2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スクールランブルバトルロワイアル9

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 03:55:48 ID:gb5s5pO9
過去スレ
スクールランブルバトルロワイアル企画スレ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1154778020/l50
スクールランブルバトルロワイアル1
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1156428111/l50
スクールランブルバトルロワイアル 2学期
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1157296492/l50
スクールランブルバトルロワイアル3
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1157782197/l50
スクールランブルバトルロワイアル4
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1159962219/l50
スクールランブルバトルロワイアル5
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1163107013/l50
スクールランブル・バトルロワイアル 6学期
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1164901909/l50
スクールランブルバトルロワイアル7
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1166538877/l50
スクールランブルバトルロワイアル8
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1168004079/l50


仮まとめサイト
http://netabaremk2.fc2web.com/brmain.html

データサイト
スクールランブルスレ@2ch、分校。
http://tenma.web.infoseek.co.jp/

下記のルールを守れない方はこのリレー小説への参加・閲覧をご遠慮下さい。
・モニターの向こうにいるのは同じ人間です。相手を過度に刺激したり傷つけないよう、発言はマイルドに。
・書き手も読み手もお互いを尊重しましょう。どちらもいなければリレー小説は成り立ちません。
・荒らし目的の投稿や発言は完全無視しましょう。また、そういった目的の作品はNGとなります。
・派閥の話は控えましょう。また、他の派閥を攻撃・批判するような発言はやめましょう。
・よそはよそ、うちはうちです。他のパロロワと比べて〜といった意見はやめましょう。
・過去の作品を物理的な矛盾以外で蒸し返すような事はやめましょう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 03:57:05 ID:gb5s5pO9
書き手のルール
・まず、まとめサイトの基本ルールを読みましょう。また、予約ルールは必ず守って下さい。
・矛盾がある場合、修正や破棄を求められる場合があります。その場合は応じて下さい。(正・破棄対象の矛盾については作品のルール参照)
・予約がされていた場合、予約されたキャラを後々自分が使うなど言って予約者を混乱させないようにしましょう。
・また、作品投下後に「この展開だと自分の話が書けない」といった文句を言うのはやめましょう。
・自分の気に入らない展開という理由で批判をするのはやめましょう。
・読み手があってこそのリレー小説です。常に読み手がいる事を意識し、投下前に十分推敲して下さい。
・自己リレーは出来るだけ控えましょう。しかし他に書き手がいない場合などはその限りではありません。(自己リレーする時の注意点は投下のルール参照)
 自己リレーかどうかの判断は、以下の例に従って判断して下さい。
 例)自分が書いたキャラAの投下後に別の作者が他のキャラBCDをAの近くに移動させた場合
   →Aを書いた作者がABCDの話を書く:自己リレーに当たらず。
   →BCDを書いた作者がABCDの話を書く:自己リレーに当たる。
 要するに、自分の投下後に他の作者が自分の投下キャラの状況に変化を齎す場合は自己リレーに当たりません。
 逆に、自分が投下して生じた展開に更に連続で他のキャラを絡めた場合は自己リレーとなります。


読み手のルール
・自分が気に入らない展開という理由で書き手を批判するのはやめましょう。
・書き手があってこそのリレー小説です。書き手の創作意欲を削ぐような批判や誹謗・中傷はやめましょう。
・NG・修正要請の必要を感じても発言はマイルドにお願いします。厳しすぎる言葉は作者の創作意欲を削ぎます。
・ルール違反や荒らしでもない作者を追放・批判するような事はやめましょう。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 03:58:17 ID:gb5s5pO9
投下のルール
・本編を投下する際、必ずトリップを付けて下さい(ネタや番外編はその限りではありません)。
・書きたいキャラを予約することができます。
 予約:書きたいキャラを指名し、トリップを付けて宣言する。後日作品を投下する際はトリップを付ける。
     期限は72時間。それを過ぎても何の意思表示も無ければキャンセル扱いとなります。
     ここで言う予約とは話が完成していてあとはプロットするだけの段階で行うものです。
     もし期限に間に合わない場合、必ずキャンセルかいつまでに投下できるかという意思表示をお願いします。
 予約延長:期限は24時間。但し、他に書きたいという方が出た場合は譲って下さい。
 ※遅すぎは困るので出来るだけ早めが無難です。投下が無理なら早めに予約を解除して下さい。
・もちろん予約されていないキャラの話ならば突然投下大歓迎。予約されたキャラがいたら諦めて下さい。
・自己リレーを行う場合、募集開始から3日以上空けてからお願いします。
 予約宣言を必ず行い、また自己リレーである事を明記して下さい。
 宣言後1日経って他に書きたいという人が出なければ、それから3日以内に投下をお願いします。
・キャラを握っておいて様子見云々を発言するのはNG 。
 やるなら黙って、ただしそれで状況が変わって書いた話がパーになっても泣かない
・住民から修正が必要と判断された場合(基準は作品のルール参照)、書き手は修正宣言を行なって頂きます。
 宣言は作品投下から24時間以内に行なって下さい(行なえなければ破棄となります)
 ※但し、修正が必要な理由が投下24時間以降に発覚した場合は、その限りではありません。
 修正宣言から24時間以内に修正版を投下して頂きます(投下先はまとめの方にお願いします)。
 その時間を過ぎると破棄扱いとなる為、ご注意下さい。
・予約期限、修正期限が切れた後も再投下をする事は認められますが、再び予約する事はできません。
 ※誤字・脱字の修正などの場合宣言は不要です。まとめの掲示板にどうぞ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 03:59:32 ID:gb5s5pO9
参加者名簿一覧 【計43名】 現在7名
○…生存 ●…死亡

男子                                 女子
●1:麻生 広義                          ○1:一条 かれん
●2:石山 広明                          ●2:大塚 舞
●3:今鳥 恭介                          ●3:音篠 冴子
●4:梅津 茂雄                          ●4:城戸 円
●5:岡 樺樹(おかっぱ)                   ●5:鬼怒川 綾乃
●6:烏丸 大路                          ●6:嵯峨野 恵
●7:斉藤 末男                          ○7:沢近 愛理
●8:菅 柳平                            ●8:周防 美琴
●9:田中 一也                          ○9:高野 晶
●10:奈良 健太郎                       ●10:種田 芽衣子(ダメ子)
●11:西本 願司                         ●11:塚本 天満
●12:野呂木 光晴(のっぽ)                ●12:砺波 順子(隣子)
●13:花井 春樹                         ●13:永山 朱鷺
○14:播磨 拳児                         ●14:塀内 羽根子(ハネ子)
●15:冬木 武一                         ○15:三原 梢
●16:坊乃岬 大和(坊主)                 ●16:結城 つむぎ
●17:三沢 伸                           ○17:雪野 美奈
●18:飯合 祐次(メッシュ)                 ●18:寄留野 香織
●19:吉田山 次郎                       ●19:サラ・アディエマス
●20:天王寺 昇                         ○20:塚本 八雲
●21:東郷 雅一                         ●21:ララ・ゴンザレス
●22:ハリー・マッケンジー

【以上22名】                             【以上21名】


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 04:08:25 ID:gb5s5pO9
生存者名簿一覧 【現在7名】 (43名)
男子                                  .女子

○14:播磨 拳児       ::○1:一条 かれん
                      :○7:沢近 愛理
                       :○9:高野 晶
                        ::○15:三原 梢
                                 ::○17:雪野 美奈
                         :::○20:塚本 八雲


【以上1名】                            ::::【以上6名】


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 04:12:00 ID:gb5s5pO9
>>5
ずれた
やり直す

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 04:18:42 ID:giirqd41


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 04:20:56 ID:gb5s5pO9
生存者名簿一覧 【現在7名】 (43名)
男子                                  .女子

○14:播磨 拳児       ::○1:一条 かれん
                      :○7:沢近 愛理
                        :○9:高野 晶
                        ::○15:三原 梢
                                  ::○17:雪野 美奈
                         :::○20:塚本 八雲


【以上1名】                            ::::【以上6名】


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 04:21:40 ID:gb5s5pO9
ありゃ・・ゴメン誰か直して・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 05:25:56 ID:gb5s5pO9
生存者名簿一覧 【現在7名】 (43名)
男子                                  .女子

○14:播磨 拳児                     ::○1:一条 かれん
                                    :○7:沢近 愛理
                                    :○9:高野 晶
                                    ::○15:三原 梢
                                       ::○17:雪野 美奈
                              :::○20:塚本 八雲


【以上1名】                              ::::【以上6名】


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 05:26:56 ID:gb5s5pO9
お騒がせしました><

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 10:42:40 ID:sbQoOxg4
ちょっと見ない間に男は播磨一人かよ……

そのへんの二次SSにありがちな播磨ハーレムじゃん
よくこんな展開をここの住人は受け入れたな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 10:48:37 ID:JnzVfaVe
>>12
播磨が開始早々ミニガン乱射で男子皆殺しとかやったんならともかく、リレーの結果だし。
しかもハーレムって言っても播磨に何らかの気がありそうな女子は半分もいない。
その上高野達はいつ乱戦になるか分からんし、沢近や八雲や三原も何かの拍子に壊れたっておかしくない。
ハーレムはまず無理と思うよ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 12:28:33 ID:NMvjTtVP
ところで今更な話だけど
三原って今鳥のことを別に好きとか、そーいう感情じゃないんだよね・・・。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 13:19:46 ID:XKOjac8Z
トレジャーファイルによるとそうだね。
まあこんな状況だから、普段友達だと思ってた人が急に好きになっちゃったとかそんな感じって事で。

ロワが無事終わったらキャラの人気投票とかやりたいなあ。
人気がありそうなのは男子じゃ今鳥、烏丸、西本、東郷辺りが人気あるのかな?
女子だとやっぱ隣子?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 13:46:56 ID:r8AUjMDZ
ハラミ人気高そう

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 14:00:13 ID:fw96VBrg
SMコンビも捨てがたい

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 15:30:27 ID:LYkUoS1y
まとめサイトの作家スレで、予約してる人に対し
内容をあれこれ聞いてる人(予想つくけど)がいるようだがそんなのあり?

どんなネタでも投下したもの勝ち、それで構想中のネタの
つじつまがあわなくなるなら修正か破棄するのが普通で
それが嫌なら先手打って投下すべきと思うのだが

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 17:04:51 ID:giirqd41
つか播磨や八雲はよく寝るな
むしろ他キャラが寝なさすぎなのか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 17:17:54 ID:DWxOhrbg
二人とも原作でもよく寝てるじゃないかw


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 17:37:35 ID:giirqd41
あー確かにw

22 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/27(土) 18:08:42 ID:Q6tlg18x
高野雪野一条沢近を予約。

だいぶ残り人数が減ったな。
そろそろ誰か黒幕書いてくれないか?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:10:10 ID:sZ5aHmAX
>>22
ありゃ、先を越された。
期待してます。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:34:09 ID:9oB7CIEG
黒幕か……黒幕は出ないけど関連ネタならあるにはあるけど
正直やりすぎ感が否めない話になってしまうんだよなー

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:35:58 ID:sZ5aHmAX
黒幕を書いた後でNGになる可能性はありますか?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:37:42 ID:tqY+btaO
今までの話に矛盾しなきゃ良いんじゃないかな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:40:41 ID:9oB7CIEG
>>25
もちろんあるっしょ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:04:17 ID:wSZC1MB4
黒幕に関してはよっぽどおかしくないかぎり通ると思われる
難しいっていうことは皆わかってるし

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:24:30 ID:ia1UToxo
そういえば沢近は放送直後、高野らは最大20時なんだよな

城戸を殺した後すぐメールで連絡とろうとしただろうに(おそらく西本らも生きてた)
そのへんの時間差をどうするかが面倒かもしれない

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:37:39 ID:NMvjTtVP
>>30
西本達が生きてた時間帯の話を作って、西本達を登場させることは出来ないのか?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:37:55 ID:r8AUjMDZ
仁丹が黒幕ならチェーンソーが使えるんだが

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:38:50 ID:r8AUjMDZ
>>30
盗聴していた先生たちの回想でなら使っていい気がする

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 19:53:47 ID:9oB7CIEG
>>29
あくまで18時から20時だけどな

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:53:29 ID:1Odr39bt
西本たちってパソコンみてるヒマなかったから大丈夫じゃん

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:58:45 ID:YatPnYuj
つかインカムの子機も耳に取り付けてなきゃ気づけないよな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 21:37:14 ID:I0Qk8M59
放送から烏丸戦に決着つくまでセリフ量を見ても1時間もかかってない
同じく放送から沢近が城戸を殺すのは30分すら経過してない
意外と時間帯近いんじゃないかね

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 09:27:31 ID:Qiv0+6l9
◆bYE 氏
予約期限1/28(日) 16:33
播磨

◆X7WkoU氏
予約期限1/30(火) 18:08:
高野雪野一条沢近

38 : ◆bYERsdX5HA :2007/01/28(日) 09:46:06 ID:tOUexcJQ
播磨予約してた者ですが。
ちょっと話が◆X7WkoU氏の作品によっては矛盾が生じる可能性が出てきたので一旦予約を破棄します。
◆X7WkoU氏の作品投下後に矛盾がおきないようであればまた改めて予約させていただきます。
その間に他の方が播磨を予約しても結構です。
ご迷惑おかけしました。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:32:55 ID:Vbx9/GQj
◆X7WkoU氏に都合が悪かろうが関係ないんじゃ?先出し優先。
変な前例ができることになるからやめてほしいところ

もちろん◆X7WkoU氏が先に投下したら◆bYE 氏のほうが修正に追われることになるが

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 10:53:03 ID:fpzlBaXX
高野たちまで予約にいれるべきだったね

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 11:17:47 ID:fPE8iK1Q
>>38
構わず投下しても良いと思うけど。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 12:25:26 ID:3yZ63itN
なにもこの時期に◆X7W氏はいつも早いからそろそろ投下くるかもよ

43 :訂正:2007/01/28(日) 12:29:07 ID:3yZ63itN
◆X7W氏はいつも早いからそろそろ投下くるかもよ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 12:39:26 ID:iBwY1sf8
◆X7W→7w→7笑い→七福神
とか思ってしまった

ハイハイ、チラ裏チラ裏

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 14:55:45 ID:aDzS2zib
◆X7W氏は予約期限ぎりぎりをいつも見計らって投下というイメージがあるかな
とにかく期待

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 15:39:09 ID:FYcRpokj
>>45
それたぶん◆X7M9O2x/96氏と勘違いしてる
◆X7W氏はわりと早く投下する人だぞ
ちなみに◆X7M9O2x/96氏も前回は繋ぎだけど早かった

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 17:49:03 ID:g8Y2ZmKG
コテハン似すぎで区別付かないよママン

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 19:37:10 ID:RO0GuRAs
そういや今生きてる中で
播磨を殺人鬼と勘違いしてるのはハラミだけだな

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:12:33 ID:Wcq2OiBo
まとめてみた

一条:沢近・高野・播磨を警戒?
沢近:播磨を警戒してた(過去形?)
高野:全キャラ警戒
播磨:高野を警戒?
三原:播磨を警戒
八雲:不明
雪野:高野を警戒

ざっとこんな感じか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 20:39:29 ID:QIZ//3eV
播磨包囲網ってなんだったんだろうか結局
沢近花井ララあたりにかこまれてボコボコにされる播磨を助ける烏丸とか
期待してたがそうもいかなかった

ハリーらマーダー大量死亡のどさくさで
あっさり包囲網解除されちゃったんだよな

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 23:41:09 ID:nz/NC1xF
>>50
西本が沢近の誤解を解く展開はよかったと思う
そこから西本や烏丸が名探偵よろしく播磨の誤解を紐解いていくのを期待してたんだが・・・
設定が生きる前に死んでしまったからどうしようもないな

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 00:28:13 ID:UQNXbNCQ
死者をもうちょっと抑えて、中盤は播磨の誤解を解いていく方向で
物語が進んでれば播磨が空気と言われることもなかったかもしれん

天満周防が死に高野と烏丸の対立が明確になって
もうそれどころじゃなくなったからなあ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 00:36:57 ID:kzc4Knba
スクロワでも播磨は十分濃いべ
ただ天満好きがわざわいして空回りしまくりだが

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 01:33:10 ID:P8TG9ItE
しかしココはX7WwwzkoUU氏やRHLa6nIQ9U氏のようにどんな展開になろうが物語をうまく繋げてくれる
書き手が多いので安泰だよ。他の過疎ロワはこういう人材がいないから過疎るケースが多いしね
この二方はしっかり原作も読み込んでるようだしね

まあ逆に言えば展開ありきの方もいるしブレイカー(サプライズメイカー?)の方もいるわで
書き手の種類は抱負といえば抱負。GEI氏のように特定キャラに偏った書き手の人もいたな。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 01:49:56 ID:dXyCkKQd
つなぎの作者ってやっぱ大事なのか?
個人的には話を進めてくれる作者のほうが貴重だと思うんだが


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 02:01:19 ID:0Q6IxLx0
積み重ねがなきゃ壊せるもんも壊せないからな

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 02:59:34 ID:cuezpBmH
話進めるのも繋ぎで土台作るのもどっちも居なきゃロワは立ち行かんよ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 12:28:02 ID:gsjFYB9r
繋ぎがないロワは物語に深みがでない。
ゼノギアスのディスク2みたいな感じになる。。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 13:18:39 ID:h3fiWx0J
たとえがマニアックだよママン

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 13:35:12 ID:SsdhGxL2
例えるなら長編ラノベの1クールアニメみたいになる

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:15:31 ID:a6ijUpUT
繋ぎでいいから誰か投下来ないかな

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:19:13 ID:cp2P/7Js
うまく回収されたと思った伏線や、
アイテムや設定の意外な使い方ってこれまでどんなのがあった?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:22:57 ID:a6ijUpUT
三原日記かな
明確なアイテムじゃないけど、これで三原には個性が生まれた

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:35:20 ID:tpFgm5s+
ドジビロンストラップだな
あれを使った今鳥とイチさんの作戦には驚いた

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:46:19 ID:OUHVL8G5
SMが天満達の荷物を隠す→花井と八雲が回収という流れ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 18:48:52 ID:+VQYUMOm
>>65
アレはちょっとご都合主義だと思うぞ
上手くもないし意外でもない
まぁそういう優遇されると見えないフラグが立つんだが・・・

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 19:10:41 ID:OUHVL8G5
>>66
そうか?
少なくとも俺はDefect読んだ時はそんな展開考えつかなかったし、その後は二人の書き手のリレーを経てはじめて成立した展開だろ?
あれをご都合主義って言ってしまえば、もうどんな展開も考えられない気がするんたがな。銃とか手に入れた訳じゃあるまいし。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 19:31:14 ID:+VQYUMOm
荷物を隠す=それを拾うフラグ
荷物ない=補充するフラグ
こんだけ重なれば普通思いつくかと

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 19:32:04 ID:Z3mty5Z/
結局サラがリピーターだった意味はあったか?
脱出の案があるでもなく、マーダー撃退するでもなく…

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 19:42:53 ID:cp2P/7Js
サラの「リピーターならでは」っていうシーンはないな
前回はこんな支給品があったとか、どこへ移動するといいかとか
経験者らしい意見が皆無。
田中と会ったときはかなり期待できそうな感じだったのに。
「つぶれてしまったのが惜しいと思ったフラグ・設定」
で募集したら上位にくるかもしれん

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 19:53:16 ID:OUHVL8G5
>>68
いやまぁ、そう主張するんならそうでもいいけど。
SMと袴の動きは個別に見ても自然な流れだから、結果がご都合主義と同じものでも過程は立派な伏線回収だと思うけどな。


実際、皆はどんなものはご都合主義と判断する?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:17:34 ID:yODf7N0i
>>71
花井と八雲の荷物回収はちょっとだけご都合と思ったかな
荷物が簡単に見つかりすぎたし
まぁ結果的に悲惨なことになったから、仕方ないけど

つかご都合といえばって言うのを挙げようとしたけど空気悪くなるだけじゃね?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:29:17 ID:OUHVL8G5
そだね。
すまん、話を戻そう。

サラのリピーター設定はなぁ…。戦闘が二・三回あればもう少し生かせた気もするが。
つうか途中まで、麻生とサラと周防がスクライドの劉鳳とシェリスと水守みたいになる悪寒がしてた…すまんわかりにくい例えで。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:35:28 ID:FojonX2g
花井とつむぎと周防で劉鳳とシェリスと水守みたいになって欲しかったな俺は。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:45:04 ID:szlRsPvT
じゃあ俺は天満と奈良と烏丸で劉鳳とシェリスと水守!

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:52:52 ID:yVMEFD4d
花井と八雲の話で良かったのはリレーがしっかりしてるのもあるな。
その前の話で一条がフェードアウトしてこの二人の話に終始しているし。
袴コンビでしかできない話だったし、うまい展開だったと思う。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:00:18 ID:YbevxiCI
サラのリピーター設定もそうだけど
冴子ももう少し場をひっかき回して欲しかった気がする、田中ともども少し早すぎる最後だったなと

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:04:09 ID:Ezw8JhC3
リピーターってのはある意味最大の生存フラグだからな
それだけでかなり殺しにくくなるし、少なくとも中盤までの生存は約束されたも当然

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:13:03 ID:cp2P/7Js
原作の川田みたいに実力がともなってないと
生存フラグにはならない気がする

どういう意味じゃ、リピーターにふさわしいのはララとか東郷とかハリーとか
あのへんだったのかもしれんなw

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 21:50:28 ID:FojonX2g
>>77
冴子の毒牙に田中がかかっていたならば、おまけで18禁SSが見れたかも(ry

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 01:26:38 ID:3sb/a+IB
そういえばロワ系のSSを批評してくれるスレがあるんだが、
ここの書き手さんたちはちっとも名乗り出ないね

まともにロワを終わらせようと思ったり2ndを考えてるなら
今後のために行ったほうがいいよ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 01:32:49 ID:DCMmZStQ
あのスレ俺が立てたけど、まだ行く勇気が出ない
つかテンプレで日本語ミスりまくって、あそこ行くと毎回凹む

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 01:51:38 ID:QldSuG18
GEI氏に一任してればサラの設定もじっくりと生かせただろうに・・・。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:32:57 ID:KWPRU3+e
>>83GEI乙

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:36:05 ID:hd7s+e/+
しかしあのあと麻生が発狂して花井に打ち込んだシーン
あれはフラグ折りで最低レベルの駄作だったな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:41:48 ID:BclCAk+T
>>85
いや、俺はそっちよりも
西本と烏丸が同時にズガンされたシーンの方がフラグ折り・史上最低レベルの駄作だと思うな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:45:04 ID:QSWt4I6U
どう考えても防空壕最強

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 02:51:49 ID:DCMmZStQ
お前さん方が好きなキャラはわかったからもう止めろよ
そんなことは一回言えば十分だろ。もう何度目だよ……
キャラに強い思い入れがある人や、大人になりきれない人はロワに参加すべきではない
スレが荒れて皆が迷惑するだけ。色んな意味で空気を読もうぜ
民度が低いとか言われるのは悲しすぎる。浮いたままで終わりたくないだろ

89 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:41:02 ID:llq/bt/E
さて、出かける前に急いで投下といこう。

タイトルは、【人殺し達の共演】

90 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:41:38 ID:llq/bt/E
「なんでよ……城戸さん」
 眼下に横たわる城戸だったモノを見つめながら、沢近は問いかけた。
 返事なんか返ってくるはずもなく、聞こえるのは風の音だけで鼻につくのは硝煙の匂い。
 自分の手についたそれは消えることなく、これからしばらくの間つきまとうのだということを沢近はわかっていた。
 洗い流すつもりはない。洗い流したからといって、ハリーと城戸を自分が殺した事実は揺ぎ無いのだから。
 城戸の顔は、もう原型を留めていない。
 修学旅行で仲良くなったはずの、友達。こんなことなら、ずっと仲が悪いままの方がよかったかもしれないと思ったところで、それは適わないことだ。
「アナタ、馬鹿よ。なんでこんな道を選んだの? なんでわざわざ……」
 城戸が選んだ道は、最も忌まわしく、最も汚らわしく、そして最も苦しい道。
 愛しい人の死を生きる糧にするという、絶対必敗の修羅の道。
 それは沢近が一番よくわかっていた。なぜならその道は、かつて自分が播磨を殺すことで進もうとしていた道そのものに違いないのだから。
「貴女の事、私は許せない。嵯峨野さんを、梅津君を殺したのは貴女。……でも」
 気付くと、沢近は泣いていた。悲しいわけではなく、苦しいわけではない。
 その感情は、恐怖だった。もしかしたら自分が、城戸になっていたかもしれないという恐怖。
 播磨を殺してしまっていたら、自分はどうなっていたのだろうという仮定への恐怖。
「……私達の違いは、引き金を引いたか引かなかったかだけなのかもね」
 愛しい人を自分の手で葬った後に何を思うのか、引き金を引かなかった沢近にはわからない。それは幸運なことに違いない。わからないことがこれほど嬉しいことなど、ほかには存在しえないだろう。
 それを知ってしまった城戸を、しかし可哀想だとは思わない。彼女は自らそれを望んだのだから、彼女自身もそう思われたくはないのだろう。
 変にプライドの高かった、城戸。沢近はそんなところも自分と城戸は似ていると思った。修学旅行まで仲が悪かったのはきっと同属嫌悪の一種に違いないだろう。そう思うことで、自然と納得がいく気がした。
 でも、だからといって、城戸と自分は同じではない。そう沢近は思っていた。
 とった行動は同じでも、結果が違う。城戸には止めてくれる人がいなかった。でも、自分にはそれがいる。
 頭に浮かんだサングラスでヒゲの男の姿が、沢近の心を落ち着かせた。
「……私は、貴女と同じ道は歩まない。二度と、あんな思いはしたくないから」

91 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:42:11 ID:llq/bt/E
 城戸のもっていた銃を持ち上げ、彼女のリュックの中から役に立ちそうなものを取り出して自分のリュックにつめる。
 播磨や西本、それに高野や他の友人達の為に、今は立ち止まらずに進むしかない。
 もちろん、人を殺すということが悪いことだということはわかっている。
 でも、そんな教科書どおりの道徳観念なんて今は役に立たないのだ。自分が殺されれば、他の皆を助けることは出来ない。
 人殺しを野放しにしては、自分と自分の大切な人が危ない。それは嫌だった。
 自分が、そういったエゴのもとに動いているということを沢近は受け入れていた。だから、城戸の死からは目を逸らさない。供養はしないが、それでももう一度だけ彼女の死体を一瞥する。
 あの世というものがあるのなら、梅津君と再開できればいいねと思っている自分の甘さは、偽善のようにも思えたけれど。
 そんな部分も含めて、沢近は今の状況を理解していた。後悔するのは、全てが終ってからでいい。その後なら、どんな罵倒をも甘んじて受けよう。
 そう決心して、沢近は立ち上がる。
「さて、と。随分、時間かかっちゃったわね。……H-03はどうなっているのかな」
 放送を聞く限りは、ホテル跡前を出発した時からもう何人かが死んでしまっている。
 その内の何人かはきっと、H-03で新たに出た死者なのだろう。そうだとしたら、このままノコノコとその場に顔を出すのは間抜けな行為なのかもしれない。
 銃を二つ持っていたとしても、身体は一つだ。集団との戦いは、どう考えてもこちら側が不利。
 だからこそ情報が欲しい。沢近はその旨と、そして自分が城戸を殺したという事実を打ち込んで、パソコンへとメールを送信した。
 隠していても仕方がない。パソコンがあれば、その事実は一目瞭然なのだから。

92 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:42:58 ID:llq/bt/E
 しかし五分待っても返信は来ない。
 バッテリー節約の為に一時的に閉じているという可能性も考えられる。そしてもう一つの可能性として、今はパソコンを見られない事態になっているということだってある。
 考えたくはなかった。しかしもしその可能性を考慮したなら相手はH-03にいた集団か、もしくは、烏丸ということになる。
 高野は無事なのだろうか? 西本は、一条は? そして播磨は――。
「アイツがっ! ……あの殺しても死にそうにないヒゲが、そう簡単にやられるわけないじゃない」
 嫌な考えを頭から追い出し、沢近は携帯をもう一度見つめた。
 とりあえず、まずはこのままH-03に進もう。首輪の番号を調べるためには、それが一番の選択だ。
 歩いているうちに連絡があるかもしれないし、もしなかったとしても見つからないようにゆっくりと進めば危険性は少ないだろう。
 播磨のことは、信じるしかない。
 つい数時間前までは彼を疑って止まなかった自分が、今度は彼を信じようとしている。
 呆れるほど、どうしようもない。けれども、そんな今が決して嫌ではない自分がいる。
 無事にこの島から逃げ出すことができれば、ちゃんと播磨に謝ろう。
 謝って謝って、そして言いたいことを言ってすっきりしたら今度は紛らわしいマネをしたことをしっかりと謝罪させよう。
 そう決めて、沢近はH-03を目指して歩き出した。
 信じるものをもつ彼女の歩みは歪むことなく、ただ真っ直ぐと目的地へと向かっていた。









93 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:43:50 ID:llq/bt/E
     ※    ※    ※    ※    ※





 軽い供養を終え、荷物のある場所へと戻った一条はリアカーの横に腰を下ろしていた。
 これからの行動としては、まず播磨と連絡を取ること。そして、パソコンの機能を確かめること。
 しかしまずその前に栄養補給が先。そう提案した高野に従い、一条は食事を取っている。
 死者のリュックからすぐに食料を漁る気にはならない。雪野は自分のリュックからクロワッサンを取り出していたが、一条は高野から貰ったコロッケパンをほおばっていた。
 高野は、メロンパンを食べながらなにやら考え事をしているようである。一条の頭の中は、様々な思考が入り混じってもうわけのわからない状態になっていた。
 いや、一つだけわかっていることがある。それは、自分が烏丸と西本を殺したという事実。
 過去は覆らない、やり直せない、元に戻らない。自分は人殺しだ。西本と、そして烏丸と同じく、さらには――今鳥を殺した、あの二人と同じように。
 生きると約束した。嵯峨野がしたかったことをすると、今鳥の分も生きると。夢の中の話かもしれない。それでも、確かに約束したのだ。
 彼らを裏切ってはない。自分は、まだ生きている。生き続けている。生きるために、もがき苦しんでいる。
 だから人を殺した。穢れてしまった。
 人殺しを放っておいては、自分が殺されてしまう。殺意を持って人を殺したものは、罰せられるべきなのだ。
 ……しかし、自分だけは例外なのだと、一条はそう言い聞かせる。
 自分はそうしたいのではなく、そうしなければならないから人を殺すのだ。
 約束を果たすため、人殺しは排除する必要がある。だから自分は人を殺したって、穢れたって構わない。一条は、そう思い始めていた。
 彼女にとって、夢の中の今鳥の言葉は全ての行為の免罪符だ。
「雪野さん。本当に大丈夫ですか?」
 先ほどから、雪野はクロワッサンに口をつけていない。
 クラスの中でも、雪野と砺波は仲のよい二人だった。だからきっと、砺波が死んだせいで元気がないのだろう。
 砺波を殺したのは、高野だ。でも、それは故意ではない。
 彼女には砺波を殺す気はなかった。殺そうとして殺したのでないなら、それは罰せられるべきでない。
 烏丸を殺そうとはしていたが、実際に彼を殺したのは高野ではない。だからそれも、罰せられることではない。
 だから今は高野を罰することはしない。一条は、そう決めていた。自分の考えに矛盾が生じていることにも、論理が歪になっていることにも気付かずに。
「……大丈夫だよ」
 顔を上げてそう答えた雪野の目は、一条には向けられていなかった。
 その目線は一条のはるか後方。つまり、高野のほうへと向けられている。
 雪野の顔色は明らかに悪かった。しかし、瞳だけはギラギラと輝かせて、気味の悪い笑みを顔に張り付かせていた。
 一条には、かける言葉が見つからなかった。こんな顔を、以前どこかで体験したような気がする。
 それがどこなのか、誰のものなのか。その顔を作った張本人である一条がその場で気付くことはなかった。
 戸惑う一条を尻目に、雪野はゆっくりと立ち上がり、一歩ずつ高野の下へと進む。
「……確かに、つらい。つらいけど」
 高野はもうメロンパンを食べ終えたらしく、播磨に連絡を取るためにとインカムをいじっていた。
 しかし近づいてくる雪野の気配を感じ、作業の手を止める。
 その顔には、労る様な優しい笑みが浮かんでいた。一条は、それに激しい違和感を覚える。
「悪いのは、全部烏丸君! ねっ、そうなんでしょ? 高野さんは、そう言いたいんでしょ?」
 不自然なくらい明るい声色で、雪野はそう言い放った。

94 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:44:48 ID:llq/bt/E
 高野の顔が、一瞬だけ歪んだ。一条も、雪野の行動の不可思議さに首を捻る。
「それとも順子が悪いのかなぁ? ねぇ、そうなのかなぁ? 『高野さんは、そう言いたいのかなぁ』?」
 先程よりも、大きな声だった。高野の笑みに、少しずつほころびが見え始める。
 雪野は、人を殺していない。つまりは、穢れのない存在。
 多少不可解な行動をしたとしても、それは彼女が悪いのではなく、状況が悪いということに違いない。彼女が何かをしようとしているなら、自分はそれを見届けるべきではないのか。
 一条は、そう自分自身に問いかけた。そして答えは、もちろんイエスだった。
「……どうしたの、雪野さん」
 高野が、ゆっくりと雪野に尋ねる。
 それを聞いた雪野は、低い声でくくっと笑っていた。笑って、そしてさもおかしそうに言い放つ。
「私は何も変わってないよ。だって私は――」
 その後に続く言葉を、一条は知っていた。
 雪野の生きている意味。雪野が持つ罰せられぬ価値。それはある一点に集約されるから。
 そう。自分や、高野とは違う。雪野は――
「――私だけは、誰も殺してないもの」
 ――彼女だけは、清いままなのだから。
 
 一条はゆっくりと、雪野の横へと並ぶ。
 先程と同じ笑みを顔に貼り付けている雪野と、先程までの笑顔が崩れている高野。
 この光景があまりにも奇妙で、一条は言葉を発することができなかった。
「そうだよ、高野さん」
 雪野はそれでも独り、語り続けた。
「その顔。いつもの高野さんは、そんな顔をしてたよね。さっきみたいな、嘘くさい笑顔じゃなくて」
「……ああ、そうか」
 一条は先程の違和感の原因を理解した。そういえば、高野と同じクラスになってこの一年、あんな不自然な笑みを浮かべる姿など見たことがなかった。
 嘘くさい笑顔と言われて、妙に納得してしまう。
「……雪野さん。大丈夫だから」
「何が? 何が大丈夫?」
 ゆっくりと言葉を選ぶように話す高野と、思いのままに話しているような雪野。
 普通なら、雪野を落ち着かせるのが横にいる一条の役目なのだろう。でも、一条には止める気などさらさらなかった。
「こんなことになってしまったけれど……。いえ、こんなことになってしまったから、私が貴女を」
「守ってくれる、とか? あぁ、そう言えばそんな約束もあったっけ……」
 もう一度、雪野はくくっと低い笑いを漏らした。
「私を守る? どうやって? また罪もない人を殺して?」

95 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:45:40 ID:llq/bt/E
「……砺波さんについては、私も悪いと思っている。でも、あれは」
「仕方がなかった? 防ぎようがなかった? そうやって、高野さんはこれからも殺すの? また人を殺すの? また順子を殺すの?」
「……雪野さん。私だって、そんなこと言われたら怒るよ」
 高野の顔が、みるみる険しくなっている。
「怒ってどうするの? 怒って、そして……今度は、私を殺すの?」
 高野の目は、驚きで見開かれた。雪野は相変わらず笑っている。
「ほら、殺してみてよ。ほら。ほらっ。ほらっ!?」
「貴女いい加減に……!」
 高野が立ち上がり、雪野の胸倉を掴もうとする。
 その瞬間、一条は高野を押さえつけていた。
「やめてっ! 高野さんっ!」
「くっ! 離してっ」
 雪野に危害を加えることは、許されない。彼女が傷つけられるのも、人を傷つけることも、許してはいけない。
 一条はそう考えていた。だからこそ、ここで高野を止めた。
「雪野さんも。もう止めましょう? これ以上こんな話続けたって……」
 なるべく穏やかな声で、そう告げる。しかし雪野の一条を見る目は、まるで汚物を見るようなそんな目をしていた。
 しかし今の自分は、そんな目で見られるだけの理由を持っている。
「西本君を殺したのは、誰でしたっけ?」
 そう。西本を殺したのは、他でもない一条自身だ。
「西本君に逃げろって言われて、それでも銃口を彼に向けて、烏丸君もろとも撃った人は一体どこのどなたでしたか?」
 吐き捨てるように発せられた雪野の言葉を否定することなど、一条にできるはずもなかった。それは事実。疑いようもない、自分の罪。
 でも――その事実は認めるとしても、雪野に一つだけ伝えなくてはならないことがある。
 それは、自分が今鳥達と交わした約束のこと。
 その約束があるから、自分だけは人を殺しても罰せられないのだという自分なりの論理。
 それだけは伝えなくてはいけない。そしてそのことを、この清いままでいる雪野に認めてもらえれば、自分の行為は正当化される。
「雪野さん……」
 腕の中で、高野がじたばたともがいている。雪野と話すには、この存在は邪魔でしかない。
 だから、一条は高野を後ろに投げ捨てて黙らせた。
 そして、真っ直ぐに雪野と向き合って、ゆっくりと口を開いた。

 ――が、一条の口から言葉が発せられることはなかった。
 なぜなら雪野は一条を無視して、高野の方に駆け寄っていったから。
 そんな雪野の姿を見て、高野はまたあの不自然な笑みを浮かべた。そうして、放つ言葉は、いかにもわざとらしく、そして。
「痛っ……。あぁ、雪野さん。私は、大丈」
 そして、途中で途絶えた。

96 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:46:39 ID:llq/bt/E
 雪野は高野の下へは行かなかった。高野の下ではなく、彼女の隣へ。そうしてしゃがみこみ、何かを拾い上げた。
 雪野の背中に隠れて、一条からはそれが何なのかわからない。わからないが、高野の顔が形容しがたいものへと変貌していくのは見てとれた。
「……あれぇ、高野さん。これ、な、何?」
 心なしか、雪野の声が震えている。
 高野の瞳に焦りが見えた。彼女は視線を雪野から一条へと移し、助け舟を求めるかのように口をパクパクさせやっとのことで一言だけ搾り出す。
「……違うのよ、一条さん」
「何で一条さんに話すんですか高野さん! ……ま、まずは私に何か言うことがあるのでは?」
 そこで、はじめて一条は雪野が何を持っているのかわかった。
 彼女が握っているのは、銃だ。それも今まで見たことの無い形。誰の支給品の中にも、存在していなかったはずの銃。それが、ここにある。この状況は何を意味するのだろうか。
 答えは一つ、高野が銃を隠し持っていたということだ。
「……雪野さ」
「聞きたくない」
 必死で弁明しようとしている高野を、雪野は許そうとはしなかった。銃こそ突きつけてはいないもの、その指は引き金にしっかりとかかっている。
 一条も、すでに高野を信じることはできなくなってしまっていた。
 ふと頭に、死ぬ間際の砺波と烏丸が言っていたことが思い出される。大塚を殺したのは、高野だという彼らの言葉を。
「高野さん。もしかして……」
 一条を見て、そしてまた雪野を見て。高野は、ゆっくりと立ち上がった。いつも通りのポーカーフェイスに戻った彼女の顔は、でもどこか恐ろしいものに思えて。
 一条は身構える。この間合いなら、もう一歩踏み込んできた瞬間に確実に高野を押さえつけることができるから。
「すみません、高野さん。詳しく、話を聞かせてもらえますか?」
 高野は危険。そう、一条は結論付けた。彼女は、もしかしたら罰を受けるべき人間なのかもしれない、と。
 まさに絶体絶命といった状況だろう。しかし、それにも関わらず高野は。
「……フッ」
 笑っていた。さっきの不自然な笑みではなく、いかにも高野らしい不敵な笑い方で。
 一条があっけに取られたその瞬間、高野は右手を思いっきり振り上げる。
「きゃっ!?」
 それは、目潰しだった。右手に握られた砂が、一条の顔めがけて投げられたのだ。
 一条は人並み外れた反射神経でそれをガードする。ガードの為に目の前に掲げた右腕を避けた時、しかし高野はすでに一条の間合いからはだいぶ遠ざかっていた。
「待ってっ! 高野さんっ!」
 このまま、高野を逃がしてはいけない。それでは、新たな被害者が出るかもしれない。
 そう思い、一条は追撃の体勢を取る。しかしそれは、か弱い力によって阻止された。
 制服の裾を、雪野が掴んでいたからだ。その顔は下を向いていて、表情まではつかめない。
 高野と違い彼女を投げ飛ばすわけにもいかず、どうしたらよいか一条が悩んでいるところで、雪野が言葉を発した。
「……追いかけてどうするんですか?」
「どうするって……」
「また、殺すんですか?」
 嘲るような、そんな感情を含んだ雪野の一言に、一条の心は揺さぶられる。
 殺すなんて、自分だってしたくはない。でも、しょうがないことなのだ。それは正しいことなのだと、そう伝えなければいけないと思った。


97 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:47:57 ID:llq/bt/E
「雪野さん。違うのよ。私は、私だけは……」
 自分だけは、人殺しを殺しても許される。その免罪符を持っている。
 そう主張すべく放たれた一条の言葉は、またも雪野に遮られる。
「殺されて、殺して」
 いつの間にか、裾からは手が離されていた。いや、離されたというより、もうこれ以上掴んでいることができなかったのかもしれない。
「また殺して、殺されて……」
 雪野の声は、やはり震えている。
 今度は身体全体が揺れている。支えるために手を伸ばすだけで壊れてしまいそうな彼女に触れることができなく、ただ立っていることしかできない一条は、雪野が全てを吐き出すまで待っていることしかできなかった。
「誰かに頼りたくて、でも誰も信用できなくて」
 雪野が、顔を上げた。
 涙と鼻水とで、ぐちゃぐちゃになってしまっている。その顔には、悲しみや、悔しさや、寂しさや、苦しさ。そういった負の感情が詰まっていて、思わず一条はそこから目を逸らす。
「……ねぇ、一条さん。教えてください」
 そんな一条の下で、雪野は崩れ落ちた。
 きっと彼女の中で、何かが崩れてしまったのだろう。そう思いながら、一条は目の端で雪野の姿をとらえていた。
「皆を殺して生き残るのと、黙って殺されることを待つのでは、いったいどっち……が……」
 そんな質問に答えることができるはずもなく、一条はただその場に佇む。
 これからどうするべきか、何ができるかなど、一条にはわかるはずもなかった。





     ※    ※    ※    ※    ※





「・・・・・・ち」
 高野は走っていた。
 北へ向かい、今はただ一条と雪野の前から姿を隠すことが必要と判断したからだ。
 計画は、徐々に狂い始めている。
 どれもこれも、放送であの正義馬鹿の死が告げられてからの出来事だ。
「・・・・・・・・・・・・ちっ!」
 手駒を失った。武器を失った。食料を失った。
 失ったものが多すぎる。何もかもが悪い方向に向かっていた。
 これではいけないのだ。自分は、奪う側でなくてはいけない。
 だから高野は走った。もう一度体勢を立て直し、そして全てを終らせるために。
 九死に一生を得るとは、このことかもしれない。そう思いながら、高野は左手に握られたインカムを見つめた。
 コレさえあれば、巻き返しは十分に可能だろう。あの正義馬鹿と同じ位単純なもう一人の馬鹿なら、うまくすれば新たな手駒にできるはずだから。
 それしか挽回の手段はない。親友のツインテールが一瞬だけ思い出されたが、高野の心を動かすことはなかった。
 もう、高野に後戻りは許されないから。

98 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:52:16 ID:llq/bt/E
【午後:18〜20時】


【一条かれん】
【現在地:E-03】
[状態]:疲労大、極度の精神不安定状態。人殺しに憎悪。
[道具]:支給品一式(食料0、水1)、東郷のメモ
     シグ・ザウエルP226(AT拳銃/残弾15発)、インカム子機
[行動方針]:生きる。何があったとしても。
       パソコンをチェックしなければとも思っているが……。
[備考]:自分なりの正義の下に動く。嵯峨野から逃げ出したのかは未だ不明

【高野晶】
【現在地:E-03】
[状態]:疲労(特に精神面)、どこか虚脱感。警戒態勢。
[道具]:支給品一式(食料0)、薙刀の鞘袋(蛇入り)
     雑誌(ヤングジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。臭い)
[行動方針] :播磨を言いくるめる。
[最終方針] :全員を殺し、全てを忘れない。パーティー潜伏型。反主催の妨害。

【雪野美奈】
【現在地:E-03】
[状態]:疲労、極度の精神不安定状態。高野への依存と憎悪が入り乱れる
[道具]:支給品一式(食料0)、工具セット(バール、木槌、他数種類の基本的な工具あり)
     雑誌(週刊少年ジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。脳震盪と嗅覚破壊のダブルパンチ)
[行動方針] :なし
[備考]:高野へは可愛さ余って憎さが百倍

【共通:盗聴器に気付いています。】

※薙刀・日本刀・ショットガン(スパス15)/弾数:4発・ドラグノフ狙撃銃/弾数9発は食事中はリアカーの横におかれていました。

 リアカー(支給品*2(食料11、水2)、雑貨品(スコップ、バケツ、その他使えそうな物))はE-03南部にあります。




【沢近愛理】
【現在地:G-03 分校跡付近の林】
[状態]:疲労。精神的疲労・不安定。返り血にまみれている。
[道具]:支給品一式(水6,食料9)、デザートイーグル/弾数:2発、携帯電話 、vz64スコーピオン/残り弾数20
[行動方針]:1.西本たちと連絡をとる。
         2.H-03の人間(死体含む。八雲>他)を捜して首輪を調査、西本に連絡する。一条を心配。
[備考]:播磨を信用しはじめている。フラッシュメモリの可能性を強く信じる。烏丸が大塚を殺したと認識。盗聴器に気付いています。
     一条が嵯峨野の死体を見つけたと勘違いしています(一条は死体の顔を確認していません


99 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/30(火) 07:52:58 ID:llq/bt/E
投下終了。
この時間帯には誰もスレをのぞいていないとみた。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 08:42:17 ID:gHFwRzcS
>>99
GJっす
やっぱ話の作り方がうまいなー
どんどん面白いほうに話が動いてますね
すっげー続きが気になる

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 08:48:07 ID:52f60vEq
乙でした
危険人物同士の戦いって感じでよかったです。
播磨利用されまくりww
あとインカムは高野所持かと思われます

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:09:15 ID:obJsckbG
城戸と沢近が修学旅行まで、仲悪かったなんて設定聞いたことが無い。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:12:07 ID:gHFwRzcS
>>102
一日考えてみろ
そんでマガジンでも立ち読みして頭冷やしてからもう一度読むんだ

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:13:29 ID:Wp8B75Cz
文化祭まで仲が悪かったんじゃなかったっけ?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 09:52:50 ID:gHFwRzcS
そうだな

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 10:16:44 ID:iMqYeh5T
それ、ネタバレの内容じゃねぇか。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 10:20:47 ID:AEGC9sSM
>>106
おまえ空気嫁よ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 10:33:21 ID:UueU4hAY
以下、>>106は見なかったことにしてスレ進行

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 10:46:10 ID:qhVAZS1u
>>104
今バレスレで確認してきた。

>>99はネタバレの内容を先取りしちゃったのか・・・。
紛らわしい事するなよ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 10:48:09 ID:HChL6DJ2
乙ー。

なんだが、パソコンは誰が持ってんだ?高野はインカムだけ持って逃げたっつーことなんかな

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 13:36:08 ID:svD7G5fg
乙!
しかし高野が急激にパワーダウンした上に凡ミスまでするとは……
なんか今まで積み上げてきた最強フラグが一気に壊れた感がする
装備無しは良いがもうちょい隙の無い感じの高野が見たかったよ

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 14:38:14 ID:q27IGvN6
まあ正義バカ死亡による気抜けフラグだよね
どんどんカオスになってきて個人的には好みの展開

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 15:15:31 ID:52f60vEq
沢近といい八雲といい、ちょっとずつ播磨のことを考える描写が増えてるな

これは大丈夫だろうか

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 15:59:12 ID:4k76Ivqn
>>99
GJ!
播磨は歩兵として活躍してしまうのだろうか? もしそうなら、お嬢対播磨が実現するやも知れん。
烏丸亡き今、一つの終盤の見せ場だろうか。

しかしなんだか、むりやり盛り上がりそうな展開ひねりだしたっていう苦労が見て取れて悲しいなw

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 16:06:59 ID:JVr0XNQu
いや、これはこれでフラグを拾ってると思うよ
高野は播磨や沢近をコマにする気満々だったし
しかし熱いよ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 17:53:22 ID:uMZMx3Vq
とりあえず気になった点が一つ。
沢近が城戸の首輪の番号を調べた描写が無いけど、ちゃんと調べてメールしたと考えて良いの?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:47:04 ID:UueU4hAY
つうか、気付いたらもう二日目の夜なんだな。
一日目の夜も投下スピード落ちたから、今後がちと心配になってきた。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 21:29:01 ID:BclCAk+T
俺ネタバレはチラ見程度だったから
>>99が勝手に「城戸と沢近は修学旅行まで仲が悪かった」という設定を作ったのかと思った。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 21:29:12 ID:52f60vEq
朝までに決着がつく勢いだから大丈夫だと思う

アイテムが豊富な雪野一条組、
知略と身体能力の携帯組、
体力温存中の八雲三原伊織組

ナポレオンと沢近がどこにつくかで勝敗が決まるな
脱出ENDはほぼ期待できんだろうが……

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 21:44:37 ID:rJg8hYho
もしかして、ナポレオンは焼却炉に置き去り?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 21:54:15 ID:nMkm0++y
ナポ・・・つД`)


沢近が八雲組と遭遇

ハラミがナポの存在を指摘

沢近「そういえば……」

三人で現場へ


こんな感じかな。
先を急ぐ沢近とナポ救出優先の八雲で揉めそう。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 22:09:57 ID:NxOI5pzs
>>98
乙です。高野もさすがに崩れ始めたか。
いい感じにカオスで今後が楽しみです

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 22:57:46 ID:BclCAk+T
>>122
唯一の武器がオカッパの遺品というのが、何とも皮肉だな。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:06:55 ID:NjDSqZgE
俺も>>116が気になった

125 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/31(水) 00:30:51 ID:eNEBDXMA
とりあえず、101、104、110、116を参考に修正を作ろうと思います。

ナポは置き去り。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 00:33:13 ID:C3EVaHik
◆X7WwwzkoUU氏だけはいつも予約期限より早く投下してくれるのがいいな
三日待たなくてもいいと思うと嬉しい

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 03:44:43 ID:anhtzslY
ナポ・・・・・一番可哀想なのはナポな気がしてきた。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 07:47:31 ID:dNtUCccw
もしかして沢近と八雲って遭遇する可能性あるのか?
出会った瞬間血を見ることになるな

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 13:19:00 ID:H+LGquWx
反主催対反主催だからなぁ…。
ハラミに期待

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 14:01:32 ID:/Gb8mJJu
このスレッドになってから投下1本・・・・
終盤で難しいのはわかるが、完結できるのか心配


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 15:56:02 ID:H+LGquWx
ここがたってから、まだ四日なんだぜ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 18:42:24 ID:/Gb8mJJu
>>131
そうは言ってもな。あの大量ズガンで人が離れたんじゃないかと心配してるわけだが
(開演の事ね)


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 19:17:55 ID:LLvhy0kz
まだ心配するような時間じゃない

134 :つまづき:2007/01/31(水) 19:20:29 ID:1M4CRnam
「あっ!」
高野は躓いてこけた。
運悪く大きな石がおでこにぶつかった。
「いたい!」
打ち所が悪かった・・・・・・。


【午後:20時】

【現在地:E-03南部】

【高野晶:死亡】


↑これおまけに入れて欲しいww

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:05:42 ID:u/IASxfx
しかし脱出させるとしても、そのためのフラグが不足しすぎてないかね
正直終盤になるここまでまともに脱出ルートが確立していない行きた以上
説得力のある脱出は難しいだろうな

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:20:11 ID:0xatwTf8
第五回放送後の作品で一番よかったのって何?
没ネタやおまけの作品のほうがよかったんだが


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:43:47 ID:anhtzslY
一番悪かったのは禁止な。

138 : ◆bYERsdX5HA :2007/01/31(水) 20:51:41 ID:ob2cdEhx
とりあえず大丈夫そうなので
もう一回播磨予約させてください

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:59:57 ID:sfyEOThg
>>138
期待してます

脱出ならなんとかなんじゃね

140 : ◆.Cb.m05RN. :2007/01/31(水) 21:01:47 ID:ipsRaoLz
高野、一条、雪野を予約します。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 23:05:53 ID:GlcsdQvh
原作じゃ3人いれば脱出できてんだしなんとかならんかね

142 : ◆X7WwwzkoUU :2007/01/31(水) 23:26:20 ID:eNEBDXMA
修正版投下しましたー。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 00:02:36 ID:b5B8IX1S
>>134
元祖ハカロワの『冗談のような出来事』を思い出した。

スクロワであーいうのが投下されても通るんかな・・・

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 00:19:24 ID:bnhl30ql
>>142 
乙です。。
>>138>>140 
頑張ってください!

播磨と沢近は禁止エリアの場所を知らないんだよな
まあ1時間経つまでは大丈夫だが。奈良のようにならんことを祈る

播磨「うああああああああ!!花井!天王寺!吉田!つかも」

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 01:08:25 ID:FEnwfNWC
晶姐さんとゆきのんがオカッパが残してくれた形見を、どう生かしてくれるのかに期待をしてるんだけど・・・
なんだ全然話題に上がらねぇな(´・ω・`)

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 02:30:23 ID:yVj05Xxe
脱出関係のフラグってどんなもんがあったっけ?
生徒側の教師がいる、中村がいるくらい?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 09:50:27 ID:3IZcVtpo
放送前に目を覚ます可能性もあるだろ>播磨

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 10:55:33 ID:T0VJlGz7
すべてが終わるまで目覚めない可能性もある

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 11:10:25 ID:dgWWx+ri
播磨君は今、夢見てるんだ。塚本さんの夢を見てるんだよ。きっと楽しい夢だと思う。
だから目が覚めないんだ。現実に戻ってきても塚本さんはもういないから…。
播磨君は塚本さんが好きだった。何としても護りたいと思っていた。
だから…それが叶わない世界には帰ってこない。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 13:51:15 ID:BY3uQ1/1
誰か144に突っ込んでやれよwww

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 16:32:59 ID:SGuB98Ij
>>144
お前は何を言っているんだ?
最初に呼ぶべき名は隣子に決まってるだろうが。    ・・・・・・こんな感じか?

さくらんぼメモの中身が明らかになるのかな。「プリンが食べたい」とか書いてたら俺は泣いてもいい。
雪野と一条のパソコンの機能は・・・・・・ゲームバランスを大破しない程度のもので頼むよ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 18:39:13 ID:MjA3jZvN
はりま しってるか からすまは かれーしかたべない

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 20:03:08 ID:8yfs31Bt
頑張って縦書きにしろよw

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 22:19:12 ID:S1lpu/fs
沢近や高野らばかり予約されるな
播磨はともかく、ハラミと八雲は人気ないんだろうな

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 07:38:43 ID:IT7EfjIu
とりあえず、
「誰も指摘しなかったけど過去の作品でおかしいと思う点」
でも挙げようか

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 07:43:10 ID:mMbpwTuy
おかしいと思う点……

ゴリ山って原作じゃ関西弁じゃなかったっけ
でも初登場(サバゲ直後)は普通だったような記憶が

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 07:46:45 ID:mC21Nybe
>>155
お前もう一回基本ルール見直してくれよ。頼むから。

>>154
ハラミと八雲は、沢近の動きでどう動かすかが変わってくるから。
そして沢近の動きも、雪野と一条がどう動くかで変わってくる。
中盤ってのはそれぞれのキャラを比較的好き勝手に動かせるけど、終盤になればなるほどそれができなくなる。
誰か一人の動きが他の全員の動きに影響を及ぼすから・・・・・・そこを書き手全員が理解していないと、完結は難しいな。
自分の思い付きを書いてみたいから、という理由の作品が連発されたらそれこそ優勝エンドしかない。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 18:59:55 ID:6TQJFm2t
>>157
優勝エンドじゃまずいの?
脱出か反主催で歩調合せるので確定?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 19:01:14 ID:0I4/N0Vd
早漏すぎ。そんなんわかってたら面白くないだろ

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 19:02:58 ID:6TQJFm2t
>>159
そういう事か。すまんかった

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 20:01:24 ID:mC21Nybe
>>160
コッチこそスマン、誤解を招くような言い方して。
終り方は、どんな終わり方でもよいと思う。

・・・・・・ただそれでも、しっかりとしたドラマがあってほしいと願う俺は自分勝手かもな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:32:11 ID:cDqTyhev
面白くて矛盾がなくて説得力があるならどんな終わりでもOK。…まあそれが難しいんだろうけど。
ところでさ、優勝or全滅で終わったロワはあるのか?
俺は完結したのDQFF1stしか知らないや

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:35:41 ID:JDh0Mueb
有名どころのどれみは優勝エンド

全滅エンド=主催側に乗り込むも全員返り討ち?
少なくとも俺は見たことないや

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:41:09 ID:+rx8KsJT
ハカロワッて何?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:43:58 ID:yzT9ILMH
ハカロワ=葉鍵ロワイアル
普通は全七冊の同人誌にもなった一作目をさす

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 21:56:08 ID:7Wa3dUWM
>>162
金八は全滅エンドで終わったな。

>>163
どれみロワって、どこで読めるか知ってます?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:09:42 ID:2p4rDg5l
>166
つ ttp://web.archive.org/web/20030111054913/http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/3529/doremiroyale.html

最初表示がおかしいが、エンコードを日本語にすれば直るぞ。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:33:06 ID:yzT9ILMH
>>167
これ張っとけばええやん…
http://www11.atwiki.jp/row/pages/27.html
通販の紙媒体版も面白かった希ガス

169 : ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:35:44 ID:BPqPr+IA
投下します

170 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:37:39 ID:BPqPr+IA
夢ってのは何回同じ夢を見ても覚えられないんだよな。
この手の夢はもう星の数ほど見てきた。
天満ちゃんとイチャイチャしてる夢を見ると、決まって天満ちゃんが別な奴に変わる。
それは花井だったり、マカロニだったり、吉田だったり。天王寺だった事もあった。
そんな事は分かりきってるってのに、夢を見ている最中は忘れちまうんだ。
案の定今回もそんな感じだった。
天満ちゃんを抱きしめていたら、彼女は突然俺から離れて走っていってしまった。
俺もそれを追いかけるが追いつかない。天満ちゃんはこんなに足が速かったか?そんな疑問が沸く。
その内に、天満ちゃんは光の中へと走り去ってしまった。
「天満ちゃん!行っちゃダメだ!」
そう叫ぶと俺も光の中へと入った。天満ちゃんはすぐに見つかった。あの後ろ姿、見間違えるはずは無い。
「天満ちゃん!」
俺はその背中を抱きしめる。天満ちゃんはゆっくりとこちらを振り返り…。
「何だ、播磨じゃないか」
何と俺が抱きしめているのは花井だった。
何でだぁぁぁぁ!…と、ここでこれはいつも通りの夢だとようやく気付く。どうやらまた忘れていたようだ。
「ちょ、おま、違……や……やめろ……花井……」
慌てて腕を解こうとする…が、花井の方から腕を解いてきた。
おかしい。いつもの夢では「実はお前が好きなんだ、播磨」とか言ってキスを迫ってきたりとかするのに…。
少し呆然と花井の顔を見る。
花井は何も言わず、僅かに笑みを浮かべる。そして俺に背を向け歩き出した。
「おい、ちょっと待てよ!」
声をかけるが、花井は聞こえてないかのように黙って去っていった。
どうなってやがる…。これは今まで見たことの無いタイプの夢だぞ?
そうだ、そんな事より天満ちゃんを…!と辺りを見回すと、そこにいたのは…。
「烏丸…!」
最も憎むべき相手、烏丸大路がそこに立っていた。
「人の夢にまで出張とはいい度胸じゃねえか!ここで決着付けてやるよ!」
夢の中で決着なんぞ付けてもどうしようもないが、それでもこいつは一発やらねえと気がすまねえ!
「喰らえ!播拳蹴!!」
俺はわき上がる感情を足に集中して渾身の蹴りを放つ…しかし、烏丸はいとも簡単に俺の蹴りをジャンプでかわしやがった。
空中で回転を決めると、静かに着地する。
「野郎…」
唾をペッと吐き、ファイティングポーズを取り直す…が、烏丸の方は全くの直立不動だった。
なめてやがんのかこいつは…と思った時。
「後は任せたよ。ハリマ☆ハリオ君」
烏丸がそう言うと同時に、目の前が光に包まれる。夢が覚めるんだ、と俺は思った。
くそ。俺は夢の中ですら、こいつに一撃を喰らわせられないのかよ…!

171 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:38:29 ID:BPqPr+IA
「烏丸ぁぁぁぁーー!」
播磨はそう叫ぶと同時に勢いよく起きあがった。
「ん…?」
やや朦朧としながら頭をさする。
「そうか、夢を見てたんだな…いつもとはちょっと違う感じの…」
そうだ、烏丸の野郎は…!と播磨は立ち上がって辺りを見回す。
烏丸は夢にも出てきてはいたが、意識を失う前にも対峙していた。
意識を失う前のことははっきり覚えていない。という事は自分は烏丸に負けたのだろうか?
だが戦って負けたにしては、体に傷や痛みは見当たらない。


――放送が流れたのは、その時だった。


放送を聞いた後、播磨は近くに放置してあった自分の荷物を回収し、辺りを彷徨った。
放送で呼ばれた名前の中には自分のライバルとも言うべき花井や、目の前で死んだハリーといった面々の名前もあった。
実は天満の仇である斉藤の名前もあったのだが、幸か不幸か播磨がその事に気付くことは無かった。
だがそういった名前を聞いても、播磨には何の感情も沸いてこない。
彼の心は、烏丸への憎しみで一杯だった。
「そうだ…あの野郎だ…全部あいつのせいだ…!」
俺と天満ちゃんの仲が進展しないのも。こんなふざけた殺し合いに巻き込まれたのも。天満ちゃんが死…
「くそっ…」
そうだ、烏丸だ。全部あいつが元凶だ!あいつを殺せば全部終わるんだ!
「どこにいやがる!烏丸っー!!」
もう体も精神も限界だった。多少睡眠を取ったからといって簡単に回復するような疲労ではない。
そんな播磨をかろうじて動かしているのが、烏丸への憎しみだった。
烏丸を倒そうという意識だけが、播磨を突き動かしていたのだ。

172 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:39:19 ID:BPqPr+IA
どれくらい歩いたのか。どれくらい進んだのか。もしかしたら同じ所をウロウロしているだけかもしれない。
地図を見る事も忘れ、播磨はひたすらに歩いていた。
「烏丸…烏丸ぁぁ…!」
その姿はもはや、高校に入って幾分か丸くなった播磨には見えない。
手が付けられない不良と恐れられていた中学時代の…いや、それ以上に凶暴に見える。
サングラスで分からないが、その目はとても重い憎しみに歪んでいただろう。
そして彼の足は、ある地点へと次第に近づいていった。


そこには、惨劇の痕があった。
手を胸の前で組まされ、仰向けに並べられた四つの死体。
播磨はその死体の顔を一人づつ見ていく。
まず最初に入ったのは、首の辺りを切られた男の死体。
確か高野と一緒にいた…岡だか小山?そんな名前の奴だ。
その隣には、随分と巨大な体格をした男。
「西…」
少しの間だが共に行動し、沢近と自分の確執をまとめ、自分のわがままを理解して単独行動をさせてくれた男。
「お前も死んじまったのかよ…くそが…」
さらに隣りに目を移すと、首から上が吹き飛んだ死体があった。顔は分からないが、体から女だと分かる。
さすがの播磨も思わず目を剃らしてしまうような酷い有様だった。
辺りに僅かながら残った髪の毛を見ると、金髪の持ち主だったようだ。
(金髪…まさかお嬢か!?…いや、あいつはもう少し背が高かったような気が…)
他に金髪の女生徒はいたかと播磨は記憶を探る。
(そういえば、烏丸の野郎と一緒にいた女が確か金髪だったような…)
烏丸と一緒にいた女が死んだって事は…。
播磨は一番端に安置された最後の死体を見る。

「烏丸…」

烏丸大路の死体が、そこにあった。


173 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:39:49 ID:BPqPr+IA
播磨は力無くその場に座り込んだ。
「はは…死んだか…ざまあねえぜ…」
最も憎むべき相手である烏丸大路は、自分の知らないところで死んでいた。
自分で手を下せなかったのは残念だが喜ぶべき事の筈だ。
それなのに。
(何で…何も思わないんだ?)
播磨の心にはそういった感情が沸いてこない。心を満たしていくのは虚しさだけだ。
「…まあ、そんな事はどうでもいい。烏丸が死んだ今、天満ちゃんを捜すことが俺の使命…」
そうだ。俺がやらねばいけない事はまだある。天満ちゃんを探して守らなければ。
あんな放送は嘘っぱちだ。そうでなければ手違いだ。天満ちゃんが死ぬわけない。
きっとどこかでまだ震えているはずだ。早く行って俺が守らなければ…。
それなのに。
「何でだよ…」
播磨は立ち上がる事が出来なかった。
「早く…天満ちゃんを…」
頭はそう言っているのに、体が言うことを聞かない。
「天満ちゃんを捜さなきゃいけないのに…」
思いとは裏腹に、播磨の体は固定されたように動かなかった。
「何で立てねえんだよ!チクショォォォっっっ!!」


本当は分かっていた。
死体となった人物の名前が呼ばれ。目の前で死んだ人間の名前が呼ばれ。
この殺し合いが始まって二日間、極限の状況を生き抜いてきて。
今さらあの放送が嘘だったんて。間違いだったんて。そんな事があるわけが無いと、とっくの前に分かっていた。
「天満ちゃん…天満ちゃぁぁん…」
認めたくなかった。あれ程愛して、あれ程想った人物がもうこの世にはいないという事を。
どこか諦めていた気持ちもあった。だがそういった思考を隅に追いやり、烏丸への憎悪で心を満たすことで何とかここまで来れた。
しかし烏丸が死んだ今、播磨が憎悪をぶつける場所はもう無い。
抑えていた感情が蓄積された疲労と一緒に爆発し、播磨は地面に突っ伏して号泣した。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:40:26 ID:P5UweEc1
>>164
これ。全てのパロロワはここから始まった。

ttp://hakagiroyale.nobody.jp/

175 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:40:27 ID:BPqPr+IA
目的は見失った。
ここまでは烏丸を倒し天満を守るという目的があったが、最早それは不可能になってしまった。

「俺にはやる事が無い…」

もう播磨と関係の深かった者はほとんど死んでしまった。

強敵『とも』だった天王寺も。
同じ女を好きになり(播磨は知らないが)拳と拳で争った東郷も。
一緒に海やキャンプに行くなどつるむ事が多かった今鳥も。
年末宿が無い自分に寝る場所を提供してくれた周防も。
自分と名前が似ていたり、体育祭のリレーで激闘するなど因縁が多かったハリーも。
何故かよく分からないまま戦うことの多かったライバル花井も。
そして烏丸も。
天満も。

みんな死んでしまった。


もう播磨を立ち上がらせる目的が無かった。
もう播磨を立ち上がらせるものが無かった。

「疲れた…」

何もかもがどうでもいい。そうだ、もう俺は疲れたんだ。何もしたくないんだ。
もういいんだ。休ませてもらう。



176 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:41:36 ID:BPqPr+IA
そんな事を思いながら仰向けに大の字になると、何かが右手に当たった。
「ん…?」
右手を見ると、腕の下にズタズタになったリュックが置いてあった。
開いた口から紙のような物が見える。
「何だこりゃあ?」
バッグから紙を取り出す。他の荷物はボロボロなのに、その紙だけは何故か何かに守られたように綺麗で。
見てみると、マンガが描いてあった。
絵柄には見覚えがある。いや、見覚えがあるどころではない。絶対に頭から離す事の出来ないこの絵柄。
二条丈――烏丸の描いたマンガだった。
あいつはこんな状況でもマンガを描いてやがったのか。おめでたい奴だ。本当にマンガが好きなんだな。
『いや、君は漫画を好きだ。好きじゃなければ、あんな物語を書けはしない』
烏丸の台詞がフラッシュバックする。
―俺は別に、マンガなんかどうでも良かったんだ。
『それでも、君は漫画を好きだ。それだけは、僕も譲らない。……僕も漫画が大好きだから、それだけはわかるんだ』
―うるせえんだよ。
もう俺がマンガを描く理由も無いんだ。俺のマンガを読んで欲しかった人は、もうこの世にはいないんだから…。


何ともなしに播磨はそのマンガを読み始めた。
―面白い。
そう思った。当然だ。
正体が烏丸だと分かるまで、播磨は二条丈の大ファンだったのだから。
彼にしてみれば不本意だろうが、マンガを描き始めたのは二条丈の影響もあったのだ。
読んでいくうち、播磨は知らず知らずの間に夢中になっていった。
続きを読もうとどんどん紙をめくっていく。
…終わりは唐突だった。中途半端な所でマンガは途切れていた。恐らくここまでしか描けずに彼はこの世を去ったのだろう。
「何だよ、ここで終わりかよ。これからが盛り上がるって所じゃねえか…」
無念だっただろうな。
話がこれからという所で強制的に打ち切られたのだから。自分の描きたかった話を描けない。マンガ界とは厳しいのだ。
描きたかった話が描けないつらさは、同じマンガ描きとしてよく分かる。


177 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:42:09 ID:BPqPr+IA
「俺のマンガは…」
ふと、自分のマンガの事を思い浮かべる。
「俺のマンガは、どこまで描いたっけかな…」

たしかあんなキャラを出して。
そこでこういう台詞を入れて。
そうだ、それからああいう展開に持っていって…。

播磨の頭の中で、マンガの構想が作られていく。

「…」

涙が出てきた。


「そうか…」
今気付いた。


「天満ちゃん…やっぱり生きてるじゃねえか」

彼女は生きていた。

播磨の中に。

播磨が思い描く、マンガの中に。

いなくなってしまった彼女は、そこにいた。

死んでしまった彼女は、間違いなくそこで生きていた。


――播磨君!


だから。

天満を生かすには。

マンガの中にいる彼女を生かすには、方法はただ一つ。

「それは、俺がマンガを描き続ける事…」

178 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:43:28 ID:BPqPr+IA
もう一度烏丸のマンガを読む。
彼は死んだ。
この続きはもう描かれることは無い。
それでも、これは烏丸の生きていた証…ここにいたことの証。

ならば、俺も彼女が生きていた証を刻もう。

――君は漫画を好きだ

そうだな。俺にはやっぱこれしかないみてえだ。
不器用な俺が、唯一彼女にできる事だ。

俺がマンガを描き続ける限り、天満ちゃんは生き続ける。
だから俺は死なない。絶対に。
生きて、マンガを描き続ける。


播磨は再び立ち上がった。
強い意思と共に。



決意を固めた播磨は考えた。生き残る手段を。
先程の放送を思い出す。
恐らく今生き残っているのは、男子では自分の知る限り吉田くらいだろう。
女子ではお嬢に妹さん、高野、高野と一緒にいた女、一条…このくらいか?
まずは吉田を探すか?
あいつの事だ、俺が命令すれば俺に協力するだろう。少しくらいなら役に立つかもしれない。

「そういえば…」
播磨は自分のリュックをみる。
自分はインカムを持っている。子機は西に渡しておいた筈だが、西が死んだ今は誰が持っているんだ?
「連絡してみる価値はあるな…」
もしかしたら、この惨劇を引き起こした張本人が分かるかもしれない。
そう思って自分のリュックからインカムを取り出そうとした時。
「これは…?」
リュックの中から、明らかに自分が書いたものでは無いメモを発見した。

「トナミジュンコ…?誰だそりゃ?」

179 :次号に続く ◆bYERsdX5HA :2007/02/02(金) 22:45:25 ID:BPqPr+IA
【播磨拳児】
【現在地:E-03】
[状態]:精神的、肉体的に疲労。返り血にまみれている。
[道具]:支給品一式(食料5,水3)、インカム親機、黒曜石のナイフ3本、UCRB1(サバイバルナイフ)、山の植物図鑑(食用・毒・薬などの効能が記載)、さくらんぼメモ、烏丸のマンガ
[行動方針]:1.さくらんぼメモを読む
       2.インカムを試す
       3.吉田山を探して自分に協力させる
       4.生き残ってマンガを描き続ける
[備考]:サングラスをかけ直しました。この期に及んで吉田山が死んだとは思っていません。
     烏丸はゲームに乗っていたと思っている。
     生き残る為の手段が最後の一人になる事か、主催に対抗する事かはまだ不明。
     上記の内容はメモを読んだことによって変わるかもしれません。




以上でした。
問題点などありましたらよろしくです。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:49:17 ID:mC21Nybe
まずは時間帯をいれてくれ

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:49:20 ID:Tw0anycQ
>>179
乙です。
とりあえず現在の時間をお願いいたします。
また、時間的には夜になっていると思われますが死者の判別やメモの確認を問題無く行っているのが気になりました。
月明かりにかざすとかそういう描写が欲しいと感じました。

182 :167:2007/02/02(金) 22:56:20 ID:2p4rDg5l
>168
すまん。そっち失念してた。

>179
乙です。時間帯は入れて欲しいかな。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 22:57:17 ID:mC21Nybe
隣子は茶髪

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:16:41 ID:1s90FVw5
>>179
ちょっと待って。
話の内容的にはとてもいいんだが、致命的な問題がある。

この話、E-03にいながら雪野、一条と遭遇しなかったってことは、二人が既に移動したことが前提になってるよね?
前の「人殺し達の共演」では二人はE-03にいたんだから。
すなわち、あなたは一条、雪野についても「人殺し達の共演」の続きの行動を書いたことになる。
(直接の描写はないが、間接的にそうなる)

しかし、今その二人は◆.Cb.m05RN.氏が予約してる。こっちも「人殺し達の共演」からの続きの行動となるはずの話をね。
つまり、あなたは他の人が予約してるキャラの行動を書いてしまってるわけだ。

これはまずいんじゃないか?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:26:18 ID:/lDwjCkI
>>184
遺体のある場所からは離れた描写があるが

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:52:20 ID:e4lfYoLt
>>179
播磨は烏丸がゲームにのったと思って憎んでいるのに、烏丸の言葉をきっかけにして立ち直るの?
砺波は茶髪じゃなかったっけ?
放送流れたら禁止エリア確認で地図見るだろ…。
大塚の死に際の言葉を無視するのは新手の手抜きですか? 烏丸の漫画って一体なんだったのかわかんねぇよ。

とりあえず、今ざっと読んだ感じではこんなところか。
ちゃんと本編全部読んでる?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:52:49 ID:SP2LUxMf
>>179
フラグ拾いまくりっすね。乙です
さくらんぼメモの真価が発揮されるのは次号なのか。気になる
それにしてもこれは吉田復活フラグか?

>>184
>軽い供養を終え、荷物のある場所へと戻った一条はリアカーの横に腰を下ろしていた
と、あるぞ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:53:37 ID:FZm+uhnQ
>>179
乙です
じっくりとした心理描写が凄い良かった
あと、まさか吉田フラグが回収されるとはwww

189 :184:2007/02/02(金) 23:54:50 ID:1s90FVw5
>>185
けど、遺体の場所と雪野・一条の位置がそう離れてるとも思えないんだが。

……まぁでも、確かに完全に同じ位置ではない以上、さっきの指摘は的外れだったね。

◆bYERsdX5HA氏、>>184は忘れてください。
申し訳ない。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:55:06 ID:vNqEkBXi
>>186
その言葉は開演作者にでも言ってやれ

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:59:40 ID:SP2LUxMf
>>186
大塚の言葉は烏丸がいない以上もうわからんさ
つかたぶん播磨は本気で烏丸を人殺しだと思ってない奇ガス

むしろ播磨が寝る前に呟いた言葉は拾えたかもしんないけど、あれも含めて謎のままの方がいいんじゃないかと

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:04:06 ID:pv9kSmnr
>>179
乙。隣子のメモを次に託したのはGJ。
>>186
憎しみが呆然に変わった後の心境なんだから、別に漫画を軸に立ち上がっても構わないだろ。
憎しみのままだったら君の言うとおりなんだけどね。ちゃんと読んでる?
砺波はスクランコミックスの扉じゃ金髪だったよ。ちゃんとスクラン読んでる?
放送流れたら禁止エリアを確認で地図をみるのが当然なら省略しても問題ないだろ。
それにそれが普通の行為なら播磨は普通じゃなかっただけで。ちゃんと読んでる?
大塚の死の際の台詞を無視って、播磨主観の話なら帰って載せたら不自然だろ。ちゃんと読んでる?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:11:37 ID:B3SRLNw8
金髪なのは試し書き氏の隣子じゃね?
どちらにしても修正するならそこくらいで>>186のレス内容は無視して良いレベル。口調も汚らしいし。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:12:01 ID:46bvDRlH
>>192
いやまて、他は知らんが隣子の髪だけは譲れねぇ。
コミックス9巻ではどうみても茶髪だった。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:13:16 ID:TKvtLMWS
>>179
乙〜そしてGJ
初め漫画なんてどうやってロワで生かすんだよwって笑ってたんだが、ここで生きてくるとはww
読んでて不自然な点は時間帯による行動の描写が少ないくらいかな?
具体的に言うと夜だから播磨のサングラス外すとか、死体の髪の毛の色なんて月明かりにでも照らされてないと見えないんじゃないかとか・・

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:14:02 ID:pv9kSmnr
>>193
>>194
すまん、隣子は確かに茶髪だった。アニメでもそうだったっけ?ごめん。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:19:51 ID:46bvDRlH
あと、あれだ。
呆然としているなら状態欄の「烏丸が〜」は消したほうがいんじゃね?とか思う
なんか本心はどうなのか混乱するし。
つか、播磨の心の中では「天満=播磨が好き」っていう構図が存在し続けるのか・・・ある意味幸せな奴www


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:21:51 ID:B3SRLNw8
アニメでも茶髪だったな。
http://www.h7.dion.ne.jp/~sankon/scr/tonari.jpg
修正要望は隣子と時間帯と時間帯による行動の描写不足と夜に対する配慮か。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:29:24 ID:PChoEWix
>>197
たぶん天満が烏丸のことを好きだって気づいてる感じじゃね?
修学旅行のとき完全に気づいてたし、
何より烏丸を殺そうとする時そんなようなこと言ってたはず

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:33:20 ID:46bvDRlH
>>199
いや、漫画の中で天満が生き続けるとか行ってたからさ。
播磨の漫画っていったら、天満に似た女の子が播磨に似た男の子を好きになるやつでしょ?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:34:37 ID:PChoEWix
あぁあれのことか
そう考えると幸せだなw

202 : ◆bYERsdX5HA :2007/02/03(土) 00:38:15 ID:Zgl5usQ3
時間は【午後:19〜21時】ですね。うっかり付け忘れてしました。
他にも修正点が多々あるようで、本当すいません。
・隣子は茶髪
・辺り暗いはずなのに判別つきすぎ
・サングラス外せ
・状態欄の「烏丸が〜」
とりあえず修正点はこの位ですかね?
早い内に仕上げたいと思いますので、またその時はよろしくお願いします。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:57:15 ID:PChoEWix
>>202
それくらいでいいかと思います
頑張ってください

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 12:09:34 ID:lgc4Sa6C
沢近→播磨や八雲→播磨はロワではほとんど触れられてないけど
播磨→天満はバリバリに有効なんだよな

メイン陣の恋愛描写は荒れる原因になるから控えるという
暗黙の了解があった気がしたがいいのか?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 12:56:16 ID:WxfPkTmG
現に荒れてないからいいんじゃね?
荒れる原因になるのも“メインの恋愛描写”というより“アンチと信者が大量にいて煽りやすい組み合わせ”だったわけだし

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 13:07:50 ID:GElFXw7r
むしろ播磨が天満を意識しないほうが荒れるだろw

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 13:32:19 ID:46bvDRlH
荒れる、というよりも天満を意識しない播磨はもう播磨とはいえないわなw

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 14:07:42 ID:D5gqBjy1
アニメの隣子は金髪だったと思うんだが…。俺の思い違いかな?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 15:55:32 ID:OdcGlFdj
>>208
ttp://www.h-opera.com/200604a.html
明るい茶色(金髪とも言える)

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 18:16:15 ID:LNGOrfWJ
お嬢が真の金髪なら隣子は薄い金髪って感じだが

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 19:22:03 ID:cbPRkTu2
生まれつきの金髪か、脱色して作った金髪かの違いじゃねー?

212 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/03(土) 20:22:32 ID:LcTUaHJq
大変申し訳ありません、延長申請いたします。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 23:10:52 ID:JXsmncUN
>>212 期待してます

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:52:35 ID:raPawED4
>>178
恐らく今生き残っているのは、男子では自分の知る限り吉田くらいだろう。

だーれもツッコんでいないけど・・・奈 良 は (゚Д゚) ?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:53:55 ID:LnB/y+RQ
今は過疎ってるのか、高野・雪野・一条の行動が沢近・播磨、ひいてはハラミと八雲に響くから
予約できないだけなのか気になる。それとも両方?
構想練ってる書き手はいるんだろうか

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 01:00:26 ID:h8efc9LT
>>214
ヒント:自分の知る限り
多分播磨は奈良の事なんて忘れてる

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 08:58:43 ID:LBF5mAG3
まとめサイトの感想スレに変なのが湧いてる件

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 09:17:23 ID:ekTZoR8M
ああ、どっかから沸いた空気の読めない厨だろ。
無視しときゃ消えるだろ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 11:14:54 ID:raPawED4
没ネタの烏丸話にも変なのが追加されている件

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 12:14:17 ID:0QgMbDXP
交流所でのサラの紹介を見ると、本当に惜しい設定だったと改めて思う

最近休日の投下がないな。
一人の行動が他キャラにも影響を出すんなら書き手同士が集まって
談合したほうがよくないか

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 12:15:36 ID:5ifHNtk2
>>215
ヒント:学生は今、試験期間

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:07:55 ID:LBF5mAG3
>>219
あれは許容範囲だと思ふ
まぁ、変っちゃ変だかw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:43:32 ID:frZNO3CR
◆bYERsdX5HA氏、大丈夫ですか?
修正期限をかなり過ぎてますよ…

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 19:15:10 ID:2FA/ZsaZ
べつに気にすることない
他作品が来たら上書きされるだけのこと

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 20:24:50 ID:Bc/SXYhD
両氏とも投下は月曜以降になるだろうからそれまでは動きなしか

黒幕をなんとかすればちょっとは書き手さんの負担が減るか?

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 23:11:50 ID:hRPK2Ily
正直、播磨と天満の絡みを見てみたかったけどな・・・。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 23:32:42 ID:mCeqUC1k
いやそこは寧ろ烏丸と天満だろ
そう思うと返す返すも烏丸の退場が残念でならない

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 00:37:39 ID:Kjzfzuud
こうしてみると、結構名残惜しい、活かせなかった原作設定ってあるんだな
こりゃ1stが煮詰まって終了、2nd以降もありえるか?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 00:41:46 ID:4f2tPj4Q
王道・真王道・縦笛・茶道部・etc…スクロワ内で見れなかった絡みは多々あるな
でもロワの定めゆえしょうがないんだよなぁ……
と、そんな時こそ冥界ですよ。ここでダメハネに冥界レポートを期待してみるぜ

230 : ◆bYERsdX5HA :2007/02/05(月) 01:01:53 ID:+o4K9YmG
まとめ掲示板の方に修正版を投下しておきました。
遅くなってしまい申し訳ありません。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 01:40:33 ID:5gdfy9JY
>>229
マイナーな所だとアソスガ・星・虹・スガサガ・学級委員・AV・デビルマン・永石・鳥ハラミ・波乗り・ドナルド・ダメ花
真下克上・吉沢・その他・ヌカだく・・・・・・・


挙げればキリが無いなww

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 06:51:00 ID:6YD9WywQ
狂人つむぎを止めるのは、花井ではなく冬木って展開を考えていたことはある。
まぁ、つむぎはあっけなく死んでしまったわけなんだが・・・。

>>227
それが見たかったなら、むしろ悲しむべきは天満の退場じゃんwww
天満が死んだせい(おかげ?)で、だいぶ殺しやすいキャラが増えたと思う。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 13:20:45 ID:KAseA3ho
>>220
その設定を生かし切れてたのはGEI氏くらいだったのに閉め出しちゃったからなあ・・・

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 13:42:48 ID:RmamnUvJ
いつもの人は今日もスルーだね。

烏丸vs播摩とかは播摩が完調の時に見たかったなぁ、というのはある。
奈良が超進化した時は、奈良vs播摩とかもあるかと思った。
カレリンとゴリの対決は最初からありえないけど、もしあったらスクロワ最大級のバトルになっただろうな…

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 14:03:42 ID:qqOwFzUv
沢近VS八雲を未だに期待している

けどそうなったら完全に反主催消えるよな

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 15:57:02 ID:znLqkGZ6
消えるもなにも元からないような物だろ

大体沢近と八雲ごときで何ができるんだよ
反主催は冬木と西本と烏丸殺した時点で終わったんだよ

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:11:47 ID:MKZ0idnC
ちなみにほかのバトロワで脱出ENDしたやつって何がある?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:20:50 ID:+XI3vNQN
むしろ脱出じゃない方が珍しい
優勝ENDのとこも、はじめから誰を優勝させるか書き手同士で決めてから進行してたらしいし

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:31:27 ID:5gdfy9JY
>>236
俺はもう東郷が死んだ時点で脱出ENDは諦めていた。

>>238
ということはここの書き手さん達は計画性が無いということですか・・・。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:34:15 ID:+nS/c0Z+
いや、しかし喧嘩にはならないかもしれないが、それは退屈そうだ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 16:44:14 ID:XEDJTx8A
他所は他所

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 17:15:21 ID:6YD9WywQ
気付いたら、◆.Cb.m05RN.氏はかなり延長時間をオーバーしてるのね・・・・・・。
もう上書きも遠慮せずにやっていいってことか。

まぁでも、今書いているにしろ諦めているにせよ、三日で完成する算段なしに予約するのは止めたほうがいいと思う。
上書きってのは普通の予約よりもしづらいものだから、他の書き手の構想を邪魔することになってしまうし。
一日くらいの延長なら気になんないけど、それ以上はちょっと避けたほうがいい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 17:18:14 ID:+XI3vNQN
過去に完結(成功)したロワの事例なんか、他所様を参考にする以外勉強する方法がないだろう
何でもかんでも「他所は他所」と意固地になってたら成長しないぞ

まあここまできたら「打ち合わせなしでも完結できます、しかも優勝ENDです」なんて
前人未到の結果を出して欲しいところだけどな。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 18:32:28 ID:SJD3a/dg
>打ち合わせなしでも完結できます、しかも優勝ENDです
この状況だと半々の確率でそうなるよ

まあ過去ログを見た限り、優勝END=どれみは最序盤の「バキの母親の死体おんぶ」ネタを
決戦までに否定・置換可能な意見が出なかったから、という消極的理由と思われ
書き手陣の間に「とにかく作品投下だ、走れ!」てな空気があった事も一因だが


245 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/05(月) 18:44:47 ID:vxXHL3oL
お待たせして大変申し訳ありません。
今夜中には必ず投下いたします。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 18:56:53 ID:JxHQ8qxr
打ち合わせのチャットで荒れるロワもあるからな……

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:06:11 ID:XjaxJC9Z
てか書き手同士が集まろうという姿勢すらみせないのはどうかと
いっぺん誰か呼びかけてみたらいいのに

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:39:52 ID:iJMcHEzz
集まって話し合ったら出来レースになりそうで嫌だな

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 21:44:58 ID:JxHQ8qxr
何で偉そうな第三者に言われて書き手が集まらなきゃならんのか誰か教えてくれ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:03:58 ID:MKZ0idnC
249>
それだけ期待してるってことだ
分かってくれや

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:46:29 ID:kTom9NWw
典型的な末期症状だな
多くの書き手が反主催の芽をことごとく潰した甲斐あったか

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:48:27 ID:DSkP117N
なら普通に優勝EDか全滅EDでええやん。
多くの書き手が反主催を潰したんならそれで丸く収まるだろ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 22:58:56 ID:iJMcHEzz
誘導が好きな奴らだな
そういう風にいうと逆効果って知らないのか?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:01:03 ID:DSkP117N
この状況で反主催にいけるならそれでもええやん。
どうでもええやん。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:04:46 ID:6YD9WywQ
「なるようになる」
その一言がリレーSSの全てを表すのである。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:09:31 ID:ChhP776E
って事で大人しくCb氏の投下を待とうぜ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:12:37 ID:r1B47ggi
実際、書き手を脱出派・全滅派・優勝派に分けるとどうなる?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:29:59 ID:iJMcHEzz
俺は脱出派

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:07:23 ID:OQ8wqig6
>>245
んで、予約から5日目過ぎたわけだが?

260 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:12:31 ID:cWp8Xa0z
お待たせしました、今から投下します。

261 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:13:05 ID:cWp8Xa0z
街灯も無い夜の道を一人の少女が駆けて行く。
既に日は沈み、光は月と星から降り注ぐものだけが頼りであった。
静まり返った殺戮の島では開始以来二度目となる夜を迎えていた。

高野晶は後ろから誰も追ってこない事を確かめるとようやく動かしていた足を止めた。
道脇に腰を下ろし、荒い息を吐きながら静かに呼吸を整える。
木の陰となるこの場所は月の光が遮られ、遠くから見ても闇の中に居る高野を見つけられないだろう。

しばらく深呼吸を繰り返していると乱れた気分が幾分落ち着いてくる。
それと共にここになって自分が犯した数々のミスが思い出されてきた。

何故こんな事になったのか
何故あの時一条と雪野を狙撃銃で撃たなかったのか

砺波を誤射してしまった事は技量的にはやむを得ない事だった。
だが、その後の混乱を生き残った二人は殺そうと思えば殺せたはず。
二人共普通の精神状態では無いのは傍目にも解った。
しかし指にかけた引き金を引く事はしなかった。
思えばあれが過ちの始まりだ。

では何故撃たなかった?

駒として使えるから?
違う、それは自分に対する言い訳だ。
ただ見たくなかっただけだ、立て続けの死を。

高野は二人を生かしてしまった本当の理由が解っていた。
目の前で四人が死に、直後さらに二人を殺す事は覚悟を決めたはずの自分にとっても躊躇われた。
放送で聞いた死者の多さも心に負担を掛けていたのだろう。
結果、招いた事態に思わずギリッと歯を噛み締める。

262 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:14:53 ID:cWp8Xa0z

拳銃についてもそうだ。
見つかったからいって自分が大塚を殺した直接の証拠にはならない。
”用心の為に隠し持っていたが今さら言い出せなかった、烏丸が大塚を殺した時はリュックの中に入っていた”とでも弁解するべきだった。
いや、それも雪野の信を失ってなければの話だ。
自分を庇うだろう岡が生きているのならともかくとして、今では遅すぎた言い訳にしかならない。
もはや二人の信頼を取り戻すのは不可能だ。

逆転の望みを抱きながらインカムを耳に当て播磨の連絡を待つものの一向に声が聞こえる気配は無い。
その事が高野の焦りを強くする。

―――あの馬鹿は一体何をやっている

舌打ちをするが考えてみても答えは出てこない。
ひょっとしたら烏丸と西本が対峙していた際に播磨の事にも触れたかもしれないが離れていた自分には知るすべがなかった。
わかっているのはパソコンで最後確認した時点でも光点はE-05から動かなかったという事だけ。
今も動いてない可能性すらありえる。
だとしたら既にどっぷりと暮れた夜の山中に播磨は残されている事になる。
今すぐインカムに通信が入ってうまく言いくるめたとしてもこちらへ来させるだけでかなりの時間を見なければならない。
下手すると遭難されてしまう。
かといって夜が明けるまで待つ事など出来るはずがない。
なら、と高野は別の可能性を考える。

―――もし播磨君が既に山を降りているのだとすれば?

その場合、何故インカムに連絡が入らないのか問題だ。
烏丸とのやりとりの過程でインカムが壊れた、ありえなくは無いだろう。
しかしそうだとしたらここで連絡を待っている事自体が無意味だ。
インカムは壊れておらず、播磨が行動を再開しているとの前提で連絡をしない理由、それを高野は考える。

―――まさか疑われている?

烏丸と砺波は西本達に懸命な説得を繰り返していた。
播磨がそれを信じて連絡を躊躇っているのだとしたら説明が付く。
そして既に一条達と接触していたとしたら自分にとって事態はさらに悪化する。

263 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:16:03 ID:cWp8Xa0z

そこまで考えると高野は播磨を利用するという計画の成功率を下方修正せざるをえなかった。
播磨を騙すつもりで居場所を教えたり、待ち合わせ場所を決めたりすれば三人がかりで襲われるかもしれない。
居場所を教えず一条達の居場所に向かわせたとしてもそのまま三人が手を組んでしまうかもしれない。

一度悪い方向に考えてしまうと思考はそこから抜け出せなくなってしまうという悪循環に高野は陥りかけていた。
その事に気付き、頭を振って思考を中断する。
このままでは駄目だ、とインカムを耳から外した。
悪い事を考えると悪い事が起こる、まさに今の自分はそれにピッタリ当てはまる。
とてもではないがこの状態では連絡が来たとしても播磨を操って事態を好転させる自信が無い。

―――こんな時に天満や美琴が居てくれればカンタンに暗い気持ちを吹き飛ばせるのに。

思わず普段その笑顔で心を癒してくれた親友の事を考えてしまった。
高野はそんな自分に気付いて自嘲気味に笑う。

―――馬鹿ね、二人共もう居ないというのに。

あの笑顔はもう見る事はできない、そう思うと覚悟を決めたはずの心が寂しくなる。
つい目頭が熱くなり、高野は顔を上げて目を空に向けた。
頭上では枝が生い茂っていたが、僅かな隙間から星の瞬きが見える。
高野には輝く星が天満や美琴の笑顔と重なったよう思えた。

―――今の私をあの二人はどう見てるのだろう?

星を見上げたまま考える。
ダメだよ晶ちゃん、と怒っているかもしれないがもう引き返せない。
でも普段ならあの二人の事だ、私を元気付けようとあれこれ励ましてくれるのは間違いないだろう。
高野は考え過ぎなんだよ、など言われるかもしれない。
そんな事を考えると袋小路に陥りかけていた先程の自分が馬鹿馬鹿しく思えた。

そして高野はまた別の事を考える。
もし今の自分が天満や美琴だったらどうするのだろう、と。
何となく二人共単純に突っ走る姿が頭に浮かんだ。
あの二人なら相手を騙す事など考えず直接的な行動に出るに違いない。
改めて手の中にあるインカムに目を落とす。
誰かを騙して駒にするという方針はこの際捨てる事にする。
”嘘くさい笑顔”と看破された以上、それに拘る事はもはや得策ではない。
元々雪野達を生かしておいたのも弾の節約が目的だったはずである。
既に残り人数が一桁となった今となってはその必要も無くなった。


264 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:16:37 ID:cWp8Xa0z
「天満、美琴、ここは貴方達を見習ってみるわ」

そう言って高野はゆっくり立ち上がった。
闇の中から月光の照らす路上に出てきた彼女はどこか吹っ切れた表情で一条達がいるであろう方向を見る。
被りつづけてきた仮面は脱ぎ捨てた。
殺人者としての自分を曝け出し、今度は躊躇い無くあの二人を討つ。
自分が天満、美琴ならばきっとそうするだろうと思ったから。

腕時計を確認する。
一条達はパソコンで自分の位置を把握している、不用意に近付けば警戒されるだろう。
だが更新には15分のタイムラグがある、そこに高野の付け目があった。
烏丸の接近を五人で警戒していた時に何度も時計を見ていたので更新のタイミングは把握している。
次の更新が行われた直後に行動開始、15分以内に二人に対する奇襲を仕掛ける。
距離からして時間ギリギリだが荷物の無い身軽な状態なら不可能ではない。
あまり二人から離れてなかったのが幸いした。
それにまさか二人共こんな短い時間で自分が舞い戻るとは思わないだろう。

―――何だ、結構いけるじゃない

完全に自分に不利な状況では無い事に気付いて高野は気持ちが軽くなった。
準備体操を行いスタートの準備を整える。

―――見ていて、天満、美琴

秒針がパソコンの情報が更新されただろう時刻を通過した瞬間に高野はダッシュした。
地面を蹴って道路を駆け、ショートカットも併用してリヤカーのあった地点をゴールに見立てて全力で走り続ける。
その速度は陸上部の城戸と比べても遜色が無いものだった。
体育祭の高野はここまで必死にならなかった。
当然だ、これは生きるか死ぬかなのだから。

頭上の星は変わらぬ瞬きを繰り返しながら走る少女の姿を見下ろしている。
ほんの一瞬、その瞬きが乱れたように見えたが正面だけを見詰めている少女にはそれに気付く事はなかった。


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

265 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:17:19 ID:cWp8Xa0z


「……雪野さん、今はパソコンをチェックしましょう」

一条は崩れて咽び泣く雪野に腫れ物に触るような調子で声を掛けた。
抱きしめてもまた拒絶される、そんな予感がして一条はこれ以上雪野を慰める手段が見つけられなかった。
雪野は人を殺した自分を信用してない、それは仕方が無い。
そして雪野の問いに対しても答えることができなかった。
何故なら殺しても許されるのは自分だけなのだから。

もし脱出する事ができればそれがベストに違いない。
殺す事も殺される事も無く雪野はきれいなままで居る事ができる。
だから一条はパソコンの可能性に縋る事にした。

「ううっ、えぐっ、ぐすっ……」

しかし雪野は相変わらず泣き続けている。
見るに見かねてハンカチを差し出すと無言で雪野がそれを取る。
少しずつ鳴き声が収まってきたので一条はようやくパソコンの電源を入れた。

ビーーーーーーーーーッ

起動が完了した途端、パソコンからブザーが鳴り響きカウントダウンが始まった。
説明は伝えられていたものの一条と雪野にとって実際に見るのは初めてだ。
カウントダウンの数字がゼロを示した次の瞬間、パソコンの画面には姉ヶ崎の姿が大写しになって普段通りの笑顔を見せていた。

『はぁ〜い、これを見ているあなたはもう五回目の放送まで生き延びたわけね、先生とっても感激です!』

パチパチと拍手の音が聞こえてくる。
白衣の隙間からチラチラと見える扇情的なランジェリーをもし西本が見ていたら慌てて茂みに駆け込んだかもしれない。
同性の一条や雪野から見ても画面の中の姉ヶ崎はそれ程魅力的だった。

「何ですかこれ、もの凄くふざけているじゃないですか……」

殺伐としたゲームと比較してあまりにも場違いな格好に後ろから見ていた雪野が毒づく。
もしこれが男子への”ご褒美”だとしたらと思うと一条も胸が悪くなった。
続けて放送毎に新たな機能が追加されるという毎回繰り返される説明が流れ、いよいよ新機能の説明が行われる。


266 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:17:57 ID:cWp8Xa0z
『さて画面の前のみんなっ、今まで最初の新機能のMAP表示は使い難かったわね、何しろ誰だか判らなかったのですから無理も無いです。
 でもこれからはもう安心、地図の印に名前が表示されるようになりました。これで会いたい人の居場所がバッチリです』

パソコンの新機能、それは位置情報への氏名表示だった。
成る程、便利な機能には違いないが残り人数が七人しか残っていない現状ではその意味があるのだろうか?
せめてもっと早い段階でその機能が使えたならば変わっていた事もあったろうと一条は思った。

『じゃあ、また6時間後に会いましょうね。ひょっとしたらそれまでゲームが終わっているかもしれないけれどね!ばいば〜い!』

画面の中で手を振っている姉ヶ崎に対して一条も無言で右手を振る。
雪野とはいえば冷ややかな視線で姉ヶ崎を見送った。
説明が終わると通常の画面が表示され、うって変わって沈黙が訪れた。

「……で、これからどうするんですか?」

姉ヶ崎の神経を逆撫でする服装と発言は雪野の気力をどこかで刺激したらしく泣き止んでいた。
その点だけは一条は先程の説明をありがたく思う。

「西本さんが言ってましたね、このパソコンで沢近さんの携帯に連絡できるって。まずはこちらの事をちゃんと伝えないと……」

そこで一条は言葉に詰まる。
連絡する事は沢近にとっては親友の高野が危険な存在だと伝えなければならない事に気付いてしまったのだ。
死体を見て怯えていた自分を彼女は抱いてくれた。
伝えればきっと沢近は傷つくだろう。

―――でも仕方ないですよね?悪いのは高野さん、それに沢近さんも同じく人殺しなんですから

しかし彼女もまた人殺し、西本と一緒にハリーを殺した共犯者である事に変りはない。
そう思うと沢近がショックを受けるのも罰の一つだという気がした。

―――なら伝えるのは早い方がいいですね

もはや先程の躊躇いは消えていた。
一条は早速メーラーを起動させて―――新着メールの存在に気付く。
それは沢近からの連絡だった。

267 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:18:58 ID:cWp8Xa0z
『西本君、こっちは今分校跡で城戸さんと会い、戦って殺したわ。首輪番号はSRBR-8P8GUJR-E、今からH-03に向かうからそちらの状況も併せて教えて』

簡潔にして明確。
沢近がまた人を殺した事実がそこに明記されていた。
何時の間にか雪野も一条の隣に来て画面を見詰めている。
そして先程自分に向けられた以上に汚いものを見る目をしている事に一条はすぐ気付いた。

「……誰もかれも人殺しなんですね、高野さんも沢近さんも最低です」

冷え切った声で吐き捨てる。
一瞬その目線が一条に対しても向けられたが一条はそれに気付かないふりをした。

―――沢近さんは罰を受けるぺき人間でした。じゃあ生きるべき人は誰か居ないのですか?

“SEARCH”アイコンをクリックして地図を表示する。
画面が切り替わると姉ヶ崎が言った通り、全ての印に氏名が付記されていた。

特にE-03には光点と黒点が密集しているのが目に付いた。
光点は南部に『一条かれん』『雪野美奈』の二つ。
そこからやや北部に『高野晶』の光点。

一条、雪野共ほぼ同時にその名前に視線が引き寄せられるがそればかりを見ている訳にもいかない。
視線を横へと動かすと隣のE-02に『嵯峨野 恵』の文字があった。

―――やっぱり私が見たアレは嵯峨野だったんだ

神社で見た死体を思い出して一条は思わず身震いする。
しかも後数時間後にはE-02は禁止エリアになってしまうのだ。
そうすれば首輪番号の確認も、埋葬する事も出来なくなる。
その事を考えながら一条は今度は南部へと視線を移動させた。

G-03に表示された黒点『今鳥恭介』、そして先程殺された『城戸円』の名前を見ると様々な感情が胸に溢れた。
南部に向かっているだろう光点『沢近愛理』を確認してまた別の感情が湧き上がる。

―――今鳥さん、私は約束を守ってますよ?そして許せない人達に罰を与えるつもりです。どうか私を見守ってください

心の中で改めて誓う。
傍らの雪野に何と言われようが生き残ると。

268 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:20:00 ID:cWp8Xa0z

沢近が向かったH-03にはE-03に劣らず黒点が密集していた。
その中に約束をして別れた花井と、生存者を示す光点として八雲の名があった。
彼女が生き残ってくれている事に一条は安堵した。
そして光点はもう一つ、『三原梢』と表示されたそれが八雲のそれとほぼ重なっている。
状況からいってこの二人が手を組んだ可能性は高いだろう。

「南の方で生き残っているのは塚本さんの妹と三原さんですか。周りで大勢死んでますけど一条さんはどう思います?」

雪野が何を言いたいのか一条はすぐ理解した。
生き残った二人はどちらか一人、あるいは二人共人を殺しているかもしれない。
だとすれぱ罰せられるべき人間がまた増える。

―――それが八雲ちゃんだとしたら?

必ず生きて再会する、そう約束した少女の別れ際が思い出される。
同じく今鳥に命を救われた存在として彼女に生きて欲しいと願っていた、それは今でも変わらない。
だから八雲が人を殺したとしても免罪符があるので問題無い、そう一条は結論付けた。
何より八雲を罰すれば自分の免罪符をも否定する事になるのだ。

―――うん、八雲ちゃんなら許そう。でも三原さんだったら罰を与えよう

一条は沢近に送るメールの文面を考え始める。
人殺しを相手する事に嫌悪感があったが八雲と連絡を取るには沢近を介するしか無いのだ。
その為には知りたがっている情報ぐらいなら伝えても良いだろう、
西本達が死んだ事、播磨がE-05に居てようやく動き出した事、高野の嘘、H-03の状況等いろいろある。
首輪番号については試したが残念ながらこれも外れだった。
途中地図の更新が行われ、その度に二人は高野の動きに注視したが光点はその場を動かなかったので暫くは大丈夫だろうと安心する。

「じゃあ、沢近さんにメールを送りますね」

淡々と伝えるぺき事実の打ち込み終えると一条は考える。

―――人殺しに対しては何か言った方が良いですよね、やっぱり

だが下手をすると激情した沢近が何をするかわからない。
普段クラスで沢近の性格を間近に見ているだけに薮蛇になりかねない一言付け加えるべきか迷った。

269 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:20:48 ID:cWp8Xa0z

ふと傍らの雪野を見ると彼女も何か言いたそうな顔をしていた。
すると雪野も横を見たために一条と目が合う。
途端、何ともいえない奇妙な空気が漂う。

「わかりますよぉ、一条さんが何て言いたいのか」

悪戯っぽい目で雪野が言い放った。
またしても彼女はあの汚物を見るような目を一条へと向けている。
思わず沈黙する一条に対し、雪野はもう一度あの笑顔を浮かべた。

「お願いなんですけど、よかったら私もメッセージを打ち込んでいいですか?」

一条はその申し出を承諾した。
誰も殺してない雪野の言葉こそ今の沢近に相応しいと思ったから。


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


高野は道の曲がり角から顔だけを出し、素早く状況を判断した。
十数メートル先の道路上で一条、雪野の二人が共にパソコンの画面に向かっている。
スタートから既に14分が経過、更新まで残り時間はあと僅かでとても周り込んではいられない。
最後の直線は身を晒して一気に駆ける以外の方法は無かった。
悪い事に二人と高野の間にはリヤカーがバリケードの様に置かれてあり邪魔になっていた。
それに銃器は全て一条達の手元だ、不用意に近付けば撃たれてしまうだろう。
必要なのはほんの数秒、その隙を作り出すものを高野はポケットから静かに取り出した。


「これで送信完了ですね」

沢近への返信が終わると一条と雪野は情報を得るために地図を表示させた。
画面を注視して更新を待つ間、一条はふと気になって周囲を見渡すが異常は無い。
気のせいでしょうか、と思ってパソコンに視線を戻した途端空から何かが降ってきた。

どさり、と音がして細長い袋が雪野の体の上に落ちる。
突然の事に雪野も一条も、え?と戸惑った次の瞬間ニョロリと蛇が袋を飛び出した。

270 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:22:33 ID:cWp8Xa0z

「きゃあああーーーっっ!!」

何故蛇が降って来たのか、そんな事を疑問に思う間も無く蛇は雪野の制服の隙間へと潜り込み更に悲鳴を上げさせる。
立ち上がってパニック状態の雪野を何とかしようと一条が立ち上がったその時、背後から迫る足音を聴覚が捕らえる。
慌てて振り返ると既に目前といえる距離にまで逃げたはずの高野が接近していた。
反射的に手に持つ散弾銃を向けようとする、しかし一瞬早く白銀の刃が横薙ぎに一条へと襲い掛かった。

何が役に立つか分からない。
高野はそんな思いを強くする。
山中で拾った蛇は二人を十分な時間引き付けてくれたのだ。

雪野の悲鳴と共にダッシュした高野は稼いだ数秒の間に距離を詰め、薙刀を拾い上げて真っ先に一条を狙った。
しかし奇襲にも関わらず一条の反応は早い。
スパス15の銃口が素早く自分に向けられるのを高野は認めた。

このままでは相打ち、それに気付くと狙いを一条からスパス15の銃身へと変更する。
次の瞬間、鉄と鉄がぶつかり合い互いを削って火花が散る。
あらぬ方向を向かされた銃口からは無駄な弾が放たれて闇夜に消える。
一条が再び狙いを定めるその前に高野は素早く横の林へと飛び込んだ。
しかし構わず引き金を引く。
轟音と共に鉛の散弾が放たれた。
だが高野は樹木を盾にしてそれを防ぐ。
木片が飛び散り、隠し切れなかったスカートの布地が引き裂かれて宙を舞う。
しかし高野は傷を受けて無い。

―――あと一発

誘うように枝をざわつかせながら林の奥へと後退し、冷静に残弾をカウントして隙を待つ。
一条もそれに応じ、雪野を残して奥へと走る。

―――やっぱり高野さんは罰せられるべき人間だったんですね

明確な殺意を持って襲われた以上、もはや一条に高野を殺める躊躇いは無かった。
むしろその方が雪野も納得してくれるだろうと歓迎する。
それにこちらは銃で高野は薙刀。
しかも林の中では長物は扱いづらい。
一条は自らが優位に立っているとこの時は思った。

271 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:23:27 ID:cWp8Xa0z

高野晶は状況は自分に有利だと判断していた。

その根拠は闇への慣れ。
考え無しに林へと飛び込んだ一条は案の定立ち木や枝に衝突して戸惑っていた。
明るいパソコンの画面を見続けてきた一条と暗闇に目を鳴らした高野、
月の光が少ししか差し込まない林の中ではどちらが有利が言うまでも無かった。

一条は焦っていた。
威勢良く林に飛び込んだものの視界が利かず、高野が何処に居るのか見当が付かない。
突然闇の向こうにがさりという草を踏む音がして、すくざまその方向へと引き金を引く。
だがそれは高野の罠。
薙刀の長いリーチを生かし、木陰から離れた茂みを揺すったのだ。

最後の弾丸が無くなった途端に高野は木陰を飛び出した。
対する一条はまだ闇に慣れず反応がワンテンポ遅れた上、引き金を引いてやっと弾切れに気付いた。
既にその時は薙刀が斜めに振り下ろされる途中であり一条はとっさに横に跳んで切っ先をかわす。
すぐさま振り返して次の斬撃、一条は銃を高野へ投げ捨てて生まれた隙に木の密集地帯へと逃げ込んだ。

この場所なら自分が有利、そう一条は考える。
一見して薙刀の使いづらい地形、にも関わらず高野は躊躇無く誘いに乗って振り被る。

高野にしては不用意な行動、しかし一条は深く考えず狙い通りだと思っていた。
高野はそんな一条にすぐさま襲い掛かる。
横薙ぎに切っ先が迫ると一条は木の陰に飛び込んでそれをかわそうとする。
振り抜かれた薙刀は木にぶつかるだけで一条に届く事無く終わる―――はずだった。

全く予測しなかったその動作に一条は虚を付かれた。
薙刀の幹が盾とした木に打ち付けられた次の瞬間に『薙刀が途中で折れて刃の部分が木を周り込んできた』。
反応できたのは全くの偶然、背筋を使って上体を限界まで反らす。
ブリッジの体勢となった一条の鼻先を文字通り皮一枚の差で白銀の刃が通り過ぎた。
驚愕する間も無く分離した刃の部分がくるりと連結部分を軸に回転して打ち下ろされる。
一条はその第二撃を常人離れした腹筋の力で上体を起こし回避した。

「驚いた?」

一条の表情を見て高野は可笑しそうに笑った。
見れば薙刀の先端部分、長さにして三分の一程が途中で鎖によって連結されている。
高野は軽くねじ込むと再びそれは薙刀としての形を取り戻した。

272 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:24:04 ID:cWp8Xa0z

そもそも何故あんな長い武器が支給品として入っていたのか。
考えれば大きさが限られていたリュックにはとても収まらない。
高野は早いうちにそれに気付いて大塚に疑問をぶつけていた。
種明かしは簡単、分割された状態でリュックに入っていたのである。
捻って連結を外せば薙刀から三節棍の状態へ。
親切にも大塚はそれを高野に実演して疑問を解消してくれたという訳だった。

「……変わったオモチャなんですね」

ただの長物と思ったのは誤りだった。
いくら接近戦に自信があったとしても不用意に近付けない。
そこで一条は遠距離攻撃に切り替える。

「では、これならどうですかっ!」

今度は一条が先に仕掛けた。
目に付いたもの―――頭程の大きさもある石を素早く拾い上げて高野に向かって投げ飛ばす。
これにはさすがの高野も面食らった。
払い除けるのが不可能なそれを素早く横に避ける。
その隙に一条が足をとろうと低空タックルを試みた。
しかし高野は一条の裏を狙って木を足場に跳躍する。
突然足が消え、慌てて一条が上を見上げると振り下ろされる薙刀の切っ先が目に入る。

体を捻って辛うじてよける。
外れた切っ先はそのまま地面へと突き刺さった。
だが次の攻撃はすぐに来た。
突き立った薙刀を支点に高野は全体重と重力による加速を乗せて空中回し蹴りを側頭部目掛けて叩き込んだ。
だが一条は倒れない。
反射的に右腕でガードしてしたのだ。
高野も反動を利用して薙刀を抜き、着地と同時に再び仕掛ける。
連結を解除して薙刀を分割、刃の付いた先棍で一条を狙う。
しかし一条もようやく闇に慣れてきた。
左手で刃の無い部分を受け止めると反対から迫る後棍も右手で受け止める。
衝撃と痛みが走るがそんな事は構わない、これでようやく棍の動きが止まった。
それも高野の予想の内、固定状態の中棍を手掛かりにして体を持ち上げガラ空きの顎へ強烈な膝を叩き込む。
今度こそ完全なクリーンヒットが一条へと決まった。

―――こういう時って星が本当に見えるんですね

激しく脳を揺さ振られ、一条はチカチカする星を脳裏に見た。
命の危機というのに何故かそんな事を考えてしまう。
そのまま急速に意識が暗くなってゆく。

273 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:24:57 ID:cWp8Xa0z

そこは暗闇だった。
上も下もわからない全くの闇。
そんな場所でどこまでも落ちてゆくような感覚に一条は陥っていた。

―――私、負けたんでしょうか?今鳥さんの分も生きなければいけないのに

しかしもがこうとしても一向に体は動かない。
絶望感、そして恐怖感が次第に膨れ上がってゆく。
このまま闇の中に落下してゆくのかと諦めかけたその時、突然何かに支えられる感じがした。

『あ〜あ、しょうがねえなイチさんは。俺が支えてやるよ』
『かれん、前に言ったでしょ?あんたなら私に出来なかった事も出来るはずだって。でも今は力を貸してあげるね!』
『一条君しっかりしたまえ!立てないから委員長として僕が手を貸そう!』

聞こえるのは聞きなれた声。
そして二度と聞けないはずの声。

―――今鳥さん、嵯峨野、花井さん、どうしてここに?

気が付けば三人が自分を支えてくれている。
落下する感覚は既に無く、逆に上に向かっている気がした。

『僕が代表して話そう!情けない事に僕は死んでしまった、だから生きている君を助けるのだ!』

花井の熱血な様子は別れる直前そのままだった。
思わず目頭が熱くなる。

『あ〜、こんな所で泣くなよ』
『そうそう、今は泣いている場合じゃないわよ?』

そんな一条を今鳥や嵯峨野も励ました。
何時の間にか周りは白くなっている。
三人の別れを告げる声が聞こえた直後、一条は意識を取り戻した。

274 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:26:04 ID:cWp8Xa0z

気絶していたのはほんの十数分の一秒の僅かな時間なのだろうか。
気が付けば全てがスローモーションの状態だった。
高野はまだ着地すらしてない。
ひどくゆっくりと空中を移動しているように見えた。
崩れようとする自分の体を踏ん張って支える。
全身が感覚を取り戻し、顎の痛みを噛み締めた途端時間は急速に動き出した。

高野は決まったと思ったにも関わらず一条が倒れない事に軽い驚きを感じたが
ならば、と攻めの手を休めない。
しかし高野の驚きはここからだった。

―――厄介ね

ここに来て一条の様子が変わった。
休んだとはいえ、溜まった疲労は相当なものだったはず。
なのに今はベストコンディションとしか言い様が無い身軽さで高野の攻撃を避けている。
逆に今度は高野の方が追い詰められつつあった。

何故そんなに戦えるのか?
高野にはそれが解った、支えてくれている人が居るのだと。

―――でもそれは私も同じ、天満と美琴が見守ってくれる

捕まったらその時点で勝負が決まる、高野はヒット・アンド・アウェイに徹した。
深追いせずにダメージの蓄積を狙って少しづつ一条の傷を増やしてゆく。
だが一条は傷をまるで意に介さずに攻めてくる。
ランナーズハイ、そんな状態かもしれないと高野は思った。

「一条さん、夢でも見た?」

気になって声を掛けてみる。

「ええさっき見ました。とても良い夢でした」

あの場違いな笑顔で一条は答える。

「聞きたいですか?」
「結構よ」

高野は即答した。
知りたい事はそれで十分だったから。

275 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:26:54 ID:cWp8Xa0z

―――私は負ける訳にはいかない
―――三人と八雲ちゃんの為にも負けない

二人にはお互い譲れないものがあった。


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


雪野美奈はそんな二人の戦いを離れた位置で見詰めていた。
仲間の一条を応援するでも無くただ高野の姿を追っている。

―――あれが本当の高野さん、やっぱり格好いいんだなあ

嘘くさい笑顔も欺瞞に満ちた言葉も無く、”一条を殺す”という意思を全身で曝け出している高野の姿。
その偽りの無い彼女こそが雪野は見たがっていたものだった。

憧れて、出会って、信じて、裏切られて、そして親友を殺されて。
思えば私はこの島で出会ってから高野さんのことを一番考えてきた。
親友の舞や順子よりももっとずっと頭にあったのは高野さんの事だった。

今だってそうだ、高野さんは順子を殺してまた私の心を釘付けにしている
憧れから憎しみまで私の感情はどんどん高野さんに奪われてゆく。

ああ、やっぱり私は高野さんの虜なんだ。
このままじゃ抜け出せない。

―――だから私は高野さんを撃つ、高野さんが隠し持っていたこの銃で。

雪野は両手で銃を構えた。
一条から高野が離れた瞬間に撃てるよう狙いを付ける。
高野、そして一条もそんな雪野に気付いてない。
それが雪野の気に障った。

276 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:28:01 ID:cWp8Xa0z

―――何で私に気付かないの高野さん!?本当に撃つよ!だからこっちを見てよ!

今の高野には一条の姿しか見えていない、その事に気付いて雪野の感情が急速に溢れ出した。
愛情、憧れ、憎しみ、悔しさ……、自分でも把握できない様々な感情が頭の中で入り混じる。

―――離れてよ一条さん!高野さんが見てるのは私じゃないと嫌なんだよ
―――高野さんを殺せば私のものという事になるのかなぁ?うん、きっとそうだ
―――順子、舞、今から高野さんを殺してあげる

もはや訳がわからない、雪野は感情に流されるまま引き金を引いた。
一条はまだ高野の側から離れてはいなかった。

雪野の誤算はフルオートで撃つ反動を知らなかった事。
反動で手首がぶれ、次々に撃ち出される銃弾は殆どが外れた。

もはや握り締める拳銃から弾は出なかった。
興奮が冷めてきた雪野は自分がした事の結果を見る。

高野は体勢を崩しながらも立っていた。
一条の方も不自然に膝を付いてはいるが生きている。
目の焦点が次第に合ってくると高野の様子が徐徐にはっきり見えてきた。

―――高野さんこっちを見てる、ようやく気付いてくれたんだ

殺せなかった、奇襲は完全に失敗した。
それでも雪野にとっては高野が自分を見てくれた事にどこか喜びを感じていた。
だが、高野の表情を見て雪野は凍り付く。

そこに見えたのは純粋な殺意。
冷たく輝く瞳で離れた雪野を射抜いていた。
動こうとする高野を一条が制する。
その隙に雪野は身を翻して逃げていた。



277 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:29:04 ID:cWp8Xa0z
       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


雪野を警戒しなかった事は高野の完全なミスだった。
しかし銃弾は確かに自分に命中したはず、なのに体は痛くない。
だがそれを考えるのは後で良い、負傷した一条よりも今は雪野を追おうとするとそれを制する声が掛かる。

「……行かせませんよ」

そう言って一条は立ち上がろうとしたがすぐに膝を付く。
高野とは違い、一条は無事な状態とは言い難かった。
命中したのは二発。
一発は腹部に、そしてもう一発は右膝を砕いていた。
そんな様子を見ていると高野も雪野を追う事は後回しで良いと思えてくる、とりあえず黙って一条と向き合った。

「はは……、これじゃあもうレスリングはできませんね」

パチン、と音がしたのは膝の靭帯が切れたのだろうか。
赤黒い染みで汚れる制服を抑えながら一条は力無く笑った。
重要な血管が破れたのかもしれない、次第に一条の顔から血の気が引いていく。
命に関わる事は誰の目にも明らかだった。
しかしこうなったのは予想外だが元より高野は一条を生かしておくつもりは無い。
せめて一瞬で楽にしてあげようと薙刀の切っ先を首元に向ける。

「じっとして一条さん、苦しまないように殺してあげるわ」

それが高野の情け。
だが一条は首を振って拒絶する。

「駄目ですよ、私はそんな選択はできません。それより続きといきましょう」

そう言って片足でゆっくり立ち上がる。
レスリングの構えを取り、高野にも準備するように促した。

「……いいわ、それが貴方の望みなら」

一条にも自分が致命傷を受けている事は解っているに違いない。
なら死に方ぐらい選ばせてあげようと高野は思った。

278 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:29:45 ID:cWp8Xa0z

「勘違いしないでください、私は高野さんに罰を与えて生きるんです。死ぬ為じゃありません」

高野の考えを読み取ったのか一条がそう主張する。

「その体で私に勝てるはず無いでしょう?奇跡が起きて勝ったとしてもそのままじゃ貴方死ぬわよ」

薙刀を構えながら諭すように高野は語る。
しかし一条はあくまでも考えを崩さない。

「夢で花井さん達に会ったんです、私を支えてあげるって言われました。なのに私が諦めたら会わせる顔が無いじゃないですか」

その言葉は高野の心を動かした。
言われれば今の一条とあの正義バカが重なる。

―――花井君、ひょっとして貴方も見ていたの?

生きて会えなかった”最後の敵”と認識していた男。
一条がその遺志を受け継いでいるとしたら奇妙な巡り合わせだと思った。

「そう……、じゃあ貴方を殺すという事は花井君達も私が殺す事になる訳ね」
「言ったはずです、私は生きるんです。もう話は終わりですよ」

一条から流れ出る赤黒い液体は先程より広く制服を染めていた。
立っているのも辛いのだろう、一条は木に体を預けていた。
お互いを見やった後、最後の瞬間が訪れる。

一条は腕で木を押しのけ、その反動で足の力を補ってタックルを仕掛ける。
その目には絶望や諦めは無い、これからも生きるという意思に溢れていた。

―――立派だわ一条さん、そして花井君

高野はすれ違いざまに薙刀を振るい、一条の首と胴体が切り離される。
やがて静寂が訪れ、高野は落ちている首と腰を降ろして向き合った。
月光に照らされた一条の首はどこか晴れ晴れとした表情をしていた。
高野は無言でその瞼を閉じさせてゆっくりと立ち上がる。

―――雪野が邪魔をしなければ勝ったのは貴方かもしれなかった

ふと空を見上げると流れ星が落ちてゆく。
見守ってくれている誰かが哀悼しているのだろうか。
そんな事を思いながら高野は林を後にした。

279 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:31:06 ID:cWp8Xa0z


リヤカーがあった場所に行ってみるがやはり雪野の姿は見えなかった。
軽く見た限りでもパソコン、狙撃銃など価値ある品も消えている。
だがまだ遠くには行ってないだろう。
休憩し、荷物を纏め次第後を追おうと決める。
残された荷物から水を取り出し乾きを癒しながら高野は残った疑問の事を考えた。
一条と自分の運命を分けたのは銃弾の行方。
何故自分は無傷だったのか。

―――あの時、確かに私の体に銃弾が当たったはず
―――衝撃をこのあたりに感じて

命中したと見当を付けた部分を手で調べていると何か異物の感触があった。
そこは制服のポケット。
高野は何を入れていたのかを思い出してポケットの中身を取り出した。

それは岡の靴下だった。
昼間、彼が自分と雪野の為に作ってくれた即席の武器。
銃弾は石の詰められたそれに当たって防がれたのだった。

『こんな姿で『お前を守る』って言っても説得力ゼロだけどな』

駒としてしか見なかった男の事が思い出される。
岡は死んでから高野との約束を果たしたのだった。

高野はしばし穴の開いた靴下を見詰めていた。
そして空を見上げ、変わらぬ姿を見せる月と星、そして見守っているかもしれない仲間達を思う。

「ありがとう天満、美琴、そして岡……いえ樺樹君」

月も星もその言葉に対して何も答えない。
高野、そして既に数える程しか残されていないクラスメートを見守る様に無言で輝き続けているだけであった。


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:43:20 ID:47bKRYcY
C

281 :『月と星が見守る夜の出来事』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:44:31 ID:cWp8Xa0z

雪野美奈は走っていた。
狙撃銃とバッテリーから外したパソコンを持って高野から少しでも離れる為。
このままでは確実に殺される、それは確信を持って言える。
だが、今雪野を動かすのは恐怖以外の感情も混じっていた。
その表情は良く変化し、時には笑みさえも浮かべている。

―――どうしよう、きっと高野さんは追いかけてくる
―――でもそれって高野さんの方が私の事を考えてくれるって事だよね?
―――じゃあ逃げていれば高野さんも一杯私の事を考えてくれるかな?
―――高野さんが欲しがりそうなものも持ってきているし、きっと私の事を一番に考えてくれるよ
―――ううん、それだけじゃダメ。一条さんみたいに他の人を見るかもしれない

―――だから私と高野さんが二人っきりになれば高野さんは私だけを見てくれるかな?



【午後19〜21時】


【高野晶】
【現在地:E-03】
[状態]:肉体的に疲労(精神面は持ち直す)、警戒態勢、スカートの布地が若干破れている。
[道具]:支給品一式(食料0)、薙刀 、インカム子機
     雑誌(ヤングジンガマ)、岡の靴下
[行動方針] :必要な荷物を纏めて雪野を追う、可能なら播磨を言いくるめる(特にこだわってない)
[最終方針] :全員を殺し、全てを忘れない。反主催の妨害。

【雪野美奈】
【現在地:E-03】
[状態]:疲労、極度の精神不安定状態。高野への依存と憎悪が入り乱れる
[道具]:支給品一式(食料2、水1)、パソコン(バッテリー無し)、シグ・ザウエルP226(AT拳銃/残弾0) 、ドラグノフ狙撃銃/弾数9発
     雑誌(週刊少年ジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。脳震盪と嗅覚破壊のダブルパンチ)
[行動方針] :この場から離れる(雪野が逃げた方向については次の人にお任せします)

【共通:盗聴器に気付いています。】

※日本刀・工具セット(バール、木槌、他数種類の基本的な工具あり) はリアカーの近くにあります。
 ショットガン(スパス15)/残弾0はE-03南部の林にあります。
 リアカー(支給品*2(食料9、水0)、雑貨品(スコップ、バケツ、その他使えそうな物))はE-03南部にあります。


【一条かれん:死亡】


――残り6名


282 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 00:45:18 ID:cWp8Xa0z
投下完了しました、予約期限を守れずご迷惑おかけしました。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 00:49:36 ID:QlQb8VNk
>>282
ガンガレ、ガンガレゆきのん!

靴下の複線活かしてくれてありがとう。これでオカッパも報われる(゚ーÅ)ホロリ


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:02:46 ID:fIRX9oJh
GJ!
ここにきての雪野キーパーソン化にwktk
送ったメールの内容も気になる。
おかっぱも良かったな…

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:05:58 ID:47bKRYcY
力作乙。

しかし、ちょっと高野のアクションが人間離れしすぎな気がするなぁ……

>しかし高野は一条の裏を狙って木を足場に跳躍する。
>突き立った薙刀を支点に高野は全体重と重力による加速を乗せて空中回し蹴りを側頭部目掛けて叩き込んだ。
>それも高野の予想の内、固定状態の中棍を手掛かりにして体を持ち上げガラ空きの顎へ強烈な膝を叩き込む。

これ、かなり無理のある動きじゃないかな? あまりにもマンガ的というか……
最強高野は禁止、というルール的にはどうなんだろと思ってしまった。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:06:13 ID:+Lo9B+yJ
面白いとは思うけど色んな意味でリレーして欲しかった
自分の好きな展開を書くんではなくて前の話の続きを書くという作業が出来てないかと
正直こういう話が来るとやる気がなくなる

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:09:49 ID:fIRX9oJh
あー、確かに戦闘シーンは超人バトルと化してる気がしなくもないな。
許容範囲だとは思うけど、この辺の感覚は人によって違うかも。

>>286
俺はリレーしてないとは感じなかったけど、具体的にどの辺?
問題があると思うなら指摘した方がいい。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:10:43 ID:AC2uN1Ny
>>286
勝手に書かなきゃいーんじゃん?
わざわざ空気悪くすることないべ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:15:25 ID:QlQb8VNk
>>285
最強高野は禁止

そんなルールあったのか・・・。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:16:06 ID:uARDLH4T
あまり自分は重要人物なんだと思い込まないほうがいい。
君が去っても全く影響ないから。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:16:11 ID:+Lo9B+yJ
>>287
高野の行動のあからさまな変化
前回の心理状況からここまで変化する展開が許されるなら
リレーする気が起きないというのが正直な所
別に物語に沿った展開で構想がポシャるなら仕方ないけど
こういうのはやるせなさ過ぎてなんだかねって感じ

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:18:32 ID:YSFgvOdd
GJ!
激しいバトル展開に釘付けでした!

高野はただ殺すだけじゃなく天満たちをを思ってたりして、高校生らしさが出てててよかったなあ
雪野が重要アイテム持ちまくりだな。これからどうガンバってくれるか楽しみだ

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:19:40 ID:OQ8wqig6
さんせつこん?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:21:06 ID:47bKRYcY
>>289
基本ルールの中にあるこれ。

>・原作にないオリジナルの設定を出すのはやめましょう。原作の範囲内でお願いします。モブキャラは自然に見える範囲で。
  Ex: 各キャラの性格・性能は原作レベルにする(SSでたまに見られる最強の高野、黒サラなどはなしで)

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:24:05 ID:KYbAN93u
>>291
気持ちはわかる
だけどこの空気じゃもう何言ったって無駄かと

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:33:36 ID:pLexR+8G
>>282
乙です。
物理的な伏線やフラグの活かし方が良かったと思います。薙刀とか最臭兵器とか。

ただ、一方で精神的なフラグに対する配慮が弱いと思います。
雪野の「順子を殺したのは……」フラグは思考の混乱と高野の勇姿で切り替えたかったんでしょうけど、少し描写不足な感じがします。
あと高野の「もっと殺したい」フラグとか「全て殺して忘れない」フラグとかはちょっと折れ気味に感じます。

ここまで書いて流れに気付いたが……、まあ良いよね。2ちゃんだし。批判めいたのがいくつかあっても。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:39:11 ID:GJtx7W6g
>>291
少々の心変わり程度なら修正理由にはならない筈。
それに、前回は拳銃持ってるのがバレて慌てて逃げ出した状態での思考なので、落ち着き次第予定を整理し直すのはアリだと思うぞ。

バトルが若干超人化してるのは個人的にはおk
原作の桐島VS杉本を思い出した分、あえてGJと言いたい( ´∀`)b

あと、一つだけ気になった点。
パソコンで播磨の動きを確認したのは、烏丸襲撃後、一条の時だった筈。
播磨が目を覚ましたのは放送前なので、寝ているのかと見まがうほど動きが無いのは逆に不自然かと。
前作では播磨がふらつきながら移動する描写があったとはいえ、この部分は手直しした方が良いかも。



で、この展開だと播磨は確実に銃声に気付くだろうから、少なくとも30分以内に高野と遭遇することになるのか……
(先に雪野に会うor播磨が安全策を取ってその場を離れる可能性もあるが)

なんにせよ続きが楽しみだ。
Cb氏、GJ!!

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:39:48 ID:ik/wfBcx
まぁ自分は良かったと思うよ
そこまで否定派もいないし、GJ!

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:41:21 ID:+Lo9B+yJ
>>297
修正してくださいなんて言わないし、思ってないよ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:41:23 ID:VqLkl0lx
「開演」において、高野は手駒を失ったことを明らかに悔いている描写があるのだが、それが無視されて
>駒として使えるから?
>違う、それは自分に対する言い訳だ。
>ただ見たくなかっただけだ、立て続けの死を。
っていう風になってたのに違和感を感じたかな。

もひとつ言うなら、◆.Cb.m05RN.氏自身が作った「高野は前からロワ知ってました」的な話の中で、
高野が考えている残虐な思考と今回の高野の思考にはあきらかな矛盾が生じていたと思う。つうか同一人物と思えないよ。



301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:43:01 ID:GJtx7W6g
×一条の時
○一条と一緒にいた時

何やってんだ俺orz

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:44:29 ID:CKBq9JPB
>>293
ダイモスを見るんだ!!


つーか高野が超人とか言ってるがそんなのイチさんだって同じじゃん
批判するなら一方だけ見てないで全体を見てから言えよカス共

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:45:38 ID:GJtx7W6g
>>299
早とちりスマソ……(´・ω・`)

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:48:13 ID:+Lo9B+yJ
>>302
高野超人に突っ込んでる人はあんまいないかと

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:49:21 ID:QlQb8VNk
>>302
イチさんは原作ですでに超人化しているから、批判が無いのは仕方ない。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:58:59 ID:VqLkl0lx
>>302
イチさんは超人カレリンだからね。
たとえ播磨を一蹴しても全然不思議はないよ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 03:15:27 ID:B4eUGxpQ
ぶっちゃけこの作者いつも問題起こしてるからめんどくさい

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 05:36:05 ID:La4e7cJu
心変わりが問題とは思わないけど、
前回の行動が間違いだらけだといわんばかりなのが気になった。
前の書き手がやったことは間違いだったと
言ってるようであんまりいい気分はしないと思う

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 05:42:05 ID:KYbAN93u
明け方はどうしても単発ばっかでまともに語れない状況になるから、今まで待ったんだけど
フラグ折られまくったのが痛いな。行動を180度変えるのもありかよ、と
力作だとは思うけどその辺をなんでもありにするのはダメなんじゃないかな

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:03:17 ID:CKBq9JPB
イチさんが超人認定なら高野も原作では超人だろ


つーかこの作者がララ&天満VSSMコンビの話書いたら多分ララ死んでなかったなwwww

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:11:23 ID:OjuBiQ3d
烏丸が西本の攻撃防ぐので精一杯になるくらいの制限をうける一方で
烏丸より身体能力で大きく劣る高野がこんだけ動けるのはおかしくない?

今後高野のバトルで超アクションを見せないまま銃殺とかされた場合、
『前の話では相当動けたのにおかしい』とか出てきそうで面倒そうだ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:16:31 ID:v2gWSmS+
一番の問題はむしろ思考じゃないの
あそこまで逝っちゃってたはずの高野が今さら天満や美琴が見守ってるとか違和感バリバリだったし
それよりもまずイチさん殺す事を優先しまくりのように見えた
高野の引き返した理由なんかもご都合だったし、リレーとは違うって意見があったけど正にそれを感じた
このままじゃ殺されたイチさんが余りに不憫だと思うんだが

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:37:12 ID:rCO3hCsi
薙刀使った動きがありえない
バックに入らないので三つに分けてありました
しかも懇切丁寧に鎖で繋がっていました
ここまでは有りとしよう
でも一瞬で間接を固定したり外したりできるもんじゃないだろ
文見る限りじゃ一瞬で外したり固定したりしてるように見える
扱ったことないから何とも言えないがもしかしたら「三節昆」はそういったことが出来るのかもしれない
でもコレ薙刀だし
そんなもん支点に回し蹴りしたらバラバラになるだろうし
三節昆使ってそういう動きする格ゲーキャラが戦ってるならいいだろうが、スクランの高野がそんな動きした記憶は無いぞ

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:44:16 ID:v2gWSmS+
つかこれはイチさん殺したかっただけじゃないの?
前もイチさんが死にそうなシナリオ投下してたし

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 06:47:23 ID:GJtx7W6g
天満&美琴が見守る云々は、イチさんみたいな“自己正当化”の一貫だと思ったんだが……
けど、『すべてを忘れない』って行動指針があるからやっぱ変か。

なら、無意識のうちに自己正当化しようとして、それに気付いた高野が自分を皮肉りながら行動……とかならどうだろう。


ナギナタの描写は、もう少し現実味のある形に修正すれば大丈夫かと。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 07:00:04 ID:v2gWSmS+
どっちにしろ今までと思考が違いすぎないか?
今までリレーで作った性格を全て消してオリキャラが新たに誕生した感じになってるだろ
スクロワではそれすらも許されるの?これじゃあリレーSSである意味ないよね

薙刀のありえない動きとかは
烏丸の視力7.0越えとか完璧超人設定みたいなのが通るくらいだから仕方ないのかもしれないけど
ぶっちゃけ両方ありえないよ
中国かどっかの劇団の人でも三節棍を描写されてるように使うのはは不可能
接合を解いたらそう簡単に一本の棒状には戻せないだろうし

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 08:34:23 ID:B4eUGxpQ
別に削除や修正対象じゃないけど愚痴ぐらいはいいよな。
この作者マジで高野書かない方がいいよ、向いてない。
キャラは違うわ台詞まわしは違うわリレー無視するわ。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 08:38:46 ID:3oHjHmst
最近キャラが死ぬ話書くとやたら批判されね?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 08:41:11 ID:B4eUGxpQ
…削除・修正対象には入らないと言っちゃったけど、それまでのキャラの思考をリレーを無視して作品を投下することはいいの?特に終盤において。
今回の作品がおkだったら、今後は思考無視の作品でも可って方向になるよな。
それでいいならもうなにも言わない。
こっちが今回の作品のキャラの思考を無視して前回から繋げる。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 08:43:44 ID:B4eUGxpQ
>>318
死ぬ話というより、死なせるためにリレーとして色々と大切なものを無視している話と言ったほうが正解。
死そのものの批判が論点じゃないだろ……常識で考えて。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:07:29 ID:myGuAvVJ
>>318
キャラが死んだこと事態を問題にしてる人は少ないと思われ
それ以外に問題があるかと

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:11:45 ID:ik/wfBcx
まぁここまで厳しいのはある意味この作者(cb氏)は
何を言われてもそれを吸収して書き続けてくれるって信頼があるからだろうね
お互い頑張って下さい

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:23:15 ID:47+6nGYb
このロワに何か足りないと思ったら毒吐きスレだ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:23:21 ID:OQ8wqig6
まぁ、前後ないものとしてこの話単品であれば、なかなかいい話だったんだけどね。

あと、これは修正じゃなくて◆.Cb.m05RN.氏にアドバイスなんだけど。
もしも狙ってやったんじゃなかったら、今回イチさんに夢の中の声を聞かせたのは演出としてよくないよ。
人殺しを殺すってのはイチさんの自己正当化の末の決断だから、夢の声もどう考えてもイチさんの勝手な願望に生み出されたものに見えてしまい、
イチさんの死に悲壮感をだせなくなり、「ま、こんな奴死んでもしょうがないよね」っていう雰囲気になる。
そういう相手を高野が花井の代用品として考えているのも演出として?って感じ。
あくまで演出としてだけどね。書き手としての満足ではなく、読み手にどう見せるかの技術の話だから、別にそこを修正しろというのではないけど。
今度話を作る時は、そういった「読み手に残る後味」を配慮すればよりよい作品が書けると思うよ。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 09:34:42 ID:myGuAvVJ
>>323
マジ頼むわ。今めちゃくちゃ吐きたい気分

>>324
そこなんだよな
単体としては読めるがリレーとしてはどうかと思う。というか正直リレーしてない
こういう展開がやりたきゃやりゃいいけど、こんな大事な局面で自分のやりたいことだけやるなよって言いたくなった
もっと前後の関係との繋がりに意味を見出せよなとか色々あるし

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:13:47 ID:mL49/VaO
ここの住民はホント自分の思う通りに話が進まないと納得いかないんだな。
何が毒吐きたいだ。偉そうに。

あ、確か嵯峨野はイチさんの事は「かれん」じゃなくて「一条」と呼んでたはず

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:25:13 ID:YSFgvOdd
高野の心変わりは>>297の言う通りアリだと思う。
バトルでの高野がすごすぎるシーンを修正すればいいんじゃないか

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:30:49 ID:myGuAvVJ
>>326
思う通りにいかないってだけなら、もっと早くに毒はいてるって
リレーしてない事とか前までの展開無視してんのが問題なんだよ
こういうのがある限りもうこれまでの話とかまるで考慮する必要ないじゃん

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:40:59 ID:nUJdC2zk
>>300
そもそも今までの高野のキャラクターがナンかおかしかったんだよ。

そういえば前も高野のキャラが作家ごとに違うって、ちょっと問題になったことがあったよね。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:42:30 ID:nUJdC2zk
>>329
訂正。作品ごとね。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:49:09 ID:myGuAvVJ
それでもそこまで文句が出なかったのは一貫した行動は常に守られてきたから
今回はそれが一気に崩されたんだよね
口調だけとか、性格の微妙な違いは許容範囲だけど、根本から変えられたからな

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:49:17 ID:GJtx7W6g
>>322がいいこと言った


思考違い杉とかフラグ無視とか言ってるが、じゃあ序盤で高野のセリフ違和感ありまくりだった時や奈良のマーダー化がいきなり頓挫した時はここまで叩いたか? ってな話になる。

確かに、Cb氏の作品には、展開>リレー且つ長めという傾向があるのは事実だが、前みたいなハラミ薬物展開や没ネタに比べれば遥かに良くなってきている。
書き手としての立場から色々言うのも大事だが、中盤から参加し、今だ進化中の書き手に対して多少厳し杉やしないか? と感じた。


あ、けど、Cb氏、予約する以上は〆切守ろうな?
期限超過が多いのはやはり気になる。
あと、ここでの批評に対するコメントで自分の感情ぶちまけたり我儘貫き通さないように。
誰かさんの二の舞は二度と御免なんで……

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:53:03 ID:B4eUGxpQ
厳しいもなにも、リレー小説の大前提のリレーを無視されたらしょうがない。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:57:17 ID:OQ8wqig6
>>332
むしろ、奈良マーダーフラグ潰しとかその他展開ありきの話の連続が
ここにきて堪えきれなくなって今の流れが生じたのか、と思ってる。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:15:19 ID:GM7z2yRY
展開ありきなんてどの書き手もやってることだろう
毎回毎回、前の話をリレーらしく忠実に引き継いでる書き手なんてスクロワにいないぞ
アレンジをそれなりに加えてる

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:17:46 ID:0H+/5KQD
つーか「Cb氏だから」叩いてるような奴が多すぎるだろ。
目に見えて成長してるし展開も別に問題ないだろうに…
これでフラグ折りとかイチさん殺したかったためとか言われたら開演はどーなんのよw

俺はGJでしたと言っとくよ、面白かったよ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 11:56:45 ID:47+6nGYb
リレーのルール云々言うくせに読み手のルールまるで無視な奴はツッコミ待ちの釣り人なのか?

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:06:38 ID:GM7z2yRY
要するに高野の異常なアクションを下方修正すればそれでいいってことだろ
もちろん修正版が投下されるまでに別の書き手が投下するのもあり

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:26:04 ID:B4eUGxpQ
良かった、>>336みたいなマンセー意見が少しでもあれば問題があっても作品が受理されるわけだ。
どんな作品でも擁護がつくからな、今までのスクロワの性質上。
リレー無視おkということなんで、今回の作品の流れ無視されても文句言うなよ。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:26:07 ID:nUJdC2zk
>>307
>>336
◆.Cb.m05RN.氏って、そんな言われるほど問題児だったのか?

この人が犯した悪行を誰かまとめてくれ!

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:27:51 ID:OQ8wqig6
>>338
予約期間を大幅に過ぎてるから、ってこと?

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:33:06 ID:Ej+uNtcV
開演がオーケーだったのに、これが何で駄目なのか理解出来ない。

リレー無視というほど無視してないように俺は思うし。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:34:37 ID:B4eUGxpQ
付け加えると、リレー無視かどうかは個人の観点によって異なってくるのは当然だよな?
この作品が展開として問題ないと思っている人と、問題ありと思っている人が別れているのは事実なんだから。
で、肯定派は、否定派に対して優位な立場にいると思っているわけだ。

だから、この先この話を無視した話が出てきても、結局肯定派と否定派に別れて、肯定派の主張が通ることは確実。
今の否定派は、今回の流れを無視した作品を書くか、そんな作品が投下されるまで待て。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:39:30 ID:47+6nGYb
誰かつっこんであげろよw

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:40:23 ID:B4eUGxpQ
>>342
開演の方は結果だろ?それに、この作品は駄目になっていないだろ?履き違えるな。
開演だって散々駄目と言われつつ肯定派優位で採用された。
この作品だって散々駄目と言われても肯定派優位で採用されるに決まっている。

だから、不満のある奴は作品書け。同じように肯定派が「修正・削除に値しない」と言えば必ず通るから。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:47:45 ID:OQ8wqig6
>>345
いや、あんまし汚い言葉でまくしたてない方がいい。
今回の方向転換でまた人が減ったから、完結までの流れをまた一から練り直す必要あるけど。

ただ、高野の心理描写だけはどうにかして欲しい。
ゲーム乗ってるのに周防と天満のこと考えてるとかはやっぱりありえないよ。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:51:03 ID:nUJdC2zk
で、◆.Cb.m05RN.氏は過去に何をやったんだ?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:56:05 ID:B4eUGxpQ
>>347
何のために過去ログを1さんが保管していると思っているの?
>>346
直してほしいと言われても、そんな簡単に直せるものではないよな、よく考えたら。
他の作者に期待するしかない。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:28:28 ID:KYbAN93u
開演はやったこと自体は凄いことだが流れとしての矛盾はない
この作品はやってること自体は人が一人退場しただけだが流れがまるで別物になってる
リレーしないで展開が変わりまくることを肯定しかしない奴がいることにガッカリだよ
NGとか修正とかまで言わないにしてもこんなんをすんなり受け入れられる体質に気がめいる

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:41:46 ID:rGC8vTBa
というかここまでの討論見る限りじゃ開演の時みたいに
論理そっちのけでNG、NG言うだけの奴がいなくて良かった
少なくともあの時暴れてた奴が今回は肯定派ってことは確かだし

>>335
大抵の人はまともなリレーをしてる。俺は今までそう思ってた
少なくとも今回ほどリレーをしない人はスクロワにいなかった

これ通っていいけどさ、たぶん今後のテンションはかなり落ちるんじゃね?
きっとまともにリレーしようとしてる人たちや、それを望んでる人たちは萎えまくりだぜ
それこそスクロワの終わりみたいな感じになるかもしれん
ここまで来たからにはリレーって一番重要なものだと思うんだが

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:42:23 ID:3oHjHmst
否定派の連中は単にモブ派の逆転優勝が気にくわないだけだろ。モブスキーとして開演を否定していた俺は今回は断固この作品を支援するぞ!

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:47:56 ID:B4eUGxpQ
>>351は肯定派と否定派に対して失礼な存在だから消えて無くなってくれると助かる

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:50:30 ID:OQ8wqig6
>>351
モブ云々の話じゃなくて、
作品自体の問題を話してるんだぜ。

そういう意見は、支援どころか逆に作者の足を引っ張ることになるから、言わない方がいいよ。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:54:59 ID:3oHjHmst
そうか。じゃー自粛するよ。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:58:34 ID:51nddlHV
とりあえず茶でも飲んでもちつけ
つ旦旦旦
あと>>1にある
・モニターの向こうにいるのは同じ人間です。相手を過度に刺激したり傷つけないよう、発言はマイルドに。
・書き手も読み手もお互いを尊重しましょう。どちらもいなければリレー小説は成り立ちません。
を見直してから書き込もうぜ

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:18:17 ID:47+6nGYb
>>349
むしろ修正しろって言い出した方がマシじゃね?
NGに申請はしないのに愚痴だけ吐きたいなら毒吐きスレ立てるかチラシの裏でやれよ……

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:20:50 ID:47+6nGYb
×NGに申請
○NG申請

とりあえず何したいのかわからん奴が多すぎ
叩きたいなら素直にNG申請しろよ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:31:02 ID:fKZ+ndio
どこも終盤に入ると一緒だなあ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:33:49 ID:OQ8wqig6
うーん、やっぱり修正要請かな。
高野がステルス辞める時に天満と周防のこと考えてる描写が、ありえないと思った。
>>264とか特に。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:44:30 ID:YpROvEVP
とりあえずNGにしたい人はその理由をちゃんと上げないといけないと思われる。
どの場面がどういう理由でNGなのかまではっきりと。なんとなくありえないとか
ダメだししてても無駄になると思うよ。他の人にはありえると感じられるかも知
れないし。
基本的には投下SSはOKになるわけだからね。そうでなければここまで書いてくれ
た◆.Cb.m05RN.氏に申し訳ない。


361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:50:33 ID:KYbAN93u
>>356
言われて見りゃそうだな
ここでNGって言う奴に碌名のがいなかったから、それは意識的に言わないようにしてたんだけど

個人的にはNGにしてほしい
リレーを無視したともとれる作品が通るのは、今までの経緯を考えてみても今後の為に忍びない
自分のやりたい展開を書いて投下するだけでいいならリレーにならないと思う
高野の心理面でのあからさまな変化についてはこのままじゃ納得できない

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 14:54:01 ID:OQ8wqig6
>殺人者としての自分を曝け出し、今度は躊躇い無くあの二人を討つ。
>自分が天満、美琴ならばきっとそうするだろうと思ったから。

とかが変。
思わず「いやいや、そうは思わんだろ」とツッコミたくなる。
方向転換のために無理矢理それっぽく書いた感じがしてならない。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:25:58 ID:d45hS6ka
高野の心理描写全てが今までと矛盾してる
NGして欲しいのが正直な気持ち

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:27:35 ID:CKBq9JPB
>>345
お前の考えは実に正しい

俺は開演の時も奈良のときも否定したが結局否定派の意見なんかまるっきり無視だった
肯定派のが優先されてるのは真実

>>362
俺もそこは、はぁ?だった
大体この作者は天満の性格を理解しなさすぎだろ
原作を読んでどう解釈したらああ思うのか説明願いたい

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:33:32 ID:B4eUGxpQ
晶は過去の作品において、美琴や天満には優勝したり生きて脱出して欲しくないと明言してたよね。
二人が死んだ時の放送で、二人には死を背負ってまで生きていくのは不可能だと。
人を殺して生き残っても、脱出できたとしても。
自分が悪になってクラス全員の死を背負うと。それが晶の行動方針だということで決められたはず。


この作者がやったことは、晶がネットでバトロワを知っているという事実を後に他の作者がねじ曲げるようなこと。
だから、明らかに修正を要する。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 15:59:25 ID:GM7z2yRY
修正してほしいというのは通るかもしれないが、
NGにしてほしいというのは無理だろう。

まあ修正宣言から1日経過or修正宣言がしばらくない
っていう状態になり権利が消えたら即簡単なつなぎを投下すればできるけど

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 16:08:50 ID:GJtx7W6g
比較的無理のない高野の心理描写を考えてみた。


天満や美琴みたいに「思い立ったら即行動」的思考パターンが今となっては羨ましい

自分も彼女らに倣ってみるか
(ここでステルス終了。だが、そもそも二人ならゲームに乗る事など有り得ない筈なのに無意識にその点を排除している事は神視点あたりから皮肉っておくべきか)

心の声『見ていて……』を『わたしのこんな姿を見たら、あの子たちも驚くでしょうね』とかに変更

一条とバトル

“良くも悪くも、これまで彼女は傍観者の立場を好んでいた。だが、それもこれで終わった”みたいな煽りを入れておく


……突っ込み所満載ですか、そうですかorz

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 16:09:12 ID:Vx18+3BH
>(・・・よかったわね、天満、美琴)
>砺波の生存を確認し、安堵している雪野と岡を尻目に高野はメモを取りながら、心の底から彼女らの死を祝福した。
>(あなたたちは、終わらせられないし、終われないから)

>この島に来てからの高野の行動目的はただ一つ。
>―――自分以外、ひとりもこの島から生還させない

>ただ、それだけ。どれだけ人が傷つこうが、人を裏切ろうが関係ない。
>あの平和だったクラスを、もう取り戻せないクラスを、この島で終わらせる。
>人が壊れていく様を見るのは確かに楽しいが、それはただの余興。
>私だけが終わらないのだから、せめて皆の変化を見届けることくらいは、させて欲しいと願う。
>(そうね・・・皆が死ぬまでの行動記録くらいの賞品が欲しいかしら・・・きっと監視しているだろうし)
>これは一足速い卒業式。私だけが卒業できない卒業式。だからこそ、卒業アルバムが欲しい。
>少し楽しみが増えたことに、高野は無表情のまま笑った。・・・そうでもなければ、とても救われない。


>楽しい――――けど足りない。
                  (終わらせるには死が足りない)
>私はまだ満足していない。
                (誰一人として生き残らせない)
>もっと殺してみたい。
            (生を、死を背負うのは誰でもない、この私だけだ)


>>365の言ってるのはこれか。たしかに>>263-264はおかしいよ。
厳しい言い方だけども、リレーが出来ないなら100m走でもしてろよ、ってことだね。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 16:25:06 ID:nUJdC2zk
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1169462131/l100

 ∧_∧  NG・破棄とか言う奴らなんて・・・ゆきのん親衛凸撃隊員さんのためにも、みんな俺がボコボコにしてやんよ!
 (´・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪
  沢近



370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 16:27:23 ID:Vx18+3BH
残念、>>369の評価は底辺にまで落ちてしまった。もうIDが変わるまでは相手にされないでしょう。
明日またきてください。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 17:10:17 ID:0H+/5KQD
粗探しに精が出ますな

思い通りになるように頑張れ
奈良死亡と開演の時の結果で俺はもう諦めたけどな

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 17:16:51 ID:hZlB5ofl
そういう書き方をしてる時点で諦めたなんて嘘だろ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 17:24:05 ID:3oHjHmst
ちくしょー。皆そんなにゆきのん優勝ENDが気にくわないのかよ(`д′)

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 17:53:57 ID:xnRdll+p
とりあえず俺も修正要請。
>そして既に一条達と接触していたとしたら自分にとって事態はさらに悪化する。
>そこまで考えると高野は播磨を利用するという計画の成功率を下方修正せざるをえなかった。
>播磨を騙すつもりで居場所を教えたり、待ち合わせ場所を決めたりすれば三人がかりで襲われるかもしれない。
>居場所を教えず一条達の居場所に向かわせたとしてもそのまま三人が手を組んでしまうかもしれない。

一条や雪野には播磨と連絡を取る方法はなにもないのに、この結論が出されるのはおかしいと思う。
「パソコンがあるから一条達が播磨を探し出すかも」というのならなおの事、播磨と連絡が取れるまでは雪野達のところには行かないだろうし。
方向修正を無理矢理しようとして色んなところにボロが出た感じだ。


なんか、氏にこんな感じのコメントを送るのは今日が初めてじゃない気がするぞ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:19:50 ID:Ej+uNtcV
だれもが納得する明確な矛盾点をださないと、このまま通るよ?

いい加減開演の時の結果から学べよ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:25:18 ID:rCO3hCsi
なんか開演を一緒に叩きたい奴がいるみたいだが、開演は矛盾は無かったぞ

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:27:45 ID:Vx18+3BH
>>375

>>365
>>374


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:28:09 ID:n2u2gY/b
>>374
「接触」って播磨が一条たちと直接会うことだろ
連絡を取るも何もないよ

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:31:43 ID:3oHjHmst
だって今叩きやっている奴らは以前、開演を支援していた連中だぞ。モブスキーとしてそんな奴らを許す訳にはいかないだろ!

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 18:55:22 ID:6OwrBraF
心理描写について矛盾があるからNGというのは無効だろ
そもそも展開が気に入らないからダメというのはおかしい。

NG要請は物理的な矛盾が基本のはずだ
修正する必要は無いだろうね

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:00:49 ID:rCO3hCsi
>>380
心理描写が足りない・おかしいの修正はこれまで何回か有った
確かに展開まで修正する必要はないが、心理描写の修正は有って然るべきだろ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:11:55 ID:Vx18+3BH
>>380
展開が気に入らないのと心理描写に矛盾があることはまったくの別物だろ。
オマエはナニをいってるんだ?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:16:45 ID:47+6nGYb
お前ら風呂でも入ってさっぱりしてから冷静になって画面を見ろ
修正議論そっちのけで反対意見叩いたりただ煽ったりなやつらにま反応してで酷い釣り堀状態だぞ

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:17:55 ID:Vx18+3BH
>>383の過去レスワロタw

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 19:20:30 ID:47+6nGYb
>>384
だってみんなおとなになったと思ってディスプレイから離れてみたらこれだぜwww

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:09:31 ID:Ej+uNtcV
心理描写の矛盾なんて、「極限状態の心理」の一言でどうにでもなる。

ロワと日常のSSでは根本的に状況が異なるだろ。
どうしてもNGにしたいなら、「極限状態の心理」でも絶対に有り得ないことを論理的に説明してくれ。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:15:12 ID:Vx18+3BH
>>386
おまえ極限状態ならなにやってもいいと思ってんの?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:15:32 ID:I2WVFdjm
>>282
乙です。かなり激しいバトルを楽しませて頂きました。
高野の心境の変化は彼女が色々な意味で追い詰められていった結果と考えれば大丈夫な気もします。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:20:57 ID:B4eUGxpQ
俺は>>386の意見に賛成
月と星〜の作品による心理描写のねじ曲げを無視して、
本来あるべき心理描写に戻しても「極限状態の心理」の一言ですむし。
よかったよかった。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:22:14 ID:B4eUGxpQ
つまり、月と星〜でかかれた心理を無視してもかまわない、でFA。
次の作品に期待しようぜ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:27:34 ID:rCO3hCsi
次の作品で高野が突然反省しだして自殺しても極限状態だから、で通るのかよ

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:31:45 ID:Vx18+3BH
>>390に対する反論が思いつかない・・・これで納得するしかないか。
心理描写をある程度無視していけないことになったら◆.Cb.m05RN.氏の作品の心理描写は修正しなきゃならない。
心理描写をある程度無視していいことになったら◆.Cb.m05RN.氏の作品の心理描写は無視していいことになる。
で、「ある程度」は各個人によって範囲が異なるから、批判があっても結局は程度は許容範囲になる

>>391
通ることになるよ、>>386>>389の言うとおりにしたら。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:37:03 ID:ik/wfBcx
>>391その話に説得力があって皆が納得するならそんな超展開もとおるんじゃん?
今回は普通の展開の細かい所で争っているから通す派と妥協派と修正派と破棄派に分れてるんであって

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:40:10 ID:B4eUGxpQ
>>393
だからもういいんだってその話は。
心理描写を無視されたんだから、無視し返して元に戻せばいいんだよ。
リレーってのはフォローのしあいだろ。前走者が転んだら次の人がその分頑張ればいいんだよ。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:46:54 ID:QlQb8VNk
とりあえずみんな作者降臨を待とうよ。
◆.Cb.m05RN.氏の意見を聞かないまま、一方的に作品を破棄するって・・・

あ な た 方 は ◆GEIGwDl3Ms氏 の 悲 劇 を 繰 り 返 す つ も り で す か ?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:51:21 ID:Vx18+3BH
>一方的に作品を破棄するって・・・
そんなことになってたっけか?修正したほうがいいという意見とか>>363のような気持ちとしてのレスしかないのに。
そんな風に、批判派によって作品が削除の危機にある決め付けてる時点でおかしいよキミ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:53:31 ID:QlQb8VNk
>>396
いや>>393に破棄派が存在するということがしっかりと書かれているぞ。

あと一応聞きたいんだけど、破棄とNGって意味は同じ?

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:55:11 ID:B4eUGxpQ


作品に文句がある奴は作品書いて元に戻せ。
晶の心理描写をこの作品が無かったかのように書いたとしても、現肯定派は納得せざるを得ないんだから。

――――ここから先は作者の意見が出るまでこの話止めろ―――――

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:58:13 ID:Vx18+3BH
>>397
そりゃあ、『破棄派が存在する』と、>>393で書いてるのかも知れませんけれども、
正面きって「一方的に作品を破棄する」と言われた方、誰かいます?

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/913190.html

NGの意見が出たからって、一方的に作品が破棄されることにならないだろ。アホか。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 20:59:11 ID:B4eUGxpQ
>>399
もうこの話はやめろ
>>397
バカな話はやめろ

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:02:21 ID:QlQb8VNk
>>400
わかったよ。

>>399
なんで麻生大臣が出てくるんだ?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:04:38 ID:Vx18+3BH
>>401
単に麻生大臣のセリフで当てはめただけ。あんたはあの記者と同程度ってこと。

>>400
了解。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:17:15 ID:GM7z2yRY
じゃあ話題を変えて

フラグ継承やうまくリレーになった話、上手な書き手について語ろうか

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:18:10 ID:QlQb8VNk

   ,/テ=、
   | ///,.-ー`,〃´レ,
.  | // / ̄ 、,、、、,、,、,Z  〃
  |   /   ミ     \  ′     こりゃ〜
. /`ー、ノ|. r‐、ヽ ,.==ヽ' -ヽ  _
/、   > 1 |.l=| | ' ,=、 .=,<   ´    >>402に一本取られたぜ・・・!
 ` ヽ´彡. `ー|/ ////r_~'ヽゝ  っ
   / イ  /|  ,=:=:=,=,=「
  / 7 ./|. .|  .ー'ーヽ'ノ. ̄|
 / 三/  |i. ヽ .l l i ; ;  |
./´ ̄ .|   |:|  `ー---,―--'
     |   |+|、___/|  |''ー..,,__


405 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/06(火) 21:30:10 ID:cWp8Xa0z
今回の作品について様々なご指摘をいただき反省しております。
「リレーになってない」という指摘について、確かに前の方の作品を否定するような話と言われても仕方なかったかもしれません。
高野の心理描写や高野と一条の衝突場面について修正したとしても一番大事なその部分は消えませんので今回の話は破棄といたします。
長期間に渡りキャラを拘束した事、大変ご迷惑をお掛けいたしました。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:33:23 ID:vMw7fbb1
>>403
フラグをつなぐのはRH氏が上手いと思うよ。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:33:34 ID:Vx18+3BH
いや、そこを修正したら問題解決なんだから破棄することはないと思うよ。
単体の作品としてはいい作品なんだから。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:34:26 ID:QlQb8VNk
>>405
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ちょっと待ってくれ・・・。

あの作品が破棄されたらモブ派の逆転優勝が絶望的になるじゃないか。
考え直してくれwww

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:34:53 ID:6OwrBraF
破棄か・・
もったいない

「天満〜周防」の回想シーンは微妙だったが
そこを除けばかなりの力作だと思ってたよ


410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:38:15 ID:vMw7fbb1
「天満〜周防」の回想シーンがなけりゃ一条のところに突っ込む事もできないから、しょうがないんじゃないかな。
もう少し説得力のある展開を思いついてから予約→執筆すればよかったと思うよ。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:38:29 ID:fIRX9oJh
>>405
面白い展開だっただけに残念だけど、考えた末の決断なら止めはしない。
次の作品にも期待してます。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:42:25 ID:QlQb8VNk
>>405
いや・・・本当にマジで考え直してくれよ。

あなたが書いたストーリーにモブ派の全てがかかっているんだよ・・・。
あなたはハラミ薬物事件の時、何回も修正を出して頑張ったじゃないか。

考え直してwww

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:43:47 ID:oz17yGNc
こりゃー完結が危うくなってきたかもな

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:44:45 ID:I2WVFdjm
>>405
惜しい気もするけど、次に期待してます。
ただ、予約する時はできるだけ延長せずに書けそうと判断できた時にして下さい。
◆.Cb.m05RN.氏は過去何度も延長を行っていますし、今回は延長期限すら過ぎていました。
やむを得ない事情があったのだとは思いますが、せめて早めに期限を守れそうにない事を知らせて頂きたかったです。
特に延長期限を過ぎても何の音沙汰も無かったのは、あまりよくないと思いました。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:46:07 ID:Vx18+3BH
ID:3oHjHmstとID:QlQb8VNkって同一人物?作者に迷惑かけるのやめてくんない?
俺も出来れば修正して欲しいけど、>>411の言うとおり、そう判断なされたのならこちらとしては何もいえない。
次回作期待してます。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:49:44 ID:0H+/5KQD
もう戻ってこないんじゃね?
追い出したようなもんだろ

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:50:53 ID:QlQb8VNk
>>416
見ろ。
◆GEIGwDl3Ms氏の二の舞になっちまった・・・。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:53:29 ID:0H+/5KQD
ゲイ氏の二の舞とまでは言わん(奴は言動にも大いに問題ありだった)が、
結局一度目をつけられた書き手は以後何やっても叩かれるってことだろな。

思い通りになってよかったな

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:55:09 ID:vMw7fbb1
開演の話とかも出てきたから、ちょっとまじめな話なんだけど。
あの話に修正意見が多かった時、俺は擁護派だったんだが、個人的な意見としては通したくはなかった。だって、後半の見せ場がグッと減る訳だからね。
でも、あれを修正してしまうと、「矛盾のない話でも住民の好みによって切られる」っていう前例が生じるから、その後に展開ひねり出すのは難しいだろうと思いつつ擁護したんだ。
んで、今回の話。
まぁ、前作から180度方向転換というものには元から無理がある訳で、探せば色んなところにほころびが見えてきたわけ。
どうしても、「ああ、この書き手は望みの展開に持っていきたいが為にこれを書いたんだなぁ」というのがヒシヒシと伝わってきた。
もしかしたら、没ネタで言っていた「削った戦闘シーン」ってのはこれなんじゃないかな、とか思ったりね。

すごい偉そうな意見だと言われるかもしれないけど、あえて言いたい。
書き手は、SSは自己満足で書いているものではあるけど、最低限「読み手の期待を裏切らない」ってのは重要な心がけだと思うんだ。
そういう事をちゃんと理解していれば、もう開演みたいな作品は出てこないと思うし、自分の好きな展開だけを書くって事も無くなると思う。
ほんと偉そうに聞こえるけど、でも、完結のためには書き手一人一人の心がけが必要だと思って書いてしまった。
長文すまんね。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:55:47 ID:QlQb8VNk
>>418
                           /;;;;;; ̄~ "''‐- 、_
                            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`- 、
                           /::_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,\
              _,... --──-- ..,,,,,_  /::/  ̄""''''‐ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\
           ,,-‐'' ̄           ̄`''-、_      ~"' 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l
         / / ̄\'''  |           ` .、,       `‐、;;;;;;;;;;;;;;l l
       /  /' /\  ヽ |              `、        `、;;;;;/./
       |  / ノ_,,.. ヽ ヽl /              ゙、        ゙;/./
    ,,.. -── '";;;;;/_,, |  i /                ゙'-、      /./
.  /;;;,,..''''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 |   |l            /     |       /./
  /;;;;;;;;;;;;;::  :::;;;;;;;;;;;;;;;/_ |   |l             /      /、.     /./
. l;;;;;;;;;;;;;:: ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ |.   |   __    /     /iiii/   /./
 |i''''''''''''..,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !_ノ_.| /     ̄~ .~/ノ_  ,..,-'゙iiiiiiiii|、,  /./
 l;;,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//   / /l,_        / |iiiiiiiii~iiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;`,/./
. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/,;;,_/iiiiiiiiiiiiii',      / ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;;;/./_`;,,、
  ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_iiiiiiiiiiiiiiii/i,        |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|;;;;/.//|,. ',)
    |,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、|~   ̄"''''''''―|_       イiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/;;/./,!|::|'゙
    ! ヽ/∨\|ヽ|  _      `‐-、,_,,./ .liiiiiiiiiiiiiiiii/;;;'''/./. '゙ |::|
      ヾ三__,-‐ ̄iiiiii/ ̄` ‐- ...,,_,,,....、__/ii,..-‐''";、‐゙ ;7./゙   |::|
         ヽiiiiiiiiiiiiiii/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii; -‐'゙" ;;. - ,゙.-'゙、/./     |::|
          `!iiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|' 、`_-''゙,-' ゙  `.7./‐、,     |::|
          i゙iiiiiiiiiiiヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ  "゙.     /./.`.‐、`‐、   |::|
          |iiiiiiiiiiiiiiiiiゝiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii゙、     /./    ゙. 、`‐.|::|
           /‐ミ/ ̄ノ/\iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ   /./       `‐,,ノ
        /_  | //   `、iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiヽ /./
          /" ヽ,_lノノ     \iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil/./
        ` 二ニ/        ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii∨
                      liiiiiiiiiiiiiiiii/./
                    _,..ノ!!!!!!!!///
                  /、  ヽヾ //
                  l、、 i  /_,ノノ
                   `‐-‐ ''' "
よくねえよ・・・・


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:55:57 ID:3a9iHsK8
>>410
武器もパソコンもある場所に戻り不意打ちで戦闘するのは理にかなっている。
逃げ出した人物がすぐに舞い戻ってくるというのは心の隙をつく上手い戦術だ。
(むしろこのまま徒手で播磨のところに向かう方が無策)
逃げ出してから戻るまでの動機付けは序盤部分で上手く表現できていたと思うけどね

ここで言われているのは本当につまらない揚げ足取りのようなものだけだ
天満〜周防のシーンは違和感はあるけれども、心理描写におけるものだからこそNG出てはいけないモノ

まあ本人が破棄というのだからこれはしょうがないことかもしれないが
破棄をさせてしまうようなこの流れがいい流れとは思わないな

c.b氏は間違いなく後半の書き手の主役の一人なんだから、これにめげず頑張って欲しいよ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 21:57:28 ID:Vx18+3BH
ID:QlQb8VNkとID:0H+/5KQDは作者に対して申し訳ないと思わないのかねまったく

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:01:05 ID:QlQb8VNk
ID:0H+/5KQDはただ煽っているだけじゃねーか・・・。

        :::, ―――、
       ::::/./^^^^^^'vl
     :::::::| | /  \ ||
      :::::::(sl rェ , rェ |') イッショニシナイデクダサイ
      :::::゙ゝ、 -  ノ
     :::::/ l  ̄ ̄lヽ
     :::::|-|/l⌒l⌒l-|
     :::::\二、_)二ノ _____________
      :::::|||  |:|  |
      /`ー(⌒)(⌒)
     /;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;; ̄
   /
 /


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:05:42 ID:qwdOLOlt
なんだお前らまた書き手追い出したのか。

これだから民度が低いって言われるんだよ。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:06:34 ID:0H+/5KQD
>>421
同意。
大げさに騒ぎ立てれば致命的矛盾のように見えるからすごいよな

もし頑張るにしても、次からはトリ変えて別人を装った方がいいだろうね
正直今の状況だと何書いても粘着され続ける気がする

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:06:58 ID:oz17yGNc
案ずるな
変わりはいくらでもいる

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:07:33 ID:B4eUGxpQ
>>405
構想力はずば抜けていると思うので、これからはスクロワがリレーであることに気をつけながら頑張って欲しい。
以前、つなぎ能力に長けている作者と評されていたけれど、
あれは構想力が高く面白い展開を生み出せ、次の人にもその構想を引き継がせることが出来る能力だと俺は思っている。
今後は前の人の構想にも配慮しながら作品を書けば素晴らしい作者になると思うんで本当に頑張って欲しい。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:08:21 ID:rCO3hCsi
>>425
お前がいい例だな

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:09:34 ID:47+6nGYb
>>405
まぁ、言いたいことはあらかたみんなが言ってくれたから簡潔に乙とだけ言っときます
これから投下が厳しくなるだろうけど、作品への批判を糧に帰ってくると信じてるから

>>422
GEIについてたいつもの子と同じ奴じゃね?

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:11:55 ID:Vx18+3BH
いきなり新IDが増えてきたね。その全員が視野が外れた話をしているから失笑。
この作者だから叩かれるのでなく、この作品だから批判されていることが分からんのかね。
本当にどこまでも作者に対して失礼な輩だ。氏に同情する。
こんなID:0H+/5KQDの意見なんて気にせず、次回作に力を入れてください。期待してます。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:14:26 ID:OQ8wqig6
正直、今回の話は誰が書いても修正出してた。それこそ、[人殺し〜」の人が自己リレーしてもね。
つうかCの人に粘着はついてないと思う。
むしろ皆、さっさと通してやりたいと思ってるはず。正直めんどいもん。
話が通らないのは、通したら問題があるから。破棄したってことは、Cの人もそれを理解してるんだろう。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:16:41 ID:GJtx7W6g
>>423
あんたの破棄宣言後のコメント、俺はっきり言ってスゲー腹立ったぞ。
一度だけ話書いた者として言わせて貰うが、作品を破棄するってのは、農家にとっちゃ『出荷予定の作物を処分する』のと同じほど辛いこと。
「考え直して」と引き留めるのは別にいい。
けど、いかにもCb氏の作品を軽く扱ってるかのように語尾に“w”を幾つも入れるなんてのは、書き手の心情をまるっきり無視した暴言も甚だしい。

もうすぐID変わるから意味無いかもしれんけど、個人的にはCb氏に一言謝って欲しいな。



作者乙と言われる前に一言文句言いたかった。
無関係のみんな、申し訳無い。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:16:56 ID:DFkBOvAe
>>426
お前某の住人か?
だとしたら巣に帰れ
違ってもどっか行け
んな扱いで続けてくれる書き手がいるわけないだろうが

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:18:05 ID:0H+/5KQD
うーん、まあ表向きだけでもそう言っておくべきなんだろうな
雰囲気悪くしてすまん、ちょっと頭に血が上ってたみたいだ

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:20:10 ID:0H+/5KQD
ああ上のレスは>>431に対してね。
穿った見方しかできない捻くれモンは消える事にするぜ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:23:30 ID:QlQb8VNk
>>432
wって、入れちゃ不味いんですか・・・?


437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:30:11 ID:B4eUGxpQ
>>436のレスを見て、開いた口がふさがらない。
こんな読み手は消えてなくなれ。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:34:26 ID:QlQb8VNk
>>437
見捨てないでくれ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:41:34 ID:ik/wfBcx
一部の心無い人のせいでcb氏が書かなくなるのは嫌ですよ
自分もcb氏の話の展開は好きだからこんな事にめげずにこれからも頑張って欲しい

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:41:51 ID:rCO3hCsi
>>438
ちょっと大袈裟だが、真面目な会議の意見弁舌を半笑いで行ったらどんな印象を与えると思う?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:42:56 ID:pLexR+8G
今までも何度か言おうか迷って結局言わなかったんだが、今回真剣に提案する。

読み手も鳥付けて発言するようにしない?
人多いだろうから出来ればコテも。
もうちょっと読み手も発言に責任を持つべきだと思ってしまうレスが最近多い気がする。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:45:39 ID:qwdOLOlt
いくらでも変えられるトリになんの意味があると・・・?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:46:14 ID:QlQb8VNk
>>440
本当に申し訳ありません。

今までwの意味が半笑いだと知らずに、「○○してくれ〜〜!」の〜と同じ意味だと思って使っておりました。
懺悔します。
本当にすみませんでした。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:47:21 ID:VqLkl0lx
>>441
それは無意味。
書き手を総鳥制にしたのは「修正をスムーズに行う」ため。だから棄て鳥も可能。
読み手を総鳥にしてもID変われば鳥を変えられるから、制度として成立しない。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:47:49 ID:pLexR+8G
責任もってまともな意見言ってる人は続けて使うでしょ。
逆に単発ならスルーしやすくなる気がするんだが。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:50:25 ID:VqLkl0lx
過去の発言の粗探し、罵りあいが加速してそれこそ大変になると思うけどなぁ。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:52:12 ID:pLexR+8G
ああそうか。そうなると逆に荒れる元になるのか。
妙案ってないもんかな……。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:57:25 ID:GJtx7W6g
つ【良識】
つ【気遣い】


結局は住民のマナー次第だと思ふ。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:00:11 ID:4+TY+1tk
ま た か (苦笑)

失笑するね、はぁ…このスレには期待していたのに…



450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:16:37 ID:BRuHUDdu
>>443
お前は一体何なんだ?
モブスキーなのは別に構わん
でもそれを理由に破棄とか通すとかって話しちゃダメだろ…
wとか以前の問題だと思ったんだが

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:23:39 ID:QlQb8VNk
>>450

        :::, ―――、
       ::::/./^^^^^^'vl
     :::::::| | /  \ ||
      :::::::(sl rェ , rェ |') フカクツイキュウシナイデクダサイ
      :::::゙ゝ、 -  ノ     タダノDQNデスカラ
     :::::/ l  ̄ ̄lヽ
     :::::|-|/l⌒l⌒l-|
     :::::\二、_)二ノ _____________
      :::::|||  |:|  |
      /`ー(⌒)(⌒)
     /;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;; ̄
   /
 /


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:29:12 ID:GJtx7W6g
>>450
俺は、モブ云々は一種のギャグとして受け止めた。
マジなら論外だが……
まぁ“w”の使い方も勘違いしてただけみたいだし、これ以上突っ込むのも無粋かと。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:49:10 ID:BRuHUDdu
>>451
ギャグ、か
偉そうな事言って済まなかった



454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:52:01 ID:QlQb8VNk
>>453
そういうことにしておきますね・・・。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:57:29 ID:kHmIE3NU
cb氏は黒幕の正体とかフラッシュメモリの中身とか
脱出方法とかそのへんを描写するといい気がする

設定つくるのが好きみたいだし、ロワの悩みの種を解決してもらえると
ありがたい

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:59:05 ID:VqLkl0lx
まぁ、普通に頑張ればいんじゃね? という気がする。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:18:57 ID:ytfH5nRy
ところで今回のことで質問だけど
岡ってなんで名前三個もあるの?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:44:32 ID:NiyWGZgL
水曜になったし今週の内容と絡めて語ってもいいよな?



黒八雲が本編で拝めそうだが、今からロワの八雲も黒化させるのはつらいか?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:45:06 ID:wVmQ6y1s
質問の意味がわからない。

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 01:36:27 ID:dT6TS3v3
いつもの人と同じような事言ってるね・・・

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 01:39:32 ID:WgqCxnYQ
>>458
書きたいなら自分で書けよハゲ

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:16:43 ID:7bCs5Jn/
なんだろうな。

もちろん◆.Cb.m05RN.氏の問題とゆきのんがこれっぽっちも関係ないというのは百も承知です。
だけど最近あまりにモブ好きにとって不味い展開が続き過ぎじゃありませんか?
奈良マーダー化潰し
モブの大量虐殺
城戸のまさかの敗北
そして今回のゆきのんマーダー化フラグが泡となって消えてしまった件。
これ全部偶然続いたことですか?

特にゆきのんに関しては、もう2度と似たような形で彼女にマーダー化フラグを立てることは出来ませんよ。
オカッパの靴下も同じです。

俺の気のせいかも知れませんが、このロワも終盤に来てメインマンセーの空気が漂っているような・・・そんな気がします。
メインとモブが同等の輝きを誇っているスクランに置いてそれだけはやめて欲しいです。


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:26:21 ID:YvxNszjJ
ここまで来てまだ二人もモブがいるのが凄いよ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:27:55 ID:aLPc2D8W
>>462
マジレスすると、雪野はマーダー化以外にもいくらでも活躍させられる。靴下なんて別に活躍させる必要性もないし。
城戸はモブとメインの構図からではなく、反主催展開との関係性で死んだという構図。
モブの大量虐殺とな? 岡以外はメインと同等、いやそれ以上にスクロワで優遇されていた奴が死んだんだけど。
奈良は・・・まぁ、反論はできんが。特に矛盾もなかった。

最後に一つ言っておくぞ。キャラでしかロワを語れない奴は書き手にも読み手にもいらん。
よってID:7bCs5Jn/は本日のスルー対象者。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:33:20 ID:YvxNszjJ
つかCb氏の作品が通ったとして雪野死亡フラグでしかないけどな
弾切れした拳銃にバッテリーのないPC。目ぼしい武器は皆無
比べて今はイチさんの護衛、拳銃にショットガン
今の状況のほうが明らか雪野には有利かと

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:36:50 ID:9MiwtTmK
しかし奈良の時といい、今回のといい、
.Cb氏はそんなにX7W氏の展開が気に入らないのかねwww

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 08:40:47 ID:YvxNszjJ
煽るなっつの

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:25:32 ID:XaWFaXEV
Cb氏の作品が破棄になったので、投下し易い雰囲気作りを、と繋ぎ部分をチョコチョコ書いてる最中だが……

マジむずくね? orz

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:30:16 ID:YvxNszjJ
まぁ後7人だしなw

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 09:30:53 ID:YvxNszjJ
つか心配しないでも3月になれば活気出てくると思うよ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 12:16:33 ID:XaWFaXEV
三週間も待つのかよヽ(`Д´)ノ

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 13:26:40 ID:o8JT3QIc
みんなの意見を俺がうまい具合にまとめてみる。








優勝ENDで黒幕はあいまいにしておいておk

473 :61.204.192.186.customerlink.pwd.ne.jp:2007/02/07(水) 14:10:27 ID:Zp9qyv1B
ですね

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 14:34:13 ID:dC+a07LI
>>464
ID:7bCs5Jn/は
その優遇されたモブ達が一度にズガンで殺されたことについて、怒っているんじゃないの?

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 14:39:55 ID:rT/hk7eC
いや反主催でしょ

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 15:02:01 ID:wVmQ6y1s
オカッパ優勝ENDという最強のネタが海のもくずになってしまったからな。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:10:22 ID:XYFazidW
うん、酒の肴にいいよね











次の人ツッコミよろ

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:57:39 ID:u5ki62ca
もう残り少ないんだからとっとと終焉を迎えればいいよ。
愚痴いうよりさっさと先進んだ方が建設的だ。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 18:00:33 ID:9J6TAGDb
マターリ逝こうぜ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:01:57 ID:stiCMVZX
そろそろ談合が必要な時期かと…せめて誰と誰が遭遇・戦闘するかぐらいは、ね

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:06:33 ID:XsWlhcBP
出来レースイヤン

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:11:06 ID:1FqsdhPw
>>481
禿同

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 21:14:25 ID:9MiwtTmK
談合は書き手が望まないなら始まらない。
「とにかく作品を完結させたい」書き手ばかりならありえるが、
「リレーを楽しみたい」という書き手が多いなら無理だろう。

談合したい書き手がいるなら名乗り出るといい。誰かが賛同してくれるかもしれん。
名乗りでる書き手がいないなら、スクロワの書き手は談合を望まないということだ。

484 : ◆.//7O0o0p6 :2007/02/07(水) 22:25:31 ID:Ucqiefh9
高野のところを投下したいと思います。
談合とか話してるのに結構やったかもしれません。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:34:26 ID:t38TW5Zl
高野死んだか
ラスボスだと思ってたんだがなぁ

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:36:58 ID:+U62b6dM
まだ投下されてないからw

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:42:08 ID:dixY3frY
ww

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:43:43 ID:aLPc2D8W
>>484
投下? 予約の間違いじゃなくて?

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:44:09 ID:foz/iKdK
えーっと……とりあえずレスから15分経ったんだが、まだ投下なし?

>>484は予約宣言ってこと?

490 : ◆.//7O0o0p6 :2007/02/07(水) 22:53:46 ID:Ucqiefh9
すみませんが投下までちょっと待ってください

なんでこんな時間に・・・

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:54:12 ID:aLPc2D8W
ところでな、住民の意見を聞きたいんだが。
仮まとめの掲示板に、徹底sage進行の毒吐き用スレ作っていいと思うか?
心臓弱い書き手は見ないでください。
っていう注意書き置いて。そこで語った内容を本スレに持ち込むのはナシという約束事作って。

何かしらの不満の捌け口ってのは必要だと思うんだ。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:57:47 ID:LlhEJgDA
漢は黙って実行するもんだぜ?

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:58:06 ID:shpB+juD
>>484
二行目の意味がわからん……

>>491
まとめは1氏のページだから1氏次第じゃないの。
勝手に立てて削除されても文句は言えない。
したらばとか借りてそっちに作るなら誰もとめないさ

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:59:24 ID:u5ki62ca
そんな捌け口をわざわざ用意してやることはないと思うが。
ちゃんとした指摘なら本スレで言えばいいしただの中傷ならチラ裏にでも書けばいい。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 22:59:36 ID:+U62b6dM
>>491
したらばに絶対必要かと

>>493
ウイルスチェックでも入ったんじゃね?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:00:21 ID:+U62b6dM
>>494
しかしここで暴言はかれるほうが困る

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:01:12 ID:foz/iKdK
>>491
やるんなら、完全に独立したスレなり掲示板なりを別の場所に立ててやった方がいいと思う。
まとめサイト内に作るってのはやめた方がいいと思うな、俺は。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:04:24 ID:+U62b6dM
>>497
余所ではそういう場所に作ってるぞ
つかしたらばじゃなくてまとめの掲示板だった

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:07:23 ID:t38TW5Zl
そこまでして需要のあるスレかねえ
一部の奴が好き勝手暴言吐きたいだけでしょ
ただでさえ民度低いのに自制もなくしたら救いようがなくなるだろうに

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:11:27 ID:+U62b6dM
だから、ここより民度が高いロワにもあるんだって
そういうとこで皆毒吐いてるからスレがあんまり荒れないわけよ
ぶっちゃけないからこんなに荒れるんだと思うよ

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:12:44 ID:LlhEJgDA
>>485みたいな暴言とか馬鹿はレスはこことは別なところでやってくれるとありがたい

502 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:19:52 ID:Ucqiefh9
一条と雪野から離れるために高野は走っていた。

いつしか激戦が続き凄惨となったE-03から離れ、物静かなD-03に達していた。
そして誰も追ってこない事を確認すると近くの木陰に腰を下ろした。
もう一度インカムを見つめたが、そこからは何の音も聞こえてこない。

烏丸と砺波が無事なまま現れた事から播磨が敗れた事は明白だった。
播磨を言いくるめて手駒にしようとしていても、彼が連絡を取れるようになるまで時間が掛かるかもしれない。
「それまで、どうやって・・・」

これからの打開策を考えようとしたとき、近くの木の陰から「ガサッ」という物音がした。
突如、発せられた音に高野は驚き、腰が砕けるような体勢を取っていた。
どう考えても人が出てくるはずのない状況。おそらく風か小動物。
それは分かりきったこと、それでもこんなことになってしまう。

「フッ」
高野はあまりに無様な格好をしている自分に笑いが込み上げてきた。
こんな危機感を覚えるのはゲームが始まってから初めてかもしれない。
思えば自分は強力な武器を与えられ、駒を得て、常に優位な立場に立っていた。
あまりの危機感の無さから高野は自分が死ぬということを考えなかった。
あまりにも自分の思い通りに事が運ぶので、今度はどう楽しもうかと考えるようになってしまった。

そこへ初めて訪れる『死』への恐怖。
それを前にして高野は改めて自分の死というものに向き合った。
―――私が死んだらどうなるの? このゲームはどうなる? 誰が優勝するの? 一条さん?愛理?播磨くん?・・・
ダメ、アイツらには無理。殺す事も忘れない事も生きる事も
このゲームは私が優勝しないといけない。だから皆死んでいった。

少しゲームを楽しみ過ぎたのかもしれない・・・
そう、それに麻生くんや烏丸くん・・・そしてあの馬鹿が死んで、強者がいなくなって少し気が緩んだだけ。
これは私に優勝しろって言っているようなもの。
これからは遊び心も感傷もいらない。
そう自分に言い聞かせ、改めて播磨からの連絡があるまでどうやって過ごすかを考え始めた。

503 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:23:35 ID:Ucqiefh9
連絡を待つまでの間、一番厄介なのはパソコンの存在。
現在の自分の位置を相手に知られてしまうのは、非常に痛い。
更新は15分間隔・・・更新される時間も大体は記憶している。
更新された瞬間にランダムに移動を続け居場所の特定を避け、播磨からの連絡を待つことにするとしよう。
しかし播磨を味方に付けてもパソコンがある時点で相手にイニシアティブを取られてしまう。
出来れば使用不能にしてしまいたい。
その時、高野の目にあるものが映った。

もしかしたらパソコンを使用不能に出来、さらにもう一つの懸念を片付けられるかもしれない。これを利用しない手はない。
そして高野は首輪に口を近づけていった。


「こんばんは・・・高野です」
そう始めると、高野はフラッシュメモリに入っていた情報のこと、盗聴器のことを事細かに語った。
「フラッシュメモリの情報によって、残りの参加者のほとんどがまとまっています。盗聴器を警戒しているのでそちらには伝わっていないと思いますが」
もちろんそれは嘘。それを信じて必死に動いているのは知る限り沢近だけ

「私自身が処理をしてもいいのですが、現在そのような余裕がないこともお分かりだと思います。そこで先生方にパソコンの処理をお願いしたいと思います。
このままゲーム不成立という事になったら誰の責任になるのでしょうかね? それでは・・・」


報告を終えて高野はフッと一息つき、笑みを浮かべた。
実際に報告はしたもののパソコンに関しては、あまり期待はしていなかった。
高野の真の目的は主催者側から脱出の芽を摘み取ることと・・・・

504 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:27:12 ID:Ucqiefh9
フラッシュメモリに入っていた情報について聞いた時、それに対し明らかに希望を見出した皆の表情を見た時、高野は教師達に激しい嫌悪感を覚えていた。
―――何故、こんなゲームをやらしておいてこんなものを与えるのか?
後に絶望に叩き落すためのものかとも思ったが、教師達のいつもの姿を思い浮かべると本物だと悟った。

生徒達に希望の光を与えて満足ですか?
自分は悪くないと言いたいつもりですか?

このゲームが終った時、きっとあなたは言うでしょう。
『自分も精一杯、生徒達のために努力した』
そんな訳ない。あなたが与えたのは希望の一歩手前にある絶望。
あなたは知らないだけ、希望を持ったまま死んでいく事がどれだけ辛い事か。

だからあなたもこちら側に来て頂きます。
自らの手で自ら与えた最後の希望を消してください。



―――誰かが綺麗なままでいることは許せない。

※ ※ ※ ※ ※

505 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:29:36 ID:Ucqiefh9
高野の密告により管理室の空気は一変していた。
「どっ、どうするんですか!早くパソコンの機能を停止しないと・・・」
ひどくうろたえた様子の加藤が周りに呼びかける。
「パソコンは独立した機械ですので、ここからどうにかすることは出来ませんよ」
刑部がそう言うとと加藤は更に焦り始めた。
「とにかくどうにかしないとゲームに支障が出てきますよ。
ただでさえマーダーが減ってきている中でこのまま残った参加者に結託されたら。」

「何事ですか?」
加藤の叫び声に思わず飛び起きていた郡山が加藤に尋ねた。
「どうもこうもありませんよ」
加藤は今起きた事態を大げさなリアクションを交え、郡山に伝えた。
「まずは連絡をした方がいいので・・」
郡山がそう言いかけたところで加藤の恫喝に遮られた。
「何を言っているんですか!!
 元々はこちらから出たモノなんですよ。それも対処出来ないなんて分かったら私達の立場は・・・」
他の教師の冷たい視線を集めたのを感じ、加藤は少し気まずいような思いがしたが、平静を装いながら続ける。
「それに内容は伝わっているはずですし、何も言ってこないのは私達で解決しろということでしょう」

「何もしないでいいんじゃないんですか?」
熱くなる加藤とは対照的に、刑部は関心がないようなそぶりでポッと呟いた。
「このままでいいわけないじゃないですか!!」
それに対しても加藤は激しく抗議した。
「もしそれが本当に脱出に繋がるものだったら責任は私に、いや私達に来てしまうんですよ!」
加藤の自分しか考えていないような言葉に刑部は顔をしかめた。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:29:38 ID:aLPc2D8W
4円

507 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:31:39 ID:Ucqiefh9
「でもその情報ってフラッシュメモリに入ってたんですよね。ゲーム前に生徒の支給品に触れる人間なんて限られてくると思いますけど。」
そんな加藤に対して笹倉が冷たく、そして強く言った。
その一言に教師達の視線は加藤に向けられた。
「な、なんですか、確かに私は生徒の支給品に触れる機会はありましたけど・・・私だけじゃなかったですよ」
不安そうな顔で周りを見渡す加藤に姉ヶ崎がさらに追い討ちをかけた。
「そういえば加藤先生、開始前にやたらリュックをあさってましたよね。」
自分への視線が一層強くなったのを感じ、加藤は思わず話をそらした。

「それより問題はパソコンのことでしょう。一刻も早く対処しなければ・・・」
しかし懐疑心に包まれた管理室では対処法など出るはずも無く時間が過ぎていった。

部屋にはどうすることも出来ない空気が流れ、誰もがこの問題の解決案から目を反らそうとした時だった。
それまでヘッドホンをつけ、画面を見つめたままだった谷の一言で事態は思わぬ方向へ向かうことになった。



「誰かが回収に行けばいいんじゃないんですかね」


508 :【招待状】:2007/02/07(水) 23:32:44 ID:Ucqiefh9
【午後20〜21時】


【高野晶】
【現在地:D-03】
[状態]:疲労(精神面は多少持ち直している)。警戒態勢。
[道具]:支給品一式(食料0)、薙刀の鞘袋(蛇入り) 、インカム子機
     雑誌(ヤングジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。臭い)
[行動方針] :播磨からの連絡があるまで身を隠す。播磨を言いくるめる。
[最終方針] :全員を殺し、全てを忘れない。反主催の妨害。出来れば教師達にも罰を与えたい。

509 : ◆.//7O0o0p6 :2007/02/07(水) 23:34:35 ID:Ucqiefh9
以上です。
手間取ってすみませんでした

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:34:47 ID:LlhEJgDA
高野の心情いいね、皆のことを考えた上での冷静さと非道さがいい。リレーになってるし。
それに今まで教師側の描写が無かった分、急展開で面白い。GJ!

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:34:55 ID:3v01p+Wv
GJ

なかなか派手な展開になりそうだな
続きが楽しみだ

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:37:35 ID:ivAb3pzw
乙です。
教師陣がどう動くか楽しみです。
にしてもほんとカオスな展開。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:38:00 ID:u5ki62ca
人数も少なくなってとうとう管理側にも大きな動きがくるか?
今後が楽しみな展開ですな。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:48:39 ID:aLPc2D8W
乙ー。面白かったっす。
先生方もこれから展開に絡んでくるのか・・・生徒の数が減ってたからある意味起死回生の一発かもしれん。
しかし先生方もパソコンで場所がわかるんだよなぁ・・・やべぇ戦いが始まりそうじゃねぇか。

あと、すごく細かい指摘なんだが。
>その時、高野の目にあるものが映った。
っていう描写は、首輪に関しては不自然かと。
「その時高野はふと、昨日から首につきっぱなしの異物の存在を思い出した」
程度に直したほうが適切かと。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:53:51 ID:XaWFaXEV
超GJ!!
高野カコイイYO高野

ショボーンな流れを引き戻してくれてマジ感謝




さて、朝方書いてた駄文はどうすっかな……(;´∀`)

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:56:07 ID:TQREThiq
ちょっと質問。
この続きって教師がオープニングで登場した兵士を連れて行っても問題無いの?
また、直接出向く以外の手段を使うのは駄目?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 00:04:35 ID:KpDfHJaO
兵士が行っても良いとは思う。
だけど兵士が言うこと聞くかとかは書き手次第。
誰の指揮下にあるとか今まで描写されたこと無かったと思うし。

>>515
そんな時のための没スレですよ。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 00:06:28 ID:bl8zoz3W
>>516
どっちでもいいんでね? 後続にお任せって感じかと

終盤になって主催者が現地へって展開はありきたりだけど分かりやすくていいな。
教師組の落としどころを考える上で一番やりやすそうだ。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 00:08:05 ID:OsQ1pDRl
>>516
谷は提案しただけだから、他の教師がびびって騒ぐかもしれないし兵士がまだいれば(読み返してないから解らんが)連れて行こうとするかもしれないし
あとは描写次第だろ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 00:44:42 ID:NtrzOGxd
とりあえずGJ!
やっと教師達も動きそうだね。教師も予約対象になるのかな?
あと兵士は黒幕側のコマだろうから、パソコンの回収でメモリの存在を隠したい教師陣にとっては隠蔽の対象になるのでは?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:21:52 ID:uiCtRVq4
乙!
面白かった!
矛盾もないし文句無し!

それと兵士のことだが
>>520がいってることが正しいんじゃないか?

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:25:53 ID:K5kTwBVv
仮にも管理人である教師が勝手に外出しちゃまずいだろう。
理由を伝えないと殺される。
メモリの存在を隠すのは今更できないんじゃないか

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:33:11 ID:fzVKykXX
盗聴器の音声は、兵士も聞いていると思われ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:40:26 ID:fzVKykXX
【大人達の戦い】読めばわかるよ。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:42:52 ID:MZuN2zb9
教師参戦面白そー

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:49:30 ID:0jq2h9bO
八雲に荷物渡した教師が今一番疑われてるよな絶対
監視カメラで記録はとってあるだろうから

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 01:51:47 ID:MZuN2zb9
まだそこまで思いついてない、もしくは思いついても誰も発言してないけどな
焦ってるようだし絃子と葉子以外は思いつきそうにない
でもこの二人は思いついても提案しなさそう

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 02:32:41 ID:SacKFs2x
むしろ谷サの行動が誰よりも不気味すぎ

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 03:11:51 ID:SL5DSNZo
しばらく目をはなしてたら色々あったな
俺はcbの人がスクロワの功労者で成長株だと感じるしこの人がいなかったらスクロワは完結しないと思う
だから今回は残念だけど次からはまた頑張って下さい

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 07:50:03 ID:fzVKykXX
さて、ここでもう一度毒吐きについての話。

やっぱり、必要悪ではあると思うんだ。
例えば修正議論なんかの時、煽りあいなんかは毒吐きでやらせておけば
本スレには議論の本質(どこが問題点か、どう直すべきか)だけを載せればいいことになる。
まとめにおいてもらうようお願いするか、したらば借りるかは後で議論するとして、
まずは作るべきか作らざるべきかを聞きたい。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 08:22:14 ID:dGdRzNUt
毒吐く前に冷静になれ、ってのは不可能なんかな。
煽りたいだけの奴はともかく、書き手側が何らかの意見を言う際に言葉を選ぶくらい出来るだろ、と。

個人的には、何だか便所のタン壺みたいで嫌だな。
作るんなら、せめてまとめサイト内に作るのだけは勘弁して欲しい。

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 08:53:35 ID:hVu2T4HZ
ノートパソコンの新機能は放送直後に追加されるみたいだから、
高野たちは既に知っている又は放送後一度もノートパソコンを起動していない
ということでいいのか

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 09:02:57 ID:6frCYMaa
毒吐きはあった方が良いと思う
単なるいちゃもんとか展開批判とかはそっちに誘導できるし

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 10:19:01 ID:k24lRXHl
>>532
もちろん

>>531
ただでさえ今まで冷静になれないヤシがたくさんいたんだ
毒吐かなくてすむならそれにこしたことはないが
そんなの不可能な訳よ。今までの話見てれば分かるだろ
確実に毒吐きは必要だと思う

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:19:19 ID:hVu2T4HZ
「開演」を読み直したら放送後にノートパソコン使ってた
高野一条雪野は知ってるということか。混乱させてすまん

烏丸対策にならず、高野の思考と矛盾しない
便利な機能じゃないとダメということか。難しいな

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:22:08 ID:8csxnJuH
>>535
触ってないからw

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:25:23 ID:8csxnJuH
妙ちゃんの新機能説明出てきてないし
少なくとも晶は新機能知らない

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:34:50 ID:h9jOWn/d
ノートパソコンの件は映像が流れるのは放送「後」というだけで、放送と同時に映像が再生されるわけではないし。
開演の後は「まだ機能を知らない」で話は進んでいたから、やっぱ「まだ機能は知らない」なんだろ。
ちなみに、前回の放送では「とっておきの機能」という妙ちゃんのコメントつきだった。ぶっちゃけ、.Cb氏の今回の作品で追加されてた機能を流用してもよいと思うよ。

あと、毒吐きについてだが。
あれは煽りや言葉が荒い輩を「毒吐きに行け」の一言で一蹴し、本スレでスルーできるという利点がある。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:53:25 ID:IPa/OypE
>>538
デメリットとして、擁護側についたアレな子(工作員含)は「毒吐き行け」じゃ規制できないことだな
愉快犯がみんな擁護側についたらそれはそれで厄介

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:58:47 ID:h9jOWn/d
>>539
そういう擁護は、「毒吐き行け」じゃなくて「根拠を述べよ」って言ってやればおkだと思うぞ。
もし、本当に作品に問題があれば、毒吐きの中で問題点が挙げられて、本スレに下ってくるだろうし。
題がだ

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 12:03:18 ID:h9jOWn/d
>>540の最後の一行は無視してくれ。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 14:42:34 ID:9/3tL9N6
毒吐きが立ったことで空気が良くなったロワならたくさんあるけど
悪くなったなんてのは聞いたことないしな

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 14:46:43 ID:p+1YFUVc
とりあえずしたらばあたりに立ててみて、ダメならまた考えれば良いのでは?

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 15:01:04 ID:9/3tL9N6
まとめの掲示板に立てるべきだと思うけどな

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 15:13:14 ID:h9jOWn/d
457 名前: 1 [sage] 投稿日: 2006/08/30(水) 07:56:36 ID:???
まとめサイトの掲示板で議論して頂く分には一向に問題ありません。
むしろこのスレは作品投下がしやすい環境である事が望ましいので、議論はぜひまとめの掲示板でお願いします。
必要な時に誰でもスレを立てたり議論できると思ってしたらば借りたので…
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/7347/1155642030/

って前に1の人も言ってたな。

546 :1 ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/08(木) 18:37:47 ID:z+fvGv9C
他のロワの毒吐きスレの状況を全く知らないのですが、個人的にはまとめに立てても大丈夫な気がします。
したらばには強制sage機能があるので、見たくない人は見なくて済むようにする事も可能です。
ただ、私には皆さんが吐きたいと思っている"毒"がどのような物か分かりませんし、
他のロワではどのようなレベルの毒が吐かれているかも全く知りません。
ですが、まとめの掲示板に毒吐きスレを立てるのでしたら、
特定個人に対する明らかな暴言や誹謗中傷等があれば、こちらの方でそういった発言の削除を行う可能性があります。
(とはいっても本当に暴言しか書かれていないレスや法令に反するような物くらいしか消したりしないとは思いますが)
それでも大丈夫でしたら、まとめに毒吐きスレを立てて頂いてもOKだと思います。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 19:21:10 ID:dpS7+HFP
そもそも人間が毒を吐くなんてできるわけないじゃないか。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 19:50:53 ID:dPeKHSKR
>>547は早く頭のネジを探す作業に戻るんだ

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 21:59:00 ID:LA6eRjMq
そんなことはない!!
右腕を失ったブロッケンの新必殺技とは、毒ガスを吐くことに違いないだろう!!!!

関係ないですか。そうですか。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 22:35:57 ID:fzVKykXX
それじゃあ、1さんに感謝しつつ確認するが。


まとめに毒吐きスレを建てます。徹底sage進行のスレです。
そこでは、率直な意見をぶつけてよいものとします。つまり、作品を感情論で語ってもおk。ただし、それも筋の通った主張でなければ周りから叩かれるのは自分だということを忘れずに。
煽り耐性がない方の使用はお勧めしません。また、毒吐きに慣れすぎて本スレに戻ってこられないなどという事態が起らないよう注意してください。
本スレで痛い子が出たら、優しく誘導した後、本スレではスルーしてください。後は毒吐きスレで適当にあしらいます。
毒吐きスレには、修正要請の案を練るなどの有効な使い道もあります。頭に血がのぼったらまずは毒吐きスレに書き込んで、落ち着いてから紳士な態度で本スレに参加しましょう。


ってな感じで、日付が変わる頃までに激しい反対とかなかったら建てます。
まぁ、毒吐きスレがどんなものか知りたければ、アニロワでも覗いて見ればいいと思う。あくまで参考だけど。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 23:01:20 ID:dGdRzNUt
了解&乙

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:21:38 ID:YhdjQGkL
毒吐きスレでは過去の作品を蒸し返したり
言ってもしょうがない文句を書き連ねたりしてもいいんだよな

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:42:50 ID:tue60V6A
まだ毒吐き立たないの?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 06:04:09 ID:/1fKepqB
すみません、仮眠のつもりが爆睡してしまって・・・。

毒吐きスレ建てました。
用法・用量を守って正しくお使いください。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 06:05:12 ID:qi5PHTUk
イエッサー

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 19:04:04 ID:ObEFLQJT
携帯電話とパソコンのせいでがんじがらめになり
誰も予約できないこの状況。さらに教師陣の行動も制御しないといけなくなったから
もう完全に手詰まりだろうこの状況

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 19:20:14 ID:y/DR8CJc
そんな状況をいかにしてさばき、盛り上がる展開を作れるかが、書き手の楽しみなんだがね。

いかんせん今は忙しくて書きたくても書けない。
来週末になれば時間ができるから書ける。
まだまだこの企画を倒れさせんよ。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 19:23:52 ID:3kQXBw4M
携帯とインカムが分かれたから、まだ何とかなるっしょ。

簡単な繋ぎ程度なら俺でも書けるし。
その分文章レベルは低いがなorz

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 19:36:09 ID:KnCgcsCK
こういう時こそダメ子ハネ子がry

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 21:21:44 ID:qyOemV8c
そうか、死んだと思っていたダメハネが復活、つーか実は生きていたという展開か!
いや待てよ、それなら今まで行動してこなかった理由がわからんな
むしろ死んだ時の状況から察するに……

こ の 二 人 が 真 の 黒 幕 か !!!!!!!!!



561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 22:50:42 ID:rx8yLClq
>>557氏のようにスクロワを終わらせまいと頑張る時間のない書き手がいるように、
急展開で数々のフラグをへし折って企画を頓挫もしくはグダグダな結末に
導こうとしてる時間たっぷりの書き手もいるが別にいいよな

562 :本編が(ry:2007/02/09(金) 22:54:27 ID:/1fKepqB
>>560

http://takukyon.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/clip/img/84.jpg


後悔はしていない。

563 :本編が(ry:2007/02/09(金) 22:55:12 ID:/1fKepqB
ごめん、やっぱ後悔した。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:00:15 ID:ZsoWanrX
>>561
はっきりと誰なのか言ったら?

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:02:38 ID:hoet/hZF
>>562
絵、描いてもいいっすか?明日になるけど

566 :本編が(ry:2007/02/09(金) 23:07:27 ID:/1fKepqB
>>565
ダメハネは、俺だけのものじゃないんだぜ!

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:11:02 ID:hoet/hZF
>>566
サンクス!

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:14:42 ID:7VlvXt59
>>561、564
毒吐きいけよ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:40:08 ID:ZB7H2UYu
パソコンの新機能についてだけど
1.すごく便利な機能
2.でも、今すぐ役に立つモノではない
と言う認識でOK?

一例として挙げるなら、某ロワに出てきた「禁止エリア指定機能」とか……

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:52:11 ID:EWkPKpqe
2番はどうだろう
過去の作品では放送後すぐに機能追加されてたから
高野達は知ってると思ってたが上のほうの議論によると知らないらしい。
今すぐ役立つものでもいいんじゃない?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 03:05:53 ID:xVswv2kz
某ロワが一瞬で浮かぶ俺…

前に没ネタであった気がするんだけどマーダーランクとかどうだろうかと思った
イチさん煽るだけかorz

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 03:46:22 ID:ggwx56QU
それなら「誰が誰を※したか」まで判ると良いかも

高野かなりヤバスな展開になりそうだが……
ってか西本を無実(?)の罪で撃ったイチさん自殺しかねんなorz

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 04:17:51 ID:AVJUogK8
>>572
いや、その話だったら烏丸の方こそ完璧な「無実の罪」だろ。

イチさん・・・高野の件でこの事に気付いているぞ。
やべーじゃん。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 04:55:54 ID:ggwx56QU
わ〜す〜れ〜て〜た〜



……って、オカッパ首チョンパしてるが、やっぱイチさんフィルタだと“有罪”なんかな。

対高野評価については『最後の一押し』になりそう。
沢近・八雲は敵討ちな分、ギリギリセーフ……か?

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 08:50:48 ID:8bfUay88
イチさんフィルタにかかれば、「殺そうとした」ことだけでも有罪なんじゃね?
まぁ、イチさんフィルタってのは自己正当化の一種だから、いくらでも都合のよい判断をさせることはできるが。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 08:56:52 ID:ZLJnVHlK
イチさんフィルタっていうのは
『人殺しは死ぬべき。ただし自分は今鳥に救われたんだから生きなくてはならない』
っていうおそろしく都合のいいものだから、
沢近→ハリーを殺し城戸を殺しアウト
八雲→立場が同じなのでセーフ

ってなるんだろうな。ただし沢近は殺人を止むを得ないものと思っているし
八雲は自分は死ぬべきだって思ってるのが面白い

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 09:14:26 ID:Wy79OaPl
イチさんがここまで狂うなんて誰が予想しただろうかw

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 10:28:35 ID:CD8i1cdy
もともとメンタル面が弱い子だから。
逆に乗り越えたら間違いなくトップクラスだったんだが。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 11:40:09 ID:iidxO3Jo
俺もマーダ―(?)になったイチさんを見てちょいショックだったけど
身も心もズタズタの終盤で生き残っての結果だから十分良いと思った。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:38:12 ID:Tb3U0XbJ
まぁ、イチさんの動向が今後のスクロワにおける見所の一つなのは確か。
今鳥の死がここまで大きな流れを生み出すとは誰が予想しただろうか…ってそれは結構みんな予測できたか。

ところで、死亡が他のキャラに大きな影響を与えた奴はスクロワには多いけど、皆の中で一番印象深いのは誰の死?
俺は天満。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:41:44 ID:YY36AkVg
最近忘れられてるが東郷

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:45:07 ID:CD8i1cdy
個人的には美琴。痛々しさトップ…。
数分間殴られ続けた挙句、ナイフぶっさし。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:46:04 ID:/zi9SNz1
天満
衝撃的だったのは烏丸、麻生
ショックだったのは東郷

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:48:58 ID:cUBJbAcD
周防かな ボコボコにされて逃げようとはいずりまわって死亡と
準レギュラーらしからぬ悲惨な最期だった

ところでメンタル面は八雲よりイチさんのほうが弱いんだろうか?

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:48:59 ID:/cpWbHc0
田中&冴子が綺麗だった

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 12:54:36 ID:uQYiGE5S
冴子の死に際は綺麗すぎてビビった

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 13:08:42 ID:665Evt0U
冴子はもうちょっと掘り下げて欲しかったな

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 13:30:00 ID:g7r69+kG
>>580
衝撃的:烏丸・西本・美琴
ショック:東郷・隣子・冴子
もったいない:花井・サラ・奈良

もったいないの三人はもう少し活躍して欲しかったな……
しかし東郷は本当にショックだったよ

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 18:08:34 ID:CD8i1cdy
もともとでなら八雲もメンタル面そんなに強くない。実際自殺しようとしてたし。
今の八雲がいるのはなんだかんだで花井の説得の影響が強いと思う。

花井はメンタル面強かったな。決意の仕方がカコイイ。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 18:36:50 ID:QsudRT00
あれは正直青臭すぎたけどなw

つか八雲も狂うと思ってたんだけどなー
天満の死を聞く前からフラグびんびんだったし

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 18:44:28 ID:Z+aEU/9n
開演が終わった時点でまともな奴より狂ってる奴のほうが多かったから
八雲を狂わすわけにはいかなかったんだろ 前の話の流れ的には狂っても良かっただろうが
てか偶然にも一条と八雲は同じ考えにいたって別の答えに達してたんだな

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 19:32:35 ID:jJ9KYWJo
>>591
> 一条と八雲は同じ考え
なんのこと?悪魔の囁きを聞いたってことか?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 20:09:31 ID:Z+aEU/9n
>>592殺人者は殺されるべきだから倒したけど自分も殺したのだから死ぬべきかどうかっ考え

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 20:09:35 ID:BoYZYbiG
人殺しは悪い、罰せられるべき。じゃあ自分は?という考え(というか一般常識)に対して

一条→今鳥に助けられたのだから問題ない
八雲→自分も死ぬがタダで死ぬつもりはない(花井やサラに悪い)

ってことか?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 21:28:10 ID:Tb3U0XbJ
八雲とイチさんの心理は難しいところだな。
つうかそう考えると、早々に花井の周りの女を消す覚悟をしたつむぎはある意味凄い奴だった。
まぁ、最終的には花井まで殺してしまおうとする位狂ってしまったが…

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 21:35:15 ID:9oL4bp8x
東郷の死はショックだった

まぁ花井のはもっとショックだったよ
前の話が良すぎただけに

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 21:36:35 ID:/cpWbHc0
>>595
だがそれがイイ!!

狂い系マーダーが好きな俺は斎藤と結城がお気に入り

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 21:50:52 ID:tOReLkYN
死者名鑑のつむぎんコワス

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 22:48:51 ID:tZHmYYNn
てえかあれは誰だ?

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 23:19:16 ID:T35DAqbX
大塚「暇だから今回は武器に関する考察をやろうと思うわ」
結城「放送後の見所まとめるだけじゃないの? 節操ないなー……」
大塚「何言ってるのよ! この世界は出番があってなんぼでしょうが! 無ければ無理矢理でも作る!」
結城(……ああ、ついに>>562でダメちゃんの初イラストが出たから焦ってるんだ……)
大塚「じゃあ、早速特別ゲストを紹介するわ!」
結城「ああ、ついにパクリもここまで来るなんて……」
大塚「せっかく武器に詳しかったのに即ズガン! ロワという数少ない活躍の機会を逃した坊主、坊乃岬君!」
坊乃岬「どうもー!」
飯合「同じ時期にズガンされたよしみで俺も来ましたー」
結城「あ、原作で殆ど出番がなくて個性の把握が困難だからズガンされた二人だ」
大塚「同じ状況でも冥界で見事個性を勝ち取ったダメハネとは雲泥の差ね」
坊乃岬「……そこまで言わなくてもよくない?」
飯合「なんか変な所までパクってるな……」
大塚「ゲストを最初になじるのは欠かせないわよ。じゃあ坊主君、早速だけど今回のロワでの活躍武器を語ってよ」
坊主「あ、名前まで略すんだ……このロワ全体では刃物の活躍が目立つね。最近は銃器も活躍しだした印象だけど」
飯合「やっぱ上位マーダーがナイフ使ってたのはでかいよな」
大塚「じゃあ早速、今回のロワで血を吸った武器ランキングへGo!」

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 23:20:40 ID:T35DAqbX
血を吸った武器ランキング(『招待状』まで)

1位 突撃ライフル(コルトAR15) (5人/今鳥、ララ、天満、結城、鬼怒川)
2位 首輪 (4人/塀内、寄留野、音篠、奈良)
2位 スペツナズナイフ (4人/梅津、嵯峨野、東郷、三沢)
4位 UCRB1(サバイバルナイフ) (3人/天王寺、吉田山、菅)
4位 モスバーグM500 (3人/飯合、坊乃岬、斉藤)
4位 黒曜石のナイフ (3人/石山、周防、冬木)
7位 デザートイーグル (2人/ハリー、城戸)
7位 UZI(サブマシンガン) (2人/サラ、花井)
7位 ショットガン(スパス15) (2人/西本、烏丸)
10位 笹倉の拳銃(機種不明) (1人/種田)
10位 シグ・ザウエルP226 (1人/永山)
10位 スタンガン (1人/野呂木)
10位 M-1600(ボウガン) (1人/田中)
10位 薙刀 (1人/大塚)
10位 弓&ボウガンの矢 (1人/麻生)
10位 ドラグノフ狙撃銃 (1人/砺波)
10位 日本刀 (1人/岡)

大塚「……って感じね」
結城「やった、私の銃しっかり上位だ♪」
大塚「だからあんたのじゃないでしょうが。それはそうと、やっぱり上位はナイフ系が多いわね」
結城「城戸さんはスペツナズナイフに相応しく一本一殺したし、ハリー君もナイフだけで大暴れしたもんね」
大塚「その一方で銃としてはAR15が光ったわね。」
結城「しかもそのうち二人が撲殺だもんね。……そういえば、私もあれにやられたんだっけ……」
大塚「そこ、黒化しない! しかし、刃物と銃の殺害比は12:17だから、実は銃殺の方が多いのよねこのロワ」
結城「初期マーダーの暴れっぷりの印象が強かったから意外だ……」
飯合「意外と言えば、俺達のスルーされっぷりは……」
坊主「大丈夫、想定内だったからorz」
大塚「あと、見逃せないのが首輪ね。結構犠牲者が出てるわ」
結城「冴ちゃんの自殺、ハネちゃんやかおりちゃんの見せしめ、奈良君の発狂自爆とよりどりみどり」
大塚「……ロワ見てて思ったんだけど、首輪自殺って実はかなり手頃な安楽死な気がするのは私だけ?」

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 23:22:15 ID:T35DAqbX
大塚「じゃあ今後の展望を語りましょうか」
坊主「AR15はまだまだ弾数が十分あったけど、さすがにもう回収は無理だね」
飯合「回収しなくたって大概皆武器持ってるしな」
坊主「腕力的に一条さんならスパス15を扱えるし、これからも数を伸ばせるかもね」
飯合「シグ・ザウエルも持ってるんだっけ。こりゃ高野もやばいかもな」
大塚「雪野はやる気こそないけど、一条さんと一緒にいる以上武器は豊富だわ。薙刀や日本刀もあるし」
結城「もういっそ高野さん一人に向けて全弾発射でミンtうわなにすんだやめ」
大塚「沢近さんもデザートイーグルの残弾は少ないけど、スコーピオンもあるし」
坊主「三原さんは大量の弾薬付きのUZIとベレッタか」
飯合「八雲ちゃんは弓矢あるし」
大塚「播磨君は使いこなせるかはともかく、ナイフ類が充実……ほんとに丸腰の高野さんはピンチね」
結城「だからみんな高野さんと八雲ちゃんに向けて使っちゃってミンtあっちょっと塩かけないで塩ぶ」
大塚「……ま、それでも高野さんならひっくり返しかねない雰囲気があるからさすがだわ」
坊主「これが噂の"何が起きるか分からない論"か……噂に違わぬ予想しないっぷりだ」
大塚「ここで変な妄想垂れ流したせいで書き手の人の選択肢狭めちゃだめでしょ。これでいいのよ」
結城「私は全員死ねばもうどうでもあっやめてお経のCDなんて流すのやめ」

大塚「……ふう、今回もいい暇潰しになったわ」
結城「と、溶けるかと思った……」
大塚「あんたも本当にタフねえ……まあ、次は放送前にでも会いましょう!」
結城「あ、ついにシリーズ化を狙うんだ……」
大塚「こういうのは書いた者勝ちよ。あと、私の絵を書いてくれる人も大募集するわ!」
結城「……ダメハネの作者さんみたいに、自分で書けばいいのに」
大塚「あんたは美術で2以下しか取った事がない奴の絵を見たいの?」
結城「……SSも絵もいけるって、すばらしいよね」
大塚「だね」

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 23:35:35 ID:tZHmYYNn
死んでも黒いつむぎワロスww

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 01:26:25 ID:zDCR/p3I
つむぎのキャラ崩壊は異常だな だがそこがいい!!

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 01:29:22 ID:yJfqm+Uo
キャラがどれも原形をとどめてないけどなw

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 03:30:09 ID:OvlBTBC+
連休なのに予約すらない
完全にオワタ

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 03:41:21 ID:i/jql7Sy
あと一週間ほど待とうぜ
それでも予約来なかったら……


どうしよう(´・ω・`)

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 03:47:57 ID:l16nBQLn
こらえ性のないやつらばっかりだ。
話も終盤に入ってよく練らなきゃいけないこの時期、一ヶ月投下なくたって驚かんよ。

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 08:35:57 ID:2JbHShcs
なぁに、ハンタ再開を一年も待ってる俺からすれば一週間なんてすぐだぜ!
しかしつむぎ黒いよつむぎw

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 08:36:43 ID:nRFQdq7c
残った7人ともがいい感じに狂気を内包していていい感じだな
まともと言えるのは三原だけか・・・

職人さん達の技量次第だけど、今のままだと複数勝ち残りにはならないだろうなーと思う俺w
なんつったっけ? ゼロサムゲームだっけか?

沢近・八雲・播磨・高野・雪野・一条・三原
誰が残っても、誰が死んでも、どういう結末になっても、最後まで付いてくし
きっと納得すると思う

楽しみにしてます頑張ってください
あー漫画最萌でカレリンがヒナギクに勝って気分いいw

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 08:54:07 ID:EX7/JQpn
>ゼロサム
いや、違うと思うぞ。
ゼロサムってのは自分が利益を増やしたら競争相手の利益が減るってゲームだから。
分かり易いので言うと誕生日会のケーキの奪い合いだな。
誰かが一個多く食べたら他の奴のもらえる分が必ず減るって状況。

まあ一人勝ちしかないという意味では近いが。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 12:56:04 ID:EjhzBZ/D
実際には問題点がありながらも積極的な書き手達がいるわけで、
長期間構想を練ってる人にチャンスがくることはないだろう。
人数も状況も変わってしまうわけだから。
3月までは構想期間ということでネタ系以外の投下禁止にしたらどうだろう

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 13:16:10 ID:gerMbv+O
その間に過疎化したりしてナー。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 13:38:55 ID:88/tB0vs
溜めの期間をおくのはいいかもな
受験シーズンだしロワから一度離れるのもいいかもしれん

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 13:47:18 ID:JEPncQM9
構想している話があるので投下禁止は反対させてください。
思い付いた直後に書かない場合、時間が経つほど書けなくなってしまうので。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 13:49:12 ID:jYzLtB9e
俺も今構想中の話がある
某MAD見てちょっとやる気が出てきた

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 13:56:34 ID:zDCR/p3I
早めに投下してくださいね〜 wktkして待ってます

618 :1 ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 13:59:21 ID:vKPuAJ2T
私としても3月まで待たなくても、投下出来る時にはいつでも投下して頂ければと思います。
…むしろ、個人的には3月中にこのロワが完結してくれる事を願っています。
というのも、私事ですが就職やら何やらがあり、4月以降はまとめの更新ができるかが完全に不透明なので。
現状はりアルタイム更新こそ困難とはいえ対応できていますが、時間が経つ程にこちらも厳しい状態になりそうです。

ここまで書いておいてあれですが、決して展開を急かすつもりで書いたのではありません。
あくまでも上に書いたのは私個人の都合とそれによる願望であり、実際はこのロワの成功こそが第一だと思います。
ただ、わざわざ3月まで投下禁止にしては人が離れてしまいそうなので、それには反対です。

>>562
スクロワ初イラストをありがとうございました。
今までそういった作品がなかったので内心感激しています。
もしよろしければ、まとめの方で掲載させて頂いてもよろしいでしょうか?

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 14:18:25 ID:jYzLtB9e
>>618
毎度乙です
もし4月までに終わりませんでも月1回ぐらい更新してもらえれば全然平気だと思います
それでもダメそうなら、誰かがまとめ管理の引き継ぎやりますから安心してください
もちろん1さんがやり始めたことですので、自分で最後まで見届けたいでしょうし
俺個人としても1さんに最後までやって欲しくはありますが

なにはともあれ、これからも頑張ってください

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 14:27:29 ID:88/tB0vs
3月末が目処か じゃあ自分に出来そうなことはないな……

とりあえず一条組を誰かがやらないと沢近も八雲もハラミも動かせないし
なんとかしないとな

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 14:28:59 ID:jYzLtB9e
>>620
ほんの少しでも話を進めてもらえると書きやすくなるって場合もたくさんあるよ

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 14:34:18 ID:nif87nqN
前の放送の時だって、構想期間ということで長くした結果このありさまじゃないか。
放送前まで投下ラッシュだったのに、あの構想期間のせいで………

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 14:43:07 ID:3G4x5MiF
待てとか言ってるやつは工作員だろ

624 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:03:43 ID:vKPuAJ2T
一条、沢近、雪野で書いていたものが出来たので投下します。

『送受信』

625 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:04:14 ID:vKPuAJ2T
なおも止まらぬ涙を拭い続ける雪野の横で、一条はパソコンの電源を入れた。
あれから彼女は何度も雪野を慰めようとしたのだが、結局それが通じる事はなかった。
雪野はただ嫌々と首を振り、そして泣き続ける。
目の前で砺波に死なれ、大勢に死なれ、挙句高野が銃を隠し持っていた。
それだけの出来事が立て続けに起きたとあっては、か弱い彼女ではどうにもならないのだろう。
……しかし何より、一条にはそれなりの慰めの言葉こそかけられど、肝心の雪野の質問には一切答える事ができなかった。
人殺しか、何もせず死ぬか。自分は唯一今鳥のお陰で汚れる事が許されているとはいえ、一条には決して答えられない命題。
一条はそのうち慰める事を諦め……いや、その質問から逃げた。
そして状況の確認をしようと一人呟き、パソコンを起動させたのだった。

砺波救出作戦開始と共に、一旦落としていたパソコンの電源を入れる。
見慣れた起動画面が出た後、殺風景なデスクトップが姿を現し……次に、妙な機械音が鳴り響いた。
画面には数字が浮かび、一つずつ減っていく。どうやらカウントダウンらしい。
「……追加機能?」
西本から聞いていた、放送ごとに追加されるというパソコンの新機能追加が始まったのだと一条は気付く。
いつしか一条の横には目を赤くした雪野が並んでいた。画面の青白い光が、暗がりの二人の少女を怪しく照らし出す。

『こんばんわー! これから二度目の夜だけど、みんな頑張ってる?』

そして、これも西本から聞いていた通り、姉ヶ崎が映るムービーが始まった。……格好は、普段の白衣だが。
とはいえ、いつも通りの笑顔をこの状況で振り撒く姉ヶ崎に、一条が好感を抱く筈も無かった。
機能追加等の具合を説明していく画面上の姉ヶ崎に、蔑みと怒りに満ちた睨みをぶつける。

『今回はお洋服はシンプルだけど、追加機能はすごいよ!
 ジャーン! なんと、今パソコンにある地図で、どこに誰がいるのかが名前付きで分かるようになりました!
 今まではただ点があるだけだったけど、これからはどこに誰がいるかが一目瞭然だよ!
 これなら、大好きなあの子がどこにいるかもすぐに分かるね!
 あの子が他の子に殺されちゃわないうちに、自分の手で……なーんて事も全然OK!
 じゃあみんな、6時間後にまた会おうね! それまでに大好きなあの子を殺せる事を祈ってるね!』

「ふざけないで!」
姉ヶ崎が消えると同時、響き渡った雪野の叫び。一条はそれを慌てて抑えたが、内心では雪野と同じ気持ちだった。
終始笑顔を浮かべ、それであれだけの事を平気で言った姉ヶ崎に対し、一条とて怒らない筈がないのだ。
まして"大好きなあの子"と言われた時、一条の頭の中には彼が……今鳥恭介の笑顔が過ぎってしまっていた。
彼女にとってはもはや最後の支えである彼を思い浮かべたとあっては……
「……そう言えば、学校にあるこの点って、先生達ですよね?」
地図画面を開き、一条は真っ先に学校があるD-06を睨む。そこには種田と塀内の名が添えられた点の他に、6つの点があった。
これまで誰もそれについて口に出さなかったが、内心では分かっていた事だ。
何せ自分達をこんな目にあわせた教師達の数は、丁度6人なのだから。
「わざわざ、ここにいるんだと私達に見せ付けて……そういう事ですよね?」
絶対に、許さない――こうして一条による断罪の対象は、更に増える事となった。

626 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:05:15 ID:vKPuAJ2T
しかし、さすがに教師達の点にはそれぞれの名前が添えられてはいなかった。
最も、教師達全員をいつかは裁こうと決めた今の一条には、個人の名前などどうでもよかったが……
それよりも、名前は死者にも添えられる物らしい。学校のすぐ上のエリアには大塚の名があった。
烏丸や砺波の主張により、高野の行動により、結局、誰の手で殺されたのか分からない大塚の名は、一条にとっては複雑な存在だ。
……もしも、殺したのが烏丸ではなかったのだとしたら。烏丸や砺波の言う通り、犯人が高野だったのなら……
いや、高野の行動を思えばその可能性は低くない。そうなれば、砺波救出作戦は、そこで自分がとった行動は――
そこで一条は思考を止め、再び視線を地図へと戻した。何せこれ以上考えれば、自分自身が正当化できなくなってしまうのだから。

一条の視線は、多くの黒字の名前が混在したエリア……今一条達がいるE-03に入った。
多くの遺体の名前に囲まれた一条と雪野の名前。そして、それからやや北に高野……
更に、東には播磨の存在もあった。どうやら移動を再開していたようで、場所にしてE-04、ホテル跡の近くまで来ているようだ。
「播磨君、生きていたんですね」
「……そう、ですね」
雪野もその事に気付いたらしいが、彼女の目は一条の怒りに染まったそれとは違い、随分と冷ややかな物だった。
「あの人、今まで何をしていたんでしょうね? ……順子や烏丸君を放って置いて、一体何をしていたんでしょうね!?」
……が、それも一瞬だった。たちまちに雪野の目がつりあがっていく。
「……そうだ。あの人がちゃんと順子を助けてくれていれば……順子は……!」
姉ヶ崎の件でただでさえも荒れた雪野の心は、怒りの矛先を播磨へと向けたようだった。
最も、そこまで彼女の心情を予測できていながらも、一条は特に止める事はない。
彼女とて播磨はハリーを殺した殺人者の一人と認識しているし、だからこそそういった怒りを浴びて当然の存在だと思っているのだから。
……ハリーを殺した人物を考えるにあたり、一条には更にもう一人の人物の存在を思い出した。
地図にしてG-03の南部にある、一つの赤い点。そこには沢近の文字が添えられていた。
「……沢近さん。また、殺したんですね」
最後にパソコンを見た時には、G-03……分校跡にあった二つの点は、確かに両方とも生きていた。
だが、現在は片方が黒点となり、そこに城戸の名が添えられている以上……そういう事なのだろう。

沢近への侮蔑を強めた時、更に一条は気付いた。沢近が携帯電話を、メールを使用した可能性に……

627 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:06:14 ID:vKPuAJ2T
メール画面を開いた一条の眼前に、新着メールを示すアイコンが現れた。
開いてみれば、当然ながら沢近からのメールが届いていた。一条はそのアイコンをクリックする。

『さっき分校跡で城戸さんと戦って殺した。
 首輪の番号はSRBR-8P8GUJR-E。今からH-03に向かうけど、その辺の情報をお願い。
 あと、戦っていて放送も聞けなかったので、それも教えて。
 それと、そっちは今どうなってる?』

先に地図を見ていたから予想はできていたが、やはり彼女は城戸を殺したらしい。
荒れた呼吸と裏腹に冷めた表情の雪野の横で、城戸の首輪の番号を打ち込む一条の表情も、やはり硬い物があった。
そして城戸の番号もハズレと分かれば、彼女のこれまでの数々の怒りの矛先は、まずは身近な"殺人者"へと向けられる事になるのだった。

『一条です。今は雪野さんと一緒に居ます。
 先程の放送では、結城、斉藤さん、ハリーさん、鬼怒川さん、サラちゃん、花井さん、麻生さんの名前が呼ばれました。
 禁止エリアは19時にI-09、21時にF-05、23時にE-02が予定されています。城戸さんの番号はハズレでした。
 こちらは先程の放送後にパソコンの機能が追加されて、どこに誰がいるのかが分かるようになりました。
 H-03には花井さん、麻生さん、サラちゃん、塚本さん、ララさんの遺体があります。生きているのは八雲ちゃんと三原さんだけです。
 それと、放送が終わってすぐに烏丸君と砺波さんがこちらに近づいてきたので、私達は砺波さんを助けようとしました。
 でも、高野さんが狙撃銃で間違えて砺波さんを撃ち殺して、その後烏丸君に岡君が殺されました。
 そして私は烏丸君を撃ちましたが、その時に西本君も一緒に撃ってしまいました』

沢近と同じように簡潔にこれまでの惨事をまとめた事は、彼女への罰のつもりだった。
一条は打ち込みながらも少し酷かと思ったが、姉ヶ崎のメッセージをきっかけに生まれた更なる怒りによって、その躊躇いもすぐに消える。

『そしてその後、高野さんが拳銃を隠し持っていた事が分かりました。
 今、彼女は私と雪野さんから北に逃げています。もしかしたらあの時砺波さんを撃ったのもわざとかもしれません』

そして、沢近にとって親友である高野の事をあっさりと書き捨てる。これが一条が与える最大限の罰だった。

628 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:07:35 ID:vKPuAJ2T
作成したメールを送信する間、雪野は黙って送信画面を見つめていた。一条はその表情まで窺う事なく、再び地図を確認する事にする。
一条達のいるE-03の隣、E-02に目を向けると、菅原神社の敷地内には一つの"嵯峨野"という黒字が刻まれていた。
「……やっぱり、あれは嵯峨野だったんだ……!」
思わず蘇る彼女との思い出。そしてそこが、あと数時間で禁止エリアになってしまうという現実。
可能なら首輪の番号を調べ……そして、埋葬したい。
だが、居場所がそう遠くない高野や播磨の事を考えれば、嵯峨野の元へ移動する事は困難を極めた。
まさか自分と雪野の二人だけで、パソコンやリヤカーなどを全部まとめて移動できる筈がないのだから。
「……分かってくれるよね、嵯峨野……ごめんね……」
かけがえの無い親友にもう何もしてやれない無力を詫び、一条は視線を地図へと戻した。
嵯峨野はきっと自分の行動を分かってくれると、彼女の笑顔を思い浮かべながら信じて……

現状での生存者は、これまでなぞった分で全てだった。
沢近が向かっているH-03で八雲が生きていてくれた事は嬉しかったが、そこに一緒にいた三原の存在が一条には気になっていた。
サラ、麻生、そして花井が相次いで死んだ以上、その場所で戦いが起きた可能性が極めて高い。
しかし、一体誰が? 誰が花井を殺したのか? 一条にはその状況をシミュレートする事が出来なかった。
H-03にいる者の中で、人殺しを望んで行う人間がいるとは考え難かった。……少なくとも、一条の頭の中で花井と八雲は有り得なかった。
二人は今鳥と行動を共にした、真の意味での一条の仲間だ。人を望んで殺すなど、彼女からすれば100%ないのだ。
となれば、殺しをしたとすれば途中で花井、八雲と合流した麻生やサラ、そして三原なのだろう。
特に、現在も生きている三原。彼女もまた、殺人者なのではないか。
花井と八雲は共に今鳥と行動したのだから、まず人は殺していないだろう。きっと花井は潔白のまま死に、八雲は今……三原と共に生きている。
一条には八雲がどのような状態で生きているかが、全く想像できなくなってしまっていた。
だが、どんな状況であれ、八雲もまた死んではならない存在には変わりない。
沢近を侮蔑しておいて明白に矛盾しているが、八雲も守って貰わなければならないのだ。

……一条は手早くメールを作成し送信した。例え真相が分からずとも、今鳥という絆を信じた上で考えた内容を書き込んで。

それからしばらくして、15分程度で更新される地図が新しい情報に更新された。
同時に新着メールを知らせるアイコンが点滅したが、一条はそれより先に地図を見据える。
すぐに返事が来たという事は、あくまでも事実確認なのだろう。それならば、地図の確認が先決なのだ。
地図上では八雲や三原の位置は変わらず、沢近の位置は先程よりやや南へ、高野は北へ、播磨は西へそれぞれ進んでいた。
その中でも、播磨の進度は他の二人に比べかなり早い物があった。どうやら高野と合流する事はなさそうだが、それにしても――
「……そういえば播磨君、動いているのに何も言ってこないなんて。インカムはどうしたんでしょうね?」
一条と同じように雪野も播磨が気になったのか、軽く吐き捨てる。しかしその言葉に、一条は戦慄を覚えていた。
「――そうだ……インカムの子機を持ってるのは、高野さんじゃ……!」
一条の脳裏に、メロンパンを食べながらインカムをいじっていた、ほんの数十分前の高野の姿が蘇った。
彼女はそのまま逃走したのだ。そう、インカムの子機を持ったままで。
「……じゃあ、播磨さんは高野さんに騙されているかもしれないんじゃ……」
高野と聞いて急にうつむいた雪野をよそに、一条は一人警戒を強め始めていく。
「もしかしたら、高野さんに誘導されているの? それで、急いでこっちに――?」
一条の頭の中で、"殺人者"播磨の存在が大きくなっていく。そして、彼女は無意識に自前のショットガンを手に取るのだった。

629 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:08:23 ID:vKPuAJ2T
「何なのよ……どうなってんのよ!?」
携帯電話で打ちかけていたメール画面が消え、新着メール受信画面に切り替わり、思わず沢近は叫んだ。
砺波の救出に失敗し、砺波が、岡が、烏丸が、そして西本が死んだ。さらに高野が銃を隠し持っていて、一条達から逃げ出した……
最初にメールを送信してから結構な時間を経て帰ってきた一条からのメールの内容は、沢近の理解の範囲を軽く超えた物だった。
返事がなかなか来ず、一時は禁止エリアによって自分の首輪が爆発するのではないかと本気で怯えた。
その恐怖は杞憂に終わったとはいえ、ただでさえも沢近の精神の磨り減り具合は半端な物ではなかったのだ。
それだけに、彼女は一条からのメールの内容を信じる事ができずにいたのだが――
「ほら、やっぱり嘘なんじゃない。すぐにメールを送ってくるなんて……晶ったら、ちょっと悪趣味すぎでしょ……」
初期設定のままの殺風景な受信画面に向かい、沢近は一人悪態をつく。
分校跡よりいくらか南の草原地帯にリュックを下ろし、ぽつんと浮かぶ携帯の薄明かり。
やがてそこに、再び少女の叫び声が響く事になる。

『放送の事を考えると、三原さんは人を殺した可能性があります。気をつけて下さい』

再び一条が書いたと思われるメールは、三原がゲームに乗った可能性を示唆する物だった。
確かに、八雲達がいる同じエリアで3人も一気に死んだとすれば、生存者の誰かがゲームに乗った可能性は高いのだろう。
とはいえ、いざそんな情報を送られてきて、今の混乱気味の沢近が簡単に納得できるはずがなかった。
第一、一条から聞いた話では花井と八雲は共に行動していたはずだ。その八雲と、外部の三原が一緒にいるのはどうなっているのか。
無警戒で感動の再会、というのはまずできないだろうが、本当に危険な人物なのかは沢近には判断できないのだった。

『ごめんなさい、意味が分からない。一体どうなっているの?』

今度こそ親友から『また騙されたね』とバカにしたような返事が帰ってくる事を信じ、沢近は返信した。
気を落ち着けようと、リュックからホットドックを取り出し頬張る。一条の情報では他に人はいないのだから、この近くは安全な筈だ。
飲みかけだった一本のペットボトルの水も飲み干し、ホットドックも完食した。だが……一条から返事が来る事はなかった。
「……そうだ。私はこんな所で止まってる場合じゃないよね」
西本達が死に、高野が裏切った……そんなメールの内容は今も信じられない。可能なら一度、一条達の元へ戻り真相を知りたい。
だが、そんな事をしている時間はもうないのだ。時間が経てば経つほど更に禁止エリアは増えていく。皆の希望が消えていく。
死者の確認なら……最悪、次の放送で分かる。それに、首輪の番号を送るついでに確認だってとれる。
それよりも、今は番号の確認を急ぐべきだと沢近は判断したのだった。
「そうよ、私が行かないと……八雲達の番号を調べなきゃ」
皆を助けたい。そして、その為に動けるのは自分しかいないのだ。
沢近はリュックを背負い、月明かりの草原を再び歩き始めた。
歩いている途中で親友からのメールが来る事を信じ……いや、心のどこかでそれを望んで。
「そういえば、ヒゲの事は何も書いてなかったわね……別に心配してないけどさ」
ついでに、その時には播磨の状況でも書いてあればと……ほんの少しだけ願って。

630 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:09:14 ID:vKPuAJ2T
【午後:19〜20時】

【一条かれん】
【現在地:E-03南部】
[状態]:疲労大、極度の精神不安定状態。人殺し、教師達に憎悪。
[道具]:支給品一式(食料0、水1)、東郷のメモ、ショットガン(スパス15)/弾数:4発、シグ・ザウエルP226(AT拳銃/残弾15発) 
[行動方針]:1.高野、播磨を警戒。 2.人殺しを罰する。 3.教師達も罰する。
[最終方針]:生きる。何があったとしても。
[備考]:自分なりの正義の下に動く。

【雪野美奈】
【現在地:E-03南部】
[状態]:疲労、極度の精神不安定状態。高野への依存と憎悪が入り乱れる。播磨に怒り。
[道具]:支給品一式(食料0)、工具セット(バール、木槌、他数種類の基本的な工具あり)
     雑誌(週刊少年ジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。脳震盪と嗅覚破壊のダブルパンチ)
[行動方針] :とりあえず一条と一緒にいる

【共通:盗聴器に気付いています。】

※薙刀、日本刀、ドラグノフ狙撃銃/弾数9発、パソコン(フラッシュメモリ、バッテリー付き)はリアカーの横におかれています。
 リアカー(支給品*2(食料11、水2)、雑貨品(スコップ、バケツ、その他使えそうな物))はE-03南部にあります。


【沢近愛理】
【現在地:G-03南部】
[状態]:疲労。かなりの精神的疲労、混乱気味。返り血にまみれている。
[道具]:支給品一式(水5,食料8)、デザートイーグル/弾数:2発、携帯電話、vz64スコーピオン/残り弾数20
[行動方針]:1.南方面の人間(死体含む。八雲>他)を捜して首輪を調査
           2.一条ときちんと連絡を取りたい(西本達の事、高野の事、播磨の事etc...)
[備考]:播磨を信用しはじめている。フラッシュメモリの可能性を強く信じる。烏丸が大塚を殺したと認識。盗聴器に気付いています。
     一条が嵯峨野の死体を見つけたと勘違いしています(一条は死体の顔を確認していません)
     一条に不信感。メールの内容を一部信じていません。三原を(一応)警戒。

631 : ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/11(日) 17:10:44 ID:vKPuAJ2T
以上で終了です。
城戸の首輪の番号、追加機能等は◆.Cb.m05RN.氏の作品から流用させて頂きました。
見落とし等があればご指摘頂ければ幸いです。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 17:23:33 ID:+U4vWGPl
Gj!お疲れ様です。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:22:35 ID:3x4KMyBC
GJ
そしてナポレオンは…

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:28:11 ID:i/jql7Sy
GJっす

イチさん&ハラミの今鳥を巡る争いにwktk
てか、下手するとイチさん雪野以外の全員から敵視されかねんな

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:36:27 ID:eiyzGA5r
GJです! 
妙ちゃんは普通の格好かぁ…いや、なんでもない。
高野にも一条にも目をつけられて播磨ヤバイかもな


636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:40:40 ID:96P2gPx1
乙です

>>635
確かに。高野は利用しようと考え、三原は冷めてない疑い
播磨包囲網再びって感じかな

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:47:25 ID:JEPncQM9
乙です、よくまとまっていると思います。
一つ質問なのですが、「高野と播磨が合流することはなさそうだ」という部分、
これは次の話で二人を会わせるのは駄目という事になったのでしょうか?

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 18:53:45 ID:96P2gPx1
>>637
そうじゃないかと
ただ単に今現在、高野と播磨が合流していない現状を表わしているのでは?

639 :本編が(ry:2007/02/11(日) 22:25:00 ID:4Tl9KGO6
>>618

乙ですー。
絵の方は、どう扱ってもおkです。
というか基本的に投下したもんは自由に使ってください。


ただ例のごとく、お勧めはしませんが。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 22:34:53 ID:vKPuAJ2T
>>637
638氏の仰る通り、あくまで『送受信』の段階では合流しそうに無いという意味で書きました。
>>639
ありがとうございます。早速おまけのコーナーに画像のページを追加しました。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 23:27:37 ID:jsEUnOIf
スクランの二次はロワが初という書き手と、
IFスレやS3S5でやったことがある書き手とどっちが多いんだろう

文章に書きなれてると思う作家っている?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 00:15:01 ID:VQJh/pn7
少なくともエースやビッグバンみたいな厨房にゃ書けない筆力だしなーみんな
実力派って呼ばれてるような(クズリ、雲丹、宵待草、コンキスタ、こんこん、レガシィ、雪豹等)
人たちが参加してるのかどうか・・・
ただ、古参の人たちが、果たして人が死ぬ話を書いて平気なのかって疑問はある

そもそも、S3IFスレ全盛期の神々でまだ活動してる人たちってどのくらいいるんだ?

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 00:25:11 ID:cbHajzvO
やべぇ超懐かしい名前が並んでるwww

昔の人の文体はもう覚えてねぇからなぁ。
そういや昔、播磨が死んだ話を書いた人もいたっけか。まぁあれは、死後の話だからロワとはまったく関係ないが。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 02:24:49 ID:nlTtTsWt
毒吐きスレがあんまり機能してないようだが、
あそこって過去のことに対しても言っていいの?
厄介なフラグ立ててくれたとか、特定のキャラ贔屓だとか
ぶっちゃけつまらん話だったとか

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 06:16:41 ID:2pGhT0OV
>>644
当然おkかと
ここで吐いたら空気悪くなるようなことを向こうで言うわけだし
こっちで文句垂れられるより100倍マシ
潔癖性な人や生理的にああいうの受け付けない人は絶対見ないほうがいい
そのためのsage進行かと

まぁ毒なんて吐かないに越したことないんだけど
今までの流れを見た感じそれじゃあ治まんない奴もいるから必要かと

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 10:17:22 ID:cbHajzvO
昔のことを思い出して、ふと気がついたんだが。
あの頃のスクランは(ってか今もだけど)仁丹が毎週毎週新しい展開を出しまくってたから、
それを補完したりアナザー考えたりするSSが主流だった。

ってことはつまり、もともと他の話をきっかけにして作品を作り出すリレーの方式にスクランSS界は慣れていたのではないだろうか?
という考察。

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 10:19:40 ID:+w2SGUUm
割と死者が増えたし、また菅と東郷の俺達が見てるの人来ないかなー

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 11:09:03 ID:sRA/PXnD
交流所見たが、毒吐きスレのことをちゃんと受け入れられない書き手は
問題ありらしいぞ

書き手のためにも毒吐きスレを有効利用するとしよう

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 11:28:27 ID:fwQwJm2s
一部の意見を一般化するな。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 11:44:57 ID:7U9Xf1ZX
毒は使い方次第によっちゃ有効活用出来る。
あそこで出た“比較的まともな批評”を抽出して自らの糧とするスキルがあるなら踏み込むべし。
無理だと思うなら立ち入るなかれ。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 12:05:07 ID:MVx7ibg4
踏み込むも何も全然まともな批評と言うものがないぞ
文章の批評ができる人、過去の作品に対して何かやってやったらどうだろう

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 12:45:36 ID:cbHajzvO
毒吐きがその真価を発揮するのは「問題のあるまたは修正が必要な作品」が投下された時。
それ以外の場合に進むようなら、それはそれで怖い。

文章の批評か。
作者ごと、じゃなくて作品ごとなら何点かしてみてもいいんだが。
それなら別に毒吐きじゃなくても・・・・・・と思う。ただし、いいところ・見るべきところしかださない平和な批評になるけど。


653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 13:16:50 ID:kIFVfxfk
「送受信」は高野と一条が殺り合う前の話で良いんだよね?


654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 14:01:03 ID:hgmt8Yj8
やり合う話は、破棄

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 17:18:06 ID:z49GValy
しっかし、ロワ開始時期に留学生組を入れなくてホントよかったと今更ながら思うな。
まさか原作で、アレほどスルーされるとは思っていなかった…

656 : ◆X7M9O2x/96 :2007/02/12(月) 17:19:14 ID:wGzrpMau
教師陣予約します
そこでなんですが、教師の持っていた銃って全部完全決定してますか?
晩餐において
>教師達の中で情報を漏らした者でも主催者の犬でもなかった者は、今回の電話でさらに疑問を深める事となった。
>このゲームが始まる前、教師達はいわゆる"黒幕"からそれぞれ銃器を支給されていた。
>今も全員が机の上や引き出しの中に置いているが、いずれも生徒達の物より性能に優れるものばかりだった。
とありますが、具体的には書いてありませんし
過去ログを少し見てみてもはっきりとは明言されていないようでした
もしかしたら見落としがあったのかもしれませんので誰か知ってたら教えてください


657 : ◆WoG.1BRwZg :2007/02/12(月) 17:23:30 ID:wGzrpMau
あと、トリップが似てるという指摘がありましたし
自分でも常々似ていると思っていましたのでトリップ変えます
今度からこのトリップで投下しますんでよろしくっす

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 17:42:05 ID:ZAD13aM7
>>656 銃は決まってないはずですよ

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 17:45:15 ID:wGzrpMau
>>658
マジすか
でも確かゴリ山がでかい銃を、葉子さんが拳銃を持ってたような気がするのですが

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 17:55:52 ID:+w2SGUUm
>>659
期待してます
現在判明しているのはゴリ山がAK-47、加藤がイングラム、笹倉が拳銃(機種不明)くらいです。
笹倉はプロローグでダメ子射殺時に拳銃を使用。
ゴリ山は初代スレでプロローグ中に威嚇発砲に使用(ちなみに教師陣紹介のコーナーに機種名記載)
加藤のイングラムは第三回放送で判明しています(東郷メモによればAR15と入れ替えたとの事)

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:00:22 ID:0xqMvVt8
プロローグで絃子も拳銃を持ってますよ

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:00:47 ID:wGzrpMau
>>660
情報どうもです

663 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/12(月) 18:06:54 ID:mwvm7QRc
播磨、高野を予約します。

>>656
期待してます。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:09:52 ID:E7EFq3nR
>>663
頑張って下さい、期待してます

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:16:19 ID:wGzrpMau
>>661
そうみたいですね

>>663
こちらこそ期待してます

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:36:59 ID:4ew4Ge48
連休の最後の日に予約が入るという不思議

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:07:55 ID:dyR7IcGR
きっと連休の終わりに予約することで
wktkした状態で憂鬱な日常に戻らせてやろうという書き手の配慮なんだよ

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:20:17 ID:IRR/awCs
>>663
次こそは没にならない作品を書いてください

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:23:04 ID:IRR/awCs
追加
播磨と晶の今までの心情や行動理念やらをちゃんとリレーしてれば、
独りよがりにならなければ問題視されることはないからマジ頑張って。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:24:47 ID:4ew4Ge48
ただ高野の口調も氏の場合は……
どっかに高野の口調まとめがなかったっけ?

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:28:29 ID:ogIS20nV
ここは皮肉、嫌味あふれるスレッドですね。
自覚ないなら性質悪い。
書き手もやる気なくすわ。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:30:21 ID:nf1lGrSA
>>671
ゲイ乙

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:32:03 ID:nf1lGrSA
714 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 02:06:32 ID:Eq5dCLIR
コミックス読み返してみたが、決定的に違和感があったのは喋り方かな。
〜ね、〜よね、〜よ、〜る、〜の?が姐さんの基本。
だがまあ、姐さんは演技してるから口調がいつもと違うと考えれば問題ないか。

734 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2007/01/02(火) 01:25:39 ID:REKnmD3M
一度晶のしゃべり方に違和感を感じたら止まらなくなった。
Find The Wayより

>「私は後ろを見張るわ。麻生君は先行して前を歩いてもらえるかしら」
→「私は後ろを見張るから。麻生君は先行して前を歩いてくれる?」

>「総合的に判断した結果よ。――柔軟な適応力、鋭い洞察力、的確な判断力、
 迅速な行動力、そして、高い身体能力。……うふふふ、あなたはとっても頼りになりそう♪」
→「総合的に判断した結果よ。――柔軟な適応力、鋭い洞察力、的確な判断力、
 迅速な行動力、そして、高い身体能力。……フッ、あなたはとても頼りになりそうね」

>「その場合、私がどうするかもわかってるはずよね……残念だわ。さよならね、麻生君」
→「その場合、私がどうするかもわかってるはずなんだけどな……残念。さよなら、麻生君」


危険なクールビューティーは違和感無かったが、この作品から晶のしゃべり方がオリキャラになった。
おそらく、クールビューティーで無愛想な本来のしゃべり方から、妖艶な妙ちゃん風味のしゃべり方になったからだと思う。

頼みますから、晶をこの先書こうと思っているSS氏様はコミックスを読み返して下さいませ。

735 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2007/01/02(火) 01:55:50 ID:REKnmD3M
付け加えると、特に◆X7WwwzkoUU氏と◆.Cb.m05RNの書いた晶のしゃべり方が変だった。
・・・つうか、この二人が晶パート数回書いているから必然的に晶全体のしゃべり方が変になるのは当然なんだが。
岡と雪野を篭絡するために、わざわざ台詞回しとキャラを原作と変えているのならいいけれど。
其の場合は、普段接している沢近や播磨としゃべる時は原作準拠にして欲しい。


674 :原作晶セリフ集【SS師資料用】一巻:2007/02/12(月) 19:51:32 ID:nf1lGrSA
「ついでに看護師だよ。最近は女性もそう呼ぶらしいね」
「…なんか今のでトートツに進路決定したみたいだよ?あのコ」
「いいんだ?微妙に違和感が残るんだけど」
「何が目的か…なんとなく想像はつくけどね」
「そうだね私達は干渉しない方が…イザとなったら止めるつもりだよ」
「落ち着いてあなたなら出来るわ」
「フウ…できた。ねェこの人名前何だっけ・・・・いやフと・・・知らないならいいよ」
「心なしか烏丸君描きやすそうだね」
「同じでしょ」
「こういう日って雰囲気がいいから知らない男の子とも会話がはずみそう」
「いや・・・塚本さんは持ってると思うよカサ。だから先帰っても平気」
「なんとなく」
「私はいいよ下戸なんだ」
「みんな騙されてるなあ」
「・・・・参考になるとはあまり思えないけど「吊り橋効果」って言うのなら聞いたことあるね」
「カンタンに言えばそうなるかな」
「心理学上は、ね。アテにはならないよ」
「威嚇の意味もあるけどね。あとオスだし」

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:55:37 ID:cbHajzvO
一応ツッコんでおくとだな。734と735の主張に矛盾が生じまくってるぞ。
あと、高野は原作でも、「〜するわ」とか普通に使ってる。
>〜ね、〜よね、〜よ、〜る、〜の? が基本
ってのはそう指摘した人の主観的判断であって、実際語尾が5パターンしかないキャラなんていないわけで。
GEI氏の作品がいつもの高野の口調と違っているのは麻生を挑発してるからだろ?
ステルスの時に口調が違うのはいい人ぶって皆をだまそうとしていたからだろ?
結果として、その不自然さは「人殺し〜」の中でバレたわけだし。

結果として、播磨をだますならまた口調が変わる可能性もある。
普通に接するなら、高野らしい口調(といっても、実際の読み手書き手の中の高野像ってのはある程度食い違うからホンモノの高野がどうかはわからん)
高野がいきなり「でへへ〜」とか「ぴぎゃー」とか言い出したときだけ、ツッコめばよろし。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 19:59:02 ID:7U9Xf1ZX
>>671
書き手からすれば多少はムカつくかも試練が、少なくともCb氏に限っては『皮肉・嫌味とも取れる言葉』をアドバイスとして受け止める度量があると俺は信じてる。
だから目くじら立てる必要なし。

『自分だったらこういう事は言われたくないな〜』ってのなら、正直にそう言えばよし。
そん時はしっかりオブラートに包んじゃる。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:00:30 ID:cbHajzvO
>>674
一巻って、そんな古い資料意味なくないか?
書き手が参考資料を探してるなら、13巻がお勧め。高野さん出番多し。表紙じゃないけど。

それ以降の巻は高野さんの出番が・・・・・・。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:05:58 ID:cbHajzvO
スマン、>>675の一行目な。

>一応ツッコんでおくとだな。734と735の主張に矛盾が生じまくってるぞ。
じゃなくて
> 一応ツッコんでおくとだな。714の主張と、734と735の主張に矛盾が生じまくってるぞ。
でした。
このように、口調についての議論で全員一致させることなんてできないというお話。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:08:31 ID:2pGhT0OV
高野を書くときは色々言われないよう苦労するな……今面白いキャラなだけに不憫だ
まぁ書き手さんは両氏とも頑張ってください。期待してます

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:12:14 ID:7U9Xf1ZX
>>677
舞台が『修学旅行直後』なのを考えれば、確かに13巻あたりの方が役立つかもな。
ただ、「意味がない」ってのも極端だと思うが……
あくまでも“資料としての有用性”って事で判断するのが妥当かと。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:14:26 ID:nf1lGrSA
>>678
少なくとも、◆.Cb.m05RN氏の晶はオリキャラの域
それと、
>GEI氏の作品がいつもの高野の口調と違っているのは麻生を挑発してるからだろ?
GEI氏?なんの話だ?

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:23:53 ID:cbHajzvO
>>680
一巻のころの高野は、ボーイッシュなキャラを前面にだして書かれているから、資料として偏りすぎ。
仁丹の中で高野のキャラ(ミステリアス系)が確立してきた、中盤以降の巻を参考にしたほうが良いというお話。
ま、有用性が0というわけではないけどね。一巻だけをピックアップして参考にしたら別の意味で今の高野とは別物になってしまうのだよ。

>>681
最後の一行はマジレスか? それともわかっていてのことか?
後者だったらスマソ。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:26:21 ID:nf1lGrSA
後、一応ツッコンでおくとだな。基本が〜ね、〜よね、〜よ、〜る、〜の?で、それに加えて、「〜するわ」とか使ってるんじゃないか?
君の言い分だとスクランは基本12ページと書いた場合絶対にスクランは12ページってことになるよね?
それって、そっちのほうが矛盾じゃない?もう一度自分の発言を振り返ってみるとよろしいかと。


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:31:30 ID:nf1lGrSA
Find The Way    作者:400氏
http://netabaremk2.fc2web.com/honpen17.html

400氏がGEI氏ってこと?
それだと、君がどうして400氏がGEI氏と分かるかが問題で・・・

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:32:27 ID:cbHajzvO
>>684
俺が言いたいのはね。
「個人の主観で『ここの言い回しはおかしいからこうすべきだ』って決め付けるのはおかしいよね」ってことだよ。
これ以上自分の正当性を主張したいなら毒吐きで書いてください。
そこでどこがどうおかしいのか実例でもあげて、納得できる根拠を示したらあなたの意見は正しいと賛同できるかもしれないから。
賛同してもらわなくてもいい、ってならこれ以上はスレの空気悪化につながるので自重してね。

あと、過去ログ読め。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:34:28 ID:+w2SGUUm
>>684
スクールランブルバトルロワイアル1の121で本人が認めてる

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:36:47 ID:nf1lGrSA
>>686
そうだったんだ、サンクス。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:40:20 ID:7U9Xf1ZX
>>684
一応フォローしておくとだな、過去のGEI氏の発言で『400氏=GEI氏』と判るものがあったワケ。
んで、それが住民の印象悪くする第一歩となった、ってこと。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:41:50 ID:7U9Xf1ZX
被ったorz

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 20:43:05 ID:cbHajzvO
>>689
ドンマイ!

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:24:46 ID:Up9VeQ0S
一人の書き手にみんなが応援するなんて他にはないよな
この空気を大切にしてる限りスクロワは終わらない気がする

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:27:53 ID:2pGhT0OV
つか危なっかしい発言がありすぎ。発言に刺が雑ざってる奴は毒吐き行ったほうがいい
本人が自覚してないのだとしたらそれはそれで危ない

つかあまりに刺がある奴はどんなことを言ってても相手にせず、毒吐き誘導かスルーしようぜ

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 22:10:24 ID:LUsR8r4T
晶が播磨と戦って勝ってもいいよな?
一条と対等だった強さそのものには別に文句つかなかったわけだし

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 22:21:58 ID:2pGhT0OV
頭が悪い奴もスルーな

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 23:26:58 ID:DPJ6ge/6
銃無しで勝てるわけねーだろカス
原作嫁

むしろ銃あっても勝てるのか疑問だな

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 23:30:49 ID:AggZvR+q
いや銃があったら勝つだろ。いくら播磨でも無理だ。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 23:40:49 ID:z49GValy
まぁ銃があったら、俺らでもプロの格闘家に勝てるだろうからな。
そう考えるとアメリカの銃社会って恐ろしいな。
日本に住んでてよかった。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 23:41:42 ID:XzT7Y0xJ
毒吐き立てても一番隔離しなきゃいけないタイプの人間が野放しだから意味ないな

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:06:49 ID:XNLgs/2K
スルーしたり、嘲笑ってやればいい話だ。
困った子はスレ全体で困ったちゃんと認定すれば、スレの空気を悪化させることもない。

毒吐きは、理論武装ができてると思い込んで主観的意見を晒す痛い子を隔離して、理論でうち負かすために使えればおk。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:08:09 ID:tn8O3C6v
でも読み手の人は敵よりも味方の方が多いくらい、書き手には分かってるよ

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:11:25 ID:eQQpc6Z5
もしかして修正要望を作者批判だととらえている人いないよね……?
いやさ、他のロワでそう履き違えて修正要望だした人に「作者は神なんだから読み手は口出しするな」と言っていた人がいたからさ。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:15:37 ID:oUboXdKD
作者が神かどうかは知らんが安易な修正要望は何様だって感じだけどな
特に行間の読めないっていう駄々や読み解けるレベルの誤字のあげあし取り
んなつまらん指摘するなら自分で書けと思う

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:20:07 ID:XNLgs/2K
>>711
修正要請は必要。
ただし、全ての修正要請が正しいとは限らない。
主観に基づいた修正要請は、周りがよく検討しなおしてあげるべき。
客観に基づいた修正要請は、だす前に資料をよく検討しなおすべき。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:20:58 ID:XNLgs/2K
未来に安価出しちゃったorz

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:21:27 ID:eQQpc6Z5
作者にとっては、過去の作品読み直した時に誤字脱字があったら恥ずかしいもんなんだけどね。
IFの時味わったけど、誤字は結構あとでじわじわとダメージくる。
自分で管理人さんに修正要望出すのも迷惑かかるし。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:38:31 ID:1bOmLnJu
>>701
作者批判に近い修正要請も多いけどな
cb氏の扱いもそうだが、新人という色眼鏡で見すぎている人が何人かいる


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 07:53:01 ID:MIsZNfGe
もう新人という段階じゃないと思うのだが
投下作品も多いし、古参の人と比べても遜色ない実力だろう

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 20:36:38 ID:xO9QMp9+
時間が止まってしまったな。
書き手は、ただ作品で語るのみ。いいものを書けば、無条件で認めてもらえるもの。
新人ってのは全てのSS書きが必ず通過する段階。長いようで短い期間だ。
その期間を終えた後はアマチュアSS書きとしての永遠に近い修行期間が・・・・・・。

Cの人がスクロワというカテゴリーの中ではもう新人ではないというのには同意。最近は質問も減ってきたしね。
頑張ってもらいたいものだ。

もちろん、◆WoG.1BRwZg氏にも期待。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 20:45:31 ID:rUHq/mbi
そもそも新人云々はスクロワの加入時期を言ってるだけじゃ?
スクロワの書き手で、IFスレなり他の二次創作なりで慣れてるなあと
思った書き手っている?

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 02:16:12 ID:BmxJtjXw
この脱出に不利な状況から逆転できる手はあるんだろうか
誰か考えているんだろうか
超展開するくらいなら潔く全滅ENDになったほうがいい?

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 02:26:47 ID:ZMAVBqCy
まあ矛盾がないなら多少強引でも良いと思うよ
ただそのかわり、しっかりと描写して行動に説得力はもたして欲しいけど
ん? これがやれたら超展開とは言われないのか?

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 12:17:32 ID:Xc75miBi
なんで高野Vs一条はボツになったの?

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 12:25:35 ID:P2YPUnio
ここで聞くとまた荒れそうだから毒吐きで聞くといいよ

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 15:17:06 ID:WbVf2JLA
明日には連続で二作読めるのか…。待ち遠しくてたまらんな。
どんな展開になるか、楽しみだ。
ところで、皆の中で一番「まさかこうくるか!?」と思えたオススメの意外性ある作品はどれだ?

NGワード「俺様覇王伝説(未完)」

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 15:30:55 ID:D2lkiT6b
「英雄本色〜ファム・ファタール」かな
まさかあんだけ大人気の東郷があっさり死ぬとは思わんかった

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 15:38:28 ID:h11Z45mn
>>715
あの話は中々に辛い話だけど割りと好きだ
ただ確かに東郷が死んだことは悲しいな

意外と言えば開演]には驚かされた。あそこまでは想像してなかったし

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 16:07:08 ID:C2Nj4ClN
NGワード「開演」


718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 16:24:34 ID:/ihfRQol
やっぱ天満死亡かなぁ
ロワといえど原作主人公、正直リアルタイムで読み終えた時は一瞬呆然とした
しかしあんな形でこいつが主役であることを再認識するとは

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:40:47 ID:dB81qfaL
スクロワは「ああこいつ死ぬなほらやっぱり死んだ」
というのより、まだ大丈夫と思ってたキャラが急に死ぬパターンが多いよな
周防とか花井とか麻生とかメイン陣は特に。

そういうわけで播磨・沢近・八雲の誰かが放送までに死ぬ

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:45:48 ID:H0DR9uCl
俺様覇王伝説ってタイトル聞いただけで笑えるw

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 20:29:48 ID:37CtUBIw
烏丸の進路を変更した『空白』かな。
オススメとはちょっと違うけどそうくるかっ!と思った。
高野とはすれ違いの展開で行くとばかり思っていたから。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:19:21 ID:vfs0x5x0
期待を裏切るようで悪いが明日の投下はない気がする

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:27:37 ID:KyS3l6EU
じゃー気分転換にこれでも見るか。

http://www.youtube.com/watch?v=wTy21cKulC0

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:33:13 ID:D2lkiT6b
播磨や花井、烏丸よりも黒つむぎんに目が行く俺ガイル

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:42:56 ID:C1sgvqyE
>>723
俺はこれ見て再び創作意欲が沸いたよ
マジカッコよすぎでしょ

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 00:28:17 ID:fpc/YyVC
これみたいに二兆拳銃構えて不敵に笑う播磨が見たかったよ

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 01:21:39 ID:0C2Nocqn
二兆拳銃って・・・
実写版ルパン三世の次元かよw

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 02:27:01 ID:fpc/YyVC
つか漢字間違えたw
兆じゃなくて丁とか挺だった

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 15:23:46 ID:6Vk0ZD62
>>723
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwクオリティ高すぎwwww

730 : ◆WoG.1BRwZg :2007/02/15(木) 18:49:59 ID:aNs1BxQR
教師陣予約延長します。毎度スミマセン。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 18:54:02 ID:2fGqlPC/
そういえば現在予約してる人達は3日過ぎてるのか
>>730
頑張って

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:15:10 ID:ZlvKF72v
Cb氏、予約延長は時間内に頼むぜ……(´・ω・`)

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:19:47 ID:jNN04n/u
ん?予約して三日経っても延長宣言してから1日経つまでは
権利があるんじゃなかったっけ。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:29:05 ID:2fGqlPC/
>>733
延長してもその間に他の人に予約されれば権利は他の人に移る。
そして延長宣言は予約期限内に行う物。
『予約とは話が完成していてあとはプロットするだけの段階で行うものです』というのがここの予約のスタンスだから、
期限の3日過ぎたら他の人に取られても仕方がない。

てかCb氏、書き手にも都合が多々あるだろう事は分かるしやむを得ん場合もあろうさ。
でも、予約するなら期限内に投下できると踏んでからやろうよ上のルールにもある通りなんだから。
一度や二度ならしょうがないとは思うけど、毎回のように延長されたらさすがにどうかと思う。
しかも今回もそうだが、延長に関する連絡が遅すぎるから他の人も困るよ。
前回に至っては延長期限すら過ぎても連絡が遅れたんだから。
予約するなら期限内に投下できる段階で。もし遅れそうなら、早めに連絡を入れる。
Cb氏がロワの為に頑張ってくれているのはよく分かるし、個人的にも好きな書き手の一人なだけに、その辺をしっかりしてほしい。
ここには他の書き手もいて、皆でリレーしてるって事、もう一回認識してくれないかな?
ただでさえ残り人数少ないのに、延長で時間止められたら皆が困るんだから…

735 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/15(木) 19:36:01 ID:+ojReadN
またしてもお待たせして申し訳ありません、延長申請させてください。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:46:18 ID:jNN04n/u
>>734
サンクス。そうだったのか

スクロワにおいて予約期限が切れたので他の書き手に権利が移ったことは
なかったので勘違いしてた
>>730氏にしても>>735氏にしても、
どうせ他の書き手が予約宣言することはないと思われるので
あまりあせらず頑張ってくれ

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:52:13 ID:nVByw+ad
>>736
あるよ。
ちなみに◆.Cb.m05RN.氏は、俺が覚えているかぎりではそれで二回権利を失ってる。

最近、新規の読み手も多いんだね。
二次批評スレを追い出された時から見続けている奴、まだいる?

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:56:40 ID:MU/JRRNw
初代スレ(確か200レスくらい)からならここにいる

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 20:59:49 ID:8EJj8fn0
交流時に「ここでロワ企画してる」ってURL貼られた時から議論に参加してる

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 21:07:23 ID:fpc/YyVC
二次批評で話題が出てからずっといる

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 22:31:13 ID:auuDllc5
俺なんて高野と麻生のバトルくらいからいる

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 23:06:17 ID:WnIhzK5e
>>741
それはそんなに早くないwww

俺も二次批評でロワ建ての計画が練られはじめた当初からいる。
本当に最初のころは、まさか実現するとは思わなかった。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 23:08:55 ID:OiD6DP9A
二次批評ってどこにあるの?

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 23:14:11 ID:WnIhzK5e
>>743
……もう、ないんだよ。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 23:32:29 ID:fpc/YyVC
そう言えばロワの話が出るよりもっと前くらいの頃から、突如しつこく作者批判しまくる厨が沸いてきたよな
このロワで厨発言をしてる椰子も同一人物なのかもね

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 00:10:02 ID:6PSX8jrd
>>744
あれってどこかで見れないかな?
今IFのまとめやってんだけど、参考になる部分もあったしなんとか皆の目に触れる
場所に置きたいのだけど。

747 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/16(金) 17:26:46 ID:wMc/f9UR
すいません、まだ完成には至らないのでもう少し時間をいただけないでしょうか。
何度もお待たせしてお詫びいたします。


748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:29:23 ID:X4aRjuhI
書くって言う人が出てこない限りは問題ないわけですし、頑張ってください。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:32:14 ID:pIeczGsE
>>747
がんばって。
予約するタイミングが早いんじゃないか?
今は投下頻度高いわけじゃないからもう少し余裕持ったいいと思う。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 17:54:18 ID:2NAcLpwm
>>746
当時のURL http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1147594495/
をミラー変換機にかけたら ttp://www.geocities.jp/mirrorhenkan/
運良く残っていたログ発見 ttp://p2.chbox.jp/read.php?host=sports2.2ch.net&bbs=entrance2&key=1147594495

751 : ◆WoG.1BRwZg :2007/02/16(金) 19:04:18 ID:kbrWDxZi
教師予約してたものです
期限が過ぎましたので、その旨お伝えします

ちなみに投下は9時までにはしたいと思っています
待っている方々スミマセン

752 : ◆WoG.1BRwZg :2007/02/16(金) 20:58:16 ID:kbrWDxZi
投下します

753 :Judas:2007/02/16(金) 20:58:59 ID:kbrWDxZi
「誰かが回収に行けばいいんじゃないんですかね」

 この一言で管理室の空気が変わった。いや、それは正確な表現ではないかもしれない。
もとよりこの場には高野晶の例の発言により、重く張り詰めた空気が漂っていたのだから。
 この場合はさながらピンと張った釣り糸が切れたような、そんな感じだ。
長い戦い――管理室での教師同士の牽制――で張り詰めていた空気は、高野の言葉で臨界点まで到達していた。
何が起きてもおかしくはないその状態で、変化すべきと感じ取った空気自らがその言葉を生んだのだろう。
 きっとその言葉はここにいる誰もが脳裏に抱いていた言葉であったが、誰もが口にしたくない言葉でもあった。
 その言葉が中に舞って、そこで初めて釣り糸は切れてしまった。
逃がした魚は、もう戻ってこない。今この時、教師達が縋りついた偽者の平安もまた失われた。
 自業自得とは言い得て妙だ。この場合はこの言葉ほど相応しいものはない。それは間違いない。
だけれども教師達にも置かれる立場はあって、教師達には選ぶ権利がなかった。
 それでも自分達だけ安穏と殺し合いを見守ることは、当然褒められた行いではない。
けれど、一番に罰せられるべきは彼らではない。
もはや主催者と共謀しているともいえる、心の底から『生徒』を裏切った者こそが断罪されるべきだろうと裏切り者自身も認めていた。
『主催者』に情報をリークしている、真の『裏切り者』こそが絶対的悪であるべきだ、と裏切り者も理解していた。

「ハッハッハッハ、ハハハハッフッハハッハハハ。どこに? 何を回収するというんですか? ねぇ、谷先生」
 過呼吸の人間のような、そんな引きつった笑い声を上げる加藤もまた被害者だろう。
 裏切り者は確かに見ていた。生徒が死ぬたびに握られる加藤のこぶしを。
自分の受け持ちの生徒が死ねば、余計にくっきりと爪あとが残る赤い掌を、裏切り者は確かに見ていた。
殺し合いが行われている中、加藤の顔はいやらしい笑みに染まり、下衆な言葉を吐いてはいた。
人間失格と言えるような行いを、今も続けている。しかしそれでも、加藤が教師であることを裏切り者は認めていた。
 それはつまり裏切り者にマークされることに他ならない。
しかし、教師失格である裏切り者よりはマシな人間であることも確かで、裏切り者にはそのことが不快で仕方がなかった。

754 :Judas:2007/02/16(金) 20:59:31 ID:kbrWDxZi
「加藤先生も本当はわかっているんですよね?」
 姉ヶ崎妙はやんわりと告げた。
「私たちがパソコンを回収に行くって意味を、わかっているんですよね」
 姉ヶ崎はさらに優しく言葉を発する。
姉ヶ崎がいかに天使のような微笑を浮かべていても、加藤には悪魔のそれにしか見えなかったことだろう。
「いやいや、姉ヶ崎先生。それは常識的に考えておかしいでしょう。なんで私達までそんな危険な目に遭わなければいけないのか」
「そうですね、加藤先生。僕らはダメですけど、生徒は死んでいっても仕方ありませんよね」
 谷は躊躇なく生徒の死を引き合いに出した。管理室にいるもの達にとってそのことは驚きに値することだった。
「……」
 例えばその驚きは、加藤に言葉を詰まらせるぐらいのものであった。
「まぁ、私達がいくら口論したところで何も変わりはしませんよ。
それより、今はこのことについて意見を聞くためにも主催者側と連絡を取るべきじゃないでしょうか?」
 事の成り行きを静観していた刑部が口を開いた。
「ですが――」
「今は一刻を争う状況ですよ、加藤先生」
 この管理室において一番不気味な声が響き、教師達の顔には歪なしわが入った。
「もしこのことが原因で大事に至ったら……後は言わなくてもわかりますよね?」
 笹倉が続ける言葉に、各々は固唾を飲んだ。
「わかってくれたならいいんです。それじゃあ私が連絡しますね」
 もはや異論を唱えるものなど、誰もいない。
「先方に伝えることは、首輪を外せる装置をパソコンにより生徒が発見したこと……だけでいいですよね?」
 一瞬の間がもたらしたことの意味を、何人が理解したのだろう。
「あぁ、それだけでいい」
 少なくとも刑部にはその意味がわかっていたようだった。
盗聴器の件について報告する必要はない、とその一言で暗に答えているようにも聞こえた。
「なんて返事をしてきますかね……彼らは、この殺し合いを楽しんでいるに違いないですよ。彼らはきっと、僕らに……」
「そうでしょうね。でも、それはそれで望む所です。私達はもう、引き返せませんから」
 谷に向けられた姉ヶ崎の笑みには、沈鬱さがありありと表れていた。しかしそれでも谷の顔を染めるほどの艶やかさがあった。
その光景は微笑ましくもあり、これからのことを考えれば悲しくもあった。
「大体奴らはこんな僻地にガンシップやら得体の知れないものまで用意して、やることがそもそも異常なんじゃい」
 眠たげな目を擦りながら呟く郡山。
冷静さを欠いた発言には本音が貼り付いているようだった。それを見かねたのか、刑部は咳払いをし、郡山にそれ以上言わせまいとする。
「旧体育館近くの倉庫。あれはずいぶん新しい。あそこには、一体何が収納されているんでしょうかね」
 そう呟いた加藤は目が虚ろだ。次々とたがが外れいく教師は刑部一人に抑えきれるものではなかった。
 あまりに滑稽な様相を呈してきた管理室だが、それでも現状を笑えるものなどいない、はずだった。
「フフ、フフフッハハハハハハハハ」
 あまりに澄んだ響きは、かえって胸の中の黒いものを刺激した。
「なんであんたはそんなに楽しそうに笑うんじゃい」
「だってこれから……面白く、なりそうじゃないですか」
 笹倉に貼りついているはずの笑みを見守る刑部は、とても悲しそうな顔をした。

 裏切り者にも、自分のしてきたことに罪悪感がないと言えば嘘であった。
裏切り者は、いつも自分を責めさいなむ心と戦っていた。
それでも戦い続けられたのは裏切り者にも守りたいものがあるからに違いなかった。
守りたいものが自分の命か、はたまた何か大切なものなのかは誰も知りはしない。
それでも裏切り者にとって守りたいものは、自分が教師であることよりも大切なことだった。
天秤に掛けることは叶わないが、殺し合いに参加している全生徒達よりも大切な何かが裏切り者にはあった。
 自分が本当はこの展開を望んでいたのではないか。
本当は、裁くか裁かれるかの瀬戸際で、自分のしたことの是非を確かめたかったのではないか。裏切り者はそう考えていた。
 裏切り者は心の中で密かに笑った。

755 :Judas:2007/02/16(金) 21:00:03 ID:kbrWDxZi


【午後20〜21時】

【姉ヶ崎妙】
【現在位置:D-06】
[状態]:精神的疲労
[道具]:自動式拳銃(H&K USP)/弾数 16発、9mmパラベラム弾15発入りダブルカラムマガジン1つ
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【刑部絃子】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:自動式拳銃(ワルサーP99)/弾数 16発、9mmパラベラム弾15発入りダブルカラムマガジン1つ
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【加藤】
【現在位置:D-06】
[状態]:精神的疲労
[道具]:小型短機関銃(イングラムM10)/弾数 30発、.45ACP弾30発入りマガジン2つ
[行動方針]:生き残りたい
[備考]:なし

【郡山】
【現在位置:D-06】
[状態]:健康
[道具]:アサルトライフル(AK-47)/弾数 27発
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【笹倉葉子】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:リボルバー(S&W M686Plus)/弾数 6発、.357マグナム弾20発
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【谷速人】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:P90(サブマシンガン)/弾数 50発、5.7x28mm弾50発入りマガジン1つ
[行動方針]:不明
[備考]:なし

756 :Judas:2007/02/16(金) 21:00:42 ID:kbrWDxZi


「――とのことです。電話でお伝えしたように、事態は急を要することになっております。至急救援に向かうべきかと」
 一見して執事と思しき男は、目の前のソファーにどっぷりと腰を落ち着けている男に冷静に進言した。
しかし言葉や声とは裏腹に中村――執事の男――の心臓は早鐘を打ち、背中を伝う汗は状況が切迫していることを如実に示していた。
「……その情報は確かなのか?」
 中村を背にする形で座っている為、ソファーに佇む男の顔色はうかがえない。
声色からすれば、男はさほど焦っているようには思えなかった。
それでも長年男に仕えてきた中村には、それが振りの態度であることが容易にわかった。
「間違い、ありません」
 中村は泰然と、事実を噛み締めるように残酷な現実を告げる。
「そう、か……」
 男のその言葉には、中村にしか感じ取れないほどだが焦燥とした響きが含まれていた。
 沈黙が流れる。疑問は積み重なり、焦りは渦巻き、やがて時間だけが過ぎ去っていく。その間にも中村の心を悔恨の情が締め付ける。
「マサルはきっと……生きてはいないでしょう」
 そして気づけば口を開いていた。
このお方に対して考えるよりも先に言葉が出たことは、中村が覚えている限りでは初めてのことだった。
「私はどのような危険を冒してもお嬢様と、そのご学友を助けに行かなければなりません。
それがせめてもの、マサルへの報いでしょうから」
 それが、マサルによって残された使用人としての務めだろうと考えていた。
「行かせられないな」
 中村は自分の耳を疑った。
「お前を失う訳には行かない」
 男の言葉は中村の予想するものとはまるで違った。中村の想像しえた返答とは、どれもあまりにかけ離れていた。

「お前一人で、行かせるわけにはいかない」
 ああ、そういうことか。
 中村は、自分の男に対する理解が完全には及んでいないことを反省する。それと同時に勝機を見出した兵士さながらの感激を覚えた。
「それでは――」
 男は組んでいた足を崩し、粛々と立ち上がる。
「私が愛理を見す見す見殺しにするとでも? それに、件のメイドに報いるのだろう?」
 気づけば中村が男に忠誠を近い幾年月が経っていた。そして今、中村は自分が仕えるべき男を決して間違えていなかったと悟った。
「そう、でした」
 血は沸き立ち、胸が躍る。中村の相貌はかつて傭兵部隊にいた頃のそれに戻りつつある。
「そうでした」
 中村は忘れない。
 人見知りだけれども、気は優しくて力持ち。そして我が子のように可愛がった男がいたことを。
「アスタラビスタベイビー」
「何か言ったか?」
「……いいえ。空耳では?」
「それなら、いいんだ」
 ――ム゛。
 聞きなれた声が、響いた気がした。

757 :Judas:2007/02/16(金) 21:01:14 ID:kbrWDxZi


【時刻不明】

【中村】
[???]

【???】
[???]

[補則]:プロローグで郡山がマシンガンを乱射しているとありましたが、実際は自動小銃とのことです。
     そちらの設定に準拠した為、郡山の銃の弾数がプロローグの描写と多少食い違っています。
     ちなみに僕は、天井に向けて郡山が2、3発射撃したと解釈しました。
     この点についてもどう修正しても構いません。
     あと、教師の武器強すぎでしたら(特に谷)変更します。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:17:57 ID:X4aRjuhI
>>757
乙です。
教師陣まで混乱してきて益々カオス。www

銃のことは良く分からんので教えてエロい人。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:24:49 ID:Mkzx2GyU
>>757
乙!管理室いよいよカオスだな
そして沢近パパ出陣か…元軍人だから強そうだが、ある意味オリキャラ同然だし…どうだろう?
中村並のスペックって事でおk?

…ググってみたけど、谷サの銃はかなり強いんだな。
アサルトライフル並の破壊力でケプラー製防弾ベスト貫通、人体に当たれば貫通より大きなダメージを与えると…
まあ主催側だしいいんじゃないかと思う俺

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:27:45 ID:h+IK5bo7

ところで、ゴリ山と加藤の名前も決めておかないか?
この二人だけ苗字のみってのもなんか浮いてるし

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:28:27 ID:wMc/f9UR
>>757
乙です。
沢近家の動きまで登場するとは意外でした。
気になる点ですが、
・教師達は高野が言った事が口から出任せだと疑わないのでしょうか?
 結束云々は直前の遣り取りを聞いていればまず信じられないと思いますし、
 高野が何人も騙している事は教師も承知していると思います。
 かく乱工作だと疑いを見せる教師が何人かいてもいいのではと思いました。

また、個人的には教師達の行動方針は全て不明の方がやりやすいかなと思いました。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:47:01 ID:+SAJ41Yc
>>757
乙です
進めてくるかと思ったんですが繋ぎましたね
ただ盛り上がってきた感じがして続きが気になる切り方だと思います

>>761
教師の思考はそんなに問題ないんじゃね?

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:52:22 ID:kbrWDxZi
>>761
盗聴器がいきなりバレたら信じない理由もないし、信じるかと思ったんですが
そう言われてみればそうですね。なんにしても描写を足すべきでした
一応視点としては裏切り者と第三者しか使わないようにしたんで
それ以外の5人がどう思ってるかは、自由に想像してもらっても良いと思います

加藤の内面だけ少し書いたのは、
数人ずつ正体暴いていく形にしたら、残りが裏切り者、あるいは協力者になるんで
そのやってバラしていったほうが面白いかな、とか思ったんですよね

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:02:15 ID:Z+ZQIToH
氏の予約優先権限切れたみたいなんで播磨を予約したいんだけど、いいのかなぁ・・・?

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:02:57 ID:OdXpYXDq
いいよ。

766 : ◆7ILEob33QI :2007/02/17(土) 00:11:08 ID:Z+ZQIToH
じゃあ氏が今晩3:00までに投下しなかったら予約ってことで。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:25:58 ID:OdXpYXDq
>>766
むしろアナタの新作を読みたいから正規予約してもらいたいんだがw

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:29:30 ID:ZqSP0NYa
いくらなんでもひどいな
モラルを疑うわ

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:30:30 ID:9ptnHv/P
>>768
毒吐きでどうぞ

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:31:36 ID:9ptnHv/P
言い忘れてた
Cb氏の作品は残念だけど
>>766
期待してます

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:35:55 ID:ZqSP0NYa
お前らこそ毒吐きでやれよ…
グルになって書き手追い出すような真似は本スレでやらないでくれ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:37:31 ID:LWFbOPL1
案ずるな
代わりはいくらでもいる

773 : ◆7ILEob33QI :2007/02/17(土) 00:38:58 ID:Z+ZQIToH
訂正:朝の7時までで。
前回 ◆.Cb.m05RN.氏には13時間も待っていただいたことがあったので。
今回の予約は氏の作品にwktkしてる最中にネタが思いついたんで・・・ごめんなさい。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:40:11 ID:5G/GgZjG
>>772
こういう発言は最悪、これこそモラルを疑う

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:40:42 ID:9ptnHv/P
>>771
いや、俺もCb氏の作品は楽しみにしてたさ
でもルール上は7IL氏が正しいし、俺はこちらも楽しみだ
つか何よりお前さんの言うことも>>767の言ってることもおかしい

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:41:34 ID:9ptnHv/P
>>773
どちらにしろ期待してます

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:43:37 ID:OdXpYXDq
予約期限は3日。延長期限はプラス1日。

予約ってのは、間に合わせなくてはならないもの。よって間に合わなければ、上書きされても文句は言えない。
ここで◆7ILEob33QI氏が責められるいわれはない。というか、責められてはいけない。
なぜなら、書き手は等しく平等な権利をもっているから。ルールに従った予約は、認められるべき。

>>767は俺の個人的な嗜好。ここは自分の好きな書き手を挙げることも許されない場所じゃなかったハズだが?

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:44:53 ID:F6WIA+sm
>>773
ああ、あの時かw随分待ったなそういえばー
それくらい現予約切れ作者に配慮してれば充分じゃね?期待してんよ両作者とも
>>757
乙カレー!ここで中村とは…凄いワクワクするな
それにしても先生の方が心理合戦燃えるw

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:45:49 ID:bfNS+YlG
OdXpYXDqが空気よめない人と言うことはよくわかった
君のやってることは嵐とカワランぞ

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:50:42 ID:ZqSP0NYa
いや別に◆7ILEob33QI 氏を責めたつもりは毛頭ないんだが
……見返したらそう見えても仕方ない言い方だったかもしれない、ごめん。

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:50:52 ID:OdXpYXDq
空気どうのこうの以前にな、Cの人の予約に対する意識に問題があると思うのよ。
今回の◆7ILEob33QI氏もそうだが、前もって予約がある場合、例え期限が切れてても他の書き手は絶対遠慮しちゃうだろ?
リレーってのは一人でしているものじゃない。他の書き手だって書きたくて、色々と話を練っているもの。
それを果たしてCの人は理解しているのか? と思ってな。過剰な擁護は、Cの人を変に勘違いさせちゃうからよくないよ。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:57:10 ID:F6WIA+sm
>>781は>767について反省汁

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 01:05:17 ID:F6WIA+sm
ちょっと待って、>>761ってオイ

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 01:35:12 ID:xjGAHbR4
>>772>>781は消えろ
cb氏も予約期限を守らなかったのは悪いが今まで頑張っていたのに敬意を表する事はあっても貶めるのはいけないことだ。
自分はcb氏の作品を楽しみにしていたし、cb氏の代りなんていないと思う
でもルールを守って投下する7I氏の作品も楽しみでもある
だから自分は両方とも応援したい
書き手は作品を書き読み手はそれを応援する、そして書き手は投下し読み手はそれを楽しんで感想を言う
それが書き手と読み手のすがただと思う
それすら出来ないやつらには消えてほしい

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 01:59:23 ID:OdXpYXDq
>>784
それが過剰な擁護だというのが、わからないのか?
一度や二度の予約延長&延長越えならば俺だってなんとも思わないんだがな・・・・・・。

まぁでも、これ以上はスレ自体に迷惑がかかるので自重するが。
俺が問題だと思うのはCの人の行動であって、他の読み手と口論したい訳ではないので。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 02:17:43 ID:F6WIA+sm
>>785
だから、予約うんぬんの問題じゃないんんだって
>>767のレスが、cb氏の作品が読みたくないから正規予約で早く潰してくれと言ってるようにしか見えないのが問題なんだよ!
勝ってに勘違いしてエキサイトするな

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 02:32:56 ID:Phjqlw78
>>786
君、釣られすぎ。
はたから見とるとエキサイトしてるのは君の方に見えるよ。
>>767
君も書き込みの時にもう少し言葉を選ぶべきだったかと。

どちらにせよ、前回も何人かから注意を受けていたのに
今回も予約期限に間に合わなかったCb氏は反省すべきだけどね。
その点では、>>781はある意味正論。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 02:39:42 ID:zLeBB3m9
Cb氏を保護するあまり7I氏の権利が侵害されることがないように

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 03:36:47 ID:rr4tDOjY
だからみんなさっさと毒吐きスレいけよ
何のためにあるんだ


790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 05:53:12 ID:Su+6I/Ip
予約の優先権は3日間しか発生しない。
これ、今一度確認な。

Cb氏が反省する必要もないし、7I氏も遠慮する必要はないよ。

予約は誰に遠慮することなく自由にしても良い、ただし優先権切れて他の人に先越されても泣くなよ
ってだけの話だから。

791 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 05:57:05 ID:G0SZmCGI
大変お待たせいたしました、今から投下します。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 05:57:31 ID:vg3erkme
その辺は割り切れ、って事だな。


さて、Cb氏の投下は間に合うかな……?

793 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 05:57:48 ID:G0SZmCGI
待望の連絡が来たのは教師達に語り終えて間もなくだった。
装着していたインカムから播磨の声が聞こえた途端、高野は緊張して耳に神経を集中する。

『……誰か聞いてんのか?俺だ、播磨拳児だ。聞いてんなら返事をくれ!』

昼過ぎにホテル跡近くで別れてから数時間ぶりに聞く声。
声の調子からいって元気そうである事に駒としての利用を考えていた高野は安心する。
同時に、今まで何をしていたのかと問い詰めたくもあったが辛うじて堪えた。
これ以上の失敗は許されない。
うまく言いくるめる為には言葉を選ぶ必要があった。
だからこそ「今まで心配してました」と聞こえるような声を作って返事をする。

「こちら高野、播磨君ちゃんと聞こえてるわよ」
『……おう高野か?俺は無事だ、そっちは今何処に居る?』

何故か名乗ってから返事が来るまで一瞬だがタイムラグがあった。
それが僅かに高野の警戒心を刺激したものの気にする事無く会話を続行する。

「遅かったじゃないの、あまり女の子を待たせるものじゃないわ」
『悪りぃ悪りぃ、今まで通信するのを忘れていた』

―――忘れてたですって!?

その言葉に高野は苛立つ。
通信を待つ間、自分が感じた恐怖や焦りを思い出して怒りが込み上げた。
落ち着け、と自分に言い聞かせて高ぶった感情を落ち着かせる。

「いかにも播磨君らしいわね、こっちは大変だったのよ」

平静に、と思ったが最後の方は声が強くなってしまった。
そう、本当に大変だったのだ。
再び謝る声の後、今度は播磨の問い質す声がインカムから発せられる。

『さっき西達の死体を見ちまった。一体何があったんだ、話を聞かせてくれ!』

どうやら播磨は既にE-03にまで移動しているらしい。
とりあえず山中に取り残されているのではない事には安心する。
何せ、これから自分の駒として動いてもらわねば困るのだから。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 05:58:45 ID:vg3erkme
って間に合っタ―――(゚∀゚)―――!!

795 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 05:59:11 ID:G0SZmCGI

「播磨君、正直私は怒ってるわ。私達はあの後西本君と一条さんと合流して烏丸君と向かい合ったのよ」
『一条?お嬢の間違いじゃないのか?』
「違うわ、一条さんという別の女子、愛理は別行動をとって南の方に向かったそうなの」

その理由であるフラッシュメモリと首輪番号についてはあえて言及しなかった。
どうせそんなものはすぐに役に立たなくなるのだ。

「とにかく、私達は西本君と協力して烏丸君を討とうとした。西本君達が足止めして私が狙撃する役目だったわ」
『……続けてくれ』

高野は一旦言葉を切って軽く深呼吸する。
肝心なのはここからなのだ。
インカムの向こうでは播磨が続きを促していた。

「結論から言えば失敗した。私が撃った弾は砺波さんを殺してしまった」

高野の告白に播磨が息を呑む。
姿は見えなくともその様子が十分に分かった。
一呼吸の後で高野は続きを口にする。

「それで激昂した烏丸君は岡君を殺し、西本君に襲い掛かったの。その時思わぬ事が起きたわ」
『なっ!!』

驚く播磨に対して高野は尚も言葉を続けた。

「西本君の後ろに居た一条さん、彼女がショットガンで西本君ごと烏丸君を射殺した。これがあの場所で起こった事よ」
『一条が!?アイツがそんな事をしたのか?』
「本人は恐怖に駆られて撃ってしまったと弁解していたけど、撃った後の様子からして普通じゃなかったわ」

誤射とすれば動揺するのが当然だ。
しかし彼女は表面上落ち着いているように振舞っていた。
そう、まるで自分が正しい事をしたかのように。
自分の感じた事、と前置きして播磨にもその事を伝える。
するとインカムからは動揺した声で播磨が聞き返してきた。

『ちょっと待て、ひょっとして一条は今近くに居ないのか?』

どうやら今までの言葉から違和感を感じたらしい。


796 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:00:08 ID:G0SZmCGI
「ええ、今は私一人しか居ないわ。砺波さんを殺してしまった事、それに隠していた銃が二人に見つかって逃げ出したのよ」
『銃か、前会った時は言ってなかったよな?』
「ごめんなさい、内緒にしていたらどうしても言い出せなくなっちゃって……」

決して悪気は無かった、そう訴えるような声を出す。
さて、播磨はどう反応する?
自分を警戒するか、それとも信じようとするか。
反応を探るべく神経を耳に集中して返事を待つ。
やがて発せられた声は追及では無かった。

『……つまり、そのせいで一緒に居れらなくなったって事か?』
「そう、あのまま一緒に居たらきっと殺されていたわ」

これは一種の賭けだった。
パソコンに通信機能がある以上、今頃は愛理だけではなくE-03の生き残りにも一条達から情報が伝えられているかもしれないのだ。
この場で播磨相手に砺波への誤射や拳銃を隠し持っていた事を繕えたとしても、やがて情報の食い違いから不信感を持たれる可能性は無視できない。
また、播磨は一条達と同様砺波の説得を聞いているかもしれない。
むしろ先手を打ってこちらから事実を伝え、非を認めた上で播磨の信を得るのが上策だと判断したのだ。
それに播磨は殺人の肯定している。
愛理や西本と一緒になって既にハリーを殺している。
そんな彼ならば過失で人を殺してしまった自分を責めづらいという計算も入れての告白だった。

互いの距離で離れている今しかそれは出来ない。
播磨が自分を敵とみなせば更なる危機に陥ってしまう。
とりあえず第一の賭けには勝てたようだ。
インカムから発せられた播磨の声は罵倒でも非難でも無く、合流を求めるものだった。

『わかったぜ、とにかく一度会えないか?』

自分は受け入れられた、そう思って高野はホッと安心した。
声の調子からして自分を油断させようとする演技は考えにくかった。
播磨にそんな事が出来るはずがない。

まだ危険がゼロになった訳では無いが合流するのは悪くないと高野は結論づける。
丸腰同然の自分には播磨の装備が必要だ。
それにこの動きはパソコンによっても把握されてるに違いない。
ならそれを逆手に取ろうと考える。
こうして自分達が接触すれば一条達にとっても播磨は敵と疑わざるを得ないだろう。

797 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:00:50 ID:G0SZmCGI

「こちらもそれは望むところよ、今D-03だから北の方に行けば私が居るわ」

ここでようやく高野は自分の居場所を播磨に伝える。
少々疑問は残ったがはっきりとした敵意は感じなかったからだ。
わかった、という声と共にインカムの音声が途切れる。
播磨の方もこれ以上の話は直接出会って話したいという事なのだろう。

緊張が解け、体から力が抜ける。
喉の渇きを実感したが水の手持ちが無いのがもどかしかった。
用心の為、道脇の茂みに隠れて播磨を待つ事にする。
時計を見るとパソコンの更新タイミングが迫っていたが合流まではここに居ようと決めた。

草の上に座りながら今が冬で良かったと思う。
夏ならばきっと藪蚊など虫に悩まされていただろう。
じっと動かないでいると自然といろんな事を考えてしまう。
そう、例えば今の自分について。

まさか自分が男、しかも播磨が来るのを真剣に待つ日が来ようとは夢にも思っていなかった。
普段ならそれは愛理か八雲の役目、そして私は横から見てからかうのがいつもの光景。
ほんの数日前だというのに今はずっと昔の出来事に思えた。
修学旅行で大騒ぎした事、愛理や天満達と一緒に眠った事もはっきりと思い出せる。
私には解っている、二度と戻らない事を理解してるからこそ遠くに感じるのだと。
だからこそ忘れてはいけない、その為に私は勝ち残る。
それが私の生きる目的なのだから。

播磨はまだ来る気配が無い、ふと顔を上げると見事な星空に浮かぶ月が見えた。
人が死んだら星になる、なんて話を信じてる訳ではないが何故か天満の笑顔を思い出した。

―――天満、貴方はこの島でも笑っていたの?

そんなはずが無い、と思いながらも心の中で問い掛ける。
見ていて飽きなかった親友が殺し合いで何か出来たとは思えない。
烏丸や愛理に美琴、そして自分とも会う事ができないまま誰かに殺されたのは確かなのだ。
きっと泣きながら死んでいったのかもしれない。

案の定、問い掛けても月は何も答えを返さない。
ただ降り注ぐ光が自分を照らすだけ。
ならそれでいい、空の上から私の戦いを見てくれれば十分だ。

798 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:01:42 ID:G0SZmCGI

―――私が貴方の分まで生きてあげる

そして高野はまだ生きている親友の事を思い浮かべた。
出来る事なら自分の手で天満や美琴の所へと送りたい。
そう考えていると闇の彼方から足音が聞こえて来た。
誰かが近付いてくる。
すぐさま思考を中断して息を潜めた。

播磨か、それとも一条や雪野なのか。
確認しないうちには安易に姿を見せる訳にはいかない。
じっとしていると自分を呼ぶ声が遠くから投げかけられた。
間も無く、月明かりによって大柄なシルエットが道路上に映し出される。
待ち人の出現に高野は軽く安堵した。

やって来たのは播磨一人だった。
しかし高野は尚も無言のままその場を動かない。
播磨は本当に安全な存在なのか慎重に見極めようと思っていた。
表情が見えるには距離が遠いが高野は播磨の走る姿にとある変化を感じた。

放送の前に見た時は播磨はどこか急いでいた。
死んだ天満の影を追いかけているような焦りが確かにあったはず。
それが今はしっかりした足取りで落ち着いたように見える。
心境に何か変化でもあったのか。
距離が縮まるにつれ播磨の表情もおぼろげながら見えてくる。
闇夜に対応するためなのか、トレードマークのサングラスを外していた。

殺気立ってはいない、疲れはあるようだが深い絶望や悲しみに沈んではいないようだ。
探し人を求めて周囲を見渡しては時折高野の名を読んでいる。
その声にはしっかりとした意思が感じられた。

―――天満の死を乗り越えたの?

少なくとも自分への害意は感じられない。
だから高野は姿を現す事にする。
目の前を通り過ぎた播磨に背後から声を掛けた。

「ここに居るわよ、播磨君」

予期せぬ場所から声を掛けられて播磨は驚いたように振り返った。
高野も敵意が無い事を示すように手を上げてゆっくりと姿を見せる。


799 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:02:38 ID:G0SZmCGI
「脅かすなよ高野、気付いていたならもっと早く出てこいってんだ」
「悪いと思ってるわ、でも少しぐらい用心してもいいでしょう?」

播磨は警戒する素振りを一瞬見せたものの直ぐに近付いて来た。
互いに戦う気は無い事を認めるとようやく二人は腰を落ち着けた。


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


「さっきも言った様に私は逃げ出してきたから荷物が無いの、せめて水を分けてくれる?」

合流した高野と播磨はひとまずはこの場を動かない事を決めた。
播磨は体を休める必要が有り、高野は高野で播磨の信頼をより高めたいと思っていた。
まず高野が欲したのは水だった。
播磨が差し出したそれに口を付けながら高野は話題を振る。

「播磨君、これからの事だけど何か考えはあるの?」

一応聞いてみる。
彼が復讐に拘るのならばそれを利用するのも悪くない。
播磨はデニッシュパンを齧りながら返答した。

「わからねえよ、とりあえずは吉田の野郎を探すつもりだ」
「吉田って吉田山君?何言ってるの、彼はとっくに死んでいるわ」

一体何を言っているのか、高野は思わず播磨の正気を疑った。
いや、単に放送を聞き逃しただけかもしれない。
播磨はその言葉を聞いて驚いた。

「死んだ?アイツが?冗談はよせ、名前は呼ばれてねえじゃないか」
「あのトンガリ頭は吉田じゃなくて吉田山君、最初の放送でしっかりと呼ばれたわ」

騒ぐ播磨を高野は強い調子で言い聞かせる。
今は正確な状況を理解してくれないと駒としても使い出が悪すぎる。


800 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:03:34 ID:G0SZmCGI
「よしだ……やま、そうかアイツそんな名前だったのか……」

なかなか信じようとしなかった播磨だが説得を繰り返すうちにやっとその死を受け入れたようだ。
播磨の他者に対する関心の薄さは知っているが、この状況でのトンチンカンな遣り取りは神経に障る。
クラス全員とは言わないまでも普段接する事の多い人のフルネームぐらいは知っていなさい、と思う。
いきなりこんな事でこの先うまくやっていけるのか、高野は溜息を吐きたくなる。

「どいつもこいつも死にやがって……」

播磨はやり切れない思いを口にした。
高野はこの場で落ち込んでもらっては困ると思ったが既に天満の死を乗り越えたらしい播磨はすぐ顔を上げる。

「しょうがねえな、じゃあ他に生き残っている男子は居るか?」
「男子で生き残っているのは播磨君の他は奈良君だけよ」
「奈良、ああアイツなら知ってるぜ。じゃあ奈良を探して……」
「それは無理ね、パソコンで確認したけどまだ生きているとしてもここから離れ過ぎてるわ」
「じゃあどうすんだよ!」

意見をことごとく却下されて播磨は苛立った声を出す。
高野は自分に話が振られるのを待っていた、早速決めていた答えを提案する

「暫くは二人で行動するしかないわね、まずは一条さん達にどう対処するか。でなければ南に行けないわ」
「お前と一緒かよ……、まあ仕方ねえな」

高野は暫くこの場に留まるつもりだった。
それ程期待はしてないがパソコンが時間が経てば使用不能になってくれるかもしれない。
せめて二時間程は様子を見たい。

「それよりちょっといいか?」
「何、播磨君」
「烏丸の事だ」

播磨が切り出した話題、それは高野が何時聞かれるのかと覚悟していた事だ。
銃を隠し持っていた事を告白した時から予測していた質問、もちろん答えも用意している。
果たして播磨はどこまで知っているのか、高野はそれを見極めようと言葉を待った。

「率直に聞くぜ、大塚を殺した本当の犯人はお前だろ?」

ストレートすぎる質問を播磨は口にした。
心なしかその場の空気は一層冷えたように高野は感じられた。

801 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:05:13 ID:G0SZmCGI


       ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


違うわ、と言いかけた高野に播磨はメモを突きつけた。
播磨は目で読んでみろ、と言っていた。
その有無を言わせぬ迫力に押され、高野はゆっくりとメモを受け取る。
月光に照らすとびっしりと文字が書き込まれているのが高野にわかった。
かなり急いで書かれたものなのだろう、所々で文字が乱れている。

それは既に死んでしまった者が遺した遺書だった。
最初の部分は気を失っていたらしい播磨が目が覚めた時の対処方法、
今となっては意味の無い部分だが最大限播磨の安全を気遣った丁寧な文章は書いた人間をよく表していた。
そして次、恐らくここからが彼女が本当に伝えたかった部分だろう。
メモに目を落とす高野を播磨は無言で見詰めていた。


播磨君、これを読んでいる時まだ烏丸君の事を怒っているのでしょうか?
烏丸君は確かに塚本さんの事を守れなかったかもしれません。
でも播磨君は間違っています。
烏丸君は何もしていなかった訳じゃありません。
私、砺波順子は烏丸君に命を助けられました。
播磨君にはどうしてもその事を知っておいて欲しいんです。

まず言っておきます。
舞ちゃんを殺したのは烏丸君じゃなく高野さんです、播磨君は騙されているんです。
高野さんの目的は優勝する事、その為に烏丸君は罪を着せられたんです。


ここまで読んで高野はチラリと播磨の様子を伺った。
一体何を考えているのか、自分をどうするつもりなのか。
しかし播磨は何も語らず続きを読むよう促した。


802 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:06:06 ID:G0SZmCGI

高野さんとは観音堂で出会いました。
友達の美奈が高野さんを信じて、私も一緒に信じました。
今まで高野さんはクラスの為に努力してくれた、だから疑いませんでした。
烏丸君と会ったのもその時です、最初はちょっと緊張したけど烏丸君も私を信じてくれました。
舞ちゃんが殺されたのはその後です。
血塗れで倒れた舞ちゃんの側には高野さんと烏丸君が立ってました。
そして突然目の前が暗くなって気が付くと私は海に居ました。

運んでくれたのは烏丸君です。
あのまま居たら高野さんに利用されるだけだと烏丸君は言いました。
私は烏丸君を信じました。
だって烏丸君が犯人なら私は生きていないはずです。
人質にされた訳でもありません、判断は私に任せてくれました。
それからの私達は播磨君に出会うまで多くの事をお話しました。

どうしてもっと早く烏丸君と話さなかったのだろう、それが正直な気持ちです。
烏丸君はとても優しくて、それでいてとても傷付きやすい人なんだとわかりました。
そんな烏丸君が好き好んで人を殺すはずが無い、私を騙すはずが無い。
それは絶対間違いない、はっきりとそう言えます。
だから烏丸君は本当に誰も殺していないんです。

塚本さんの事ですが、きっと烏丸君は播磨君が守ってくれると信じていたのだと思います。
わかっていた、と烏丸君も言ってましたね、だからこそ塚本さんの事は心配してなかったのでしょう。
私の都合の良い考えかもしれません、でも的外れでは無いと思ってます。
だから播磨君、烏丸君を許してあげてください。

播磨君は言ってましたね、塚本さんのために動くって。
好きな人を失った気持ち、私はそれを知りませんがこのまま烏丸君と会えなくなったと思うと苦しくなってしまいます。
考えただけでこんなにも苦しいのですから実際に失った播磨君の気持ちは私には想像もできません。
でも塚本さんは決してそんな事を望んだりしないはずです。
播磨君が好きになった人はみんなが幸せになれる事を望んだんだと思います。

もう一度、高野さんも含めたクラスの皆が笑いあう姿を取り戻したい。
何故かはわかりません、でも塚本さんはきっとそう考えていたはずです。
殺す、殺されるなんかじゃなくて皆で助かる道を最後まで諦めなかったはずです。
だから播磨君、塚本さんの気持ちを考えて欲しい。
それが天国の塚本さんの為に出来る事だと思います。


803 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:06:59 ID:G0SZmCGI

ここで文章は途切れていた。
読み終えた高野は何か言いかけたが播磨の迫力に負けて声を出せなかった。
代わりに声を出したのは播磨だった。

「言いたい事はわかるぜ、その子も烏丸に騙されていたと言いたいんだろ?」

高野は無言で頷いた。
決してこの内容は認める訳にはいかない。
認めたら終わってしまう、それだけは避けねばならない。

「……だって証拠が無いじゃない」

そう、高野が犯人だという証拠は何処にも無い。
だが播磨は高野が犯人である事を間違いなく確認している。
何故そんなに信じられるのか、高野は疑問の視線を播磨へと向ける。

「言葉でも文字でもねえ、俺は砺波という子そのものを信じたんだ……」

そうして播磨は語りだした。
烏丸とやり合う寸前に砺波が両者を止めた事。
自分には彼女の姿が天満に見えた事を。

「思い出しても烏丸と一緒にいたその女は天満ちゃんに似てなんかいやしねえ、でもあの時は確かに天満ちゃんに見えたんだ」
「……それが、信じる理由?」

辛うじてそれだけ聞くと播磨が黙って頷く。

「何故なのかわからねえ、しかし天満ちゃんに見えたその女が俺にそう伝えてる。俺にはそれで十分だ」
「結局その子はお前に殺されちまったけどな」

高野はその理由に呆れると同時に自分が何を言っても播磨の心は覆せない事を理解した。
しかしまだ疑問はある。
それなら何故自分を警戒しない?
何故誘われるままに姿を現した?

「すると解っていて私に会いに来たという訳なの?」

罪を認めたような発言だがもう気にしてもいられなかった。
播磨の意図は一体何か。
一気に警戒心を高めて距離を取る。
だが播磨は全く動こうとはしなかった。


804 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:08:28 ID:G0SZmCGI
「もうお前が人殺しだろうがどうだっていいんだよ」

播磨の一挙一動を警戒する高野に向かって吐き捨てる。

「そこにある通り俺は塚本の為に動く、塚本が望んでいた事を実現させる」

言ってから播磨は立ち上がる。
高野と向かい合い、より強い調子で話し掛ける。

「その為にはお前や一条が人殺しだろうと構いやしねえ、一緒にこのクソゲームを潰してやる」
「……そんな事が出来るとでも思ってるの?」
「俺一人じゃ無理だ。でもお前が一緒なら出来るかもしれねえ」

そして播磨は手を差し出す。
だが高野はその手を取ろうとはしなかった。

「だからここは協力しろ。その代わり一条や他の連中から守ってやる」

尚も腕を戻さない播磨に高野は次第に苛立ってきた。

今さらそんな事をして何になる。
あの楽しかった日常は二度と戻らないのだ。

だからといって高野はその提案を拒めない。
今の状況がそれを許さない。
ここは見せかけの握手を交わすべき。
どう考えてもそれが正しい、なのに口から出たのは正反対の言葉だった。

「……無理よ、脱出なんて出来るはずがないわ」
「出来るんじゃねえ、やるんだよ!」

まだ解らないのか、このゲームは学生程度が打ち破れるものではないというのに。

「播磨君は何も知らないからそう言えるのよ」
「じゃあ教えろ!お前は何を知ってんだよ!」

言っても面倒になるだけだ、でも可能性を疑わないこの馬鹿に解らせてやりたい。

805 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:09:37 ID:G0SZmCGI

「私は前からゲームの存在を知ってたわ!」
「なっ!」

言ってやった。
驚く顔が愉快だった。
だから話した、私の知っている事を。
世界規模で何回も行われているという事実、にも関わらず秘密を漏らさない強大な力の存在。
一介の学生がどうやって逆らうのかと播磨に質問を突き付ける。

「関係ねえ!だからどうだってんだ!」

予想に反して播磨は何も解っていなかった。
相変わらずゲームを潰すだの言っている。
私はますます苛立った。

ならこれはどう?
私は愛理が信じる希望が間も無く消えるだろう事実を明かした。

フラッシュメモリの存在、そして首輪の盗聴機能を使ってそれを教師達に伝えたと言ってやる。

「希望なんて何処にも無いわ、そんなものに縋って本当に馬鹿ね!」

次の瞬間、乾いた音と共に私は頬を張り倒された。

―――やった

痛かった、でも怒りに震える播磨を見て高野は勝ったと喜んだ。
これで播磨は絶望する。
馬鹿のそんな姿を笑ってやれるとこの時思った。
でも起こったのはまたしても予想外の事だった。
突然私の腕を掴んで播磨は南へと駆け出した。

「……どういうつもり」

引っ張られるままに足を動かしながら高野は尋ねる。
播磨は間違いなく状況を理解している、なのにその顔には絶望の色は表れない。
これは自棄になった行動でなければ何なのか。

「決まってんだろ!今すぐパソコンがある所に行くぞ!このままそのメモリという奴を使えなくしてたまるかよ!」

やっぱりこいつは馬鹿だ。
既にフラッシュメモリの存在を知られた以上、あらゆる脱出方法は一層警戒されるはずなのに。
しょうがない、とここは素直の播磨後を付いていく事にする。
なら今の状態を最大限利用するしかないと判断して。

806 :『クラスの男子は馬鹿ばかり』 ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:10:40 ID:G0SZmCGI


一度走ってきた道をまた走って戻りながら高野は思う。

どうしてクラスの男子どもときたらこうなのか。
あの正義馬鹿といい麻生君といい、西本君に冬木君、自分を信じた岡君にこの単純馬鹿。
皆、脱出なんて出来るはずの無い事ばかり考える。
やっぱりうちの男子は馬鹿ばかりだ。



―――でも、だからこそ忘れたくない


【午後:20〜21時】

【播磨拳児】
【現在地:D-03南部】
[状態]:疲労(精神面は多少持ち直している)。返り血にまみれている。
[道具]:支給品一式(食料4,水2)、インカム親機、黒曜石のナイフ3本、UCRB1(サバイバルナイフ)、山の植物図鑑(食用・毒・薬などの効能が記載)、
     さくらんぼメモ、烏丸のマンガ
[行動方針]:生き残りを協力させてゲームを潰す、生き残ってマンガを描き続ける
[備考]:サングラスを外してます。高野を殺人者と認識しています。

【高野晶】
【現在地:D-03南部】
[状態]:少し疲労(精神面は多少持ち直している)。警戒態勢。
[道具]:支給品一式(食料0)、薙刀の鞘袋(蛇入り) 、インカム子機
     雑誌(ヤングジンガマ)、ブラックジャック(岡の靴下でつくられた鈍器。臭い)
[行動方針] :とりあえず播磨と行動。
[最終方針] :全員を殺し、全てを忘れない。反主催の妨害。出来れば教師達にも罰を与えたい。

807 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 06:15:15 ID:G0SZmCGI
投下終了しました。
おっしゃる通りたびたびの期限切れについて弁解の余地は無いと思います。
その場合、他の方に上書きされても一切文句はありません。

>>766
◆7ILEob33QI様、本来でしたらそちらにお譲りするべきでした。
猶予を与えていただき感謝いたします。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 06:43:58 ID:F6WIA+sm
>>807
乙カレー!よく間に合った
まさか晶とすんなり合流させるとは思わんかった、GJ
晶の心理描写もいいかんじ
ただ、前作で播磨が漫画に目覚めたのに、今作で何にも漫画について触れなかったのは非常に残念
あと、流れが田中と冴子の駆け引きと似てて展開が簡単に読めたのは俺だけ?

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 06:46:06 ID:vg3erkme
GJ!!

まぁ間に合って何より。



一ヶ所だけ気になった点。
播磨、始めから高野疑ってたなら自分から相手の場所へ向かうだろうか?
むしろ、
・播磨が『俺は烏丸達の側に居る。悪りぃがこっちへ来てくれるか?』と切り出す
もしくは
・高野が自分にかけられているであろう疑いを晴らすため、あえて自分から播磨の居場所へ向かう
この方が自然かと。

後は特に矛盾も無かったと思うし、何より面白かった。
乙でした。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 06:54:09 ID:vg3erkme
あ、漫画に触れてなかったのは確かに残念だったかも。
まぁ、後で幾らでも言及できそうだが。

個人的には、さくらんぼメモに『王道バレ&日本刀との同盟依頼』を匂わす部分があれば萌え死ねたんだがw

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 06:57:36 ID:m8vv6sE1
>>807
乙!何だかwktkしてきたよ。
次が楽しみだ。
あと、予約のタイミングだけはもう一回しっかり考えてくれ。作品は面白かったからさ。
>>808
高野の心理メインだから今回はしょうがないんじゃない?次以降でもOKだし
>>809
俺は播磨だから自分から高野の方に向かっていくのもらしいと思った。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 07:02:42 ID:vg3erkme
>>811
まぁ、らしいっちゃらしいがな。
でも、もし高野が銃持ってたら待ち伏せ→播磨来る→アボーンだぜ?
隣子が泣くぞw

813 : ◆7ILEob33QI :2007/02/17(土) 07:44:35 ID:Z+ZQIToH
>>757
乙です。播磨が隣子のメモを信じる理由が熱かったです。
やっぱ理屈じゃないよなこういう時は!

考えてたネタが漫画絡みだったんでリレーできそう。播磨と高野を予約。

814 : ◆7ILEob33QI :2007/02/17(土) 07:46:47 ID:Z+ZQIToH
>>807宛でした。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 09:33:52 ID:vYILNDf8
>>807
乙です。
播磨が正統派ヒーローの道に目覚めましたね。
馬鹿ゆえの愚直さがどういう展開を引き起こすのか。

にしてもいつの間にか隣子がスクロワのキーパーソンになってる件。
もう死んだけど、播磨中心の脱出みたいな方向に行ったら結構重要なキャラだったってことになるよな。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 10:06:27 ID:F6WIA+sm
>>813期待してます

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 10:41:52 ID:9ptnHv/P
>>807
乙です
インカムでのやり取りの時から、どこか疑っているような描写があって
何か起きるだろうなとは思ってましたがこうきましたか
反主催の準備も着々と整ってきたし今後が楽しみです

>>812
まぁ播磨ならその可能性をわかってても行きそうではある
根がスクランの三大バカの一人だし

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 10:47:06 ID:Hx9Ov3+4
一度走ってきた道を―――

高野マジで泣けた;w;

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 10:59:35 ID:YU6hA6Dd
GJ! 
播磨が輝いてきたなー。
天満の死を乗り越え、高野でさえも認めてカッコ良すぎる!

>>高野さんも含めたクラスの皆が笑いあう姿を取り戻したい。
隣子いい奴だな…

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:11:48 ID:BDjA/a9X
しかし実際播磨に何が出来るって感じだがなw
何の具体例もない勢いだけのキャラって実際にはウザがられそうだ

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:24:09 ID:F6WIA+sm
天満の死を乗り越えた白播磨じゃ毒にも薬にもならない気ガス

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:27:59 ID:RJXnBGWQ
>>820-821
つ原作の七原

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:29:15 ID:F6WIA+sm
原作知らん
映画じゃ川田に助けて貰ってばっかりだったが

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 12:47:21 ID:5G/GgZjG
とうとう吉田フラグは消化されたんだなw

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 13:07:38 ID:CWORLtD4
それでも播磨なら
播磨なら何かやってくれる(AAry

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 15:34:17 ID:vzmAcZ5+
これ、通しでいいのか?
これだけ予約期限無視するやつはどうかと思うぞ

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 15:53:14 ID:RJXnBGWQ
もうそーいう話は辞めろ。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 16:04:46 ID:OpTcrnB5
晶には何だかんだで協力するような軟弱なマーダーにはなってほしくないな
銃を手に入れたとたん播磨を殺すくらいの度量を見せて欲しい

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 16:13:06 ID:a8R0hPO5
>>826
>>790


830 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/17(土) 19:19:36 ID:G0SZmCGI
多くの感想ありがとうございます。
ご指摘のありました以下の部分について
>>809の冒頭の高野の行動部分
>>808の播磨の漫画について

漫画については◆7ILEob33QI様の次回作が漫画がらみとの事ですのでこのまま、
冒頭は高野が播磨の元へ向かうという事に修正した方がよろしいでしょうか?

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 19:24:39 ID:m8vv6sE1
>>830
いや、俺はせんでいいと思う。
他のキャラだったら別かも試練が、播磨なら大丈夫と思う

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 19:44:07 ID:wr+Szetc
>>807
GJ!次も期待。

◆7ILEob33QI氏の投下も楽しみにしてる。

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 19:45:31 ID:wr+Szetc
すまん、下げ忘れたort

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 20:43:38 ID:B3gNq5so
>>830
しないままでいいと思います

>>828
こうして晶の白化フラグが立った

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:25:04 ID:mpA6BkaH
ハラミマーダー?

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:36:30 ID:Zvjvht0f
>>807
GJ!脱出に希望が見えてきたよ
一時期険悪な雰囲気だったが、教師陣出てきてからワクワクがとまらないよ!
>>813
期待してます

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:14:04 ID:L8jz/WXp
毒ある奴は一回吐いて来たほうがいい
そうすればこっちでまともな意見が出せるし
こっちでは出来る限り熱くなり過ぎないことが大切

今度からテンプレかなんかに熱くなりすぎている人は
正論を言っていてもスルーとか付け足しておかない?
昨日みたいなことにはなるのはごめんだし

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:43:59 ID:/yt9BIhg
ところで沢近と一条組が一区切りついて、沢近とハラミ八雲の接触が可能になったわけだが
全く予約が入らないな。ハラミ八雲が書きづらいのは沢近の動きと関係ないところにある
気がするんだが

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:50:39 ID:L8jz/WXp
>>838
自分の発現がもたらすことの意味を少しは考えようぜ?
何が言いたいの?ってなったとき嫌味にしか聞こえないし

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 03:22:26 ID:ktYoSN9Y
ん、>>838はなんでハラミらが予約されないか
知りたいだけじゃないの?
最近ちょっと悪意的にとらえすぎじゃないか

ハラミ周りは安全牌すぎてつなぎ程度にしかできないから
人気無いんじゃないんだろうか

841 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/18(日) 08:41:33 ID:YuKem679
ハラミ八雲が予約入らなかったのは、なんでだろうなぁ・・・。
皆で存在を忘れてたとか?

ということで八雲・三原・沢近予約。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 09:24:58 ID:TvUs01wq
期待してます

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 12:08:34 ID:uX1NFscL
>>837
熱くなっているという理由で正論をスルーってのは論外。
毒吐きは、正論が通じない人に対応するためにあるようなもんだから。
正論なら、しっかり根拠を示して発言していいと思うし、
変に馴れ合いになってサンデーロワみたいになったら目もあてられないよ。

>>841
期待してます。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 13:02:03 ID:6YvqazbC
>>843
でも毒吐きってほとんどのとこでそういう使い方されてね?
どこも熱くなった意見まとめるのが主目的になってる

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 13:44:23 ID:3MXGD9wQ
前に播磨って天満ちゃんっていうのは、妄想だけだとかって誰だったかいってなかったっけ?
高野にいっちゃってるけど

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 13:51:33 ID:cXDfmPGT
>>845
「次号に続く」で既に口に出しているけど、そこから間違っているのかな?

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 13:54:51 ID:6YvqazbC
>>845
たまに人前でも言いそうになる。つかもしかしたら何度か言ってるかも
それにこの状況なら素が出ても不思議じゃないし

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 22:27:23 ID:cXDfmPGT
ところで最初の方は鳥無しの作品が多いけど
中盤から現在にかけての鳥持ちの作者とは殆ど別の人?

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:53:02 ID:YuKem679
>>848
最初の方に鳥無しが多いのは、予約制度自体が確立するまで時間がちょっとかかったってのもあるし
序盤は結構どんなSSも通るから、とりあえず書いとけっていう人が多いからだと思う。
進むにつれて、スクロワの特徴としてよく言われることだけど、ちょっと長いSSが主流になってきて、
予約しないと難しい状況になってきたから、鳥有りが増えたという理由。

だから序盤には書いたけどもう書いていないという人もいるだろうし、序盤から書き続けているという人もいると思う。
それぞれが誰の作品かを判断するのは正直難しいなぁ。というか特定の為の作業がめんどくさいだけだけど。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:59:19 ID:cXDfmPGT
>>849
成る程、そんな事情があったのか。
しかし序盤を書いて終わりというのは個人的にいただけないかな。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:04:00 ID:Nj37l39Z
>>850
それもロワの楽しみ方の一つだから。あるキャラをある状況下に置いて、どう反応するかを見るってのは楽しいじゃない?
個人的に思うのは、スクロワは見切り発車で始まったロワだから、序盤のラッシュがなかったらdatの海に沈んでいたかもしれないということ。
序盤に書いてくれた人と、序盤から参加してくれてる人がいるからこそ今もまだスクロワが続いてると思うんだ。

852 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:30:11 ID:DTjim5Ze
実は序盤からちょこちょこと参加していたり。
投下します。

【闇夜の出撃】

853 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:31:32 ID:DTjim5Ze

 タガが外れた管理室では、相変わらず一部教師達の高笑いが響いていた。
笹倉が送信したメッセージの戻りを待つ間、
一日目からの沈黙を巻き返すかのように話し合いが続く。

「わざわざワシらが出向かなくても、放送で脅すとか方法はあるんじゃないですかのう」
「ハハハハハ!郡山先生、そんな不確かな手は使えませんよ」
 郡山と比較的話しやすかったはずの加藤がきっぱりと否定した。
反対するのは結構だがいちいち付け足される笑い声は余計だと何人かが苛立ちを覚える。

「塚本八雲の首輪を爆発させちゃえばいいんじゃないですか?」
「……姉ヶ崎先生、残り人数も少ないですからあまり過激な手を使っては」
 底抜けに明るい声に対し、刑部はいつもの静けさを持ってたしなめたつもりだった。
そうでした、アナタの賭けの対象でしたねと煽るような返事を最後に姉ヶ崎は口を閉ざす。
その露骨な態度に精神を削られたのか刑部の拳が震えていた。
もはや対面すら取り繕うとしない、いつ炸裂するかわからない不発弾のような雰囲気が管理室を支配する。

「……我々がいくら言っても意味はありません。おとなしく」

ピーー!

 これまでのように谷の発言で締めくくりを迎えようとしていた場面に機械音が飛び入る。
発信源は笹倉のパソコンであり、本人がいち早く反応していた。

「どれどれ…………ふうん」
 距離があるため詳細までは読めないが、これまでの主催側からのメッセージとは
比較にならない長さなのは明らかだった。笹倉が一人読みふけり、何やらぶつぶつと呟いている。
指令内容の保存もプリントアウトもすることなく、彼女はそれを閉じて破棄した。

「皆さん、例の件について指示が出ました。簡単に説明しますね」
 ホワイトボードの前に立ち、黒の油性ペンを片手に笹倉は一気にそれを走らせた。


854 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:32:17 ID:DTjim5Ze

『ノートパソコンかフラッシュメモリの奪取又は破壊を目的とする場合に限り外出許可。
 ただし放送盗聴等ゲームの運営に支障の無いように。
 人員が決まったら要報告。ノートパソコンの探知機能からの一時解放。
 単独行動は禁止。兵隊達に協力を求めることも禁止。
 ゲームの趣旨を守るため、参加者の生命維持に関わるような行為は極力避けること。
 旧体育館倉庫A棟使用許可。フラッシュメモリはそのまま持ち帰るのが望ましい』

「フ、ハハハ、ずいぶん生徒達にお優しいことです」
「なんじゃい一体何のための軍人じゃい!」
「何かあったんでしょうかね」
 思い思いのことを口々にするその様は、授業中でも平気で騒ぎ出す子供達のそれと大差なかった。
そういうことですので、と笹倉がてきぱきと話を進める。すなわち――誰が行くか。

「これはチャンスです。誰か立候補はいませんか?推薦でもいいですよ?」
 保身を考える者が手柄をたてることも、自らの潔白を証明することも。
生徒達への協力者が証拠隠滅を図ることも工作することもできるあらゆる意味での好機。
だが魅惑の果実を守るのは殺人をも厭わない獣と化した生徒達。
教師達は戸惑いながら、互いの顔や表情を伺う。

「ハリオに会いたいけれど、私は次の放送がありますからね〜加藤先生、郡山先生元気なようですし
 どうですか?こういうとき頼れるのが男の人ですよね?」
「は!?ちょ、ちょっと待」
 人数が減った今、盗聴や放送は四人もいれば事足りる。単独行動が禁止となれば、選出される数は二人。
「気が合いますね姉ヶ崎先生。私と笹倉先生、谷先生も睡眠不足で疲れています。妥当な判断かと」
 先程の緊迫した空気などなかったかのように刑部が相槌を打つ。それが決定的だった。
これもまた好機と見たのか更に谷、笹倉もそれに賛同する。
二人の男性教師はあっという間に包囲網に捕らえられた。

 * * * * * *

「今隊長さんと話をしてきました。倉庫を開けてくれるそうです。さあ行きましょう」
 未だに納得できない表情で加藤と郡山は笹倉を睨むが、当たり前のように受け流されてしまう。
背後からの三人が銃器をいじっているらしい音と、扉の傍でこちらを睨んでいる
胸の星がひとつ多い兵士のプレッシャーに耐え切れず、二人は観念し足を動かす。
これは裁きなのだろうか?加藤と郡山の喉がゴクリと鳴った。


855 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:34:17 ID:DTjim5Ze

 沈黙が戻った管理室で、残された三人は黙々と作業を続ける。
そろそろ彼女が戻ってきてもいい頃だろうか?そうしたら主催らに連絡を、と
刑部が考えていた矢先。約一日ぶりに、室内に設けられていた電話から呼び出しがかかった。
まさか、と沢近愛理の盗聴をしていた姉ヶ崎が特にいぶかしげな視線をそれに向ける。

「誰だ……!よ……笹倉先生?は?それは一体……待ちたまえ、説明を」
 倉庫から連絡してきたのだろう。何やら刑部はぶつぶつ言うと、あとは頼みますと告げて
そのまま管理室を後にする。残された二人は顔を見合わせるが、
分かるのは互いが何が何やらわからないことのみ。
やがて安堵の表情で戻ってきた郡山と加藤を見て、二人は更なる疑問に見舞われることとなる。



 外の空気はやや肌寒かった。新鮮であったし冷静な思考も取り戻させたが
身を切る冷たさは耐え難い。それが内心の苛立ちを加速させる。
倉庫前に兵士達と立っている同僚兼友人の姿を確認し、私生活の口調で問い詰めた。

「どういうことだ、葉子。何故私を呼んだ。ゴリ山と加藤はどうした?」
「まあこれを見てから言ってください。オープンザドアー!」
 倉庫の壁に備え付けられた数字キーが順番に押され、ダイオードの光が赤から緑に切り替わる。
するとどこからかモーターの回転音がしてギシギシと重そうな鉄の扉が上がっていった。
ハンガー内から漏れる光が二人を照らす。中は何かの整備工場のようにも見えたが、
その中にあった一際目立つ、砂漠色の軍用車には否応なしに関心を注がれた。

「ジープ……というか軽装甲車か?……まさかこれで」
「これを見た瞬間ひらめいたんです。深夜ドライブと行きませんか?」
 そのためだけに加藤と郡山を帰らせ、自分をわざわざ呼び出したらしい。
刑部は親友の正気を疑った。緊張のあまり気がふれたのかと本気で心配する。
矢神に帰れればいくらでもできるのだ。
こんな無骨な車で妥協しなくても、燃え立つNSXが待っているはずである。
心配をよそに、笹倉はキーを手にして車に飛び込む。すぐにエンジンがかかり、車体を揺るがす。
強化ガラス越しに手招きする彼女と、倉庫番らしき兵士達。
刑部は今度は自分が逃れられない立場にいると自覚した。


「……やれやれ。で、このまま行くつもりなのかい?」
 運転席の開いた窓から確認する。手持ちの銃器だけでは遂行するには難しい任務だ。
やるならば工場内にあるもので充分装備を固める必要があるだろう。

「ああ大丈夫です。兵士さんが必要なものは用意してくれました。色々後ろに積んであります。
 対弾対刃繊維のセキュリティウェアとか暗視スコープ。制圧用に威嚇弾とか……あ!
 モデルガンもありましたよ!絃子さんはそっちのほうがいいですか?」
 微に入り細にわたり、用意周到なことだと刑部は感心せざるを得なかった。
兵士と言えば、あれだけ大勢いたはずの彼らの数が明らかに減っていたことを思い出す。
校舎に残っている兵士は警備レベルの高い管理室側ですら十名前後。
煙のように消えてしまっていた。

(可能性としては外か?何かが起きているのか?……それともこれから?)


856 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:36:00 ID:DTjim5Ze

 居眠り運転だけはやめてくれよと忠告を交えながら助手席に乗り込む。
備え付けのカーナビに目をやると、島の地図に印があった。これにも首輪の探知機能があるらしい。

「ところで今更だが……フラッシュメモリなんてアテになるのかね」
「へえ……その心は?」
「主催者らも我々も高野君も、この島の大勢がまんまと踊らされてるわけだがそれがフェイクじゃないかと思ってね。
 別に中身がからっぽでもパスワードが首輪の番号と全然関係なくてもいいんだよ。
 私達ならいざしらず、生徒達には全員の首輪を調べるなんて実質不可能だ」

 しかし何らかの手段で――今回は密告だったわけだが、それを知れば自分達も動かざるを得ない。
管理側の人間を舞台に引きずり出すことそのものが目的だったとしたら?刑部はそう続けた。
ちらりと隣の人物を伺うが、いつの間にやら外に向けられた顔と垂れた髪、そしてリボンがそれを隠す。

「メリットはそうだね、単なる破滅主義者とか。……真面目なところでは時間稼ぎや
 管理体制の脆弱化か。何より動きを見せれば尻尾もつかみやすくなる。微細な事だが重要だよ」
「あははーなるほど。いやらしいイタズラですね。……絃子さんが好きそうな手です」
「むしろ誰かさんの得意分野じゃないかと思うがね」
 若干の皮肉にも動じないまま、二人のどこか乾いた声がエンジン音にまぎれて響く。
やがて彼女のアクセルに添えた足に力がこもった。
メタリックボディの塊が一際大きな爆音を鳴らし、ゆっくりと動き出す。

「ああそうだ。ドライブを長く楽しむ意味もこめて、南回りで行ってくれないか?
 灯台か診療所かあのあたりに色々武器が落ちてる。拾っていこう」
 余計なお世話では、と口にしそうになる笹倉だったがその前に言葉の意図に気付く。
「……そうですね。ただメモリかパソコンを奪うだけじゃ面白くないですから。
 何か一つくらい、『置き土産』があってもいいですね」

 ゲームの円滑な運営のために、一切の努力を惜しまないこと

 主催者から通達されていた文章の一部が脳裏をよぎる。
希望を絶たれた生徒達に、優しくそっと終わらせるための道具を渡してやる。
それが自らに向けられる可能性をあえて排除して、笹倉は親友の考えに賛同した。

「早く矢神に帰れるよう頑張って、いつもの生活に戻るとしましょう」
「そうだね。あの暮らしが懐かしいよ」
 もう戻らないあの頃が。記憶の中の存在となった彼らの笑顔が。何もかもが懐かしかった。
感慨にふけるほど、獣の檻に飛び込むことへの恐れが薄れていく。
何故なら、それより辛いことがあるのだから。

――待っているのは、空っぽの教室だけだから



857 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:37:38 ID:DTjim5Ze
【午後21〜22時】

【姉ヶ崎妙】
【現在位置:D-06】
[状態]:精神的疲労
[道具]:自動式拳銃(H&K USP)/弾数 16発、9mmパラベラム弾15発入りダブルカラムマガジン1つ
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【加藤】
【現在位置:D-06】
[状態]:精神的疲労
[道具]:小型短機関銃(イングラムM10)/弾数 30発、.45ACP弾30発入りマガジン2つ
[行動方針]:生き残りたい
[備考]:なし

【郡山】
【現在位置:D-06】
[状態]:健康
[道具]:アサルトライフル(AK-47)/弾数 27発
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【谷速人】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:P90(サブマシンガン)/弾数 50発、5.7x28mm弾50発入りマガジン1つ
[行動方針]:不明
[備考]:なし

【笹倉葉子】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:リボルバー(S&W M686Plus)/弾数 6発、.357マグナム弾20発
[行動方針]:南回りに移動。ノートパソコンかフラッシュメモリの奪取/破壊
[備考]:軍用車を運転

【刑部絃子】
【現在位置:D-06】
[状態]:多少の睡眠不足
[道具]:自動式拳銃(ワルサーP99)/弾数 16発、9mmパラベラム弾15発入りダブルカラムマガジン1つ
[行動方針]:南回りに移動。ノートパソコンかフラッシュメモリの奪取/破壊
[備考]:なし

軍用車には、二人分の様々な荷物があります。


858 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/19(月) 02:38:31 ID:DTjim5Ze
というわけで教師陣。

色々決めすぎなような気もするので修正点等の指摘をお願いします

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 02:46:01 ID:k3LjFBUT
乙!まさか絃子と笹倉二人が出撃とは、俄然おもしろくなってきた。

ただ、教師側が各地にバラバラになった武器を回収するのはちと関与しすぎでないかい?

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 03:11:01 ID:oPx6YSiO
>>858
乙っす
裏側の戦いも俄然熱くなってきましたね
教師視点はリレーの醍醐味がより出てて面白いです

>>859
そこは絃子さんが生徒を助けたいってのが暗にあらわれてるような気がした
そう考えれば全然ありかと
まぁ誰が裏切り者かはまだわからないけど

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 16:38:29 ID:Uhc2Blkp
メモリは持ち帰れって指令が出てるのに行動方針が[メモリの奪取/破壊]になってるのは…?
「望ましい」だから別に壊してもいいってことか?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:37:18 ID:Iy+7z7KQ
>>858
乙です。なんだなんだ、面白くなってきたなw
しかし極力手を出さずに奪取ってかなり難しそうだな。
ああ、それでAR15あたりと物々交換?

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 18:49:17 ID:uC9W8+Hb
島に連れてくる時に使ったガスで眠らせれば簡単じゃないの?
回収を終えたら気付け薬を与えて車で戻ればいい。
しばらく頭が働かないだろうからその間に遠くに離れられる

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:32:14 ID:QnDR6E+q
催眠ガスは持ってるのか否か

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 19:33:17 ID:Nj37l39Z
書き手次第ですから

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:03:01 ID:uC9W8+Hb
質問なんだけど教師達の首輪にも盗聴機能ってあるのか?
それも書き手次第?

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:14:18 ID:uC9W8+Hb
それと南回りに移動して武器も回収するとかなりの遠回りになるから
一条が今の位置を動かないとしても到着まで2-3時間は見積もった方がいいかな?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:14:45 ID:VZpxa6/s
書き手次第だろうね

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 21:18:47 ID:8nqHN9H9
>>867
書き手次第なんだろうけど、あると考えた方が妥当かな。

主催者側からすれば、警戒すべきは生徒たちの反乱よりも、むしろ教師たちの反乱の方。
ゲームの管理にもある程度関わらせている分、反乱起こされたときの脅威度はより高いわけだし。

そう考えると、主催者側が教師陣を監視するための仕掛けがあった方が自然。

870 :869:2007/02/19(月) 21:21:09 ID:8nqHN9H9
アンカーミスった……orz

>>869>>866へのレスね。

871 : ◆7ILEob33QI :2007/02/19(月) 22:30:54 ID:bTVFeGW+
すみません、予約延長することになりそうです。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 22:50:14 ID:Xia2+gV0
がんばって

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 23:42:59 ID:VZpxa6/s
期待してます。頑張ってください

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 01:04:53 ID:GPoktdH6
>>858 乙です!
個人的に出陣してほしい2人が出陣してくれて嬉s(ry
パソコンに向けてみんな集結し始めたな。これからどうなるかドキドキだ。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 03:14:48 ID:Asd4YE65
刑部と笹倉は出番早過ぎない?
実質的なラスボス候補なわけだし

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 03:33:39 ID:BNmKbKtd
>>875
そうは思わない。
もしも二人がラスボスなら、ここで一度出会っておくのも話の盛り上がりを演出するのには効果的だし、
ラスボスでないのなら、真のラスボスを動揺させる行動をとることも可能かもしれないし逆にラスボスの手の上で踊る道化の役割を果たすかもしれない。
後は生き残り達の動向によって話の進行スピードを変えていけばいいわけだしね。

>>871
期待してます。頑張ってください。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 03:52:22 ID:BNmKbKtd
そういえば、最近はすっかり仙道のAA見なくなっちゃったな。
斉藤がいなくなっちまったのが、今更ながら寂しくなってきたよ……。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 10:16:10 ID:7c5wcwsB
別になくてもいいよ
ウザイだけだし

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 16:20:57 ID:7AZ/151w
今日は2つ来るのか…楽しみだ

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 16:40:07 ID:1/Zi8zz2
主催側がでてくるって他のロワでもあるの?
楽しみといえば楽しみだが収集つくのか不安
南回りってことは播磨じゃなくて沢近八雲ルートだし……

いずれにせよジャンプロワみたいにならないか不安で仕方ない

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 17:50:13 ID:oLwPAT9s
ジャンプロワがどーしたの?

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 17:58:57 ID:bBn+Z4IZ
サブカルにあったジャンプ2ndとラノベロワ2ndがスレストされた…
ロワ企画全部に削除依頼でてるらしい

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 18:34:14 ID:MapjjnLt
◆7ILEob33QI氏の期限は明日の07:44か。結構ギリギリな人だから朝方投稿かもね。寝るか。

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 18:35:01 ID:gsBDlebd
1のほうが止まってないから平気だよ
いざとなったら最近作られた二次創作の板に引っ越せばいいし

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 20:50:11 ID:F+l+7Kez
残念だがそれは不可能だ。
その最近作られた板の自治スレにいってみれ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:05:58 ID:xpaQ6/5T
>>855
>その中にあった一際目立つ、砂漠色の軍用車には否応なしに関心を注がれた。
>「ジープ……というか軽装甲車か?……まさかこれで」

HMMWV(ハンヴィー。ハマー)、ですよね?
どれみ小説版で管理側がそれっぽいに乗ってたので
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:09:23 ID:eHi35ESh
俺は真っ先に軽装甲機動車が思い浮かんだ。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BD%E8%A3%85%E7%94%B2%E6%A9%9F%E5%8B%95%E8%BB%8A

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:09:31 ID:FS0jN4ze
じゃあ少年漫画か漫画、漫サロってとこか
つか他にも多数候補あるし
いざ落ちたらまとめのしたらばでどこに立てるか決めようぜ

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:14:04 ID:xpaQ6/5T
>>887
>軽装甲機動車

ジャンビーっすか
世間で言われてるほどハンヴィーのパチ物ではないんですがね

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:27:11 ID:eHi35ESh
とにかく、ハンヴィーでも問題無いと思います。
ただ軽装甲車、と刑部が印象を受けているので装甲強化型の方でしょうね。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 21:30:38 ID:LWQZ5uO9
>>882
スレストって、なんだ?

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 22:21:41 ID:Gap9QsQU
リストラとかじゃないの

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 23:20:38 ID:46qrZR7K
感想ありがとうございました。

首輪の監視や車種、メモリやノートパソコンの奪取/破壊等、
曖昧ととれるところは多くの方がおっしゃるとおり
次の書き手の方が好きに扱って頂ければいいかなあと思います。

武器の回収については、回収してみようかと考えたくらいにしたほうが
いいでしょうか?

894 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/20(火) 23:36:02 ID:X0IIZIY7
鳥忘れ……失礼しました

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 23:42:50 ID:eHi35ESh
.>>894
わざわざ武器を回収する意味ですが、解釈次第でかなり展開に幅を持たせられるので
回収に行っても良いのですね。
ただ実際に行くかどうか、他細かい点は次の方まかせでも良いと思います。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:08:06 ID:dm0rn00X
>>895
回収したらそれはそれで色んなフラグが立つしな

つかスクロワは終盤なのにもかかわらずテンションが落ちない
むしろ話自体は盛り上がってきてるのが凄い

897 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:15:07 ID:yeoLqChl
久しぶりの深夜投下しようと思ってたら、早朝投下になっちまったよ。

題名【すれちがい】

898 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:16:06 ID:yeoLqChl
 空には雲一つない。満天の星と月の光が、すやすやと眠る三原と伊織の身体を照らしていた。
 けれども木々の間から漏れるそのわずかな光では遠くの様子を確認することは難しい。八雲は双眼鏡を地面に置き、ふぅとため息を漏らす。
 不思議と心は落ち着いていた。いくらか眠ったお陰で体力は回復していたし、なにより自分の中で一つの踏ん切りをつけることができたから。
 三原達は、分校跡に向かっていたという。人数の集まりそうなところを目指しての行動だということだから、一度そこに向かって行ってみるのもよいだろう。
 しかしそれ以上に、今の八雲には別の目指すべき場所があるのは確かだった。それは鎌石村。今はもう死んでしまった冬木という男子生徒がいた場所であり、自分達が目指していたパソコンがあったはずの場所。
 持ち主が死んでしまったということは、今もその場所にパソコンが置いてある可能性は低い。けれども、一条はその場所を目指して進んでいたはずだ。
 ならば、自分も同じように鎌石村を目指して歩けば一条に再会できるかもしれない。八雲はぼんやりと、願望にも近い推測を思い描いていた。
「『いってらっしゃい』、か」
 もしもあの別れの時、彼女の言葉がなかったら、今の自分はないかもしれない。あの優しく強いひとは、いったい今はどうしているのだろうかと八雲は想いを巡らせる。
 きっと無事に違いない。再会できたら、自分勝手な行動について謝らなくてはならないけど、それは決して嫌なことではなかった。
「う、う〜ん」
 隣で三原が寝返りをうつ。「ララァ……ハラミ言うなぁ……」などと呟く彼女の目尻には雫がうかんでいた。八雲は三原を起こしてしまわないように、そっと彼女の傍から離れる。
 自分と同様、三原もこの島で辛い経験を味わってきたのだろう。そんな中でも、三原は自分を失わずにここまで生き残ってくれた。八雲はそんな彼女が傍にいてくれていることを、なんとなく嬉しいと思った。
「……護らなくちゃ、今度こそ」
 もう何も失いたくない。これ以上何かを失ってしまえば、自分の中のもう一人の自分がまた顔を出すかもしれない。
 そんなことになるくらいなら、その前に自分の命を賭して自らの選んだ道に従う。そうして護れるものが一つでもあるのなら、自分の命はそれほど惜しくはない――けれど。
 けれど、一つ欲を言うのなら、最後に一目だけでも会いたい人がいた。
 何かが変わることを望んでいるのではない。変えようと思っているわけでもない。でも、会いたいと願わずにはいられない。自分勝手なこととはわかっていても、気持ちを隠すことなんてできはしない。
「なんだか昨日から、ちょっとだけ我侭になっちゃったかな」
 きっとそれは、もう一人の自分の影響でもあるのだろう。いつもなら意識することさえない自分の心の動きが、僅かながら拡大されて見えてくる。
 会えたら何を言おうか。
 そんな束の間の空想を、八雲が少しだけ楽しんでいた――そんな時。

899 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:17:57 ID:yeoLqChl
 パキッ。

「!?」
 普段なら聞き逃すような微かな物音。しかし異様なほど静かなこの島では、その僅かな変化でさえ八雲の心を大きく動揺させる。
 何かが折れた時の音。そうそれはまさに、地面に落ちている小枝が踏み折られた時に発するような音であった。

 パキキッ。

 繰り返し鳴り響く音。八雲は低く腰を落としたまま這うように地面を移動し、再び三原の傍らへと身を寄せた。
 八雲はなんとか三原を揺り起こそうとしてみたが、声を漏らさないように控えめになされたその行為は何の効果ももたらさなかった。
 冷汗が、八雲の頬を伝わる。まさか一条ではないだろう。音の感じでは相手は一人だが、彼女がパソコンを手に入れずに戻ってきたのなら、この場にうまく現れるとは考えにくい。
 逆に、もしも一条が何らかの手段でパソコンを手にいれ、探知機能を使って自分達を探しているのなら、声を出してこちらを確認してもよいはずだ。
 不意に、平瀬村で会った二人組の顔が脳裏を過ぎる。もしかしたら彼らのような者がまだ島中を歩き回り、新たな犠牲者を作り出そうとしているのかもしれない。
「……」
 八雲の心には、怯えと憎悪とが混在していた。手には、三原の持ち物であるベレッタM92を握っている。花井の命を奪ったUZIを持つ気には、どうしてもなれなかった。
 銃を持つ手がカタカタと震える。まさか自分から積極的にこんな道具に頼る時がくるなんて思ってもみなかった。昨日の夕方に初めて出会った男に手斧を突き立てた時に酷く狼狽した自分が、今はまさに人殺しのために構えている。
 笑えはしないけれど、奇妙な状況ではあった。すでに麻生という人物を殺し、なにを今更と言われるかもしれないが。
 それでも、今の自分には『敵』に対する明確な殺意が存在していることを、八雲は否定しなかった。それは、八雲自身の目的を達成するために必要な感情。大きく深呼吸をし、ベレッタのグリップを握りなおすと、手の震えは何時の間にか消えていた。
 八雲の思考とは関係無しに、物音はなおも響き渡る。僅かに、しかし確実に、物音の主はこちらに近づいてくる。
 無論その主が自分達を殺そうとする者であれば、八雲は自らの命を賭して戦うつもりではあった。けれども、その場合どうしても考慮しなくてはならないのは隣で寝息をたてる三原の存在だ。
 彼女が眠ったままでは、もしも誰かと衝突することになればこちらの方が圧倒的に不利。かといって、彼女を今さら起こしたとしてもそれは相手にこちらの正確な位置を知らせるだけで、寝起きの彼女を庇いながらの行動もやはりこちらを不利な状況へと追い込むに違いない。

900 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:18:46 ID:yeoLqChl
 一番安全なのは、このまま息を潜めてやり過ごすということ。
 人殺し達や先生に対する恨みが膨らんだとしても、八雲の中の冷静さは失われていなかった。それはおそらく、恨みや憎悪などの感情を持っているのは自分の中の『悪魔』の部分であり、それを今では八雲自身で客観的に見つめることができるからであろう。
 だからこそ警戒心を最大にして、何時でも『敵』に対して攻撃が仕掛けられるようにと構えながら、決して相手には見つからないように細心の注意を払って身を隠し続ける。
 動き続ける何者かが発する音は、相変わらず響いていた。
 もう一度辺りを見回す。月明かりのお陰で視界はある程度確保されていたが、それは相手にとっても同じこと。
 時々、音が止んで静寂が辺りを支配する。おそらくは、周りを警戒しながら進んでいるからだろう。
 そんな時には、自分の心臓の音がやけに大きく聞こえた。八雲は三原の手を握り、高まる自分の胸の鼓動を抑える。

 ガサッ。

 本当に、すぐ傍に誰かがいる。
 八雲は、音のした方向へ意識を集中させた。相手がもしも自分達を殺す気なら、こちらとしても全力で抵抗しなくてはいけない。逆にもし、そんな気がない人だとしたら、その人を傷つけてはいけない。八雲は無意味な殺し合いをしたくて、銃を持っているのではないのだから。
 相手に動きはない。どうやらまた立ち止まって、周囲を見回しているようだ。
 その間は実質、三十秒もなかったかもしれない。しかし八雲にはその時間が永遠に等しい長さに感じられた。息を潜め、心を落ち着かせて。まるで死体のようにじっと固まったまま待つことしばらく。
 物音の主は、しかし八雲達のもとへやってくることはなく、地面の小枝を踏みしめる音は徐々に遠くへと移動していった。
 ひとまずの危機回避に、八雲は大きく息を吐く。ふと横を見ると、何も知らない三原が涎をたらしながら苦悶の表情を浮かべていた。
 どんな夢を見ているのだろうか。八雲は少しだけ心配になる。
 しかし三原の顔に時折浮かぶ苦笑いは、彼女の夢が救いのないものではないことを物語っていた。

901 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:20:10 ID:yeoLqChl
    ※    ※    ※    ※    ※

 沢近は、かれこれ五時間は歩き詰めであった。もっと言えば、ホテル付近での小休止を除けば朝からずっと歩いているのだ。
 疲労はピークに達し、集中力は落ちてきている。これ以上の強行は無謀にも思えたが、沢近は目的の為に進み続けていた。
 凹凸のある林の中を進むのは、足首にも相当の負担となっていた。最早足が重いという感覚は通り過ぎ、鈍い痛みが沢近の足を襲っている。
 歩いては立ち止まり、立ち止まってはまた歩く。何度も何度も、同じことを繰り返しながらも沢近は希望を棄てることはなかった。
 棄てないというよりは、棄てるという選択を選ぶことなど沢近自身が許さないといった表現が正しい。それは、意地にも近い感情であった。
 携帯の電池のことなどを考えると頻繁に連絡を取ることなどはできないから、大雑把な位置を把握したなら後は自らの足に頼るしか道はなく、沢近はその道を突き進んでいるのだ。
 八雲と三原が、この付近にいるという情報。それを得たとしても、実際に彼女達のもとへたどり着けるかどうかは半々といったところか。
 しかしそれでも沢近は諦めなかった。それは皆の希望を潰えさせないためでもあるし、そして少しだけ、八雲が心配だからでもあった。
 一条からの情報によると、今のH-03で生きているのは三原と八雲の二人だけらしい。それは他の三人が、その二人によって殺された可能性があるということだ。
 でも沢近には、そんな話を信じることはできなかった。仮にそうであったとしても、やむおえない事情があった可能性の方がまだ大きいと感じられた。
 それが客観的な分析ではなく主観的な判断であることは沢近自身、明確に感じていることである。しかしそれでも、沢近は信じていた。何かを信用せずに、失う寸前にまで自らを追い込むようなマネは二度としたくはなかったから。
 そんな執念に突き動かされるように、沢近はとっくに限界を迎えているはずの自らの足を動かし続ける。
 死んでしまった親友の妹。親友には何もしてあげることができなかった。だったらせめて、その妹だけでも救ってあげたい。沢近はそう思わずにはいられなかった。
 夜空に輝く星の光に、願うわけではないけれども。ふと沢近の目に入ってきたのは、アルデバランを中心としたおうし座の姿。
 矢神からは到底見ることのできない綺麗な星空に心を奪われた――まさにその時であった。
 確かに、沢近には聞こえたのだ。
 大きな声で一言。「だからハラミって言うなっ!」という謎の叫びが。

902 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:21:09 ID:yeoLqChl
    ※    ※    ※    ※    ※

「だからハラミって言うなっ!」
「!?」
 謎の寝言とともに目覚めた三原の横で、八雲は言葉を失っていた。
「……うにゃ? ララがいない。……ああそうか、ララは天満ちゃんと……むにゃむにゃ」
 何かを納得したのか、三原はそう独りごちてまた深い眠りへとついた。
 一方で八雲は今の状況をどう打開するか、様々な考えを思い巡らせる。今ので、折角やり過ごせたと思っていた物音の主はこちらの存在に気がついただろう。
 戦うべきか、否か。いや、こちらに選択権はない。
 今、八雲が取るべき行動は三原を叩き起こしこの場から急いで離れ、それでも相手が追ってくるようであればこちらは銃で応戦するというもの。それ以外には選びようがない。
 急いで三原の肩を揺する。しかし三原が起きる気配はまったくなく、それは八雲の気持ちを焦らせる原因となった。
 こちらの居場所はばれているのだから、声を出しても構わない。
 そう思い、八雲は三原の名前を呼ぼうと息を吸い込み、そして――。
「三原せ「八雲っ! アンタそこにいるのねっ!?」
 聞きなれた声に、八雲は言葉を飲み込んだ。
 そこに敵意は感じない。決して仲が良いわけではないけれど、天満から何度も彼女の話は聞いていた。曰く、とっても綺麗でモテモテな女の子。曰く、強くてかっこよくて、頼りになる大親友。
 最愛の姉である天満がそう述べた彼女が、こちらに近づいてくる。
 警戒心がゼロだというわけではない。一応、銃を手から離すことはなく最低限の防衛体制は整えてある。しかし指に力は入っていなかった。元々苦手な人ではあるけれど、決して嫌悪しているわけではないから。
 そして木々の間から彼女がその姿を無防備にさらけ出した時、八雲の中の警戒心はほぼ完全に途切れた。
 沢近は見るからに疲弊していた。制服は泥まみれ。自慢の長髪はツインテールの片方部分がバッサリと切り取られ、バランスを崩している。
 足取りは重く、木に手をつきながらやっとの事で歩いている状態だ。
 制服は血にまみれていたが、しかしその表情に浮かんでいるのは柔らかな笑みだった。
 安堵と喜びが入り混じったような沢近の笑顔に、八雲はふと今は亡き姉の姿をだぶらせる。
「よかった……。生きていてくれて」
 それは沢近の心からの言葉に聞こえて、血まみれの制服により再び生まれかけた警戒心が徐々に解けていくのを感じていた。
「ちょっとだけ心配したのよ。アンタ、天満がいなくなってどうしているのかって。……本当にちょっとだけだけどね」

903 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:22:45 ID:yeoLqChl
 いつも通りの態度のままで、沢近は八雲の下へと歩み寄っていた。
 八雲も銃を置き、沢近のところへと自ら進んでいく。
「アンタに言いたいこと、いっぱいあるのよ。こんな異常な島から逃げ出すために、私達が、できること……」
 言葉の途中で、沢近は急に前のめりに倒れかける。八雲は慌てて駆け寄り、すんでのところで沢近を支えた。
「大丈夫ですか? どこか怪我でも……」
「ああ、御免なさい。ちょっとだけ、疲れちゃったみたいで。ええ、ほんのちょっとだけ……」
 そこで沢近の言葉は途絶えた。
「沢近、先輩?」
 妙に思い八雲が沢近の顔を覗き込むと、沢近は目を閉じ、スヤスヤと寝息をたてている。
 八雲はそっと沢近の身体を地面に倒し、枕代わりに沢近のリュックを彼女の頭の下に置いた。
「よっぽど、疲れていたんですね」
 倒れかける寸前に沢近が言った言葉の意味が気になりはしたが、今の沢近の状況を見れば無理に起こして問いただす気になど決してなれなかった。
 目の下にはクマができている。おそらく昨日から、やはり彼女も色々な辛い経験をしてきたのだろう。
 靴の汚れ具合からも、沢近がそれこそ一日中この島を歩き回っていたということが容易に想像できた。
 生き残った人間のうちの、見知った者の一人との再会。それは八雲を勇気付けるのには十分な出来事であったし、また、新たな決意をさせるのにも十分だった。
 詳しい話は沢近が起きてから聞くとしても、まず目に付くのは彼女の制服に撥ねた返り血の染み。
 誰かを看取ったのか、それとも、誰かをやむおえず手にかけたのか。不思議と、彼女が殺し合いに積極的に参加しているとは思わなかった。それはおそらく、彼女が見せた笑顔が原因なのだと八雲は思った。
 今までにあんなに自然な笑顔を見せてくれたのは、サラや天満くらいのものであったから。そんな笑顔を疑うという選択肢は、八雲の中には存在しなかった。
 だからこそ、思う。彼女も――沢近愛理もまた、護るべき人の一人だろうと。
 護ることなんて実際にはできないかもしれない。でも、せめて彼女達の為になることを一つはしていってから死にたい。八雲はそう願っていた。
「ララ……私は食べ物じゃないよ……」
「……このバカヒゲ。紛らわしいマネしてんじゃないわよ」
 二人分の寝言が、静かな闇世の中で異様なまでに大きく感じられる。
 八雲の中で、彼女自身の命の価値は徐々に低いものになっていき、皆を救おうという想いだけが、彼女の生きる理由となっていった。


 三原は皆の死を悲しみ、生きて夢を見続けることを決めた。
 沢近はこれ以上大切な人が死んでいくことを拒み、走っていた。
 そして八雲は、自らの死をもって何かを成し遂げることを望んでいた。
 お互いの想いが噛み合う事は無く、致命的なまでに食い違っていたとしても、まるでそんなことは関係ないと言わんばかりに島の中はますます混沌の渦に飲み込まれていく。



904 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:25:29 ID:yeoLqChl
【午後 20時00分】

【現在位置:H-03】

【三原梢】
[状態]:睡眠中、左掌に銃創(応急処置済み) 精神的疲労はやや回復
[道具]:支給品一式(食料1.5、水2) UZI(サブマシンガン) 9mmパラベラム弾(1発) 救命ボートのオール
ベレッタM92(残弾16発) 9ミリ弾191発 エチケットブラシ(鏡付き) 、ドジビロンストラップ
[行動方針] :生きて夢を見続ける。UZIの弾丸を補充する。
[備考] :播磨が天王寺、吉田山を殺し刃物を所持していると思っています。

【塚本八雲】
[状態]:精神・体力共にある程度回復
[道具]:支給品一式*2(食料3、水6)、(弓矢20本、全てゴム。ただし弓はしっかりしてるので普通の矢があれば凶器)
      ボウガンの矢4本、アクション12×50CF(双眼鏡)
[行動方針]:三原、沢近が起きるまで見張り。生きていて欲しい人間を助けるが、自分が最後まで残るつもりはない
[備考]:所持している荷物を天満の形見と認識。弓使用可だが精度に難あり。教師達も狙うという意味では反主催


【沢近愛理】
[状態]:睡眠中。身体、精神ともに疲弊。返り血にまみれている。
[道具]:支給品一式(水5,食料8)、デザートイーグル/弾数:2発、携帯電話、vz64スコーピオン/残り弾数20
[行動方針]:1.H-03の人間(死体含む。八雲>他)の首輪を調査
         2.一条ときちんと連絡を取りたい(西本達の事、高野の事、播磨の事etc...)
[備考]:播磨を信用しはじめている。フラッシュメモリの可能性を強く信じる。烏丸が大塚を殺したと認識。盗聴器に気付いています。
     一条が嵯峨野の死体を見つけたと勘違いしています(一条は死体の顔を確認していません)
     一条に不信感。メールの内容を一部信じていません。三原を(一応)警戒。


[共通備考]:盗聴器に気づいています。


905 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 05:26:26 ID:yeoLqChl
投下完了しました。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 06:41:11 ID:YCXM5i0m
GJ。
ララは大変なものを残していきました。
ハラミフラグです。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 06:58:31 ID:kgOC0UfC
乙です。
沢近は殆ど何も伝えずに寝てしまうとは意表を付かれました。
しかし八雲と三原の時間が前回から少しも動いてないのがおかしいと思いますので
その部分を修正願います。


908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 06:59:29 ID:YKP29rl6
乙でした

タイトルで一瞬ドキッとしたけど皆無事だったか(;ーωー)=3
そして首の皮一枚で繋がったナポ救出フラグw
彼が播磨に会える日は来るんだろうか……orz

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 07:20:51 ID:pgwc+2QS
GJ!

>>907
ハラミ爆睡だから動いて無くてもよいのでは?

910 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/21(水) 09:19:34 ID:hHbii4y1
時間表記は、完全に間違えてました。

【20〜22時】に修正します。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 10:10:21 ID:ow9k2kAA
>>910
乙です。三原の寝言に笑わせてもらいました。

播磨・高野の件なんですが、予約延長期限を越えることになってしまいました、申し訳ないです。
どなたかが播磨か高野を予約もしくは投稿なさる前に作り上げれるよう頑張ります。

912 : ◆7ILEob33QI :2007/02/21(水) 10:11:48 ID:ow9k2kAA
トリップを付け忘れました。

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 11:15:07 ID:wRYvQ9zT
乙です。
ハラミフラグ、まだ生きてたんですねw

ところで>>899の、
>逆に、もしも一条が何らかの手段でパソコンを手にいれ、探知機能を使って自分達を探しているのなら
八雲はまだパソコンに追加機能があることは知らないんじゃないですか?

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 11:53:18 ID:hHbii4y1
>>913
一条と冬木・東郷の出会った時期を間違えて覚えていましたorz
該当箇所は、後で修正します。

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:18:43 ID:kgOC0UfC
質問なんですが、既に死んだ人間を回想という形で登場させ、
あれこれ語らせるというのはやってはいけない事でしょうか?

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 18:21:52 ID:Douep2sF
やりかたしだいではあるけど、後付けって感じは否めないかな。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 19:38:09 ID:nERdGEwj
>>915
それで一回荒れたことがあるけど、綺麗にまとめられれば平気……なのかな?

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 20:11:57 ID:jSHqKqfW
乙ー

沢近八雲ハラミって短機関銃×2という優勝狙える強さだな

全員一条と因縁があって面白い

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 21:10:46 ID:kuIn6CIc
2ヶ月ぶりに覗いてみればものすごい数死んでる
よきかなw

920 : ◆RHLa6nIQ9U :2007/02/22(木) 02:16:18 ID:IdAo7kGn
【闇夜の出撃】
の修正版をまとめサイトに投下しました。

支給品を拾うかどうかをちょっとぼかした形に変更してあります

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 07:41:16 ID:z23nM+rp
最近まとめサイトが更新されてないっぽいけど、
1氏は元気だろうか

922 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/22(木) 08:17:31 ID:WT4SkGuy
【すれちがい】の修正版を投下しました。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 11:17:20 ID:rvz41NS7
>>920>>922
お二方とも乙です。

◆7I氏のも楽しみだ。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 14:42:51 ID:BOEfwjTr
次の放送までは、播磨・高野、一条・雪野があと2話くらい必要か?
沢近らは睡眠+携帯OFFだし一条も教師も放送までに追いつけない。
月末に次の放送へいきたいところだな

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 17:53:27 ID:Y/JmVQQ5
じゃあ頑張ってみるかな

926 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/22(木) 23:31:49 ID:WT4SkGuy
>>921
元気ではあるようだぜ。まとめの管理は大変だろうけど、続けてくれてる1の人はいい人だ。
ところで、1の人に私的連絡なんだが。

そろそろ放送の時期ですが、最近1の人は多忙なようなので、放送は自分が書くことも可能です。
ただし禁止区域の設定についてはこちらで勝手に行うことは出来ませんので、1の人に最終決定してもらうしかないのですが。
よろしければ、それ以外の部分は書かせていただきたいと思います。
余計なお世話であったとしたら申し訳ありませんが、一応ご連絡させていただきます。

927 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/22(木) 23:44:24 ID:2EubAmlb
すいません、次の放送は私も書きたいと思っているので一応意見を表明させてください。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 23:53:58 ID:DfRg7jR1
放送はきっちりした時間までに必要があるから
いっちゃ何だがCb氏よりX7氏のほうが信頼できる

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 00:09:24 ID:e4BOYtAa
>>928
最初はまとめ掲示板に投下して、それを週末の入りに本投下するんだから期限がどうのとかは問題ないんじゃない?

>>926
禁止エリアもまとめ掲示板で意見を聞いてそれを参考に放送を書く人が決めれば良いんじゃないかと思う。
わざわざ1の人が決めなくても、完全に恣意的な決定しなきゃ大丈夫。
不安ならまとめ掲示板での意見交換を充実させれば良いんだし。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 00:23:24 ID:SCkgrR9d
>>928
俺はどっちが書いてもいいと思うよ
今回の場合いきなりだから早い者勝ちっていうのもおかしいし
出来れば公平な形で抽選みたいにするのが一番だと思う

というか1の人がまとめの管理大変そうなら手伝えるなら手伝いたいんだが
1の人が管理人のままが俺は良いと思うんだけど
サポートできることがあれば言ってほしい
少しくらいなら力になれるかもしれないし

931 : ◆X7WwwzkoUU :2007/02/23(金) 00:42:53 ID:vlHDfdSi
>>929
そうですね。
禁止エリアについては今まで議論にすら加わったことがないので、よくわかっていないのが現状です。
ですが、まとめ掲示板を見る限り禁止エリアの選定は皆の意見の集約のようなので、放送を書く人が決めても問題ないみたいですね。
ご指摘ありがとうございます。

>>927
私の意見表明は「1の人がいそがしいなら代わりに書くことも可です」というものであり、
教師陣についてを書くのには興味はありますが別段放送に絡める展開を考えているわけではないので、
貴方がどうしても書きたいというのなら、書いてもらうことに特に不満もありません。むしろ手間がはぶけて嬉しい限りです。
ただ、もしも他の書き手が書きたいと言ってきたならそれはおそらく抽選でしょうね。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:26:00 ID:e4BOYtAa
抽選ってどうやるんだ? と思ったら電波受信した。

1、抽選日を決めといて立候補者はその日のうちに何らか書き込む
2、候補者のIDの中にある数字の合計が高い奴が当選
3、誰も数字が無い、とか同点の場合はアルファベットをa=1,b=2……と数字に変換してその合計を比べる

まあまず使う日が来ることは無いだろうけど。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:42:05 ID:Q3866EIB
そうなると週末までに誰に任せるか決めて、
28日の夜10時までに原案をまとめサイトに投下して放送か

それでいいんじゃない?

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 01:55:37 ID:SCkgrR9d
>>933
早過ぎないか?
まだ書きたいキャラいるって書き手もいるだろ

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 03:58:50 ID:8sD/8aZd
予約があるうちは放送の話は作らないほうがよさそう
作ると話が縛られるし
もっとマターリやったって罰は当たるまい


936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 06:37:52 ID:wt4dCSyl
てか最近キャラが死なね〜な

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 07:39:58 ID:i8VdtUAT
なんか最近、放送後に早い段階で大量死のSS投下されて
そのせいでそれからの話で殺せなくなってくるパターンが多い気がする

次も放送後に一気に三・四人死ぬ気がするんだ

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 09:06:23 ID:OGhcLnty
むしろこの状況でどんどん死んでいったら不味いだろ
膠着状態はまだまだ続くかと
つかもっと平和に読める話を増やしてほしいところだ

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:07:52 ID:qg0N76Ly
読み手の予想は得てして無視され、
盛り上がりそうな展開を書き手は書いてゆくだけ。
まぁなるようになるからwktkして待ってようや。
ただこれからスクロワはまた深夜の時間帯になるから、書き手が話を考えるのは大変そうだけど。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 13:55:10 ID:ztwy/Sc7
読み手の予想がいい意味で無視されてるならよかったんだけどな
盛り上がりそうな展開を書いてもそれをまとめる能力があるかと言えば疑問

深夜でも一条雪野と播磨高野は接触するだろうが、沢近八雲ハラミは難しいだろう

941 :1 ◆PhRNUx7oBQ :2007/02/23(金) 18:04:13 ID:Yo/q8RT7
>>926
>>927
放送は今回はお任せしたいので、是非よろしくお願いします。
誰が書くかは公平に決まるのがベストだとは思いますが…
申し訳ないですが、私には具体的な方法が浮かばないので、その辺はそちらで決めて頂ければと思います。
放送は今までは放送予定日より前に一応公開という形を取っていたので、まとめあたりに事前に投下という形でしょうか?
放送の時期は、ハラミ達やナポはもういいとしても、播磨達、一条達の話が一度は来た後がいいと思います。
禁止エリアは個人的な意見ですが、H-03、D-03、E-05でどうでしょうか。
どれみのように、終盤に主催側が参加者達を引き合わせ易くする為に禁止エリアを設定する例もありますので…

>>930
ありがとうございます。
まとめその物の更新はこちらで対応しますが、予約状況等の更新は間に合わない事が多くなりそうです。
ですので、そういった状況を皆様の方で確認して頂ければ幸いです。
あと、万が一私がログを取り損ねた場合にうpして頂ければとても助かります。その場合はこちらからお願いをしますが。
ついでに死者名鑑もどなたか書いて頂ければ…と思った時期もありましたが、気付けば書いてないのは城戸だけでした。
しかし最近は面白みの無い名鑑しか書けていないので、もっといい物が出来た!という方がいらっしゃれば是非投下して下さい。
既存の名鑑でも差し替えさせて頂きます。

皆様のご協力に心から感謝致します。

942 : ◆.Cb.m05RN. :2007/02/23(金) 21:53:13 ID:MXCuFKyF
>>931
はい、他の方が放送を書く事を希望される場合は抽選で構いません。

.>>941
1さん、いつもいつもご苦労様です。
放送の時期や禁止エリアについてはもっと他の方の意見をよく聞く必要があるみたいですね。
個人的に禁止エリアは1さんの考え通りで良いと思います。
その場合、次の放送以後中を狭める形でエリアを埋めていくのは決定ですね。
また、放送は誰が書く事になったとしてもまとめの掲示板に事前投下という形で良いと思います。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 22:38:49 ID:fwgRSVZB
◆7ILEob33QI氏の予約期限って、何時だっけ?

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 23:00:54 ID:G1mG77qF
スレ内検索でもかけろカス
>>911-912

945 : ◆KDV30/X2ug :2007/02/23(金) 23:44:01 ID:/bfirO+Z
播磨くんと高野さんを予約します。ただ用事が出来るかも知れないので最低でも日曜日には報告します。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 00:15:31 ID:Can4d4OH
>>936
もうバンバン人が死ぬ時期は終わったろ

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 00:40:31 ID:Nz6SgpjO
>>945
期待してます。

◆7ILEob33QI氏は間に合わなかったな。次回に期待。


948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 01:02:35 ID:PhLXXEwq
ところで次スレはどこに?
サブカルは板違いってことで削除される可能性が高いぞ
運営によると少年漫画か漫画サロンが適当らしいが
クラウンに戻る?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 01:50:18 ID:Nz6SgpjO
交流所の方で「運営はクラウンっていう結論出した」とか出てなかったっけ?

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 03:08:35 ID:RFZoHcl1
とりあえずIDが出るならどこでもいいよ

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 05:06:05 ID:CHpBEKp7
ま た 板 が 変 わ る の か !

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 06:35:31 ID:SZAsnIhD
少年漫画でいいよ。
クラウンだとまたあの議論が繰り返されることになる。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 13:02:58 ID:gh+n2D3/
別れてた3組がこれからは合流することになるから、
誰か一人が予約したら他の書き手は何も出来ないんだよな・・
大勢のキャラの話を書くのは大変だから予約期間を延ばしたほうがよくないか
cb氏とか7I氏とか特に優れた書き手の機会が失われるのは忍びない

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 14:54:18 ID:9dYxtTmh
>>953
予約期限は延ばしてあげたいが反対意見も出てきてるんだよな
俺も次スレは少年漫画がいいと思う

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 15:21:40 ID:sBGqKLLw
いや、次はサブカルがいいと思う

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 20:19:18 ID:vdZd2TAs
終盤にきて、書き手達の士気をあげるにはどうしたらいいだろう
やっぱ過去作品ひっぱってきて感想書くくらいか?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 20:22:01 ID:9dYxtTmh
>>956
そうだろうな
まぁ今は常に予約あるから平気っぽいけど

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 21:33:22 ID:OOyKdt6l
んで次スレはここと小漫のどっちに立てるよ?

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 21:52:58 ID:W/uTU7FT
960がきめて

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 23:32:02 ID:22Zi7N6s
今移動する必要を感じないのでサブカルで
ちなみに立てれない

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 23:59:30 ID:Q9tvR6bq
スクエニキャラバトルロワイヤル企画雑談スレすらまだ削除されてねぇからな……。
ちょっくらサブカルに建ててくるわ。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 00:07:55 ID:ssaitkjn
建てましたー。

http://human6.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1172329377/l50

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 00:49:53 ID:31NoxTjy
スレ立て乙

964 :脱出の方法:2007/02/25(日) 01:24:41 ID:hOPDzYC3

原作見ると機械詳しい人なら簡単に外せるみたいなので、
高野を味方につけてスタンガンの電気で首輪を・・・。無理あるでしょうか?


965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 01:49:14 ID:ssaitkjn
原作では、「設計を知っていれば」という条件がついています。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 01:49:36 ID:wqV4MqQ/
爆弾が入ってるんだからスタンガンをあてたりしたら誘爆しそうだ
というかスレで既出の方法はまず採用されない。
これいけるんじゃない?と思ったら実際作品を投下して判断を
ゆだねるしかない

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 11:24:00 ID:0Kimk6XH
投下数の多い書き手さんの感想を書いてみた。
俺に文章力ないからそういった評価抜きでただの感想。嫌ならスルーして下さい。
作品は鳥がついてた分にログ読んでこの人が書いたって本人が書いた分を追加。いくつか抜けてるかもしれん。


【トリップ】◆X7WwwzkoUU
【投下作】15作
「ゆがむせかい」「無駄死にでなかった事の、証の為に」「生きるとはなんとすばらしきかな」「すすむことはできない」
「あゆむべきみち」「星に願いを」「交換日記」「だから彼は走ることにした」「アイノカタチ 〜結城つむぎの場合〜」
「大人達の戦い」「偽らぬ愚者達」「S&M」「想いビト×想うコト×想いビト」「人殺し達の共演」「すれちがい」

スクロワを代表する書き手であり、繋ぎ、バトル、シリアス、ギャグと非常に幅広いジャンルを手がける。
使用キャラの幅も広く、序盤からスクロワを引っ張ってくれた功労者。
マーダーから脱出派まで、様々な人間の心理描写が充実しており、作品単体で見ても、リレー全体の流れから見ても良作が多い。
何でもこなす関係上、脱出派の話を書いた直後にさらりとマーダーを近づけたりしており、ロワ全体を盛り上げてくれた。
投下頻度の速さや、予約期限をきっちり守る所も好印象。
内面描写が期待される終盤に入り、氏の存在感はもっと増してくると考えられる。これからも頑張って下さい。


【トリップ】1 ◆PhRNUx7oBQ
【投下作】12作
「プロローグ」「仏と悪女」「第一回放送」「三原日記 第三報」「埋めてあげたくて」
「第二回放送」「解釈」「第三回放送」「第四回放送」「空白」「第五回放送」「送受信」

放送を含めれば、意外にも投下数第二位。
序盤の人減らし、中盤以降の書き手がつかなかったパートの執筆など、ロワの進行の大きな助けとなっている。
議論で荒れていたり、投下が欲しい時にさらりと投下していくなど、作品の内容以外での貢献も見逃せない。
放送を含め繋ぎ重視だが、三原日記や空白のように意外と流れを大きく変える事も。
最近は忙しいとの事なので、無理せず頑張って下さい。


【トリップ】◆.Cb.m05RN
【投下作】10作
「南へ」「目指す場所」「接触を目指して」「束の間の休息」「彼女の笑顔」
「烏丸の異常な愛情 または僕は如何にして心配するのを止めてカレーを愛するようになったか」
「夕焼け」「孤独の代償」「合流、そして動揺」「クラスの男子は馬鹿ばかり」

第三回放送後からの参入ながら、現在までのその投下数の多さはすごいの一言。
何かとペースが落ちがちな中盤からの氏の参戦は、ロワの勢いを更に加速させる事となった。
期待の新人といった所で、作品が投下される度に内容がよくなっていっているのが分かる嬉しい作者。
謙虚な姿勢で住人の意見を取り入れており、投下頻度も相俟って非常に好感が持てる。
意外性はスクロワ書き手の中でもピカイチで、毎回非常に新しいアイデアを作品に盛り込んでいる。
あまりに意外すぎて展開ありきと言われてしまう事もあるが、そのアイデアが作品と符合した時は良作誕生の瞬間と言える。
予約期限をよく過ぎてしまうのが玉に瑕だが、これからも頑張って下さい。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 11:25:03 ID:0Kimk6XH
【トリップ】◆RHLa6nIQ9U
【投下作】9作
「訪問者」「忍び寄る不安」「6つの印」「揺れる心、変わる男」「宣言」
「生きる理由」「出口への道標」「いつか選んだ道をもう一度」「闇夜の出撃」

一時期は繋ぎが多いとの意見も出ていたが、やはり「生きる理由」で一気に株を上げた書き手。
同作で描かれた花井と八雲のやりとりは、ロワ住人を感動させてくれた。
他にも氏の作品では綿密な心理描写が目立ち、キャラが減ってきた終盤では特に活躍が期待できる。
最近は脱出派の話が多いので脱出が好きなのかもしれないが、何気にマーダーの心理を描いた作品も手がけている。
予約せず突然投下というパターンが最近増え、いい意味でサプライズが期待できる書き手でもある。これからも頑張って下さい。


【トリップ】◆cx94bMr2cU
【投下作】8作
「そして少女は吊り橋へ」「True pig」「二人が眠り、二人で見張る」
「Invite...」「Defect」「壊」「Collapse」「崩壊の序曲」

個性派揃いのスクロワ書き手の中でも、特にバトル重視の書き手。
序盤は繋ぎ主体だったが、中盤以降は一転して数々の惨劇を描く。
特に恐怖や狂気といった負のフラグの繋ぎに長けており、ロワの負の魅力を担っている。
作品の内容上優勝end派なのかもしれないが、一方で殺戮を行ったマーダーにもしっかり死亡フラグを立てていたりする。
氏も予約無しで投下する事があり、その場合作品の凄惨さが際立つ。これからも頑張ってください。


【トリップ】◆WoG.1BRwZg(◆X7M9O2x/96)
【投下作】5作
「偽りの聖者達」「永遠(とわ)なる花よ咲け」「燃えよ剣」「笑顔の裏側」「Judas」

参戦時期はほぼ終盤からだが、この時期に参戦してくれた事自体がありがたい限り。
狂気描写、熱いバトル、揺れ動く心理描写と、投下数の割に様々なジャンルの話を書いている。
特に最凶マーダー・ハリーの最期は、ロワ住人に驚きと感動を与えてくれた。
トリップは当初◆X7M9O2x/96だったが、◆X7WwwzkoUU氏と似ているという理由で現在は◆WoG.1BRwZgを使用している。
予約しても期限ギリギリにならないとあまり書けないとの事だが、いい作品の為にもマイペースで頑張って下さい。


本当は他にも書きたい人はいたけど、今回はこの辺で。てか他の人も感想あるならどんどん書いてほしい。
ところで、年末年始にかけて主力書き手総力戦と言われた
「想いビト×想うコト×想いビト」→「崩壊の序曲」→「出口への道標」→「燃えよ剣」
の怒涛のリレーは、それに参加した書き手の個性がそれぞれ出ていて面白いなと思った。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 12:01:31 ID:5Np+SyS7
GJ。なんか和んだ( ´∀`)

ロワ終わったら、トリ付作者の分だけでもいいから、作者がそれぞれ一言感想書いてくれると嬉しいな……

970 : ◆bYERsdX5HA :2007/02/25(日) 14:14:12 ID:iPBXzI7Z
燃えよ剣はすごい好きだったな〜。
戦いはしなかったけどあの播磨と烏丸のやり取りは燃えた。二人ともかっこよすぎ。

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 14:15:01 ID:iPBXzI7Z
トリ消し忘れた…死のう

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 15:51:27 ID:JGJ1sxSu
>>971
よくあることだから生きろw

面白いけどトリ無しの作品とかも多いよね
あれは非常にもったいない気もする

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 16:04:29 ID:ax8Y5ZMH


974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 16:16:46 ID:ky9AJmTL
津波って怖いよね。


975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 16:26:17 ID:GCOnWlb0
茂る森の中で僕は円を見た

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 16:33:55 ID:K2znU8EJ
?メール削除

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 16:33:58 ID:JGJ1sxSu
雄大な大地に立つナポレオンが一匹

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:03:02 ID:0Kimk6XH
3秒差で>>976に阻止されたかw

   _ 
 √' ミ) ≡=−  ここはどこだろう、まっくらだ
  ' ̄`

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:23:29 ID:WzPhnDVl
烏もそろそろお腹一杯かな?

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:34:40 ID:JGJ1sxSu
そういえばネコは今どこにいるんだっけ?

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 18:38:24 ID:ssaitkjn
八雲んところじゃね?

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 19:07:17 ID:ssaitkjn
そして
梅梅梅

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 19:46:31 ID:JGJ1sxSu
もっと優しく梅

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 03:33:13 ID:u3LvV7gf
ume

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 07:06:33 ID:yA4wqjZC


986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 07:49:36 ID:PwQcrsk8
膿め

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 10:58:06 ID:QG2YnipO
産め

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 12:48:04 ID:XQkcMWFn
美味ぇ、こいつぁ美味ぇや!

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 12:50:42 ID:2ljey02I
右目右目右目右目右目右目右目右目右目右目右目右目〜!!

990 :脱出の方法:2007/02/26(月) 13:43:11 ID:8RFGvaRg
>966
小説書いたことないんで勝手に書いていいんですか?
>965
設計は高野なら知ってそう。以前からバトロワの存在は知ってるみたいな記述
ありませんでした?

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 16:47:28 ID:g8Lngf6M
>>990
必ずNGになると思うけどね。
なんでNGになるかわからないようなら、この終盤戦に書き手デビューしようなんて馬鹿なマネはしないほうがいい。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 17:27:03 ID:QG2YnipO
倦め

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 19:32:23 ID:PwQcrsk8
『必ず』ってのは流石に言い過ぎかと……

まぁ、余程自信があるのなら、あえて出すのもアリかもしれん。
ただ、終盤って事で読み手の評価はかなり辛口になるし、その分NG食らう確率も高くなる。
執筆経験が無いのであれば尚更。

個人的にはお薦め出来んな。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:11:12 ID:yA4wqjZC
宇目

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:27:40 ID:dZDMGN5d















酒を飲む高校二年生の梅

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:34:26 ID:69tYx+Ql


997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:35:26 ID:69tYx+Ql


998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:36:14 ID:69tYx+Ql


999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:36:57 ID:69tYx+Ql


1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 21:40:45 ID:69tYx+Ql
                  ,. -─- 、/メ ‐ァ
                  /       ` ー- 、
              /                \
            /                     \
            / __                  ヽ
     .     / // 〉 | _       _  ,. イ    |
     _,. '′ {   ゞ'",.r=]ァァx、" //  | l     レ_⌒ゝ
     >=@ ハ ト  ̄|/  /´   ゞx ''7 u /イ       _\
     /    ハ ゞ{    、 (ソ ヘ{ i   / |      \ ヽ!
    ,二二//|l `r、|  J   ` ー     rァ‐x‐ァ!     ト、 |
     l ト ̄ト. ̄,| /ハ|    __      !' fソ }/ /   / }/
     | |、 ||| レ'   {   ,.ヘ_\  _  、 ー /´/ ハ /
 ̄ ̄ 7ノー リ | / ,   '  /く\ \\  '′/|イ / |/ オレのターンで終わり!
   ノ  ̄/ ,ハ′|    ハ \\}_ フ′ /   !/    
  {'   /イ | ノ      ヽ ` ー ' ,. <    ′
   ヽ ∧ ト、|          >ーァ'" ̄ フ
    ∨ }'  |  / ̄`<//  /\
    |  l   | /`ー‐- //   /     \

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

400 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)