跡と言っていいだろう。
だが今動くのは・・・
「のび太君。ちょっと待ってくれ。考えさせて欲しい。」
「僕も怖いよ。考えないと・・・・。」


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:19:55 ID:eFMgWYly
【東京都 かみなりさん家 15:00】
【野比のび太@ドラえもん】
【状態】動きたい
【装備】ドラえもん
【道具】支給品一式
【思考】 1 動くべき 2かみなりさんと一緒に 3身の安全を確保

【かみなりさん@同上】
【状態】 焦り
【装備】 なし
【道具】 支給品一式
【思考】 1 様子見 2黙考

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:26:43 ID:93CIRcMr
ここにも脱出フラグが
かみなりさん、レイジングハート手放しちゃったのか?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:33:49 ID:eFMgWYly
>>248
・・・単に描いてないだけで一応レイジングハートはいますよ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:36:13 ID:93CIRcMr
なら状態表に書いたほうがいいかと

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:36:39 ID:eFMgWYly
>>250
すみませんでした・・・

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:42:00 ID:oLvHuWYs
かみなりさんリリカルになってなかったか?
そして一応何日目か書いてくれ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:43:29 ID:eFMgWYly
>>252
早乙女博士が考えていた時と同じ日・時刻です

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:55:30 ID:9b/oydzT
>>253
君が解っていても他の人には伝わらないこともある。
次からはちゃんと書いてくれ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:34:10 ID:znzCPgUf
小泉総理は普通にちぎって捨ててたな>首輪

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:52:57 ID:OZ9hgiQc
wikiが更新されていない件

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:52:58 ID:o+dwL3S+
句読点多すぎでテンポ悪い

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:54:46 ID:MsdL7xjR
首輪はウェハースチョコを繋ぎ合わせたもので参加者版ビックリマンシールが入ってるとかでも一向に構わん

259 :圧倒的な戦い:2007/01/30(火) 02:12:33 ID:cC+nRmwk

「全軍退却!!」

このバトルロワイアルとかゆう法律で悪政を敷いた国を滅ぼし、自分の国を建国しようと決意したロアーヌ国王ミカエルは窮地に陥っていた。
先刻、彼が率いるロアーヌの軍勢は突如ゴブリンの亜種と思われる集団と遭遇、交戦状態となった。
そして、現在。
四千いたロアーヌの軍勢は一千程となり、最初は5匹と報告を受けていたゴブリン共は、三千匹に膨れ上がっていた。
その過程は恐ろしいものだった――

『HAHAHAHAHAHA!!!!!!疲れた兵士の皆さん!!どうぞ、これを!!!!』
『ゴブリンめ!誰が、そんなものを飲むものか!!』
『『『『『そんなひどい!!!!!!』』』』』

最初に、一緒にこの世界に来たユリアンが、羽交い絞めにされ変な液体を飲まされた。
(ユリアンが敵に侵されるのが気に入らないミカエルは、この時点で彼を弓で射った)
そして、奴らは兵士達を次々と……。
兵士達は、なまじ忠誠心が高いばかりに、『逃げる』ということをせずに奴らに捕まり、仲間に引き込まれていく。
悪夢だった……。
当然、私も奴らに一矢報いるため、リーダー各と思われる奴に斬りかかった。
しかし、奴ら筋肉の鎧は、如何なる攻撃も受け付けず、″破壊するもの″を切り刻んだ私の『ファイナルレター』ですら歯が立たなかった。
そして、今に至る。

(くっ、ゴブリンどもめ……。どうすれば、奴らにダメージを与えられる?どうすれば、殺せるんだ!?)
ミカエルは、歯噛みしながらも先頭に立ち、退却を続ける。
HAHA………ミカエルさm。
気付かない。
(ユリアン、すまない。そして、兵士達よ……)
HAHAHAHA……ドー………プ……。
まだ、気付かない。

ミカエルが気付いたときには、全てが遅かった。
表を上げ、兵士達を鼓舞をしようと振り返る、気付いたのはそのときだった。
後ろには、自分を慕う兵士達は存在せず、ただ筋肉の鎧に身を包んだゴブリン共が目をぎらつかせ多数蠢いていた。
その数、約四千。
ミカエルは知る由もないが、全ての兵士がドーピングコンソメスープにより、その姿を醜く変貌させた。
彼は、騎馬から降りると、がっくりとひざを落とした。

何故、気付けなかったのだ。
ミカエルは、絶望した。
己の愚かさに……。

彼は、負けたことがあまりなかった。
ゴブリンには、完勝して当たり前。
それがどうだ。
もとは人間のようだが、低俗な種族(ドーピングコンソメスープ人)に負けてしまった……。
そのことによるショックが彼を飲み込んだ。
それにより、彼は一時的に回りが見えなくなっていた。
そして、今の状況を生んだ。

目の前が真っ白になっていく……。
「HAHAHAHA!!!貴方も飲んでご覧なさい!!!!戦いの疲れを癒すのです!!!!!」
「はい、頂きます……」
ミカエルは、すんなりと受け入れた。

そして、ロアーヌ国王ミカエルは、4000人の兵士達と共に咆哮した。

「「「「ドォーーーーピングコンソメスーーーーープ!!!」 」」」

260 :圧倒的な戦い:2007/01/30(火) 02:13:17 ID:cC+nRmwk
【福岡県 山岳地帯 4日目 12時】

【DCS広め隊】
【バッシュ@FF12】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【ローラ@DQ】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕ドーピングコンソメスープの素∞
〔道具〕なし

【アモス@DQY】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【鈴子・ジェラード@うえきの法則】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【野原みさえ@クレヨンしんちゃん】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【ミカエル@ロマンシング・サガ3】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式  四千のドーピングされた軍勢(INラドム)


〔共通思考〕
1:日本中にドーピングコンソメスープを広める

【ユリアン@ロマンシング・サガ3 死亡確認】

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:25:38 ID:WRqa4VYD
ちょwwwwww4000人wwwwwwww
このままだと蜀軍全員がドーピング化するwwwww

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:27:09 ID:AuKKuqf3
つルールブレイカー

多分浄化能力もあるんじゃね?w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 04:54:51 ID:iHc5bXNE
着々と食の千年王国ENDに近づいてるな…
一人一人が破壊するものより強いのか…

264 :味の競演:2007/01/30(火) 13:09:22 ID:+E/+2H7O
趣のある日本家屋の庭先に熱い男達が集まっていた
縁側には着物姿の老人が二人仁王立ちしている
「まずは自己紹介からはじめるとしようか…味皇料理会会長村田源二郎、人呼んで味皇だ!」
「美食倶楽部主宰、海原雄山だ…」
豊かな髭を蓄えた老人とオールバックの老人が交互にしゃべりだす

「今日皆に集まってもらったのは他でもない!今DCS!ドーピングコンソメスープなるものが九州にはびこっておる!」
「…つまりだ、君ら優秀な料理人を集めてその危険な料理に対抗しようという話だ。若干2名ほど余分な人間が混じってるがな」
「なんだとっ!雄山!!」
庭先から食って掛かる男が一人、だらしなく黒いスーツを羽織った若い男だ
「フッ、図星をつかれて悔しいか士郎」
「まぁまぁ、海原さん。あーコホン、とにかく君らの中には初対面のものも多いだろうから君らも順に自己紹介してもらおうか」

「東西新聞文化部究極のメニュー担当山岡士郎だ、こんな男がいるんなら来るんじゃなかったぜ!」
「日の出食堂味吉陽一です。 いちお第28、29回味皇GP優勝してます」
「広州の特級厨師劉昴星です!マオって呼んでくださいっ!」
「鳳寿司の関口将太です。僕がこんなところに呼ばれるなんて…お寿司しかできないけど…でも精一杯頑張ります!」
「秋山醤だ…ようは勝ちゃあいいんだろ?てめえら足引っ張んじゃねぇぞ!」
「パンタジアの東和馬じゃっ、よろしくな。ところでドーピーコンビーフってどんなパンじゃ??」
「オレの名前はっ!…」
「「あ、君はいい。端っこで見学してなさい」」
一人だけ自己紹介を止められてしまう、見事にハモる味皇と雄山

ここに史上最大の味の競演が始まるっ!!!




265 :味の競演:2007/01/30(火) 13:17:59 ID:+E/+2H7O
【大阪 4日目 14:00】
【村田源二郎@ミスター味っこ】
[状態]:怒り
[装備]:
[道具]:世界中の食材 、世界中の調理器具
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出
2:こんなの呼んだっけ?

【海原雄山@美味しんぼ】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:世界中の調味料、世界中の食器
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出
2:士郎の未熟者がっ
3:こんなの呼んだっけ?

【山岡士郎@美味しんぼ】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出
2:雄山うぜえぇぇEEEE!!

【味吉陽一@ミスター味っこ】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出



266 :味の競演:2007/01/30(火) 13:18:44 ID:+E/+2H7O
【劉昴星@中華一番!】
[[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出

【秋山醤@鉄鍋のジャン】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出
2:オレが一番!

【関口将太@将太の寿司】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:DCSに侵された人の救出

【東和馬@焼きたてじゃぱん】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:とにかくうまいパンを作ればいいんじゃろ!
2:ドーピーコンビーフってうまそうじゃなぁ…
3:あのひげのじっちゃんはワシと気が合いそうじゃ

【なべやきコンブ@OH!マイコンブ】
[状態]:困惑
[装備]:
[道具]:支給品
[思考]:
1:え?オレ場違い???

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 14:27:39 ID:OZ9hgiQc
彼女はひたすら夜の街を疾走していた。
彼女はU.S.AからKYOTOへ遊びに来ていたのだが、偶然こんな戦いに巻き込まれてしまった。
「JAPANはこの50年間、今まで国内の紛争なんてなかった筈なのに…!?」
とにかく、こんな戦いを生み出したこの国の大臣を恨みつつ、彼女、リサは片手にある『それ』を持ち続けながらひたすら駆ける。
この異常な状況は当然リサも初めてだ。
第一、戦争なんて無関係だと思っていた。
そんな自分を呪った。
人間は常に抗争する。それが生き物の本能と言う奴だからだ。
迂闊だった。まさかそれがこんな場所で暴走する様な、愚かな国政が執り行われようとは。

リサには大切な者が何人も居た。だから此処で死ぬ訳にはいかなかった。
「SIN、YUMI、TARO、BOB、MIKE、姉さん―」
自分が死んだら子供達は。姉はどうなるのか。
リサの生き残ると言う意識は更に固まる。
リサは『それ』を握りしめると再び走り出した。

そんなリサがアーケード街の近くへ行くと、巨大な巨躯の悪漢が現れた。
「!?」
リサも当然、驚きを隠す事が出来ない。
悪漢はリサの数倍もの大きさの身体を持っていた。
「ほう…女か…」
悪漢はリサに手を伸ばす。
「NO!」
リサは手元のそれを悪漢にぶつける。
その瞬間、激しい光を放つと悪漢は跡形も無く消えてしまった。
「…また使ってしまった。」
リサはこれの効果を知っていた。
相手にこれを自分が触れている状態で接触すれば、次元が歪み相手が引きずり込まれる―
そんな恐ろしいものをリサは配布されていた。
何故リサが知っているかは、既に襲い掛かる二人の主婦に対して二回も使ったからだ。

本来ならばこんなものも使わなければいいのだが。
リサ自身が生き残る為には仕方なかった。
―それは結局リサも主催者の思惑に掛かった、という事だ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 14:29:38 ID:OZ9hgiQc
リサが一度落ち着いてから、アーケード街に入るといきなり銃声が響いた。
「!?」
リサが店の看板に身を潜めながら、その方向を見ると―

「何故彼を撃ったの!」
白い何かが横たわるその前で、眼鏡を掛けたアメリカ風の女がその黒い服を着た女に銃口を向ける。
「貴女には関係ないわ!」
その女も銃口を向き返す。
まさに一触即発。この後の状況が予測出来ない。
「関係無いと言っても、あなたは躊躇なくこのモンスターを撃ったわね。」
眼鏡を掛けた女の後ろから、また女が現れた。
「…これは子供の遊びじゃないのよ。」
「そいつは私との約束を破った! だから!」
「やっぱり子供の言い訳じゃない!」
「うるさいっ!」
黒い女は凶弾を放った。
だが、かなりでたらめな方向にその弾は当たる。
女はかなり困惑している事が伺えた。
「…さあ銃を下ろしなさい。」
眼鏡の女の声が、リサのところまで静かに響いた。

【四日目 東京都吉祥寺 4時】

【リサ・グリーン@NEW HORIZON】
[状態]:普通
[装備]:ペゾ@ポケモン×バグで個数不明、ペゾ@ポケモン×バグで個数不明、ペゾ@ポケモン×バグで個数不明、ペゾ@ポケモン×バグで個数不明、ペゾ@ポケモン×バグで個数不明
[道具]:支給品 グリーン@ポケモン
[思考]1:取り敢えず目の前の状況を見てる。
[備考]:ペゾはどんなキャラにも効きます。
あまりペゾを使いすぎるとリサまで消滅する恐れがあります。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 14:30:57 ID:OZ9hgiQc
【ジョディ・スターリング@名探偵コナン】
[状態]:良好
[装備]:センチメーターマスター@エアガン
[道具]:支給品
[思考]1:黒い女を止める。
[備考]:エアガンと言う事には気付いています。

【キスティス・トゥリープ@ファイナルファンタジー8】
[状態]:良好
[装備]:不明
[道具]:支給品 タリスポッド@レジェンズ
[思考]1:黒い女を止める。

【ハルカ・ヘップバーン@レジェンズ】
[状態]:困惑&混乱 ブラック
[装備]:ハイウェイパトロールマン@実弾兵器
[道具]:支給品
[思考]1:混乱中。

【ネズッチョ(シロン)@レジェンズ】
[状態]:5発近く撃たれ瀕死 気絶
[装備]:無し
[道具]:支給品
[思考]:気絶中。


【野比玉子@ドラえもん 消滅】
【野比玉子@ドラえもん 消滅】
【牙族の長@北斗の拳 消滅】


270 :ペゾと女教師達:2007/01/30(火) 14:32:26 ID:OZ9hgiQc
投下終了。
後タイトルは名前欄で。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 19:17:21 ID:uNf2q1p6
牙族の長ってのは崋山鋼凱呼法を使う牙大王の事でいいのか?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 19:24:11 ID:OZ9hgiQc
>>271
ごめんね。
うろ覚えで話し方が普通だったのと牙がなんたらとかしか覚えていない。
ハルカもリサもジョディも同じ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 19:57:00 ID:6e9VghoM
新キャラ投下も大いに結構だけど、そろそろリレーもしようぜ、みんな!
ぶっちゃけ、リレーされてる話のほうが俺は楽しめる。

まだまだ登場以来続きの書かれてない連中はたくさんいるし、今がチャンス!

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:02:30 ID:AuKKuqf3
同意
リレーされて、適度にシリアスな要素も混じってる組のほうが見てて楽しい

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:07:53 ID:uNf2q1p6
ハクオロ組とか龍馬組とかジャイアンの母とか、続きが楽しみだぜ!

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:33:38 ID:OZ9hgiQc
三重県商店街の人々と酔っ払い軍団はどうしたww

ドロッチェ団はリアルタイムが勝手に繋いでくれるだろうけど。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:43:34 ID:oDaLiwfK
リレーされてる話が読みたいなら他ロワを覗いたらどうかね

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 22:44:32 ID:xRPZeG0J
リレーするしないの問題じゃなくてさ
書きもしない奴がうるさく言うのはどうなんだよ
ここだったら文章力もそれほど重要視されないんだし書けばいいじゃん

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:52:39 ID:C/rkj3L5
いずれ誰かがリレーしてくれるはず……そう思って鳥変えて自己リレーしてた。
しかしリレーしてくれたのは一人だけwwww
アホらしくてやってらんねーwwww

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:54:50 ID:uR3WQKB+
>>279
お前は俺かw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:56:02 ID:AuKKuqf3
鳥変えずに自己リレーしてますよハハハ

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:56:09 ID:WRqa4VYD
俺は変えない……。
例え他の全員がトリップ変更をしたとしても、俺は変えない!


名無しさんで書き込むけどね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:58:30 ID:uNf2q1p6
>>279
あるあるw
最初の方はトリ使ってたけど、次から名無しで自己リレーとかしてるわw

そういう俺は他人の話をリレーした数は6回。
意外とあってビックリした

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:02:14 ID:CmzQfB7Y
俺は三回ぐらいだな

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:02:47 ID:AuKKuqf3
今リレーされてる組ってどれだけあるんだろう
やっぱりそういう組のほうが書きやすそうだけど
(ジャイアン母とか黒田官兵衛とかは、単発でも続けやすそうだけどね)

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:04:13 ID:Qd99hlfo
計4話投下してるが…
ごめん、おれ全部書き逃げw
リレーされたことはないな

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:11:15 ID:ODnkxDl3
DCS、シマリス、ノロ、先生、かみなりといったネタ系がリレーされやすい感じだね。
ジャック、ガチャピンはキャラが集まってきたり難しいのか、たまに進む感じ

ちなみに俺が書いた奴でリレーされないであろうキャラ第一位は除夜の鐘
てめえら新年まで用は無いんだよw

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:15:34 ID:Qd99hlfo
世田谷も忘れないでくれ…

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:18:49 ID:ODnkxDl3
>>288
ああ、スマン
世田谷はキャラのリレーっていうより、世田谷区のリレーって感じがしてちょっと違う印象。
なんか自分でなに言ってるんだかワカランが

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:18:54 ID:i+zprF7u
世田谷は
ちせ、中島、シンジ、悟空、プロ、ベアか

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:26:42 ID:Qd99hlfo
>>289
あー、それなんとなくわかる

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:27:26 ID:PAN+Osxw
シリアスが好きなら白鳥組、国崎往人、藤木と永沢、わくわくさんと愉快な仲間達も
てゆうか、みんなカツオ組のこと忘れてるだろwww
序盤あんなに頑張ったのにww

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:28:50 ID:i+zprF7u
>>292
カツオが最後に登場したのは何話だっけ?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:31:08 ID:Qd99hlfo
大阪のDCS対抗組はシリアスに入るのか?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:34:02 ID:k8y2OrqK
マリアとリヴァルは微妙なシリアス

モンブラン?ナニソレ、オイシイノ?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:35:44 ID:ODnkxDl3
ああカツオ組、自分がサザエ殺したのに忘れてたw
あれはサザエ死亡より、たぶんいーちゃんと潤さんと組んだことの方が
書きにくい原因のような気がするが。

ぶっちゃけサザエを殺したのは、ネコが原因で死んでほしかったからだw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:45:25 ID:PAN+Osxw
カツオの悲劇は書きにくいキャラと組んだこと
と言おうと思ったらすでに作者ご本人に言われてているなw
潤さんは貴重な対主催要員なんだが

今のところ脱出及び首輪破壊が出来そうな人
・水瀬名雪:本人は寝てるが、もしもボックス所持。東京ののび太と合流できるか、もしくは坂本龍馬や先生がその使用法に気付くかがカギ
・わくわくさん&ゴン太:対主催用の兵器を開発中。首輪破壊もやろうと思えば出来そう。ゴロリもどこかで工作で戦おうとしているのだろうか
・早乙女博士:のび太がキーキャラだと気がついた?
・野比のび太:何よりこいつが一番のキーなのだが、本人はミニスカメイド(たまにスク水)にのぼせ上がっている始末である

・ウルトラマン:ミクロ化すれば首輪外れる?
・リリカルかみなり:魔法の力でなんとか出来ないか?でも威力調整まではまだ出来ないようだ
・小泉:普通に首輪をちぎって投げれる
・ジョーンズ、長門:首輪の解析と解除はやろうと思えば可能だろう
・黒田官兵衛:ルールブレイカーで禁止区域を解除・・・・・・流石に無理か

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:51:03 ID:k8y2OrqK
>>297
それにしてもIDすごいな


そういえば銀座の騒ぎとリリとエゼはどうなったの?


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:03:03 ID:k8y2OrqK
今ウィキ読み返したけど、177話はムスカネタ?

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:13:20 ID:Q/tS0d4v
のび太はキーパーソンじゃない気がするが……

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:23:47 ID:k8y2OrqK
>>300
今すぐウィキ行ってオープニング読み直してこい

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:42:40 ID:Q/tS0d4v
>>301
もしもボックスを使っただけだろ。
そっちこそ、魔界大冒険読んでこい

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:49:37 ID:GZ1Ao1j3
よし!このキャラを使って話作るぜ!→そこそこの評価
           ↓
いい感じだ。みんな俺の話をリレーしてくれ!→リレーしてくれず
           ↓
しょうがねえ…不本意だが鳥変えて自己リレーだ→まあまあの評価
           ↓
ふふ、俺の書いたキャラもだいぶ人気出てきたようだな→それでもリレーしてくれず。
           ↓
なぜ…誰も…リレーしてくれないんだ…俺は決して駄文は書いてないはずだぞ……→ようやくリレーされる
           ↓
うはwwwwリレーwwwしてくれたwwwテンション上がってきたwww→結局その後リレーされず
           ↓
モチベーションオワタ\(^o^)/

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 01:51:38 ID:PAN+Osxw
議論・毒吐きにはしたらばのスレもご利用ください

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 02:46:04 ID:8fERVWYi
海原雄山って死んでなかったっけ?


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 03:08:49 ID:yVPbBVdj
生き返ったんだろ。

307 :誰が為に鐘は鳴る:2007/01/31(水) 05:03:54 ID:swx5uvv8
「すまんな……」
−−構わねぇよ。ここらにゃ、それに見合う大きさのモノがないからな−−
「……長年連れ添ってきたお前に、こんな仕打ちをして……」
−−そんな顔しなさんな。60数年前、多くの先輩方は戦争の道具となり散っていった。
  死者を慰め、鎮める為につくられた俺達が、死者をつくりだす……馬鹿げた話だろ?
  それに比べりゃ−−

檀家より贈られた大量のお中元・お歳暮を使い、日本各地の寺で炊き出しが行われる。
飢えた人々が並ぶ先には、逆さになり炎に焼かれる鐘の姿があった。

−−それに比べりゃ、多くの人間を救うこの役目……俺は幸せだぜ?−−

太陽が西の彼方に沈む中、鐘は鈍く光る。静かに死者を弔いながら。


【日本各地 四日目 17:30前後】
【除夜の鐘@お寺】
[状態]:巨大鍋(鐘としては死亡)
[装備]:錆(外側のみ)
[思考]
1:祇園精舎の鐘の声
 諸行無常の響きあり
 沙羅双樹の花の色
 盛者必衰の理をあらわす
 おごれる人も久しからず
 ただ春の夜の夢のごとし
 たけき者もついには滅びぬ
 偏に風の前の塵に同じ

308 :二つの力:2007/01/31(水) 11:21:42 ID:w83oa6AC
東京都上空ーーー
一機の赤いロボットが空を飛んでいた。
搭乗者は二人。
流竜馬と司馬宙。
とある地域のノロウイルス殲滅を終え早乙女研究所に帰還する所だ。
その時、ゲッターロボのモニターに何かが移った。
「・・・・人間?」
ふわふわと浮かびながら空中を漂う存在。
ただ事では無い。
「竜馬・・・一体何なんだ?あれは。」
司馬宙が言った。
「わからない。」
竜馬が答えるとその人間、緑色の髪をした少女はゲッターロボに接近して来た。
相手に攻撃の意図があるのかどうかはわからなかった。
竜馬が高度を下げ、地面に降りた。
「そこの赤いロボット!私の名はC・C。このゲームを打倒したい。」
少女が声を出した。
「・・・・・主催者のフレイザードとやらはどこにいるのかどうかすらわからないんだ。」
竜馬が答えた。
「そのロボットは早乙女研究所の物なのだろう?それもゲッター線という未知のエネルギーを使用していると聞く。」
(こいつは知りすぎている・・・・)
竜馬は相手を怪しんだ。
ゲッターが早乙女研究所製作だとは一般人でも知っている。だがゲッター線という言葉は一般人は知らないはずだ。
「早乙女研究所?ゲッター線?何の事だ?俺達はコレを唯偶然見つけたんだ。」
司馬は嘘を付いた。
「そうか・・・お前達はこのゲームに乗っているのか?」
「「いいや。」」
「私もそのロボットに乗せてくれないか?」
「・・・・危険だ。これは女の子が乗りこなせるシロモノじゃないんだ。」
「私は唯の女ではないぞ。改造されているのだ。タフなのだぞ。」
二人は呆気に取られた。空中にフワフワ浮いていただけでなくゲッターに関する知識がある。
どう見ても相手は尋常な存在では無い。
(・・・どうしようか)
(取引と行こうか。私は首輪の解除方法を知った。それをお前達に教える。そしてお前達は私をゲッターに乗せる。)
(ッ!?)
頭に声が響く様だった。
テレパシー。
声を出さずに思念波だけで伝える方法。
これなら盗聴されずに済む。
(それは本当なのか?)
(私で試してやろう。)
C2が自分の両手にドライバーを持ち首輪を弄る。
すると・・・・首輪がバラバラになり地面へと落下した。
「竜馬・・どうする?」
「主催者側の手先かも知れない・・」
幾度かの会話の後、竜馬達とC2は決裂した。
「そうか・・・残念だ。」
「俺達はまだ君を信用してはいない。さらばだ。」
「ああ・・」
ゲッターロボはブースターを噴射して早乙女研究所方面へと飛び立っていった。
(まだ私には仲間がいない・・・・このゲームを倒す為の仲間が・・・)

早乙女研究所にてーーー
「博士、司馬、流、只今帰還しました。」
「ご苦労。例の件じゃが・・・ゲッター線だけではこのゲームを打倒する事が出来ない。」
「ではどうすれば・・・」
早乙女博士がピッと端末のボタンを押した。
すると大型液晶画面に何らかのグラフが表示された。
何やらのエネルギーに関する事らしい。

309 :二つの力:2007/01/31(水) 11:36:23 ID:w83oa6AC
「博士・・・これは一体?」
「うむ。ゲッター線と光子力エネルギーを混ぜ合わせた結果生じる現象についてだ。」
早乙女博士の仮説によれば二つのエネルギーを混ぜる事により自然界の摂理に干渉し
生態系にエネルギーを与える事が出来るらしい。
だがそれは甚大な副作用がある事も考えられる為今はまだ思案中。
それでも希望に見えるぐらい今のゲームの状況は緊迫していた。
「それは・・・このゲームの被害者を生き返らせたりする事も可能なのですか?」
「・・・・可能性としてはだ。」
ゲーム開始から今まで竜馬達が出会った人間達は全員生きている。
何度か放送があったがそれは見ず知らずの人間達だった。
だが。
その人達の為にも主催者を打倒しなくてはいけない。
「では・・・・光子力研究所に連絡しなくてはいけませんね。」
「それは辞めておいたほうがいい。盗聴されるかもしれない。」
「では直接出向けと。」
「非常に危険かつ不便だがそれしかないだろうな。」
竜馬はある一つの可能性を考えていた。
早乙女博士がこう考えたなら光子力研究所の人間達も同じ事を考えているのかもしれない。
だが今まで音沙汰の一つも無かった。
それはつまり・・・・
「博士。俺がジーグヘッドになって行きますよ。竜馬はここで博士と計画を練っていてくれ。」
ゲッターは現時点で貴重な戦力である。ここで失うわけには行かない。
司馬はそう考えたのだ。
「頼むぞ。司馬君。」
早乙女博士はそう言うと研究所の奥へと消えていった・・・。

【早乙女研究所】
【4日目 13:00】
【流竜馬@ゲッターロボ!】
【状態】普通
【装備】支給品一式
【思考】 1主催者の打倒 2早乙女博士の計画に乗る

【司馬宙@鋼鉄ジーグ】
【状態】普通
【装備】支給品一式
【思考】 1主催者の打倒 2早乙女博士の計画に乗る 3光子力研究所に出向く

【早乙女博士@真ゲッターロボ】
【状態】 普通
【装備】 無し
【思考】 1主催者の打倒 2ゲームの被害者を生き返らせる

【C2@コードギアス 反逆のルルーシュ】
【状態】 普通
【装備】 ドライバー 装備品一式
【思考】 1仲間を探す

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 12:40:04 ID:epgaiNTf
シーツーの表記は「C2」じゃなくて「C.C」じゃなかった?

311 :二つの力:2007/01/31(水) 12:40:50 ID:w83oa6AC
>>310
そうでしたね・・・すみません
ですが未見の方もいると思ったので・・C2と書きました

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:18:36 ID:k8y2OrqK
「C.C.(シーツー)」って一度書いとけば良くないかい?

313 :首輪の拘束から外れし者:2007/01/31(水) 13:21:53 ID:m0PzEiHH
「なんだってんだよっ、おっかしな法律作りやがって!あったまくんなぁ〜」
頭上に大きなサングラスをかけた学生風の少年が、悪態をつきながら歩いている
「コイツさえなけりゃあ、主催者とっつかまえてぶん殴ってやんだけどなぁ…」
忌々しそうに歯軋りしながら首輪を撫でる

「主催者退治すんのか?ほんとにやる気あんならそこまで連れてけよ!オイラが首根っこ噛み付いてやらぁ!」
「アーーーッ、お、おまえ首輪ついてないのかよ」
何やら自分の胸部を探り始める少年
「アヒャヒャヒャッ…くすぐってぇよ、やめろよヒロシ!」
「ほ、ほんとだ首輪がない!よぉぉーし、こうなったらおれ達で主催者ギャフンと言わしてやろうぜ!」
「当たっり前でい、平面ガエルのピョン吉様をなめるなってんだ!!」
「まずは主催者の居場所探しと乗り物が必要だな、乗り物持ってる奴に片っ端から声かけよーぜっ」
「がってんでい!」
少年は自らのTシャツに引っ張られながら元気良く走り始めた



【京都4日目 16:00】
【ひろし@ど根性ガエル】
【状態】怒り
【道具】支給品、スカウター@ドラゴンボール
【思考】 1主催者をギャフンと言わせる 2主催者の居場所探し 3乗り物or乗り物持ってる人を探す

【ピョン吉@ど根性ガエル】
【状態】怒り
【道具】支給品、オリハルコンの牙@DQ
【思考】 1主催者に噛み付いてやる 2主催者の居場所探し 3乗り物or乗り物持ってる人を探す


ひろし、ピョン吉共にスカウターとオリハルコンの牙を持っていることに気づいていません
荷物自体確認してない状態です


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:33:30 ID:vtelb2H0
真島ヒロは、ある団体を発見した。
「あ、あれは…KIYU」
それは、KIYUを筆頭にしたタカヤ、ポルタ、斬と言ったロケットの如く突き抜けた哀れな人たち。
真島ヒロは、それをあっさり素通りする。
「やっぱり、量より質だよな。スキルが低いと話になんねぇーぜ」

しばらくして、今度は別の団体を発見した。
「な、なんだ…あいつら!?」
その人間離れした形相、あれは確かDCSとか言ってたような。
真島の目つきが変わる。

「なかなか、うまそうな獲物だ。全てパクリ尽くしてやる」




315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:38:09 ID:vtelb2H0
一方、KIYU達一向もさっきの真島ヒロのことに気づいていたようで、
「あれは、DCS!!」
「超おもしれぇ」
「スマートに行こうぜ」

戦いは始まろうとしていた。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:40:58 ID:vtelb2H0
【四日目 京都某所 3時】

【真島ヒロ@FEALY TALE】
[状態]:健康
[装備]:ワンピースのネタ全般
[道具]:不明
[思考]
1:パクリ四天王の復活
2:この世の全てをパクリ尽くす。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:41:54 ID:vtelb2H0
【福岡県 山岳地帯 4日目 12時】

【DCS広め隊】
【バッシュ@FF12】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【ローラ@DQ】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕ドーピングコンソメスープの素∞
〔道具〕なし

【アモス@DQY】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【鈴子・ジェラード@うえきの法則】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【野原みさえ@クレヨンしんちゃん】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式

【ミカエル@ロマンシング・サガ3】
〔状態〕ドーピング
〔装備〕なし
〔道具〕支給品一式  四千のドーピングされた軍勢(INラドム)


〔共通思考〕
1:日本中にドーピングコンソメスープを広める


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:45:37 ID:vtelb2H0
KIYU@ロケットで突き抜けろ】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]:ある男に復讐する。

>>316訂正
【福岡県 山岳地帯 4日目 12時】




【タカヤ・ポルタ・斬@】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:不明
[思考]:売れてるマンガ家、及びそのマンガのキャラを抹殺する。


319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 15:52:56 ID:1z9JxWbm
>>307
リレーされてるw
鼻水吹いたじゃねーかwww

>>308-309
なぜフレイザードが主催と知ってるんだー!?

>>313
ピョン吉は盲点だったw

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 16:30:07 ID:epgaiNTf
言い忘れてたけど新作乙!

>>319
時刻が4日目の13時になってるし、第4回放送後って事なんじゃね?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 16:32:30 ID:epgaiNTf
と思ったら既にほとんどの作品が4日目入ってたwwスマソ

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 16:35:11 ID:k8y2OrqK
確かテンプレを見る限り、放送は不定期だった筈だが…
しかしこれじゃ第四放送の時に主催変えられないな。

323 :二つの力:2007/01/31(水) 16:57:52 ID:w83oa6AC
そこは早乙女博士の調査の力、あるいは(スパ厨的な言い方をすれば)ゲッター線が早乙女博士に見せた夢・・・

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 19:37:30 ID:Ery8/OEp
実はフレイザード以外に放送させようと考えたが、まずそうなので止めので死亡者リストだけ上げておきますね。

羽柴秀吉 、徳川家康 、芦川美鶴、コレット・ブルーネル、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、
野比セワシ 、野比玉子、野比セワシ 、野比玉子、アリーナ2、アリーナ249、アリーナ254、ナツメ 、リノア・ハーティリー、ユフィ・キサラギ、
野比玉子、名無し少年A、ヒデト、レネ、橘薫 、ストロン、服部半蔵、ノロウイルス、モヒカン頭、三木鼠、アミバ、朝倉音夢、野比玉子、
野比セワシ、フグ田マスオ、ビアンカ、野比玉子、富竹ジロウ、ロイド、ガラハド、鶴屋さん、オーバ、野比玉子、間宮リナ、草薙素子、シーナ、
アッシュ、カトリ・ウコンネミ、003、百合川サキ、女ゾンビ、光速の異名を持ち重力を操る高貴なる女騎士、ツンデレ、野比玉子、タブリス、
野比玉子、アルラ・ウネ、野比玉子、エミー、野比玉子、つー、シブタクにからかわれていた女の人、野比玉子、ルセア、川田咲子、エートロ、
野比玉子、メロンパンナ、赤ピクミン、八並康、野比玉子、しょうたいふめい、野比玉子、納豆、野比玉子、エイリアン、野比玉子、サチ、野比玉子、
野比玉子、野比玉子、野比玉子、皇帝、アナ、野比玉子、トーマ、ビラク、ドラミ、野比セワシ、シャーリー、レン村長、野比玉子、
ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ、野比玉子、かすかべ書店店長妃英理、ミス・メリークリスマス、ミネルバ・マクゴナガル、野村 沙知代、
八郎の母親、タダシの母親、アップル、ミセスようがん、ロッキー、ドッカン、よんいち、がんすけ、ドナルド・ダック、野比玉子、黒の結晶、
ジャスタウェイ、大爆弾、地球破壊爆弾、カイザーギドラ、キングギドラ、須田恭也、雛咲深紅、野比玉子、トルネコ、パパス、やる実、ドイツ人少年、
バラン、来栖川姫子、カズマ、ドモン、霧島翔、フルート、ムラカミ、伊頭臭作、八百長でやる夫、ヴァン・フソダエダ、エース、
ポートガス・D・エース、宍戸錠岡ひろみ、堀池巧、野比玉子、ティナ・ブランフォード、グラップラーA 、グラップルタンク、テッドブロイラー、
野比玉子(59回目)、おならぷーすけ、プー助、堀町タカシ、ぬるぽ、ルルーシュ・ランペルージ、野比玉子、野比玉子、野比セワシ、野比玉子 、
野比玉子、ヘンリー・タウンゼント、マイク・ドーソン、男、トマーシュ・マサリク、野比玉子、沢村竜平、野比玉子、ランス、
ピスケスのアフロディーテ、骨川スネ夫、石田三成、源義経、北条時宗、平将門、紫式部、卑弥呼、エドワード、シャルル無能王、ピタゴラス、
グラックス兄弟、項羽、孫策、張角、ドードー、ニホンオオカミ、ケナガマンモス、ティラノサウルス、プテラノドン、ステゴサウルス、
ディメトロドン、アノマロカリス、オパビン、シーラカンス、サン・ジェルマン伯爵、野比玉子、市長、福沢祐巳、七瀬彰、オルランドゥ、
オルテガ、クリフト、アリーナ2、カモミール・芹沢、スカーレット、シャーリィ・フェンネス、セリオ、アルル・ナジャ、八神庵、
野比玉子、西原、おカル、野比玉子、イズルート・ティンジェル、西原、アネ゛デパミ゛、今井メロ、エリート兵、野比玉子、ユリアン、
野比玉子、野比玉子、牙大王

325 :首輪のギャンブル:2007/01/31(水) 20:47:58 ID:I/TuWRwu
「つまり・・・首輪の解除は、理論上可能だと?」
「ええ・・・ただ、問題はありますけどね。」

フェニックスネスト。
その中枢に招かれたアカギ達は、首輪についての説明を受けていた。
そこで判明したのは、意外な事実。
どうやらこの首輪は、解除自体は簡単に出来るというのだ。
この首輪には、例えばこのGUYSで取り扱われているメテオールのような、オーバーテクノロジーの類は使われてない。
現在の技術で、十分対処は可能ということなのだ。
これで、主催者撃破の可能性が見えてきた・・・かに思われたのだが。
実はまだ、最悪の問題が残っていた。
ドラえもんが吹きとんだ時の様に・・・この首輪は、下手に手を出すと、その時点で爆発するよう仕組まれているのだ。
だから、分解の仕方は判明していても、分解は不可能ということになる。

「爆発させずに分解する方法か・・・」

立ちはだかる、最大の壁。
これさえ解決出来れば、解除は目前というのに。
誰もが頭を抱え、悩み考える。
すると、そんな中・・・アカギが、ある突破口を見い出した。

「・・・首輪を、爆発しない状態にすればいいんだな?」
「ああ、そうだが・・・策があるのか?」
「簡単な方法だ。
俺は今まで、首輪の解除方法について、素人なりに考えていたが・・・
この首輪は、どうやら死人が着けていると反応しないらしい。」
「それは、こっちでも解析済みですが・・・」
「なら話は早い・・・俺が実験体になってやるよ。
ここの技術なら、十分可能な筈だ・・・俺を仮死状態にしろ。
その隙に、首輪を外せる・・・!!」


326 :首輪のギャンブル:2007/01/31(水) 20:49:52 ID:I/TuWRwu
【フェニックスネスト 四日目 17:30】

【ヒビノ・ミライ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:メビウスブレス@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの無茶な提案に驚いてる
2:ケロン人から、兄達の写真を奪い取る
3:主催者を倒し、この争いを終らせる

【アイハラ・リュウ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:トライガーショット&メテオールショット@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの無茶な提案に驚いてる
2:ケロン人から、ウルトラ兄弟の写真を奪い取る
3:主催者を倒し、この争いを終らせる

【サコミズ・シンジ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:トライガーショット&メテオールショット@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの無茶な提案に驚いてる
2:ケロン人から、ウルトラ兄弟の写真を奪い取る
3:主催者を倒し、この争いを終らせる

【クゼ・テッペイ@ウルトラマンメビウス】
[状態]:健康
[装備]:GUYSタフブック@ウルトラマンメビウス
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの無茶な提案に驚いてる
2:ケロン人から、ウルトラ兄弟の写真を奪い取る
3:主催者を倒し、この争いを終らせる


327 :首輪のギャンブル:2007/01/31(水) 23:01:21 ID:I/TuWRwu
【鬼才組】
【赤木しげる@アカギ】
[状態]:健康
[装備]:ハーディアス@BLACK CAT
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:首輪を外す為、自らを仮死状態にする
2:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む。

【範馬刃牙@グラップラー刃牙】
[状態]:健康
[装備]:無し
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの無茶な提案に驚いてる
2:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む。

【平井銀二@銀と金】
[状態]:健康
[装備]:1億円入りケース
[道具]:支給品一式
[思考]:
1:アカギの大胆な提案に感心している
2:主催者を安全地帯から引きずり下ろし、戦いを挑む。



328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 00:01:34 ID:vKDg4voK
呪われたのびたまこ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 00:04:18 ID:zRhZQj57
>>324
激しく乙!!
あなたみたいな人がいてこそのカオスです!

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 01:41:21 ID:hs5LNVJL
>>334
作業乙!
左端に野比玉子並びすぎだwwwww

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 01:55:02 ID:9ogU/ydC
>>324
下から五行目に吹いたwww

332 :サニティゲージ0:2007/02/01(木) 02:10:10 ID:3W5GrvGs
身を裂く様な思いで彼女は叫んだ。
あのエンシャントどもに、人類の力を思い知らせる為に。
そう、犠牲を払って勝ち得た希望の力を。

 ◯    This
<ノヘ   is
< >    the end!

―誰もいない空間へ。

それを見て、ドン引きする二つの影。
「…行こうかユミコ」
「え、ええ。そうね。」
それよりミュウツーは確かめたい事があった。
あの叫びと銃撃は、一体?
とにかく確かめる為に歩かなければ分からないのだ。
ミュウツー達はその旋律の中心部―銀座へ向かう。

【四日目 東京都歌舞伎町 3時】

【アレキサンドラ・ロイヴァス(アレックス)@エターナルダークネス】
[状態]:サニティ
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:エンシャントに人類の力を知らしめる
2:その為にパイアスを殺す

【M2@コードキネシス 反逆のミュウツー】
[状態]:良好
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:あの女から離れる
2:銀座に向かう

【ユミコ@おいでよどうぶつ神の転生】
[状態]:良好
[装備]:???
[道具]:支給品
[思考]1:あの女から離れる
2:銀座に向かう


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 20:41:13 ID:4e992OfM
主催が何度か変わってますが・・・・何を持って勝利と言うのですか?

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 20:56:20 ID:z9XWqNa2
生き残ったキャラ全員が元の世界に帰ること

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 20:58:20 ID:4e992OfM
>>334
連れてこられたのはのび太だけだと思っていたのですが・・・違うのですね?
平行世界の住人の基準とはどのようなモノなのですか?

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:05:37 ID:z9XWqNa2
じゃあぼに太が元の世界に帰ればいいんじゃないの?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:07:22 ID:MEpeCbjx
>>335
というか参加者自体が状況飲み込めてないんだからこっちで詰めても仕方ない
フラグ積み重ねて決着に向かうか、このまま延々と理不尽な争いが続くかは書き手達の裁量

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:10:12 ID:4e992OfM
>>338
皆が納得する形での終焉というのはどのようなものなのでしょうか?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:11:17 ID:xF7elpZ0
>>338
自問自答でFA?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:12:30 ID:4e992OfM
アンカーミスしてしまいました
>>338>>337さんあてです

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:17:15 ID:hkQR93gZ
テラカオスなんだしいきなり終了しようがいきなり再開しようが
流れに任せてれるうちになんとかなりそうなw

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:20:04 ID:xF7elpZ0
イデの力とか東京大学物語とか代紋take2的な終わり方でもいいってことねっ!

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:37:22 ID:MEpeCbjx
>>338
だから結末を決めようとすること自体が良くないってんだ
他の“まともな”バトロワだって継続中のは結末決まってないっての

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:38:25 ID:THcL1py+
ルールでは主催倒した奴は勝者で元の世界に帰れることになってるが
これまで主催倒した奴はみんな帰る気ないんだね…

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:40:11 ID:xF7elpZ0
この世界ってルドラサウムがマジ喜びしそーだよなw

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:41:46 ID:RJvK4WpV
まあ、変な終わり方を強引に進めても、また即座にキャンセルされて再開されるだろうなw
なにせ死人も生き返るカオスロワだw

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:47:00 ID:PyQ4RMiQ
大魔王バーンって出てきたっけ?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 21:50:09 ID:xF7elpZ0
おれの記憶ではでてきてないと思うが、自分で確認したほうがいいぞ
この場が『誰々でてきたっけ?』の質問だらけになるのはいただけないから…orz


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 22:18:23 ID:3W5GrvGs
もうサガフロのブルー編っぽく終わらせていいんじゃね

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:03:56 ID:0Dg+aKFv
いまさらだがNO.53の話で
ネクロマンサー「ザオリク!」
取り敢えず何人か生き返った。随時生き返って行くので、このあと自然に登場したりする。



【ネクロマンサー@ドラクエ】
[状態]:MP無限
[装備]:エルフの飲み薬
[道具]:荷物一式(支給品不明)
[思考]
1:ザオリク連打。

てあったからわざわざ生き返りの話を作らなくても

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:04:58 ID:4z+80vh9
ネクロマンサーはザオラルなんだがなww
まあいいけどww

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:12:20 ID:QkrK5zLF
そろそろ放送が欲しいな

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:17:08 ID:3W5GrvGs
そうだな、大量虐殺ネタで思ったより早く死者溜まったし。
やっぱりエクスカリバーが大きいと思。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:50:22 ID:xF7elpZ0
誰か放送作ってるって言ってた人いなかったけ?
フレイザード以外にさせる気だったみたいだけどな

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:11:12 ID:6CmH2dFb
死者リストが有るようだし、俺の駄文で良ければ書くけど?

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:12:28 ID:AXPH5y5q
一向に構わん、書いてくだされ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:12:35 ID:Qjs9v9wH
…なあ、>>355には悪いが、漏れ書いていい?
アドルフ・Hを出していいなら。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:14:53 ID:2fittOiG
早いもん勝ちだろ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:15:02 ID:Ma7uHI/6
早い者勝ち。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:15:53 ID:Qjs9v9wH
…ああ、漏れのタイミング悪かったし…
>>355ガンガレ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:17:51 ID:6CmH2dFb
>>357
俺355だけど、俺文才無いからさ、君が書いて良いよ。
と、書き込もうとしたら、すでにそんなこと言えない状況になってるし。
ま、光の速さで仕上げてくるぜ!

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:17:51 ID:Ma7uHI/6
いや、そうじゃなくて、書き上げて投下したもん勝ちだろ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:19:50 ID:y8THPT1k
光の速さなら355で決まりだろ!
ガンガレ355!!

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:27:11 ID:FNiSmZKR
不定期放送ってのを利用して、
各キャラの死亡時間を調べて>>355が第四回、直後に>>357が第五回をやればいいんじゃね?
もしくは>>355の話で半分死者を読みあげ、>>357が主催者交代させて残り半分読み上げるとか

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:27:56 ID:y8THPT1k
放送の途中でぬっころしてもいいしなw

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:29:37 ID:FNiSmZKR
そうそう、それそれ。それを言いたかった

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:29:56 ID:6CmH2dFb
>>364
ナイス提案だ!
俺の方は全く問題無い。
>>357が良ければそうするか?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:42:05 ID:Qjs9v9wH
>>367
全然全く構わんッ!
先に投下してくれ。それに合わせるから。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:44:32 ID:6CmH2dFb
おk、んじゃ投下する

370 :第四回放送:2007/02/02(金) 00:45:43 ID:6CmH2dFb
バトルロワイアル法が制定されてから四日目。
列島の各地に4度目となる機械音が響き渡った。

ピンポンパンポーン

『あ゛ーあ゛ー、マイクのテスト中、マイクのテスト中』

前の放送と声が違うが、流石に4回目なので特にどよめきは起こらなかった。

『ではまず、これまでに死んだ者の中で、特に活躍した者の名を読み上げる。 心して聞くように』

列島各地に緊張が走る。

『羽柴秀吉 、徳川家康 、芦川美鶴、コレット・ブルーネル、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、野比セワシ、野比玉子、
 野比セワシ 、野比玉子、野比セワシ 、野比玉子、アリーナ2、アリーナ249、アリーナ254、ナツメ 、リノア・ハーティリー、ユフィ・キサラギ、
 野比玉子、名無し少年A、ヒデト、レネ、橘薫 、ストロン、服部半蔵、ノロウイルス、モヒカン頭、三木鼠、アミバ、朝倉音夢、野比玉子、
 野比セワシ、フグ田マスオ、ビアンカ、野比玉子、富竹ジロウ、ロイド、ガラハド、鶴屋さん、オーバ、野比玉子、間宮リナ、草薙素子、シーナ、
 アッシュ、カトリ・ウコンネミ、003、百合川サキ、女ゾンビ、光速の異名を持ち重力を操る高貴なる女騎士、ツンデレ、野比玉子、タブリス、
 野比玉子、アルラ・ウネ、野比玉子、エミー、野比玉子、つー、シブタクにからかわれていた女の人、野比玉子、ルセア、川田咲子、エートロ、
 野比玉子、メロンパンナ、赤ピクミン、八並康、野比玉子、しょうたいふめい、野比玉子、納豆、野比玉子、エイリアン、野比玉子、サチ、野比玉子、
 野比玉子、野比玉子、野比玉子、皇帝、アナ、野比玉子、トーマ、ビラク、ドラミ、野比セワシ、シャーリー、レン村長、野比玉子、
 ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ、野比玉子、かすかべ書店店長妃英理、ミス・メリークリスマス、ミネルバ・マクゴナガル、野村 沙知代』

『はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、』

列島各地から悲痛な叫びが聞こえてくるが……。

『ぜぇ、はぁ、ぜぇ、はぁ、八郎の……』
『ラットマン!渡した原稿はそれではない』
『へ、ちょっと、もっと早く言ってくださいよ』
『気づかない貴様が悪いっ!!』

371 :第四回放送:2007/02/02(金) 00:47:25 ID:6CmH2dFb

先ほどと違う声によって、突如遮られる放送。
人々の悲痛な叫びは戸惑いの声に変化し、その戸惑いの声は数秒後に再開された放送によってさらに大きいものとなる。

『えー、ノロウイルス撲滅同盟からのお知らせです。
現在日本列島はノロウイルスの脅威に晒されています。
 我々ノロウイルス撲滅同盟はそれを見過ごすことはできません。
 そこで、我々はノロウイルス撲滅の為のネズミー募金を実施いたします。
 募金は、放送終了後から全国を廻るノロウイルス撲滅同盟の者へお持ち下さい。
 どうぞ皆様ネズミー募金に御協力お願いします。
 また、我々の活動に協力してくれる有志の方も随時募集しております。
 最後に、家に帰ったら手荒いうがいを忘れずに行い、暖かい格好でお休み下さい。
 以上、ノロウイルス撲滅同盟からのお知らせでした…… これで宜しいでしょうか?』
『フッ、ラットマンにしては上出来だな』

こうして奇妙な第四回放送は終了した。


【東京都国会議事堂 4日目:18時】

【ノロウイルス撲滅同盟軍】

【アーカード@ヘルシング】
[状態]: 拘束制御術式完全開放、吸血鬼の血と自然の医学、ノロウイルスがいい感じにブレンドされて正気喪失。自然治癒不可能。
[装備]: ジープ@安藤 ポケティ@勇次郎製、赤い羽根@現実
[道具]: 支給品一式
[思考]1:ポケティを配りノロウイルスの恐ろしさを各地に伝える(聞こうとしない者、真面目に聞いていないとみなした者は吸血鬼に)
  2:募金活動を通して撲滅運動参加者を募る

【範馬勇次郎@範馬刃牙】
[状態]: 範馬の血と自然の医学、ノロウイルスがいい感じにブレンドされて正気喪失。自然治癒不可能。
[装備]: ジープ@安藤、暖かいコート@安藤 ポケティ@勇次郎製、赤い羽根@現実
[道具]: 支給品一式、首輪
[思考]1:ポケティを配り、ノロウイルスの恐ろしさを各地に伝える(聞こうとしない者、真面目に聞いていないとみなした者には拳で教える【殺す】)
  2:募金活動を通して撲滅運動参加者を募る

【ねずみ男@ゲゲゲの鬼太郎】
[状態]: 健康(あまりに不潔すぎてノロウイルスも裸足で逃げ出すようです)
[装備]: 赤い羽根、手製の募金箱
[道具]: 支給品一式、首輪、大量の赤い羽根@現実
[思考]1:助けて鬼太郎!!
  2:一応、 ノロウイルス撲滅に協力する
  3:出来れば逃げ出したい
※ねずみ男はノロウイルス他一切の病原菌を受け付けません。むしろ病原菌の方が病気になります。

[共通行動方針]1:首相官邸→沖縄〜→北海道という感じで動く(全国行脚)
      2:新しい町に辿り着く度ノロの恐ろしさを触れ回り、同盟軍の話を真面目に聞く者たちを一時非難させた後
      3:町の復興の手助け? 知らん!!!!!!!!
      4:病人には優しく

[備考]:アーカードと勇次郎はノロウイルス?に犯されています。通常のNVとは違い低確率で接触感染が起きます。空気感染も起きないとは限りません。

【フレイザード@ダイの大冒険 死亡確認】
[状態]:放送を行うために禁止エリアに足を踏み入れ爆死

※第四回放送が日本列島全体に流れました。
※放送に必要な機材はアーカードが禁止エリアから持ち出しました。
※主催者であるフレイザードは死にましたが、国民は誰一人その事を知りません。
※あん? 早乙女のじじい? 奴はもう歳だからな、耳が遠くなったんじゃねーの?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:48:29 ID:6CmH2dFb
以上
反論は受け付ける

373 :第四回放送 Fascism Side:2007/02/02(金) 00:57:28 ID:Qjs9v9wH
男は銃をホルダーにしまい込むと、代わりにその手に吹っ飛んできたマイクを持つ。
男に後悔は無かった。
いや、後悔をしないとは初めから決めていた筈だ。
あの日、反民主主義―ファシズムを掲げた日から。
もう戻れぬ道である。これまでも多くの血を流して来た。
ユダヤもナチスも関係無く…それこそ自責で苦悩した時もあった。
だが、覚悟はもはや決まった。
これからも、血を流させてみせる。

その男の目にもはや迷いなど無かった。
男はマイクのスイッチを力強く押した。
咳ばらいしながら、男は塵と化したフレイザードから回収した紙を持ちながら、その内容を告げ始めた。
もう人々の呻きなど慣れたものである。
―今の彼に参加者への憐れみ、同情の念は存在しただろうか。
『諸君、私はアドルフ・ヒトラーである。
諸君らはもはや日常生活から脱落した。
後はただ自らの感情に従い、使命を全うするだけである。』

参加者達からのどよめきは起こらない。先の放送で男も知っているように、主催者は何度も変わっているからだ。

『その志半ばで果てた者達の名前の残された者の続きを読もう。
それが彼らへの供養であり…そして諸君らの次の行動を決める筈だ。』

男、アドルフはいよいよ名前を読み出した。
アドルフ自身にも込み上げる者はあるが…それは悟られぬように奥へしまい込んだ。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:58:15 ID:FNiSmZKR
ラットマンとフレイザードの末路に吹いたw

375 :第四回放送 Fascism Side:2007/02/02(金) 00:58:48 ID:Qjs9v9wH
『八郎の母親、タダシの母親、アップル、ミセスようがん、ロッキー、ドッカン、よんいち、がんすけ、ドナルド・ダック、野比玉子、黒の結晶、
ジャスタウェイ、大爆弾、地球破壊爆弾、カイザーギドラ、キングギドラ、須田恭也、雛咲深紅、野比玉子、トルネコ、パパス、やる実、ドイツ人少年、
バラン、来栖川姫子、カズマ、ドモン、霧島翔、フルート、ムラカミ、伊頭臭作、八百長でやる夫、ヴァン・フソダエダ、エース、
ポートガス・D・エース、宍戸錠岡ひろみ、堀池巧、野比玉子、ティナ・ブランフォード、グラップラーA 、グラップルタンク、テッドブロイラー、
野比玉子(59回目)、おならぷーすけ、プー助、堀町タカシ、ぬるぽ、ルルーシュ・ランペルージ、野比玉子、野比玉子、野比セワシ、野比玉子 、
野比玉子、ヘンリー・タウンゼント、マイク・ドーソン、男、トマーシュ・マサリク、野比玉子、沢村竜平、野比玉子、ランス、
ピスケスのアフロディーテ、骨川スネ夫、石田三成、源義経、北条時宗、平将門、紫式部、卑弥呼、エドワード、シャルル無能王、ピタゴラス、
グラックス兄弟、項羽、孫策、張角、ドードー、ニホンオオカミ、ケナガマンモス、ティラノサウルス、プテラノドン、ステゴサウルス、
ディメトロドン、アノマロカリス、オパビン、シーラカンス、サン・ジェルマン伯爵、野比玉子、市長、福沢祐巳、七瀬彰、オルランドゥ、
オルテガ、クリフト、アリーナ2、カモミール・芹沢、スカーレット、シャーリィ・フェンネス、セリオ、アルル・ナジャ、八神庵、
野比玉子、西原、おカル、野比玉子、イズルート・ティンジェル、西原、アネ゛デパミ゛、今井メロ、エリート兵、野比玉子、ユリアン、
野比玉子、野比玉子、牙大王
…以上である。
では、生き残っている諸君らの更なる健闘を祈る。』
アドルフはスイッチを切った。
この後、何が起きるかはアドルフにも想像がつかない。
だがそれが自然であり…人生の楽しみである。
アドルフは知っていた。
だからこそ予想とは重要なものだと。
BR法施工から四日目。
戦いは新たな局面を迎えようとしている。


376 :第四回放送 Fascism Side:2007/02/02(金) 01:02:33 ID:Qjs9v9wH
【四日目 東京都国会議事堂前 18時】

【アドルフ・ヒトラー@歴史】
[状態]:良好
[装備]:ベレッタ92F
[道具]:支給品
[思考]1:この戦いを見守る
2:何となく侵略も考えている

※アドルフによる第四回放送後半が放送されました。

※アドルフは国会議事堂から微妙に離れた位置に居る為、禁止エリア死していません。

377 :第四回放送 Fascism Side:2007/02/02(金) 01:03:14 ID:Qjs9v9wH
投下終了。携帯の調子悪いorz

さあツッコミくれ。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 01:16:56 ID:y8THPT1k
アドルフ野外で寒そうダナーw

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 01:20:33 ID:FNiSmZKR
二人とも乙。
ヒトラーの復活で、初期に登場したボー・ブランシェが議事堂付近に来たりする予感

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 01:33:18 ID:6CmH2dFb
>>376

シリアスな放送はこれが初めてだな。

381 :その男、異常性欲者につき―― ◆86jbQTms.U :2007/02/02(金) 02:48:27 ID:Y7rCyur4
「エターナルフォースブリザード!!!」
「ル・ラーダ・フォルオル!!」
「『ノーザンテラレイド』炎系に大ダメージ!!」
「フェルエリア・フォン・エターナリティ!!」
「バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー!!」
「煉獄炎火灼鎌(メギド)!!!」
「ルート・ファン・ニステルローイ!!」
「ドロー! モンスターカード!」
あまりに厨臭い呪文の数々を無差別に唱え、虐殺を行っている名無しさん。
普通使った方が、その痛さで再起不能になりかねない危険な攻撃ばかりだが、彼には何の影響もないようだ。
何故ならば、
「フヒヒwwwww俺TUEEEEEEEEEEEE!! っつーかマジで俺強くね? カオスロワ中でも最強じゃね!?」
彼は完っ全に自己陶酔……要するにまんま『俺TUEEEEEEEEEEEE!!』な状態だったからである。
一旦こうなってしまったVIPPERを止める術は皆無に等しい。電凸から2chコピペブログ炎上まで、何でも行う危険野朗でしかない。
「おっといけない。安価安価」
ふと何かを思い出したように、彼は懐からモバイルを取り出す。どうやら、彼は生粋の携帯厨であるようだ。
モバイルの画面には、あるニュース速報掲示板、その一スレッドが表示されていた。

  『>>730
   とりあえず適当にスガンしてきた。
   安価
   >>750
   >>755
   >>760

彼は、恐るべき指捌きでそう瞬時に打ち込むと、十字キーの中央を押し、スレッドに書き込んだ。
この携帯は、超次的集合存在の行動端末である彼が『複数集合意識』……要するに自スレの総意を反映するためのアイテムである。
わざわざこんなもんを使わなければ意志が伝えられないというのは、随分と面倒な設定を……もとい、性質をしているものだ。
しかし、このモバイルから指令が与えられ続ける限り、彼が指針を見失うことはない。そういう意味では恐るべきものであった。
「安価返信キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ! 何々、>>750が『クラウザーさんのコスプレしろ』で、>>755が『一日目から動いていないキャラをズガンしろ』、>>760が……」
その上、彼は『VIP魔法』とかいうネット上の妄想を具現する、カオスロワ中でも群を抜いて厨な……いや厄介な能力を与えられていた。
例えば、中二病っぽい言動を取れば、それが現実を侵食し、実現してしまう。
『エターナルフォースブリザード』と唱えれば、周囲の空気ごと相手を凍結させ、死亡させる。
まさに、外道である。
「……『議事堂に特攻』wwwwwwぅぇwwww俺に死ねってかwwww」
彼に与えられた指令は、いささかキツめのものだったようだが、実行をやめようとする気配は感じられない。
それが、スレを立ててしまったVIPPERの宿命なのだから。

彼は一番早く実行できそうな>>760の指令から遂行することにした。国会議事堂には強力な主催者達が巣食っているが、そこはあまり気にしない。
現実では単なるヒッキーでしかない彼も、この世界ではヴォルデモートも真っ青な大魔法使いである。余計、それは悲しい話であるが。
「ノロウィルス撲滅同盟軍? ボコボコにしてやるよwwwwイヒヒwwww」
彼は意気揚々と国会議事堂に向かう。
一言彼が『フェルエリア・フォン・エターナリティ』と唱えれば、『ぬわーーー』と叫びながらアーカードや範馬勇次郎は消え去ってしまうだろう。
危うしノロウィルス撲滅同盟! 果たして彼を止められる者はいるのか!?



「   や   ら   な   い   か   」




382 :その男、異常性欲者につき―― ◆86jbQTms.U :2007/02/02(金) 02:49:48 ID:Y7rCyur4
いきなり、そんな声が横手から聞こえてきた。
(!? ま、まさか、こいつはあの……ッ!!)
思わず、心当たりの在り過ぎるセリフに、全身を硬直させる名無しさん。
どうでもいいけど、『ななしさん』で変換すると『七資産』になって微かっこよくなるよね。
ギチギチと、首をめぐらせ、彼はゆっくりとそちらを振り返る。

―――ベンチ。
―――ツナギ。
―――いい男。

ネットジャンキーのサガか、思わず『ウホッ!』と口から飛び出てしまいそうになるのを、必死で押し留める。
言ってしまったら、アウトだ。
いや、言わなくてもアウトだろうか。
「……俺はノンケだって構わないで喰っちまう人間なんだぜ?」
ほらね。
(ま、待て! ここはアレだ、そうだ、安価指定すれば何とかなるはずだ! あいつらなら分かってくれる!)
モバイルの指令がなければ、彼は行動することができない。それがVIPクオリティだからである。
彼は己を強制する『指令』に一縷の望みを託し、モバイルを今までの中でトップ10に入る速度でタイプした。

  『やべぇ、阿部だ! 阿部高和だ! どうすればいい!?
   安価 >>800

(頼む、俺に攻撃する権利を! この変態を撃破する手段をくれ! 俺はノーマルなんだ!)
彼は祈った。仏から家族からS学会まで、祈りうるありとあらゆるものに祈りを捧げた。
その結果―――

  『>>784
   「アッー!」
   「スネーク! 返事をしてくれ! スネェェェーク!!」』

無常にも神様(まろゆき)は、彼を見捨てたようだった。
がっしり、と肩を捕まれ、彼は公衆トイレへと引きずられていく。
「安心しろよ。ケツの滑りがスムーズにいくよう、ローションを使ってやるからな」
彼は聞いていない。完全に抵抗を諦め、静かに空を見上げた。
虚ろな目つきで、天を仰ぎつつ、彼は最後に呟いた。

「それが世界の選択か……」


―――ラ・ヨダソウ・スティアーナ―――




「アッー!!!」







383 :その男、異常性欲者につき―― ◆86jbQTms.U :2007/02/02(金) 02:50:24 ID:Y7rCyur4
「なんだ、そんなに気持ちよかったのか?」
阿部は力の入っていない体を叩いてみる。
返事はない。
ただの屍のようだ。
「腹上死させちまったか……次からは少し押さえていかないとな」
大してその事実に感じるものもなく、阿部は自分のブツを抜き去る。
阿部にとって死んでしまったいい男は、いい男の死体、という認識でしかない。
「ま、最後にお互い良い気分を味わえたから満足だろう。結構な締まりだったぜ」
清掃用具が入っている場所へ、死体を乱暴に投げ入れると、そのまま扉を閉めてしまう。
阿部は再びツナギを身に纏い、公衆トイレを出て行った。
そして、己の定位置であるベンチに腰掛け、新たなる獲物を待ち続ける。
全ては、いい男のために。


【東京都 例の公衆便所 四日目 19時】

【阿部高和@くそみそテクニック】
[状態]: 健康
[装備]: なし
[道具]: 支給品一式 バブルローション×2 メルティローション×3 ビターローション×3
[思考]: や ら な い か


【名無しさん@2ch 死亡確認】

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 04:27:06 ID:FNiSmZKR
そういや阿部もいたんだったなw
名無しがズガンしたキャラの状態表もあれば、なおGJなんだが…「適当に」って事は全員じゃないんだよな?

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 12:28:29 ID:shga88xc
えーとこのロワの舞台が日本だって事はそれ以外の地域の人間達は参加してないって事ですよね?
部外者達の言動を描くというのはアリですか?

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 12:44:52 ID:+n7D6KvS
ブッシュとか出てたぞ。
ってか、参加するなら過去作くらいは読もうぜ。

387 : ◆86jbQTms.U :2007/02/02(金) 13:05:27 ID:OAN0nOvc
>>384
「適当に」というのは、目に入った参加者を一通りズガンしていった、ということで。
死亡したのは下のリストに入っている人たちで全員です。

【チェルノボーグ@ファンタジア 死亡確認】
【フリードリヒ・ニーチェ@哲学者 死亡確認】
【アレイスター・クロウリー@魔術師 死亡確認】
【イリオモテヤマネコ@特別天然記念物】
【竜崎一矢@闘将ダイモス 死亡確認】
【修正マン@とっても!ラッキーマン 死亡確認】
【不屈闘志@全力ナイン 死亡確認】
【紺野あさ美@元モーニング娘。 死亡確認】
【生真面目小隊長◆UcMW2ED.5Q@キャプテン 死亡確認】
【水乃小路飛鳥@うる星やつら 死亡確認】
【星野奈留@リビドー7 死亡確認】
【ジャンヌ@ロマンシングサガ2 死亡確認】
【美輪昭宏@オーラの泉 死亡確認】
【南都夜々@ストロベリーパニック 死亡確認】
【ブリジット@ギルティギア 死亡確認】

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 13:07:06 ID:LyvL6tIr
美輪昭宏はなぜオーラの泉限定なのさ?w
ワロスww

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 13:59:48 ID:0qHMCVKY
キャ、キャプテーーーーンwwwwwwwww

390 :二つの決意 ◆6/WWxs9O1s :2007/02/02(金) 15:00:51 ID:vBTLVHFA
「私は一体、なんなんだろうな・・・・・・」
先生は、呆然と空を見上げていた。
「そもそも私は、何のために戦っているんだろう・・・・・・」
第四回目の放送。ついにあの男が主催になってしまった。

次々に変わる主催。
平気で復活する死者。
話に詰まったらとりあえず大量虐殺。
リレーされないマイナーキャラ。
そして、ズガンや大量虐殺によって死んでしまった彼の教え子達。

「一体私は・・・・・・何のために、人を殺してしまったんだろう」
こんな、くだらないゲームのために。
今まで自分が殺した者達にも、家族と大切な思いがあったはずだ。
自分の思いは、それを奪うことに足るものだったんだろうか。
あの眼鏡の中年に言われた言葉が胸の奥で鋭く尖って突き刺さる。
いや、そもそも一日目の夜に、あの禿頭の男と戦ったあの時から・・・・・・わかっていたことではないか。

自分は、とんでもない間違いを犯していると。

「野比・・・・・・剛田・・・・・・」
結局自分のしたことは、何人もの人の命を奪って何人もの人に悲しい思いをさせたということだけ。
そこまでしても、生徒を守ることなんか出来なかった。
こんな罪を、償える方法などもう残っているはずは無いけれど。
「何人か、死後に復活した人がいる。ならばあるはずだ。死んだ教え子達を・・・・・・私が殺した人たちを、蘇らせる方法が」
先生は、金属バットを強く握り締めた。それは決意。
死者全員を復活させる方法を探す。
そして、もう誰にも血は流させない。


391 :二つの決意 ◆6/WWxs9O1s :2007/02/02(金) 15:01:35 ID:vBTLVHFA
「フグ田くん・・・・・・とうとう奥さんに続いて、君まで死んでしまうなんてね」
海山商事の男子トイレ。殺し合いを恐れてここに隠れていたアナゴは、先ほどの放送で親友の死を知った。
「・・・・・・畜生。ちっくしょう!! 」
なんで、守れなかったんだろう。
なんで、彼を家族を亡くした絶望の中で、逝かせてしまったんだろう。
決まっている。自分が弱かったからだ。こんな恐ろしい顔をしている癖に、ビビッて隠れていたりしたから。
「フグ田くん、すまない・・・・・・ブラァァァァァァァァ!! 」
これで海山商事は自分しか残っていない。ゲームが終わったところで、もう倒産だろう。
一体どうしたらいいんだろう。何をすれば償いになるんだろう。

「ねえ、あなた」
聞きなれない声がした。冷たい声だ。でも、声質は少女のそれだった。
「警戒しないで欲しい。私は少し聞きたいことがあるだけ」
トイレの出入り口にいたのは、黒いセーラー服に黒くて長い髪が印象的な小学生くらいの少女だった。
「あなたはアナゴさん? 」
「ああ。そうだけど、お譲ちゃんは一体・・・・・・」
「フグ田マスオという人を知っている? 」
「君は、マスオ君の知り合いか!? 」
あの同僚にこんなタイプの知り合いがいたとは驚きだ。
「知り合いというほどの間柄ではないけど。彼の息子の名前は知っている? 」
「ああ、タラちゃんだろう? 」
どうやら信用していいようだ、と志乃は判断した。
本当に完全に信用していいのかどうかはわからないが、マスオに紹介された手前、今は信じるしかない。
「そうだ、タラちゃんとカツオくんについて、君は何か知らないかい? 」
「カツオという人は知らない。タラオという子供は私達と一緒に行動している。今は仮眠室で休んでいる」
「じゃあ、さっきの放送は・・・・・・」
「おそらく聞いていない。眠っていたはずだから」
「そうか」
それはいいことなのかどうかはわからない。しかし、父親が死んだことなど、あの子には教えないほうがいいのかもしれない。
でも、磯野家で生き残ったのはあの子だけかもしれない。カツオくんも、無事かどうかわからない。
ならば・・・・・・自分には何が出来るだろう。
「じゃあ、僕も仮眠室に行くよ。タラちゃんは守りたいし、君も大人といたほうが安全だろう」
「ええ。今私と一緒に行動しているのは、タラオともう一人白鳥という男の子。全員武器といえるものは持っていない。このままでは脆弱」
「なあに、おじさんにまかせておきなよ」
アナゴは自分の胸を叩いた。
マスオに対して、よくやってみせていたように。

392 :二つの決意 ◆6/WWxs9O1s :2007/02/02(金) 15:02:22 ID:vBTLVHFA
(この子たちと一緒に行動しながら、マスオ君の仇を探す。見つけたらもちろん殺す。その他、出会った人間はなるべく殺していかないと)
アナゴは、前を歩く志乃の背中を見つめながら自分の行動方針を確認していた。
(この子と、白鳥という少年もいずれ殺す必要があるな・・・・・・でも、タラちゃんだけはなんとしてでも守らねば)
タラちゃんを優勝させること。それがマスオへの償いで、友情の証。その決意に間違いはないはずだから。
(しかし、タラちゃんたちに気がつかれたらダメだ。この志乃という女の子はカンが鋭そうだし・・・・・・あくまで表向きは「優しいアナゴのおじさん」で通すんだ)
そしてアナゴは、暗がりに紛れてその醜い顔を微笑で醜くゆがませた。

(それでいいだろう、マスオくん・・・・・・)




【四日目 東京都国立市 18時半】

【先生@ドラえもん】
〔状態〕先生能力完全開放
〔装備〕金属バッド、スタンガン@SHINO
〔道具〕支給品一式
〔思考〕
1:生徒達、特にのび太のもとへ向かう
2:死者を生き返らせる方法を見つけ出し、全ての死者を復活させる


【四日目東京都 海山商事 18時半】
【アナゴ@サザエさん】
〔状態〕健康
〔装備〕不明
〔道具〕
〔思考〕
1:タラオ、志乃、隆士に怪しまれないように一緒に行動
2:マスオの仇を殺す。
3:出会う人が弱そうだったら志乃たちの隙を見て殺す
4:志乃たちも利用価値が無くなったら殺す
基本方針:タラちゃん以外全員を殺し、タラちゃんを優勝させる



【支倉志乃@SHINO】
〔状態〕健康
〔装備〕無し
〔道具〕支給品一式
〔思考〕
1:『彼』を探す
2:今はひとまず白鳥、タラオ、アナゴと行動をともにする
3:アナゴをわずかに警戒(完全に心は許していない)

393 :4日目での東京タイムテーブル:2007/02/02(金) 18:46:09 ID:Qjs9v9wH
取り敢えず†が死亡、→の左側にいるのが加害者ね。

【0時】
{銀座}
スミス→ルルーシュ†
リヴァルがマリアと合流
【2時】
{世田谷}
ヘンリー→玉子†
ソーヤ→ヘンリー†
【4時】
{吉祥寺}
リサ→牙大王、玉子、玉子†
【5時】
{大手町}
リアルタイムにドロッチェ達とスネ吉が合流
【7時】
{夢の島}
早川→7名†
【13時】
{世田谷}
中島らが交戦
【14時】
{銀座}
アカギと刃牙が合流
【14時半】
{世田谷}
ちせ→12名†
【14時45分】
{世田谷}
ちせ→エリート兵、玉子†
【16時】
{銀座}
アカギ達と銀二が合流


ウィキに掲載されてる奴だけ。
マーダーは多いのに以外と動きが少ないな。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:20:49 ID:18Pp8gMv
ステルスマーダーってアナゴさんが初じゃないか?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:43:40 ID:1EKxBv68
アンパンマンがいるぞ

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:39:58 ID:rvkXqj9X
過疎?

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:41:45 ID:nUbUz1cZ
様子見

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:54:06 ID:rvkXqj9X
んじゃ、おれ書いちゃうよ?


399 :24(つまりリアルタイム):2007/02/04(日) 03:53:01 ID:TKZPW/Ay
>>398より先に投下してやるぜ!

殺し合いは着実に、確実に、そしてリアルタイムに進む―

その車は銀座に辿り着こうとしていた。
走行音と排気ガスを吐き散らしながら、スポーツカーはタイヤをひたすら回す。
「君達、そろそろ銀座だよ?」
スネ吉が後ろに居る筈の鼠達に声をかけた―筈だった。

返事は返ってこない。空しくスネ吉の声が響くだけである。
「ん?どうしたのかな?」
スネ吉が振り返ると、座席には誰も座っておらず、代わりに座席下で何かがうごめいていた。
「?」
スネ吉からは座席に隠れてよく見えないが、大きい耳だけははっきりと見える。
その動きはスネ吉の興味を醸し出す。
本当に何をしているのだろうか。

「ああっ…」
漸くスネ吉にもはっきり分かる声を出す。
喘ぎ声だ。その声は確実に何かを感じている。もちろん性的な意味で
それに、ぴちゃぴちゃと卑猥な音まで聞こえる。
「ス、ピン…やめ、そこ…は…あ、ぁ…はあ、あ、アッー!!」
それは突然だった。スネ吉が運転に集中出来なくなる程の叫びが響く。

「き、君達は本当に何をやっているんだい??」
スネ吉はマグナムなど銃器の類は支給されていない。
だが…生まれつき男が持つ、そのスナイパーライフルはスコープを伸ばしていく。
先程から聞こえる鼠の鳴き声を除けば、殆ど人間の男女が゛それ゛を交わしている声と同じだ。
「…」
スネ吉はドロッチェが何度も欲望を吐き出していると思うと、もはや妄想は止まらなかった。
その度にスナイパーライフルの空砲が撃ち出される。
(な、何、鼠に発情しているんだ僕は?)
スネ吉は自らを抑制しようとしたが、既に手遅れ。

「ス、スピンちゃん??」
スネ吉がアクセルを踏んだまま振り向いた、その時だった。
スポーツカーに衝撃が伝わると、運転席と助手席は面影も無く横に潰れる。

400 :24(つまりリアルタイム):2007/02/04(日) 03:56:42 ID:TKZPW/Ay

「…!」
ドロッチェが気付くと、そこにあるべき筈の座席が無く、目の前にコンクリートの道路だったものが崩れているだけだった。
「全く…スピンが俺の耳をずっと舐めまわしているから、気がつかない内に事故っているじゃないか!」
ドロッチェのそこには何かが生えている訳でも無く。
「…チュー?」
「チュー?じゃない!俺が耳が弱いの知っているだろっ!」

彼らもスネ吉も知る由も無いが、スポーツカーは密かに三人も人間を跳ねていた。
スネ吉が振り向いた瞬間に爆弾を持った三人の人間にスポーツカーが衝突、今に到った。

「…スネ吉が何処に行ったか分からないが…まあ生きているだろう。」
ドロッチェは楽観する。
「さて…銀座か」

銀座、確実にそこには強大なマーダーが存在する―

【四日目 銀座 6時】
【ドロッチェ@星のカービィ】
[状態]:色んな意味で軽症
[装備]:ヒノカグツチ
[道具]:支給品
[思考]1:ストロン達を捜す

【スピン@星のカービィ】
[状態]:泥酔
[装備]:コルトガバメント(弾切れ)
[道具]:支給品
[思考]1:なんらE感じ♪

【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【骨川スネ吉@ドラえもん 死亡確認】
【キャプテン@キャプロワ 死亡確認】
【リアルタイムカービィの人@TCBR 死亡確認】

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 04:32:45 ID:rvkXqj9X
むぅ…先を越されてくやしー
…なんて言うわけねーじゃん!!
……色んな意味で問題作投下乙w

402 :本当にごめん プーロを自分の首にかけてくる:2007/02/04(日) 04:55:43 ID:TKZPW/Ay
キーボードを前にしてTKZPW/Ayは思い詰めた。
…一体何を投下しているのだ!?
推敲もしないで投下した作品だ、それは後で読んだら赤面モノだ!!

TKZPW/AyはTKZPW/Ayの意思に反して自殺行為を計った。

TKZPW/Ayは包丁の刃を自分の左胸を突いた。
…TKZPW/Ayの胸から血がどんどん湧き出てくる!
(略)

【四日目 某所 4時55分】

【ID:TKZPW/Ay@TBCR 死亡確認】

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 13:24:26 ID:dhX/cEjG
「やっと集まった……」
徳川家康の配下武将本田忠勝は、7つの玉を前に一息ついていた。
この玉――ドラゴンボールは、家康を生き返らすために忠勝が必死に集めたものだ。
「では、そろそろ始めるか」

「出でよドラゴン!そして願いを叶えたまえ!!」

先程まで紅く染まっていた夕焼けの空が、黒く塗りつぶされる。
そして忠勝の叫びに呼応し、ドラゴンボールが光り輝く。
輝いたボールから、一筋の光が天に昇って行き、それが龍の形に変わる。

「これが神龍……」
神龍の神々しい姿に、忠勝は感嘆の声を上げる。
「さあ、願いをいえ。どんな願いも一つだけ叶えてやろう……」
神龍に見とれていた忠勝は、本来の目的を思い出す。
「よ、よし……、言うぞ!」
深く息を吸い、腹に力を込める。

「徳川家康様を生き返らs「大量虐殺で死んだキャラを全員生き返らしてくれ!!」

「……」
「……え?」
「願いは叶えてやった。ではさらばだ」
そう言い残して神龍は消え去り、ドラゴンボールは世界中に飛び散ってしまった。


【四日目 東京都内某所 18時】
【本田忠勝@歴史】
[状態]:放心状態
[装備]:蜻蛉切@歴史
[道具]:支給品一式
[思考]1:え?
   2:徳川家康@歴史を生き返らす

【ウーロン@ドラゴンボール】
[状態]:正常
[装備]:ギャルのパンティー
[道具]:支給品一式
[思考]1:感無量

※大量虐殺ネタで死んだキャラが、全員生き返りました。

404 :愛知窮迫:2007/02/04(日) 13:29:45 ID:En3Bc9Fy
              ∠二`-=-''"<~,,_
             ,,=''"~       =
            ,/           \
  _,,_    __ lイ ⊂●⊃   ⊂●⊃ 'l,
  `ヽ=、\/~ ,//    ,, .,,人,,_.    `lヽ  
  ∠ ̄     <  レ  ー'"'"   ``''' '‐  N
  /        `V"             |'
  レ  ・    ・ て,,/          (_,人
 (_,,.   -◇-   ┌'"レ|          ,, /
   'l, i, 、 , i,,/  火 ,;_ .,,  ,. ,, ,/"
    ゙(_/`'"\)    (ニニ!`ヽ'"-'"!ニニ)
南セントレアって?  愛知の恥じゃよ…


【四日目 愛知県 6時】
【キッコロ@愛・地球博】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:万博の客から没収した弁当
[思考]1:皆殺し

【モリゾー@愛・地球博】
[状態]:枯れ気味
[装備]:
[道具]:万博の客から没収した弁当
[思考]1:皆殺し


【南セントレア市@愛知県 死亡確認】












405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 13:37:45 ID:NzT+M0oQ
>>403
ちょwww

これで先生@ドラえもんは本格的にカワイソス王だな

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 13:44:22 ID:yBveg3kH
終了

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 13:54:33 ID:a5YeuV2d
終わったな
結果だけ面白くすればいいって駄作が増えた
もうさ、次はいきなりポルンガでもいいし、タイムフロシキでドラゴンボール復活させてもいいから。
終わりにしちまおうぜ



408 :でも大量虐殺が無いとカオスじゃない/脱出ゲー潰し:2007/02/04(日) 13:56:22 ID:TKZPW/Ay
そしてまた断末魔は響く。
これがバトルロワイアルと言うものだ。
だがこの男の場合は違った。
最初こそは人助けしようとは努力していた。だが…
満月の星空に虚しく断末魔が広がる一方だった。
「俺のせいじゃない 運が悪かったんだ」

その屈折した青年は義妹を失っていた。
それからである。彼がステルスマーダーに豹変したのは…
彼は人を助けると言ってもこうしてわざと倒壊したビルからビルに飛びうつる時に手を貸さなかったりしている。
当然その人は飛び損ねて落下、結果死ぬ。
青年、キャプリスはそれを分かっていた。屈折し過ぎてその行動が何なのか分からない程に。
そうしてまた、断末魔が響く…

【秋葉原 四日目 2時】
【キャプリス・ウィッシャー@セプテントリオン】
[状態]:自分でも気付かないぐらいステルスマーダー
[装備]:無し
[道具]:支給品
[思考]1:とにかく人を落としまくる

【野比玉子@ドラえもん 死亡確実】
【エイミー・マーカーソン@セプテントリオン 死亡確認】
【水泳おばさん@ポセイドン・アドベンチャー 死亡確認】
【テンダー・ジョンストン@セプテントリオン 死亡確認】
【ミラー・ストライザーズ@セプテントリオン 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確実】
【リチャード・エイケン@バイオハザード 死亡確認】
【ジェーン・ストライザーズ@セプテントリオン 死亡確認】
【バーバラ・シンクレア@セプテントリオン 死亡確認】
【野比セワシ@ドラえもん 死亡確認】
【船員B@セプテントリオン 死亡確認】
【マイケル・ロング@セプテントリオン 〜OutorBlue 死亡確認】
【ハリー・アダムズ@セプテントリオン 死亡確認】
【ジミー・エイカーズ@セプテントリオン 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確実】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確実】
【マリー・マクスウェル@セプテントリオン 死亡確認】
【フォレスト・スパイヤー@バイオハザード 死亡確認】
【クーパー・スミス@セプテントリオン 死亡確認】
【野比セワシ@ドラえもん 死亡確認】
【エレベーターに閉じ込められてた奴A@セプテントリオン 死亡確認】
【フランク・モートン@セプテントリオン 死亡確認】
【案内嬢@セプテントリオン 死亡確認】
【キャスリン・メイプルズ@セプテントリオン 死亡確認】
【イスメイ・タウンゼント@セプテントリオン 死亡確認】
【ジャックの母@セプテントリオン 死亡確認】
【パーサー@セプテントリオン 死亡確認】
【牢屋に閉じ込められてたキアラン兵C@FE烈火 死亡確認】
【野比玉子@ドラえもん 死亡確実】
【クレア・レッドフィールド@バイオハザード2 死亡確認】


409 :でも大量虐殺が無いとカオスじゃない/脱出ゲー潰し:2007/02/04(日) 13:57:54 ID:TKZPW/Ay

まあこいつら時間帯的に生き返るけどね。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:08:49 ID:CgC4A/sE
てかカオスに結果とか経過とか、そういうクオリティを求めるのもどうかしてると思うが。
クオリティが高いSSが見たいなら他のロワに行けよ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:13:56 ID:NzT+M0oQ
まあ展開に文句があったら自分で書けよって話だよな
ここでは展開ぶった切ってシリアスにしたり話を大きく転換させたりとかはいくらでもやりたい放題なんだから

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:15:34 ID:a5YeuV2d
【書き手と読み手の絶対ルール】
1.「リレーだけは最大限考慮!」
2.「リレーだけは最大限考慮!」
No welcome
5.「駄文としか感想の来ない駄文は勘弁」
  駄文でも贔屓しまくりでも、せめて笑えるくらいまで昇華しろ。

個人的に↑の5に値するなぁと。
本田忠勝がドラゴンボール知った経緯って?
ウーロンがなぜ大量虐殺被害者だけ生き返らせたの?
そういう因果関係全て省略したら、ほんとに何でもありだからな

別にカオス否定してないから誤解すんな
だから続き書いて終わらせちまおうって意見言ってるだろ?
誰でもいいからドラゴンボール使って、元の世界に戻しゃあいいじゃん



413 :ってかさ、つまんないなら無理に見なくていいよ?:2007/02/04(日) 14:34:51 ID:sMyAfa+h
「お前うるさいんだよ」
ズガン!
「これがバトルロワイアルというものだ」
ズタボロになった>>407=>>412の死体を放置し、俺はその場を去った

【北海道 4日目 4時】
【俺@現実】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:不明
[思考]1: 不明
>>407(=>>412)@現実 死亡確実】

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:41:33 ID:a5YeuV2d
やべぇww
お前のアホっぷりに完敗だよwwww
じゃあ、死んだんで退場するわww
テラカナシスww

415 :実はこれ対策で登場させてたんだよね、こいつ ◆86jbQTms.U :2007/02/04(日) 14:45:11 ID:tt7tO1/I
蘇っていく。
生き返っていく。
復活していく。
蘇生していく。
理不尽な仕打ちにより、命を落とした面々が、その身をゆっくりと起き上がらせていく。
復活の波動は、日本列島の端から中心に向けて、尋常ではない速度で収束を続けている。

―――北海道の消滅に巻き込まれた多くの人々が、黄泉返った。

―――ツインテール狩りの悪魔に銃殺された人々が、黄泉返った。

―――風の聖剣で一網打尽にされた無数の人々が、黄泉返った。

―――女尊男卑の意志が元惨たらしく殺された人々が、黄泉返った。

沖縄で死んだ者が、北海道で死んだ者が蘇る。
青森で死んだ者が、鹿児島で死んだ者が蘇る。
秋田で死んだ者が宮崎で死んだ者が岩手で死んだ者が熊本で死んだ者が岩手で死んだ者が―――
ビデオの巻き戻しでも見ているかの如く、
出来の悪いホラー映画さながらを思わせて、
至極当然とばかりに大自然の摂理を無視して、
蘇る。黄泉返る。生き返る。復活する。

やがて、蘇生の波は日本の中心点―――東京を焦点として、世界の変革を完了しようとする。
栃木で千葉で茨城で埼玉で神奈川で、そこに存在する者達の生死が反転していく。
神に等しき龍のチカラが呼び寄せた、史上最高の奇跡。

遂に波は東京へ上陸を果たした。
浦安で、死者が身を起こす。
ネズミの国で、死体が立ち上がる。
荒川で、死人が生者の仲間入りを果たす。
目黒で、屍がむくりと目覚めを見せる。

全ての人を救い上げる、これ以上なく優しい光が、日本全土を覆いつくそうとして―――


バギン!! と。
東京都の一角で、ガラスが砕け飛ぶような音が、鋭く響き渡った。


糸が切れたように、生き返ったはずの人達が崩れ落ちていく。
優しい不自然が、厳しい自然へと回帰していく。
『在るべきものを在るべき姿へ戻そう』―――そう言わんばかりに。




416 :実はこれ対策で登場させてたんだよね、こいつ ◆86jbQTms.U :2007/02/04(日) 14:45:44 ID:tt7tO1/I
「……何だ?」
東京のとある場所で、とある少年は、己の右手をまじまじと見つめていた。
神すら殺せる右手が、文字通りに『機械仕掛けの神』を殺してしまった、その事実を知らず。



【東京都内 四日目18時】
【上条当麻@とある魔術の禁書目録】
[状態]:強い怒り 軽い疑問
[装備]:なし
[道具]:支給品一式 エクスカリパー@FF5 超こち亀(デジ亀付属) リーサルドラグーン×2@サガフロンティア
[思考]:1.ゲームを終わらせる
    2.知り合いを探す
    3.信長打倒のため、ゲームに乗っていない参加者を探す


※ドラゴンボールの願いがキャンセルされました。
以降も同様に、日本全土を変革するような願いは無効化されます。異能の関わる類似のものも同じです。
もしもボックスなどのように、あからさまな科学の産物は問題ありません。

417 :名無し先生の次回作にご期待ください:2007/02/04(日) 17:00:20 ID:Ow/TKKJQ
ドゴーん

小惑星が落ちたので地球上の生物は滅亡した


【四日目 地球 19時】
【小惑星@アルマゲドン】
[状態]:木っ端微塵
[装備]:
[道具]:
[思考]1:


【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡確認】

418 :放たれた力:2007/02/04(日) 17:01:56 ID:ayZNMXpn
東京都上空ーー
不可思議な形をした物体が飛んでいた。
形はゴツゴツとしておりそれは何かの顔の形をしていた。
ジーグヘッド。
それは鋼鉄ジーグと呼ばれるロボットの頭部である。
「高度を保ってスピードを上げて・・・と。狙われる心配は無いかな?」
宙は呟いた。
都会はここからだと良く見える。
火事等は起こってはいないがまだゲームは続いている。
「ミッチーがいればな・・・」
宙は愚痴った。
彼の相棒、卯月美和が操縦するビッグシューターと呼ばれる戦闘機にはジーグパーツが収納されている。
二人はコンビを組んで戦ったのだ。
そうこうしている内に光子力研究所が見えてきた。
「・・・・・ッ!?」
宙は旋律した。
研究所の辺りから黒い煙が起こっていたのだ。
考えられる原因は一つ。
何者かが研究所を攻撃したのだ。
「待っていろ!」
宙は全速力で研究所に突撃した。


その頃・・・光子力研究所にてーーー
ズゥゥゥン。
ドガァァァン。
轟音と炎が混ざり、焦げ付いた匂いを振りまいていた。
「こっちだ!」
弓教授が職員達を誘導していた。
何の前触れも無く発生したこの災害に彼は内心焦っていた。
この騒動の原因。
それは巨大な“ガンダム”。
触手を持ち、攻撃しても自己再生する。
その操縦主の声に彼は聞き覚えがあった。
剣鉄也。
弓教授が引き取り戦士として育てた孤児である。
今の彼には自分の養子が何故そのような行動に走ったかを知る余地は無かった。
職員達は既に全員脱出していた。
今残っているのは弓教授一人だけだった。
(鉄也・・・)
彼は格納庫へと向かった。
グレートマジンガーがそこにあるのだ。
今の状況であの巨大なガンダムに対抗しうる力。
自分がそれに乗るしか無いのか。
その時、格納庫に向かって駆けてくる者がいた。
「君は?」
「司馬宙です。助けに来ました!」
「丁度いい。あの機体を倒すのにコレを使ってくれ。」
弓教授はグレートマジンガーを指差した。
「わかりました。」
言われた通り宙はグレートマジンガーに乗り込んだ。
中には弓教授もいる。
「マジン ゴー!」
格納庫の天井が開き、鋼鉄の巨人が飛翔する。
研究所の外に出ると、宙は弓教授を降ろした。
「離れていて下さい。自分はアレを倒します。」
グレートマジンガーはデビルガンダムへと向かっていった。
(頼むぞ。司馬君。どうか鉄也を・・・・)


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:12:31 ID:+wE6o0SZ
またリアルタイムか…

420 :放たれた力:2007/02/04(日) 17:22:26 ID:ayZNMXpn
デビルガンダムは研究所を殲滅せんという勢いで活動していた。
触手を振り回し、ビームを放つ。
突如、細いビームがデビルガンダムに当たった。
結果、デビルガンダムは動きを止めビームが飛んできた方向を見る。
そこにはグレートマジンガーが立っていた。
「俺の機体を奪ったのは誰だ!?」
デビルガンダムの主が叫んだ。
アレは自分に与えられた機体なのだ。自分以外の人間が乗る事など許されない。
「俺の名は鋼鉄ジーグ。」
グレートマジンガーの目から再度ビームが発射された。
デビルガンダムの頭部に命中するも全く効いていない。
装甲が違いすぎるのだ。
「ならば奪い返すのみッ!」
デビルガンダムの触手からビームが発射された。
それを軽々と避けるグレートマジンガー。
が、それは罠だった。
別の触手がグレートの右拳を打ったのだ。
「ちッ!」
急な衝撃が遅いバランスを崩すグレート。
そしてそれを数本のビームが束になって襲う。
「ぐああッ!」
ジェットスクランダーは破壊された。
もう飛行は出来ない。
しかもそれだけでは無かった。
グレートの右拳が灰色に変色し始めたのだ。
「気色悪いな!くらえ!」
宙は変色したグレートの右拳をデビルガンダムに最大出力で放った。
だが目標に向かって飛んだドリルプレッシャーパンチは途中で推力を失い地面に落下した。
「・・・・ふっ・・・・いけ。」
完全に停止したと思われたグレートの右拳が再度動き始め、今度は宙の方へと向かっていった。
「なんてこった!奴は触れた物を動かせるのかよ!」
宙はグレートの腹から出るミサイルでパンチを撃墜した。
「中々の反射能力だ。だがこれで終わりでは無いぞ。」
ミサイルを当てられ撃墜されたパンチがウネウネと成長し腕を形取り始める。
「再生しているだと・・・・・?」
「そうだ。DG細胞は自己増殖、自己再生、自己進化の能力を持つ。この世にグレートが二つ存在する
様になるのも時間の問題だ。」
デビルガンダムが一歩前へと出た。
宙は一歩後ずさった。
距離は変わらない。
どうすればいい。接近戦はダメだ。
ルストハリケーン、高視力ビーム、サンダーブレーク、ブレストバーン。
それらを全て駆使して相手を倒せるのか。
「司馬君!グレートに搭載されている閃光弾を使え!」
「わかりました!弓教授!」
グレートの腹が開きミサイルが露出した。
「ふっ・・・遠距離攻撃か。いいだろう。」
鉄也が余裕の笑みを浮かべる。
直後、デビルガンダムの頭部にミサイルが直撃した。
「うおおッ!?」
衝撃だけではなくまばゆい光を突然目に当てられたので鉄也は身動きが取れなくなった。

「どうすればいいんです?弓教授」
「研究所の格納庫に新しい機体が眠っている。それに乗り換えてグレートを持ってきてくれ。」
「了解です。」
鉄也の目を眩ました隙に宙は研究所の方へと向かった。
グレートの手で瓦礫を退けると確かに損壊が無い格納庫があった。
扉を破り中を見る。
そこには新たなる鋼鉄の巨人が眠っていた。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:26:59 ID:TKZPW/Ay
リアルタイムカービィの人の次はリアルタイムロボットの人ですか

422 :放たれた力:2007/02/04(日) 17:30:28 ID:ayZNMXpn
「弓教授!発見しました!これですね!」
「うむ!よろしく頼むぞ!}
宙は急いでグレートを降り、その機体に乗り移った。
基本的な操縦方法はグレートと同じらしい。
直後、格納庫の天井が乱暴に開かれた。
「そこか。」
「ちっ。今アイツの相手をする暇は無い。」
カイザーの胸に「人」の一文字が浮かび上がり目が光った。
「もらったー!」
「ルストハリケェェェン!」
カイザーの顎の部分から酸を含んだ空気の渦が吐き出されデビルガンダムを包み込んだ、
ルストハリケーンが巨体の全身を包み込んでいく。
「うおおあああああ!」
鉄也は機体の体勢を維持しようとするも暴風に巻き込まれた小鳥の如く、機体の自由を失い何処かに吹き飛ばされていった。
「ふぅ・・・・凄いパワーだ。」
宙はグレートマジンガーをカイザーの腕で抱えると早乙女研究所の方向へと飛び立っていった。
勿論弓教授を連れてである。


【司馬宙@鋼鉄ジーグ】
【状態】 普通
【装備】 なし
【道具】 支給品一式、マジンカイザー(KS装備) グレートマジンガー
【思考】 1主催者を倒す 

【弓教授@グレートマジンガー】
【状態】 普通
【装備】 クスハドリンク
【思考】 1鉄也を救う 2 逃げる 3 ゲームを終わらせる

【剣鉄也@第一次スパロワ】
【状態】 DG汚染
【装備】 なし
【道具】 デビルガンダム (ディストラ等は吸収されました】
【思考】 1 グレートを奪い返す 2ゲームに乗る



423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:31:16 ID:+wE6o0SZ
あー
>>421がリアルタイムカービィの人ぬっころしちゃったからか…
そうだとしたら何気にこの人面白いなw

ただ、デビルガンダムは世田谷にいたはずだから
東京郊外の早乙女研究所に単独で移動したということか?
世田谷は案外リレー続いてるからはっきりして欲しいな

424 :放たれた力:2007/02/04(日) 17:32:08 ID:ayZNMXpn
おっとすいません。時間は
四日目 14:00です

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:34:55 ID:+wE6o0SZ
まぁ、どうでもいいか
どうせ19時には生物滅亡でロワ終了だし

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:40:29 ID:TKZPW/Ay
ちょっと待て、雛見沢の奴らはどうなるww

427 :名無し先生の新連載!:2007/02/04(日) 17:41:24 ID:BBfdo3JB
「小惑星如きで……テラカオスが止められると思うなッ!!」

日本全土から闘気が立ち昇り、木っ端微塵になるはずだった地球の運命を覆した!!
ありがとうテラカオス!

しかし戦乱は終結の気配を見せることもなく続くのであった…!
どうなるテラカオス!!


【四日目 地球 19時】
【小惑星@アルマゲドン】
[状態]:木っ端微塵

【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡は誤認】

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:44:14 ID:66Dk6GaL
だからさ、何でわざわざリアルタイムで投下するわけ?
メモ帳に書いてからコピペすればいいだろ。

それすらも「カオスだから別にいいだろ」か?

429 :放たれた力:2007/02/04(日) 17:45:10 ID:ayZNMXpn
>>428
すみませんでした

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:46:32 ID:BBfdo3JB
よし、反省したID:ayZNMXpnの代わりに俺が三行で答えるぜ
ノリ
やってみたくなった
自治厨ウゼエ

431 :リアルタイムの人の次回作にご期待下さい:2007/02/04(日) 17:48:51 ID:+wE6o0SZ
ドゴーん

小惑星が落ちたので地球上の生物は滅亡した


【四日目 地球 19時】
【小惑星2つ@ディープインパクト】
[状態]:木っ端微塵
[装備]:
[道具]:
[思考]1:


【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡確認】


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:53:12 ID:BBfdo3JB
「セガサターン……シロッ!!」

突如として虚空から闘気が立ち昇り、木っ端微塵になるはずだった地球の運命を覆した!!
ありがとう謎のせがた!

しかし戦乱は終結の気配を見せることもなく続くのであった…!
どうなるテラカオス!!


【四日目 地球 19時】
【小惑星2つ@ディープインパクト】
[状態]:木っ端微塵

【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡はまたもや誤認】

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:53:42 ID:TKZPW/Ay
なあ、このままだと+wE6o0SZと他の書き手のバトルロワイアルになりそうなんだがどう思う?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:55:31 ID:+wE6o0SZ
とりあえずやってみただけだから
キニスンナ


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 17:58:31 ID:BBfdo3JB
俺も反省するぜ。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:00:11 ID:+wE6o0SZ
言っておくがアルマゲドンの方はおれじゃねーぞw

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:06:03 ID:eidmPnQe
戦闘のプロ@デビルガンダムが
13時 世田谷→14時 光子力研究所→14時半 世田谷
な件について

438 :放たれた力:2007/02/04(日) 18:12:44 ID:ayZNMXpn
>>437
吹き飛ばされる

宙のルストハリケーンに吹き飛ばされる

再び歩き始める

世田谷に舞い戻る

と思ってくれればおkです

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:12:44 ID:+wE6o0SZ
ガンダムヘッドだけ世田谷に放置というアイディアを提示させていただく

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:15:30 ID:eidmPnQe
14時半でディスアストラナガンとグランゾンを所持している件について

441 :放たれた力:2007/02/04(日) 18:16:44 ID:ayZNMXpn
>>440
参加直前にディストラとグランゾンを入手

14時半 ディストラを放出

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:16:50 ID:+wE6o0SZ
ayZNMXpnが過去作品を読んでない件について

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:29:35 ID:eidmPnQe
>>441
ごめん、意味が解らない

444 :リアルタイムの人の次回作にご期待下さい:2007/02/04(日) 18:30:28 ID:XuZuS/eZ
”勉強男が現れた”

勉強は、ナルシスな笑みを浮かべながら空を見上げる。
「終るんだよ、何もかも」
そう言いながら、人差し指を翳す。
空気の断裂と共にテラカオスバトルロワイアルという世界は崩壊した。

【四日目 地球 19時】
【勉強男@ジャンプDQN】
[状態]:
[装備]:
[道具]:
[思考]1:


【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡確認】



445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:36:28 ID:+wE6o0SZ
とりあえず>>444が受験真っ最中で
ここが続いてると勉強に集中できないってことが分かった

446 :このSSはフィクションです。実際のスレッド等とは一切関係ありません:2007/02/04(日) 18:44:18 ID:Ldz7AxJ9
「テラカオスバトルロワイアル」が呪われたスレだって聞いたことはないか。
まあ、聞いていたって聞いていなくたって構わない。もう始まってしまったんだから。
ぼくは噂を聞いていた。
交流所住人が言っていたのだ。奇妙な声が聞こえると。

あの時ぼくは一時間近くモニターを見つめていた。
そう、ちょうど今のあなたのように。
ただし立場がちょっと違う。
ぼくはあるロワスレの書き手だった。
カオスロワに投下するのは初めてだった。

自分でいうのもなんだが面白いSSに仕上がろうとしていた。
初めてそいつを見たとき、ぼくはあまり気にならなかった。

モニターの向こうでちらちら動くものがあった。
はっと視線を移すと何もない。
モニターを見始めると現れる。
人影に見えた。
どうやらこちらの様子を伺っているようなのだ。
ぼくがSSを書いていたのはネットカフェだった。
その時は午後十一時を過ぎていたが、まだまだ客は残っていた。
だから当然その一人だと思った。

それでも記憶に残ったのは、同時に声が聞こえたからだ。
掠れた囁き声が耳元で聞こえた。何を言っているのかはわからなかった。
はっとして周囲を見回したが誰もいなかった。
その日から人影を頻繁に見るようになった。

店のショールームの後ろに。見上げたマンションの窓に。
地下鉄の反対側のホームに。食事中のテーブルの向こうに。
そいつは次第に大胆になってきた。
積み上げた資料の山の間から腕を伸ばす。
部屋の扉の隙間から覗く。
閉じた本から指のようなものが現れる。
やがてそいつらの声も聞こえ始めた。
最初に聞こえた、あの耳障りな囁き声だ。

病気だと思った。医者に行くとノイローゼだと言われた。
心当たりはある。元々いたスレでの予約期限が迫っていたからだ。
疲れていた。安定剤をもらってぼくは帰った。

その翌日だ。ぼくは久し振りに女友達を食事に誘った。
その帰りだった。
ぼくたちは通りを外れてぽつんと取り残されたようなプリントマシンを見つけた。
見知らぬキャラクターに挟まれてぼくは決定のボタンを押した。

そして出てきたプリント。
彼女とぼくの顔の間に、蒼褪めたそいつの顔があった。
今までと違って、表情のようなものが見てとれた。
その眼もその鼻もその口も、物語ることはただひとつ。
恨みだ。

447 :このSSはフィクションです。実際のスレッド等とは一切関係ありません:2007/02/04(日) 18:45:38 ID:Ldz7AxJ9
毒液のような呪いがその顔から汗のように滴っていた。
彼女が悲鳴を上げた。
それをどのようにとりなしてどうやって家に戻ったのか、良く覚えていない。

気がつけばいつもの部屋の中でPCを前にしていた。
映っているのは2chプラウザ。
そしてぼくは悟った。やつらの正体を。
やつらは膨大なSSの迷宮の中の死体。
「テラカオスバトルロワイアル」で殺されたキャラクターたちだ。

何度も何度も様々な方法で殺されるキャラクター。
やつらがカオスロワに係わる者たちに復讐しようと現れてきているのだ。

モニターに顔が現れた。
血塗れのそれが玉子なのか織田信長なのか、それともキャプテンなのか、ぼくには区別がつかなかった。
でも大勢の笑い声と肩に触れた堅く冷たい手の感触だけは覚えている。
そして、ぼくは失踪したことになっている。

それでもぼく自身はカオスロワから消えたわけではない。
こうしてここにいるんだからね。
そして、ぼくはこのスレを終わらせようとしている。
さきほどから連投されているSSだ。
無駄だと言う事は分かっている。
例えSSが受け入れられたとしても、何事もなかったかのように再開するだろうと言う事も。

さあ、ぼくの話は終わった。
まだ今の内ならあなたも間に合うかもしれない。
やつらの声をまだ聞いていないのなら。

【書き手@カオスロワ 死亡確認】

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:52:02 ID:TKZPW/Ay
>>446-447
GJ。
ガクブル

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 19:52:54 ID:BBfdo3JB
どうやら俺にも聞こえてきちまったようだぜえ…

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 20:08:52 ID:NzT+M0oQ
このロワで書き手ロワってできるんかな?

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 20:10:14 ID:+wE6o0SZ
>>446-447
これは良い物だぁーーーー!!!

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 20:14:51 ID:+wE6o0SZ
なんかもうこれで終了でいい気がしてきた
こんだけグダグダになってもこれだけ遊べる>>446-447 がすげーよ


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 20:36:59 ID:FfOt6afe
>>445
勉強ってジャンロワのDQNじゃないのか?

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 21:12:32 ID:9F/FsgI7
グダグダも何も、ここはそういうところじゃん。すべて自由なんだし。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 21:30:50 ID:TKZPW/Ay
てかウィキの更新がグタグタだと思。
てかこれだけ死人が溜まると死亡表も更新する気になれないし。

ちなみに俺は携帯厨だorz

456 :奢れるもの久しからず:2007/02/04(日) 21:41:16 ID:IR9B8Rc2
         ∧_∧  このウンコは私のオゴリだ
         (`・ω・´)   シュッ
        (つ   と彡 ./
            /  ./
           /   ./
         /    /
        /      /
      / ///   / ツツー
     /  ●   /
   /       ./

猫はうんこを投げた

【四日目 千葉 18時】
【うんこを奢る猫@AA板】
[状態]:元気
[装備]:うんこ
[道具]:うんこ
[思考]1私のオゴリだ





457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 01:21:07 ID:pk/ZdG/q
かそ?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 01:28:29 ID:pk/ZdG/q
人生みたいなもんだな
法を犯しさえしなけりゃどう生きようと自由だが
自分勝手に生きた結果つまんない人生を送ってしまうって感じか…

459 :海は広いな大きいな:2007/02/05(月) 05:27:31 ID:hjA7014o
「へーい!きたこれーい!」
台枠フラッシュに男は思わず叫ぶ。ケツが浮き、カメラを持つ手も震えているようだ。
投資した金額は8万、回転数は2400回を越えていた。興奮するのも無理はない。
「へーい!ここから逆転きたこれーい!」
絵柄の後ろを赤い魚群が通過し、液晶中央にマッチョな緑髪の男が現れる。
「へーい!赤魚群にサムきたこれーい!」
カニ、サメがゆっくりと流れていき、やがてタコが中央に止まる。が、その瞬間
ズガン!
突如台から発せられる閃光と衝撃音。これまで体験したことの無い演出に、男は思わず椅子から転げ落ちる。
「へーい、非公開の超々プレミアきたこれーい…?」
ズレた眼鏡もそのままに、液晶を覗き込んだ。
彼の目に入ったのは、首から上が吹き飛んだサムの体。そしてその周りを漂う魚介類の死骸だった。
真っ赤に染まった液晶はまさに血の海。とてもSUPER LUCKYという雰囲気ではない。当然いくら待とうが大当たり中の画面に変わらず、アタッカーも開かない。
「へーい、遠隔きたこれーい!」
カメラを台に投げ付け、椅子を蹴りつけると店員が止めに入る。
「へーい、ホルコンきたこれーい!」
それでも暴れる事を止めない。やがて彼は怖そうな黒服達に事務所に連れていかれた。
「へーい、ヤクザきたk」

【4日目 東京のどこかのパチンコ店 18:05】
【へーい、きたこれーいの人@ようつべ】
[状態]:死亡
【サム@スーパー海物語】
[状態]:死亡
【1〜9の絵柄@スーパー海物語】
[状態]:死亡

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 15:20:00 ID:LMSc9X6u
すごいな、ウィキが更新されてやがるww
更新した奴乙&GJ!

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:27:16 ID:w9b6b3p8
>>444>>456はスルーかよ!

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 20:49:55 ID:UeWMdmn8
1位 キョン4 39人
2位 上条当麻 32人
3位 ジャイアン、カービィ 25人
5位 黒田官兵衛 24人
6位 高嶺響、フグ田サザエ 20人
8位 ホリエモン 18人
9位 クリリン 16人
10位 安部晋三 15人

上位マーダーが本当にわけわからんことにwww
グラックス兄弟は二人で一人って数えるのねw

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 20:59:52 ID:DMBZivM1
キョン4ってなんかキョンシーに見える

464 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:23:31 ID:M3xMG6ma
ここは東京都某区ーー
「かみなりさーん!ニュース見てよ!」
のび太が叫んだ。
「ん・・・?どうした?」
かみなりさんはTVを見た。
“本日午後1時頃から戦闘を始めた数体のロボット達は一機を残して撃破されました。
なお茶色のロボットが現場から逃げ出した模様です。住民の方々は非難して下さい。”
「かみなりさん・・・今が逃げ出すチャンスかもよ!」
「皆ロボットが来ると思って恐れて逃げるかじっとするかのどちらかと?のび太君、そんな甘くは無いよ。」
「え・・・なんで?」
「逃げ出す人々を襲うのもいるかもしれない。だからなおさら下手に動くわけにはいかないんだ。」
「そ・・・そんなぁ〜〜〜。」
のび太はへなへなとその場にヘタレ込んでしまった。

TVニュース放映の十数分前ーー
ズオ!
ズガァ!
ドカン!
行き着く暇も無く轟く爆音と炎は辺りの景色を霞ませる程だった。
デビルガンダムとエヴァ初号機が1VS1で戦っていたのだ。
中島、八神庵、福沢祐巳、七瀬彰、孫悟空、オルランドゥ、オルテガ、クリフト、アリーナ2、
カモミール・芹沢、スカーレット、シャーリィ・フェンネス、セリオ、アルル・ナジャは全員デビルガンダムに吸収されていた。
つまり今のデビルガンダムは吸収した人間達の特殊能力を持っている事になる。
エヴァがパレットライフルで相手の足に攻撃を仕掛ける。
銃弾がデビルガンダムの装甲を削っていく。
ビシッ。バシッ。ズダダダダ。
足に集中攻撃を食らったデビルガンダムの体がぐらりと揺れる。
そこにさらにエヴァの集中射撃が入る。
今度は足では無くデビルガンダムの胸部だった。
コックピット周辺が撃ち抜かれコアブロックが機体から外れ落ちた。
エヴァが武装をポジトロンライフルに持ち変える。
ガンダムヘッドがエヴァにビームを放つがそれもA.T.フィールドによって弾かれた。
「ちっ・・・しつこい野郎だぜ!」
だが剣鉄也は安心していた。
生体ユニットがいるかぎりデビルガンダムは自己再生が出来る。
だが。
遅い。
再生スピードが遅いのだ。

465 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:24:04 ID:M3xMG6ma
もうエヴァは目と鼻の先だった。
ガンダムヘッドのビームも全く効いていない。
糞。
鉄也はあるボタンを押した。
直後、茶色いロボットがデビルガンダムから射出された。
もう一つ、彼はボタンを押した。
すると、ブースターが発射されコアブロックはデビルガンダムの胸部に戻った。
「これで占めだぜ!あばよ!」
鉄也は最後に赤いボタンを押した。
コアブロック内部後方の扉が開き、鉄也の背中にバックパックが装着される。
「GO!」
数秒後、鉄也はデビルガンダムの後方から勢い良く射出された。
そしてデビルガンダムが赤く光り出した。
「グオオッ!?」
エヴァが両腕をクロスさせてATフィールドを最大限に広げる。
そして周囲は赤い光と熱に包まれたーーーー


「ふう・・・・」
赤い光を遠くに望みながら鉄也は額の汗をぬぐった。
一瞬ヒヤッとしたが何とかなったようだ。
あの爆発で無事なロボットなどいるはずがない。
妙なバリアがあったが跡形も無く消し飛んだ筈だ。
安心して上を見上げるとそこには先程デビルガンダムから射出されたディスアストラナガンがあった。
(こいつはDG細胞に汚染されて無いんだよな。意外な事に。)
「待てよ。」
声がした。
「誰だッ!?」
後ろを振り向くとそこには傷だらけの孫悟空が立っていた。
虫の息で立っているのもやっとらしい。
「オラ やっとわかったよ。おめえが皆を犠牲にしてこのゲームで勝ちたいだけって。しかも罪の無い人達をなあ。」
「待て!話を・・」
鉄也の顔面にバシッと堅いものが当たった。
自称戦闘のプロはその一発でダウンした。
「へッ・・・」
孫悟空は仙豆を飲んだ。
(後悔しろよ)
孫悟空はディストラナガンを見上げると両手に気を集めた。
「か、め、は、め、」
鉄也の体がピクリと動いた。
「波ーーー!!!」
青白いエネルギー波がディストラを直撃し、機体はそのまま遥か空の彼方へと吹き飛ばされていった・・・。
孫悟空は地面に倒れている鉄也を見やった。
(後悔しろ。オラは主催者を探す。)
孫悟空は舞空術で飛び立った。


466 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:25:18 ID:M3xMG6ma
四日目 15時
【野比のび太@ドラえもん】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:支給品一式
[思考]
1:かみなりさんと行動
2:動きたい

【かみなりさん@同上】
[状態]:健康
[装備]:レイジングハート
[道具]:支給品一式
[思考]
1:熟考すべき
2:ゲームからの脱出

【剣鉄也@第一次スパロワ】
[状態]:気絶中
[装備]:なし
[道具]:なし
[思考]


【孫悟空@ジャンプバトロワ】
【状態】健康
【装備】なし
【道具】なし
【思考】
1主催者を探し、打倒
2ゲームからの脱出

【碇シンジ@エヴァンゲリオン】
【状態】不明
【装備】なし
【道具】なし
【思考】

【中島@サザエさん】死亡確認、
【八神庵@キングオブファイターズ】死亡確認
【福沢祐巳@ラノベ・ロワイアル】死亡確認
【七瀬彰@葉鍵ロワイアル】   死亡確認
【オルランドゥ@ファイナルファンタジー・バトルロワイアル】死亡確認
【オルテガ@FFDQバトルロワイアル】死亡確認
【クリフト@ドラゴンクエスト・バトルロワイアル】死亡確認
【アリーナ2@FFDQバトルロワイアル3rd】 死亡確認
【カモミール・芹沢@バトル・ロワイアル(葱BR)】 死亡確認
【スカーレット@FFDQバトルロワイアル 2ndEdition】死亡確認
【シャーリィ・フェンネス@テイルズ オブ バトルロワイアル】死亡確認
【セリオ@葉鍵ロワイアル II】 死亡確認
【アルル・ナジャ@AC Character Battle Royal】 死亡確認


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:34:11 ID:Z5/m9AJp
>>466
ttp://www23.atwiki.jp/terachaosrowa/pages/301.html

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:39:01 ID:w9b6b3p8
過去作品読まずに投稿増えてきたな
>>418-422も意味不明だし

469 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:39:59 ID:M3xMG6ma
>>467
おっとコレはすみませんでした・・・
では中島以外の連中はDGに取り込まれて蘇生→DG自爆であぼーんという事にしてはどうでしょうか?
追加で


ちせによる爆撃はまだ続いていた。
彼女はもうわかっていた。
こんな事をしたってどうにもならない。
ただ殺し合うだけでは・・・・何も生まれない。
だからッ。
ちせはキッと前方を睨むとその場を去っていった。
残されたモノは中島、孫悟空、そしてロボット二機。
ちせが去った事により彼等はより激しい戦いを始めようとしていたーー
>464に続く。

【ちせ@最終兵器彼女】
[状態]:健康、兵器化
[装備]:トンでも兵器∞
[道具]:軍から支給されてる錠剤@最終兵器彼女
[思考]:
1:シュウちゃんを守る
2: 主催者を止める
3:こっこ作りたい…///

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:45:10 ID:Z5/m9AJp
俺が言いたいのはそういう事じゃなくてだな……
あーもういい、カオスだし

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:46:09 ID:UeWMdmn8
今度からちゃんと前のSS読んでから続き書くんだぞ?

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:46:27 ID:w9b6b3p8
>>469
これはどう判断して良いか分からないが
>>418-422も一読してみてくれ

あとステータスの装備品とか全て無くなっちゃうのもいかがなものかと…


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:49:46 ID:w9b6b3p8
あー、あと孫悟空の地球人抹殺思考はどーなった?
これもカオスだから勝手に消えたでいっかぁ…

474 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:51:12 ID:M3xMG6ma
>>471
すみませんでした・・・
>>472
戦闘中に紛失したと考えてください・・・
この場合は鉄也が持っていたグランゾンはDGが吸収したので自爆時にそのまま消滅しました。

475 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:52:01 ID:M3xMG6ma
>>473
DG自爆時のショックで元に戻った と考えてください・・・
丁度原作で孫悟空が幼かった頃頭を打って穏やかな心になったように。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:54:09 ID:LMSc9X6u
>>399-400の状態表だけ見習えよ。
これ展開がハチャメチャだけど コルトガバメント(弾切れ)だけは律儀に書いてるぞww

477 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:54:59 ID:M3xMG6ma
>>476
了解です。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:56:19 ID:0tHe8obB
>>477
んで、>>418->>422との整合性はどーすんの?

479 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 21:59:38 ID:M3xMG6ma
>>478
そうですねぇ・・・実は>418-422にいた戦闘のプロはDG細胞が「自己増殖」機能を使って
生み出された分身だったと言う事にして下さい・・・

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:04:23 ID:CJXRR5Uu
>>479
ttp://www.imgup.org/iup327932.jpg

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:04:25 ID:Z8Sr6ssm
>>479
とりあえずあちこちに投下すんの止めて過去ログ全部読め
もしくは10年ROMれ

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:07:30 ID:0tHe8obB
>>479
テンプレもよく読んでくれ

2 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2007/01/16(火) 12:40:22 ID:A0BZrmxG
【書き手と読み手の絶対ルール】
1.「リレーだけは最大限考慮!」
2.「リレーだけは最大限考慮!」
No welcome
5.「駄文としか感想の来ない駄文は勘弁」
  駄文でも贔屓しまくりでも、せめて笑えるくらいまで昇華しろ。


「リレーだけは最大限考慮!」だ!
みんなカオスばっか強調してるが、カオス以前にリレーなんだぞ!

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:13:07 ID:VZbQilqJ
>>479
いい加減ウザい。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:20:40 ID:0tHe8obB
>>469
ちせは北海道弁?なんだお(・ω・;)(;・ω・)
知らないキャラまで扱う貪欲さにしょこたんもびっくりだお(゜ω゜)
ガクガク((((;゚д゚))))ブルブル


485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:24:11 ID:UeWMdmn8
あえて言えばリリカルかみなり空気化もどうかと
のび太とかみなりさんの状態票にはもっともっと色々書くことがあるはず

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:34:12 ID:XPrz93Aw
なぁ、>>466>>422って同じかk……ゲフンゲフン……いや、何でもない。

487 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 22:55:30 ID:M3xMG6ma
>>480
時間帯から考察すると・・・
13時 プロ エヴァ他 と遭遇

14時 吸収したグランゾンを使い 光子力研究所へとワープ。マジンカイザーに吹き飛ばされる


14時半 吹き飛ばされてまた世田谷に戻ってくる。ちせに攻撃を受ける。 

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:06:15 ID:0tHe8obB
>>487
よぉお〜し、オジサンだいぶ頑張って優しく説明しちゃうぞ!

例えば君の作品がまとめに載るとする
そしたら誰が読者にそういう後付け補完をするんだろーね?
孫悟空の変化とかDGの移動とかちせの標準語とか装備品の紛失とか…etc

Q1:打開策として正しいものを空欄を埋めて完成させなさい

A:書○なおしor破○

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:07:01 ID:XPrz93Aw
>>487
グランゾンを吸収するとワープが出来るようになる理由を簡単に教えてくれ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:07:56 ID:9/d+1XZM
これ以上本スレを荒らすのもアレだから、書き直すなら避難所にね。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:10:32 ID:0tHe8obB
>>489
カオス

492 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 23:10:39 ID:M3xMG6ma
>>488
えーと・・・・明日でもいいですか?
13時から14時の間にプロがどうやって世田谷に移動したかを重点的に書けばいいんですよね?

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:12:30 ID:Z8Sr6ssm
>>492
はっきり言おうか?
反省が出来ないならもう書くな

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:12:39 ID:Zrvr443U
>>492
お前には心底がっかりした

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:15:21 ID:0tHe8obB
手に負えないからあとは任せた!!



496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:18:10 ID:UeWMdmn8
>>492
自分で過去のSSを読んで、どこを重点的に書くべきか自分で判断してください
人に聞いたりしないで

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:19:12 ID:XPrz93Aw
>>492
はっきり言おう、君にリレー系の企画は向いていない

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:29:33 ID:VZbQilqJ
>>492
勘弁してくれ。

499 : ◆E3y/x3899E :2007/02/05(月) 23:30:29 ID:M3xMG6ma
>>488
書き直しです

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:39:20 ID:ERHAMsRQ
なあ、空気が恐ろしい事になっているが投下して大丈夫だよな?

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:41:52 ID:bGhtDEGG
わたしは一向に構わんッッ!!!

そうそう、非難所の方に修正版投下されたっぽいから、可愛がってあげて下さい。
俺はやらないけど。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:42:47 ID:HaXt/786
>>500
かみなりさん「勝手にすればよかろう。べ、別にお前のSSが読みたいとかそういうわけではないのだが、まあ、ここの空気もよくなるしな。
       ああそれだけ、本当にそれだけだ」

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:43:51 ID:ZL/znfmP
別にいいんじゃない?

俺はもう疲れたから、避難所の奴は触れないことにする

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:48:17 ID:rCO3hCsi
奴は文句に対して知らぬ顔をする
そして修正すると言ってやっぱりダメダメな話を投下する
他所のロワでも同じ事をしていた

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:11:10 ID:qiJ3MZqI
と、投下していい???

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:23:02 ID:bR4ewZjm
どうぞ投下して下され。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:26:34 ID:KFjKdAw2
"実はこれ対策で登場させてたんだよね、こいつ"で上条当麻が大量に死人を生き返らせる、あるいは
日本全土を改革する様な事をキャンセルしていますが・・・・これにより死人復活はナシって事でいいですよね?
自分が書きたいモノの中に科学技術を使用してエネルギーを死体にあてる事によりそれを復活させるというのがあるのですが・・・

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:35:48 ID:9xy0PccM
>>◆E3y/x3899Eさんへ
ひんと:>>493-498

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:36:39 ID:KFjKdAw2
>>508
自分は彼ではありませんよ

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:41:01 ID:9xy0PccM
じゃ、つまらんこと聞かんとさっさと投下すればいいだろうに。
ここはカオスだ、◆E3y/x3899Eレベルじゃなきゃ叩かれんさ。
ま、同じレベルなら同じ反応が返ってくるわけだが。

511 :それがドロッチェクオリティ:2007/02/06(火) 18:35:44 ID:ERHAMsRQ
だめだ、◆E3y/x3899Eレベルしか書けねえorz
全部投下したら漏れも包丁セルフしてくる

満月の光に人影が写る。
その目の前の男は殺気に満ち、リヴァルでもそれが理解出来た。
「おい、マリア! しっかりしろよ!」
「ええ…まだ大丈夫。」
マリアは気絶したモンブランを抱えると、残った片手で銃を出す。
「リヴァル、逃げる方法なら二つあるわ。」
「何だよ?」
男は徐々に近づいて来ている。
時間は無い。マリアは急いでリヴァルに伝える。
「あの男を撃って怯んだ隙に逃げるか、二人で袋だたきにして殺すか…」
「おいおい、あいつを殺すなんて…無理だろ!?」
普通に現在のマリア達の戦力を考えるとかなり無理のある方法だ。
それならばいっそ危険度が低い前者を選びたい。
「…勿論この男と戦って勝てるとは思えないわ。
なら道は一つしかない。」
もはやリヴァル達は男の攻撃範囲に入っていた。
リヴァルが恐怖のあまり後ずさりした時には、マリアは攻撃体制に入った。

「ハッ…!」
素早くマリアは男に蹴りを入れる。
ビキッ。
その蹴りは男の腕に防がれるが、骨が軋む嫌な音がした。
間髪入れずにマリアは体制を立て直し、男を下から蹴りあげる。
「クレッセント・ローカス!」
脚は男の顎を捉え、一撃を放つ。その衝撃は凄まじく、男を吹き飛ばした。
更にマリアは男に向かって射撃する。
激しい閃光と共に男を鉛玉が貫く。
「マリアッ!」
「急いで! 怯んでいる内にドアに逃げるわよ!」
吹き飛ばし、弾を撃ち込んだと言っても、時間が経てば男は立ち直るだろう。
その前に―



512 :それがドロッチェクオリティ:2007/02/06(火) 18:36:59 ID:ERHAMsRQ

朝もやがかけるビル群の中にそれらは居た。
後頭座席しか残っていないスポーツカーを降りると、その大きい耳についた露を掃う。
アルコール臭がするそれは完全に彼の信頼する団員のものである。
「さて…ストロン達を捜すか。」
その、ドロッチェはそのズレた紅いシルクハットを被り直す。

そしてドロッチェが被り直してからその攻撃に気付くのと、
ドロッチェ達と隣接するビルが吹き飛ぶのはどっちが先だっただろうか。

「マハザンマ!」
突然、空間の風が吼える。

「…ッ!」
ドロッチェはスピンの手を引きながらその攻撃を寸前でかわした。
その破壊されたビルの光景と立っているドロッチェが今の攻撃の結果を物語っている。
(…気配なんて感じなかった筈、奴は一体…)
まだこの辺りには人が集まっていない。ドロッチェはそう判断を誤った。
先程の出来事はドロッチェの感覚を鈍らせた様だ。
更にドロッチェが体制を立て直すよりも早く、横からその敵の味方はドロッチェ達に刀で切り掛かる。
ドロッチェにその凶刃が振り下ろされる、その直前だった。
その救いは突然に。

ロザンナのじゅうが ひをふいた!

うまい! よしおにきょうれつないちげき!

よしおはしんでしまった


なむ

うまい! たまこにきょうれつないちげき!

たまこはしんでしまった


なむ

ドロッチェはハッとして辺りを見回す。
そこには銃口から煙を出しているその武器を片手に持つ金髪の少女と、赤毛の少年、そして紺色の髪の少年の姿。

(…!?)
緊迫した空気が周辺を包む。

513 :それがドロッチェクオリティ:2007/02/06(火) 18:39:25 ID:ERHAMsRQ
「大丈夫?」
静寂を破ったのはドロッチェではなく、少女の方だった。
「あ、ああ。特に怪我は…」

ドロッチェの頬からは冷や汗が垂れる。
秋葉原の魔剣にせよ、スポーツカーの事故にせよ、先程の衝撃波にせよ、今の緊迫にせよ、危機的な状況が多い。
根底から考えられないそのカオスな状況にただドロッチェは戸惑うばかりだった。

【四日目 銀座 6時半】

【ドロッチェ団】
【ドロッチェ@星のカービィ】
[状態]:色んな意味で重症
[装備]:ヒノカグツチ
[道具]:支給品
[思考]1:ストロン達を捜す

【スピン@星のカービィ】
[状態]:泥酔
[装備]:弾切れガバメント
[道具]:支給品
[思考]1:なんらE感じら♪

【東京タワーの魔女】
【ロザンナ(魔女)@女神転生2】
[状態]:良好
[装備]:ウージー
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の鼠を調べる
2:ヒデトを捜す

【アドル・クリスティン@イース】
[状態]:良好
[装備]:不明
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の鼠を調べる

【リヴァル・カミルモンド@コードギアス】
[状態]:良好
[装備]:不明
[道具]:支給品
[思考]1:目の前の鼠を調べる
2:マリア達とデパートを脱出する途中にはぐれたのでマリア達と合流したい

【マリア・トレイター@SO3】
[状態]:軽傷 行方不明
[装備]:リーサルドラグーン

【モンブラン@FFTA】
[状態]:気絶 行方不明
[装備]:不明

【サラマンダー・コーラル@FF9】
[状態]:重傷 行方不明
[装備]:不明

【野比玉子@ドラえもん 死亡確認】
【ロウヒーロー(よしお)@女神転生ロワ 死亡確認】

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:10:34 ID:fIRX9oJh
ちょ、原作のじゃなくて女神ロワ版のヨシオかよwww

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:17:34 ID:QkKcRuDJ
ヨシオww
そして何だよドロッチェクオリティってww

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 04:50:34 ID:iYgk4nV5
◆E3y/x3899Eがキャプテンとやらなのか?
人の話は聞かない・自分のワガママは通したい・修正するその努力すらも人任せ・しかも駄文

カオスってのは何でもありかもしれないが、何してもいいワケじゃないぞ

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 13:01:01 ID:9Eh1EkEZ
かそ?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 14:47:19 ID:UXaDxMV/
>>516
キャプテンは同時刻に別の場所に出現していたから違うと思うぞ

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 15:42:53 ID:QkKcRuDJ
過疎なのかネタが切れたのか書き手が受験なのかリレーする気が無い(又はマイナー作品によりリレーが出来ない)のか。

てかジャイアンとカービィはどうした。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 16:15:38 ID:9Eh1EkEZ
書こうと思うんだけど、その前にうんこ行ってくる

521 :もうだめぽ:2007/02/07(水) 16:46:19 ID:sCTPSRum
もうだめぽ


【四日目 2ch 20時】
【過疎@テラカオスバトルロワイアル】
[状態]:もうだめぽ
[装備]:もうだめぽ
[道具]:もうだめぽ
[思考]1:もうだめぽ

【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡確認】

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:15:26 ID:iTiVZZ2/
ネタはある、受験でもない、リレーはできる。
しかしモチベーションが……

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:16:09 ID:UqiWqCTK
っていうかそもそも最近リレーらしいリレーってのが少ないよな
リレーに見せかけた同じ作者が書いてるっぽいのがあるし

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:56:13 ID:9Eh1EkEZ
うんこ終わるまで待ってよ!

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 19:44:50 ID:u5ki62ca
まともにやろうとしてた奴がいたことに驚き桃の木

526 :しかし元ネタは本当に何処に脱出したんだろうか:2007/02/07(水) 19:57:40 ID:QkKcRuDJ
クリス「ロケラン!」

ボ〜ン

沖縄は滅びた…
そしてクリスは無事に脱出に成功した。


【四日目 沖縄跡 10時(放送前)】

【クリス・レッドフィールド@バイオハザード小説スレ 海に飛び込んだ為溺死確認】
【カイン・ハイウインド@FF4 爆死確認】
【野比玉子@ドラえもん 爆死確認】

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:03:58 ID:qeHDtMWm
他の人にリレーを求めるなら、自分から率先してリレーをするべし。
てか、みんなで一斉に登場済みのキャラ予約して、
三日後ぐらいに、一斉投下しようぜ。
リレーもできて、ロワの活性化にも繋がる……はず。

カイム@ドラッグオンドラグーン
アンヘル@ドラッグオンドラグーン
ジョーンズ@サントリー缶コーヒーのボス
ハクオロ@うたわれるもの
長門有希@涼宮ハルヒシリーズ
ガチャピン@ひらけ!ポンキッキ
朝倉音夢@D.C.
玄野計@GANTZ
野比のび太@ドラえもん
かみなりさん@ドラえもん
上条当麻@とある魔術の禁書目録

予約

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:05:44 ID:Z6LlY0p/
>>527
鳥付けなきゃ予約にならんだろw

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:05:53 ID:qeHDtMWm
>>527
鳥付け忘れてた……。
改めて

カイム@ドラッグオンドラグーン
アンヘル@ドラッグオンドラグーン
ジョーンズ@サントリー缶コーヒーのボス
ハクオロ@うたわれるもの
長門有希@涼宮ハルヒシリーズ
ガチャピン@ひらけ!ポンキッキ
朝倉音夢@D.C.
玄野計@GANTZ
野比のび太@ドラえもん
かみなりさん@ドラえもん
上条当麻@とある魔術の禁書目録

予約

530 : ◆h8sFAV3kjo :2007/02/07(水) 21:06:33 ID:qeHDtMWm
なにやってんだ俺。
再び予約

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:49:24 ID:UXaDxMV/
これはwktk

532 : ◆1U9aQ7O4wM :2007/02/07(水) 22:48:11 ID:QkKcRuDJ
書きたいけどドロッチェクオリティを書く自信が無いから

センダ@女神転生2
枢木スザク@コードギアス
マック@レジェンズ
の、ノロウィルス感染組予約で。

しかし他のSSと掛け持ちなのにいいのか俺。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:03:08 ID:9Eh1EkEZ
んじゃ、おれもうんこ終わったからそろそろ書くわ
オマイラのやる気が伝染したぜっ

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:06:51 ID:UqiWqCTK
リレーしようにも下調べしないとしようが無いってのもあるよな

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:10:38 ID:9Eh1EkEZ
>>264とか無理だろ
ネタとしては良いけど、リレーは無理ある
作者自身だって自己紹介投げじゃないのか?w

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:22:01 ID:k+TFr1eu
読み手も書き手も飽きた悪寒

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 15:45:25 ID:33Pljhhg
だから新しい書き手読み手を呼ぼう

538 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:14:15 ID:qyOemV8c
「ほに〜……さーて、どないしたもんでっしゃろ」
森の中を歩く、ほっかむりに青装束の胡散臭い姿の男。
彼の名は、エビス丸。天下の大義賊・ゴエモンの相棒にして、自称正義の忍者である。
彼がこの殺し合いの世界に放り込まれて、既に四日が経過した。
「いつまでもほっつき歩くわけにもいきまへんなぁ。
 早いとこ元の大江戸の時代に戻りたいとこでっけど……
 正義の忍者のわてとしては、こないな殺し合いを見過ごすわけにはいきまへんな!」
この四日間、エビス丸は数々の死体や殺戮を否応なしに目の当たりにしてきた。
こんなものを見せられて黙っていられるほど、彼は人でなしではない。
いつも通りの脳天気に見えるが、今回のエビス丸……かなりマジで怒っている。
だが、今のままでは彼らに刃向かうことはできないことも理解していた。
自分の首に付けられた、爆弾付きの首輪がある限り。
ちびエビスンの術で自分の身体を小さくしたら、あっさり外れるのではないか……と思って試してはみたが、
首輪も一緒に小さくなってしまった。どうやら、この手で外すことは不可能なようだ。
(これが爆発したら、一巻の終わりでんなぁ。
 これさえなかったら、あとはどうにでもなるんでっけど……
 首輪を外せるような技術を持った人を探さなあきまへんな……しかし、どこをどう探せばええのやら)

その時、すぐ近くの茂みに気配が現れる。
「!!誰でっか?」
「ひっ……!」
怯えたような声が聞こえ、影は物陰へと隠れた。声からして、どうやら女の子のようだ。
相手の警戒を解くべく、エビス丸はいつものおちゃらけた口調で話しかける。
「ほにっ、心配いりまへん!わては殺し合いなんかに乗ったりしてまへんで。
 わての武器なんて、ホレ。これでっせ」
エビス丸は自分の支給品を取り出し、見せる。
それは、便所スリッパ……
とんだハズレアイテムである。確かに、普通はこんなものでは絶対に人は殺せないだろう。
「あ……ええ、と……」
それでも女の子は、まだエビス丸の前に出て行くことを躊躇っているようだ。
「この殺し合いの中やったら、疑うのも無理は無いでんなぁ。
 仕方おまへん!ほな、一発バーンと笑わせてやりまひょ!」

539 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:15:26 ID:qyOemV8c
そう言うや否や、エビス丸はいきなり服を脱ぎだし、便所スリッパをお盆代わりに使用する。
「ほーれ、いきまっせぇ♪」

かつて怒りと暴力に支配された村に、一瞬にして笑顔を取り戻し。
氷のように冷たく閉ざされた王子の心を溶かした、伝説の舞。
その名も――

のうてん音頭!!!

……ただの裸踊りとも言う。

「きゃぁぁぁっ!何やってるんですか!?」
驚き、呆れ、赤面、脱力、そして笑いをこらえたような微妙な表情のまま、その女の子は出てきた。
「わははは、女の子には刺激強すぎたでっか?」
ボケながらも、エビス丸は相手の緊張を上手く解した手応えを感じていた。
――このエビス丸という自称正義の忍者、ただの大ボケ大食らい野郎というわけではない。
動作が鈍いようで、実際ゴエモンの旅にしっかりついてきているし、
シリアスなシーンでもマイペースにボケるものの、最低限の空気は読む。
熱くなりがちなゴエモンの横で冷静に戦況を把握し、確実にサポートする。それがエビス丸という男。
今回はマジなため、その行動は何気にかなり冴えている。
……全くそう見えないのが問題ではあるが。

「はぁ……でもよかった、悪い人じゃなさそうで」
その小柄な少女は、ほっと胸を撫で下ろした。
見た感じ、結構可愛い感じの女の子ではある。
(別になんてことない女の子、でんなぁ……
 あれ?せやけど……)
普段のエビス丸なら、そのプレイボーイぶり(自称)を発揮して軽くアプローチをかけたりしてみたかもしれない。
しかし。
(何でっしゃろ……この娘、嫌な感じでんな……)
特に彼女に危険を感じた、というわけではなかった。
少女からは殺意や狂気といったものは感じられない。
しかし、エビス丸は少女に対し言いようのない嫌悪感を抱いていた。

540 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:16:09 ID:qyOemV8c
「ずっと不安だったんです。一緒に行動してた人と、はぐれてしまって……」
少女が話し始めた。とりあえず、それを聞いてみることにする。
「ほに?連れの人がおったんでっか?」
「はい。私と同じ世界の人で……とても頼りになる人です。
 私も、ずっとあの人に憧れていました……」
連れの者の話をする少女の目。いわゆる、恋する乙女のそれだろうか。
その仕草が、エビス丸は不愉快で仕方がなかった。それは、彼女の憧れの人とやらに対してもだ。
「そうでっか。どんな人やったのか、教えてもらえまっか?」
「え?はい、あの……私達の世界の、OEDO警備隊・ご組の若頭なんです」
「大江戸……?」
「私もそのご組の一員なんですが……彼は私なんかよりもずっと強くて、勇気があって……
 私も、あの人のおかげで何度も勇気付けられ、敵に立ち向かうことができたんです。
 あの人と一緒なら、どんな危機にも立ち向かえるような気がして……」
話を聞くに連れて、エビス丸の不快感はどんどん増大していく。
(まさか、この娘の言うてるのは……)
エビス丸は尋ねてみる。自分の嫌悪感の正体を知るために。
「その人の名前、なんていうんでっか?」
少女は言った。それは、エビス丸の予想通りのものだった。

「ゴエモン、という人です」

エビス丸は全てを理解した。自分の中に沸きあがってくる、彼女に対する憎悪の意味を。

「あ、自己紹介が遅れました。私はエビス。
 僭越ながら、ゴエモンさんの相棒を勤めさせてもらってます」

そうか。そういうことか。

「そうでっか。だいたい話はわかりましたわ。けど……」
「はい?」
「少々、迂闊でしたなぁ……」
「え?あの……?」


「わては……本物、でっせ?」


そう一言呟いて。
エビス丸は、その手に持っていた便所スリッパを振りかざした。

541 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:18:59 ID:qyOemV8c
一閃。スリッパは、エビスの右頬を削ぎ落とした。
二閃。今度は右耳が飛ばされ、その勢いで右肩も抉られた。
三閃。左目を潰し、そのまま左頬を削ぎ落とす。
さらに四閃。エビスの左頬が削ぎ落とされ、骨が露出する。
五閃。右目が潰れ、髪が大量に宙に舞った。
そして、最後のとどめ。顔面に叩きつける。鼻は潰れ、歯が残らず叩き折られた。


「あ……が……」
エビスは、その場に倒れ伏した。
受けた傷は、元の彼女の原形すら留めていない。
「まだ生きとるんでっか。意外としぶといでんなぁ……その面の皮の厚さの賜物でっか」
憎悪に歪んだ表情で、エビス丸は吐き捨てた。

便所スリッパで人を殴り殺す。確かに、普通では考えられない話だ。
しかし、このエビス丸という男……
過去に、ただの笛やハリセン、フラフープやリボン、果てはしゃもじやおでんなどを武器にして、
ゴエモン達と同等の戦力を発揮し、数々の敵と幾度も戦い抜いてきているのだ。
彼にかかれば、便所スリッパすらも立派な武器だ。むしろ今まで武器にしなかったほうが不思議である。


「苦しいでっか?でもわてらが受けた屈辱は、この程度やおまへんで?」
地面で惨たらしく悶えるエビスを覗き込み、エビス丸はあざ笑った。
「な……あ……」
「なんで、と言いたそうでんな?
 けど、あんたらの罪の深さから考えれば、これでも軽いくらいや」
思い起こすだけでも腸が煮えくり返る――
ゴエモン、新世代襲名――新世代のゴエモンと嘯く連中の情報が世に出た時の、計り知れない屈辱。
晩年の手抜きゲームの連発を棚に上げ、ゴエモンブランド衰退の原因を全て自分達キャラクターのせいだとほざいたプロデューサー。
こんなモノに、自分達が取って代わられる……それを知った時の、絶望。
新世代ゴエは、結局一発限りの不発花火であっさり幕を閉じた。
だが自分達の未来を潰された屈辱、そんな失敗ごときで収まりはしない。
その後自分達はDSで東海道を舞台に旅したが……ゴエモンの名が地に落ちた今、かつての勢いは見る影もなかった。
そういえば……東海道を旅した時どっかの牢屋にゴエモンを騙った馬鹿が捕まってた気がする。
あれはその偽者本人だったのか。いや、どちらにしても投獄程度では気がすまない。
何もかも、こいつらが全てをどん底に叩き落したせいだ。
許してはおけない。断じて。自分のプライドのためにも、彼らの存在そのものが絶対に許せない。
「聞いてまっか?なあ、劣悪な偽者はん?」
スパン、とエビスの頭をスリッパで叩く。同時に、脳髄が飛び散った。
エビスの返事はない。できるはずがなかった。
もはや、二度と動くこともない。
「ああ、死んだんでっか。惨めでんなぁ。
 便所スリッパで殴り殺された、なんて情けない殺され方の参加者……
 ひょっとして、初めてとちゃいまっか?」
そう。
これで彼女は死因欄に「便所スリッパで殴り殺される」と表記されることになる。
それは、おそらくどこのパロロワを探しても他にない、情けない殺され方であろう。

542 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:20:02 ID:qyOemV8c
「心配いりまへんで。おまはん憧れの偽ゴエモンも、すぐに送ってやりますわ。
 もっとも……同じようにグチャグチャにして殺すつもりやから、あの世に行ってもお互いわからんかもしれまへんな?」
嘲笑う。
ネタに見せかけた叩きカッコワルイ……そんな声が聞こえたような気がした。
それがどうした?
こんな連中ごときに、自分達の存在を、存在意義そのものを取って代わられる気持ち……
わかるのか。お前達にそれがわかるというのか――!!

「まったく……こんな連中まで呼び出されとるやなんて……
 ほに?いや、よう考えたら……
 新世代の世界の連中を呼び出せるなら……その逆も可能かもしれまへんな」
エビス丸にひとつの考えが思いつく。
どういった手段で自分達がこの時代に呼び出されたかはわからないが……
呼び出すのが可能なら、その逆で……向こうの世界に接触するのも可能ではないか。
「ゴエモンはん……わて、元の時代に戻る前に……やることができたみたいですわ」

エビス丸は決意する。
殺し合いを止めるのは当然。だが、それとは別に、彼が望むもの。
それは。

ひとつの世界の、完全なる抹殺。

――奴らの世界を、わては存在そのものを許さない。

543 :史上最悪の復讐、開幕:2007/02/09(金) 10:21:38 ID:qyOemV8c
【エビス丸@がんばれゴエモン】
〔状態〕本気。過去のシリーズに使用した全能力を最大限に駆使する覚悟。
〔装備〕便所スリッパ
〔道具〕支給品一式×2、エビスの支給品(不明)
〔思考〕
1、ゴエモン(新世代)、及びその仲間を殺害する(可能な限りの残虐・屈辱的手段で)
2、可能ならば新世代の世界そのものを完全に滅ぼす
3、ゲームを止めて元の世界に帰る

【エビス@ゴエモン新世代襲名 死亡確認】

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 10:29:24 ID:hb8NhGAO
うん…そうか
そういう歴史があったんだね
やえちゃんはセーフなのか??

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 20:56:03 ID:4C0N2UWJ
特定のキャラ相手だけど、シマリスに続く超兵器マーダー誕生かw
ヤエちゃんとはゴエモンを巡ってのライバル関係だっけ?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:56:37 ID:L7z5UKfb
狙いは新世代であって、やえちゃんは別に殺す気ないんじゃね?
ゴエモンをめぐっての動機じゃないし

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 13:02:02 ID:fXKnpSDW
こいつの場合ほんとにそんなんで戦ってるからなあ


548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 16:17:12 ID:nN/lubOG
いい加減ウィキのアンケートを更新しようと思うんだが(サザエとか)
どう思う?


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 16:34:52 ID:NJ03dEhi
好きにすればいい
それがカオスだ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 17:14:40 ID:d3s9v/m+
しかしカオスにあるまじき停滞っぷりだな

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:36:19 ID:DvsAnfJt
今のジャンプロワや任天堂ロワに投下スピードが負けそうな悪寒

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 02:53:08 ID:0cUUgXL7
カオスは十分役割を果たせた。あとはdatの海に沈ませておけばOK
半年ぐらいしたらまた新しくスレ立てて最初からやり直せば一ヶ月ぐらいは楽しめるんじゃね?


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 15:48:09 ID:4nZOCsm/
テラカオスは しんでしまった!


「こんなろわに まじにまっちゃって どーするの」


【四日目 日本 21時】
【ビートたけし@たけしの挑戦状】
[状態]:
[装備]:
[道具]:
[思考]1:このロワはすっかり駄目になってしまいました


【テラカオスバトルロワイアル@2ch 死亡確認】

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 16:10:10 ID:LefS49AT
dat落ちするならするで構わんが、>>530が投下されてからがいいなぁなんて

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 22:51:10 ID:gLRgunjs
なんかやけに潰したがってる奴が一人いるのは気のせい?

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 22:52:51 ID:o4SBA1Zl
どうせキャプテンとか勉強とかそこらへんだろ。
意表をついて旧まとめとかな

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:04:53 ID:oe/kbs3b
終了確定なら、エンディング後の話とか投下してもオケ?
と聞こうと思ったけど、この流れはそうでもないのか?

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:08:42 ID:WGqLDVQH
>>557
ちょっと質問。
明確な終わり という形で俺は描きたいんだけど・・・以前の話からの総合性を考えると
やっぱりおかしい と思えるような話になってしまう。
考えた結果、このロワを終わらせる という話でもいいの?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:21:39 ID:8n99Ev10
別に好きにしたらいいと思うけど、何事もなかったかのように次の話が来てもファビョんないでね。

560 :TCBRエンディング Cルート:2007/02/15(木) 03:31:38 ID:/HEu1lc2
アドルフの全身から夥しい血が流れる。
それは、無惨にも死んでいった参加者の怒り。
――否、このゲームに殺された、人々の怒り。
全てがアドルフの身体に叩き込まれたのだ。

紅い噴出。
アドルフもただの人だった証。

「終わった……のか?」
一瞬、ドロッチェは安堵する。
「そんな事で終われば苦労はしないと思うがな。忘れたのか? 主催者は何度も代わるんだ。」
M2の言葉にドロッチェはハッと顔を上げる。
そうだ。
毎回毎回、放送の度に主催者は代わっていた。
ならばあと少しでも時間が経てば、また新たな主催者が現れるのだろうか。

「待ってよ! もしもボックスは!?」
ハルカはその電話ボックスを指差しながら、全員の注目をボックスに回す。
「…肝心のノビタがあれでは使いようがないだろうな」
ドロッチェの向いた鼻の先は母の亡きがらに佇むのび太の姿。
もう母は甦らない。
ピクリとも動かないその腕をただ、のび太は握っていた。
「ママ……ママ……」
ハルカはのび太に近づこうとしたが、ドロッチェに腕を出され、止められた。
「…誰だって大切な人を失っているさ。ほっといてやれ。」
ハルカは反論する事が出来なかった。
見ていたからだ。あの姿を。
スピンを惨たらしく殺され、憤慨するドロッチェを――

「そもそもこっちの世界自体が変わる訳では無い。ボックスに願いを伝えたあいつだけが元の世界に帰れるんだ。」
「そんな!」
M2は分かっていた。
一応ドラえもんから聞いた話ではそうだったからだ。
この世界はのび太の世界とは違う。
のび太の世界が現実世界。
そこに別の世界の住人であるハルカ達が、存在してはいけないのだ。


561 :TCBRエンディング Cルート:2007/02/15(木) 03:32:25 ID:/HEu1lc2
「……ノビタだけでも現実世界に帰した方が良い。」

そう。
自分達の運命は既に決まっている。
だからこそまだ助かるのび太だけは助けたい。

「ノビタ、もしもボックスを使ってお前だけでも帰えるんだ。」
「え……」
のび太は虚ろにドロッチェを見つめる。
「お前の世界ではこんな卑劣なゲームなんて無い。だから、お母さんだって生きている筈だ。」
のび太はハッとするとボックスの中へ走り込み、受話器を取る。


のび太がボックスの中で叫ぶのが分かる。

「元の世界へ戻して」と言ったのだろう。
それが正しいのだ。
間違ってなどいない。
ただ自分達が巻き込まれたに過ぎないのだ。


もしもボックスは空気へ溶けていく。
「……これで、いい筈だよな、スピン……」
ドロッチェは空を見上げ、今は亡きスピンの事を頭に浮かべる。
「…見て!」
ロザンナが突然ドロッチェとは反対側の空を見ながら、呼びかける。
そこには、空を翔けるヘリコプターの姿。
「もう首輪は外れているし、……後はあのヘリコプターが降りてくるだけか。」
希望の光は突然、視界に入った。
極限状態からの脱出。
それは運命だったのか。
もしもボックスの恩恵だったのか。

――今となってはもはや分からなかった。

562 :TCBRエンディング Cルート:2007/02/15(木) 03:33:05 ID:/HEu1lc2
2006年 12月12日 23時25分。
BR法により日本国陥落。
A国、調査の途中生存者を数名発見、これを救出。
それ以外は全国民来日客全員死亡。

史上最悪の悲劇となる。


なお、生存者は以下の通り。

ロザンナ
キャプリス・ウィッシャー
ジャック・バウアー
ハルカ・ヘップバーン
上条当麻
アナゴ
アレキサンドラ・ロイヴァス
ミュウツー・ヴィ・ブリタニア
ドロッチェ
神鳴
阿部高和
赤木しげる
ヒビノ・ミライ
アイハラ・リュウ
サコミズ・シンジ
クゼ・テッペイ
リヴァル・カミルモンド
マリア・トレイター
ベア
範馬刃牙
ドネッド・ラディウユ
ナナリー・ヴィ・ブリタニア
剛田武
阿久津真矢
ボストン
シマリス


563 :TCBRエンディング Cルート:2007/02/15(木) 03:34:12 ID:/HEu1lc2
アシュリー
フグ田タラオ
白鳥隆士
支倉志乃
ジョーンズ
スティーブン
ガッ
前原圭一
大石蔵人
エドワード・ジェラルダイン
ガチャピン
マリオ・マリオ
ホリエモン
東光太郎
レナ・ランフォード
ガルダンディー
南光太郎
エゼル・バルビエ
先生
イリア・シルベストリ
野比玉子



あの極限状態の中で、様々な感情があっただろう。
希望も見えない闇の世界で、悲しみも怒りも関係なく人々が殺されてきた。

私は忘れない。
あの恐怖を。
あの狂気を。

そしてあの勇気を。


2056年12月12日
日本島にて

BR法の犠牲者へ
…敬礼。

著ハルカ・ヘップバーン
【混沌のテラ】より

564 :TCBRエンディング Cルート:2007/02/15(木) 03:35:06 ID:/HEu1lc2
のび太は元の世界へと帰っていた。
友人と、母親との再会。
あの6日間は少年に何を与えたのか。
いや、のび太は恐らく変わらないだろう。
あの記憶はドラえもんによって消されたのだから。
のび太があの狂気の記憶に耐えられる筈が無い、とその現場に居たドラえもんが判断した故に。

そしてまた、いつもの退屈で平穏な日々が始まった――

「何だろう、このノート……」
ある日、のび太は校庭に落ちていたノートを拾いあげた。

その表紙には、
「TERA CHAOS」と小さく刻まれていた。


To Be contuned
and more...

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 03:52:28 ID:7AmNVI6S
うおお、無駄にクオリティ高ええええ!w
この時間と才能の無駄遣い感、これでこそカオスだよなー。GJ!

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 07:42:17 ID:w27+TCTA
>ミュウツー・ヴィ・ブリタニア

ちょwww
いつの間にそんなことになってたんだw
まとめ見てくる

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 07:53:21 ID:504fhNKO
流れ的にEDはセプテントリオン。

だから無理やりでもラストに苗字つけたかったんじゃね。
ヒトラーの死亡にM2(ギアスで言うゼロ)が立ち会ってたし。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:50:56 ID:Gp4MtLz+
のろのろやってたらもうエンディングかwww
まだ描き途中だったけど次回に回すか…

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:55:11 ID:OiD6DP9A
じゃ俺はBルート今から書くね

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 16:46:00 ID:2eshabNa
生存者の最後に玉子の名前がw
やっぱ生きてたのかよw
>母の亡きがらに佇むのび太の姿
このシーン台無しwwww

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:13:27 ID:Pnylr4yH
最強ボス達やDCS軍団もみな死んでしまったのだろうか…
それとも彼等や救出者名簿に載っていない他の参加者達は今も日本で…

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:28:41 ID:7IpnGQJE
それじゃあ商店街の奴らとかシレンとかキョンとかはまだ狂気のゲームの中にいるということか

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:32:31 ID:OiD6DP9A
複数のルートがあるって事はCルートはノーマルエンドでおk?

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:35:30 ID:7AmNVI6S
魔界大冒険途中エンドとするか、あるいはまったく別の何かにするか―――それは書き手次第であります。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 20:21:59 ID:LuZLSwRf
だ・か・ら


ゲームじゃねー!!!!

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 20:25:19 ID:LuZLSwRf
ドラえもん流のパラレルワールド感に間違いがある。
>この世界はのび太の世界とは違う。
>のび太の世界が現実世界。
と書いてあるが、別にどちらが現実でどちらが非現実という区分けはないよ。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 20:27:49 ID:+SNg6TDz
>>575-576
日本語でおk

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 20:59:36 ID:7AmNVI6S
頑張って翻訳を試みたところによるとだな、おそらく…
「もしもボックスは仮想現実を作る機械じゃないから『現実世界』とかいうのはおかしい」
と、実に筋違いなことを述べてくださってるんじゃなかろうか。
きっと脳ミソが少し・不思議な方だから、そっとしておいてやろうぜ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 21:01:14 ID:/QE6nEmd
『元々のび太がいた世界』を舞台にしているんであって、
『もしもボックスで新たに作り出された世界』を舞台にしたわけではない
って事かな?


580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 21:07:49 ID:/HEu1lc2
平行世界のパラレルワールドって感じって魔界大冒険の途中で言ってたからもしもボックスの使用者、
つまりのび太の世界が実際の現実世界じゃないのか、とドロッチェ、M2は感じていたと言う事です。



どう見ても苦しい言い訳です本当に(ry

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 01:23:40 ID:zFHgPnGG
>>575-576おまえは何を言っているんだ

582 :TCBRエンディング Dルート 『Live ALive』:2007/02/16(金) 01:45:06 ID:Cs143MDJ
「邪ッッ!!」

「……ごふ、っ」
主催、アドルフ・ヒトラーに、範馬勇次郎渾身の一撃が突き刺さった。
のみならず、それはあっさり胴体を貫通し、致命的な損傷を与える。
「ちっ……案外あっけねぇな、こんなもんかよ……」
毒づきながら、範馬勇次郎はアドルフの腹から右腕を引き抜く。
支えが無くなり、既に息の絶えたアドルフはその場に崩れ落ちる。
明らかに、死んでいた。

今この場にいるのは、実に72時間以上もの地獄を潜り抜けてきた猛者達。
鉄壁のガードを誇るベア。
不死身の野比玉子。
冥府から蘇ったMMR、しんのゆうしゃ。
ノロウィルス撲滅部隊の面々。
恐竜の末裔、ガチャピン。
生徒を守るため、その力を振るう先生。
戦斧「ディアボリックファング」を駆る会社員、アナゴ。
ゴルゴムと戦い続ける戦士、南光太郎。
かつてはマーダーだった暗殺者、シマリス。
史上最強の小学生、野比のび太。
魔法老人リリカルかみなり。
首輪を解除してのけた紋章術師、レナ・ランフォード。
強力なポケモンを使役する幼稚園児、野原しんのすけ。
対主催の旗の下に集まった者達のうち、五体満足な者が国会議事堂に集結し、最終決戦を開始したのだ。
そして、戦いは酷くあっさりと終る。
突如現れた軍団に狼狽したアドルフを、一斉攻撃。それが全てだった。

「これで本当に終わった……のかな?」
ガチャピンがアドルフの躯を前に、ぽつりと漏らした本音。
「なんかしっくりこないけれど、案外そんなもの。かもしれないのでぃす」
血で真っ赤に染まったクルミを携えつつ、シマリスが自分の意見を述べる。
しかし、心中では皆等しく疑問を抱いていた。
――――あっけなさすぎる。
確かに今までは倒された主催が新たな主催に、という流れだったため、それは断ち切られたことになる。
この場において、主催に成り代わろうとする者がいるはずがない。よって新たな主催は生まれない。
理屈の上では、そうなるのだが――
「……黒幕だ」
やけに重い沈黙の中、それを破った者がいた。
マガジンミステリー調査班の隊長、キバヤシである。
「ノストラダムスは、あの人は最後に言っていた。『ワシは……見た。人類が滅亡するのを』と」
その言葉と前の発言に関連が見られず、沈黙が困惑に置き換わり始める。
「そして主催……安部晋三、織田信長、羽柴秀吉、徳川家康、服部半蔵、ノロウィルス、
モヒカン頭、フレイザード、ヒトラー……これに共通する一点……間違いない!」
「どういうことだ、キバヤシ?」
MMR隊員、ナワヤはいつものように隊長へ問いかけた。
恐るべき答えが返って来るのを、薄々感づきながら。
「最初の主催……安部晋三は『美しい国』を作るため、BR法を施行した。
人間が醜い、という考えに支配され、人類を根絶やしにするために。
次の主催、織田信長は、戦乱の中でこそ人が輝くという、己の真理を具現するために。
秀吉と家康は、戦乱の先にある天下を求めて。服部半蔵は主の意を引き継いで。
ノロウィルスは『繁殖する』という本能、モヒカン頭は汚物……人間を消毒するため。
フレイザードにいたっては言うまでもない……これらに共通している点が、一つあるんだよ!」
「い いったい どこが おなじなんだ キバヤシくん?」
一瞬の溜めの後、キバヤシはゆっくりと、その口を開き――

「それらの意志が続く先には――――人類への災い、という未来しか存在していない!
これはもはや、偶然ではない……必然……そうとしか考えられない……!」

583 :TCBRエンディング Dルート 『Live ALive』:2007/02/16(金) 01:45:44 ID:Cs143MDJ
いつもの馬鹿げた論理とは違い――それには、一笑に付すことができない要素が、多分に含まれていた。
言われてみれば、どれも人類を脅かす可能性ばかりでしかない。ノロウィルスあたりが特に顕著である。
何故、こうもそこばかりが共通しているのか?
「そして、あの人が残した言葉……近々起こる人類滅亡の予言……いる。確かに、人類を滅ぼそうとしている者が!
その悪意をもって、未来過去現在全てを操り、陰で暗躍する黒幕の存在が、オレには見える!」
「そ、そいつが存在したとして、誰なんだよ一体!?」
主催を倒し、もしもボックスを使えば全て解決する。そう思っていたのび太は、怯えを隠そうともせず喚く。
まるで名探偵の亡霊にでも取り付かれてしまったようなキバヤシは、再度口を開いて、
「オレにだって……わからないことぐらい……ある…………」
やはり所詮キバヤシでしかなかった、という事実を一同に再確認させた。
緊張と、落胆が混じった空気で満ちる国会議事堂、放送室。
中にいる者は、誰も言葉を発しようとはしない。

「……恐るべきものだな、その頭脳は。私の存在に気付いてしまうとは」

だからこそ――その声は、部屋の入り口から聞こえてきた。
全員が、一斉にそちらを向く。
「しかし、気付かれたからにはやむを得まい。君達にはここで消えてもらおう」
そこには、対主催の旗が下、集まった誰も知らない人物が姿を現していた。
……約一名を除いて。
「カザマ……くん?」
しんのすけが、友の名でそいつに呼びかけた。
「違うな――――今の私は『魔王オディオ』。全ての愚かな人間を憎む者だ……」
風間トオルの姿をしたそいつは、まるで幼稚園児とは思えない口調で、名乗る。
「この子供の『憎しみ』……私が意識を移すことができる程に強く、人間を憎んでいた。
今までは『憎しみ』の志向性を操り、主催を勤めさせる程度の奴しかいなかったが、こいつは別格だった……」
風間トオル……いや、魔王オディオは、つらつらと語り続ける。
「本来なら、もっと数が減ってから動きたかったのだが……お前達は気付いた。気付いてしまった。
故に、生かしておく訳にはいかん」
魔王オディオはそこで言葉を切ると、その全身から禍々しいオーラを立ち上らせた。
「ぶるああああああ!! 貴様のせいで、貴様のせいでマスオ君は! 海山商事は! 決して許さんぞ!」
「ムックの仇……取らせてもらうよ……」
「俺たちは諦めない! 人類が滅びるなんて認めない!」
「よく判らねぇが……テメェ、喰うぜ」
「ほう、ヒューマンにしては楽しめそうだ、せいぜい足掻くがいい!」
「ワシはただの老いぼれじゃが……こうして戦う力がある以上、貴様を見過ごすわ訳にはいかん」
「このクルミ+99の力を思い知らせてあげるのでぃす」
「ぼく達は……帰るんだ! 元の世界に!!」
その殺気にも動じず対主催組は、それぞれ思い思いの言葉を叩き付ける。
「所詮は人間と、その愚かさを判らん者共か……思い知れ、罪深きその人生を!!
来たれ、我が同胞達よ! この場に推参するがいい!」
魔王オディオが軽く手を振れば、何処からともなく七つの影が現れた。
ガトリング砲を構えた大男、インコ顔の大仏、蛙と蛇を足して二で割ったような化物、
筋骨隆々の格闘家、巨大な肉食恐竜、ポリゴンで構成されたプログラム、カンフーファイター。
どいつもこいつも並の強さではないことが、彼らにははっきりとわかった。
しかし新たにあらわれた敵を前に、彼らは退かない。退くわけがない。
「ほう……覚悟を決めたか。ならば、その希望ごと儚く散らせ!」
「望む所だ! やれるもんならやってみろ!」
その会話を契機に。
正真正銘の最終決戦が、今まさに幕を開ける――――!!




584 :TCBRエンディング Dルート 『Live ALive』:2007/02/16(金) 01:48:45 ID:Cs143MDJ
……かに思われた。


どこからか、地響きが届いてくるのを聞き、両サイドとも動きを止めた。
地響きは少しずつ、少しずつその大きさを増していく。
よくよく聞けば、わかったのかもしれない。
それが地響きではなく、数万人単位の足音であるということに――――



「「「「「「「HAHAHAHAHA!!!! なにやらみなさんお困りのようですね!!!!? スープでも飲んで落ちついて下さい!!!!!」」」」」」」



いきなり無数の筋肉男(一部女を含む)が襲来し、様子を見るなりそう一斉に叫んだのだ。
『……………………』
張り詰めていた空気が、呆気なくはち切れんばかりの筋肉にかき消された。
魔王側も、対主催側も、同時に押し黙った。
なんと言えばいいのか……敵とも味方とも分類できない、いやしたくない人物が、交戦中に現れたような、そんな奇妙極まりない感覚。
「「「「「「「HAHAHAHAHA!!!! 聞こえませんでしたか!!!!? このスープを飲みませんか!!!!!」」」」」」」
一々感嘆符が入る上、全員で一斉に喋るため、五月蝿いことこの上ない。
ぐったりしながら、魔王オディオは、それらを一言で切り捨てる。
「……要らん。帰」
れ、と言う前に、魔王オディオは、その全身を筋肉軍団に拘束された。恐るべき早業である。
「何ッ!? くそ、離せ! 同胞よ、まずはこいつらから排除して――!?」
叫びかけて、魔王オディオは絶句した。自分の同胞達も、同じく筋肉軍団に捕らえられていたのだ!
何故か、恐竜、プログラム、大仏、蛇蛙の四名は殺害されてしまっていたが。
筋肉軍団のリーダー格(らしき立場)の女が、全身を震わせて絶叫する。
「そんなひどぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!」
『そんなひどぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!』
「そんなひどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
『そんなひどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
叫ぶ度に、周りにいる筋肉集団も等しく絶叫を重ねる。
鼓膜が破れかねない音量……もしかしたら、あの殺人音波集団に匹敵するかもしれない、それ程のものだった。
現にガトリング男、格闘家、カンフーファイターは気絶し、口から泡を溢している。
「そんなひどぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!」
『そんなひどぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!』
「そんなひどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
『そんなひどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』
かけ声のリズムに合わせ、どこから取り出したのか、出来立て黄金のコンソメスープを……拘束している魔王達に近づける。
「や、やめろ、離せ、待て、それを、それをこっちに近づけ――」
問答無用で口に流し込まれた。
飲み込んでしまった者は、魂が抜けたように気絶していく。
……こうして、人類抹殺を図った魔王、オディオとその一派は壊滅したのであった。
しかし、事態は終わりを見せることはない。
儀式を終えた筋肉軍団のリーダー……ローラ姫が、対主催の面々を向いて、問いかける。
「「「「「「「HAHAHAHAHA!!!! 危ない所でしたね!!!!!! とりあえず、スープでも飲んで小休止しませんか!!!!?!」」」」」」」





三分後。
国会議事堂周辺を埋め尽くす、400万以上の筋肉軍団が、新たな仲間の誕生を祝福した。
「「「「「「「「「「「「「「「ドォーーーーピングコンソメスーーーーープ!!!」」」」」」」」」」」」」」」




585 :TCBRエンディング Dルート 『Live ALive』:2007/02/16(金) 01:49:46 ID:Cs143MDJ
それから五年の月日が流れ――――
世界地図は、大きな変化を遂げていた。

まず、かつて『日本』と記されていた場所には、『食の千年王国』という国名が記されている。
そして、BR法の混乱に乗じ日本を侵略しようとした某国は、DSC人間に逆襲され、本土を侵食されてしまっていた。
宗主国であるT国からも、急遽作成された隔壁で侵入を拒まれ、あっさりと見放され、半島全体が『食の千年王国』と化す。
しかし隔壁程度で『食の千年王国』が押さえられるはずもなく、一ヶ月と持たず、T国は陥落した。
そこから『食の千年王国』の、まさに“怒涛”と形容できる進撃――後世に伝わる『スープスクラム』が開始される。
T国陥落から三ヶ月、R連邦がその全土を『食の千年王国』に掌握され、更にモンゴル、インド、ネパール、カザフスタン、そして
石油大国サウジアラビアまでもが『食の千年王国』の支配下となった。この間、わずか二ヶ月という驚異的な進撃速度である。
ヨーロッパEUはこれに対し全力交戦を試みるも、六ヶ月の長き戦いの末に、力尽きる。
事実上、これでユーラシア大陸全土が『食の千年王国』となってしまった。
アメリカを初めとする国連首脳は対策会議を開き、その結果出された結論は、
“外部から入ってくる食物、人物に最大限の警戒を行いつつ、食の千年王国と一切の関わりを持たないようにする”
という、消極的極まりない、しかし脆弱な人間が取ることができる、唯一の策であった。

時は西暦2011年。
地球の半分以上を支配する超大国『食の千年王国』。
彼らの文化はコンソメスープに始まり、コンソメスープに終わる。
もはや、彼らは『人間』ではなく、別に誕生を果たした新生物と呼んでいいだろう。
果たして人類に未来はあるのか――――それは誰にもわからない。




――Everything was filled of Muscle.
“Millennium nation of eating”was built on the Earth.

《Terachaos Battle Royale》is the DCS end.
……Happy end?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 01:50:52 ID:FoMZFgsW
もういい、ワケワカラン


ビッグバンからやり直そうZEEEEEEEEEEEE!!!

587 :TCBR2 Cルート:2007/02/16(金) 02:23:14 ID:UyaVSxjr
まさにDSCルート
GJ。

漏れは気が早いのでCルートのその後の話を。
------
のび太はその『ノート』の内容に夢中になっていた。
来る日も来る日も、その内容に没頭していく。

その内に、のび太はこの本の様な事を実際に行えないかと思考を開始する。
同級生への復讐。のび太の考えはそれを核に纏まっていく。
実現する為、思いつく秘密道具は幾つもあったが、それでドラえもんに気付かれるとまずい。
そこでドラえもんの記憶さえ改変させる道具――もしもボックスを思い出した。
もしもボックスさえ使えば、ドラえもんもこの本の内容が現実になったとも気付くまい。

のび太は構想を練り続けた。悪知恵だけは働くのび太だ。
ノートの様に簡単に終わらせたりはしない。ずっと続けさせるのだ。
それはのび太の頭の中で形となってはすぐに溶けていく。
だが、その溶ける量は徐々に少なくなり、
その形ははっきりとしていく。

――かくして、のび太にとっての甘美な夢が完成した。

後はドラえもんが一階でどら焼きに舌鼓を打っている間に、スペアポケットから目的の物を取り出すだけである。

その時は来た。
のび太はボックスに伝える。
「僕の望む世界――テラカオス・バトルロワイアル法案が立てられる世界へ!」



――教室はいつもの光景が広がっている。
友人と会話の時を過ごす者。
同級生の教科書を借りる者。
給食を待ち遠しく、腹を空かせる者。
将来の為に勉学に励む者。
そして――己の野望が確信となる瞬間を待つ者。

悪夢の給食時間はすぐそこまで迫っていた……

【ゲーム開始前 学校 11時】
【野比のび太@ドラえもん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:混沌のテラ
[思考]1:殺る気満々

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 02:27:52 ID:FoMZFgsW
お?
なんか活気づいてきたな

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 02:52:29 ID:5tqWrQX9
てか、いちいちクオリティ高いなお前らw

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 03:14:24 ID:4sdIY4Ww
DCSエンドワロスwwwww
第二回では立場反転してマーダー化しそうなのび太wktk

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 03:59:24 ID:UyaVSxjr
1の各ルートのアドルフ撃破時の最終メンバー

Aルート

Bルート

Cルート
M2、ハルカ、ドロッチェ、ロザンナ
Dルート
範馬勇次郎、ベア、野比玉子、MMR、しんのゆうしゃ、ノロウィルス撲滅部隊の面々、ガチャピン、先生、アナゴ、南光太郎、シマリス、野比のび太リリカルかみなり、レナ、野原しんのすけ


今思ったんだがCルートって誰がアドルフにとどめを刺したんだ?

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 07:59:29 ID:lmgkwx42
じゃあ俺Aルートのアフター書くわ

593 :TCBRエンディングBルート『ド・ド・ドイツの大爆笑』:2007/02/16(金) 13:03:00 ID:FoMZFgsW
「ヒトラー! もうお前の好きにはさせない! 日本の平和は俺達が守る!」
「誰だ!?」

ヒトラーが振り返ると、そこには11人の青きサムライが
勢揃いしていた。

ヒトラーは彼らを見た瞬間、

「うはwwwwおkwwww」

大爆笑した。

昨年のW杯ドイツ大会での彼らの醜態を思い出したのである。

「罪なき人々の命を奪った上、彼らを笑い飛ばすとは許せん! これでも喰らえ!」

青きサムライ達の殺人シュートがヒトラーに襲い掛かる!

全部外れた。

「ちょwwwwおまwwww」

ヒトラーは窒息死した。



594 :593:2007/02/16(金) 15:45:33 ID:FoMZFgsW
スマヌ、タイトル一部訂正

Х Bルート
◯ Eルート

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:16:38 ID:HnzASfpc
Aルート予約していいかな?ヒトラー主体の文体だけど

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:27:00 ID:UyaVSxjr
私は一向に構わんッ!

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:31:25 ID:AtBrH96K
Aルートはトゥルーエンド、もしくはグランドフィナーレじゃね?
一応温存しといて、後ろに追加していく方が無難な気がする。

まあ、真っ当に終わるとはとても思えないがなw

598 :Aルート:2007/02/16(金) 18:03:12 ID:HnzASfpc
一国の為に権力を持つ者はどうしたらいいのか?国民の為にどうすればいいのか?
国民を苦しめる政治体制などいらないのだ。
だが国民を豊かにする方法は難しい。
刺し当たって今やるべき事は。
“諸君。私が現在の主催者 アドルフ=ヒトラーである。たった今からBR法を廃止する事にした。
食料等の配給場所は後日放送する。よって今後、強奪等の行為を行った者は厳罰の対象となる。以上”
短い放送だった。
だが参加者達は安堵の息を漏らした。
これでもう殺し合いなどしなくて済む。
皆、ヒトラーに対して敬礼をしていた。
「ふう・・」
ヒトラーは大きく息を吐いた。
これでこの国は救われる。
「ちょっと待とうか。」
声がした。
「誰だっ!?」
ヒトラーは振り向いた。
ヒトラーの目の先には赤いコートと帽子を被った男、パイロットスーツを着た男、そして60年代のライダースーツを来た男が立っていた。
「BR法を廃止してはい終わり・・・そういうわけにはいかないだろう?ん?」
赤いコートを着た男が言った。
「誰かが罪を背負わなければいけないんだ。」
パイロットスーツを着た男が言った。
「己主催者め!死ねぇ!」
ライダースーツの男が叫んだ。
「待て・・私は・・・」
おろおろして腰を抜かすヒトラー。
それには先程までの威信のカケラも無かった。
「どうしたもこうしたもあるかぁ!」
ライダースーツの男が叫ぶとパチンを鳴らす。
すると壁が割れ、巨大な赤い手が現れた。
「皆、真ゲッターに乗り込むぞ!」
「おう!」
「うむ!」


599 :Aルート:2007/02/16(金) 18:03:45 ID:HnzASfpc
三人はロボットの腕を伝ってコックピットに乗り込んだ。
赤い手がヒトラーを鷲づかみにする。
「ぐおお・・放せぇええ。私はこの国を救おうというのだああ・・・」
「お前なんかにこの国は救えない!」
真ゲッターがヒトラーを空中へと放り投げる。
「うおお!?」
ヒトラーが恐怖で目を閉じた。
「「「ゲッタァァァビィィィィム!!」」」
真ゲッターの腹にエネルギーが集まっていく。
やがてそれは臨界に達し上空に放出された…。
「ぐおお・・まだ私は・・・こんな・・所で・・・」
それがヒトラーの最後の言葉となった。
【アドルフ=ヒトラー@歴史 死亡確認】

「終わった・・・。終わったんだ・・・。」
流竜馬は呟いた。
いつ終わるとも知れぬ殺戮と惨劇が終わった瞬間だった。
「まだ生きてる人もいるのかな・・・。」
「わからない。今から探しに行こう。俺達は自由だ!」
(流竜馬よ・・・)
「誰だッ!?」
「どうした竜馬?」
「空耳だろう。」
(この世界を作り出した張本人がまだ残っている・・・・)
「これは・・・真ゲッター!?」
「信じられない・・・意思を持つロボット・・いやエネルギーだって!?」
「私もにわかには信じがたいがそういう事らしいな。」
竜馬、宙、アーカード、全員が面食らっていた。
(その名は野比のび太・・・彼はまだ生きている・・・彼をこの世界から逃がすのだ。)
ゲッター線の数値が上昇していく。
「竜馬君。これはヤバイんじゃないのか?」
アーカードが竜馬に問いかけた。
「ゲッターを・・・ゲッターの力を信じるんだ!」
返事と同時に竜馬がゲッターをいっきに加速させる。
景色が高速で流れていく。
雲は一筋の線にしか見えない。
「うおお!」
「ぐむうぅ!」
ゲッター線は竜馬に野比のび太の居場所を見つけていた。
そして彼を逃がす方法も。


600 :Aルート:2007/02/16(金) 18:04:22 ID:HnzASfpc
のび太は愕然としていた。
かみなりさんは自分をかばって自称・戦闘のプロと相討ちになりドラえもんは「もしもボックス」を残して破壊された。
もう頼れる人など誰もいないのだ。
「う・・・うえぇぇぇん!」
のび太は泣き出した。
余りのショックと悲しみに巨大な人型の物体の接近に彼は気づいていなかった。
その巨大な物体から赤いコートを着た男が降りてきた。
「野比のび太君だったかな?君は逃げたまえ。その・・・もしもボックスとやらを使って。」
「おじさん・・・誰ですか?」
涙と鼻水でぐしゃぐしゃの顔をしてのび太は質問した。
「私の名はアーカード。覚えておいてくれたまえ。さあ・・・・逃げるんだ。」
アーカードはもしもボックスの扉を開くとその中にのび太を放り込みドアを閉めた。
「うえええ!僕はかみなりさんとドラえもんの敵を撃つんだ!」
カチン。
アーカードは撃鉄を引き起こすと銃をのび太に向けた。
のび太は顔を真っ青にして受話器を取った。
「そう。それでいいんだ。のび太君。」
アーカードは顔に微笑を浮かべた。
のび太はガクガク震えてションベンを漏らしながら受話器にブツブツと呟いた。
もしもボックスの姿が虚空へと消えた。
アーカードは地面に座り込んだ。
安堵とのびたの無事を祈る気持ちが一緒くたになっていた。
突如、彼の背後で緑色の光が出現した。
「ゲッター線の出力が上がっている・・・ゲッターが・・・ゲッターが土地を食ってるゥーッ!?」
ゲッターは土地・建物・有機物・無機物の全てを飲み込み巨大化していった。
それはやがて日本国全体を飲み込み・・・どこかに消えた。

 その頃ーーのび太は自室で布団を被って寝ていた。
もしもボックスが出現したのが自分の部屋だったからだ。
「ひっく・・・うええ・・・」
ここはのび太にとって元の世界。
だが僅か数日間とは言え彼はあの殺戮の世界にいたのだ。
精神に異常を来たしてもおかしくはなかった。
その時、フスマがガラリと開いた。
開けたのは青い耳が無い猫型ロボット。
「のび太君・・・どうしたの?」
いつもの声。ドラえもんの声。
その声がのび太には酷く懐かしく思えた。
「ドラえもぉぉん!会いたかったよぉ!うえええぇぇん!」
目から滝の様に涙を流すのび太を見てドラえもんは困惑していた。
又ジャイアンに虐められたのかと思ったがどうも様子が違うようだ。
「どうしたの?のび太君。」
「ドラえもん・・・ワスレンボーを貸してよ!忘れたいんだ!何もかも!」
「・・・・すぐ返してよ?はい。」
「ありがとう・・・・!君は一生の恩人だぁ!!」
こうして・・・野比のび太の記憶から殺戮世界の記憶は消え去った。


601 :Aルート:2007/02/16(金) 18:04:54 ID:HnzASfpc
 赤いロボットが空を飛んでいた。
そのロボットは人々を地面に降ろすと空中で消失し又別の場所へとその姿を現した。
ニュースになって騒がれたが結局正体不明のまま、それは人々から忘れ去られた。
そして数日後・・・・
「ドラえもん・・母さんは?」
「あれ・・・?買い物に出かけた筈なんだけど・・・遅いねぇ。」
その時、突然地響きがした。
のび太達は驚いて外に出るとそこには真紅の巨大なロボットが立っていた。
突然、ロボットが膝を折り手の平を地面に下ろした。
恐る恐るのび太達が近づくと・・。
「あら野比ちゃん。この数日間どこ行ってたの?」
「ママー!」
言いようの無い懐かしさからのび太は玉子に抱きついた。
もうこの平穏な日常が壊される事は無いだろう。
又バトルロワイヤルを考案する者が現れない限り・・・。



テラカオスバトルロワイヤル
The End


To be continued? 

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:06:46 ID:XJmPBiaV
( ´_ゝ`)

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:19:09 ID:nY16arXF
またお前か

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:21:41 ID:HnzASfpc
>>603
又って何だよ 又ってw
俺今回初めてだよw

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:43:28 ID:bVoMO3Xz
他で相手にされなかったからまた戻ってきたのか

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 18:57:36 ID:HnzASfpc
>>605
他?他のスレでのロワなんてあるんだ。へー。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 19:08:14 ID:Cs143MDJ
エンディングだけじゃなく、普通にそこまでの本編を進めても宜しいだろうか。
幾つか書きかけのが残ってて消化不良は嫌なんだぜハハハハ。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 19:18:00 ID:UyaVSxjr
ていうか消化不良ってレベルじゃねーぞ!


どうやったらAルート、Cルート、Dルートに繋がるかも考えなきゃな

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 19:48:30 ID:HnzASfpc
>>607
俺が言うのもなんだけどイイと思うよ。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:04:41 ID:sgB15zze
今現在エンディング書いてる人もしくは各気がある人いる?
いないならエンディングはCとDだけでいいんじゃないか?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:14:13 ID:HnzASfpc
>>610
カオスエンディングとノーマルエンディングかw
ま、それもカオスロワらしくていいかもな

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:58:37 ID:lmgkwx42
ごめん、今のび太死亡エンドのアフター書いてるw


613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 22:29:20 ID:UyaVSxjr
今読み返していたんだが何でドロッチェはパルマコスタワイン(攻撃力ダウン、状態異常無効)を飲んで攻撃力うpしてるんだ?
ドロッチェクオリティ?

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:26:40 ID:CYr8hBWr
カオスだから

615 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:39:08 ID:okQ0kVVs
バトルロワイアル三日目。
東京都多摩市では6つの正義が対立していた。
朝倉音夢、玄野計、ガチャピン、ジョーンズ、ハクオロ、長門有希。
復讐、平穏、約束、和解、救助、救援。
6人がそれぞれ別の思惑を持って戦っている。

そしてその上空、彼らからそう遠く離れていない位置の空で、
その戦いを観察するように見守る影があった。
一万年以上生きたと言われる竜の末裔である、レッドドラゴンのアンヘル。
そして、帝国への復讐のだけのために生きてきた王子、カイム。
その二人が、一瞬即発の状態にある6人を見つめ続けていた。

「カイムよ。我等は何をすべきなのだろうか」
ドラゴンがカイムに問いかける。
(愚問だ。この世界の人間に殺された俺達がすることなどただ一つだ)
カイムはドラゴンの問いに念話で答える。
別に喋るのが億劫だったわけではない。
カイムはドラゴンとの契約の代償として、声を失っている。
だから契約者同士にのみ使う事ができる念話で答えた。
「お主ならそう言うと思った……」
呆れた様に呟きながら、ドラゴンは自分達がこの世界に来たときのことを思い出す。
カイムたちの世界を破滅に導いた元凶。
その母体を追って、時空の狭間を抜けてやって来たこの異世界。
そして死力を振り絞り、敵の母体を撃破したのも束の間、
突如飛来した鉄の鳥の攻撃によりドラゴンとカイムは死んだ筈だった。
しかし次の瞬間には、二人は戦いで負った傷も全て消え、無傷の状態で空を飛んでいた。
そして彼等は見た、人間が生き残るために醜く争い続ける姿を。
たとえどんな世界であろうと、やはり生きとし生けるものは戦う運命にあるのだろう。
(我等もそう言う運命にあるようだな)
ドラゴンは表向きは嘆息した風に見せながらも、其の実内心では喜んでいた。
またこの男と共に戦えるのだと。
「……良いだろう。一度死んだこの命、再びそなたに預けようぞ!」
ドラゴンは己を鼓舞するかのように大きく雄たけびを上げる。
カイムはそれを見て、悪魔よりも邪悪な笑みを顔に浮かべる。
(始めるぞ、この世界への復讐を!開戦の狼煙を上げろ!)
カイムの声に呼応するかのように、ドラゴンの口内が禍々しい紅色に発光する。
そこから放たれるのは岩をも溶かす灼熱の火の玉。
狙いは今も対峙し続ける6つの正義。
ドラゴンは攻撃の威力を極限まで高め、目標に向って攻撃を開始した。

616 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:39:39 ID:okQ0kVVs

「私は君の兄の仇などではない!」
ジョーンズが必死に音夢に訴えかける。
「嘘。極悪宇宙人なんかに騙されないわよ」
しかし、馬耳東風状態の音夢にその声は届かない。
(だめだこの子……完全にニヴェに洗脳されている。早く何とかしてあげなければ)
ハクオロは音夢の誤解を解くために、その手立てを講ずる。
「心配しなくてもいいよ。君達みたいな悪者は僕がやっつけるから」
対主催者となったガチャピンは、殺し合いに乗っている(と思っている)ハクオロ、長門、ジョーンズを挑発する。
「私達に殺し合いの意思は無い。それよりもあなたの体から検出された大量の血液……これをどう説明する?」
安い挑発にも動じず、長門はガチャピンに確かな殺人の証拠に対する弁明を求める。
その質問に対するガチャピンの答えは沈黙。
思い出したくない過去を、自分の口から言う事を躊躇っていた。
(誰が正しいんだ、誰が間違っているんだ、俺はどうすればいいんだ?)
その様子を一人傍観していた玄野は、未だに答えを見つけ出せていなかった。

いつしか6人は言葉を発することを止め、緊迫した面持ちで睨みあっていた。
その場の空気が三味線の弦の様にピンと張り詰める。
まるで、先に動いたほうが負ける。とでも言うかのように誰も身動き一つしない。
もはや戦いを止めるのは不可能。
そう悟って、全員が武器を構える。
守るため、殺すため、助けるため、終わらせるため。
それぞれの思いが交差し、誤解を生み、悲劇を招く。
避けられたはずの戦いは、避けられない戦いへと変わろうとしていた。
だがその時、誰もが予想しなかった事態が起こることになる。


最初に気が付いたのは長門だった。
突然ガチャピン達から視線を外し、しかし決して隙を作らないようにしながら空の一点を凝視する。
「ここは危険。すぐに避難したほうがいい」
空から目を離さずに、長門が短くそう呟く。
ハクオロは怪訝な顔をしながら長門の見ている方向を見て、言葉を失った。
そのハクオロの表情を見て、全員が一斉に同じ方向を見る。
そして同じように言葉を失った。
「ドラゴン!?」
ガチャピンが驚きの声を上げる。
「気を付けて、攻撃してくる」
長門がそう言っている間に、空に浮く紅いドラゴンの口が赤く輝き、
そこから轟々と燃える火の玉が撃ち出された。
「全員逃げろ!死ぬぞ!」
玄野が我を取り戻し、叫ぶ。
それを合図に、全員が行動を開始した。

617 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:40:22 ID:okQ0kVVs
「離れないで」
長門は一瞬にしてハクオロとジョーンズを自分の場所に集め、続いて早口で奇妙な言葉を唱える。
その直後、ドーム状の透明な壁が三人を取り囲むように出現した。


「全員逃げろ!死ぬぞ!」
「嫌、私は逃げない!兄さんの仇を討つって決めたんだから!」
音夢は玄野の叫びを無視して、巨大な火の玉が飛んでくるのにも関わらず、
敵である三人に向って、単身で突撃しようとしていた。
「あの馬鹿……!」
その姿を見て玄野は舌打ちをする。
自分と音夢の着ているガンツスーツの防御力は確かに高い、炎などからも身を守ってくれる。
だが完全無敵と言うわけではない。
一定のダメージを受ければ機能を失うし、弱点も存在する。
あのまま何も考えずに突っ込んでいけば、あの火の玉に焼かれ死ぬ。
玄野がそう考えている間に一つ目の火の玉が着弾してしまった。
着弾地点の地面が粉砕し、瓦礫と熱風が戦場に飛び散る。
玄野は飛んできた小岩を弾きながら、音夢の姿を探す。
「どこだ!?どこに行った!?」
さっきまで走っていた音夢は忽然とその姿を消していた。
潰されたか、吹き飛ばされたか、燃え尽きたか、逃げたか。
それを確かめる暇も玄野には与えられなかった。
最初の火球に続き、第二第三の火の玉が次々と飛んでくる。
玄野はその場かを余儀なくされた。


薄暗い路地裏に緑色の怪物が、ドタドタと豪快な足音を立てながら入ってくる。
「ふう、流石にあれには驚いたな」
ガチャピンは火球による狙撃ポイントから十分に離れたことを確認し、安堵の息を漏らした。
「……この子はどうしようかな」
小脇に抱えた音夢を見て、今度は憂鬱そうに息を吐く。
一発目の火球が着弾した際に、突撃を試みていた音夢は爆風に吹き飛ばされ気を失っていた。
着用しているスーツからはゲル状の物質が漏れ出している。
「まぁ、とりあえず目が覚めるまで待ってみるか」
音夢を地面に降ろしてから、ガチャピンは壁を背にして座り込む。
敵の敵は味方。
そんな単純な理由でガチャピンは音夢を助けた。
(主催者と戦うためにも仲間は多いほうがいいからね……。
 この子の復讐を手伝ってあげたら、この子も僕の手伝いをしてくれるかもしれないし……。
 まあもっとも、仇はもう死んでるかもしれないけどね)
火の玉が降ってきた時、あの三人は逃げずに一箇所に留まっていた。
あれほどの攻撃だ、死んでいてもおかしくは無い。
むしろ死んでいないほうが不自然。
そう思うと緊張の糸が切れ、急激な睡魔がガチャピンを襲ってきた。
「眠たいなあ……ずっと寝てなかったからなあ」
万能戦士のガチャピンも睡魔には勝てずに、デイパックを枕に深い眠りについてしまった。


多摩市の町が、次々と降り注ぐ火の玉によって破壊されてゆく。
草木が焼かれ、建物は片っ端から崩れ、ガラスの破片が周囲に飛び散る。
その集中攻撃を物ともせずに、三人の人間がそこに立ち尽くしていた。
「ふん……しぶとい奴等よ」
一向に倒れる様子のない人間達を見て、楽しそうにドラゴンは呟く。
「この世界の人間達は、どうやら然程腑抜けばかりではなさそうだな」
(そうこなくては面白くない)
カイムもまた、ドラゴンと同じように楽しそうに笑う。
(俺が直接行く、貴様はここで待っているがいい)
カイムはデイパックから一振りの剣を取り出し、眼下からこちらを見上げる三人を見下ろす。
「行けカイム!契約者の力を見せ付けてやれ!」
カイムはドラゴンの背中から高く跳躍し、戦場へと飛び降りた。

618 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:40:57 ID:okQ0kVVs
「止まった……?」
火の雨が不意に止んだことに気付きハクオロが、声を漏らす。
彼等の周囲30Mは、これ以上破壊できない程に破壊しつくされ、元の町の面影がまるで無い。
あのドラゴンは、もう満足して別の場所に移動したのか。
そう思いながら、粉塵の舞う空を見上げる。
「くっ!まだ諦めてはくれないようだな」
見上げた先には、依然として真紅のドラゴンが宙に浮かんでいた。
「長門有希、あとどのぐらい持ちそうだ?」
「一時間。それ以上は私の構成情報が持たない」
ジョーンズに尋ねられ、長門は起伏のない声でそれに答える。
「……それほどの情報操作能力を持っているなら、あの生き物の有機情報連結を解除することはできるのでは?
 いや、そもそもこの殺し合い自体を止めることもできるのではないか?」
「そうなのか有希?」
ジョーンズとハクオロが長門を見つめる。
そして一瞬の沈黙の後、長門が口を開く。
「それはできない」
「何故だ?」
ジョーンズが疑問の声を投げかける。
「情報統合思念体は、今回の件に対して強い関心を抱いている。
 今から三日前に大規模な情報爆発フレアが観測された。
 その情報爆発はこの世界……主に今私達がいる日本を、本来とは全く別の物へと変えてしまった。
 しかもその情報爆発は涼宮ハルヒが起こしたものではないと判明。
 情報統合思念体はこれが自立進化の可能性へと繋がると判断。
 私に今回の件についての調査を命じた……。
 そしてそれと同時に、情報爆発が原因で並行世界より介入した不特定多数の有機生命体の調査も任ぜられた」
長門が早口で言う理解不能な言葉を、ハクオロは呆けた顔で聞いている。
「それはつまり――」
そんなハクオロを置いてけぼりにして、ジョーンズが深刻な顔つきで口を挟む。
「情報統合思念体は、貴重な資料である並行世界の住人を無駄に殺さない。
 勿論、この殺し合いを止める事もしない。そう言うことか?」
「そういうこと」
「馬鹿な……」
ジョーンズは苦虫を噛み潰したような顔をする。
「だから私達は、現時点で使える力を駆使して敵を倒すことしか出来ない。
 ……気を付けて、来る」

「……?」
ドラゴンは空の高さを飛翔しているのに、長門は自分達と同じ高さを見ながら言う。
ジョーンズ、ハクオロの両名が訝しみながらその一点を注視する。
そこには禍々しい巨剣を手に持った男がいた。
「彼は先程あのドラゴンの背から飛び降りてきた。恐らく彼はドラゴンの仲間。
 しかも戦闘能力はドラゴン以上。今の私達に勝ち目は無い」
思わぬ強敵の来襲に場の空気が凍る。
三人がかりでも勝てない。
それは全滅するしか道が残されていないということ。
「私が――」
いや、もう一つ方法がある。
「私が奴を足止めする」



619 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:41:36 ID:okQ0kVVs
カイムは敵となる男を目の前に、静かに剣を構えた。
後方に逃げていく二人の敵が見えたが、カイムには既にジョーンズしか見えていない。
「何故、私達を襲った?」
脅すような口調で敵はカイムに言葉を投げかけてくる。
しかしカイムは答えない。
その代わり、常人なら卒倒してしまう程の殺気を放ち、剣を構える。

ジョーンズは日本刀を鞘から抜きながら歯噛みする。
時間稼ぎをする。
そのために残ったのに、この相手の反応はまずい。
戦闘になれば自分では数十分程度しか足止めできない。

ザクッ

「な……!?」
違った。
数分も足止めできなかった。
自分の胸から生えた剣を見てジョーンズは驚愕に目を見開いて、そのまま息絶えた。



「ジョーンズがやられた」
「なんだと!?」
ジョーンズと別れてまだ3分程度しか立っていない。
それなのに長門は冷静に、顔色一つ変えずに事実を告げた。
「直に追いつかれる。ここは二手に分かれるべき」
ハクオロはその提案に眉を顰めたが、仕方が無いなと相槌を打った。
それほどまでに彼も切羽詰っていた。


長門と別れて数分。
ハクオロは全力で敵から逃れようと疾駆していた。
背後に殺気を感じる。
どうやら完全にハクオロを狙っているようだ。
(これで有希が生き延びれる確立が上がったか)
後は自分が逃げ切ることができればいい。
そう考え、敵を振り切るために路地裏へと駆け込む。
「!」
思わずハクオロは息を呑んだ。
そこにいる少女と怪物を見て。
あのドラゴンに襲われる前に対峙していた少女と怪物。
自分の予想では、ニヴェに操られている筈の少女。
ジョーンズと対峙していた正義の心を持つ怪物。
その二人が路地裏で静かに眠っていた。
「まずい……早く起こさなければ!」
このままでは追跡者にこの子達も殺されてしまう。
自分の所為で巻き込んでしまう。
そんな自責の念に駆られ、ハクオロは二人を叩き起こそうとして、

「か……はっ」

それもできないまま背後から刺され、死んだ。




620 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:42:25 ID:okQ0kVVs
カイムは体中に付いた血を気にも留めないで、既に絶命している三つの死体へと剣を刺し続ける。
ジョーンズ、朝倉音夢、ガチャピン、ハクオロ。
四人は何が起こったかもわからぬまま、凶刃に倒れてしまった。
『もうその辺にしてけ、カイムよ』
頭の中に響いた声に反応し、刃をつき立てるのを止める。
契約者同士の念での会話だ。
『次に行くぞ。早く戻れ』
ドラゴンは短くそう告げたが、カイムはその場を離れようとしなかった。
どす黒く血塗られた剣を、新たな訪問客に刺すためだ。


玄野はあの後、隙を見計らって襲撃された場所に戻っていた。
そこで見たのは宇宙人と呼ばれていた男の死体。
宇宙人は死んでいる。
なら何故自分はガンツの部屋に呼び戻されないのか。
多分まだ宇宙人が残っているのだろう。
「あいつの死体がない……」
玄野は音夢の死体が無い事に気付き、こう結論付けた。
この宇宙人を殺したのは音夢かもしれない。
そうだとしたら、残りの宇宙人かもしれないあの二人も殺そうとするだろう。
ジョーンズの死体からまるで道標の様に、何処かへと血の跡が点々続いている。
「この先か?」
玄野はゆっくりと血の跡を追いかけ、やがて薄暗い路地裏へと辿り着いた。
そこにいたのは音夢だった、ガチャピンだった、ハクオロだった、死に体となった三人だった。
そして西洋の甲冑を身に着け、夥しい量の返り血を浴びて立っている男だった。

プツンと、玄野の中で何かが切れた。

「ぉ、お、おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
今まで溜め込んできた思いが、迷いが、嘘のように晴れてゆく。
「テメェは俺がブッ殺す!!!!」
何を悩んでたんだ。
最初から何も迷う必要は無かった。
この狂った殺し合いを止めるために動けば良かったんだ。
(加藤なら……、あいつならそうするに決まっている!)
復讐に燃える少女が死んだのは、自分が迷っていた所為。
会った時に説得して止めさせれば良かった。
復讐に燃える少女が死んだのは、この男の所為。
自分がこの殺し合いをさっさと止めていれば……。

「誰も死なないで……!全員生きて帰れたんじゃねぇのかよ!」


621 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:42:56 ID:okQ0kVVs
玄野の腕の筋肉が増強し、その拳はカイムを破壊しようと一直線に飛ぶ。
カイムはそれを剣で受け止める。
金属同士がぶつかり合う音が路地裏に響いた。
両者の力は互角。
どちらも怯むことなく、拳と剣で鍔迫り合う。
「……!」
剣を制していたカイムが、唐突に刃を引く。
そして引いた直後の刃を、一瞬で再び振り下ろし、玄野の右手を奪い取る。
それでも玄野は臆さず、残った左手でXガンを構える。
「これで終わりだ!」
カメラのフラッシュに似た光が、カイムの邪悪に染まった顔を照らす。
何も起こらない。
カイムは怪訝な顔をしながらも隙だらけになったカイムの懐に潜り込み、
胸板をガンツスーツごと切り裂いた。
「ざまぁ……見やがれ……!」
胸部から大量の血を噴出しながらも、玄野は顔に勝利の笑みが浮かべ、地に伏して二度と動かなくなった。

終わった。
力尽きた少年を見下ろして、カイムはその場を去ろうと踵を返した。

バァン!

その直後カイムの頭は風船みたいに膨らんで、木っ端微塵に弾けとんだ。


カイムの帰りを待ち望んでいたドラゴンは、何の前触れもなく墜落した。
契約者は運命共同体。
片方が死ねば、もう片方も死ぬ。
それが自然の摂理とでも言うかのように。

東京都多摩市に生きているものは誰一人としていなくなった。

【東京都多摩市・三日目・13時】

【カイム@ドラッグオンドラグーン 死亡確認】
【アンヘル@ドラッグオンドラグーン 死亡確認】
【ジョーンズ@サントリー缶コーヒーのボス 死亡確認】
【ハクオロ@うたわれるもの 死亡確認 】
【ガチャピン@ひらけ!ポンキッキ 死亡確認】
【朝倉音夢@D.C. 死亡確認】
【玄野計@GANTZ 死亡確認】

622 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:43:27 ID:okQ0kVVs
私はあれから情報統合思念体の端末にアクセスし、事の顛末を知った。
あの場にいた私以外の全員が死んだ。
一人残らず。
次いで、SOS団の安否を確認した。
古泉一樹は第一放送の通り死亡。
朝比奈みくるは瀕死の重傷を負っている。
涼宮ハルヒは支給品扱い。
そして彼は何故か4人に増えているらしい。

何もかもが狂っている。
彼の完全同位体が4人も出現したり、人間が道具扱いになったり、
数時間前まで確かに生きていた人間が、次の瞬間にはみんな死んでいる。
何もかもがあの日常とはかけ離れている。
それでも尚、思念体は私に調査の続行を命じた。

もう、終わりにしよう。
情報など集める必要はもうない。
本当は既に知っていた、この殺し合いを止める方法を。
情報統合思念体の力を借りることなく、全てを終結させる方法を。
それをやれば、私はきっと処分されるだろう。

だけどそれでもいいと思った。
自己を犠牲にして仲間を救えるのなら。



623 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:43:59 ID:okQ0kVVs
「のび太、ご飯が出来たぞ」
「うん。今行くよ」
僕は現在、萌えっ子ツンデレ魔法少女となったかみなりさんと同棲している。
何かとても大事な、普通では絶対に忘れないようなことを忘れているような気がしたが、
今はかみなりさんの手料理を早く食べたいので、僕は真っ直ぐ居間へと向った。

「おいしい!さすがかみなりさん!」
僕はかみなりさんの手料理を褒めちぎった。
実際に美味しかったし、かみなりさんの姿を見れば、
相乗効果でさらに美味しくなる。
だけどそれなのに、かみなりさんはずっと浮かない顔をしている。
どうしたんだろう?
まさかマンネリか……!

「なぁ……のび太……」
かみなりさんが箸を止め、僕を正面から見つめてくる。
「もういい加減……この殺し合いを止めにいかないか?」
「……あ」
すっかり忘れていた。
そういえば日本は今、殺し合いの真っ最中なんだった。
出番があまりに少ないから記憶から消去されていた。
「そうだ……」
それと同時にもっと重要な、この殺し合いを完全に止める方法を思い出した。
主催者を倒すよりも簡単で、時間もそんなにかからない。
「もしもボックス!」

僕は間抜けだ。
どうしようもないくらいの馬鹿だ。
全部、僕が始めたんじゃないか。
みんな僕の所為で死んだんじゃないか。
全部、僕が終わらせられるじゃないか。
「のび太!何処へ行く!?」
まだ半分しか食べていないご飯とかみなりさんを残したまま、僕は一目散に駆け出した。
家に帰るために。

「ハァハァ……」
準備運動もしないで走ったせいで、動悸が激しくビートだ。
それでも僕の足は止まらない。
一刻も早く殺し合いを止めなきゃいけないから。
「着いた!」
数日振りの我が家を前に、歓喜の声を上げた。
これで終わるんだ!何もかもが!
僕は意気揚々と家に入ろうと歩を進めて、ドアを開けようとした。

そして気が付いたら、地面に張り倒されていた。
「現在このエリアは禁止区域に指定されている。侵入すれば即座にあなたの首輪が爆発する」
僕を張り倒した女の人は、感情の篭っていない声でそう言った。
そういえばそうだった。
一回目の放送の時に僕の家は禁止エリアに……。
「なんてっこた……。やっと終わると思ったのに」
自分の声が信じられないぐらい霞んでいるのが解る。
もうどうしようもないや。
僕が家でしたい何て言わなきゃこんな事にはならなかったのに。
「大丈夫」
女の人が僕を立たせながら呟く。
大丈夫なもんか、もう止まらないんだぞ。
そんな僕の気持ちを他所に、女の人は言った。

「禁止エリアは間も無く解除される」


624 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:44:29 ID:okQ0kVVs

バキン!
女の人の言葉に続いて、ガラスの割れるような音が聞こえきた。
僕が何事かと音の方を振り向くと、そこには今度は男の人がいた。
「これでいいのか長門?」
高校生ぐらいの男の人は、女の人――長門さんに話しかける。
「いい。あなたの能力の御蔭で禁止エリアは解除された。礼を言う」
「いいって、これで全部終わるってんなら安いもんだ。
 最初に話しかけられたときは、半信半疑だったけどな」
禁止エリアが解除された?
二人はそう言っている。
それが本当なら……。
「早く行って」
長門さんと男の人が僕を見る。
「……」
僕は無言のまま、ガチャリと家のドアノブを回して、開いたドアの隙間から中に入った。
首輪は爆発しない。

「ふぅ……。後は二階に行くだけだ」
土足のまま家に上がって、階段を駆け上る。
僕の部屋の襖は開いたままだった。

中にはもしもボックスと、何故か知らない男の人の首無し死体があった。
胃から込み上げてくる物を必死に堪え、僕はもしもボックスに入った。
震える手で受話器を取り、口元に近づける。
そして僕は、大声で叫んだ。




「元の世界に戻してーーーーーーーーーー!!!!!」





直後、世界が暗転した。




625 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:45:00 ID:okQ0kVVs
「……び太…きろ!のび太起きろ!」
「は、はい!」

僕はかみなりさんの声で起こされた。
全く、うるさいなぁ……って、あれ?
なんでかみなりさんがここに?
全部終わった筈なんじゃ?
確かにもしもボックスに願いをいったはず。

「……っそれよりここ何処?」

僕は改めて辺りを見渡す。
来たことも無い島のような場所に僕はいた。
「それはわしが聞きたい。気が付いたらこんな場所に……一体全体どういうことだ?」
かみなりさんが何かぶつぶつと言ってるが、僕の耳には入っていない。
僕は周囲の異様な状況に唖然としていた。

この島のこの場所には、僕とかみなりさんだけでなく、他にもたくさんの人間がいたのだ。
皆一様に、わけのわからないといった表情をしている。
その中に長門さんとあの男の人もいた。
二人とも僕に気が付き、こちらに近寄ってきた。

「一体どうなってるの?」
僕は間髪を容れずに二人に聞いた。
「主催者側からの抵抗があった。彼らは別の情報改竄装置を使い世界の修正を食い止めている」
情報改竄装置は多分、もしもボックスのことだろう。
「どうするんだ?」
男の人が不安そうに尋ねる。
「簡単なこと。主催者側の装置を破壊すればいい」



「それができるのならな!!!」



島に集められていた人間全員が声の方を見る。
そこには威厳溢れる中年の外国人がいた。

「参加者のみなさん始めまして。わたしが現主催者のアドルフ・ヒトラーです」

僕を含めた参加者全員の間に緊張が走る。

「既に気付いているものもおる様だが一応言っておく。
 これは君等の世界、あのくだらない平和な世界と、
 私の世界、つまりさっきまでのバトルロワイアルの世界、
 そのどちらかが生き残るためのラストバトル、即ち」

ヒトラーは唇の端を醜く吊り上げる。

「ラスボス戦だ」


626 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:45:34 ID:okQ0kVVs
ラスボス戦。
つまり泣いても笑ってもこれが最後ってことか。
僕はそう解釈した。

「それではさっそく終わらせましょう」

誰かが先走って、一人でヒトラーに挑むのが見えた。
……ってあれは!
「先生!!」
先生は僕の方を振り返る。
「野比!無事だったのか!」
先生は僕に近寄ってくる、

「はぁああああ!!」

と見せかけて、ヒトラーに金属バットを持って突進した。
どうやら先生はこの殺し合いをとっとと止めたいらしい。
轟!と先生のバットが振り下ろされる。
それを目の前にしても、ヒトラーは不敵な笑みを浮かべたまま立っている。

ガキン

先生の金属バットが折れて宙を舞っていた。
金属音が島内に反響し、同時に巨大な影がヒトラーと先生の間に現れる。
異形の化け物達。
生き物としての究極に辿り着いているとでも言ったらいいのだろうか。
そんな奴等が合計で7体。
ヒトラーを守るようにその場に姿を現していた。

「ふははははははははは!!驚いたかね?これが私の切り札なのだよ!!
 桃太郎印のきび団子とやらは本当に素晴らしい!!!
 行くのだ!全てを超えし者、デア・リヒター、ヤズマット、トレマ、ラヴォス、イセリア・クイーン、キングのぞうよ!
 奴等を一人残らず根絶やしにしろ!!」

ヒトラーの一声に反応し、7体の隠しボス軍団が襲い掛かってきた。




627 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:46:04 ID:okQ0kVVs
もう、ダメだ。
この戦力差はどう足掻いても埋められそうに無い。
終わりだ。
僕は深くうな垂れて、その場に座り込んだ。

「しっかりせんかい!!!のび太!」

頬を強く殴られて、僕は正気を取り戻した。
魔法少女のままのかみなりさんが、僕を怒鳴りつけている。
「お前はこの殺し合いを止めるために今まで頑張ってきたのだろう!
 ここで諦めてどうするんじゃ!!!あと少しだろう!?
 ほんの少し、そこの妖怪達の間を通り抜ければいいだけだ!!
 だから早く走れ!!全部終わらせて来い!!」
「で、でも!あんな強そうな奴等の間を通り抜けるなんてできないよ!!」
そうだ、僕はただの小学生。
そんなことできるはずが……。
「何を言ってるんだ野比、私達がいるだろう!」
いつの間にか、先生が近くに来ていた。
「そう、あなたは一人ではない。私や上条当麻もついている」
長門さんと上条さんも頷く。

「行くんだのび太!あいつ等はわし達が食い止める!」

気が付いたら僕は走っていた。
あの強大で巨大な化け物達の群れに。

「みんな!信じてるからね!」



628 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:46:40 ID:okQ0kVVs
「面白くなってきたな、いーたん」
潤さんがシニカルに笑いながら僕たちに同意を求めてくる。
「そうですかね。なんかやばいですよ、これ」
「僕もそう思う」
カツオくんも僕と同意見のようだ。
だけど人類最強の赤色は、本当に楽しそうに笑っている。
「何か物凄く出番が少なかった気がするが、これで全部終わるらしいからな。気合入れていこうぜ!
 あとこれが終わったら、玖渚ちゃんも連れてみんなで飯でも食いに行くか」
カツオくんは元気ハツラツに、「はい!」と答えていた。
たまにはこんな脇役もいいかな。
僕はそんな風に考えて、それも戯言だなと呟いて。
潤さんの横に並んだ。


「いよいよ俺の武器が役に立つときが来たな」
スコールはおもむろに自分のデイパックを持ち上げ、中身をぶちまけた。
「さあ使え!ラスボス戦には持って来いの武器が選り取り緑だ!!」


「アーカードよ、これをどう見る」
範馬勇次郎は隣に立つアーカードに問う。
「間違いない。この背後には必ずノロウイルスが隠れ潜んでいる」
勝手に見当違いな判断をして、アーカードと勇次郎は怪物たちの前に立ち塞がった。
「「ノロウイルス撲滅隊、参る!!!」」


「ひい〜〜〜、風花君!た、助けてくれ〜!」
「あぁ!総統さんが危ない!」
総統にヒトラーの下僕となったトレマが襲い掛かる。
その光景に山岸風花が悲鳴を上げる。
「……俺に任せろ」
手塚国光が雷音竜の時のように宇宙空間を創造し、トレマを撃退する。

トレマはリバー・ドールで生き返った!

「ま、まずい!」
驚きのあまりスペランカーの残機が一つ減る。
「どうしよう!」

「アイテムなんぞ使ってんじゃねえ!!」
そこに荒い声を上げながらバルバトス・ゲーティアが乱入、トレマは塵と化した。
「あれ?総統じゃあないですか」
「む?その声は吉田君!」


何の力も持たない一般人が、最強の力を持つ超人が、
ノロウイルス撲滅隊が、テニスマンが、鷹の爪団が、
シマリスが、先生達が、宇宙人が、超能力者が、

一人の少年を走り続かせるために、自分達の世界を守るために、次々に敵へと挑んでいく。
誰一人、決して諦めることなく。
絶望の淵に立たされながらも、前に進んでゆく。
人はその戦いを後にこう呼んだという。


テラカオスバトルロワイアル、と……。


629 :のび太とバトルロワイアル ED?ルート ◆h8sFAV3kjo :2007/02/16(金) 23:47:16 ID:okQ0kVVs
バタンと、僕はアルバムを閉じた。

「こんなことも昔はあったけなぁ」

アルバムを本棚に戻しながら、誰にも聞こえないように小さく呟いた。


明日は結婚式だ。
思い出に耽るのはまた今度にして、さっさと寝よう。

翌日、僕は結婚した。
相手は誰かって?
それは――――





テラカオスバトルロワイアル 完


630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:48:17 ID:jjJfonu/
結婚??

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:49:59 ID:ZxqrcO7r
みんな微笑ましいほどのやりたい放題だな
マジでほぼ飛ばし読みだわ
でもなんだろうこの胸に熱く燃えるものは…

632 :bad end:2007/02/16(金) 23:58:49 ID:lmgkwx42
あれからもう一年がたった。
日本の国民および来日外国人全てを巻き込み、実に一億人を超える死者を出した「バトルロワイヤル」。
生き残った日本人は、他国の支援を受けながら復興に力を注いでいる。
一時は焦土と化した国土の上に、ほんの少しずつ、町のようなものが再生しつつあった。
「まったく・・・・・・敗戦の時だって、これほどまでじゃなかったぞ」
私は、幼い日の記憶を思い出した。
年老いて、もう大きな事件に遭遇することなど無いだろうと思っていた私の人生の最後の最後で起こった最大の悲劇。
私の家族や友人たちも、ほとんどは死亡が確認され、何人かは今もって「生死不明」という扱いを受けている。
責任問題で大わらわな暫定自治政府はいざしらず、国際的な支援の輪を持ってしてもまだあの狂気の後片付けは終っていない。
私は今、プレハブ小屋の一室に住処を与えられて生活している。以前住んでいた古屋敷に比べても粗末な家だが、他の人のことを考えたら贅沢は言えない。
ほんの一年前までは子供達の声でにぎやかだった小学校の周りは、スラム街と化している。
私がこの仮設住宅に優先的に入ることの出来た理由は、おそらく私が身重だったせいだろう。
小さな窓の外に見える景色を、何を思うでもなくぼんやりと見ていた。
そんな私のつかの間の休息を、あの子はその泣き声で容赦なく中断する。
「やれやれ・・・・・・」
あの泣き方はミルクだろう。私は彼をあやすための歌を歌いながら、お湯を沸かすために狭い部屋の中を気をつけながら走った。


633 :bad end ◆6/WWxs9O1s :2007/02/16(金) 23:59:34 ID:lmgkwx42
彼は、私が下手な日曜大工で作ったベッドの中で、粗末な毛布にくるまれて泣いていた。
私に支給されている助成金のほとんどは、彼へのミルク代やらオムツ代でほとんど消えている。
まだまだ今日の分のメシさえ十分に確保できない人が大半なのだ、仕方あるまい。
暫定自治政府に過剰な期待をするつもりもない。おそらく全国民が同じ気持ちだろう。
なにしろ、こんな馬鹿げた政策を作ったのは奴らと同じ連中なのだ。
海外では責任者は国際法廷にかけるべきだという声も大きいらしいが、今だこの国のお偉いさん達は国際社会で大きな発言権を持っているらしいし
そもそも我々にはそんなことを考えているような余裕もない。
ただ私は、個人の考えとして、こんなことを始めた連中を許せないというだけだ。
しかし・・・・・・一つ、気になることがある。
あいつが、死に際に言ったあの言葉だ。
あいつは死ぬ間際、私に向かって「ごめんなさい」と、何度も何度も繰り返した。
命を落とすその瞬間まで、ずっと謝り続けていた。
あれは一体、何についての謝罪だったんだろうか。
あの時のあいつの、軽率な振る舞いについてか。
私の前で死んでしまうことへの謝罪か。
この子を置いて・・・・・・当時はまだ私の胎内だったが・・・・・・逝ってしまうことへの、後悔だったのか。
でも、私にはそのどれでもないように思えてならないのだ。
あの時のあいつの顔は、まるで、自分のせいでこんなことが起こってしまったのだとでも言っているかのようだった。
「・・・・・・まさかな」
私は、あの六日間を境に完全に変わってしまった。外見だけではなく、心までも。
この、西洋の女中のようなフリルつきのスカートの服にはもう慣れた。何故か脱ぐことの出来ない下着(すくうる水着、とか言うらしいが)も、もう気にならない。
ネコの耳としっぽも、今となっては無いほうが困るくらいだ。
だが、心は、あの時から止まったまま。
目の前であいつを失ってから、ずっと私の心は成長をしていない。


634 :bad end ◆6/WWxs9O1s :2007/02/17(土) 00:00:46 ID:lmgkwx42
私はミルクを人肌に温めると、泣きじゃくる彼を片腕で抱き上げて哺乳瓶を加えさせた。
彼は一心不乱に哺乳瓶にしゃぶりつく。
「まったく、ワシが子育てをすることは・・・・・・」
こいつの名前は、まだ決めていない。決めることが出来ない。あいつの意見を、まだ聞いていなかったから。
「お前は、あいつに似て意地汚いなあ。丈夫に育てよ。パパは弱い奴だったけどな」
私が話しかけると、そいつはまるで言葉が通じているかのように、一瞬だけミルクを吸うのをやめて微笑んだ。
「あ・・・・・・」
その顔が。あまりにも似すぎるものだから。
「・・・・・・のび太」
たった六日間だけ一緒に過ごした少年。いつもうちの窓ガラスを割っていた少年。
日本男児にあるまじきほどひ弱で、頭も悪くて、だけど、だれよりも大きく強い勇気を持っていた男。
「のび太・・・・・・のび太、のび太ぁっ!! 」
限界だった。膝を床に着き、赤ん坊が驚かないように注意することも忘れて、大声を上げて泣いた。
涙は、いつになっても枯れてなんかくれない。
あいつが私に残していったものはただ二つ。この子と、もう二度と取り返しの付かない後悔だ。
なんで、守ってやれなかったんだろう。
あいつは私を頼ってきたのに。私には、あんなに凄い魔法の力があったのに。
そして、なんで最後まであいつの気持ちを、気がつかないふりなんかで通そうとしたんだろう。
あの晩、私が風呂に入っている時に押し入ってきたあいつをなぜ受け入れたのか。私はそれが、自分でもずっとわからないままだった。
だけど、ついこの前ようやくわかった。私も、のび太が好きだったんだ。元の性別なんか関係は無かったのだと思う。
そもそもあの魔法を使って以来、私は体も心も女になってしまったんだろう。
私にはあいつの好意に答える準備はあったはずだ。
なのに。
私は、最後までカミナリおじさんとしての意地を張ったままで。
いまさら取り返しのつかない後悔が、私を内側から責めたてていた。


635 :bad end ◆6/WWxs9O1s :2007/02/17(土) 00:02:06 ID:lmgkwx42
そう、思い返せばあの殺し合いが始まる前、私は自分の家にボールを投げ込む少年達に怒りで接してきた。
だけど、そこに彼らへの愛着が無かったわけでは決して無かった。
一人暮らしの私は、たまに元気な声を聞かせてくれる少年達の声で、どれだけ元気付けられたことか。
だけど、私はみんなの前では短気で偏屈な「カミナリおじさん」のままで。
一度たりとも、子供に優しい言葉をかけてなんかあげなかった。
あんなにあいつらが好きだったのに。彼らのいない日常が、こんなに寂しいものだなんて知ってさえいれば。

ああ、そうか。
結局私は昔から、自分が大切に思っているものや、自分が好きな人のことさえ、一度も真面目に考えてなんかいなかったんだ。


夜の帳が下りると、スラム街は無法地帯へと変貌する。
今もあそこでは、食料の奪い合いなどは頻繁に起きているだろう。
もう、殺し合いなんか終っているというのに。
私は赤ん坊を抱いて、この不安な夜を過ごす。ここにこの子の父親がいてくれれば、私はどれだけ強く生きれただろう。
これから私は、目的も意識も無くただの抜け殻として生きるんだろう。少なくとも、仲間達の死を酒の肴に語って涙するような最低な真似はしたくない。
もし、私からすべてを奪っていったあの殺し合いに何らかの意味があったとしたら・・・・・・それはきっと、後世にもたらされるものだろう。
私はただ、この子を抱いて生きていく。


636 :bad end ◆6/WWxs9O1s :2007/02/17(土) 00:02:39 ID:4hKtWt/O
【テラカオスバトルロワイヤル 主な参加者の消息(A国調べ)】

【野比のび太  殺し合いの中で死亡】
【骨川スネ夫  殺し合いの中で死亡】
【源静香    殺し合いの中で死亡】
【出木杉英世  殺し合いの中で死亡】
【剛田武    消息不明 現在調査中】

【アーカード  消息不明 現在調査中】
【範馬勇次郎  殺し合いの中で死亡か?】
【シマリス   生存(五年後、老衰により他界)】
【ドロッチェ  殺し合いの中で死亡】
【岡崎直幸   生存 法廷にかけられるが、無罪判決】
【ジャイアンの母 生存 法廷にかけられるが、無罪判決】
【先生     殺し合いの中で死亡】
【坂本龍馬   消息不明 現在調査中】
【上条当麻   生存 現在服役中】
【キョン    生存 現在服役中】
【白鳥隆士   殺し合いの中で死亡】
【黒田官兵衛  殺し合いの中で死亡か?】
【わくわくさん 生存 後に歌手デビュー】
【フグ田タラ夫 刑死】
【支倉志乃   刑死】
【涼宮ハルヒ  刑死】
【ニケ     軽視】

【安部総理   消息不明 現在のところ生存の確証は無し】
【せがた三四郎 殺し合いの中で死亡】
【ガチャピン  生存 服役の後、現在は平和運動に従事】
【ドイツ人少年 強制送還】

【野比玉子   死亡を確認 しかしその後も各地で目撃証言が相次ぐ。現在調査中】


【かみなりさん 生存(十五年後、肺癌により他界)】


637 :bad end ◆6/WWxs9O1s :2007/02/17(土) 00:03:56 ID:4hKtWt/O
長文失礼
かみなりさんアフターです
どのルートのアフターかはご想像にお任せします

638 :ルート 「したっ」:2007/02/17(土) 00:18:46 ID:ekmkbSnb
「……というような感じでBR法によって日本はテラカオス状態になったのよ〜」
「「なんてねっ♪」」
「だっから似てねぇっつってんだろーぅ!」




【薬師丸博子@とんねるずのみなさんのおかげでした】
【石橋貴明@とんねるずのみなさんのおかげでした】
【木梨憲武@とんねるずのみなさんのおかげでした】



639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:34:00 ID:XTmgyiMu
なんかえらくレベル高いの来たな
才能の無駄遣いも甚だしい

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 03:05:38 ID:NKRDRNmG
そういえばCルートが今後のTCBR正史でいいの?
TCBR2に繋がりそうなのこれしか無いし…


そういえば混沌のテラを前TCBR参加者が読んだらDEATH NOTEよろしく記憶の復活を起こしそうな悪寒

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 03:50:04 ID:JwHkta7w
むしろその秘められた書を巡る暗闘がTCBR2の開幕を告げるのだよ。

642 :ルートF:2007/02/17(土) 09:57:27 ID:TnzHxdAf
1:結局TCBR事件ってなんだったの?
2:糞スレ立てんな、さっさと削除依頼出して来い!
3:定期的にこの手のバカが現れるな
4:下手すると板ごと潰されるぞ…
5:板ごとってのはないと大げさだが、このスレは長くないなw
6:TCBR事件ってアレでしょ?人が死んだとか失踪したってやつ
7:その話はここではタブーだ
8:牛の首でググれ話はそれからだ
9:この話でスレ立てると速攻削除されるってほんと?
10:>>9マジ
11:おれが言えるのはいまだにこの事件を怖がってる人がいるってことだ。だからもうやめとけ
12:まだってもう7年以上前の話だぞwwwwww
13:おれも興味あって調べてみたんだけど、ノロウィルス絡みの話しかわかんね
14:ノロウィルス?
15:あー、それはおれも聞いたことある。結局みんなノロウィルスで死んだんだろ?
16:>>15しったかこいてんジャネェェーー!ノロウィルスにそんな殺傷能力はないぞwww
17:>>16まぁ、そうなんだけど、あるスレの参加者だけには違ったんだとさ
18:てか、おまえらマジでそのへんにしとけ
19:DCS
20:DCSってそういやなんかあったなぁ、その単語もイミフ
21:DCSとか出してんじゃねーYO!
22:>>19氏んだな
23:今北産業なおれが話をまとめますよ
   つまりあるスレの参加者だけが当時流行のノロにやられてあぼーんでFA?
24:で、DCSは?
25:ばっかアナグラムだよ。DCS→SCD→食中毒
26:>>25オマイ天才だな
27:うおおおおおお、すげーーー
28:お前らにはそれでいいと思うよ
29:>>25プロの方でつね
30:寺
31:>>25の人気に嫉妬!
32:25氏の知恵に敬意を表して、おれが真実を暴露してやるよ


643 :ルートF:2007/02/17(土) 09:58:52 ID:TnzHxdAf
33:32に期待age
34:>>32マジに話す気ならやめとけ
35:食中毒の話なら飽きたぞ
36:ノロだろどーせ?
37:ageんな、sageろ!!!!!
38:寺とか言うやつ覚悟できてんのか?
39:(32)
   まずTCBRってのはスレの名前だ。当時ノロが流行ってたのはおkだな?
   どっかのバカが『たくさんの中毒患者バロスwwww』ってスレを立てたのが発端
   その略がTCBR。
40:やべぇ、その話初めてきいた!
41:wktk!! wktk!!
42:続ききぼんぬ
43:(32)
   そのスレではノロで苦しむ人のSSが書かれていた
   初めは面白おかしく書いてたんだが、そのうちいたずらに死者を出すのが流行り始めた
   んで、そういうSSの書き手が次々失踪とか死んだってわけ
   今もびびってるヤツってのはそのスレの書き手で、死者出さなかったことで生き残ってるやつ
   これがおれの知ってる全てだ
44:32氏の話は当時よくコピペされてたやつだな、まぁ最近は見なくなったが…
45:おれは初めて聞いた すげー、興奮した!!!
46:鳥肌立った…
47:流れぶったぎるがおまえらポテチ何味好き?
48:完璧にオカ板の管轄だな
49:貞子みてーなもん?
50:SSうp!SSうp!
51:>>47のり塩
52:やっぱ書き手の死因も食中毒?
53:32氏の話で納得してた時期もあるんだが、なんかしっくりこないんだよな
54:>>47わさビーフ
55:32の話はかなり近いよ。そんなことよりおまえらポテチ何味好き?
56:>>55オマエつまんね。出てけ
57:>>55空気嫁
58:荒らし?
59:っていうか>>55はさっき寺とか言ってるやつと同一だろ?コンソメとでも言って欲しいのか?
60:何エスパってんの?
61:>>59もう言ってもよくね?7年もたってんだしwwww あ、もしかお前書き手?
62:>>61読み手だって感想によっては死者でてんだぞ!
63:>>62いや、おれROM厨だしwww 
64:なにこいつらファビョってんの?
65:自演だろ
66:荒らしイラネ
67:(55)
   まーまー、オマイラ落ち着けよ。
   おれが真相語ってやるよ、場所はサブカル板な
68:なんでサブカル?オカ板じゃねーの?
69:医療関連とかだろ
70:(55トリ付き)
   とにかく真相しりやいやつだけサブカル板こい、ノシ
71:とりあえず移動〜
72:同上
73:お前らぜってえ行くな! まじでやばい!!
74:73は荒らし
75:お前の頭がやべーよwww
76:>>73ネタにマジレスwwwww
77:73なんかほっといて逝こうぜ!

…the end???


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 10:29:16 ID:TnzHxdAf
70:とにかく真相しりやいやつだけ→知りたいやつに修正願います

あと最初上げてすまん

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 14:04:47 ID:JwHkta7w
「流行り神」とか「学怖」みたいなEDだな。
55は当時の生き残り、っていう触れ込みだったんだけど段々とレスの内容が狂気じみてきて…
…で、また新たな犠牲者が出るんだ、きっとw

646 :Cルート 女神復活:2007/02/17(土) 20:32:05 ID:NKRDRNmG
某学園のCAIルームにて。

中島はディスプレイに向かいながらキーボードに指を走らせる。
「くっくっくっ」
悪魔召喚プログラム。
PCに悪魔召喚理論を組み込んだ、咎人の産物――
中島はそれを自ら打ち出していた。

「DEMON'SUMON'」
何か間違っている気がしたが、中島は漸くプログラムを完成させる事が出来た。

「これであの虫ケラ共を処刑してやるんだ」
中島の目は自信と怨念で満ち溢れていた。

――今の彼の顔には狂気じみたところさえある。
果たしてこのプログラムが何を生み出そうと言うのか。

中島はこのプログラムが一時間後、どういう結果を生み出すか、まだ知らない。

【ゲーム開始前 東京都十聖学園 11時】
【中島朱実@デジタルデビル物語】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:ハンドベルトコンピュータ 失敗召喚プログラム
[思考]1:殺る気満々

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 20:35:02 ID:mXkxITKc
サザエさんの中島だと思ったww

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:07:37 ID:8qU9Kt91
ちょ、中島誤字とかナサケナスw

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:10:26 ID:NKRDRNmG
Aルート…のび太ハッピーED
Cルート…ノーマルED→次回へ
Dルート…食の千年王国ED
EDルート…結婚ED

追加ED
BADルート…かみなりさんアフタールート
ルート「したっ」…?


こんな感じか?

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 22:40:45 ID:9/mIXEzt
>>446-447から>>642->>643って流れなんだろうけど
書き手同じ人?
ガクブル…

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 02:13:59 ID:5ElPN7rP
なんでここに来てSSのレベルが跳ね上がるんだよww

「ルートF」はシュールとホラーが混じっててクオリティー高え
かみなりさんアフターは途中でかみなりさんだと気がついたのに、読んでて泣いてしまったww
文章カコイイ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 02:27:22 ID:GLeCAszm
>>649
青きサムライ

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 02:57:41 ID:984x/uZw
>>649
Fルート ルートF

654 :C 幸せで退屈な日常:2007/02/18(日) 06:19:07 ID:984x/uZw
平和な振替休日。
カツオ達は今度の学校のお楽しみ会で実行するイベントを考えていた。
「磯野、ちゃんと考えているのかよ?」
「うるさいなあ! もう少し待ってよ!」
「二人共、喧嘩しないでよ!」

はっきり言えばカツオにとっては今回の集まりは束縛以外の何物でもない。
第一カツオ自身が望んでいた訳ではなく、花沢が勝手に決めたのだ。
「じゃあさ、こう言うのはどうだ!?」
カツオの部屋にはいつもの級友達の笑いが響いていた――

【ゲーム開始前 東京都世田谷区磯野家 11時50分】
【磯野カツオ@サザエさん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:無し
[思考]1:特に何も考えていない

【中島@サザエさん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:無し
[思考]1:特に何も考えていない

【花沢花子@サザエさん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:無し
[思考]1:特に何も考えていない

【西原@サザエさん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:無し
[思考]1:特に何も考えていない

【早川@サザエさん】
[状態]:正常
[装備]:未配布
[道具]:無し
[思考]1:特に何も考えていない

655 :TCBR2 Cルート 『黒幕』:2007/02/18(日) 17:34:59 ID:q2zNLBDa
『投票の結果、賛成多数により、この法案を可決と致します……』
まるで感情というものが感じられない、どこまでも機械的な声で、開票者が告げた。
「ふざけるな!」
「何かの間違いに決まっている!」
「お前達には血も涙もないのか!」
「この売国奴め!」
それが切欠になったのか、各議員が吼える。己の怒りを、日本の未来を憂う、真の国会議員が。
全ての矛先は、冷然と佇む一人の男――内閣総理大臣、安部晋三に対して向けられていた。
「…………」
安部は、一切の反応を示さない。
その顔から読み取れるものは、果てしない無表情でしかなかった。
「■■■■!!」
「○○○○○○!」
「――――!」
議員の中には、もはや言語の形を成していない叫びを上げる者すらいる。
そんな魂の咆哮を耳にしても、安部の能面さながらの表情は、不動を保っていた。

時刻は、午前11時。
条項が施行されるのは、まもなくのことである。


【ゲーム開始前 東京都国会議事堂 11時】

【安部晋三@主催者】
[状態]:正常
[装備]:なし
[道具]:不明。既に支給品を所持している可能性あり
[思考]:???

※このSSはフィクションです。実際の人物・団体とは一切関係ありません。名前も違いますし。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:22:41 ID:5ElPN7rP
カオスロワ2nd草案
初代のgdgdさとリレーされないという欠点を補うために、参加者の上限はあらかじめ確定(80〜120人ほど)
書き手は好き勝手にキャラを登場させていいが、人数が上限に届いたらそこで新規追加は終了

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:36:22 ID:G4xpTKva
重要な留意点
・リレーを忘れない
・だがカオスだということも忘れない

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:40:51 ID:SVGSu3yW
リレーされない最大の原因は好き勝手にキャラを追加した結果、書き手の限定されるマイナーキャラが増えすぎたせいだよ
そこをなんとかしないと、どうしようもないんじゃね?
もしくはリレーには拘らず、単発ネタと割り切るか

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:42:24 ID:5ElPN7rP
「明らかに書ける人の少ないマイナーキャラは空気を読んで自重しろ」
これは書き手の良心に任せるしかないな

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:59:29 ID:Uryl3guQ
それでも空気読まない奴はNGにするか、早めにズガンするしかあるまい

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:00:12 ID:EcUCK8Gn
・出してもいいけどケツは拭け

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:05:44 ID:XAPBydOX
自己リレーをしてでも幕は引け、と。
さもないとズガン。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:07:14 ID:4MVrW71D
というかあまりに動かしにくいならズガンでかませ犬にすればいいだけの話だと思うんだが。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:07:26 ID:7BDhB/hR
投下前に「こんな奴ら出します」って自己申告するのを義務づければいいかも

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:14:41 ID:j4H3lGkz
セリフだけの描写でこいつ誰?っていうwktk要素は大事だぞ

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:19:00 ID:NE98Ztbh
とりあえず描写無しのズガンをやめれ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:23:55 ID:luP3CtMC
だけど描写無しズガンがカオス
まあ微妙だけど。


後名無しさんとトリップ野郎と野比玉子は忘れちゃ駄目。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:26:43 ID:p/ypxgEE
一話死亡者は参加者名簿に入れなくてもよくない?

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:34:37 ID:luP3CtMC
そういえばTCBR1で玉子、セワシ以外で一番登場した生存者だれ?


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:43:23 ID:VYyDjX2k
大量死亡者は可だが後の書き手が○○を出したいと申請したら復活可能。
とかどうだろう?普通リレー小説は先に書いたもの勝ちだが大量死亡で書きたいキャラが死ぬのは腑に落ちないし。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:46:30 ID:NE98Ztbh
それならそもそも気軽に殺すなって話にならんか?

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:17:14 ID:luP3CtMC
いっそ分岐させるのはどうだろう?
C−1ルートには制限かけて、C−2ルートは今まで通り。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:27:38 ID:881iZ9hH
ハカロワ3方式だな。
まとめサイトの人が大変だがいい案だと思う

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:38:01 ID:VGKjuMjk
>>669
南光太郎じゃなかろーか
いきなり首輪外し、ズガンされて即復活、小泉元首相と遭遇したと思ったら
クリリンとタッグ組んで殺人音波で殺しまくり、その後本郷の死を感じて四国に向かい
その途中でタロウと組んで……

相変わらずぶっちぎってるなーこいつだけは

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 02:01:19 ID:luP3CtMC
調べたら生存ED含めで群を抜いて多かったのがドロッチェ10話、南9話、アーカード8話だった。
ドロッチェの後半登場話のエロさは異常

てか三日目登場キャラなのに、何だこの登場話数…

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 04:41:21 ID:zgSzTedC
ヒント:自己リレー

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 07:53:30 ID:luP3CtMC
ドロッチェの最初の登場話と最後の登場話を比べると恐ろしく違うような気がするんだが…

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 08:03:02 ID:4MVrW71D
つまり、成長か。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 12:02:47 ID:3Jre/SCb
>>656のルールでするならマップもあったほうがいいかもな
まあミニチュアの日本列島でいいかもしれないが

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:28:17 ID:luP3CtMC
いずれにせよ玉子は外せない

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:55:57 ID:p/ypxgEE
放送のスパンが短すぎたのも原因だろ
事故リレーでもいいからせっせと書こうと思ってたらもう第三放送やってた

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:56:05 ID:i3EdJ7zS
おでんの話?

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:08:20 ID:3Jre/SCb
いっそ1stで活躍したキャラを集めて名簿作成するか?

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:22:18 ID:7BDhB/hR
野比家やノロ隊、鷹の爪団、DCS隊、ジャック組や
東京マーダー軍、三重県商店街の皆さんは確定として
主宰や一話きりでも印象に残ったキャラを入れれば80人くらいは埋まりそうだな

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:23:25 ID:p/ypxgEE
というか、正に今第四放送まで頑張って書き進めてるのがあるんだが。
間に合うかな……?

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:24:08 ID:NE98Ztbh
>>681
ここで逆転の発想
放送スパンを劇中内時間ではなく現実時間で1ヶ月に一回とかにするw

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:06:25 ID:DiwxfIYA
2ndってのはもちろん本気で言ってるわけじゃないんだよね?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:46:32 ID:6xhJOWzL
>>684

野比のび太/ドラえもん/野比玉子/剛田武/先生@ドラえもん/かみなりさん/フグ田サザエ/磯野カツオ/中島/先生@ドラえもん
朝倉夢音/アイシア/ガチャピン/ムック/朝比奈みくる/キョン/長門有希/ジャックバウアー/ジョーンズ/シマリス
カービィ/ドロッチェ/キバヤシ/総統/スペランカー/山岸風花/ハクオロ/エルルゥ/アーカード/範馬勇次郎
上条当馬/井尻又兵衛由俊/風間トオル/岡崎直幸/赤木しげる/しんのゆうしゃ/マリオ・マリオ/シロッコ/ゴジラ/ローラ
クリリン/アンパンマン/織田信長/豊臣秀吉/アドルフ・ヒトラー/坂本龍馬/黒田官兵衛/ホリエモン/安部/生真面目小隊長

50/50

こんなとこか?
80人は無理と思う


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:58:41 ID:EcUCK8Gn
既存キャラで続ける1といきなり新ルールで始める2の混在…カオスらしくていいじゃないか。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:59:59 ID:p/ypxgEE
お笑いみたいに1を書きたいやつは1
2を書きたいやつは2にしたらいいじゃん

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:01:38 ID:i3EdJ7zS
ちょ!ただでさえ少ない書き手を分断するのはまずいぞ!

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:08:30 ID:881iZ9hH
大丈夫だ。書き手は面白いと思った話に集まる。

>>688
改めて見たらあまりにカオスな面子で吹いたwww

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:31:39 ID:CFN9nNqg
>>685
俺は待ってるぜ

>>688
先生@ドラえもんが二人いるぞw

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:40:24 ID:6xhJOWzL
>>693
あ、スマン
二人目は先生@サザエさんで
特に活躍してないけど、やっぱり先生は複数出てほしいなとw

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:45:56 ID:tGes+X6W
個人的に手塚国光、南光太郎、スコール辺りは出て欲しいな

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:58:18 ID:7BDhB/hR
じゃあ白鳥隆士、わくわくさん、岸田洋一、エビス丸も推す
あと女性がやけに少ないな

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 23:55:59 ID:M0So+wix
涼宮ハルヒ、ジャイアンの母、ルルーシュを入れれば女性も増えて切り良く60人だ

で、誰が主催するんだ

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:00:11 ID:+SB4CWzm
徳川家康と服部半蔵で

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:07:32 ID:bR7Xp8SV
1で適当にズガンされた奴等が持ち回りで主宰でもいいかも

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:09:56 ID:+SB4CWzm
主催すらカオスってわけかww
恐竜や野生動物までいるんだが

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:25:25 ID:ytIRq50Q
ただ主催が変わっただけ、というのもつまらんし、何か仕掛け作らないか?
FFDQみたくステージ変更とか。
マップがキツイかw

ところで誰か1stのAとか書く奴はいないのかw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:32:03 ID:RLnvzsFi
主催は小惑星
地球上の生物は滅亡するがロワ優勝した椰子だけ生き残る






優勝してもあんま意味ないかorz

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:33:05 ID:aWAY+z75
Aルートは永久欠番にした方がいいんじゃねw

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:35:52 ID:6tb9e230
>>702
ハイパーカブトやらブルースウィリスが対主催なわけだな。
あと宇宙戦艦ヤマトも加わって、ゲーム終了まであと○○日!とか?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:36:21 ID:+SB4CWzm
【ドラえもん】
野比のび太/ドラえもん/野比玉子/剛田武/先生@ドラえもん/かみなりさん/ジャイアンの母
【サザエさん】
フグ田サザエ/磯野カツオ/中島/先生@サザエさん
【涼宮ハルヒの憂鬱】
涼宮ハルヒ/朝比奈みくる/キョン/長門有希
【ひらけ!ポンキッキ】
ガチャピン/ムック
【D.C】
朝倉夢音/アイシア
【うたわれるもの】
ハクオロ/エルルゥ
【星のカービィ】
カービィ/ドロッチェ
【クレヨンしんちゃん】
井尻又兵衛由俊/風間トオル
【実写】
ジャックバウアー/ジョーンズ/ゴジラ
【歴史】
織田信長/豊臣秀吉/アドルフ・ヒトラー/坂本龍馬/黒田官兵衛
【現実】
ホリエモン/安部/生真面目小隊長
【その他】
シマリス/キバヤシ/総統/スペランカー/山岸風花/アーカード/範馬勇次郎/クリリン/アンパンマン
上条当馬/岡崎直幸/赤木しげる/しんのゆうしゃ/マリオ・マリオ/シロッコ/ローラ
手塚国光/南光太郎/スコール/白鳥隆士/わくわくさん/岸田洋一/エビス丸/ルルーシュ

60/60

主催者・カオス

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:52:27 ID:bR7Xp8SV
名簿段階で爆笑できるってすげえwww

できればせがた三四郎も・・・

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:54:12 ID:CV8qARg8
>>697
ルルって女だっけ

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 01:07:56 ID:xMw9oRv6
>生真面目小隊長
こいつってそんなに活躍してたか?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 01:24:53 ID:ytIRq50Q
その他多すぎw
って言うか上条は当麻であって、馬じゃないぞ

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 06:05:13 ID:1+MS4rue
名簿欄すげえwwwあとハルヒを支給品にしたりキョンを四人に分裂させたシレンも入れてほしい

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 06:16:12 ID:3p3t8QCb
シレンとトルネコは俺も入れて欲しいな
あいつらのシリーズ好きだ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 07:38:00 ID:CV8qARg8
よくよく考えたらドロッチェクオリティは『他のキャラに比べると、無駄にリレー(自己含む)されまくる』事なのかもしれない……懺悔録シリーズなんて一つにまとめられるじゃんww

『無駄に高い書き手補正』の事かもしれないが。
普通すぐ死ぬだろ

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 13:03:07 ID:AsCoAEop
ルーファウスと地上最強の男も欲しいな

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 16:16:52 ID:iLBcgvjI
オーギト博士も頼むw

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 16:22:20 ID:LW2qRSgV
あんだけ熱を放ってた早乙女研究所関連のキャラを誰も推薦しないのなw
まぁ、おれの意見もいらんの一言だがwww

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 17:07:02 ID:RTtuYTYK
【ドラえもん】
野比のび太/ドラえもん/野比玉子/剛田武/先生@ドラえもん/かみなりさん/ジャイアンの母
【サザエさん】
フグ田サザエ/磯野カツオ/中島/先生@サザエさん
【涼宮ハルヒの憂鬱】
涼宮ハルヒ/朝比奈みくる/キョン/長門有希
【ひらけ!ポンキッキ】
ガチャピン/ムック
【D.C】
朝倉夢音/アイシア
【うたわれるもの】
ハクオロ/エルルゥ
【星のカービィ】
カービィ/ドロッチェ
【クレヨンしんちゃん】
井尻又兵衛由俊/風間トオル
【実写】
ジャックバウアー/ジョーンズ/ゴジラ/せがた三四郎
【歴史】
織田信長/豊臣秀吉/アドルフ・ヒトラー/坂本龍馬/黒田官兵衛
【現実】
ホリエモン/安部/生真面目小隊長
【ファイナルファンタジー/ドラゴンクエスト】
ルーファウス/スコール/ローラ/トルネコ
【その他】
シマリス/キバヤシ/総統/スペランカー/山岸風花/アーカード/範馬勇次郎/クリリン/アンパンマン
上条当麻/岡崎直幸/赤木しげる/しんのゆうしゃ/マリオ・マリオ/シロッコ/手塚国光/南光太郎/
白鳥隆士/わくわくさん/岸田洋一/エビス丸/ルルーシュ/シレン/オーキド/雷音竜

計 66/66


名簿候補
・古泉一樹……マスターソードに選ばれ復活したものの、誰にも書かれず終了。
・ベア……パリイ! パリイ! パリ(ry
・玄野計……EDルートで奮闘、登場回数三回。
・アモス……ド(ry

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 17:39:17 ID:q+OcsqDG
【ゲッターロボ】
○流竜馬/○神隻人/○巴武蔵
【鋼鉄ジーグ】
○司馬宙/○卯月美和
【ちびまるこちゃん】
○さくらももこ
【マジンガーZ】
○兜甲児
【セーラームーン】
○月野うさぎ
【範馬刃牙】
○範馬刃牙/○烈海王/○純=ゲバル
【スーパーロボット大戦】
○リュウセイ=ダテ
【ドラゴンボール】
○ヤムチャ
【ロックマンシリーズ】
○ドクターワイリー
【ストリートファイター】
○リュウ/○ベガ


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 18:24:14 ID:LW2qRSgV
個キャラじゃないけど、呪われるSS書き手も入れて欲しいな


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 18:46:19 ID:bR7Xp8SV
オープニング予約してもおk?

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:28:06 ID:a73VMSf8
じゃあダメ

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:32:26 ID:q+OcsqDG
何ていうか・・・いたずらに人数多くしてもな・・・・30名〜40名でいかないか?

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:39:06 ID:bR7Xp8SV
ネタスレだし、困ってきたら一気に削ればいいと思うよ
個人的には>>716で上がった七十人に書き手を五名程度加えたい
リアルタイムカービィの人、E、Fルートの書き手、投下数最多のあの人あたりで

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:42:51 ID:MBkaXMFZ
しかしどうしたものか、エビス丸は新世代ゴエ大虐殺が最大の目的なだけに、そいつらの参加なしだと・・・
あーでも、そういうの抜きで普通に強マーダー化させるのもいいなw

ケロロ軍曹とその下僕ウルトラ兄弟もほしいかも

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:53:27 ID:q+OcsqDG
>>723
こういうのもなんだが・・・・前回と登場人物が被るってのはナシってのはどうかな

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 19:56:14 ID:+SB4CWzm
【ドラえもん】
野比のび太/ドラえもん/野比玉子/剛田武/先生@ドラえもん/かみなりさん/ジャイアンの母
【サザエさん】
フグ田サザエ/磯野カツオ/中島/先生@サザエさん
【涼宮ハルヒの憂鬱】
涼宮ハルヒ/朝比奈みくる/キョン/長門有希/古泉一樹
【ひらけ!ポンキッキ】
ガチャピン/ムック
【D.C】
朝倉夢音/アイシア
【うたわれるもの】
ハクオロ/エルルゥ
【星のカービィ】
カービィ/ドロッチェ
【クレヨンしんちゃん】
井尻又兵衛由俊/風間トオル
【実写】
ジャックバウアー/ジョーンズ/ゴジラ/せがた三四郎
【歴史】
織田信長/豊臣秀吉/アドルフ・ヒトラー/坂本龍馬/黒田官兵衛
【現実】
ホリエモン/安部/生真面目小隊長
【ファイナルファンタジー/ドラゴンクエスト】
ルーファウス/スコール/ローラ/トルネコ
【その他】
シマリス/キバヤシ/総統/スペランカー/山岸風花/アーカード/範馬勇次郎/クリリン/アンパンマン
上条当麻/岡崎直幸/赤木しげる/しんのゆうしゃ/マリオ・マリオ/シロッコ/手塚国光/南光太郎/
白鳥隆士/わくわくさん/岸田洋一/エビス丸/ルルーシュ/シレン/オーキド/雷音竜/ベア/玄野計/アモス
【テラカオスロワ書き手】
リアルタイムカービィの人/ルートFの人/◆6/WWxs9O1s氏/◆qSSOg86y8s氏/◆E3y/x3899E氏

70/70


726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:05:05 ID:CV8qARg8
取り敢えず大量虐殺も抑えめになって、人数制限もされてカオス度が微妙に減ったから、
制限するルートは、メガカオスバトルロワイアルと言う事にしたらどうかな?

野比玉子に復活能力あったらギガだけど。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:11:44 ID:a73VMSf8
カオスなんてジャンルはネタだからこそ成り立ってたんだと思うが
完全真面目にやろうと思ったらすぐに潰れるだろ
まあやるのはいいけど他のロワ巻き添えにしないでくれよ

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:14:04 ID:+SB4CWzm
もちろんネタでしかやらんだろ

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:16:22 ID:bR7Xp8SV
まあ名簿の時点でネタだしな
ただ「最低限リレーは考慮」とするために名簿作るだけで
本質は変わらんよ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:38:59 ID:LW2qRSgV
他のロワを巻き添えという状況が想像できんw
どんな状況だよww


731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:41:32 ID:q+OcsqDG
>>730
カオスロワに別のロワのキャラが登場って意味じゃね?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:44:48 ID:LW2qRSgV
>>731
なるほどねー
そんなことにはならんだろうなー

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:56:34 ID:CV8qARg8
確かにメガテンロワのよしおの件はあるがな

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:15:18 ID:+PCIp4Tm
>>724
>>727
ここじゃそんな冗談は通用しないぜ

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:16:22 ID:q+OcsqDG
>>734
前回と二回目は関係ナシってのはどうかな?
登場人物が被る部分はあるけど別に関係はありませんよって事で。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:33:36 ID:CV8qARg8
そこで【混沌のテラ】ですよ。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 22:00:27 ID:+PCIp4Tm
さすがにシマリスマーダー化とかリリカルかみなりがそのまま引き継がれるってことはないと思うw

738 :プロローグ ◆hXvyVozAPo :2007/02/20(火) 23:55:17 ID:+PCIp4Tm
とりあえず、いくつかのことを確認しておこう。
まず私は、どこにでもいる普通の大学生。本当にそれ以外の特徴がないんだから仕方ないと思う。
大して真面目に勉強をしているわけでもなく、休日なんかは一日中パソコンの前で過ごすこともざらで、くだらないSSなんかを書くのが趣味。
・・・・・・いや、それはまあどうでもいいだろう。
そんな私が今どんな状況に陥っているのか、それを理解するためにはまず今日起こった全てのことを順を追って考える必要がある。
今朝、ポストの中に差出人不詳の招待状が入っているのを見つけた私は・・・・・・いや、その時点で怪しいと気がつかないといけないだろうし確かに普段の私なら
ロクに読みもせずに捨てただろうが、なぜかその招待状を無視することは出来なかった。惹きつけられた、とでも言うべきか。
その日は学校もバイトも休みだったこともあり、私はいい暇つぶしくらいに考えてその招待状に書かれていたホテルに足を運んだ(それほど遠くは無かった)。
そして、指定されていた会議室に入った途端に強烈な匂いをかいで気を失ってしまった。
のだと思う。いや、自分が気を失った後のことなんかわかるわけが無いんだけど、前後の状況を見るにそうとしか思えないのだ。
そして次に目を覚ました時、私はまるでお人形さんのようにでっかいガラスケースの中に閉じ込められていた。
「ちょっと、どういうことよ、これって・・・・・・」
目の前に立ちはだかるガラスの壁を叩いてみたがびくともせず、大声で人を呼んでみたりしたものの誰の反応も返ってこない。
ここにいたって、ようやく私は自分がなにやらとんでもない厄介ごとに巻き込まれてしまったらしいことに気がついた。
一体、自分の身に何が起こったのだろうか。出来る限り冷静さを保とうと努力していた時に、右からがんがんとガラスを叩く音が聞こえた。
振り向くと、私の隣には私と同じようにガラスケースに入れられた、壮年の男がいた。
今時古めかしいトレンチコートすらも良く似合う、結構な偉丈夫な上に端正な顔立ちをしている。
その男は、外見から予想されるとおりの重低な声で喋り始めた。
「失礼。どうやらあんたは、俺と同類だと思ったんでね」
「同類・・・・・・ですって」
「まあまずは周りを見てみることだな」
その男の一言で、私は自分たち以外にも、そこには大勢ガラスケースに閉じ込められた人達が沢山いることに気がついた。
こんなことに気がつかないなんて、よっぽど動転していたんだと思う。
おまけに、そいつらは老若男女も服装も様々であったけれど・・・・・・その大多数が、私が今までどこかで見たことがある人たちだった。
とはいっても、知り合いばかりだというわけではない。私はそいつらを、漫画やゲームの中で知っていたのだ。
「ウソ・・・・・・こんなことって・・・・・・」
私は思わず声を上げた。小学生がいる。コスプレのような格好をした男たちがいる。顔がパンの男がいる。小動物がいる。着ぐるみもいる。
おまけに、歴史の教科書で見たことがあるような連中までがここに集っていた。
漫画やゲームのキャラクターが現実に出てくるなんて、まったくありえないことだってのはさすがの私でもわかっている。
でも、ここにいるのはどう見たってコスプレしたオタクではない。大体、ドラえもんののび太の先生なんてキャラのコスプレをする人なんかいないだろう。
「そんな・・・・・・本当に、キャラクターなの? 」
「もっと良く見てみな。こいつらにはもっと明らかな共通点があるぜ」
右にいる男が口を開く。もっと明らかな共通点?
私は再び周囲を見渡した。
私のそばにいる何人かは、右の男も含めて私と同じようなごく普通の人間だ。
少し遠くには、サムライのような格好をした男、やけに怒り狂っているおじいさん、大怪獣、某イタリアの配管工、獣の耳をした少女、いがぐり頭の少年、って・・・・・・
「まさか・・・・・・」
「ああ。そうとしか考えられない」

739 :プロローグ ◆hXvyVozAPo :2007/02/20(火) 23:56:20 ID:+PCIp4Tm
ここにいるのは、全て私にとっては身近なキャラクターだった。なぜなら、みんな少し前まで私が読んでいた、そして書いていたとあるリレーSSの登場キャラだったのだ。
「テラカオスバトルロワイヤル。あのSSに登場したキャラクターやら歴史上の人物の一部が、ここに集められているらしい」
「まさか!! そんな馬鹿なことがあるわけないわ!! 」
「それ以外に考えようがないだろう」
「でも、じゃ、じゃあ、私達は? 私達は、現実世界の普通の人間よ!? 」
男はあくまで動じていないのか、冷静な声で答える。
「おそらく俺の読みでは、俺やあんたはあのスレの『書き手』として呼ばれたんだろう」
「書き手・・・・・・? 」
私はまだ自分の置かれた状況を理解しているわけではなかった。だけど、今目の前にあることから想像できる事実を認識した途端、背筋を悪寒が走った。
それは、嫌な予感がした、などというよりは、ある意味でこれから怒ることを知っていたということだろう。
こんなふうに一箇所に集められた脈絡の無い連中が、この後どんな目に合わされるか。
そしてその最悪の予想は、すぐに裏付けられることになった。
「さてと、もうみんな目を覚ましたようだし、そろそろ始めようか」
唐突に響いた子供のものらしき声。その声のしたほうを見ると、昔のSFに出てくる宇宙服みたいなものを着た一人の少年が立っていた。
「セワシ!! 」
「セワシくん!! 」
二人の人物が即座に声を上げる。私達は彼らのことを知っている。野比のび太、ドラえもん。
子供の頃から大好きだったキャラクターに生で遭えるとは、感無量とでも言っておく場面だろうか。
「今日はみんな、集まってもらって申し訳ない。それというのも、みんなにはある重要な任務が課せられているんだ」
セワシは、記憶にある通りの声でガラスケースに詰められた全員に向かって語りかけた。
「これからみんなには、殺し合いをしてもらう」

会場に、悲鳴に似た沈黙が訪れた。
私の感慨は複雑なものだった。まさか、という気持ちと、ああやっぱりそうか、という感想と。
「セワシくん、何馬鹿なことを言い出すんだ!! 」
「ドラえもん、悪いけど黙っていてもらえるかい? これから僕は大事なことを説明しないといけないから」
セワシはドラえもんに冷たく言い放つ。その一言は、ドラえもんだけでなくこの場にいる全員を沈黙させるに足るものだった。
「さて、これからみんな、一人づつそのガラスケースから出てこの部屋の外に出て行ってもらう。ただし、会場のどの地点に出るかはランダムに決まる。
運が悪いと湖の上に出てそのまま溺れることもあるかもしれないから気をつけてね。あと、全員部屋を出る前にあそこにあるバッグを一つ持っていってもらう」
セワシが、部屋の片隅に詰まれたナップザックの山を指差す。
「バッグの中身は、三日分の水と食料、会場の地図、方位磁石、ここにいる参加者全員の名簿、そしてランダムで武器が一つだ。運が悪いとどうしようもない武器が当たるかもしれないけど、
まあ運だから諦めてね」

740 :プロローグ ◆hXvyVozAPo :2007/02/20(火) 23:57:03 ID:+PCIp4Tm
セワシは淡々と語った。私達が、知り尽くしていると言ってもいい設定を。
「そしてゲームのルールだけど、とにかく全員で殺し合いして最後に残った一人が勝者だ。勝者は自分の家に帰れるし、望むものをなんでも一つ与えられる。
まあ、この辺の事は説明しなくても、とっくに知っている人たちもいるはずだけどね」
セワシはそう言って、私達のほうを見た。
思わず、足が竦んだ。今まで何度と無く、インターネット上の小説で読んだ光景。それが、こんなにも近くにあったものだったなんて。
そしてふと、私はあることに気がついた。もしこれが、私達の知っているあのゲームと同じものであったとしたら。
私は恐る恐る、自分の首に手を伸ばした。それが存在しないことを願って。
しかし私の指は、かつん、とやけに大きな音を立ててそれに当たった。
「そうそう、みんなの首には爆弾つきの首輪が付いてるから。もし無理に外そうとなんかしたら、その瞬間に爆発するよ。触らないのが懸命と思うな。
あと、禁止エリアに立ち入った場合も30秒で爆発するし、もし24時間一人も死者が出なかったら全員の首輪を爆発させる。死にたくなかったら他人を殺すしかないからね」
嘘だ。
こんなのはリレー小説の中でしかありえなかったはずのことだ。
ある意味見慣れた光景とは言え、この場に自分自身がいるということがありえない。絶対にありえない。
「さて、何か質問はあるかな? 」
セワシのアニメ声に、いい加減耳を塞ぎたくなった時。
「ばっかもーん!! なにが殺し合いだ!! 」
「・・・・・・かみなりさんか」
右にいた書き手の男がつぶやいた。
「大体、なんでワシらがこんな殺し合いなんかに選ばれたんだ!! 」
「生憎、それは教えられない。というより、僕も完全には知らされていない。僕もあくまで、この計画の末端に過ぎないんでね」
「そんなこと。この俺が許さないんですが」
私の右にいた女性が、ガラスケースを何度も叩きながら大声で叫んだ。
「あれは、まさか・・・・・・」
「キャプテン。いや、ここでは生真面目小隊長というべきか」
「真面目にやりましょう。あほですか。少しは私の書いたSSを見習ってくださいよ」
相変わらずだなあ、としかいいようのない発言を連発する生真面目小隊長。もうこの後の展開なんか見えている。
「やれやれ。あんまり本番前に参加者を減らしたくないんだけど・・・・・・不安要素は取り除いておくか。
セワシはそう言って、指をパチンと鳴らした。
「や、やめ・・・・・・」
思わず、喉から声が漏れた。どうせそれは、誰にも聞こえなかっただろうほどの小さな声だったけれど。
そして次の瞬間。眼鏡の主婦・・・・・・野比玉子の首が飛んだ。
「マ、ママぁぁぁぁ!! 」
「野比さん!! 」
玉子の周りにいた人たち・・・・・・のび太やドラえもんや先生が、悲痛な叫び声をあげて崩れ落ちた。
「悪いけど、僕たちに歯向かったら容赦なくこういう処置を取らせてもらうから。いいかい? 」
なんら悪びれる様子もなく、私達全員を見渡すセワシ。
私は、その場にへなへなと崩れ落ちた。
今まで、SSの中で何人の人を殺してきたかわからない。
けれど、実際に人が死んだらどんな音がするのかなんて、血の色がどれだけ赤いかなんて、親しい人を目の前で殺された人がどんな顔をするのかなんて、知らなかった。
まあ、野比玉子だからこれで退場なんてことはないだろうけど・・・・・・
「ま、玉子さんはほっとけばそのうち復活するだろう。それじゃ、早速だけど一人目の人、スタートしてもらおうか」
そのセワシの言葉を合図に、沢山のガラスケースの中の一つが音を立てて開く。
一番最初に外に出されたのは、私だった。

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:08:18 ID:mzyxe5ON
おいキャプテンwwww
てゆうか語り部と右の男は誰?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:31:20 ID:+onX6A0b
力作乙
いきなりキャプテン死亡フラグ立ってるwwwww

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:43:44 ID:6VMPorZl
【ドラえもん】6/6
○野比のび太/○ドラえもん/○野比玉子/○剛田武/○先生@ドラえもん/○かみなりさん/○ジャイアンの母
【サザエさん】4/4
○フグ田サザエ/○磯野カツオ/○中島/○先生@サザエさん
【涼宮ハルヒの憂鬱】5/5
○涼宮ハルヒ/○朝比奈みくる/○キョン/○長門有希/○古泉一樹
【ひらけ!ポンキッキ】2/2
○ガチャピン/○ムック
【D.C】2/2
○朝倉夢音/○アイシア
【うたわれるもの】2/2
○ハクオロ/○エルルゥ
【星のカービィ】2/2
○カービィ/○ドロッチェ
【クレヨンしんちゃん】2/2
○井尻又兵衛由俊/○風間トオル
【実写】4/4
○ジャックバウアー/○ジョーンズ/○ゴジラ/○せがた三四郎
【歴史】5/5
○織田信長/○豊臣秀吉/○アドルフ・ヒトラー/○坂本龍馬/○黒田官兵衛
【現実】3/3
○ホリエモン/○安部/○生真面目小隊長
【ファイナルファンタジー/ドラゴンクエスト】5/5
○ルーファウス/○スコール/○ローラ/○トルネコ/○アモス
【その他:ゲーム系】8/8
○スペランカー/○山岸風花/○しんのゆうしゃ/○マリオ・マリオ/○エビス丸/○オーキド/○シレン/○ベア
【その他:マンガ系】10/10
○シマリス/○キバヤシ/○アーカード/○範馬勇次郎/○クリリン
○赤木しげる/○手塚国光/○白鳥隆士/○雷音竜/○玄野計
【その他:サブカル類】7/7
○総統/○アンパンマン○上条当麻/○シロッコ/○南光太郎/○わくわくさん/○ルルーシュ
【その他:CERO15 or 18】2/2
○岡崎直幸/○岸田洋一
【テラカオスロワ書き手】5/5
○リアルタイムカービィの人/○ルートFの人/○◆6/WWxs9O1s氏/○◆qSSOg86y8s氏/○◆E3y/x3899E氏

主催兼進行役:野比セワシ

TOTAL 74/74


ここで空気を読まずTCBR1のSSを投下……しない!

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:49:22 ID:6VMPorZl
ちょっと修正。

【ドラえもん】7/7
○野比のび太/○ドラえもん/○野比玉子/○剛田武/○先生@ドラえもん/○かみなりさん/○ジャイアンの母
【サザエさん】4/4
○フグ田サザエ/○磯野カツオ/○中島/○先生@サザエさん
【涼宮ハルヒの憂鬱】5/5
○涼宮ハルヒ/○朝比奈みくる/○キョン/○長門有希/○古泉一樹
【ひらけ!ポンキッキ】2/2
○ガチャピン/○ムック
【D.C】2/2
○朝倉夢音/○アイシア
【うたわれるもの】2/2
○ハクオロ/○エルルゥ
【星のカービィ】2/2
○カービィ/○ドロッチェ
【クレヨンしんちゃん】2/2
○井尻又兵衛由俊/○風間トオル
【実写】4/4
○ジャックバウアー/○ジョーンズ/○ゴジラ/○せがた三四郎
【歴史】5/5
○織田信長/○豊臣秀吉/○アドルフ・ヒトラー/○坂本龍馬/○黒田官兵衛
【現実】3/3
○ホリエモン/○安部/○生真面目小隊長
【ファイナルファンタジー/ドラゴンクエスト】5/5
○ルーファウス/○スコール/○ローラ/○トルネコ/○アモス
【その他:ゲーム系】8/8
○スペランカー/○山岸風花/○しんのゆうしゃ/○マリオ・マリオ/○エビス丸/○オーキド/○シレン/○ベア
【その他:マンガ系】10/10
○シマリス/○キバヤシ/○アーカード/○範馬勇次郎/○クリリン
○赤木しげる/○手塚国光/○白鳥隆士/○雷音竜/○玄野計
【その他:サブカル類】7/7
○総統/○アンパンマン/○上条当麻/○シロッコ/○南光太郎/○わくわくさん/○ルルーシュ
【その他:CERO15 or 18】2/2
○岡崎直幸/○岸田洋一
【テラカオスロワ書き手】5/5
○リアルタイムカービィの人/○ルートFの人/○◆6/WWxs9O1s氏/○◆qSSOg86y8s氏/○◆E3y/x3899E氏

主催兼進行役:野比セワシ

TOTAL 75/75


忘れてましたが◆hXvyVozAPoさん、乙。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:55:12 ID:Pkei7oYM
ま、待ってくれ!首輪解析云々の為にも秀才キャラを入れたいんだが・・・・

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:59:19 ID:+onX6A0b
どうせ素手で引きちぎって投げれる仕様じゃないのか?ww

現状でまともに首輪解析できそうなのは長門とわくわくさんくらいか。
でも大丈夫。カオスなんだし。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 02:13:23 ID:Tn9A1UI+
どうしようも無くなったら誰かしら乱入させればいいさ。
大丈夫、乱入禁止とは誰も書いてない。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 12:35:03 ID:mzyxe5ON
これほとんどパロロワオールスターだな
キャプテンまでいるし
外部から乱入もアリだと思うんだぜ

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 12:46:35 ID:uLFBUaAf
参加人数とか絞らずに普通にやり直すだけでいいんじゃね?
適度に遊んで飽きたら設定リセットしてまたやり直せばそれでいいと思う。

ところでこれは俺の邪推だが
カオスを利用して自分の妄想する○○ロワをやりたいと画策する人間が
少なからずいるような気がするんだが・・・

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 12:49:08 ID:3OdKoBc0
恋愛シュミレーションロワ
主人公おれで二次元、三次元の美少女絡めてってよ
んじゃ、SS頑張ってちょ

もて過ぎちゃって困るなぁ〜〜〜〜〜〜

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 13:37:21 ID:KqwlrcyA
それは見せしめにしてくれと(ry

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 15:35:33 ID:mzyxe5ON
>>749も名簿に入れるか

過疎の理由としてリレーされないという問題が上がったからこうなったわけだが
それ以外は復活も乱入もありの今まで通りだと思うぜ

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 16:02:55 ID:L4rb0Vsg
>>746
シロッコは?

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 17:28:52 ID:NGMfSQjt
のび太ロワ、生真面目隊長(キャプテン)ロワ、南ロワ、ノロウィルスロワ、ドロッチェロワ

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:11:55 ID:6gghYD+d
今北が、前回すらもある意味で上回りそうなカオスッぷりに吹いたwww
もう本編投下してもいいのか?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:20:34 ID:NGMfSQjt
まあカオスルートかロウルートか書いといた方がいいんじゃね

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:51:20 ID:trKaH/fg
真面目に不真面目なカオスロワをやるなら、せめて地図とゲーム開始時間くらいは設定して欲しいところ

そして>>743が投下しなかった作品も見てみたかった

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:59:15 ID:NGMfSQjt
どうだろう 香川県沖木島?


カオスルートはマップ日本、開始時間12時でいいんだよな?

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 19:16:34 ID:ymrdj0/S
ロダから持ってきた。
ttp://takukyon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/clip/img/61.jpg

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 23:30:24 ID:kzZNFo0p
ラノワ形式で見切り発車もカオスらしくていいけどね

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 11:49:57 ID:RAA2chj6
アイテムって何か制限必要かな?
超人的な能力持ってないと使えないとか?

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 16:20:37 ID:hWO6YnzV
制限は前回同様必要無いんじゃない?
ただほどほどに空気嫁、ってくらいで。


最悪、大量虐殺には大量蘇生アイテムで対抗ってことで(笑)

763 :是非もなし:2007/02/22(木) 17:37:51 ID:4tPt6O+6
「殺し合い、となあ」
織田信長は、神社の境内で座り込んで情報を分析しようと試みていた。
これは一体誰の差し金だろうか? 対立している朝廷や幕府、あるいは武田や一向宗の残党の仕業か。
否、おそらくそうではないだろう。連中にはこんな大掛かりなことをやってのけるような力はあるまい。
今この国で一番力を持っている自分にさえも出来ないことなのだから、それは確実だった。
ならば南蛮の命を受けた宣教師達の仕業か、とも思ったのだが先ほど見た名簿の中には明らかに南蛮人のものと思しき名前も数多くあった。
ガチャピンやゴジラ、アンパンマンなどは間違いなくそうだろう。ドラえもんなどという、日本人か南蛮人か微妙に怪しい名前もある。
しかしそれ以上に気になる名前がいくつかあった。まずは豊臣秀吉。
秀吉といえばあの猿のことだが、「豊臣」という嫌に偉そうな姓には聞き覚えは無い。同名の他人だろうか。
しかしこの名前が自分の名前「織田信長」のすぐ下にあること、そしてそのそばにあった「黒田官兵衛」という名前が気にかかる。
この名前には心当たりがあった。猿がその配下としている軍師だ。
ならばやはりこの「豊臣秀吉」というのも猿のことなのだろうか。
「まあ、考えていても埒が明かん。とにかくどうやってでもここから逃げ出すのが先決か」
信長は名簿をたたんでナップザックに入れなおした。
夢にまで見た天下がようやく目の前にまで見えてきたのだ。こんな時に、こんなわけのわからない戦で死ぬわけには行かない。
「さて、余に支給された武器とは如何に」
ナップザックから出てきたのは、南蛮のあらゆる文化に精通している信長も始めてみる奇妙なものだった。
一見すると、黒い鉄の塊。奇妙な形をしているが、武器かどうかもわからない。
実はこれは信長がいち早くその有用性を見抜いた「種子島」の子孫に当たる武器なのだが、さすがの信長にもそこまでは見通せなかった。
どうやって使うものだろうかとあれこれ弄り回していると、突然耳を劈くような音がしてその銃口が火を噴いた。
「何事か? 」
幸い、怪我はしなかったもののどうやらうかつに触るわけには行かないものらしい。
「ふむ。しかし手にしていれば後々使えそうじゃ。是非もなし」
信長は満足して、その武器を懐に入れた。そして地図を見て、自分がいる場所は神社のうちのどれからしいことを見て取った。
思えば、一人きりで行動することなど久しぶりだ。ここから先は、いかに自分であっても油断をすれば命を落とすだろう。
「さて、まずは猿を探しに行くとするか」
信長は熟慮の末、動き出すことを決めた。


一方、暴発した信長のコルトガバメントから発射された一発の銃弾によって、
少し離れたところにいた一人の主婦が命を落としたことは言うまでも無い。

【一日目 スタート直後】

【織田信長@歴史】
[状態]:健康
[装備]:コルトガバメント
[道具]:支給品一式
[思考]
1:秀吉・官兵衛と会い自分の知っている者かどうか確かめる
2:ここから脱出するのに役立ちそうな協力者を探す
基本方針:早くゲームから抜け出し、もとの世界に戻る

【野比玉子@ドラえもん  死亡】

*織田信長は本能寺の変直前から呼ばれました



764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:20:23 ID:ln1azXUd
このスレの方向性が見えないので様子見

>>763
信長壊れてなきゃかっこいいはずなんだっ!
うん、こうでなくっちゃ!


765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 18:34:02 ID:hWO6YnzV
GJ!!
ガチャピンやアンパンマンが南蛮人とか、
よくわかんない誤解フラグだなw

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:23:09 ID:RPHohGxN
GJ!
1の時もラストは信長かっこよかったが、今回は最初からかっこいいぜ!

>一方、暴発した信長のコルトガバメントから発射された一発の銃弾によって、
>少し離れたところにいた一人の主婦が命を落としたことは言うまでも無い。

おいww玉子www

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:52:40 ID:RAA2chj6
投下します

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 19:57:37 ID:RAA2chj6
一人の少女が森を歩いていた。
人の声一つしない。
しーんとしている。
まるでこの世界で自分が一人であるかの様に思えた。
周囲を軽く見回しながら歩いてみる。
すると彼女の目に赤い物体が目に入った。
それは赤い戦闘機だった。
誰かが捨てていったのか。
それとも主催者がそこに置いたのか。
もう既に誰かが中に潜んでいる可能性も考えられる。
ナイフを左手に持ち、慎重に接近する。
少女の手が機体に触れた。
機体のコックピット付近にあるボタンを押す。
ブシューという音がして戦闘機のコックピットのドアが開いた。
無人を確認すると少女はその中に入り込んで座席に座った。
そして数々のボタンに触れる。
目を閉じ意識を集中させ機体の情報を読み取る。
数分後、少女は戦闘機のスペックを全て理解していた。

全長 13m
重量 80t
飛行速度 Mach0.8
武装 ミサイル、 機銃

少女は溜息を付いた。
自分にこの戦闘機を動かす事が可能なのかどうかわからない。
スペックを理解していても操縦法を身に着けているかどうかは又別だ。
何よりMach 0.8で飛行した場合の人体にかかるGは…想像に容易い。
少女は決断した。
協力者を探す。
それは善の心を持ち、かつこの戦闘機を使いこなせるぐらいの肉体と能力の持ち主であるべきだ。
この戦闘機には車輪がついている。
森の中を走るぐらいは出来るだろう。
そして隠す。
禁止エリアにならなければ取りに来れる。
機体の色が赤い為街に出るのは避けるべきだ。
そして彼女は機体の電源を入れるとゆっくりと走らせ始めた。

【長門有希@涼宮ハルヒの憂鬱】 【ゲーム開始直後 一日目】
[現在地]:B-1 南南東
[状態]:健康
[装備]:ナイフ
[道具]:支給品一式
   :イーグル号@ゲッターロボ!
[思考]
 1 ゲームからの脱出
 2 イーグル号を使いこなせる人間を探す
 3 イーグル号をどこかに隠す


イーグル号をどこに隠したのかは次の人にお任せします。
このロワだと能力制限はありでしょうか?


769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 20:00:04 ID:HAr1euKI
THE・リアルタイム

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 21:06:41 ID:WwJ7jUZg
薄暗い森の中で一人の女が怒り狂っていた。
「なんで、私の武器がこんな物なんですか!」
女が物凄い勢いで振り回すのは、ゲートボールのクラブのような物体。
ベルカ式デバイス・グラーフアイゼン・・・・・・を模したピコピコハンマーだった。
彼女を表す記号は多々あるが、あえて名簿上の名で呼ぶなら生真面目小隊長。
某大型掲示板のとあるリレーSS企画群では、それなりに名の知れた書き手である。
「大体、なんなんですかあの主催者どもは!」
その口から飛び出すのは、このゲームを企てた主催者に対する怒り。
「どうして才人や士郎が参加していないんですかっ! 決定した参加者名簿に従ってくださいよ!」
ただし、そのベクトルは他者とは物凄くずれてはいたが。
怒鳴るだけ怒鳴ったあと、小隊長は鞄からペットボトルを取り出す。
そして、手際よく蓋を開けると、その中身を一気に飲み干した。
「プハッ・・・・・・怒鳴っていても仕方が無いですね」
肩で大きく息をしながら、彼女はようやく“冷静さ”を取り戻す。
「ともかく、まずは仲間ですね。
 何人もの男達を集めて、守ってもらう。最終的には主催打倒!
 さすが私、素晴らしいプランです!」
・・・・・・彼女の思考が素晴らしいかどうかはともかくとして。
思い立ったら即行動とばかりに、小隊長は立ち上がる。
想いを馳せるのは参加者名簿にあった、よく見知った名前。
「ハクオロは絶対ゲームに乗って無いですから、見つけたら即合流。
 ルルーシュは・・・・・・一応、保留しておきましょう。乗ってないなら仲間にしますけど。
 アーカードは絶対避ける。残りは私に対する態度と顔次第ですね」
そんな事をぶつぶつと呟きながら、小隊長はあらぬ方向へと歩き始めた。
・・・・・・彼女は別にスレ主でもなんでもないのだが、そんなことは関係ないようだった。

【生真面目小隊長@現実】
【ゲーム開始直後 一日目】
 [状態]:健康、興奮
 [装備]:グラーフアイゼン型ピコピコハンマー
 [道具]:支給品一式
 [思考]
  1:言うことを聞く仲間を探し、守ってもらう(ハクオロ等優先)
  2:危険人物は避ける(とりあえずアーカード)
  3:言うことを聞かない人はスレ主権限で排除
  4:自分が主人公となって、主催者に制裁をあたえる

771 :非日常の扉:2007/02/22(木) 21:09:32 ID:4a6JvNWQ
(もう、なんであたしがこんな目に遭うのよ!! )
あたしは、重すぎるナップザックを両手で抱えながら夜道をひたすら走っていた。
立ち止まったら、誰かに殺されるかもしれないと思ったからだ。でも、走っていても誰かに見つかってつかまったら殺されてしまうだろう。
なにしろあたしはまだ小学生で、おまけに運動だってクラスでもぜんぜんできるほうじゃない。
運動会の徒競走でもいっつもびりだ。
お母さんにはそのたびに
「運動もせずにパソコンばかりいじってるからそうなるのよ!! 」
なんて言われるけど、私には運動や勉強よりもインターネットのほうが楽しいんだ。
・・・・・・そのせいで、こんなことに巻き込まれちゃったっぽいけど。
(そりゃあ確かに、私はちょっといけないことをしたかもしれないけど・・・・・・)
私は最近、ある掲示板でSSを書いていた。でもそのSSを褒められたことは一度も無い。それどころか、その度に怒られた。
確かに私は以前に投下されたSSも読んでなかったし、登場してるキャラもあんまり詳しく調べなかった。
だけど私はまだ小学生なんだからそれくらい許してくれてもいいと思う。
なのに散々「空気読め」とか言われて(私はその度に「空気には文字は書けないから読めませんよーだ」とパソコンの前で頬を膨らませていた)
怒られた挙句に、下校中に誘拐されてこんな「殺し合い」なんかに連れてこられてしまった。
おまけに、ナップザックに入っていた支給品はスクール水着が一枚。嫌がらせかと思ったわよ。
そんなわけで、私は恐怖に怯えながら全力で走り続けていたんだけど・・・・・・
ああ、もうだめだ。普段からひきこもりにーとでロクに足を動かしたことも無い私は早くも力尽きようとしていた。
でもダメ、このまま倒れたら誰かに見つかって・・・・・・

どしん、と私は何かにぶつかった。その弾みで眼鏡が落ちる。あわてて眼鏡を拾い上げてかけなおした私の目の前に現われたのは・・・・・・
「ああ、なんだガキかよ。いきなりぶつかってきて何のつもりだ? 」
長身で、少し長髪のぞっとするほど恐ろしい目をした男だった。
疲労と恐怖が極限に達した私は、どうやらそこで気を失ってしまったらしい。


やれやれ、女かと思ったら子供だったか。
普段ならおいしく頂いているところだが、流石の俺も今はそんな気にはなれない。
なにしろオカルトじみたわけのわからん事件に巻き込まれ、マジで生きるか死ぬかって問題だ。
かといってこいつをこのままここに置いていくのも忍びない。ガキとは言えまずまずの上玉だしな。
なんでまた右手にスクール水着なんか握り締めているのかはわからないが・・・・・・
しかしまあ、連れていけばそれなりの付加価値を提供してくれそうだ。
俺は薄ら笑いを浮かべながら、気絶したガキの体を抱き上げた。

【一日目 0時30分(ゲーム開始から30分)】


【◆E3y/x3899E氏@テラカオスロワ書き手】
[状態]:気絶 小学四年生
[装備]:スクール水着
[道具]:支給品一式
[思考]
1:何でもいいから早く脱出したい
2:早くもとの世界に戻ってSSの続きを書く

【岸田洋一@鎖】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]
1:◆E3y/x3899E氏を連れて行く
基本方針:生き残るのが第一目標だが、好みの女がいれば
     状況によってはいつも通りのことをする

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 21:33:29 ID:a4UP3m4K
>>770>>771もキャプテンを焦点に当てて書いてるかと思って
「ゲェーッ、キャラ被り!? こんな序盤から!?」とか心配してたら別人だったのねwwwww
書き手勢が一体どうなるのか実に楽しみだ

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 21:49:12 ID:hWO6YnzV
Eの人、よりによって最悪な奴に捕まったな
でもこれはもしや岸田の高槻化の序曲?

774 :んがっぐっぐっ!!!:2007/02/22(木) 22:03:40 ID:ln1azXUd
誰もいない空き地で明らかに狼狽している少年が独り…
「姉さ〜ん、どこにいるんだよー?」
「姉さ〜ん!」
大声で自分の信頼する者への呼びかけを行っていた
少年は普段の強気な表情は一切消え、すでに眼には涙を溜めていた
厳しい父に叱られて、拳骨をもらって流す涙がいかに幸せなものだったのだろう…
少年はそんなことをふと思ったが、一層に元の世界への寂寥の念が増すだけであった
(僕は一人ぼっちだ…怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い)

半ばパニックに陥りかけた少年に懐かしい声がかかる
「お〜い磯野〜…」
この声は親友の声、そう…こんな風に呼びかけてくれたっけ、野球の誘いだ!
やっぱりこれは夢なんだ!後ろを振り向けば親友がバットとグローブ持って…
「…殺し合いしようぜっ!!!!」
ボウガンを片手に仁王立ちするかつての友の姿によって、脆くも希望は砕け散った…


【一日目 0時45分】


【磯野カツオ@サザエさん】
[状態]:狼狽、恐怖
[装備]:
[道具]:支給品一式
[思考]
1:サザエを探す
2:中島…

【中島@サザエさん】
[状態]:健康
[装備]:ボウガン
[道具]:支給品一式
[思考]
1:磯野はバカだなぁ、みんな殺しちゃえばいいんだよ〜

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 22:05:37 ID:i5aVtTme
>>773
俺は逆にいーさんが花を散らせる姿を妄想したよw

776 :リアルタイム・コンプレックス ◆1U9aQ7O4wM :2007/02/22(木) 22:47:00 ID:HAr1euKI
 結局、これは夢ではないらしい。
 いきなり目覚めたら『バトルロワイアル』!
 冗談じゃない。そりゃ確実に生き残れれば、やってもいいけどさ……
 この森だって不気味だし……
 でも名簿を見たら『カービィ』と『ドロッチェ』の文字!
 漏れが毎回使ってる、カービィキャラに会えるんだ!
 あ、さっそく見つけた! あの赤いシルクハットに大きい耳!
 あれは間違いなくドロッチェ!

 お〜い! ドロッチェ!
 ブチッ! 何かが漏れの首に引っ掛かり、そのまま跳ね飛ばした!
 苦しむ間も無かった。
 ざんねん! わたしのぼうけんはこれでおわってしまった!



「全く、危ないところだった」
 ドロッチェは痙攣を続けるその死体を、ただ見下げていた。
「ゲームに乗っている奴がいきなりかかってくるとはな……やはり油断は出来ないみたいだ」
 ドロッチェは死体が持っている銃を、自分のザックに押し込みながら、参加者の心理を少し考える。
 ……今の様な参加者は幾らでも居ると、容易に予測はついた。
「随分と無茶苦茶なゲームに招かれた様だが今、俺は死ぬわけにはいかないからな」
 その血で濡れた刀を払い、鞘にしまうとドロッチェはすぐにその場を立ち去った。
 その目にはまだ、微妙な迷いは存在しただろうか。
 だが、裏を返せばまだ彼は欲望に飲み込まれず、自制は出来ているのだ。
 彼の天秤は、どちらに傾くのだろうか。

 かくして、皮肉にもカービィ好きの書き手は、カービィキャラに命を奪われるのだった。



【一日目 0時10分 森エリア】

【ドロッチェ@星のカービィ】
[状態]:実に良好
[装備]:つるぎ@シャドウゲイト スミスアンドウエスン/残り七発@実在兵器
[道具]:支給品一式
[思考]
基本行動方針:取り敢えず敵は倒しつつ、仲間を集める
最終行動方針:ゲームから脱出


【リアルタイムカービィの人@テラカオスロワ書き手 死亡確認】

777 :其は殺戮における真理の伝達者:2007/02/22(木) 23:00:10 ID:RPHohGxN
きっかけはどのあたりだったろうか、と考える。
星痕症候群が完治し、そこから急に気が遠くなった時から、ではない。
ガラスの箱に閉じ込められているのに気付いた時から、でもない。
もっとタイミング的に新しいはずの、決定的な瞬間から。
とうにそれは、始まっていた―――

『これからみんなには、殺し合いをしてもらう』

「ああ、」
そうだ、そこからだ。
頭の中で燻り続けていた得体の知れない衝動が、突如私を支配し始めたのだ。
どう例えればいいのか―――自分が今まで信じていたものより、圧倒的に信憑性があるものを発見した瞬間のように。
目から鱗が落ちる程に、画期的なアイディアを閃いた時のように――それでいて比較にならない程、昂奮は大きい。
『悟った』という表現が、一番ソレに近い……私にはそう思えた。
―――こうやって思考を巡らす最中も、私が内包するソレは、暴走の兆候を示し続けている。まったく、抑えるのが大変だ。
何せ少しでも気【殺せ】を抜くと【射ち殺せ】すぐにあた【ズガンせよ】まが【1レスで殺せ】一杯になってしm【地の文にも出すな】aうの
だ【虐殺せよ】から、【思い知らせろ】こま【天】【KOROSE】っ【頃せ】【あぼーんしろ】【SATSUGAIせよ】た【斬刑に処せ】も【ガッ】のだ。
「……ふぅ、危ない危ない」
何時の世も、正しき人間には災禍が降り注ぐ。私も例外ではないようで、先ほどからこんな調子だ。
いかに私がそのものであろうと、あまりに正しすぎるという事実そのものに、私の頭が追いついていかない。もう長くはないだろう。
故に。
私が真理を留めていられるうちに、出来うる限り多くに人達に、この真理を伝えなければいけない。
何故か? そんなものは、いまさら聞くまでもあるまい。

―――それが【バトルロワイアルというものだ】から。

幸いにも、私に支給された武器は、真理を伝えるのに適した部類に入っているようだ。
私はその事実に安心しつつ、ソレの弾倉に『破壊弾』を装填していく。通常の弾薬と比べ、三倍もの殺傷性を誇るという、実に素晴らしい特殊弾頭だ。
これで頭部や心臓を狙えば、誰にでもほぼ間違いなく真理を伝えることができるだろう。人間とは、そういうイキモノなのだから。
弾数が少ないのは痛いが、元々私に与えられた時間は長くない。むしろ、十二分にお釣りが返って来るぐらいである。
私は何時でも取り出せるよう、懐に予備弾丸を隠しつつ、装填完了した銃を肩から吊り、ゆっくりと立ち上がった。
―――さあ、止まっていたり、迷っているヒマはない。着実に確実に迅速に効率よく真理を伝えていかなければいけない。
―――誤った者達を導く。それこそが、今の私にできる精一杯なのだから。
コンパスで北……人が多く集まるであろう、市街地の方向を確認し、私は力強く歩き出した。
ヒトの命は儚い。
その真理を、実体験と共に知ってもらう為に。



【7-H:南部】

【一日目 0時20分】
【ルーファウス@ファイナルファンタジーZ】
[状態]:悟りの境地
[装備]:バリアント(破壊弾×5を装填済み)@FF8
[道具]:破壊弾@FF8×15 支給品一式
[思考]:商店街を目指す
基本方針:バトルロワイアルというものを全員に思い知らせる

778 : ◆hXvyVozAPo :2007/02/22(木) 23:00:18 ID:Azzd/2+f
オープニングについてですが、
語り部の少女=◆6/WWxs9O1s氏
右にいた男=ルートFの人
ってことでお願いします

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 23:03:08 ID:Azzd/2+f
あと>>776
り、リアルタイムカービィの人ぉぉぉぉぉぉぉ!!
玉子以外最初の死者は彼か・・・・・・
皆様力作お疲れ様です

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 23:52:50 ID:HAr1euKI
ウィキの表記がカオスルートとロウルートに別れているから、取り敢えずタイトルにどちらのルートか付けた方が良いな

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 00:18:08 ID:kklIU5FQ
中島、今回もマーダー化するのかww

782 :ロウルート 混沌の物語:2007/02/23(金) 00:58:13 ID:Pl2PdQj5
ホテルの一室。
彼は、支給されたディパックの中をあさりながら考えた。
(これは、報いなのか?)
そうだろう。何はともあれ自分達は、命を弄び過ぎた。
その報いだ。
(…私を含めて書き手は5人。ドロッチェの人とキャプテンはともかく、他の二人なら何とかなるだろう。いくらなんでも、こんな形で死ぬのはゴメンだ)
そう思い、自らの支給品を掴んだ瞬間。
辺りは、闇へと包まれた。
同時に聞こえた声は自分の物を除いて一つ。
「―――それでは、君の願望を聞こうか」


数十分後。ホリエモンは、ホテルの一室に足を踏み入れた。
理由は簡単。そこに人がいたから。
彼は、その人物から支給品を奪い、殺すつもりだったのだ。
(このような事態も、「想定内」だ)
戦って、騙して、生き残る。
なんら変わりは無い、いつもの会社と同じだ。
支給された日本刀を構えて部屋に踏み込んで、
そして、視界を闇に塗り潰された。
「な!?」
ホリエモンは、視界を再確認する。
見えたのは、闇の中に文字通り浮かび上がる男。
無防備な男に切りかかろうとして、体が動かないことを悟る。
そして聞こえて来たのは、幾多もの表現し難い声。
耳をすませれば、それが怨みの類いの声であることは知れた。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:08:30 ID:Kd2nkWQP
連投規制喰らってる?

784 :ロウルート 混沌の物語:2007/02/23(金) 01:18:18 ID:Pl2PdQj5
こちらをあちらへと引きずり込もうとする声が、もはや耳を塞いでも聞こえてきて、
目の前には、頭を砕かれ、焼かれ、地にまみれた幾多の死体が近づいてくる。
全身に生暖かい液体がかかり、それが血であると悟ったとき、彼は何も考えられなくなって、叫びながら逃げだした。

「行ったのか」
できればあのまま引きずり込みたかったが、あの様子なら問題無いと追わなかった。
彼―――Fルートの人は、自らの支給品である神野陰之によって、「電脳の物語」を広められるようになっていた。
彼がこの物語ですることは唯一つ。
「主催者に、この物語を見せてやる」

【D-1 ホテル 1:30】
【Fルートの人@書き手】
[状態]:健康、魔王化。
[装備]:なし
[道具]:支給品一式、神野陰之
[思考]1:仲間を集めて主催を打倒。
2:マーダー等には容赦しない。
陰之はディパックの中に入ってます。

【D-1 ホテル外】
【ホリエモン@現実】
[状態]:発狂
[装備]:日本刀
[道具]:支給品一式
[思考]:発狂

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:20:19 ID:Pl2PdQj5
携帯で投下してたらいきなり圏外になった。
陰之の呪いか?

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:21:05 ID:c8HPex38
GJ!!
こええええええ!!さすがはあの人と言うべきか・・・・・・

787 :ころしや? ころばしや?:2007/02/23(金) 02:05:12 ID:MZsAY2PW
私が目を覚ました場所は遊園地と呼ばれる遊技場だった。
地図ではB-8に当たる場所だ。
これ幸いに隠れる場所はたくさんあった。
それは他のものにとってもそうなのだが、何分この殺し合いは始まったばかり。
皆も状況の確認に追われているだろう。
私はそう考え、建物の一つに入って支給品の確認をする事にした。

「ふむ、この金貨を入れて名前を呼ぶだけで相手を転ばせることができる……か。
疑わしいが、試してみるほかないだろうな」
付属の金貨を手に取りいれる。
「さて、誰の名前を呼ぶかな」
名簿とにらめっこしながら考えると、遠くから声が聞こえた。
「ハクオロさーんっ!」
声のほうを向くとエルルゥがこちらにはs

ダギュン!

ゴキッ



【B-8 遊園地の建物内部 0:30】
【エルルゥ@うたわれるもの】
[状態]:呆然。
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:え……ハクオロさん?

【ハクオロ@うたわれるもの 死亡確定】
※ハクオロの支給品(ころばし屋他)はハクオロの死体のそばに落ちてるよ。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 06:21:39 ID:kklIU5FQ
ちょwwwwwwwww

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 11:11:04 ID:rs3Wnzwb
おまwwwww
転んで首の骨折って死亡って事かwwwww腹いてえwwwww

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:36:50 ID:zrkREORP
>>787
ロワ史上トップレベルの情けない死に方だなw

転ばし屋は十円玉で起動するから入れるのは金貨ではなく銅貨だと思う

791 :悲劇再び:2007/02/23(金) 13:56:39 ID:6wwFFqcm
「転んで首の骨が折れかと思ったが、そんなことなかったぞ」
「さすがハクオロさん!」



ダギュン!

ゴキッ



【B-8 遊園地の建物内部 0:30】
【エルルゥ@うたわれるもの】
[状態]:確信犯
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:あれ……ハクオロさん?

【ハクオロ@うたわれるもの 死亡確定】
※ハクオロの支給品(ころばし屋他)はハクオロの死体のそばに落ちてるよ。


792 :787の修正版:2007/02/23(金) 15:05:22 ID:R+7IeR5F
私が目を覚ました場所は遊園地と呼ばれる遊技場だった。
地図ではB-8に当たる場所だ。
これ幸いに隠れる場所はたくさんあった。
それは他のものにとってもそうなのだが、何分この殺し合いは始まったばかり。
皆も状況の確認に追われているだろう。
私はそう考え、建物の一つに入って支給品の確認をする事にした。

「ふむ、この銅貨を入れて名前を呼ぶだけで相手を転ばせることができる……か。
疑わしいが、試してみるほかないだろうな」
付属の銅貨を手に取りいれる。
「さて、誰の名前を呼ぶかな」
名簿とにらめっこしながら考えると、遠くから声が聞こえた。
「ハクオロさーんっ!」
声のほうを向くとエルルゥがこちらにはs

ダギュン!

ゴキッ



【B-8 遊園地の建物内部 0:30】
【エルルゥ@うたわれるもの】
[状態]:呆然。
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:え……ハクオロさん?

【ハクオロ@うたわれるもの 死亡確定】
※ハクオロの支給品(ころばし屋他)はハクオロの死体のそばに落ちてるよ。

>>790
気付かなかった、指摘サンクス。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 16:00:39 ID:6wwFFqcm
「あれ? ここ何処だ?」
気が付いたら、俺は見知らぬ映画館の中にいた。
おかしいな……。自宅のPCでカオスロワ第二期のOPを書いて投下してたはずなのに。
いつの間に映画館なんかに?
もしかしたら記憶障害か何かかなぁ……。
そこまで考えてふと異変を感じ、自分の首に触れてみる。

「何だこれ……、え、首輪? 嘘だろ」

近くにあった鏡を覗いて見ると、首輪を嵌めた俺の姿が映っていた。
なんという悲劇……。
何故か巻き込まれてしまった。
この状況は間違いなくバトルロワイアル。
「最低だ……なんで俺が参加してるんだよ。わけがわからねえ」

「それはね、君がOPを書いた書き手だからだよ」

ゾクッっと背筋に悪寒が走る。
突然、頭の中に直接男の声が聞こえてきたのだ。

「何を驚いているんだい? 君もここが非日常の世界だと理解しているんだろう?だったらテレパシーぐらいで驚くなよ」
頭の中に次々と声が流れ込んでくる。
「君はもしかしてセワシ……君か?」
「そう、僕はセワシ」
飄々とした喋り方でセワシは答える。
マジか。こんなのありか。
殺し合いとか最低だぞ。
「元の世界に帰してくれ」
怒りに震える声を押し殺しながら、俺はできるだけ冷静を装う。
「ははは、いきなり命乞いかい? 面白い人だなあ。……それはできない相談だね」
あっさりと断られ、少し落胆する。
「まあ、帰してやらない事も無いけど……一つ条件がある」
「条件だと?」
「その条件はこのゲームで生き残ることだよ!あははははははははははははは!」
甲高い笑い声を最後に、セワシの声は聞こえなくなってしまった。

俺は一人、暗い映画館の中で支給品を確認した。
俺の支給品は拡声器が一つ。
なんというお約束……。
持ってるだけで死亡グラフが立っていく。
この支給品は間違いなく嫌がらせ。
「ふざけやがって……殺し合いだと? リアルでそんなことできるかよ」
元の世界に帰る方法は生き残るだけ?
違うだろ。
帰る方法はもう一つあるじゃねえか。
俺は首輪についているはずの盗聴器に聞こえるように大声で叫んだ。

「セワシ! 俺はテメェの狂ったゲームには絶対乗らねえ! 最後まで足掻いて足掻いて、脱出してみせる!
 この最低のゲームを、最高のハッピーエンドで終わらしてやるよ!」

無人の映画館に、俺の雄たけびが空しく響いた。


【E-7 映画館 0:30】
【◆hXvyVozAPo@書き手】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:拡声器、支給品一式
[思考]1:ゲームを終わらせて、元の世界に戻る。
2:キャプテンといーさんには容赦しない。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 16:03:03 ID:6wwFFqcm
いきなりキャラ増やしてしまいました。
サーセンwww

あとタイトルは 「一人目の飛び入り参加者」 で

795 :二度あることは三度ある:2007/02/23(金) 16:35:42 ID:KE6dSJI6
「あやうく死ぬところだった……」
「いえ、完全に死んでましたよハクオロさん」



ダギュン!

ゴキッ



【B-8 遊園地の建物内部 0:30】
【エルルゥ@うたわれるもの】
[状態]:確信犯
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:やっぱり……

【ハクオロ@うたわれるもの 死亡確定】
※ハクオロの支給品(ころばし屋他)はハクオロの死体のそばに落ちてるよ。

796 :二度あることは三度ある:2007/02/23(金) 16:36:29 ID:KE6dSJI6
「さっきから何なんだ?」
「そんな……この病気は……まさか……」

何事もなかったかのように起き上がるハクオロを見て、エルルゥの顔がみるみる青くなっていく。
そして、震える声で一つの病気の名を吐き出した。

「野比玉子シンドローム!」


        ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
         cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ| ←ナワヤ、タナカ、コイズミ
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
 j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
     :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
      \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
  u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
             u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
          _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
 ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
       ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
      /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i




「何度でも際限なく死に、生き返る最悪の病気! 別名ディアボロ症候群! このままだとネタキャラになっちゃいますよハクオロさん!」
「既に手遅れだと思うが……」

悲嘆に暮れるエルルゥの横でドアが開き、セーラー服の少女が姿を現す。


   |┃
   |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
   |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
   |┃   N {                \
   |┃  ト.l ヽ               l ←長門
ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
   |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  話は聞かせてもらった。
   |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |   私がなんとかする。
   |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       \____________
   |┃      l     r─‐-、   /:|
   |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |
   |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
   |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
   |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l


797 :二度あることは三度ある:2007/02/23(金) 16:37:46 ID:KE6dSJI6
「君は……」
「私の異次元同位体が全て知っている。あなたが殺し合いで生き残ることは不可能」
「どういうことだ?」

少女――長門有希は説明を始める。

「原因はキャプテン、別名生真面目小隊長。この小物のせいで何人かの参加者は予め死が決定されている。あなたはまだマシなほう。
 ゼロの世界の参加者はもっと酷い目にあっている……蒼い槍兵に殺された異次元同位体からの情報」
「その、異次元同位体というのは?」
「別の世界の長門有希。人喰い双子の片割れと行動を共にしている長門有希やトラックに乗っている長門有希がいる。
 同期を求めることで情報を手に入れることが可能」

なんとか状況を把握したハクオロが溜息を吐く。どうやら自らの運命を受け入れたようだ。

「それで、私の病気を治す方法というのは?」

ハクオロの問いに長門が頷き、着物越しの腕に噛み付いた。

「情報を書き換えた、これで死ねる」
「そうか……もう、死んでもいいんだな?」
「そう、早く元いた場所に戻ったほうがいい。向こうはホテル戦で大変だから」
「では、逝くことにするよ」

そう言い残すと、ハクオロは光になって消えた。もう復活することはないだろう。

「これで……よかったんですよね?」
「いい」

後には、満天の星空だけが広がっていた。

798 :二度あることは三度ある:2007/02/23(金) 16:38:25 ID:KE6dSJI6



【B-8 遊園地の建物内部 0:30】
【エルルゥ@うたわれるもの】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:さようならハクオロさん……

【長門有希@涼宮ハルヒの憂鬱】 
[状態]:健康  B-1からイーグル号で飛ばしてきたため若干の精神的疲労
[装備]:ナイフ
[道具]:支給品一式
   :イーグル号@ゲッターロボ!
[思考]
 1 ゲームからの脱出
 2 イーグル号を使いこなせる人間を探す
 3 イーグル号をどこかに隠す

【ナワヤ@MMR】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:な、なんだってー

【タナカ@MMR】
[状態]:健康
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:な、なんだってー

【古泉一樹@涼宮ハルヒの憂鬱】
[状態]:空気皇
[装備]:不明
[道具]:支給品一式
[思考]1:不明

【ハクオロ@うたわれるもの アニロワ死者スレに送還】
※ハクオロの支給品(ころばし屋他)はそこらへんに落ちてるよ。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 16:41:16 ID:KE6dSJI6
>>794にならって俺もキャラ増やしてみた。フヒヒ、サーセンw

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 16:56:41 ID:b7CKOewH
>イーグル号で飛ばして来た為 精神的疲労
待て待てw
Mach 0.8で飛ぶんだから肉体的疲労が凄すぎる筈w
っていうか少し前の話で長門はイーグル号を隠したんじゃなかったのかw

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 16:58:10 ID:K/gvO2rS
早くもリレーが考慮されてない…

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 17:05:05 ID:Kd2nkWQP
>>795-799
GJ!
っていうかMMRは何処から涌いて来たww


>>800
多分、隠してすぐ他ロワの長門と情報交換して、キャプテンの脅威を知り駆けつけてきたんじゃね?
少なくともリアルタイムロボ厨よりは好感が持てるし、生暖かい目で見守って行こうじゃないか。
始まったばかりだしさ。何よりカオスだし。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 17:06:31 ID:c8HPex38
素直に名簿にいるキバヤシ出せばいいのに

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 17:09:38 ID:b7CKOewH
>>802
いやそういう意味では無く長門じゃイーグル号を飛行させる事は無理だろうという意味で言ったんだが。
まあ戦闘機は車輪があるし走行させた、という意味で「飛ばして来た」んならまだ理解できるけども。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 17:13:54 ID:R+7IeR5F
目立たせるのは良くないと思い隠そうとしたのに
飛ばして来るのもおかしな話だとは思うけどね

806 :サザエ、ついうっかり〜in the 2nd〜 ◆6/WWxs9O1s :2007/02/23(金) 17:33:40 ID:c8HPex38
流石の俺も、今回は参っていた。
死線は人並み以上にくぐってきたつもりだが、直に命のやり取りをしたことなどはないし
ここじゃあ俺の持ってる才能も生かしようが無い。
「カツオー!! カツオどこにいるのー!! 返事しなさーいぃ!! 」
さっきから知らない女の声が聞こえるのだが・・・・・・正気だろうか?
いきなり「殺し合いをしろ」なんていわれて素直に従う奴はそれほど多くは無いだろうが、
だからってわざわざ自分の居場所を不特定多数に教えるような真似をするのは自殺行為だ。
いや、あるいは人をおびき出してから殺そうという作戦か。いや、それにしてはリスクが大きすぎる。
おまけにこいつは、叫び声を上げながら森を移動しているようじゃないか。
さすがに俺は放っておけなくて、その声のする方に近づいていった。

そこにいたのは奇怪な髪形をしたおばさんだった。
始めは妖怪かと思ったくらいだ。実際、さっきまで拘留されていた部屋には化け物としか思えない連中も多くいた。
「おいおばさん、そんな風に声をだしたら・・・・・・」
「おばさんですって!? わたしはまだ24歳よ!! 」
それは驚きだ。はっきり言って老けている。
「そいつは失礼。それよりもそんなに大声を出して、このゲームに乗った奴に見つかったらどうするつもりだ? 」
するとその女は「あちゃー」とでも言いたげに自分の額を叩いた。
「そうだった。うっかりしてたわ」
うっかりって・・・・・・やはり作戦とかじゃなかったのか。
「教えてくれてありがとう。なにかお礼を・・・・・・」
そういってバッグをまさぐる女。
「おいおい、あんたの食料や支給品を俺に渡しちまったら困るんじゃねえのか? 」
「あー、そうだったうっかりしてたわ」
再び額を叩く女。俺はひょっとして余計な奴に関わってしまったのだろうか。
「そうだあなた、もしよかったら私の弟を探すのを手伝ってくれない? 」
別に俺の知り合いは連れてこられていないようなので、俺には探すべき人はいない。
それにこの女、ほっとくと死にそうだしな。普段なら他人が死のうがどうしようが気にしない俺だが、
今回は味方になる可能性のある人間は一人でも減らさないほうがいいと判断した。
「わかった。しかし俺の支給品はただの三輪車だ。あんたには武器はあるのか? 」
「もちろん!! ほらこれ、レザーが出る銃よ。なかなかの当たりじゃない? 」
「ほお、確かにこれはいい品だな」
「ほらほら、このボタンを押すと・・・・・・」
次の瞬間、レザーガンは火を噴いた。
レーザーは俺の耳元を掠めて飛び、俺のすぐ背後にあった木を焼いた。
そして、その木の上から子供の焼死体が落ちてきた。
「あちゃーいけない、またうっかりしてたわ」
「おばさん・・・・・・」

807 :サザエ、ついうっかり〜in the 2nd〜 ◆6/WWxs9O1s :2007/02/23(金) 17:34:37 ID:c8HPex38
【一日目 1時】

【地点:1−F(森の中)】


【赤木しげる@アカギ】
[状態]:やや気が重い
[装備]:タラちゃんの三輪車@サザエさん
[道具]:支給品一式
[思考]
1:サザエの弟を探す
2:味方を集めて脱出方法を探す
基本方針:人殺しはしたくないが、襲われたら容赦はしない

【フグ田サザエ@サザエさん】
[状態]:健康 おっちょこちょいモード
[装備]:プラズマ兵器
[道具]:支給品一式
[思考]
1:カツオと合流
基本方針:どうにかしてここから抜け出し、晩御飯の買い物に行く

【風間トオル@クレヨンしんちゃん  死亡】

808 :伝説の風来人:2007/02/23(金) 18:30:59 ID:PMV4Fr0v
シレンは、いわゆる風来人のレッテルをはられている。
テーブルマウンテンの風来人を必要ないのにブチのめし、いまだに山頂の町より先に進めないヤツもいる。
イバるだけの脳なしなんで気合を入れてやった鬼はもう2度と村を襲いにこない。
買い取り価格以上の高い商品を売ってる店には代金を払わないなんてのはしょっちゅうだ。
だが、そんなシレンにも吐き気のする『悪』はわかる。
『悪』とはてめー自身のためだけに弱者を利用しふみつけるやつのことだ。
ましてや命を軽々しく弄ぶなど!
この殺し合いの主催者がやったのはそれだ。
この『殺し合い』は舞台がどこかも法律で裁けるのかも分からない。
だから、シレンは自身で殺し合いを止め、主催者を裁くことにした。
三度傘を深くかぶり、青と白の縦縞模様のマントをひるがえし。
口には何かの植物の茎を加え、彼は進む。
「ふも、ふもふもっふ(まずは、首輪をなんとかしねえとな)」
その姿は、どうみても遊園地のマスコットだった。

【一日目 0:10】
【B-8 遊園地の入り口付近】

【シレン@風来のシレンシリーズ】
[状態]:健康
[装備]:ボン太君スーツ(戦闘仕様)
[道具]:支給品一式
[思考]
1:首輪を外す。
2:バトルロワイアルを攻略し主催者を倒す。
3:出来る限り人殺しはしない。(でも、風来人なんで人外はあまり気にしないで殺します)
[備考]:トレードマークの三度傘とマントはボン太君スーツの上から着けています。
また、ボン太君の口で植物の茎をくわえていて、ボン太君の頬に十字の傷痕が刻まれています。



809 :悲劇の始まり:2007/02/23(金) 19:14:24 ID:Z6M9FxcT
「一体、どうなっとるんだ・・・・・・」
放課後校外の見回りをしている途中で誘拐され、わけのわからないところに連れてこられた上に
殺し合いをしろと言われる。
それも、自分の生徒までもが二人も巻き込まれているのだ。
「野比、剛田。無事でいるんだぞ」
どうやらここは図書館のようだ。先生は動き始める前にまずは自分の荷物を支給品を確認することにした。
前回の失敗を教訓にしたのである。
しかし、生徒達を守るに足る武器が入っていることを期待して開けたナップザックの中に入っていたのは・・・・・・
「なんじゃ、こりゃあ・・・・・・? 」
いや、先生でもそのくらいのことは死っている。
最近テレビなんかでよく見る「メイド服」という奴だ。
そういえば、骨川が学校に持ってきたメイドさん写真集を激怒して取り上げたこともあった。
しかし、なぜこれが支給品なのか?
混乱する先生の目に入ったのは一枚の紙だった。
『メイド服型防弾スーツ 一部の銃弾を防ぎます』
・・・・・・
先生は少し迷った末、着ないことにした。
そして地図を広げて現在位置を確認する。この図書館から南にいくと、商店街があるようだ。
そこにはおそらく人が集まってくるだろう。殺人者も集まる可能性はあるが、野比たちに出会える可能性は高い。
しかし、北西にある学校も気になる。ここにも殺し合いを恐れた人が隠れようとして集まるかもしれない。
どちらに進路を取るべきか先生が思案していたとき・・・・・・
「とりゃあああああああ!! 」
突然雄たけびを上げながら、髪にリボンを結んだ少女が飛び掛ってきた。
そして振りかざしたビンを先生に振り下ろそうとする。先生はとっさに後ろに下がってそれをかわした。
ビンは床にぶつかって割れ、ビンの中の液体が先生の服にかかった。
「すまないが、少し眠ってもらうぞ」
先生は少女の鳩尾に拳を叩き込んだ。少女は一瞬にしてバランスを崩し、後ろにあった本棚に頭をぶつけて倒れた。
失神した少女を見て、先生は安堵の息を漏らす。かわいそうに、こんな異常な状況下で錯乱したのだろう。
(ところでさっきからやけにスースーするのは気のせいか・・・・・・)
そう思って自分の体を見下ろした先生は、驚愕の余り悲鳴を上げた。
スーツがほとんど溶け、シャツや下着すらもぼろぼろになっていたのだ。
「そうか、硫酸のような薬品が入っていたのか・・・・・・」
割れたビンと、異臭を漂わせる液体、そして倒れた少女を前にして先生は途方にくれた。
その目に、あのメイド服型防弾スーツがちらりと入った。


【一日目 0時30分】
【H-3 図書館】

【先生@ドラえもん】
[状態]:健康 やや破廉恥な服装
[装備]:メイド服型防弾スーツ
[道具]:支給品一式
[思考]
1:この状況をどうにかする
2:早く生徒達のもとへ・・・・・・
行き先を商店街にするか学校にするか迷っています

【朝倉音夢@D.C】
[状態]:失神
[装備]:硫酸入りのビン三本
[道具]:支給品一式
[思考] 不明

*先生の服の大部分は硫酸で溶かされました
そして先生の支給品はメイド服型防弾スーツです

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 19:41:53 ID:kklIU5FQ
名簿とマップつけたほうが面白いなこれww

811 : ◆qSSOg86y8s :2007/02/23(金) 21:44:47 ID:FVL5yK6K
ちょwwww
久々にスレ覗いてみたら、俺が参加者扱いになっとるwwwww

812 :魔法老人リリカルかみなりA’s ◆hXvyVozAPo :2007/02/23(金) 21:55:57 ID:OB/mtx8l
「まったくけしからん!! 最近の若者は!! 」
かみなりさんが送り込まれたのはホテルの一室だった。
正気に戻るなり、かみなりさんはいつもの調子で怒りを口にした。
殺し合いなどという馬鹿げた遊びに、知っている子供も含めた多数の人が巻き込まれている。
これ以上主催者達の好き勝手にさせるわけにはいかない。
ずっとこの部屋に鍵をかけて潜んでいればしばらくは生き残れるかもしれないが、かみなりさんはそんなことをするつもりなどなかった。
「何か強力な武器があれば、老いたワシでも戦える!! 」
そんな期待を込めて開いたナップザックの中には・・・・・・
「なんじゃ、こりゃあ・・・・・・」
どうみてもハズレだった。見た目の印象は、よくおもちゃ売り場で売っている子供向けの魔法の杖。
まあ、何もないよりはマシかもしれないが武装としては心もとなかった。
(銃とは言わないまでも、せめてナイフくらいは欲しかったのお・・・・・・)
そう、落胆にくれるかみなりさんの耳に、見知らぬ女性の声が響いた。
『How do you do, my master ? 』
「ひいっ!!」
敵襲かと思って飛び上がる。しかし、当たりには誰の姿も無い。この部屋にいるのは自分と・・・・・・
『Should not we behave early ? 』
「まさか・・・・・・お前が喋っているのか? 」
かみなりさんはその杖を見下ろす。
『Yes, of course』
「ま、待て待て、ワシは尋常科しか卒業しておらんので英語などさっぱりだから・・・・・・」
『Then, how will you do next, master ?』
「だから、わからんというのに!! 」
『You are temperamental』
「ちょっと待て、今のは流石のワシでもわかったぞ!! 」
怒りに燃えて、その杖を床にたたきつけるかみなりさん。
杖は、悲鳴に近い声を出して真っ二つに割れた

【一日目 0時半】
【7−C リゾートホテル】


【かみなりさん@ドラえもん】
[状態]:健康
[装備]:レイジングハート
[道具]:支給品一式
[思考]
1:なんじゃこりゃあ?
2:この殺し合いを止める。特に知り合いとは早く合流したい

【レイジングハート@魔法少女リリカルなのは】
[状態]:重症


813 : ◆hXvyVozAPo :2007/02/23(金) 21:58:19 ID:OB/mtx8l
>>793
うはwwwwwwwwww
俺も参加させられてるw
つーか俺こんなカッコよくねえw

814 :天から来るもの:2007/02/23(金) 22:21:57 ID:K/gvO2rS
古びた街灯が照らす薄暗い空き地
子供の遊び場であったろうその場所は、今や恐怖と支配の緊張感で支配されていた

「な、中島なにかの冗談だろ?そ、そんなもの下ろせって、なぁ…」
「磯野はバカだなぁ〜。あんな大声で身内を呼ぶなんて、ははは」
坊主頭の少年はその場の雰囲気に押しつぶされるように地面にへたり込んでいる。
へたり込む少年に向かってボウガンを構える眼鏡の少年。
「無力で怯えた小学生がここにいますよーって、言ってるものじゃあないか。まぁ、昔からバカだっけ」
「わ、わかったからさぁ…僕がバカで構わないよぉ。だからそれを下ろせってなっなっ?」
なぜこんなことに?中島は僕の親友で、よく野球をして、一緒に怒られて…
でもっ…これがあの中島っ?
怖い…なんで僕に弓矢をむけるの?とにかく怖いっ!!!!!!

「ふはは、それが同級生に見せる態度かい?なっさけないなぁ〜」
「よぉし、長年の付き合いだ一つチャンスをやろう」
中島が眉間に狙いを定めていたボウガンが宙を向ける
「え?チャンス?助けてくれるのかい?中島っ」
「だっから!単なるチャンスだって言ってるだろう、磯野っ」
「ぐはっ!」
助けてくれると思ってすがりついた中島の足が大きく振られ、顔面に勢いよく蹴りが入る
「ぶっ、ぶばぁ…なじで?ながじばぁ…」
大量の鼻血が噴きだす、呼吸ができないっ
「僕の言うこと聞いたら助けてやるって言ってんだよぉぉおおお、分かるかい磯野ぉぉぉおお!」
「な、なじをずればいいの?、なんでぼするがらぁ〜〜!」
うまくしゃべれない、歯も折れているかもしれない…
中島は返り血を浴びないように、一歩下がりながら悠然と話し続ける
「磯野っ、サザエさん殺してよ。君もここにお姉さんが来てるの知ってるんだろう?名簿にあったもんなぁ」
「ヴェ?なんでねぇさんを?」
「僕は優勝したいんだ、そのためには出来るだけ無傷で参加者を殺さなければならない」
「弟の君相手ならサザエさんも油断するだろう?」

僕に姉さんを殺せだって?
なんてことを言うんだ…中島の眼が、眼鏡が光って見えない
眼を見たい、そんなの冗談で言ってるんだろう?中島…
「なぁんだ、出来ないのか磯野?いっつもサザエさんの悪口ばかり言ってるのに、日頃の恨みを晴らすチャンスじゃないか?」
「ぞ、ぞんなごといっでも…姉さんは姉さんだじ…」
「じゃあ、用無しだな…死ねよ、磯野っ」
ガチャリという音とともに中島がボウガンを眼前に構えなおす
僕はもう死ぬんだ…姉さん、お父さん、お母さん、ワカメ、タラちゃん、タマ……えぇと……えぇと…マスオさんっ
自分を狙うボウガンを直視できずに頭を抱え伏せる
もう…だめだ



815 :天から来るもの:2007/02/23(金) 22:24:34 ID:K/gvO2rS
「チェエストォォォーーーッ!!」
突然、上空から奇声が降ってくる
「ぐあっ!ぼ、僕の腕がぁぁぁあああ」
坊主頭に何かが滴り落ちる、抵抗のない地肌を伝い、顔を流れる
血?誰の?
恐る恐る見上げるとそこには、片腕を落とし鮮血を流す中島がいた
そして、中島に向かい合う形で長髪の優男が光る剣を構えている
「バトロワの重力の井戸に引き込まれるのはごめんだ、そうだろ少年っ?」
「え?は、はいっそうでずっ」
何を言われたのかサッパリ分からなかったが、何故か心から同意する自分に驚いた

「上空から不意打ちだとぉぉ?卑怯なっ。しかし僕の武器は飛び道具だ、さらに僕には野球で鍛えた反射神経がある!」
片腕を失いながらも冷静な中島が、俊足で植え込みに駆け込んだ
「さらにっ!!その光る剣失敗だったなぁ!死ねぇ、ロン毛野郎っ」
ビンッ!!!
矢の放たれる音が空き地に響く
「あぶばいっ!…」
「案ずるな少年っ、そこぉっ!!」
ブーゥゥン、ビインッ
暗くて全然見えなかったのに、ロン毛の男の人はいともたやすく矢を弾いてしまった
「ちなみに言わせてもらうが、これは近接戦闘だけができるわけではないらしい」
光る剣を繁みに向けると、不意にその刀身が光線となって発射された
「ぐぅああああああ…」
「そういうことだ、すまないな中島」



816 :天から来るもの:2007/02/23(金) 22:25:26 ID:K/gvO2rS
僕のことを助けてくれたのはシロッコさんという人らしい
確かに名簿にも名前があった
話を聞くと僕が大声で姉さんを呼んでいたときから、頭上の木の枝に隠れていたらしい
「少年、いやカツオ。君はお姉さんのことを随分と信頼しているらしいな、どんな人物か教えてもらえないか?」
「姉さんですか?普段はおっちょこちょいで怒ってばかりなんですけど、本当は一番の家族思いで…」
「で?」
「面白くってみんなのことをグイグイ引っ張って行ってくれる町内の人気者です」
「そうか、カツオわたしは人類をより良い方向へ導けるのは優れた女性だと思っている」
「はぁ…」
「ふふふ、分かったふりをしなくても良いのだよ。まずは君のお姉さんを探しに行こうか」
「は、はいっ!」
はっきり言っておかしい人かもしれない
でも、いちお助けてくれたし、姉さんを探してくれるとなったらついていくしかないっ
それに…なにかひきつけるものがあるんだよなぁ、この人


【H-4 空き地 1:30】
【磯野カツオ@サザエさん】
[状態]:顔面軽傷
[装備]:ボウガン(元中島の支給品)
[道具]:支給品一式
[思考]1:サザエを探す
2:シロッコについていく
自分の支給品の確認はまだです

【H-4 空き地】
【シロッコ@Zガンダム】
[状態]:健康
[装備]:ライトセーバー@スターウォーズ
[道具]:支給品一式
[思考]:1:優秀な女性を探し、生き残らせる
2:サザエという女性に魅力を感じる
3:主催者打倒の可能性を探る


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)